RTX3050のゲーム性能をベンチマーク!【凡庸?汎用?】 | こまたろPC

RTX3050のゲーム性能をベンチマーク!【凡庸?汎用?】

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!!

久々にNVidia GeForceのRTX系より新作がリリースされました。

今回は安めのエントリークラスとなる「RTX3050」をレビューしていきます。

RTX3050のスペックや価格は?

現在日本で購入しやすいNVidiaエントリ~ミドルクラスの

グラフィックボード一覧です。

※横スクロールできます

GPU RTX3060ti RTX3060 RTX2060 RTX3050 GTX 1660ti GTX 1660 SUPER GTX 1660 GTX1650 SUPER GTX1650
世代 最新 最新 1世代前 最新 2世代前 2世代前 2世代前 2世代前 2世代前
プロセッサ数 4864 3584 1920 2560 1536 1408 1408 1280 896
Tensorコア数 152 Gen3 112 Gen3 240 Gen2 80 Gen3
RTコア数 38 Gen2 28 Gen2 30 Gen1 20 Gen2
ベースクロック 1410MHz 1320MHz 1365MHz 1550MHz 1500MHz 1530MHz 1530MHz 1530MHz 1485MHz
ブーストクロック 1670MHz 1780MHz 1680MHz 1780MHz 1770MHz 1785MHz 1785MHz 1725MHz 1665MHz
メモリスピード 14Gbps 15Gbps 14Gbps 14Gbps 12Gbps 14Gbps 8Gbps 12Gbps 8Gbps or 12Gbps
メモリ量 8GB GDDR6 12GB GDDR6 12GB GDDR6 8GB GDDR6 6GB GDDR6 6GB GDDR6 6GB GDDR5 4GB GDDR6 4GB GDDR5 or 6
メモリバス帯域幅 448GB/s 360GB/s 336GB/s 224GB/s 288GB/s 336GB/s 192GB/s 192GB/s 128GB/s or 192GB/s
TDP 200W 170W 160W 130W 120W 120W 120W 100W 75W
電源コネクタ 8pin × 1 8pin × 1 8pin × 1 8pin × 1 8pin × 1 8pin × 1 8pin × 1 6ピン×1 不要 or 6ピン×1
ここがポイント!
  • RTX系のエントリー向けクラス
  • プロセスが8nm、RT/Tensorコア/メモリも次世代へ
  • OC版との価格差が大きい
  • 補助電力は8pin

現在RTX系の一番下位のモデルとなるのがRTX3050です。

もともとノートPC用には存在していましたがデスクトップ向けが無く、

実質エントリーミドルクラスは2世代前のGTX1660系が担っていました。

下位モデルといってもDLSSやレイトレ機能は使えますので、

対応ゲームであれば高フレームレートや高画質が狙えるかもしれません。

なおOC版は通常版よりもかなり高額に設定されています。

おそらくノートPCのRTX3050tiのような立場と考えられますが、

今回は通常版のRTX3050を検証します。

 

ベンチマーク比較対象はRX6600、GTX1660系といったところでしょう。

GTX1660 SUPERのゲーム性能をベンチマーク!RX6600のゲーム性能をベンチマーク!レジ袋よりSDGsだ!

今回使用したRTX3050

ZOTACのRTX3050 Twin Edge

今回使用したのはZOTACの「Twin Edge」です。

RTX3050の中では安いモデルになりますが、

デザインが特徴的で質感も悪くなく個人的には好きです。

ZOTACのRTX3050の補助電源

補助電源は8pin x1。

GTX系の最下位モデルは補助電源無しもありましたが、

RTX系はさすがに難しいようですね。

ZOTACのRTX3050出力ポート

出力ポートはHDMI x1 DisplayPort x3。

ということで早速検証に入っていきましょう。

検証ポイント
  • メインターゲットのフルHDの性能(特にDLSSやFSR利用)
  • RX6600/GTX1660Sとの性能差
  • 消費電力はどのくらい低いのか

RTX3050の魅力はDLSSが使えるグラボとして最安であることでしょう。

またAMD開発のFSRも徐々にゲーム対応が増えてきており、

DLSSとFSR利用によってどこまで高フレームレートになるか注目です。

DLSS
DLSSとはGeforceが開発した機械学習により、ゲーム負荷を減らす技術です。
利用することでより高解像度・高画質・高FPSに遊べます。
GeforceのRTX2000、3000シリーズのみ利用可能です。
主なDLSS対応ゲーム一覧(Nvidia公式サイト)
FSR
AMDが開発したグラフィック処理を低負荷にすることで、高FPSを実現するFidelityFX SUPER Resolution(FSR)という技術。
低解像度にして負荷を下げる代わりにのアップスケーリングで解像度の劣化を防ぎ、結果として高FPS値を実現する。
こちらもソフト側の対応が必要です。GeForce、Radeonの両方で利用可能。
主なFSR対応ゲーム一覧(AMD公式サイト)

なお使用したCPUはゲーム性能が高いCore i7 12700Kです。

Core i7 12700Kを性能レビュー!ゲームのベンチマーク比較

Apex Legends

まずは人気のバトロワゲーム、ApexLegendsです。

グラフィックボードの性能の影響をうけやすいゲームです。

ApexLegendsのグラボ比較

間にRTX3050ti(ノートPCのみ)の存在があるからか、

RTX3060のと差は結構大きいですね。

そしてRX6600には10~20fpsくらい負けている結果です。

DLSSやFSRが利用できないゲームでは、RX6600よりパフォーマンスが悪いかもしれません。

GTX1660 SUPERには若干優っていますが、

RTX3050の価格によっては妥当な結果といえそうです。

フォートナイト

続いても人気FPSのフォートナイトです。

ベータ版のDirectX 12がありますが、今回はDirectX 11にて計測しています。

またDLSS機能がありますので、RTX3050は利用して計測しています。

フォートナイトのグラボ比較

やはりRTX3060とは結構な差があります。

最大で70fps近くはありますから、全然ゲーム性能が違うといってよいでしょう。

しかしながらRX6600には最大40fpsほど、フルHD~4Kまですべてで上回るパフォーマンスを発揮しています。

やはりDLSSを使えるとRTX3050は光輝きますね(笑)

低画質なら4Kでも遊べる結果がでました。

 

ただDLSSを使えないGTX1660 SUPERが思いのほか高フレームレートで、

RTX3050とほとんど差がありません。

APIが古いDirectX 11だからなのか、理由は定かではありませんが、

RTX3050のコスパは今のところ悪く感じます。

Escape From Tarkov

β版でありながら日本でもどんどん人気になっているハードコアFPSです。

現在は144fps上限値になっていますが、

GeForce系だけ上限が外せる設定があるため、基本はGeForce系のパフォーマンスが良いです。

タルコフのグラボ比較

基本的にはいままでのゲームと傾向は変わりません。

RX6600には最大フレームレートは大幅に上回っていますが、

144fps上限があることが原因で、高負荷領域ではRTX3050のほうが若干劣っています。

またGTX1660 SUPERに対しても互角といって良く、

DLSSやFSRを使えないゲームでは、RTX3050の性能は旧ミドルクラス程度って感じでしょうか。

モンスターハンターライズ

大人気のモンスターハンターシリーズの最新作です。

こちらもDLSSやFSRといった機能は今のところありません。

モンスターハンターライズのグラボ比較

このゲームはRadeon系が強いのかRX6600の性能が突出しており、

RTX3050はかなり下回っています。

またやはりGTX1660 SUPERに互角、低画質では大差をつけて下回っており、

パフォーマンスの悪さが目立ちます。

RTX3060や3060tiも微妙なので、

ゲーム側の最適化の問題、もしくはAPIの問題かと思いますが、

いずれにせよRTX3050がパッとしませんね。

サイバーパンク2077

色んな意味で話題になりました人気ゲームです。

DLSSに対応しています。

サイバーパンク2077のグラボ比較

DLSSを利用できる分、RTX3050のパフォーマンスが凄いです。

RX6600には最大で40fps、GTX1660 SUPERには70fpsほど上回っており、

両者がWQHDウルトラ画質では性能不足に対して、

RTX3050は60fpsと、遊べる解像度・画質の範囲も違います。

DLSSが使えるとRTX3050の強さが見えてきますね。

レインボーシックス エクストラクション

計測中

Back 4 Blood

こちらも最新ゲームのBack 4 Bloodです。

DLSSもFSRも対応しており、グラフィック関連にはかなり力を入れている印象。

今回はFSRを利用して計測してみます。

Back 4 Bloodのグラボ比較

FSRはGeForceもRadeonも両方使える機能ですが、

RadeonのほうがFSRの効果が高いという話があります。

実際Back 4 BloodでもRTX3050よりRX6600のほうが高フレームレートです。

GTX1660 SUPERには10~20fpsほど上回っていますが、

価格からみれば妥当というところでしょうか。

Battlefield 2042

有名なBattlefield 2042です。

正直最適化が甘い印象で、

グラフィックボードの利用率が改善の余地がありそうな動きではありますが。。。

ひとまず現状のフレームレートを計測します。

DLSSが利用できるため、RTX3050は利用して計測しています。

BF2042のグラボ比較

GTX1660 SUPERに対してはDLSSが使える分、基本的に性能は上回っている模様。

ただRX6600とは高画質では上ですが、低画質は下と互角くらいの結果に。

RX6600はDLSS使えませんので、

そう考えるとRTX3050の良さはあまりないかなあという気はします。

Ready or Not

最後はアーリーアクセスではありますが、話題になっているSWATゲームです。

DLSSに対応しています。

Ready or Notのグラボ比較

このゲームに関してはRTX3050の性能が際立っています。

特に高画質では最大フレームレートがRX6600やGTX1660 SUPERを大幅に上回っており、

ようやくRTX3050の強さが感じられたゲームでした。

動画編集性能はどうか?

ゲーム性能は中々評価が難しい結果でしたが、

動画編集性能も見ていきましょう。

最近は動画編集もCPUとGPU両方を使うハードウェアエンコードが当たり前になっており、

グラフィックボードの性能も重要度が増しています。

編集速度について
使うソフト、動画素材、動画時間、加工方法、エンコード方法などによって、編集時間というのはかなり違ってくるため、
あくまで参考の参考ぐらいの気持ちでみてください。

Adobe Premiere Pro

有名な編集ソフト「Adobe Premiere Pro」で計測します。

動画の長さは15分60fps、フルHD・4K動画でH.264/365の4パターンを計測。

Adobe Premiere Proの編集時間計測

どちらかというとGeForceに最適化されているからなのか、

RX6600が一番遅い結果となっており、RTX3050のほうが早いです。

まあ4K動画編集では違いはありませんが。。。

問題はGTX1660 SUPERとの比較です。

RTX3050よりGTX1660 SUPERのほうが早いという。

動画編集はメモリ周りの速度が重要になってくるので、

GTX1660 SUPERよりメモリバス帯域幅が劣っている点が影響しているのかもしれません。

Aviutl

もう一つ、無料ではかなり有名な「Aviutl」でも計測しました。

Aviutlの編集時間計測

ほとんど差がないとは言えますが、

若干RTX3050が良い結果を出しているかなとは思います。

とはいえ大きな違いがありませんから、RTX3050にあえてする理由は見えません。

消費電力について

ゲーム・動画編集性能に関してみてきましたが、

こまたろ的には「あまり冴えない性能」という印象でした。

では消費電力はどうでしょうか?

エントリークラス向けでは消費電力の低さに注目する人もいます。

そこで消費電力をFFベンチマークを使ってみていきます。

なおマザーボードのBIOSはいじっておらず、初期設定のまま計測しています。

RadeonSowtwareはゲーミングモードです。

※横スクロールできます

GPU RTX3060ti RTX3060 RTX3050 RX6600 GTX1660S
最小電力(W) 11.367 10.334 10.68 3.000 16.713
最大電力(W) 224.306 169.638 129.567 100.000 128.525
平均電力(W) 170.823 142.900 113.28 87.406 117.611

さすがにRTX3060と比べればかなりの省電力。

ですが省電力性ではRX6600がかなり優秀で、それには及びません。

最新世代でありながらGTX1660 SUPERよりは若干省電力なのは凄いですが、

それでも大幅に省電力というわけではないため、

なんともいえません。

性能の点から考えると良くも悪くもないという感じでしょうか。

RTX3050はどんな人におすすめ?

ここがメリット
  • DLSS対応ゲームでは前世代GTX1660系より高い性能
  • DLLS/FSR/軽いゲームなら高解像度でも遊べる
  • 消費電力は低く、ショートタイプもあるので小型PC向き
  • 最も低価格RTX3050ならコスパは高い
デメリット
  • DLSS非対応ゲームではRX6600よりやや劣る
  • DLSS非対応ゲームではGTX1660 SUPERと互角程度

DLSSが使えるグラボとしては最安ですし、

RTX3060も高騰しているため存在意義のあるグラボではあるかなと思います。

DLSS対応であれば高画質高フレームレートも狙えますし、

WQHD~4Kで遊べるゲームもあります。

 

ただFSR利用や何も利用しない場合、

性能はGTX1660系とほぼ大差がなく、RX6600よりも若干劣る性能、

消費電力も特記するほど低いわけでもなく、

要はゲームもクリエイティブも省電力性も可もなく不可もなくという感じです。

DLSS可否で汎用か凡庸か分かれるグラフィックボードです。

 

後は価格次第といったところでしょう。

RTX3050は種類によってはかなり高額になっていますが、

RX6600もGTX1660 SUPERも高騰しほぼ同価格になっています。

現状の価格状態であれば、

DLSSが利用できる分性能コスパでは若干RTX3050が上と思うので、

利用価値はあります。

今後の価格変動によってRTX3050のコスパが良くなるか悪くなるか注目です。