RTX 4060 Tiのゲーム性能をベンチマーク! | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

RTX 4060 Tiのゲーム性能をベンチマーク!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!!

RTX 4000シリーズも出そろってくるなか、ミドルクラスのRTX 4060 Tiに関してゲーム性能をみていきます。

RTX 4060 Tiのスペックは?

現在日本で購入しやすいNVidiaミドル~ハイクラスエントリーの

グラフィックボード一覧です。

※横スクロールできます

GPU RTX 3080 Ti RTX 3080 RTX 4070 Ti RTX 3070 Ti RTX 4070 RTX 3070 RTX 4060 Ti RTX 3060 Ti RTX 4060 RTX 3060
世代 旧世代 旧世代 最新 旧世代 最新 旧世代 最新 旧世代 最新 旧世代
プロセッサ数 10240 8704/8960 7680 6144 5888 5888 4352 4864 3072 3584
Tensorコア数 320 Gen3 272/280 Gen3 240 Gen 4 192 Gen3 184 Gen 4 184 Gen3 136 Gen 4 152 Gen3 96 Gen4 112 Gen3
RTコア数 80 Gen2 68/70 Gen2 60 Gen 3 48 Gen2 48 Gen 3 46 Gen2 34 Gen3 38 Gen2 24 Gen3 28 Gen2
ベースクロック 1370MHz 1440/1260MHz 2310 MHz 1580MHz 1920 MHz 1500MHz 2310 MHz 1410MHz 1830 MHz 1320MHz
ブーストクロック 1670MHz 1710MHz 2610 MHz 1770MHz 2480 MHz 1730MHz 2540 MHz 1670MHz 2460 MHz 1780MHz
メモリスピード 19Gbps 19Gbps 21Gbps 19Gbps 21Gbps 14Gbps 18Gbps 14Gbps 17Gbps 15Gbps
メモリ量 12GB GDDR6X 10/12GB  GDDR6X 12GB GDDR6X 8GB GDDR6 12GB GDDR6X 8GB GDDR6 8/16GB GDDR6 8GB GDDR6 8GB GDDR6 12GB GDDR6
メモリバス帯域幅 912GB/s 760/912 GB/s 504GB/s 608GB/s 504GB/s 448GB/s 288GB/s 448GB/s 272GB/s 360GB/s
TDP 350W 320/350W 285W 290W 200W 220W 160/165W 200W 115W 170W
電源コネクタ 8pin × 2 8pin × 2 8pin × 2
12VHPWR ×1
8pin × 2 8pin × 1
12VHPWR ×1
8pin × 1 8pin × 1
12VHPWR ×1
8pin × 1 8pin × 1 8pin × 1

前世代のRTX 3060 Tiと比較したポイントは、

ここがポイント!
  • RTX 4000シリーズ特有のDLSS3対応
  • CUプロセッサ数は減少
  • Tensorコア、RTコアともに次の世代へ
  • TDPは約40W低い
  • ベース/ブーストクロックも大幅増

と、大幅な変更になっているといってよい仕様。

特にAda Lovelace新アーキテクチャの省電力構造が良いのか、

RTX 3060 TiよりTDPがかなり低いです。

ただCUDAコア数は減少、代わりにTensorコア、RTコアがパワーアップなので、

DLSSやレイトレ利用と不使用で何か違いが出てくるかもしれません。

今回使用したRTX 4060 Ti

MSI VENTUS 2X RTX 4060 Tiグラフィックボード

今回使用したのはMSIの「VENTUS 2X」です。

MSIの定番のシリーズ。

RTX 4060 Tiグラフィックボードの補助電源

こちらのタイプの補助電源は8pin x1。

ということで早速検証に入っていきましょう。

検証ポイント
  • RTX 3060 Tiとの性能差は?
  • DLSS3の実力は?
  • 消費電力はどのくらい低い?

前世代のRTX 3060 Tiとの性能差そしてRTX 4000シリーズのウリであるDLSS3も気になります。

DLSSとは?
機械学習を用いた処理技法で、処理が効率化されることで低負荷で高画質環境で遊べるようになります。
前述の高負荷であるレイトレはFPS低下が大きいですが、このDLSSと組み合わせることでFPSをある程度確保できます。
利用にはソフト側の対応が必要で、昨今だとフォートナイトやモンハンなどが対応しています。
利用できるのはRTX2000/3000/4000シリーズのみです。
なお新しくDLSS3が登場し、こちらはCPU負荷を最小で飛躍的に高フレームレートを出すことが可能。RTX 4000のみ対応
主なDLSS対応ゲーム一覧(Nvidia公式サイト)

それではゲームのベンチマークを見ていきます。

なおCPUはCore i7 13700Kを利用しています。

Apex Legends

まずは人気のバトロワゲーム、ApexLegendsです。

グラフィックボードの性能の影響をうけやすいゲームです。

グラフィックボードの性能も高いため、差を見やすくするため4K解像度にて検証しています。

RTX 4060 TiのApexLegendsグラフィックボード性能グラフ

※横スクロールできます

RTX 4070 RTX 3070 RTX 4060 Ti RTX 3060 Ti RTX 4060 RTX 3060 RX 6600 XT RX 6600
4K 最低 222 162 159 144 146 108 118 93
4K 極 147 109 109 96 91 73 78 62

このゲームではDLSSを利用することはできませんのでRTX 4060 Tiのパフォーマンスが気になるところですが、

一応RTX 3060 Tiよりはフレームレートが出ていました。

ただRTX 4070の進化から比べると大きな進化という感じは無く、

価格を考えればRTX 3060 Tiでも十分という感じです。

ストリートファイター6

続いては人気シリーズの最新作ストリートファイター6です。

こちらもDLSSの機能はないため、RTX 4060 Tiの良さがでるか?

RTX 4060 Tiのストリートファイター6におけるグラフィックボード性能グラフ

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHD最強 WQHD最低 WQHD最強 4K低画質 4K最強
RTX 4070 120 120 120 120 120 78
RTX 3070 120 120 120 104 120 59
RTX 4060 Ti 120 120 120 95 120 31
RTX 3060 Ti 120 115 120 90 120 45
RTX 4060 120 115 120 80 118 46
RTX 3060 120 111 120 79 102 44
RX 6600 XT 120 100 120 70 103 25
RX 6600 120 85 120 59 87 23

ストリートファイター6では120fpsが最大値であるため低解像度では違いが見えにくいですが、

4K高画質では違いがでています。

そして結果はRTX 3060 Tiのほうがフレームレートが高い結果に。

WQHDではRTX 4060 Tiのほうが高いものの、やはりRTX 4070/3070と違い明確な性能差が感じられません。

このあたりCUDAコアの減少が響いている可能性があります。

サイバーパンク2077

続いても長らくロングセラーとなっているサイバーパンク2077です。

比較的要求スペックの高いゲームで、グラフィックボード性能が重要です。

まめにアップデートされているゲームで、最新のDLSS3にも対応しています。

今回はレイトレ利用時もみていきます。

RTX 4060 Tiのサイバーパンク内ゲームパフォーマンスグラフ

※横スクロールできます

フルHD低画質 フルHDウルトラ画質 フルHDレイトレウルトラ WQHD低画質 WQHDウルトラ画質 WQHDレイトレウルトラ 4K低画質 4Kウルトラ画質 4Kレイトレウルトラ
RTX 3080 222 221 147 185 187 119 115 115 78
RTX 4070 200 191 146 204 174 124 100 101 76
RTX 3070 237 193 124 219 151 98 143 89 60
RTX 4060 Ti 227 189 129 218 145 101 139 84 59
RTX 3060 Ti 229 168 111 193 132 86 124 76 51
RTX 4060 223 167 112 186 125 84 114 69 48
RTX 3060 206 141 95 161 106 71 99 60 41

DLSSではTensorコアが重要になってくる機能です。

RTX 4060 TiではTensorコアが次世代になっており、その効果がこのゲームで表れているように見えます。

RTX 3060 Tiよりも15~20fpsは上回っており、DLSSが使えないゲームと比べると明確な差です。

またレイトレもRTコアが重要ですが、RTX 4060 Tiでは次世代になっています。

RTX 3060 Tiと比べると確実なフレームレートの差になっており、やはり最新世代の力を見ることができます。

 

さてサイバーパンクでは最新のDLSS3機能に対応しています。

そしてRTX 4060 Tiを含むRTX 4000シリーズの最大のメリットはDLSS3が使えること。

RTX 3060 Tiは使えません。

RTX 4060 Tiのサイバーパンク内ゲームパフォーマンスグラフ DLSS3利用

※横スクロールできます

フルHD低画質 フルHDウルトラ画質 フルHDレイトレウルトラ WQHD低画質 WQHDウルトラ画質 WQHDレイトレウルトラ 4K低画質 4Kウルトラ画質 4Kレイトレウルトラ
RTX 4060 Ti/DLSS3 294 239 186 217 174 135 121 91 73
RTX 4060 Ti/DLSS2 229 168 111 193 132 86 124 76 51
RTX 3060 Ti/DLSS2 229 168 111 193 132 86 124 76 51

DLSS3は飛躍的にフレームレートを向上させることができ、実際サイバーパンクでもDLSS3を使うと一気にフレームレートが上がっています。

RTX 4060 TiのDLSS2利用やRTX 3060 Tiと比べれば違いは一目瞭然です。

DLSS3が使える場合RTX 4060 Tiの性能が火をふきます。

CoD:MW2

続いては最新ゲームの人気シリーズ、コールオブデューティーからモダンフォーウェア2です。

要求スペックは高く、DLSSやFSRなど最新技術にもしっかり対応しています。

RTX 4060 TiのCoD:MW2内ゲームパフォーマンスグラフ

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHD極限 WQHD最低 WQHD極限 4K最低 4K極限
RTX 3080 240 171 203 141 134 93
RTX 4070 272 199 225 157 139 99
RTX 3070 212 146 170 116 105 73
RTX 4060 Ti 236 159 183 123 109 72
RTX 3060 Ti 191 129 147 101 93 63
RTX 4060 208 136 155 100 89 57
RTX 3060 163 109 123 83 73 50

DLSS2を利用した計測結果です。

このゲームでもRTX 3060 Tiに対して明確なフレームレート差があり、

RTX 4060 Tiの性能向上、特にTensorコアが最新世代へ変わったことの進化がわかります。

Overwatch2

続いては人気のゲームであるOverwatch2も計測しました。

正直グラフィカル部分はあまり力を入れていない印象で、DLSS非対応ですし、

要求スペックも高くないため、RTX 4070のような高価なグラフィックボードでなくても十分遊べるゲームです。

今までのようなDLSSではなくFSR1.0に対応していますので、利用して計測します。

RTX 4060 TiのOverwatch2内におけるパフォーマンスグラフ

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHDエピック WQHD最低 WQHDエピック 4K低画質 4Kエピック
RTX 3080 600 352 600 252 419 147
RTX 4070 600 341 600 232 363 121
RTX 3070 600 270 599 193 330 106
RTX 4060 Ti 600 260 539 174 237 88
RTX 3060 Ti 600 231 563 164 283 90
RTX 4060 600 208 465 142 211 73
RTX 3060 600 173 425 124 204 67
RX 6600 XT 600 185 455 130 309 113
RX 6600 589 152 377 105 168 53

FSRはDLSSと違いTensorコアの利点は活かせません。

RTX 4060 TiとRTX 3060 Tiを比較してみると、結果はまちまちといったところで、

RTX 4060 Tiが常にRTX 3060 Tiを上回る結果ではありません。

むしろRTX 3060 Tiのフレームレートのほうが大きく上回っていることもあり、

ここはCUDAコアの少なさが影響しているのかもしれません。

タルコフ

続いても長らく人気のEscape From Tarkovです。

β版(ほぼ永遠のw)ですがグラフィック関係は日々改善されており、DLSSやFSRにも対応しています。

タルコフにおけるRTX 4060 Tiのパフォーマンスグラフ

※横スクロールできます

フルHD低 フルHDウルトラ WQHD低 WQHDウルトラ 4K低 4Kウルトラ
RTX 4070 144 143 143 143 140 100
RTX 3070 144 143 143 142 126 92
RTX 4060 Ti 144 143 143 141 112 75
RTX 3060 Ti 143 143 143 134 113 71
RTX 4060 143 143 142 128 89 60
RTX 3060 143 139 142 110 92 56

DLSSを利用した結果です。

このゲームは144fpsがMAXなので低負荷では違いが出ませんが、高負荷ではある程度の差が出ています。

ただそこまで大きな差ではなく、ややRTX 4060 Tiのほうがフレームレートがでているかなという程度。

WQHDゲーミングでも高画質高フレームレートを安定して狙える点は魅力的ですが、

RTX 3060 Tiとのパフォーマンス差があまり出ないのは残念。

ディアブロ4

最後は最新のゲームであるディアブロ4です。

こちらもDLSS3に対応していますが、測定段階ではまだ最適化不足を感じたため、

DLSS2にて計測しています。

タルコフにおけるRTX 4060 Tiのパフォーマンスグラフ

※横スクロールできます

フルHD低 フルHDウルトラ WQHD低 WQHDウルトラ 4K低 4Kウルトラ
RTX 4070 144 143 143 143 140 100
RTX 3070 144 143 143 142 126 92
RTX 4060 Ti 144 143 143 141 112 75
RTX 3060 Ti 143 143 143 134 113 71
RTX 4060 143 143 142 128 89 60
RTX 3060 143 139 142 110 92 56

このゲームではRTX 4060 TiがRTX 3060よりも優位である結果がはっきりとは得られませんでした。

確かに高負荷の設定では明らかにフレームレートが上回っていますが、

低負荷ではRTX 3060 Tiが上回っています。

このあたりは最新ゲームならではの最適化の問題かもしれません。

今後定期的にアップデートしていきます。

消費電力が魅力?

ゲーム性能としてはDLSS2/DLSS3が使えるゲームでは概ねRTX 4060 Tiの進化が見られる結果ですが、

それ以外では微妙な結果となっています。

ではRTX 4000シリーズのもう一つの魅力である消費電力も計測します。

今回はFFベンチマークソフトを利用し4K最高画質で計測しています。

なお今回はCore i7 13700KF/DDR5 5600MHz 32GB/Z790の構成によるシステム電力の最大値も計測しています。

※横スクロールできます

GPU RTX 4070 RTX 3070 RTX 4060 Ti RX 3060 Ti RX 3060
システム最大(W) 341 377 285 343 311
GPU最大電力(W) 200.649 226.311 156.892 225.674 174.906
GPU平均電力(W) 185.419 213.813 135.292 205.293 153.569

さすがは省電力がウリのRTX 4060 Tiといったところで、

RTX 3060 Tiに対して最大消費電力・平均消費電力ともに約70Wも低いです。

70Wは相当差があり、ゲーム性能のパフォーマンスを見ればワットパフォーマンスは明らかにRTX 4060 Tiが上です。

また消費電力が低いということは、PC内の熱の上昇も抑えられますから、熱による性能低下リスクも減り、

結果、高負荷状態でも長時間パフォーマンスを維持しやすいです。

RTX 4060 Tiはどんな人におすすめ?

ここがメリット
  • 前世代に比べて圧倒的な省電力、ワットパフォーマンス
  • DLSSやDLSS3・レイトレが使えるゲームでは概ね前世代より優秀
デメリット
  • DLSSが利用できないゲームではRTX 3060 Tiを下回ることも

計測した所感としては手放しにはおすすめしにくいグラフィックボードの印象です。

さすがにTensor/RTコアが新世代になったことで、DLSSやレイトレ対応ゲームでは概ねパフォーマンスがよくなりますし、

DLSS3利用ではRTX 3060 Tiとのフレームレートは相当に上回ります。

この点は魅力的ですが、DLSS利用ができないゲームではCUDAコアの減少の影響か、

逆にRTX 3060 Tiのフレームレートを下回ることもあるため、ゲームによってどちらがおすすめか変わります。

今後はDLSSやDLSS3対応ゲームは増えるとは思いますが、必ずしもRTX 3060 Tiの性能を上回るとは限らない点は留意です。

ただフルHD高画質高フレームレートは安定して狙え、WQHDでも高フレームレートを狙うことはできるポテンシャルはあること、

また消費電力が少ないことから、電気代を気にする方や、小型のゲーミングPCが欲しい人には向いているグラフィックボードです。

RTX 4060 Ti搭載のおすすめゲーミングPC

コスパの観点でもゲーミングPCをご紹介しています。
コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R46T 14400F搭載

GALLERIA RM5C-R46T 14400F搭載の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.5
同価格帯の平均:4.0
(4.5)
ゲーム性能 3.3
同価格帯の平均:2.5
(3.5)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、290fps 最高画質、115fps
フォートナイト 高画質、201fps 高画質、117fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、135fps
タルコフ 最高画質、143fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、281fps 最高画質、109fps
パルワールド 最高画質、75fps

※参考値であり保証するものではありません。

最新ミドルクラスのCore i5 14400Fと組み合わせ王道の構成。

バランスがよくフルHD高画質高フレームレートを安定して狙える性能で、

DLSS3を利用すればWQHD高フレームレートを狙うことも可能。

コスパもトップクラスの良さです。

(パソコン工房)【WEB限定】LEVEL-M17M-144F-SLX-WHITE

【WEB限定】LEVEL-M17M-144F-SLX-WHITE[Windows11Home]の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR5 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 約幅220mm×奥行411mm×高さ441mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 3.3
同価格帯の平均:2.5
(3.5)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、290fps 最高画質、115fps
フォートナイト 高画質、201fps 高画質、117fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、135fps
タルコフ 最高画質、143fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、281fps 最高画質、109fps
パルワールド 最高画質、75fps

※参考値であり保証するものではありません。

Core i5 14400FとRTX 4060 Tiを組み合わせた最新世代定番のミドルクラス構成です。

RTX 4060 Tiの性能をしっかりと活かせるバランスの良い構成で、

DDR5メモリ採用もポイント。

WEB限定ということで価格も相当に安くなっています。

(マウスコンピューター)G-Tune DG-I5G6T(FPS向け6点セット)

G-Tune DG-I5G6T(FPS向け6点セット)の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR5 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4×4)
大きさ 約189×396×390
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:3.9
(5.0)
ゲーム性能 3.3
同価格帯の平均:3.2
(3.5)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.9
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.3
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.8
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、290fps 最高画質、115fps
フォートナイト 高画質、201fps 高画質、117fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、135fps
タルコフ 最高画質、143fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、281fps 最高画質、109fps
パルワールド 最高画質、75fps

※参考値であり保証するものではありません。

RTX 4060 TiとCore i5 14400Fを組み合わせた同じ構成ですが、

こちらは高級なゲーミングデバイスがセットになっており、すべて含めた価格コスパは最強。

初めてゲーミングPCを買う人なら一から選び揃える手間がいりません。

RTX 4060 Ti搭載のゲーミングPC一覧はこちらから
RTX 4060 Ti搭載のゲーミングPC一覧