Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2019年11月】ゲーミングノートPCのおすすめは?価格・性能別で紹介

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

今回は沢山あるゲーミングノートPCからおすすめをご紹介していきます。

また選び方やデスクトップ型対するメリット・デメリットについても触れます。

ゲーミングノートPCの選び方

ここをおさえよう!
  • 予算を決める
  • やりたいゲームを決める
  • 光る系が良いか、否か
  • モニターの大きさと重さの兼ね合い

予算を決める

「当たり前じゃん」って思うかもしれませんが、結構この線引きがあいまいな人がいます。

PCは結局お金を出せば出すほど高性能で、欲しくなっちゃう見た目、機能が増えてきます(笑)

「本当は10万円なのに、あと2万だしたら・・・もっといいものが~!」

みたいに目移りして中々決められなくなるので、絶対にここまで!という金額を決めましょう。

やりたいゲームを決める

予算にも関わりますが、やりたいゲームは明確にしておきましょう。

特定のゲームタイトルか?それとも沢山のゲームをやりたいのか?

また画質は低画質でもやれればいいのか?それとも高画質なのか?

求めるフレームレートは60fpsか?144fps以上か?

などゲームへ求める範囲・クオリティも決めておきます。

光る系か否か

ゲーミングノートPCの特徴としてキーボードが光るものが多いです。

光る系はかっこいい!という人もいますが、

人によってはゲームをやっていると光がちらついてうざいという人もいますので、

どちらが良いか決めておくと選択肢も絞れます。

モニターの大きさと重さの兼ね合い

モニターは大きいほうがゲームのやり易さは高いです。(大きすぎてもだめだがノートPCは大きすぎるのは無い)

ですが代わりに重い傾向にあります。

ゲーミングノートPCを置くスペースや求める携帯性など、

どのくらいの大きさならOKか?というのをある程度決めておきましょう。

なお15.6インチと17インチが主流で、17インチのほうが価格は高くなります。

2019年10月!ゲーミングノートPCのおすすめ

それではここからは予算と性能別におすすめののゲーミングノートPCを紹介していきます。

5万円以下のゲーミングノートPC

ごめんなさいm(__)m

ノート型では5万円以下でゲーミングPCを探すのは難しいです。

基本中古品しか狙えないですし、中古品だと最新ゲームでは性能不足になりやすいです。

10万円以下のゲーミングノートPC

ゲーム性能目安
  • フルHD(1920×1080)まで
  • 低画質で最新ゲームもほぼ遊べる
  • 120fpsモニターも選択可能

10万円以下の場合、最もゲーミング性能を決めるグラフィックボードは、

MX250、GTX1050、GTX1050ti、GTX1650あたりになってきます。

ゲーミングノートPCの場合、最低限ここからという感じです。

人気ゲーム名 性能目安
フォートナイト 低画質70~144fps前後(フルHD)
Apex Legends 低画質60~90fps前後(フルHD)
ディビジョン2 低画質80~120fps前後(フルHD)
モンスターハンターワールド 低画質64~85fps前後(フルHD)

GALLERIA GCR1650GF


主なスペック CPU:Core™ i5-9300H
グラボ:GTX 1650
メモリ:16GB
容量:512GB NVMe SSD
リフレッシュレート:60Hz(15.6フルHD)
重量:2.03kg
コスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★
モニターの性能 ★★★
携帯性 ★★★★

 

消費税を入れると少し10万円をこえますが、

代わりにCorei5-9300H(4コア8スレッド)とGTX1650、16GBメモリに512GBのSSDと、

ゲーム性能スペックが高く、コスパが良いです。

キーボードが光るのもおしゃれ。ドスパラは超有名店なので安心サポートも充実しています。

ASUS TUF Gaming FX505DT


主なスペック CPU:Ryzen™ 5 3550H
グラボ:GTX 1650
メモリ:8GB
容量:512GB SSD
リフレッシュレート:120Hz(15.6フルHD)
重量:2.25kg
コスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★
モニターの性能 ★★★
携帯性 ★★★

 

自作をしない人にはあまり聞きにれないかもですが、台湾大手PCメーカーのASUSです。

Ryzen5 3550H(4コア8スレッド)にGTX1650を搭載して10万円以下と、

ノートPCとしてはコスパが高い商品になっています。

メモリも8GBで、512GBとゲームも沢山入ります。

120Hzの高リフレッシュレート対応もポイントが高いです!

Dell G3 15 プレミアム


主なスペック CPU:Core™ i5-9300H
グラボ:GTX 1050 3G
メモリ:8GB
容量:256GB NVMe SSD
リフレッシュレート:60Hz(15.6フルHD)
重量:不明
コスパ ★★★
ゲーム性能
モニターの性能 ★★
携帯性

 

Corei5-9300H(4コア8スレッド)とGTX1050の組み合わせと、

正直他の2つよりも見劣りはしますが、名門DELLの安定性重視の人には良いと思います。

15万円以下のゲーミングノートPC

ゲーム性能目安
  • フルHD(1920×1080)
  • フルHDなら中~最高画質で遊べる
  • 120モニターが選択肢に

15万円以下の場合、最もゲーミング性能を決めるグラフィックボードは、

GTX1660、GTX1660tiあたりとなり、またCPUもハイクラスになってくるので、

ゲーム性能も飛躍的にアップします。

人気ゲーム名 性能目安
フォートナイト 高画質144fps前後(フルHD)
Apex Legends 高画質80fps前後(フルHD)
ディビジョン2 高画質85fps前後(フルHD)
モンスターハンターワールド 中画質70fps前後(フルHD)

MSI GL65 9SD


主なスペック CPU:Core™ i5-9300H
グラボ:GTX 1660Ti
メモリ:16GB
容量:256GB SSD + 1TB HDD
リフレッシュレート:120Hz(15.6フルHD)
重量:2.3kg
コスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★
モニターの性能 ★★★
携帯性 ★★★

 

自作をする人なら超有名なMSIのゲーミングノートPC「GL65 9SD」です。

グラフィックボードにGTX1660tiを搭載しており、

高画質でもほぼすべてのゲームを問題なく遊べます。

性能も高いので、120fpsモニターとの相性も良く、特に対戦ゲームでは有利になるノートPCです。

色々なところで販売していますが、パソコンショップArkが安くなっています。

iiyama STYLE-15FXR20-i7-ROFX


主なスペック CPU:Core™ i7-9750H
グラボ:RTX 2060
メモリ:16GB
容量:500GB NVMe SSD
リフレッシュレート:120Hz(15.6フルHD)
重量:2.2kg
コスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★
モニターの性能 ★★★
携帯性 ★★★

 

パソコンショップのパソコン工房が提供するゲーミングPCです。

高性能かつ、最新の描画技術と処理技術レイトレ・DLSS対応のRTX2060を搭載しながら、

15万円以内なのはかなりコスパがたかい。

CPUもCore i7-9750H(6コア12スレッド)とモバイルCPUでは最高峰なので、グラボ性能も十分引き出してくれるでしょう。

120fpsモニターとあわせて、対戦ゲームにうってつけのゲーミングPCです。

G-GEAR note N1573K-700/T


主なスペック CPU:Core™ i7-9750H
グラボ:RTX 2060
メモリ:16GB
容量:256GB NVMe SSD
リフレッシュレート:60Hz(15.6フルHD)
重量:2.2kg
コスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★
モニターの性能 ★★★
携帯性 ★★★

 

ヤマダ電機傘下ツクモが提供するゲーミングノートPCです。

RTX2060とCore™ i7-9750Hの組み合わせで15万円前後なのは安い。

サポートもしっかりしているお店ですので、購入後も安心できます。

20万円以下のゲーミングノートPC

ゲーム性能目安
  • フルHD(1920×1080)
  • フルHDなら中~最高画質144fpsで遊べる
  • 144fpsモニターが選択肢に

20万円以下の場合、CPUは最高峰のCore™ i7-9750H(6コア12スレッド)がメインとなり、

最もゲーミング性能を決めるグラフィックボードは、

RTX2060、RTX2070(MAX-Q)となり、最新描画技術レイトレや、処理技術DLSSなど、

最新のグラフィック技術が使えるようになります。

人気ゲーム名 性能目安
フォートナイト 最高画質130~144fps以上(フルHD)
Apex Legends 最高画質120fps以上(フルHD)
ディビジョン2 最高画質80fps前後(フルHD)
モンスターハンターワールド 最高画質70fps前後(フルHD)

