Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2020年下半期】おすすめのグラボは!?予算と用途に合わせて

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

どのグラフィックボードにするか迷っていますか?

沢山種類がありますから、中々自分の目的に合ったグラボを選択するのは大変です。

そこでここでは最新事情も踏まえながら、

おすすめのグラボを目的と予算をふまえてご紹介していきます!

 

性能だけで選ぶなら一番高いグラボになってしまいます。

グラボ選びは何をしたいのか?という目的とコストのバランスが重要です。

後半では今現在のグラフィックボードの選び方についても解説していきます。

予算1万以下:とにかく安く抑えたい人

とにかく安さ重視!という方におすすめなグラボです。

こんな人を想定
  • 安さと言ってもライトなゲームは遊びたい
  • 30fps付近でも良いので最新ゲームを遊びたい
  • MMO系やレインボーシックスシージ、PS4移植作品など

正直なところ新品で1万円以下で買う場合は、ほぼ選択肢がありません。

かなり前の旧世代や中古グラボになってしまいます。

PCをいちから組み立てる予定で1万円以下のグラボをさがしているという人は、

RyzenのVegaグラフィックでそもそもグラボを買わないというのがおすすめです。

RyzenはAMD系のCPUですが、VegaというRadeon系のグラフィック機能を搭載した、

RyzenGシリーズというものがあります。

RyzenGシリーズはCPUと一緒にVegaグラフィックが搭載されており、

今回のような動作の軽いゲームであれば動かすことができる優れもの。

かつ、グラフィックボードを買う必要が無いので、コストも大幅に抑えられるのが特長です。

Intelの内蔵グラフィックは貧弱すぎるので、こういう使い方はできません。

 

RyzenGシリーズのラインナップは以下の通り

CPU/APU Ryzen™ 5 PRO 4650G Ryzen™ 5 3400G Ryzen™ 5 2400G Ryzen™ 3 PRO 4350G Ryzen™ 3 3200G Ryzen™ 3 2200G Athlon 3000G Athlon™ 200GE
世代 最新 1世代前 2世代前 最新 1世代前 2世代前 1世代前 2世代前
コア数 6 4 4 4 4 4 2 2
スレッド数 12 8 8 8 4 4 4 4
ベース周波数 3.7GHz 3.7GHz 3.6GHz 3.8GHz 3.6GHz 3.5GHz 3.5GHz 3.2GHz
ターボ・ブースト 4.2GHz 4.2GHz 3.9GHz 4.0GHz 4.0GHz 3.7GHz なし なし
(L3)キャッシュ 8MB 4MB 4MB 4MB 4MB 4MB 4MB 4MB
最大メモリー速度対応 DDR4-3200 DDR4-2933 DDR4-2933 DDR4-3200 DDR4-2933 DDR4-2933 DDR4-2667 DDR4-2667
内蔵グラフィック Radeon Graphics 7 Radeon™ Vega11 Graphics(11CU) Radeon™ Vega11 Graphics(11CU) Radeon Graphics 6 Radeon™ Vega 8 Graphics(8CU) Radeon™ Vega 8 Graphics(8CU) Radeon™ Vega 3 Graphics(3CU) Radeon™ Vega 3 Graphics(3CU)
グラフィック周波数 1900 MHz 1400 MHz 1250 MHz 1700 MHz 1250 MHz 1100 MHz 1100 MHz 1000 MHz
TDP 65W 65W 65W 65W 65W 65W 35W 35W
参考小売り価格 34,000円 19,977円 ほぼ取り扱い無し 23,000円 12,574円 ほぼ取り扱い無し 7,237円 5,250円

最新世代ではPROシリーズと呼ばれる4000番台ですが、

グラフィック性能だけみれば、旧世代の3400Gでも変わりません。

CPU性能も高いですし、価格も安く入手しやすいのでおすすめです。

【2020年下半期】Ryzen 3 PRO 4350Gの性能は?ゲーム・動画編集は? 【2020年下半期】Ryzen 5 PRO 4650Gの性能は?ゲーム・動画編集は? Ryzen5 3400Gをベンチマーク!2400Gとの差はあるのか?

