RTX 4070 SUPERのゲーム性能をベンチマーク! | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

RTX 4070 SUPERのゲーム性能をベンチマーク!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!!

RTX 4000シリーズに新たに加わったRTX 4070 SUPERについてベンチマークをしていきます!

RTX 4070 SUPERのスペックは?

現在日本で購入しやすいNVidiaのハイクラス向けグラフィックボード一覧です。

※横スクロールできます

GPU RTX 4090 RTX 4080 SUPER RTX 4080 RTX 4070 Ti SUPER RTX 4070 Ti RTX 4070 SUPER RTX 4070
世代 最新 最新 最新 最新 最新 最新 最新
プロセッサ数 16384 10240 9728 8448 7680 7168 5888
Tensorコア数 512 Gen 4 320 Gen 3 304 Gen 4 264 Gen 4 240 Gen 4 224 Gen 3 184 Gen 4
RTコア数 128 Gen 3 80 Gen2 76 Gen 3 66 Gen 3 60 Gen 3 56 Gen2 46 Gen 3
ベースクロック 2230 MHz 2290 MHz 2210 MHz 2340 MHz 2310 MHz 1980 MHz 1920 MHz
ブーストクロック 2520 MHz 2550 MHz 2510 MHz 2610 MHz 2610 MHz 2480 MHz 2480 MHz
メモリスピード 21.0 Gbps 23.0 Gbps 22.4 Gbps 21.0 Gbps 21.0 Gbps 21.0 Gbps 21.0 Gbps
メモリ量 GDDR6X 24GB GDDR6X 16GB GDDR6X 16GB GDDR6X 16GB GDDR6X 12GB GDDR6X 12GB GDDR6X 12GB
メモリバス帯域幅 1008 GB/s 736 GB/s 716.8GB/s 672.0GB/s 504GB/s 504 GB/s 504GB/s
TDP 450W 320W 320W 285W 285W 220W 200W
電源コネクタ 12VHPWR ×1
8Pin×3(変換)
12VHPWR ×1
8Pin×3(変換)
12VHPWR ×1
8Pin×3(変換)
12VHPWR ×1
8Pin×2(変換)
12VHPWR ×1
8Pin×2(変換)
12VHPWR × 1
or 8Pin × 2(変換)
or 8Pin × 1
12VHPWR × 1
or 8Pin × 2(変換)
or 8Pin × 1

RTX 4070 SUPERはRTX 4070のパワーアップバージョンとして登場したグラフィックボード。

RTX 4070に対しての主な違いとしては、

ここがポイント!
  • CUDA/RT/Tensorコアが大幅増加
  • メモリ周りは変化なし
  • 消費電力は若干上昇程度

といった内容。SUPERらしく確実にパワーアップしており、特にコア類の増加はすさまじく、

RTX 4070とRTX 4070 Tiの中間というよりはRTX 4070 Tiに近いコア数です。

メモリ周りは変化ありませんが、コア数増加だけでかなり性能がアップしていることが伺えます。

今回使用したRTX 4070 SUPER

Palit RTX 4070 SUPERグラフィックボード本体

今回使用したのはPalitのRTX 4070 SUPERです。

RTX 4070 SUPERのなかでは安価な分類に入るグラボ。

Palit RTX 4070 SUPERグラフィックボード電源

電源は新規格となる12VHPWRピンが一つです。

12VHPWR出力を対応する電源ユニットはもちろん、

12VHPWRの変換ケーブル

今までの8PINタイプを12VHPWRに変化させるケーブルも付属しています。

カタログスペックは220Wの消費電力なので、そこまで消費電力が高いということはありません。

検証ポイント
  • RTX 4070との差は?
  • 4Kゲーミングはどこまで可能か?

今までのRTX 4070はWQHDゲーミングメインの性能でしたが、

DLSS3にもちろん対応しており、RTX 4070 Tiに近いコア数をもつRTX 4070 SUPERは、

4Kゲーミングでどこまで遊べるかも注目したいところ。

DLSSとは?
機械学習を用いた処理技法で、処理が効率化されることで低負荷で高画質環境で遊べるようになります。
前述の高負荷であるレイトレはFPS低下が大きいですが、このDLSSと組み合わせることでFPSをある程度確保できます。
利用にはソフト側の対応が必要で、昨今だとフォートナイトやモンハンなどが対応しています。
利用できるのはRTX2000/3000/4000シリーズのみです。
なお新しくDLSS3が登場し、こちらはCPU負荷を最小で飛躍的に高フレームレートを出すことが可能。RTX 4000のみ対応
主なDLSS対応ゲーム一覧(Nvidia公式サイト)

それではゲームのベンチマークを見ていきます。

なおCPUはCore i9 14900KFを利用しています。

Apex Legends

まずは人気のバトロワゲーム、ApexLegendsです。

グラフィックボードの性能の影響をうけやすいゲームです。

グラフィックボードの性能も高いため、差を見やすくするため4K解像度にて検証しています。

RTX 4070 SUPERのApexLegendsグラフィックボード性能グラフ

※横スクロールできます

RTX 4090 RTX 4070 Ti SUPER RTX 4070 SUPER RTX 4070 RTX 3070
4K 最低 298 281 249 222 162
4K 極 278 210 175 147 109

確実にRTX 4070よりもフレームレートがアップしています。

特に極画質で約30fpsの差は性能としてはかなり違いますので、

コア数アップの効果は確実に出ていますね。

Apexなら4Kでも十分遊ぶことができます。

フォートナイト

続いてもロングセラーのバトロワゲームのフォートナイトです。

以前はβ版でしたが、DX12にも正式に対応しており、

今回はこちらで計測しています。

RTX 4070 SUPERのフォートナイトグラフィックボード性能グラフ

※横スクロールできます

フルHD低画質 フルHD最高画質 WQHD低画質 WQHD最高画質 4K低画質 4K最高画質
RTX 4090 667 241 660 207 476 154
RTX 4070 Ti SUPER 591 205 542 160 319 106
RTX 4070 SUPER 621 192 517 148 257 93
RTX 4070 610 177 528 136 229 84

フォートナイトは低画質と高画質で負荷の差が相当大きいゲームとなっており、

低負荷ではほとんどRTX 4070のフレームレート差がでていません。

ただこれはソフト側でRTX 4070 SUPERの性能を遊ばせてる使用率だったので、

致し方ない印象。

高画質では10fps以上は差が出ていますので、ここでもパワーアップの結果はでています。

高画質ではWQHDでもぎりぎり144fpsで遊べるかなーというところではありますが、

中画質程度ならWQHDでも高フレームレートで安定できるでしょう。

ストリートファイター6

続いては人気シリーズの最新作ストリートファイター6です。

上限値120フレームレートなので、高性能グラボだと差が見えにくいですが計測しています。

ストリートファイター6におけるRTX 4070 SUPERの性能

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHD最強 WQHD最低 WQHD最強 4K低画質 4K最強
RTX 4090 120 120 120 120 120 120
RTX 4070 Ti SUPER 120 120 120 120 120 109
RTX 4070 SUPER 120 120 120 120 120 93
RTX 4070 120 120 120 120 120 78
RTX 3070 120 120 120 104 120 59

ほとんど120fps上限いっぱいですが、最強画質のときだけ差がみてきます。

RTX 4070 SUPERがRTX 4070に対して15fpsほどは上回っており、

やはりパワーアップした結果が見えていますね。

格闘ステージでは60fpsですから、このゲームなら4Kでも十分遊べます。

サイバーパンク2077

続いては長らくロングセラーとなっているサイバーパンク2077です。

比較的要求スペックの高いゲームで、グラフィックボード性能が重要です。

まめにアップデートされているゲームで、最新のDLSS3にも対応しています。

今回はレイトレーシング利用時も含めて計測しています。

サイバーパンク2077におけるRTX 4070 SUPERベンチマーク、DLSS2利用

※横スクロールできます

フルHD低画質 フルHDウルトラ画質 フルHDレイトレウルトラ WQHD低画質 WQHDウルトラ画質 WQHDレイトレウルトラ 4K低画質 4Kウルトラ画質 4Kレイトレウルトラ
RTX 4090 242 225 160 235 221 157 238 131 106
RTX 3080 222 221 147 185 187 119 115 115 78
RTX 4070 Ti SUPER 233 206 144 233 201 144 220 136 101
RTX 4070 SUPER 243 215 149 245 197 138 198 120 90
RTX 4070 200 191 146 204 174 124 100 101 76
RTX 3070 237 193 124 219 151 98 143 89 60

まずはDLSS2利用で計測。

このゲームではRTX 4070との差が相当出たと言ってよく、

大体20~40fps程度は上回っています。

特に4Kでは確実に高フレームレートが出るようになっており、RTX 4070ではWQHD解像度がベストですが、

RTX 4070 SUPERなら4Kゲームいけなくはないです。

なおここでは参考として過去のハイクラスRTX 3080よりもフレームレートが出ていることもわかります。

サイバーパンク2077におけるRTX 4070 SUPERベンチマーク、DLSS3利用

※横スクロールできます

フルHD低画質 フルHDウルトラ画質 フルHDレイトレウルトラ WQHD低画質 WQHDウルトラ画質 WQHDレイトレウルトラ 4K低画質 4Kウルトラ画質 4Kレイトレウルトラ
RTX 4090 419 418 294 370 346 264 260 228 186
RTX 4070 Ti SUPER 444 351 263 338 267 206 194 157 131
RTX 4070 SUPER 392 315 241 292 229 181 146 116 110
RTX 4070 344 285 222 262 215 169 154 118 97

続いてはRTX 4000シリーズの真骨頂であるDLSS3を利用して計測。

なぜか4Kではむしろフレームレートダウンしてしまいましたが、WQHDまでならDLSS2よりも相当にフレームレートが伸びており、

ウルトラ画質レイトレーシング利用でも144fps以上は余裕。

4Kに関してはいずれドライバの更新で、またパフォーマンスは変わるかもしれません。

パルワールド

続いては日本のゲームとして記録的な大ヒットをしているパルワールドです。今のところDLSSに対応しています。

まだアーリーアクセスのため今後パフォーマンスは変化するかとおもいますが、

現時点での計測をしていきます。なおパルワールドも通常の上限は120fpsになっています(無制限で設定しても)

パルワールドにおけるRTX 4070 SUPERの計測(DLSS)

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHD最高 WQHD最低 WQHD最高 4K最低 4K最高
RTX 4090 120 120 120 120 120 120
RTX 4070 Ti SUPER 120 120 120 120 120 120
RTX 4070 SUPER 120 120 120 120 120 114
RTX 4070 120 120 120 120 120 89

パルワールドはそこまで重いというほどのゲームではないため、

RTX 4070 SUPERなら4K高画質でも余裕で高フレームレートが出ています。

対人戦でもないため十分でしょう。

RTX 4070に対しても24fps上回っており、ここでも進化の具合が伺えます。

CoD:MW3

続いては人気シリーズコールオブデューティーの最新作モダンウォーフェア3です。

昨今のゲームの中では最新の画像技術に対応するのが速く、

AMDが提供するDLSS3の対応馬技術FSR3にもいち早く対応しましたので、そちらも計測します。

CoD:MW3におけるRTX 4070 SUPERのパフォーマンス(DLSS計測)

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHD極限 WQHD最低 WQHD極限 4K最低 4K極限
RTX 4090 350 309 347 285 288 213
RTX 4070 Ti SUPER 341 250 286 205 193 138
RTX 4070 SUPER 351 232 292 198 192 133
RTX 4070 329 218 270 180 169 116

まずはDLSS2から。

4K極限という最も高負荷でもDLSSパフォーマンスモードであれば133fpsは出るという結果。

RTX 4070とは17fpsくらい違いますから、やはり大きな差となって結果がでていますね。

対人戦なので高フレームレート安定を求める人も多いゲームですが、

それでもWQHDなら高画質、4Kでも低~中画質でも十分遊べる性能になっています。

CoD:MW3におけるRTX 4070 SUPERのパフォーマンス(DLSS3計測)

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHD極限 WQHD最低 WQHD極限 4K最低 4K極限
RTX 4090 473 387 391 324 263 220
RTX 4070 Ti SUPER 384 302 297 239 179 147
RTX 4070 SUPER 366 285 276 217 158 129
RTX 4070 336 254 247 197 139 113

続いてはDLSS3利用ですが、WQHD~4KでのRTX 4070 SUPERのパフォーマンスが落ちてしまいました。

他のグラボは順当に上がっていたりするのでCPUのボトルネックというよりは、

ソフト側の問題な気もします。

先ほどのサイバーパンクもそうでしたが、ややDLSS3挙動が不安定なのは残念です。

CoD:MW3におけるRTX 4070 SUPERのパフォーマンス(FSR3計測)

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHD極限 WQHD最低 WQHD極限 4K最低 4K極限
RTX 4090 648 423 523 426 366 303
RTX 4070 Ti SUPER 512 382 403 308 250 199
RTX 4070 SUPER 524 373 400 298 240 186
RTX 4070 494 357 372 279 218 168

続いてはFSR3です。

いやあ、驚きました。フレームレートが段違いに出てますね(笑)

もちろんDLSS3とは技術そのものが違いので一概には比較できませんが、

少なくのこのゲームにおいてはFSR3のほうが高フレームレート。

RTX 4070 SUPERでも4K最高画質で高フレームレートで全然遊べるようになっています。

FSR3においてもRTX 4070よりも全体的に20~30fpsほど高くなっており、性能差は見せてくれます。

モンスターハンターサンブレイク

モンスターハンターサンブレイク

続いては人気のモンハンシリーズのサンブレイクです。

DLSSを利用して計測します。

モンスターハンターサンブレイクにおけるRTX 4070 SUPERのパフォーマンスグラフ

※横スクロールできます

フルHD低画質 フルHD高画質 WQHD低画質 WQHD高画質 4K低画質 4K高画質
RTX 4090 349 352 350 343 341 345
RTX 3080 312 292 313 303 291 265
RTX 4070 Ti SUPER 270 264 265 265 272 253
RTX 4070 SUPER 371 358 371 367 308 265
RTX 4070 273 259 276 269 262 213
RTX 3070 240 244 248 237 211 189

なぜかこのゲームではRTX 4070 SUPERがハマり驚異のフレームレートが出せています。

というよりはそれ以外のグラボがやや性能を使いきれていない印象で、

ソフト側の最適化?の問題なのかなという気もします。

兎にも角にもゲーム自体すごく重いわけではないので、4K高画質でも余裕でゲームできちゃいます。

タルコフ

続いても長らく人気のEscape From Tarkovです。

β版(ほぼ永遠のw)ですがグラフィック関係は日々改善されており、DLSSやFSRにも対応しています。

タルコフにおけるRTX 4070 SUPERのパフォーマンスグラフ

※横スクロールできます

フルHD低 フルHDウルトラ WQHD低 WQHDウルトラ 4K低 4Kウルトラ
RTX 4090 143 143 143 143 143 141
RTX 4070 Ti SUPER 143 143 143 143 143 131
RTX 4070 SUPER 143 143 143 143 143 116
RTX 4070 144 143 143 143 140 100
RTX 3070 144 143 143 142 126 92

今回はDLSSを利用して計測。

上限が144fpsに設定されるため違いが出にくいですが、

4Kウルトラ画質ではRTX 4070に対して16fpsほどの差がでています。

ただ4Kウルトラ画質で遊ぶには、このゲームはフレームレート重要ですのでやや心もとない。

WQHDか4K低画質~中画質くらいなら十分遊べるでしょう。

THE FINALS

続いてはバトルフィールドを輩出したDICEの元メンバーが新しくリリースした、新感覚FPSです。

アーリーアクセスなので今後パフォーマンスが変わる可能性がありますが、

既にDLSS3にも対応しており、グラフィック系の最新化は早そうです。

ザファイナルズにおけるRTX 4070 SUPERのパフォーマンスグラフ(DLSS)

※横スクロールできます

フルHD低 フルHDエピック WQHD低 WQHDエピック 4K低 4Kエピック
RTX 4090 294 262 297 272 295 234
RTX 4070 Ti SUPER 330 306 328 265 256 155
RTX 4070 SUPER 316 273 288 255 254 153
RTX 4070 332 291 329 220 201 113

まずはDLSSを利用した場合の結果です。

まだまだ発展途上なのか、やや結果にはムラッけがある印象。

RTX 4070 SUPERとRTX 4070を比較しても低負荷ではRTX 4070のほうがパフォーマンスが良いです。

ですがWQHD高画質や4KになるとRTX 4070 SUPERのほうが圧倒的にフレームレートが出ており、

やはり性能差は見せてくれます。

4Kエピックでは若干不安ですが、4K低~中画質であれば高フレームレートを安定して遊ぶことができるでしょう。

ザファイナルズにおけるRTX 4070 SUPERのパフォーマンスグラフ(DLSS3)

※横スクロールできます

フルHD低 フルHDエピック WQHD低 WQHDエピック 4K低 4Kエピック
RTX 4090 583 506 450 375 279 235
RTX 4070 Ti SUPER 477 391 344 283 195 156
RTX 4070 SUPER 450 374 321 260 171 138
RTX 4070 414 335 286 230 150 116

では次はDLSS3を利用した場合です。

こちらも4Kではパフォーマンスが逆に低下してしまっており、やや微妙ではありますが、

RTX 4070 SUPERのパフォーマンスも素晴らしく、RTX 4070に対して概ね20~30fpsほど高め。

4Kでもパフォーマンスが出るようになれば、さらに使いやすくなってくるでしょう。

バルダーズゲート3

最後は世界中で大人気のバルダーズゲート最新作です。

グラフィック設定は結構保守的ですが、FSRとDLSSに対応しています。

バルダーズゲート3におけるRTX 4070 SUPERベンチマーク、FSR2利用

※横スクロールできます

フルHD低 フルHDウルトラ WQHD低 WQHDウルトラ 4K低 4Kウルトラ
RTX 4090 154 131 156 134 153 132
RTX 4070 Ti SUPER 156 128 154 129 152 127
RTX 4070 SUPER 151 131 147 131 148 125
RTX 4070 147 120 145 118 134 104

バルダーズゲート3はわりと解像度によるフレームレートの差が出ないといいますか、

解像度が低いとグラボ性能を抑えて利用しているようで、高性能だからとんでもないフレームレートが出るわけでもないです。

ただこのゲームは高フレームレートである必要性もあまりないため、十分でしょう。

ここでも確実にRTX 4070 SUPERの性能アップが感じ取れる結果で、

10~20fpsほどはRTX 4070より高め。4Kウルトラ画質でも十分にゲームを遊ぶことができます。

消費電力はどうか

RTX 4070に対して確実にパワーアップしており、WQHDだけでなく4Kでも十分遊べるゲームも多かったですね。

では消費電力はどうでしょうか。仕様上では20Wほどしか差がないですが。

今回はFFベンチマークソフトを利用し4K最高画質で計測しています。

なお今回はCore i9 14900KF/DDR5 5600MHz 32GB/Z790の構成によるシステム電力の最大値も計測しています。

※横スクロールできます

GPU RTX 4090 RTX 4070 Ti SUPER RTX 4070 SUPER RTX 4070
システム最大(W) 613 486 423 375
GPU最大電力(W) 429.529 275.773 218.603 200.08
GPU平均電力(W) 349.598 250.883 202.501 184.47

確かに約20W以下ほどしかRTX 4070に対して消費電力があがっていない模様。

システム最大でも420Wくらいなので、800~1000Wくらいの電源があれば、

余裕をもって組むことができそうです。

それでパフォーマンス差ははっきりしていますから、かなり良いのではないでしょうか?

RTX 4070 SUPERはどんな人におすすめ?

ここがメリット
  • RTX 4070に対して着実進化!4Kゲーミングもかなりイケる
  • 消費電力もさほど変わってなく、ワットパフォーマンスも高い
  • RTX 4070との価格差もそこまで大きくない
デメリット
  • DLSS3のパフォーマンスはゲームによってはムラッけがある
  • 4K高画質高フレームレートを安定して狙うには一歩性能が足らない

個人的にはかなりバランスの良い進化を遂げたグラフィックボードでおすすめ

消費電力はさほどRTX 4070と差がないですが、ほとんどのゲームでフレームレートにはかなりの差がでており、

さらにWQHD高画質高フレームレート、4Kゲーミングへの快適性がアップしています。

4K高画質高フレームレートを安定して狙えるほどではないので4Kゲーミングモニター利用にはそこそこですが、

3440×1440解像度相当のウルトラワイドゲーミングモニターには相性が良い性能ではないでしょうか。

 

RTX 4070との価格差もそこまで大きいわけでもないので、

RTX 4070よりはRTX 4070 SUPERを購入したほうが満足度は高そう。

とはいえWQHDメインで、今後価格が下落してくるとRTX 4070でも十分ではありますね。

RTX 4070 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

コスパの観点でもゲーミングPCをご紹介しています。
コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R47S SSD500GB 14400F搭載

GALLERIA RM5C-R47S SSD500GB インテル(R) Core(TM) i5 プロセッサー 14400F搭載の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4070 SUPER
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.8
(5.0)
ゲーム性能 3.8
同価格帯の平均:3.0
(4.0)
動画編集性能 4.0
同価格帯の平均:3.6
(4.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.3
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.9
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、293fps 最高画質、135fps
フォートナイト 高画質、208fps 高画質、123fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、145fps
タルコフ 最高画質、143fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、307fps 最高画質、123fps

※参考値であり保証するものではありません。

Core i5 14400Fと組み合わせたゲーミングPC。

RTX 4070 SUPERの組み合わせとしては及第点といったところですが、

そのかわりに価格は抑えることができます。

この価格でRTX 4070 SUPER搭載PCはかなり魅力的。コスパもトップクラスの良さです。

安いだけではくゲームロード時間が短いGen4 SSDもしっかり積んでいます。

(フロンティア)FRGHB760/M208

FRGHB760/M208の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070 SUPER
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約200mm x 高さ(H):約465mm x 奥行(D):約470mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.8
(5.0)
ゲーム性能 4.3
同価格帯の平均:3.0
(4.5)
動画編集性能 4.8
同価格帯の平均:3.6
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.3
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.9
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、157fps
フォートナイト 高画質、220fps 高画質、141fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、209fps 高画質、171fps
タルコフ 最高画質、143fps 最高画質、67fps
オーバーウォッチ2 最高画質、327fps 最高画質、135fps
パルワールド 最高画質、114fps

※参考値であり保証するものではありません。

最新世代のCore i7 14700Fと組み合わせたゲーミングPCです。

ゲーム性能最強クラスのCore i7 14700KFともさほど変わらないゲーム性能で、

RTX 4070 SUPERの性能を活かすには十分。良い構成です。

Core i7 14700Fは発熱量が多いですが、簡易水冷クーラー搭載で最大限熱対策にも配慮。

コスパも相当高くなっています。

(ツクモ)G-GEAR Aim GB7J-G241/B

G-GEAR Aim GB7J-G241/Bの製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4070 SUPER
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB SSD※ (M.2規格 / NVMe Gen4接続)
大きさ 210(W)x415(D)x400(H)mm (本体のみ、突起物含まず)
PCの評価
コスパ 4.5
同価格帯の平均:3.6
(4.5)
ゲーム性能 4.3
同価格帯の平均:3.6
(4.5)
動画編集性能 4.8
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.1
(3.0)

最新世代のCore i7 14700KFと組み合わせたゲーミングPC。

ゲーム性能は最強クラスでRTX 4070 SUPERの性能を活かすには十分。

将来的にはさらに上のグラフィックボードへのアップグレードにも対応できます。

メモリも32GBあり、ゲームロード時間が短いGen4 SSD装備。

RTX 4070 SUPER搭載のゲーミングPC一覧はこちらから
RTX 4070 SUPER搭載のゲーミングPC一覧