Frontier FRXN711/B


主なスペック CPU:Core™ i7-9750H
グラボ:RTX2060
メモリ:16GB
容量:1TGB NVMe SSD
リフレッシュレート:60Hz(15.6フルHD)
重量:2.2kg
コスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★
モニターの性能 ★★★
携帯性 ★★★

 

ヤマダ電機傘下のBTO専門メーカーフロンティアのゲーミングノートPCです。

価格は税込み17万円弱にて、Core™ i7-9750HとRTX2060の組み合わせに、

1TBというゲームが沢山インストールできる十分な容量が特長。

色々なゲームを遊ぶ予定!という人におすすめです。

G-GEAR note N1588J-710/T


主なスペック CPU:Core™ i7-9750H
グラボ:RTX 2070
メモリ:16GB
容量:512GB NVMe SSD
リフレッシュレート:144Hz(15.6フルHD)
重量:2.5kg
コスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
モニターの性能 ★★★★★
携帯性 ★★

 

ヤマダ電機傘下ツクモが提供するゲーミングノートPCです。

15万円以下でも紹介した同じシリーズで、こちらはRTX2070にパワーアップしています。

モニターも144fps対応なので、ガチで勝ちたい!というゲーマーにはうってつけ。

容量も512GBをついて税別20万以下なのはかなりお得です。

GALLERIA GCR2070RGF-E


主なスペック CPU:Core™ i7-9750H
グラボ:RTX 2070 MAX-Q
メモリ:16GB
容量:512GB NVMe SSD
リフレッシュレート:144Hz(15.6フルHD)
重量:2.01kg
コスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
モニターの性能 ★★★★★
携帯性 ★★★★

 

パソコンショップドスパラのゲーミングノートPC「GALLERIA」から、

RTX2070 MAX-Q搭載モデルです。

排熱能力が向上したことで、長時間のゲームでも安定して性能を発揮できることがポイント。

144fps対応で、かつこのスペック帯では軽量で持ち運びもしやすい。

まさにゲーマーのために考えられたモデルで、税別20万以下におさえた驚異のコスパです。

ゲーミングノートPCのメリット・デメリット

ここではデスクトップ型ゲーミングPCと比較していきます。

ちなみにこまたろ的にはデスクトップ型のほうがおすすめしています。

というのもゲーム用としてはデスクトップ型のほうが有利だからです。

なおデスクトップ型のゲーミングPCについては下記記事を参照ください。

【2019年11月】BTOデスクトップゲーミングPCのおすすめは?

メリット

  • サプライパーツが要らない
  • 省スペース、移動可

サプライパーツが要らない

ノート型の場合、モニター・キーボード・マウスパッドが一体なので準備する必要がありません。

厳密にはゲーミングマウスやコントローラーを用意する人もいますが、

デスクトップ型は全て用意しなければいけないので、準備が簡単です。

省スペース、移動可

言うまでもありませんが、デスクトップ型よりも省スペース、そして持ち運びできます。

最近では小型、持ち運びの取っ手が付いたデスクトップ型も登場していますが、

やはりノート型には敵いません。

デメリット

注意
  • 性能に対するコスパが悪い
  • 熱を持ちやすくゲームに影響がでる
  • あとから性能を拡張できない

性能に対するコスパが悪い

ノート型の場合、CPUやグラフィック性能などゲームに影響するスペックに対して、

価格のコスパが悪いです。

最低でも10万円は必要で、

同じ予算ならデスクトップ型のほうがより高性能なPCが買えるので、

できるゲームの範囲を狭めてしまいます。

熱を持ちやすくゲームに影響がでる

PCゲームは熱との戦いといっても過言ではありません。

CPU、グラフィックボードを高稼働させるため、熱が発生するのです。

デスクトップ型の場合は吸気および排熱がしやすく、熱対策は比較的高いです。

が、ノート型はいくら改善されてもデスクトップ型に敵いません。

排熱がうまくいかないとPCは性能低下を起こします。

するとゲームの動作に影響し、例えば急にカクついたり、FPSが落ちてしまったり。

特に対戦ゲームをする人にとっては安定性にかけます。

あとから性能を拡張できない

ノート型はあとからグラフィック性能の拡張ができません。

デスクトップ型はケースにもよりますが、基本はあとから部分的に性能をアップさせられるので、

長期間にわたって現役で活躍しやすいのです。

ノート型はそれができません。

性能不足を感じたら丸ごと変えるしかなく、お金がかかりやすいんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA