MENU

関連記事

LINE@

Youtube【こまたろPC】も更新中!

2020年7月★ゲーミングPCのおすすめは?価格・ランキング別

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

突然ですがみなさんはパソコンを何のために使いますか?

色々あるとおもいますけど、

私はゲームするため!!

これに尽きます。(言い過ぎか?)

ということで、今回はパソコン販売メーカーが提供するデスクトップ型ゲーミングPCから、

今現在、予算・ランキング別でおすすめのモデルのご紹介、

そして自分にピッタリなゲーミングPCの選び方についてまとめました!

★印について
その価格帯における相対評価になります。
絶対的なゲーミング・クリエイティブ性能は単純に価格が上がるほど高い傾向にあります。

ゲーム、価格別でおすすめするデスクトップ型ゲーミングPC!

やりたいゲームと価格別でおすすめするゲーミングPCというのは変わってきます(`・ω・´)!

そこでここでは初心者にもおすすめできるゲーミングPCをそれぞれご紹介します。

価格6~8万:簡単なゲーム

こういう人にぴったり
  • ゲームができれば画質やfpsなどこだわらない
  • とにかく価格重視でゲーミングPCがほしい
主な対象ゲーム
フォートナイト、マイクラ、オーバーウォッチ、ナイトメアクロノス、レインボーシックスシージ、ケモニスタオンライン、黒い砂漠などMMORPG、ドラゴンクエストX、信長の野望など
ここは注意して!
  • TPSやFPSにてゲーミングモニター利用は無理
  • 画質、高FPSを求めることはできない
  • 動画編集や配信は限定的
7月動向

  • Ryzen3 3100/3300X/3500とグラボ構成
  • 安さ特化ならRyzen5 3400G構成
  • Intel系ならCore i3 9100(F)構成

最も安いゲーミングPCです。

この価格帯は1万円の違いが大きくゲーミング性能に影響します。

5~6万台であれば、内蔵グラフィックが強いRyzen5 3400Gあたりになりますが、

ゲーム性能はかなり限定的で、遊ぶのが難しいゲームや60fps下回ることもあります。

FPS/TPSゲームには向いていません。

FPS/TPSゲームにて低画質でも60fps欲しいなら、7~8万円台の予算が必要になります。

(ドスパラ) Lightning AH5


CPU Ryzen5 3500
グラボ GTX 1650
メモリ 8GB
容量 256GB NVMe SSD
大きさ 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量
ポイント!
  • 低価格ながらCPUはミドルスペック
  • GTX1650搭載で、最新ゲームでも遊べる
  • 初期構成でNVMe SSDの高速モデル

ドスパラの「Lightning AH5」です。

なんといってもおすすめポイントは搭載のCPUです。

低価格帯なのにミドルクラスであるRyzen5 3500(6コア6スレッド)が利用されており、

性能に対するコスパは抜群。

GTX1650であれば、重めの最新ゲームでも低画質60fps以上で遊べます。

(フロンティア)FRGXB450/E


CPU Ryzen3 3100
グラボ GTX1650
メモリ 8GB
容量 240GB SSD
大きさ 190(幅)×426(奥行き)×356(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 あまりおすすめできない
データ容量
ポイント!
  • 低価格なのに4コア8スレッド
  • GTX1650搭載で、最新FPS/TPSゲームも可
  • 初期構成で8GBメモリ、240GB SSDで必要最低限はOK

新CPUであるRyzen3 3100が搭載された、フロンティア「FRGXB450/E」です。

Ryzen3 3100は低価格ながら4コア8スレッドとなっており、

GTX1650のグラボと組み合わせても本価格帯に収まるという驚異のコスパ。

GTX1650はフォートナイトやApexLegendsなど比較的新しいFPS/TPSでも遊べる性能があります。

ただし144fps以上など高FPS、中高画質といったことは難しいです。

フルHD60fpsで遊ぶのを前提としたゲーミングPCとなります。

 

価格9~12万:幅広いゲーム可

こういう人にぴったり
  • 予算は抑えたいが、色々なゲームをやりたい!
  • ある程度動画編集や配信(クリエイティブ系)もしてみたい!
  • ゲームと設定によっては120fps以上も
主な対象ゲーム
ApexRegends、コールオブデューティ モダン・ウォーフェア、、モンスターハンターワールド、ボーダーランズ3、ゴーストリコンブレイクポイント、DOOMなど
ここは注意して!
  • グラボによってはフルHDで低~高画質60FPSとばらつきあり
  • 構成とゲームによって高FPS(120fps以上)は狙えない
7月動向

  • 新登場Ryzen3 3300Xは在庫ゼロ続く
  • Ryzen系はまだRyzen5 3500がメイン
  • 安さ特化ならRyzen5 1600AF
  • 新世代登場でIntel Core i5 9400Fの価格が低下
  • グラボは1660 SUPER、RX5500 XT 8Gが主軸に

今現在CPUが最もややこしいことになっているのがこの価格帯です。

何を目的とするか?で選ぶCPU構成も変わってきます。

今最もおすすめなのは、ゲーム性能・クリエイティブ性能・そして価格も安いRyzen3 3300Xです。

ただし取り扱いがまだまだ少なく、次点ではRyzen5 3500/Core i5 9400Fとなります。

また品切れになる可能性がありますが、価格特化ならRyzen5 1600AFとなります。

 

(ドスパラ) GALLERIA RT5


CPU Ryzen5 3500
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB
容量 256GB NVMeSSD + 1TBHDD
大きさ 185(幅)×395(奥行き)×370(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
価格の安さ ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★★★
ポイント!
  • GTX1660S使用としては安い!!
  • ゲーム性能も高い
  • SSD容量、メモリの初期構成が高性能

この価格帯主流となっているRyzen5 3500(6コア6スレッド)が搭載された「GALLERIA RT5」です。

本価格帯ではゲーム性能特化なら最もRyzen5 3500がおすすめでしたが、

Ryzen3 3300Xの登場により、少し旨味が減っています。

とはいえ、ゲーム性能は高いことに変わりなく、またクリエイティブ作業もある程度可能。

GTX1660 SUPERのと組み合わせで、

フルHD中~高画質60fpsはもちろん、低~中画質120~144fpsゲーミングも可能です。

さらに初期構成がとてもよく、SSD計1256GBとメモリが16GBなので、

動画編集やゲーム配信にも最適

(フロンティア)FRGXB450/B


CPU Ryzen3 3600
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB(アップグレード)
容量 500GB NVMe SSD + 1TB HDD
大きさ 190(幅)×426(奥行き)×356(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ ★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • ゲーミング性能が高く、高FPS狙える
  • 動画編集や配信もある程度可能
  • 価格に対するコスパの高さ

Ryzenミドルスペック上位のRyzen5 3600(6コア12スレッド)が搭載されたモデルです。

この価格帯では一段階CPU性能が高いため、

ゲーミング性能、クリエイティブ性能も一段階高め。

絶対的価格は高めになりますが、

構成のわりに価格が安くコスパが高いです。

フォートナイトなど軽いゲームなら高画質144fps、大抵のゲームはフルHD高画質60fpsで遊ぶことができます。

動画編集やゲーム配信を考えるなら、メモリを16GBにアップグレードするのが良いでしょう。

(ツクモ)GA5A-U200/T


 

CPU Ryzen5 1600AF
グラボ RX5500 XT 8G
メモリ 8GB
容量 240GB SSD + 1TB HDD
大きさ 190(幅)×475(奥行き)×435(高さ)mm
おすすめ度 ★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★★★★
スペックに対するコスパ ★★★★
ゲーム性能(最新世代同士比較) ★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量
ポイント!
  • 低価格ながら6コア12スレッド
  • 低価格ゲーム配信PC

Ryzen5 1600AF(6コア12スレッド)を搭載した、ツクモの「GA5A-U200/T」です。

1600AFは他のCPUより一段と低価格ながら、12スレッドというコスパCPUで、

とにかく予算を抑えつつも、ゲーム配信PCがほしい!という方に向いています。

ただしゲーム性能・クリエイティブ性能は、紹介した前の2つには劣るため、

価格重視の人向けとなります。

 

価格12~14万:フルHD高画質60fps、144fpsゲーミング

こういう人にぴったり
  • 中高画質にて144fps以上ゲーミングモニター利用したい
  • ゲーム配信や動画編集を快適にしたい
主な対象ゲーム
出来ないゲームは無し!
7月動向

  • Ryzenは5 3600/3600X/3700X、Intelは9600K/9700が主軸
  • Intel Core i5 10400系登場
  • グラボはGTX1660(SUPER)、RTX2060が主軸
  • Ryzen系のほうがコスパ高い

この価格帯ではCPUとグラボのどちらに予算を取るかで仕様が変わってきます。

ゲーミング重視ならRTX2060グラボとミドルクラスCPU、

動画編集やゲーム配信などクリエイティブ重視ならGTX1660 SUPERとハイクラスCPUの組み合わせに。

ゲーミング重視なら、中高画質144fps以上も難しくありません。

クリエイティブ重視ではミドルクラスCPUより一段抜きんでた性能になりますので、

動画編集を素早くやりたい、ゲーム配信を安定的に行いたい場合に向いています。

(ツクモ) GA5A-D194/T


 

CPU Ryzen5 3600
グラボ RTX2060
メモリ 16GB
容量 240GB SSD + 1TB HDD
大きさ 190(幅)×475(奥行き)×435(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★★★★
スペックに対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能(最新世代同士比較) ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • この価格帯ではゲーム性能が一段階上
  • ゲームだけやる人にはコスパ良し

ツクモのG-GEARシリーズから「GA5A-D194/T」モデルです。

この価格帯では最もおすすめしたいモデルで、

価格の割にゲーミング性能は他より一段階高いです。

フルHDではほとんどのゲームを最高画質60fps確保は固く、

中~高画質で144fps確保も用意です。

レイトレやDLSSといった最新描画、処理技術もつかえるので、

よりリアリティに近いゲーム体験も可能。

動画編集・配信やこの後のモデルには一歩負けますが、

ある程度可能な構成でもあります。

(フロンティア) FRGAB450/B2/NTK


CPU Ryzen7 3700X
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD+1TB HDD
大きさ 200(幅)×485(奥行き)×423(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★★
ポイント!
  • 電源効率と耐久性が高いGold認証電源採用
  • 動画編集・配信向け初期構成

フロンディアから「FRGAB450/B2/NTK」です。

Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)とGTX1660 SUPERというバランスの良い構成で、

動画配信も快適に、また動画編集も問題なくおこなえます。

そして見えにくい部分ですが、電源がGold認証の高品質モデルを採用しているので、

長時間使っても壊れにくくなっています。

(ストーム)PG-UD


CPU Core i7-9700
グラボ RTX2060
メモリ 8GB
容量 240 NVMeGB + 1TB
大きさ 205(幅)×428(奥行き)×340(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • 9700+RTX2060でゲーミング性能高い!
  • GOLD認証電源で耐久性も良い

第9世代Intel Core i9 9700(8コア8スレッド)を搭載したストーム「PG-UD」です。

ゲーミング性能では同クラスRyzenより上となっており、

かつRTX2060との組み合わせなので、ゲーミング性能では一番になります。

ゲーミング性能特化を狙いたい人におすすめ。もちろん動画編集やゲーム配信もおこなうことはできます。

価格15~18万:フルHD無敵&ゲーム配信

こういう人にぴったり
  • 高FPS高画質にこだわる
  • 動画編集やゲーム配信も快適にしたい
  • 最新描画技術でハイクオリティ体験したい
主な対象ゲーム
出来ないゲームは無し!
7月動向

  • Intel新CPU、Core i7 10700系が登場
  • Ryzenは7 3700Xが主軸
  • グラボはRTX2060、RTX2060 SUPERが軸
  • 一部Radeon RX5700(XT)あり

ミドルクラス上位~ハイクラス下位くらいに位置するゲーミングPCです。

使用されるグラフィックボードはGeForce、Radeonともに、

最新技術を利用できる高性能なクラスになり、

特にGeforce系は現実描写により近いレイトレが得意に、

機械学習による処理技術DLSSが利用可能になります。

CPUもボトルネックにならないよう、高性能なものが要求されます。

フルHDなら高FPS高画質可能なので、FPSをガチで勝ちたい人向け。

設定次第ではWQHD(2K)ゲーミングも可能になってきます。

CPUのボトルネック
ゲームなどグラフィック性能は、グラフィックボードが高性能であればよいわけではなく、同時にCPUもある程度の性能が必要です。
CPUの性能が低すぎると、ボトルネックとなりグラフィックボードの性能を100%引き出せなくなります。

Intelは最新世代であるCore i7 10700K/Core i5 10400が選べますが、

価格がまだ高めなのと、2933MHz以上のメモリと組み合わせないと、

第3世代Ryzenに対してコスパが悪くなりますので注意です。

現在のところ、

  • ゲーミング性能重視なら・・・Core i7 10700系
  • 価格・クリエイティブ重視なら・・・Ryzen7 3700X

という考え方で良いでしょう。

(ツクモ) GI7A-C194/T


 

CPU Ryzen7 3700X
グラボ RTX2060
メモリ 16GB
容量 240GB SSD
大きさ 183(幅)×390(奥行き)×300(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★★★★
スペックに対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • このスペック帯では価格がかなり安い
  • コンパクトモデルで起き場所に困らない
  • SSDは増量アップグレード推奨

ツクモのG-GEARシリーズから「GI7A-C194/T」モデルです。

価格改定がありやすくなったRTX2060搭載で、

高性能なRyzen7 3700X(8コア16スレッド)との組み合わせにより、

ゲーミング性能、動画編集・ゲーム配信性能ともに高い水準です。

そのわりに価格が大分安いのが一番のおすすめポイント。

SSDの容量だけ心もとないので、アップグレードしたほうがよいでしょう。

 

(ドスパラ)GALLERIA AXV


CPU Ryzen7 3700X
グラボ RTX2060 SUPER
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD + 2TB HDD
大きさ 207(幅)×521(奥行き)×450(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★★★
ポイント!
  • 3700XとRTX2060SUPERでゲームも動画編集もすごい
  • 初期構成で2500GBの大容量
  • メモリ16GBへの変更推奨

パソコンショップ、ドスパラが提供するGALLERIA AXVです。

Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)と RTX2060 SUPERの組み合わせとしては、

最も価格が安く、さらにメモリ16GB、容量が2500GBと、

ゲーム、動画編集、ゲーム配信と何をやるにも不自由しない初期構成です。

(ドスパラ) GALLERIA ZV


CPU Core i7 10700K
グラボ RTX2060 SUPER
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD + 1TB HDD
大きさ 200(幅)×485(奥行き)×423(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • 最新世代Core i7 10700搭載
  • メモリは2933MHz駆動でCPUパワーアップ

ドスパラ二代目のご紹介ですが、こちらは最新世代Intel搭載機です。

現時点では全CPU中ゲーミング性能は最強といって良い

Core i7 10700K(8コア16スレッド)搭載のモデルです。

最新世代の割には価格が安く、

クリエイティブ性能はRyzen7 3700Xに劣るものの、十分に高パフォーマンスなので、

動画編集・ゲーム配信PCとしてももちろん使えます。

よりゲーミング性能を重視したい方におすすめです。

価格18~21万:WQHD、特殊モニター

こういう人にぴったり
  • WQHDモニターを使ってゲームしたい
  • マルチモニターやウルトラワイドモニターでゲームしたい
  • 動画編集・ゲーム配信を高速でおこないたい
主な対象ゲーム
出来ないゲームは無し!
7月動向

  • Ryzen7 3700X、IntelはCore i7 10700K/9700系が主軸
  • グラボはRTX2070(SUPER)あたりが主
  • 一部Radeon RX5700XTあり

この予算になると最新のハイクラスゲーミングPCが買えます。

フルHD下ではもはや不自由は一切なく、高画質高FPSは当たり前で、

より高解像度のWQHD(2560×1440)の高解像度ゲーミングが可能。

最近人気のウルトラワイドモニターや2~3面のマルチでゲームしたい!

というような高解像度ゲームをしたい人はこのクラスが良いでしょう。

もちろんフルHD144fps以上ゲーミングモニターを高画質以上で遊びたい人も。

(ドスパラ)GALLERIA AXF


CPU Ryzen7 3700X
グラボ RTX2070 SUPER
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD + 2TB HDD
大きさ 207(幅)×521(奥行き)×450(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★★★
ポイント!
  • 全体的構成に対するコスパが高い
  • 初期構成で2512GBの大容量
  • CPUクーラーはアップグレード推奨

パソコンショップ、ドスパラが提供するGALLERIA AXFです。

とにかく初期構成が非常にゲームや動画編集に適した構成で、

アップグレードがほぼ必要が無く、また高品質なX570というマザボも使用しており、

見えない部分も良い構成。その割に安いことにつきます。

Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)と RTX2070 SUPERの組み合わせとしては、

一番おすすめです。

(フロンティア)FRGHB450/B


 

CPU Ryzen7 3700X
グラボ RX5700 XT
メモリ 16GB
容量 256GB NVMe SSD+1TB HDD
大きさ 210(幅)×465(奥行き)×453(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★★★
スペックに対するコスパ ★★★★
ゲーム性能(最新世代同士比較) ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★★
ポイント!
  • めずらしいRadeon RX5700XT搭載
  • GOLD認証電源搭載

フロンティアのゲーミングPCのGHシリーズから「FRGHB450/B」モデルです。

BTOでは割と希少なRX5700 XTを搭載しています。

ライバルRTX2070 SUPERとほぼ同等の性能になっており、

RTX2070 SUPERと比べて発色がキレイと感じる人が多く、

入力遅延軽減や低負荷高FPS機能サポートなど、ガチゲーマーには特にうれしい機能がつかえます。

また電源もGold認証850Wと、品質・容量ともに十分で、

長時間ゲームしても安心できます。

(SEVEN)ZEFT R7P03


CPU Ryzen7 3700X
グラボ RTX2070 SUPER
メモリ 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 220(幅)×464(奥行き)×493(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • Ryzen7 3700X+RTX2070 SUPER構成では最安
  • 電源がGOLD認証で長期間安心
  • CPUクーラーはカスタマイズでアップグレード推奨

BTOメーカーセブン(SEVEN)が提供するZEFT R7P03です。

Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)とRTX2070 SUPERを搭載したモデルでは最安となります。

また電源がGOLD認証を利用しているので、長期間でも壊れにくいのもポイント。

このスペック構成としては価格が単純に安いのもポイントです。

初期構成で問題ありませんが、記憶容量だけ必要に応じてアップグレードしましょう。

価格21~25万:4KゲーミングPC、最強

こういう人にぴったり
  • 4Kモニターを使ってゲームしたい
  • とにかくゲーミング性能は最強が良い
  • 8年は使えるPCを
主な対象ゲーム
出来ないゲームは無し!
ここは注意して!
  • CPUの熱帯策はしっかりと(純正クーラーは非推奨)
7月動向

  • Ryzen7 3900X/Ryzen9 3950X、IntelはCore i9 10900K/9900K系、Core i7 10700Kが主軸
  • グラボはRTX2080 SUPERが主
  • 簡易水冷クーラー標準搭載も

一般向けゲーミングPCとしては最高峰に位置するBTOパソコンです。

ここではCPUの得意不得意が出やすく、

ゲーミング向けとクリエイティブ向けでおすすめが変わります。

ゲーミング性能を負うならIntel搭載のPC、

高画質配信・高速編集などクリエイティブ性能ならRyzen搭載のPCが良いです。

今回は2つずつおすすめを紹介します。(HEDT向けは除外しています)

 

なお最新世代のIntel Core i9 10900Kが登場していますが、

価格が高いわりにゲーミング性能のコスパがわるく、

また熱対策が必須なので、CPUクーラーに追加コストがかかるため現状おすすめできません。

ゲーミング向け

動画編集や配信予定が無い場合、

ゲーミング性能が高くと価格が抑えられるこちらがおすすめです。

(STORM)PG-EE


CPU Corei9 9900K
グラボ RTX2080 SUPER
メモリ 16GB
容量 500GB NVMeSSD + 3TB HDD
大きさ 200(幅)×400(奥行き)×450(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量 ★★★★★
ポイント!
  • 4Kゲーミング視野
  • 容量が多く、データ保存が十分できる
  • Z390マザボ採用で高品質、熱対策良

法人企業向けのBTOメーカーとして有名なSTORMのPG-EEから、

Corei9 9900K(8コア16スレッド)と、

4Kゲーミング性能を有するRTX2080 SUPERの組み合わせ。

ゲーミング性能としては言うまでもなく高いのですが、さらに記憶容量が3TBを超えており、

沢山のゲームや動画ファイルを保存できます。

さらにZ390マザボ対応なので、耐久性も高いです。

見えにくい部分のスペックが高いのに価格が抑えられており、コスパ良です。

(ドスパラ)GALLERIA XG


CPU Core i7 10700K
グラボ RTX2080 SUPER
メモリ 16GB
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 207(幅)×521(奥行き)×450(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • 現時点ゲーミング性能では最高峰の10700K搭載
  • 4Kゲーミングも視野
  • 動画編集・配信よりはゲーミング性能寄り

最新世代CPUが搭載されたドスパラの「GALLERIA XG」です。

現時点では全CPU中、最高のゲーミング性能を有するCore i7 10700K(8コア16スレッド)と、

4Kゲーミング性能を有するRTX2080 SUPERの組み合わせですが、

同組み合わせでは他社よりコスパが高いです。

どのようなゲームでも最高パフォーマンスを発揮するIntelの強みを生かした一機です。

クリエイティブ向け

動画編集やゲーム配信予定がある人は、こちらがおすすめです。

(フロンティア)FRGHX570/C


CPU Ryzen9 3950X
グラボ RTX2080 SUPER(アップグレード)
メモリ 16GB
容量 1TB NVMeSSD + 2TB HDD
大きさ 幅:約212mm x 高さ:約456mm x 奥行:約459mm
おすすめ度 ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★★
ポイント!
  • 高耐久なX570マザボ、GOLD認証電源利用
  • 動画編集・ゲーム配信も超快適
  • 大容量なのでデータも沢山OK

フロンティア「FRGHX570/C」です。

最新世代のRyzen9 3950Xはマルチコア性能においては、

同クラスIntelを凌駕しており、シングル性能も負けていません。

当然動画編集や配信に強く、快適レベルで動かすことができます。

グラボも最高峰のRTX2080 SUPERにアップグレードし4Kゲーミングも可能。

ゲーミングモニターを利用しても高画質で遊ぶことが容易です。

記憶容量も十分で、耐久性の高いPCパーツ利用という、

見えない中身にも配慮されている一機です。

可能ならオプションでCPUクーラーをパワーアップさせましょう。

(ドスパラ)GALLERIA AXZ


CPU Ryzen9 3950X
グラボ RTX2080ti
メモリ 16GB
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 207(幅)×521(奥行き)×450(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • 最強マシンが欲しい人へ
  • 現時点マルチタスク最高峰の3950X搭載
  • 同スペックでは他社より安く抑えられる

ドスパラの「GALLERIA AXZ」です。

一般向けモデルでは最強と言える構成のPCです。

現マルチタスク性能が最強なRyzen9 3950X(16コア32スレッド)を搭載しており、

動画編集、ゲーム配信の快適性を追求するなら、このCPUです。

 

搭載グラボもこれまた最強のRTX2080ti搭載で、

ゲーミング性能も申す分なく、また配信安定性を確保しつつ高画質ゲーム配信もできます。

その割に他社と比べるとかなり安い

Intelの9900K系と比べると少しだけボトルネックありますが、

十分なゲーミング性能です。

ゲーミングPC(デスクトップ)のおすすめランキング

全モデルの中からこまたろが選ぶ、おすすめなゲーミングBTOパソコンのランキングです!

完全主観で選んでおります(*’▽’)

第1位 FRGXB450/B(フロンティア)


CPU Ryzen3 3600
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB(アップグレード)
容量 500GB NVMe SSD + 1TB HDD
大きさ 190(幅)×426(奥行き)×356(高さ)mm
ポイント!
  • ゲーミング性能が高く、高FPS狙える
  • 動画編集や配信もある程度可能
  • 価格に対するコスパの高さ

第2位 GALLERIA AXF(ドスパラ)


CPU Ryzen7 3700X
グラボ RTX2070 SUPER
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD + 2TB HDD
大きさ 207(幅)×521(奥行き)×450(高さ)mm
ポイント!
  • ゲーム性能も、編集・配信性能も高く万能
  • 2512GBの大容量でゲームも動画も沢山入る
  • ゲーミングモニター利用も余裕でOK
  • 価格に対する性能コスパが良い

第3位 FRGGX570/A(フロンティア)


CPU Ryzen9 3950X
グラボ RTX2080 SUPER(アップグレード)
メモリ 16GB
容量 1TB NVMeSSD + 2TB HDD
大きさ 幅:約212mm x 高さ:約456mm x 奥行:約459mm
ポイント!
  • 動画編集や配信が超快適
  • クリエイティブ向け最高峰
  • 大容量なのでデータも沢山OK

第4位(ツクモ) GA5A-D194/T


 

CPU Ryzen5 3600
グラボ RTX2060
メモリ 16GB
容量 240GB SSD + 1TB HDD
大きさ 190(幅)×475(奥行き)×435(高さ)mm
ポイント!
  • 価格を抑えつつフルHD下では無敵の性能
  • 高画質ゲーミングモニター利用を考えるなら

第5位 PG-EE(STORM)


CPU Corei9 9900K
グラボ RTX2080 SUPER
メモリ 16GB
容量 500GB NVMeSSD + 3TB HDD
大きさ 200(幅)×400(奥行き)×450(高さ)mm
ポイント!
  • とにかくFPS値を高くできるモデル
  • 9900KとRTX2080Sとしては価格が安い
  • 容量が多く、データ保存が十分できる
  • Z390マザボ採用で高品質、熱対策良

ノートゲーミングPC、安さ、小型など

こちらはゲーミングノートPCのおすすめや、安さで選ぶゲーミングPCなど、

特定の指針に合わせて紹介しています。

値段別、BTO各社のゲーミングPC紹介

○○円以下で各社のおすすめを1モデルずつ紹介しています。

【2020年7月】25万円以下のゲーミングPCおすすめは? 【2020年7月】20万円以下のゲーミングPCおすすめは? 【2020年7月】10万円以下のゲーミングPCおすすめは? 【2020年7月】15万円以下のゲーミングPCおすすめは? 初心者向け!ゲーム配信用PCのおすすめは?スペックや選び方など 【2020年7月】ゲーミングノートPCのおすすめは?価格・性能別で紹介

テーマ別のゲーミングPC紹介

安いゲーミングPC、小型PC、ゲーム配信向けPC、Ryzen、Intel搭載モデルなど、

テーマに沿っておすすめを紹介しています。

【2020年7月】おすすめな安いゲーミングPCは?コスパ良、セール情報も 【2020年7月】省スペース!小型ゲーミングPCのおすすめは? 初心者向け!ゲーム配信用PCのおすすめは?スペックや選び方など 【2020年7月】ゲーミングノートPCのおすすめは?価格・性能別で紹介 【2020年7月】Ryzen搭載のBTOゲーミングPCでおすすめ7選 【2020年7月】Intel搭載のBTOゲーミングPCでおすすめ7選

人気ゲーム別ゲーミングPC

ゲームを快適に動かすにはどのくらいのスペックが?

そんな疑問に答えてくれるゲーミングPCを紹介しています。

Apex Legendsの推奨スペックとおすすめなゲーミングPCとは? モンハンワールド(MHW)PC推奨スペックとおすすめなゲーミングPCとは? PC版フォートナイトに最適なゲーミングPCは何がおすすめ? ディビジョン2の動作スペックは?ゲーミングPCは何が良いか?

BTOパソコンメーカーについて

現在主流のBTOメーカーの特徴や最新情報についてまとめています。

初心者、中級者、上級者向けのおすすめメーカーも。

2020年7月!おすすめなBTOパソコンメーカーとは?PCの特徴など

デスクトップ型ゲーミングPCの選び方

今ゲーミングPCは大変人気の商品なので、とにかく種類が半端ないです。

その中か自分にピッタリのゲーミングPCを選ぶ方法について、

僭越ながらこまたろの選び方をまとめました。

あくまで個人的な観点なので、ご自身の気に入ったPCを購入することが最も大切です。

前提として:各ショップ違うのはラインナップ

BTOやパソコンショップメーカーは沢山ありますが、

結局のところ中に使われるPCパーツの供給元は同じです。

CPUならIntelかAMD、グラフィックボードならGeForceかRadeon、

マザーボードはMSI、ASRock、GIGABYTE、ASUSなど。

パーツの組み合わせが同じであれば性能差はありません。

このメーカーの性能は良い!というのは特にないです。

 

ですがパーツ組み合わせのラインナップは大きく違ってきます。

見た目はもちろんですが、カスタマイズできる範囲も違ってきます。

また多少の価格差はありますから、追求すればコスパも若干変わります。

1.求めるゲーミング性能と予算はどのくらい?

ゲーミングPCに大切なのはやっぱりゲーミング性能!

特に重要なのがCPUとグラフィックボードで、この組み合わせでおよその価格帯が分かります。

なのでご自身がどういったゲームを、どのくらいの画質、解像度、FPSでやりたいか?

が決まってくると予算も見えてきます。

2.PCケースの大きさを考える

ゲーミング性能と予算の目安がついたら、次はPCケースです。

ショップによって提供させるPCケースは限定的なので、

ここを明確にしておくとショップやラインナップを絞れます。

PCケース選びに重要な要素の一つが省スペース性と拡張性です。

省スペースを狙うなら、スリム型かキューブ型になります。

ただしグラフィック性能は低い傾向にあり、今後のアップグレードも大変です。

熱による機能低下も起きやすいです。

 

個人的には拡張性と省スペース性の中間となるミニタワー型がおすすめ。

グラフィック性能も高めのが選びやすいですし、熱対策もある程度高いです。

また価格と性能的に最もコスパが高いことが多い大きさ

 

ただしハイクラスを狙うならミドルタワー型が良いです。

マザボが高品質・高耐久クラスが使われていたり、排熱処理も優秀で、

かつ拡張性が高いため、ビデオキャプチャやUSB増強など後から機能追加がしやすいです。

3.見た目を考える

およそのPCケースの大きさを考えたら、次は見た目です。

PCケースといっても、大手ショップオリジナルを利用していたり、

自作でも手に入るPCケース、LEDでRGBに光るものや静音など色々あります。

個人的には見た目が気に入らないゲーミングPCを買っても愛着がわきません。

なので好きな見た目を提供するパソコンショップや、

これは自分的には好きじゃないパソコンショップを決めることで、選択肢が絞れます。

4. 具体的にカスタマイスして最終決定

最終価格を調べてみて、自分で納得いくか判断します。

完成品であったとしても、別途モニターをつけるのか?、マウス、キーボードなど付属品有無もあります。

セキュリティやソフト付属もありますね。

BTOパソコンなら、記憶容量やメインメモリを調整する必要もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


SHARE