Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2019年1~3月】おすすめのグラボは!?予算と用途に合わせて

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

どのグラフィックボードにするか迷っていますか?

沢山種類がありますから、中々自分の目的に合ったグラボを選択するのは大変です。

そこでここでは最新事情も踏まえながら、

おすすめのグラボを目的と予算をふまえてご紹介していきます!

性能だけで選ぶなら一番高いグラボになってしまいます。

ですがグラボ選びは何をしたいのか?という目的とコストのバランスが重要だと思いますから。

新品だけでなく、中古商品も交えながらお話します。

また後半では今現在のグラフィックボードの選び方についても解説していきます。

予算1万以下:とにかく安く抑えたい人

とにかく安さ重視!という方におすすめなグラボです。

こんな人を想定

  • 安さと言ってもライトなゲーム(マイクラ、フォートナイト)などは遊びたい
  • 30fps付近でも良いので最新ゲームを遊びたい
  • 中古でも気にしない

このような要件になると、GTX1050、1050tiやRadeon RX560あたりが選択肢になりますが、

新品で買えばいずれも1万円越え~1万円後半。中古でも1万円以下はきびしいです。

そこでおすすめしたいのがGTX960の中古です。

GTX960の性能は!?2019年も通用するのか(主にゲームで)

GTX960は最新世代がRTX2000番台なので2世代前のグラボになり、メルカリとかなら中古価格で5~7000円前後です。

ですが性能はGTX1050tiに近い数値を出しており、

フォートナイトやマイクラなどライトゲームなら何の問題もなく遊べます。

最新ゲームでも最低画質にすればゲームによっては30fps付近で遊ぶことも可能。

今後長期に渡って活躍し続けるのは難しいですが、次のグラボに進む前のステップとしておすすめしています。

中古が気になる人もいますが、個人的には買っても問題ないと思います。

もう10個以上買ってきましたが、今のところ壊れたことはありませんし、

普通に使用できます。保証とかはないのでそのあたりが気にならなければおすすめします。

予算1~2万円:ライトゲームを遊ぶ人

中古は嫌だ!けど安く抑えたい人におすすめなグラボです。

こんな人を想定

  • 安さと言ってもライトなゲーム(マイクラ、フォートナイト)などは遊びたい
  • 30fps付近でも良いので最新ゲームを遊びたい
  • 新品が良い

こういった人におすすめなのはASUS GTX1050ti 4GBバージョンです。

価格は18,000円前後で、ライトゲームなら問題なく動作します。

さらに前は2GBモデルだけだったのですが、こちら4GBモデルとなっています。

最近のゲームはメモリ容量も重要になっていて2GBでは不足しがちだったのですが、

その問題が解消できています。

ASUSのこちらの製品は非常にコンパクトで取り回しが良く、

比較的小型PCケースでも導入しやすいです。

DisplayPort、HDMI×1 (HDMI 2.0)、DVI(DVI-D)にそれぞれ1ポート対応しています。

予算2~3万円:最新ゲームをやりたい人

パソコンで最新ゲームも含め沢山のゲームをしたい人におすすめのグラボです。

重量級でも動くことを想定しています。

こんな人を想定

  • ほとんどのゲームは問題なく動作
  • 画質低めなら60fps確保できる
  • 60fpsは切るが画質は良い状態で遊びたい!

この辺りの場合GTX1060やRadeon RX580 8Gのグラボが対象になります。

この2つ現段階では価格は大体同じ27,000円~30,000円ほど。

実はゲームによってどちらのほうが性能が上か変わってくるのですが、

全体的にはRadeon RX580 8Gのほうが優秀な成績を収めています。

ただし電力消費もRadeon RX580 8Gのほうが圧倒的なので、

電力効率を気にする人はGTX1060 6GBを選びましょう。

気にならないならRadeon RX580 8Gが買いだと思います。

このグラボなら、最新のゲームあっても快適に遊ぶことが可能です。

最高画質、高画質になってくると場合によってfpsが落ちますが、

それでも動作には支障ありません。

ガチゲーマーでないかぎりは、このクラスのグラフィックカードを最もお勧めしています。

予算3万円~5万円:最新ゲームを高画質60fpsで遊びたい

最新ゲームが問題なく遊べることはもちろん、画質にもこだわりたい人向けです。

ほかにも以下のような人がターゲットになります。

こんな人を想定

  • 高画質60fps以上で遊びつくしたい!
  • 144fpsのゲーミングモニター使用を考えている
  • ワイドモニタやマルチモニタの大画面でゲームしたい

フルHD以上の解像度を求めたり、fpsにこだわるガチゲームがしたい人も対象です。

このあたりの要求にこたえるならハイエンド(アッパーミドルとかも言われる)のグラボが必要で、

最低でもGTX1070、Radeon RX Vega56あたりは必要です。

また最近登場した1070tiに肉薄(場合によっては超える)RTX2060も見逃せません。

このなかでおすすめするならRTX2060でしょう。

コスパもGTX1070tiよりも上と見て良いですし、何よりレイトレーシング対応なので、

これからのゲーム市場にもマッチしています。

GPUコアもTU106というGTX2070と同じものを使用しており、

一昔前のGTX1070以上とGTX1060のようにコアの種類が違っていた頃とは雲泥の差です。

価格はメーカーによっては5万を超えてしまいますが、

ドスパラが唯一代理店をしているPalit製なら46,000円ぐらいで購入可能です。

GTX1070tiや、Radeon RX Vega56は6万越えですし、

今後と価格を考えればRTX2060が良いでしょう。

 

ただし中古でも良いということであればGTX1070も選択肢としておすすめできます。

RTX世代の登場で余剰在庫が多いこと、単純に前世代は値下がりすることなどから

ドスパラなど販売店でも3万円前半で買うことができ、かなりお得です。

ですが性能は申し分なく、大半のゲームを高画質60fps以上で遊ぶことができます。

予算5万円以上:グラボに糸目は付けない!

正直これ以上の金額になるとかなりグラボにこだわっている人になるでしょう。

グラボも当然お金をかけるほど性能は良いですが、コスパの観点もあるので、

一概に最上位のRTX2080ti買えばいいじゃん!って感じでもありません。

18万くらいするし・・・

あとは、4K画質で60fps以上で遊びたいといった人もいると思いますが、

現状最上位のRTX2080tiでもぎりぎり60fps切ってしまうことも。

どんなゲームでも遊ぶにはもう少し時間が必要かもしれません。

 

現状コスパの良さも考えると、

レイトレーシング対応のRTX2070は価格は65000円~で、前世代GTX1080と同等(場合によって以上)の性能でおすすめです。

4Kゲーミングにはちょっと性能不足ですが、最高画質でも問題なく遊べるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA