RTX 4060のゲーム性能をベンチマーク! | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

RTX 4060のゲーム性能をベンチマーク!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!!

RTX 4000シリーズも出そろってくるなか、ミドルクラスのRTX 4060に関してゲーム性能をみていきます。

RTX 4060のスペックは?

現在日本で購入しやすいNVidiaミドル~ハイクラスエントリーの

グラフィックボード一覧です。

※横スクロールできます

GPU RTX 3080 Ti RTX 3080 RTX 4070 Ti RTX 3070 Ti RTX 4070 RTX 3070 RTX 4060 Ti RTX 3060 Ti RTX 4060 RTX 3060
世代 旧世代 旧世代 最新 旧世代 最新 旧世代 最新 旧世代 最新 旧世代
プロセッサ数 10240 8704/8960 7680 6144 5888 5888 4352 4864 3072 3584
Tensorコア数 320 Gen3 272/280 Gen3 240 Gen 4 192 Gen3 184 Gen 4 184 Gen3 136 Gen 4 152 Gen3 96 Gen4 112 Gen3
RTコア数 80 Gen2 68/70 Gen2 60 Gen 3 48 Gen2 48 Gen 3 46 Gen2 34 Gen3 38 Gen2 24 Gen3 28 Gen2
ベースクロック 1370MHz 1440/1260MHz 2310 MHz 1580MHz 1920 MHz 1500MHz 2310 MHz 1410MHz 1830 MHz 1320MHz
ブーストクロック 1670MHz 1710MHz 2610 MHz 1770MHz 2480 MHz 1730MHz 2540 MHz 1670MHz 2460 MHz 1780MHz
メモリスピード 19Gbps 19Gbps 21Gbps 19Gbps 21Gbps 14Gbps 18Gbps 14Gbps 17Gbps 15Gbps
メモリ量 12GB GDDR6X 10/12GB  GDDR6X 12GB GDDR6X 8GB GDDR6 12GB GDDR6X 8GB GDDR6 8/16GB GDDR6 8GB GDDR6 8GB GDDR6 12GB GDDR6
メモリバス帯域幅 912GB/s 760/912 GB/s 504GB/s 608GB/s 504GB/s 448GB/s 288GB/s 448GB/s 272GB/s 360GB/s
TDP 350W 320/350W 285W 290W 200W 220W 160/165W 200W 115W 170W
電源コネクタ 8pin × 2 8pin × 2 8pin × 2
12VHPWR ×1
8pin × 2 8pin × 1
12VHPWR ×1
8pin × 1 8pin × 1
12VHPWR ×1
8pin × 1 8pin × 1 8pin × 1

前世代のRTX 3060と比較したポイントは、

ここがポイント!
  • RTX 4000シリーズ特有のDLSS3対応
  • CUプロセッサ数は減少
  • Tensorコア、RTコアともに次の世代へ
  • TDPは約65W低い
  • ベース/ブーストクロックも大幅増

と、大幅な変更になっているといってよい仕様。

特にAda Lovelace新アーキテクチャの省電力構造が良いのか、

RTX 3060よりTDPがかなり低いです。

ただCUDAコア数は減少、代わりにTensorコア、RTコアがパワーアップなので、

DLSSやレイトレ利用と不使用で何か違いが出てくるかもしれません。

今回使用したRTX 4060

MSI VENTUS 2X RTX 4060グラフィックボード

今回使用したのはMSIの「VENTUS 2X」です。

MSIの定番のシリーズ。

RTX 4060グラフィックボードの補助電源

こちらのタイプの補助電源は8pin x1。

ということで早速検証に入っていきましょう。

検証ポイント
  • RTX 3060 Tiとの性能差は?
  • DLSS3の実力は?
  • 消費電力はどのくらい低い?

前世代のRTX 3060 Tiとの性能差そしてRTX 4000シリーズのウリであるDLSS3も気になります。

DLSSとは?
機械学習を用いた処理技法で、処理が効率化されることで低負荷で高画質環境で遊べるようになります。
前述の高負荷であるレイトレはFPS低下が大きいですが、このDLSSと組み合わせることでFPSをある程度確保できます。
利用にはソフト側の対応が必要で、昨今だとフォートナイトやモンハンなどが対応しています。
利用できるのはRTX2000/3000/4000シリーズのみです。
なお新しくDLSS3が登場し、こちらはCPU負荷を最小で飛躍的に高フレームレートを出すことが可能。RTX 4000のみ対応
主なDLSS対応ゲーム一覧(Nvidia公式サイト)

それではゲームのベンチマークを見ていきます。

なおCPUはCore i7 13700Kを利用しています。

Apex Legends

まずは人気のバトロワゲーム、ApexLegendsです。

グラフィックボードの性能の影響をうけやすいゲームです。

グラフィックボードの性能も高いため、差を見やすくするため4K解像度にて検証しています。

RTX 4060のApexLegendsグラフィックボード性能グラフ

※横スクロールできます

RTX 4070 RTX 3070 RTX 4060 Ti RTX 3060 Ti RTX 4060 RTX 3060 RX 6600 XT RX 6600
4K 最低 222 162 159 144 146 108 118 93
4K 極 147 109 109 96 91 73 78 62

DLSSが使えないため心配しましたが、RTX 3060と比べると20~40fpsほどRTX 4060が上回る結果に。

確実にパワーアップしているのを感じます。

CUの数は少ないもののクロック数アップが寄与しているのかも?

ストリートファイター6

続いては人気シリーズの最新作ストリートファイター6です。

こちらもDLSSの機能はありません。

RTX 4060のストリートファイター6におけるグラフィックボード性能グラフ

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHD最強 WQHD最低 WQHD最強 4K低画質 4K最強
RTX 4070 120 120 120 120 120 78
RTX 3070 120 120 120 104 120 59
RTX 4060 Ti 120 120 120 95 120 31
RTX 3060 Ti 120 115 120 90 120 45
RTX 4060 120 115 120 80 118 46
RTX 3060 120 111 120 79 102 44
RX 6600 XT 120 100 120 70 103 25
RX 6600 120 85 120 59 87 23

ストリートファイター6では120fpsが最大値であるため低解像度ではあまり違いを測れませんが、

高画質、高解像度であれば比較できます。

ただ先ほどのApexと違ってここではフレームレートにあまり差が無く、ほぼRTX 4060/3060の差はありません。

サイバーパンク2077

続いても長らくロングセラーとなっているサイバーパンク2077です。

比較的要求スペックの高いゲームで、グラフィックボード性能が重要です。

まめにアップデートされているゲームで、最新のDLSS3にも対応しています。

RTX 4060のサイバーパンク内ゲームパフォーマンスグラフ

※横スクロールできます

フルHD低画質 フルHDウルトラ画質 フルHDレイトレウルトラ WQHD低画質 WQHDウルトラ画質 WQHDレイトレウルトラ 4K低画質 4Kウルトラ画質 4Kレイトレウルトラ
RTX 3080 222 221 147 185 187 119 115 115 78
RTX 4070 200 191 146 204 174 124 100 101 76
RTX 3070 237 193 124 219 151 98 143 89 60
RTX 4060 Ti 227 189 129 218 145 101 139 84 59
RTX 3060 Ti 229 168 111 193 132 86 124 76 51
RTX 4060 223 167 112 186 125 84 114 69 48
RTX 3060 206 141 95 161 106 71 99 60 41

DLSSではTensorコアが重要になってくる機能です。

RTX 4060ではTensorコアが次世代になっており、その効果がこのゲームで表れているように見えます。

RTX 3060よりも概ね20fpsほど、高負荷でも10fpsほどの差になっています。

レイトレもRTコアが重要ですが、RTX 4060では次世代になっているのも良い影響になっていそう。

 

さてサイバーパンクでは最新のDLSS3機能に対応しています。

そしてRTX 4060を含むRTX 4000シリーズの最大のメリットはDLSS3が使えること。

RTX 3060は使えません。

RTX 4060のサイバーパンク内ゲームパフォーマンスグラフ DLSS3利用

※横スクロールできます

フルHD低画質 フルHDウルトラ画質 フルHDレイトレウルトラ WQHD低画質 WQHDウルトラ画質 WQHDレイトレウルトラ 4K低画質 4Kウルトラ画質 4Kレイトレウルトラ
RTX 4060/DLSS3 259 211 161 187 149 115 99 76 58
RTX 4060/DLSS2 223 167 112 186 125 84 114 69 48
RTX 3060/DLSS2 206 141 95 161 106 71 99 60 41

DLSS3は飛躍的にフレームレートを向上させることができ、実際サイバーパンクでもDLSS3を使うと一気にフレームレートが上がっています。

上位のRTX 4000シリーズと比べるとフレームレートの伸びは少ないですが、

それでもDLSS2と比べると低負荷で30fps、高負荷でも10fpsは向上しており、

結果DLSS3が使えないRTX 3060と比べると大分フレームレートに差が出ています。

フルHDはもちろんWQHDでも高画質高フレームレートで十分遊べる結果に。

RTX 4060のメリットを最大限利用できるゲームです。

CoD:MW2

続いては最新ゲームの人気シリーズ、コールオブデューティーからモダンフォーウェア2です。

要求スペックは高く、DLSSやFSRなど最新技術にもしっかり対応しています。

RTX 4060のCoD:MW2内ゲームパフォーマンスグラフ

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHD極限 WQHD最低 WQHD極限 4K最低 4K極限
RTX 3080 240 171 203 141 134 93
RTX 4070 272 199 225 157 139 99
RTX 3070 212 146 170 116 105 73
RTX 4060 Ti 236 159 183 123 109 72
RTX 3060 Ti 191 129 147 101 93 63
RTX 4060 208 136 155 100 89 57
RTX 3060 163 109 123 83 73 50

DLSS2を利用した計測結果です。

このゲームもRTX 4060とRTX 3060に明確なフレームレート差が出ています。

最大で40fps、高負荷でも7fpsほどでています。

フルHDはもちろん、WQHDでもある程度高フレームレートがでており

重量級ゲームでもかなり快適遊べそうです。

Overwatch2

続いては人気のゲームであるOverwatch2も計測しました。

正直グラフィカル部分はあまり力を入れていない印象で、DLSS非対応ですし、

要求スペックも高くないため、RTX 4070のような高価なグラフィックボードでなくても十分遊べるゲームです。

今までのようなDLSSではなくFSR1.0に対応していますので、利用して計測します。

RTX 4060のOverwatch2内におけるパフォーマンスグラフ

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHDエピック WQHD最低 WQHDエピック 4K低画質 4Kエピック
RTX 3080 600 352 600 252 419 147
RTX 4070 600 341 600 232 363 121
RTX 3070 600 270 599 193 330 106
RTX 4060 Ti 600 260 539 174 237 88
RTX 3060 Ti 600 231 563 164 283 90
RTX 4060 600 208 465 142 211 73
RTX 3060 600 173 425 124 204 67
RX 6600 XT 600 185 455 130 309 113
RX 6600 589 152 377 105 168 53

FSRはDLSSと違いTensorコアの利点は活かせません。

ただそれでもRTX 3060よりもRTX 4060のほうが20~30fpsほど上回っており、

最新世代の力を見せてくれる結果に。

RTX 4060 Tiの時はパフォーマンスが悪かったのですが、RTX 4060に関しては中々良いパフォーマンスに思えます。

タルコフ

続いても長らく人気のEscape From Tarkovです。

β版(ほぼ永遠のw)ですがグラフィック関係は日々改善されており、DLSSやFSRにも対応しています。

タルコフにおけるRTX 4060のパフォーマンスグラフ

※横スクロールできます

フルHD低 フルHDウルトラ WQHD低 WQHDウルトラ 4K低 4Kウルトラ
RTX 4070 144 143 143 143 140 100
RTX 3070 144 143 143 142 126 92
RTX 4060 Ti 144 143 143 141 112 75
RTX 3060 Ti 143 143 143 134 113 71
RTX 4060 143 143 142 128 89 60
RTX 3060 143 139 142 110 92 56

DLSSを利用した結果です。

このゲームは144fpsがMAXなので低負荷では違いが出ませんが、高負荷ではある程度の差が出ています。

ただ今までと違ってあまり明確な差が無く、ややRTX 4060のほうがパフォーマンスは出ているかな?という感じ。

タルコフは重めのゲームでしたがDLSS対応によって、RTX 4060でもWQHDゲーミングまでなら

十分高フレームレートで遊ぶことができます。

ディアブロ4

最後は最新のゲームであるディアブロ4です。

こちらもDLSS3に対応していますが、測定段階ではまだ最適化不足を感じたため、

DLSS2にて計測しています。

RTX 4060のディアブロ4内におけるパフォーマンスグラフ

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHDウルトラ WQHD最低 WQHDウルトラ 4K低画質 4Kウルトラ
RTX 4070 400 329 399 259 230 158
RTX 3070 400 262 328 213 186 130
RTX 4060 Ti 334 254 221 198 172 122
RTX 3060 Ti 386 228 284 178 158 108
RTX 4060 393 229 278 165 144 99
RTX 3060 321 193 226 150 127 91
RX 6600 XT 323 182 232 145 124 85
RX 6600 286 161 196 119 102 67

今までのDLSS利用ゲームと同様ここでもはっきりとRTX 4060の優位性が出た結果に。

RTX 3060に対して最大で70fpsほど違っており、高負荷でも8fpsは違います。

ディアブロ4はわりと軽いゲームなのもありWQHDゲーミングも余裕で、4Kゲーミングも可能な結果となっています。

消費電力が魅力?

DLSS2/DLSS3が使えるゲームではRTX 4060が、使えないゲームではRTX 3060とあまり差がないかな?と予想しましたが、

予想外にRTX 4060のパフォーマンスが良く、概ねRTX 3060より良い結果を出していたのではないでしょうか?

ここに加えてRTX 4060は省電力である点も見過ごせません。

今回はFFベンチマークソフトを利用し4K最高画質で計測しています。

なお今回はCore i7 13700KF/DDR5 5600MHz 32GB/Z790の構成によるシステム電力の最大値も計測しています。

※横スクロールできます

GPU RTX 4070 RTX 3070 RTX 4060 Ti RX 3060 Ti RX 4060 RX 3060
システム最大(W) 341 377 285 343 273 311
GPU最大電力(W) 200.649 226.311 156.892 225.674 116.375 174.906
GPU平均電力(W) 185.419 213.813 135.292 205.293 110.876 153.569

素晴らしいです。

システム最大消費電力は70Wほど違いがでており、

グラボ自体の最大消費電力、平均消費電力も40~60WほどもRTX 3060低い!

この消費電力の差はとても大きく、RTX 4060の発熱量が少ないため、本体の小型化も容易でしょう。

実際RTX 4060ではショートモデルが登場しており、小型ゲーミングPCを組みたい人にはうれしい。

システム全体の電力も低くなっていますから、電源ユニットの予算が少なくて済むのも良いです。

パフォーマンスはRTX 3060より上なのに消費電力が低いという点でかなり優秀。

CPUは何と組み合わせるべきか?

今回はゲーム性能トップクラスのCore i7 13700K(F)を利用してテストしましたが、

ミドルクラスであるRTX 4060では、同じくミドルクラスのCPUとの組み合わせを考える人も多いかもしれません。

そこで最新ミドルクラスであるCore i5 13400Fを利用して、いくつかのゲームを比較します。

サイバーパンクDLSS2利用時のCPUによるRTX 4060のパフォーマンスの違い

※横スクロールできます

低画質 ウルトラ画質 レイトレウルトラ画質
Core i7 13700KF フルHD 223 167 112
Core i5 i3400F フルHD 163 154 107
Core i7 13700KF WQHD 186 125 84
Core i5 i3400F WQHD 164 121 83
Core i7 13700KF 4K 114 69 48
Core i5 i3400F 4K 118 65 30

まずはサイバーパンク2077のDLSS2利用時です。

RTX 4060の主要解像度になりそうなフルHD~WQHDでは、

特に低負荷のとき10fpsほどCore i7 13700KFのほうがパフォーマンスが良いです。

結果としてはCore i5 13400FではややRTX 4060の性能を活かせていないことになります。

とはいえ、その画質解像度でゲームが快適にできないというレベルではなく、

許容範囲のフレームレート低下です。

サイバーパンクDLSS3利用時のCPUによるRTX 4060のパフォーマンスの違い

※横スクロールできます

低画質 ウルトラ画質 レイトレウルトラ画質
Core i7 13700KF フルHD 259 211 161
Core i5 i3400F フルHD 255 205 158
Core i7 13700KF WQHD 187 149 115
Core i5 i3400F WQHD 183 145 113
Core i7 13700KF 4K 99 76 58
Core i5 i3400F 4K 99 75 57

ではDLSS3ではどうでしょうか?

RTX 4060の主要解像度になりそうなフルHD~WQHDでは、若干Core i7 13700KFのほうがパフォーマンスが良いです。

しかしそのフレームレート差はそこまで大きくなく、

DLSS3がグラフィックボードの負荷が上がる処理であるため、CPUの性能差を埋めてくれている結果といえます。

CoD:MW2DLSS2利用時のCPUによるRTX 4060のパフォーマンスの違い

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHD極限 WQHD最低 WQHD極限 4K最低 4K極限
Core i7 13700KF 208 136 155 100 89 57
Core i5 13400F 170 133 152 98 89 60

続いてはコールオブデューティモダンウォーフェア2です。

DLSS2で計測。ここでも主要となるフルHD~WQHD解像度ではCore i7 13700KFのほうが上

特に低負荷では30fpsほどと中々の差になっています。

ただ高解像度、高画質ではそこまで差は無く、また4KになるとRTX 4060のほうが限界。

Core i5 13400Fでも及第点でしょう。

Marvel’s Spider-Man RemasteredのDLSS2利用時のCPUによるRTX 4060のパフォーマンスの違い

※横スクロールできます

フルHD非常に低い フルHD非常に高い WQHD非常に低い WQHD非常に高い 4K非常に低い 4K非常に高い
Core i7 13700KF 218 174 150 148 87 70
Core i5 13400F 194 158 187 152 125 101

最後にMarvel’s Spider-Man Remasteredです。

比較的最近のゲームでDLSS2/3両方に対応しています。

まずはDLSS2の結果です。

プロファイルの問題なのかWQHD以上の解像度でCore i7 13700KFのパフォーマンスが悪く、

逆にフルHDでは良くなっているちぐはぐの結果に。

Core i7 13700KFのパフォーマンスが悪すぎる気がするため、最適化の問題でしょう。

Core i5 13400FとRTX 4060の組み合わせは定番ともいえるので、最適化も早いものと思われます。

Marvel’s Spider-Man RemasteredのDLSS3利用時のCPUによるRTX 4060のパフォーマンスの違い

※横スクロールできます

フルHD非常に低い フルHD非常に高い WQHD非常に低い WQHD非常に高い 4K非常に低い 4K非常に高い
Core i7 13700KF 139 127 124 114 94 72
Core i5 13400F 133 124 121 110 84 76

ではDLSS3では?

DLSS2と違い、Core i7 13700KFのほうが概ね良いフレームレートです。

ただやはりDLSS3はグラフィックボードの負荷がメインになるため、

CPUのゲーム性能差をかなり埋めており、Core i5 13400Fでもほとんど変わらないフレームレートが出ています。

 

いくつかのゲームを試しましたが、最高フレームレートを目指すならCore i7 13700KFですが、

Core i5 13400Fを利用しても十分RTX 4060を堪能でき、予算的にも最適路線です。

ミドルクラスCPUで十分でしょう。

RTX 4060はどんな人におすすめ?

ここがメリット
  • 前世代よりゲーム性能も良く、消費電力は大幅低下
  • WQHD高フレームレートも十分狙える
  • ミドルクラスCPUで十分性能を活かせる
  • 電源ユニットの予算を抑えることができる
  • ショートモデルもあり、小型ゲーミングPCも組みやすい
デメリット
  • ゲームによってはRTX 3060が上回ることも
  • ゲームによっては少ししかフレームレートが違わない

個人的には結構おすすめできるグラフィックボードだと感じました。

RTX 4000シリーズとしてはようやく検討しやすい価格帯に入ってきましたし、

多少価格差はありますがそれに見合う性能はあるのでは?と思います。

Core i5 13400FのようなミドルクラスのCPUでも十分性能を活かせますから、

予算を抑えたゲーミングPCを、省電力/グラボ本体の小ささを活かした小型ゲーミングPCに向いています。

またフルHDだけでなくWQHDも狙えるゲーム性能なので、WQHDゲーミングモニター、2560×1080ウルトラワイドモニター利用に最適

 

確かにゲームによってはRTX 3060とほとんど変わらないと感じる場合はあるものの、

省電力なのですからワットパフォーマンスは間違いなく上です。

DLSS3が使える点もRTX 3060にはない魅力と言えるでしょう。

少なくともRTX 4060 Tiよりは現時点でおすすめできるRTX 4000シリーズです。

RTX 4060搭載のおすすめゲーミングPC

コスパの観点でもゲーミングPCをご紹介しています。
コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング

(ストーム)MG-PSK134F46

MG-PSK134F46の製品画像
CPU Core i5 13400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR4 32GB
容量 NVMe SSD 1TB
大きさ 200 x 460 x 450 mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.7
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.2
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX 最高画質、100fps

※参考値であり保証するものではありません。

今回計測した最新世代Core i5 13400Fと組み合わせたゲーミングPCです。

RTX 4060の性能を十分活かせるバランスの良い組み合わせで、セール中で価格も安くコスパは最強です。

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R46 14400F搭載

GALLERIA RM5C-R46 14400F搭載 の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX 最高画質、100fps

※参考値であり保証するものではありません。

最新世代のCore i5 14400Fと組み合わせたゲーミングPC。

基本的にCore i5 13400Fから置き換わってきており、こちらが今後の王道ミドルクラス構成。

価格も抑えられておりコスパもトップクラスの良さです。

(パソコン工房)LEVEL-M77M-147F-RLX

LEVEL-M77M-147F-RLX[Windows11Home]の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR5 16GB
容量 1TB NVMeSSD [PCIe 4.0×4]
大きさ 約幅206mm×奥行432mm×高さ411mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
動画編集性能 4.0
同価格帯の平均:3.1
(4.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX 最高画質、100fps

※参考値であり保証するものではありません。

さらに上のCPUであるCore i7 14700Fと組み合わせたゲーミングPCです。

RTX 4060との組み合わせとしては正直性能が高すぎるCPUですが、

その分配信や動画編集作業に強みを発揮でき、また将来的にはもっと上のグラフィックボードとのアップグレードも可能です。

RTX 4060搭載のゲーミングPC一覧はこちらから
RTX 4060搭載のゲーミングPC一覧