動作の軽いゲームなら30~60fpsで十分遊ぶことができます。

予算1~2万円:ライトゲームを遊ぶ人

この価格帯になるとゲーミングPC入門のエントリー向けグラフィックボードが狙えます。

こんな人を想定
  • フルHD低画質にはなるが、幅広いゲームで遊びたい!
  • 最新ゲームでも低~中画質60fps安定を狙える!
  • 動作が軽いゲームなら低画質144fpsいけることも
  • フォートナイト、VALORANT、オーバーウォッチなどFPS/TPS系の入門機

FPSやTPSの最新ゲームでも低~中画質60fps狙える性能になっています。

ゲーミングモニター利用はあまりおすすめではありませんが、

ゲームによっては120~144fps以上になることもあります。

しかし過度な期待はできません。

 

予算1~2万円台で候補にあがるグラフィックボードは以下。

予算1~2万円グラボ
  • GeForce系:GTX1650 GDDR6版(参考価格:14,300円~)
  • GeForce系:一部 GTX1650 SUPER (参考価格:18,678円~)
  • GeForce系:一部 GTX1660ti(参考価格:19,980円~)
  • Radeon系:RX5500 4G(参考価格:17,600円~)
  • Radeon系:RX580(参考価格:15,370円~)
  • Radeon系:RX570 8GB(参考価格:15,734円~)

NVidiaが最新世代RTX3000シリーズ、RadeonはRX6000シリーズを発売しましたので、

現在この価格帯は旧世代、2世代前グラボのラインラップから選ぶことになります。

比較的買いやすい低価格で、ゲーム性能もそれなりであれば、

strong>現在価格が下がってきてコスパが上がっているのがGTX1650です。

2020年下半期☆GTX1650の性能をベンチマーク!最新ゲームでもOK?

昨今の最新ゲームでもフルHDであれば遊べ、

特にDirectX 12ベースになると強い性能を発揮し、フルHD低画質~中画質でほとんどのゲームが遊べます。

最新ゲームはどんどんDirectX 12になりますので、

下手に2世代前のGTX1050ti類を買うより、長持ちします。

 

内蔵のメモリ構成からGDDR5版とGDDR6版がありますが、

価格が同じになっていますので、性能が高いGDDR6版から選ぶと良いでしょう。

予算2~3万円:フルHDで快適そのもの

ミドルクラスの下位に属するグラボが主な選択肢になってきます。

下位といっても、フルHDなら十分な性能も持っており、

最も販売数が多い価格帯ともいえるでしょう。

GPU性能も使うハードウェアエンコードを利用して動画編集する人も、

価格的にこのあたりから検討すると良いとおもいます。

こんな人を想定
  • フルHDなら中~高画質60fps確保
  • 低~中画質144fps以上のゲーミングモニター利用も可
  • フルHDなら遊べないゲームは無い
  • ハードウェアエンコードで動画編集をする

 

予算2~3万円台で候補にあがるグラフィックボードは以下。

予算2~3万円グラボ
  • GeForce系:GTX1660ti(参考価格:27,280円~)
  • GeForce系:GTX1660 SUPER(参考価格:23,990円~)
  • GeForce系:GTX1660(参考価格:20,900円~)
  • Radeon系:RX5500 8G(参考価格:21,860円~)

この中で最も価格性能バランスに優れ、人気モデルでもあるのが「GTX1660 SUPER」です。

上位GTX1660tiに対して約10%ほどの性能差に留まっており、

そのわりに価格も安いです。

対抗はRX5500XT 8Gですが、性能コスパが若干悪いこと、

またハードウェアエンコードがNvidia対応が多い(対応が早い)こともあるので、
(基本的には有名ソフトなら、両方対応してくる)

特にこだわりが無ければGTX1660 SUPERがおすすめです。

2020年更新☆GTX1660 SUPERのゲーム性能をベンチマーク! 2020年更新☆RX 5500 XT 4G&8Gのゲーム性能をベンチマーク!

予算3万円~5万円:ゲーミングモニター使用、WQHDも視野

さらにゲーミング性能を向上させた価格帯になります。

ミドルクラスの上位~ハイクラス導入ぐらいの位置づけです。

低解像度(2560×1080)のウルトラワイドモニター利用を考える人はここからが良いでしょう。

こんな人を想定
  • 低解像度(2560×1080)のウルトラワイドモニター利用
  • 高画質フルHD120fps以上のゲーミングモニターも可能
  • WQHD(2560×1440)ゲーミングも視野に入る

 

予算3~5万円台で候補にあがるグラフィックボードは以下。

予算3~5万円グラボ
  • GeForce系:RTX2070 SUPER(参考価格:48,380円~)
  • GeForce系:RTX2060 SUPER(参考価格:39,800円~)
  • GeForce系:RTX2060(参考価格:32,450円~)
  • Radeon系:RX5700XT(参考価格:41,800円)
  • Radeon系:RX5700(参考価格:38,500円~)
  • Radeon系:RX5600 XT(参考価格:31,300円~)

今激戦区といって良いのがこの価格帯です。

少し前まではGeForceのRTX一択でしたが、RX5700XT/RX5700/RX5600XTが出て選択肢が難しくなっています。

RX5700XT/RX5700/RX5600XTはRadeon系の新作ですが、Geforce系と性能が拮抗しています。

ざっくりですが、性能を比べると、

ざっくりな性能目安
RX5700XT(WQHDもOK)> RTX2070 (WQHDもOK) > RTX2060 SUPER = RX5700(WQHDも可)> RTX2060 = RX5600XT(フルHD最高環境)

という感じです。

性能コスパ的にはRadeon系のほうがコスパが高くなっています。

ただグラフィック性能だけでなく、機能面でもGeForceとRadeonには違いが多く、

Radeon系はレイトレやDLSSといった機能は使えません。

レイトレとは?
レイトレーシングという光子の動きを利用した描画方法で、より現実に近い描画が可能と言われています。
ただしゲーム側が対応、および高負荷である点に留意。
昨今ではフォートナイトやCODなど人気タイトルもレイトレ対応となってきています。
利用するにはGTX16シリーズ一部/RTX2000/3000シリーズ、もしくはDirectX 12 Ultimate対応グラボ(RX6000シリーズ)が必要です。
DLSSとは?
機械学習を用いた処理技法で、処理が効率化されることで低負荷で高画質環境で遊べるようになります。
前述の高負荷であるレイトレはFPS低下が大きいですが、このDLSSと組み合わせることでFPSをある程度確保できます。
利用にはソフト側の対応が必要で、昨今だとフォートナイトやモンハンなどが対応しています。
利用できるのはRTX2000/3000シリーズのみです。

最新ゲームやフォートナイト、モンハンなど人気ゲームでは、

レイトレやDLSSに対応したゲームが増えていますので、この機能を使えるのはGeforce優位です。

 

ただRadeon系では代わりに「Fidelity FX CAS(Image Sharpening)」という機能で、画質を向上させる機能と、

「Anti-Lag」という機能でゲームの操作遅延を短縮できる機能がありますが、

根本的に両社は違う技術なので、何を使いたいか?で選ぶのもひとつです。

Fidelity FX CAS(Image Sharpening)とは?
GeforceのDLSSの対抗技術と言われるRadeonのFPS向上機能です。
ユーザーには気付き難い部分の箇所だけ処理を低負荷にすることで、結果低負荷で高画質で遊べるようになります。
こちらもソフト側の対応が必要で、昨今だとモンハンやデスストランディングなどが対応しています。

また最新世代RX6000シリーズではDirect X12 Ultimate対応となっており、

レイトレも利用できるようになります。

今後徐々に下の価格帯にグラボがリリーズされますし、対応ゲームも増えてくれば、

また状況も変わってくるでしょう。

 

フルHD高FPSなら

フルHD高画質144fpsなどWQHDなど高解像度で遊ぶ予定がなければ、

人気のあるRTX2060 SUPERを。

Radeonなら、性能に対するコスパが高く、性能自身も現価格帯で最強のRX5700です。

ウルトラワイドモニター利用なら

WQHD(2560 x 1440)やウルトラワイドモニター(2560×1080)を使う予定があるなら、

Geforce系はRTX2070 SUPERを。

Radeonなら現価格帯でコスパ最強のRX5700XTです。

予算5万円以上:4K(3840×2160)も視野に

このクラスはゲーミングPCでも最上級に属するグラフィックボードです。

ほとんどが4Kゲーミングを前提としており、4Kモニターほか、

高画質(3,440×1,440)なウルトラワイドモニター利用を考えている人はここからがおすすめ。

また最新世代の登場で、4Kだけでなく8Kゲーミングを前提にしたモデルも登場しています。

こんな人を想定
  • 高画質(3,440×1,440)なウルトラワイドモニター利用
  • 4K(3840×2160)ゲーミング
  • とにかく最強がいいんだなあ

またこの価格帯は在庫状況で、価格と性能とあべこべになりやすいため、

性能コスパが鬼わるいグラボもあるので注意です。

5万円以上
  • GeForce系:RTX3090(参考価格:189,810円~)
  • GeForce系:RTX3080(参考価格:99,647円~)
  • GeForce系:RTX3070(参考価格:66,670円~)
  • GeForce系:RTX2080ti(参考価格:167,700円~)
  • GeForce系:RTX2080 SUPER(参考価格:94,800円~)
  • GeForce系:RTX2080(参考価格:84,800円~)
NVdia新世代RTX30シリーズ
RTX3090、RTX3080、RTX3070が発売となり
およそRTX3090がRTX3080の約2割性能増、
RTX3080が2080の2倍、RTX3070は2080tiとほぼ同等が目安となっています。
CPUボトルネックの兼ね合いもあるため、ハイクラスCPUでさえボトルネックに。
Radeon新世代RX6000シリーズ
Radeonを有するAMDも11~12月に新世代RX6900XT/6800XT/6800をリリースします。
今回対抗馬となるRTX3000シリーズと、価格、性能、省電力で互角以上となっております。
ただしまだ在庫が品薄・品切れ状態のため、また改善次第当サイトに含めていきます。

今のところこのクラスの性能ならNvidia一択です。

ただし旧世代は価格高止まりの観点からコスパが悪くなっています。

選ぶなら最もコスパが高い最新世代のRTX3070です。

価格も他に比べ安く、前世代最強のRTX2080tiに近い性能となっており、

4K低画質や高解像度ウルトラワイドモニター利用なら十分対応できます。

在庫も大分潤沢になってきており、手に入りやすくなりました。

 

4Kでも高画質で遊びたい!という場合は、

価格と性能バランスの良い最新世代RTX3080でしょう。

単純な最強ならRTX3090なのですが、如何せん高い。

4Kゲーミング前提ならRTX3080で十分です。

こちらも徐々に在庫改善され、手に入りやすくなってきました。

グラフィックボードの選び方

グラフィックボードと一口にいってもかなりの種類が出ていますので、

中々詳しくないと選び方に困ってしまうかもしれません。

ここでは個人的におすすめするグラフィックボードの選び方についてまとめています。

一般購入向けはGeForceがおおい

グラフィックボードには大きくNVIDIAとAMDにわかれています。

ゲームに対象を絞ればNVIDIAはGeForceになり、AMDはRadeonです。

ゲーム機の内部などはRadeon系が多いのですが、

一般に自作で購入する、メーカーのPCやBTOパソコンを購入する際は、

現在GeForce系のほうが多い状況です。

エントリ~ハイクラスまですべてに強いのがGeForceですが、

最近価格改定と、性能向上によりRadeon系がコスパに優れてきてきています

ただし最新のNavi世代を除き、全体的に消費電力が高く、熱対策が必須なこと。

またファンがうるさい傾向にあります。

 

また昨今はソフト側のRadeon系対応も早くなってきましたが、

それでもNvidia先行というのは変わっていません。

ワットパフォーマンス、ソフト対応の早さはGeForceに分があるかなというところです。

目的を明確に!CPUとのバランスが大事

グラフィック性能ばかり目が行くと、予算が高くなってしまいがちです。

自分がどのくらいの画質、解像度、目標FPSやゲームの種類をしたいか?

を明確にしてグラボを選定するのがおすすめです。

 

ゲームというとグラフィックボードが一番重要であることは間違いないのですが、

グラボだけの性能が吐出していても100%の力を発揮できません。

CPUとメインメモリの容量・クロック数、熱対策、記憶媒体速度も重要な要素です。

特にCPUとのバランスは重要です。

ゲームをする際CPUとグラボの両方で処理が行われ、

CPU性能が低すぎるとボトルネックになりグラボの性能を100%引き出せないからです。

さらに昨今はCPU性能(特にマルチタスク処理)をフル活用するゲームも多くなり、

両方の性能バランスがとても重要なんです。

下記は2019年、現段階のグラフィックボードと性能の目安、

またおすすめのCPUの組み合わせを記した表です。

なおBTO向けで検討している人もいると思いますので、取り扱い状況も記してします。

2020年11月★ゲーミングPCのおすすめは?価格・ランキング別

グラフィックボードメーカーは何が良い?

グラフィックボードの種類のほかに気になるのがメーカー(厳密にはベンダー)です。

純正クーラーモデルというNVIDIAやAMDが出すグラボを購入する人は、

PC関連の仕事の人以外はあまりいなく、

基本は関連PCメーカーのモデルを購入することがほとんどです。

現在日本だとMSI、ASUS、GIGABYTE、ZOTAC、玄人志向、Palit、ELSA、Colorful、Inno3D、

あたりが有名どころかなと思います。

若干クロック数や排熱処理など違いがあるものの、個人的には好きなのを選んでよいと考えます。

値段がバラバラですし見た目や大きさも違うので、ご自身にあったものを選びましょう。

上記メーカーならハズレの心配はほとんどありません。

どうしても心配な人は、MSI、ASUS、GIGABYTE、ZOTAC、玄人志向、Palitの6社から選びましょう。

安く買うには?

セールとかを狙う!というのだと当たり前すぎるので、ここでは違うことをw

まず同じクラスの新品グラボの場合は、玄人志向とPalit、ZOTACの3社が安い傾向にあります。

特に最近はZOTAC製品が安さ構成を仕掛けていますね。

 

NvidiaとRadeonのどちらがコスパ高いか?

に関しては性能クラスで分かれるところです。

1~3万円くらいのグラボではGeForceがコスパ高い傾向に、

3万~6万円になってくると、RadeonのRX系のコスパが高くなってきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA