20万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2022年10月】 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

20万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2022年10月】

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

予算15万以上~20万円以下で購入できるゲーミングPCについてご紹介していきます。

また20万円はどの程度の性能になるのか?についても目安として参考にしてください。

15万以上20万円以下でどの程度のゲーミング性能か?

性能はエントリ~ミドルクラスという、ゲーミングPCでは下位~中間に位置する価格帯です。

価格と性能バランスが取れた最も検討しやすいPCかもしれません。

グラフィックボードはRTX 3060系を中心に

20万円以下のCPUとGPUの種類分布

上記が現在のBTOパソコンから抽出したPCに搭載されている、

CPUとグラフィックボードの種類を表す分布図です。

グラフィックボードはRTX 3060 Ti/3060/3050が同じくらいの数で存在しています。

ゲーム性能ではRTX 3060系のほうが圧倒的に高く、基本的には該当グラボ搭載PCをおすすめします。

性能としてはフルHDであれば高画質高フレームレートが狙えるため、

ゲーミングモニター利用でも十分に対応できます。

RTX 3050搭載PCは代わりに安い場合が多いという点と、

もしくはCPU性能が高いことが多いのでゲーム以外の用途で使うのに適していることがあります。

より詳しい相場や定番スペックを知りたい人はこちら
ゲーミングPCの相場は?スペックの目安とは?
主な人気ゲームの解像度と画質、FPS値目安
ゲーム フルHD時の画質、FPS目安
Apex Legends 最高画質、183fps
フォートナイト 低画質、276fps
VALORANT 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、165fps
タルコフ 低画質、159fps
BF2042 最高画質、83fps
※DLSSやレイトレ不使用

 

RTX 3060やRTX 3050はレイトレやDLSSといった技術を使うことで、

より現実に近い描画でゲームができるという、より高クオリティゲーム体験ができます。

DLSSとは?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。
主なDLSS対応ゲーム一覧(Nvidia公式サイト)
レイトレーシングって?
最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはGeforce系ではRTコア搭載のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
AMDのRadeonはDirect 12 Ultimate対応でレイトレが利用できます。

RX 6600 XTやRX 6600は利用できずCASかFSRを利用します。

CASとFSRとは?
FidelityFX CASはAMDが手掛けるFidelityFX機能のひとつ。
オープン技術なのでGeForceでも利用可能。
描画処理中の解像度低下(描画ボケ)を補完し鮮明化する技術ですが、
これを応用し、描画レンダリング処理を上手に削減しつつ補完することで、
結果的にゲーム負荷を減らし、より高画質より高FPSに遊べるようになります。
ですが最近はFSR採用が多くなっており、今後は無くなっていくかもしれません。
 
FSRはグラフィック処理を低負荷にすることで高FPSを実現するFidelityFX SUPER Resolution(FSR)という技術。
低解像度にして負荷を下げる代わりにのアップスケーリングで解像度の劣化を防ぎ、結果として高FPS値を実現する。
こちらもソフト側の対応が必要です。(なおGeForceも利用できるが、Radeonのほうが高パフォーマンス傾向とも)
主なFSR対応ゲーム一覧(AMD公式サイト)

GeForce RTX系のほうがDLSSとFSRの両方に対応できるため、

守備範囲の広さでRTX系に軍配があがります。

動画編集やゲーム配信も可

CPUもグラボ同様に中間に位置するような性能になってきます。

具体的にはIntelはCore i5 12400、AMDはRyzen 5 5600Xが主流となるでしょう。

ゲーム性能もクリエイティブ性能もCore i5 12400が一番おすすめ。

ゲーム配信や動画編集も問題なく作業できる性能を持っています。

最近では価格下落もありAMDのハイクラスRyzen 7 5700Xも見かけるようになっています。

15万以上~20万円以下ゲーミングPCおすすめ機種

15万以上~20万円以下(税込)の範囲で各社のBTOゲーミングPCを選抜してご紹介していきます。

★の評価
コスパ・・・価格と性能、使用されているパーツ類を考慮したお得さ
ゲーム性能・・・★が多いほど高画質、高フレームレート、高解像度で遊べる
動画編集性能・・・★が多いほど動画編集が早く、より高い解像度にも対応できる
記憶容量・・・★が多いほど動画ファイルやゲームを沢山保存できる
読み書き速度・・・主にゲームロード時間の短さに影響
ゲーム安定度・・・どのようなゲームでもフレームレートが安定して出せる
同価格帯の平均・・・各BTOメーカーがラインナップするPCから近い価格帯のPCで算出した数値
コスパの観点でもゲーミングPCをご紹介しています。
コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング

1位(フロンティア)FRGAB550/WS901/NTK

FRGAB550/WS901/NTKの製品画像
CPU Ryzen 7 5700X
グラフィックボード RTX 3070
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約200mm x 高さ(H):約423mm x 奥行(D):約485mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.5
(4.5)
ゲーム性能
同価格帯の平均:1.9
(2.5)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.2
(3.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、204fps
フォートナイト 高画質、169fps
VALORANT 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、197fps
タルコフ 最高画質、112fps

※参考値であり保証するものではありません。

フロンティアの限定モデルのゲーミングPCです。

同価格帯では性能がワンランク上のRTX 3070を搭載し、CPUもAMDのハイクラスCPUを組み合わせており、

4K低画質くらいまでなら快適に遊ぶことができます。

32GBメインメモリを搭載し、幅広いゲームで安定して動作することもメリット。

コスパもトップクラスの良さで20万円以下では一番おすすめです。

2位(パソコン工房)LEVEL-R769-124-TAX [Windows 11 Home]

LEVEL-R769-124-TAX [Windows 11 Home]の製品画像
CPU Core i5 12400
グラフィックボード RTX 3070
メモリ DDR4 16GB
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 約幅220mm×奥行493mm×高さ465mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:1.9
(3.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.2
(2.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、220fps

※参考値であり保証するものではありません。

グラフィックボードが同価格帯ではワンランク上のRTX 3070を装備しているゲーミングPCです。

CPUはミドルクラスでRTX 3070の性能を100%活かすには少し性能不足ですが、

RTX 3070のゲーム性能の高さの恩恵は十分に受けることができます。

3位(アーク)AG-IC6B66MGA7-SFH

AG-IC6B66MGA7-SFHの製品画像
CPU Core i5 12400
グラフィックボード RTX 3070
メモリ DDR4 16GB
容量 【NVMe】512GB
大きさ 210mm (W) x 392mm (H) x 366mm (D)
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.5
(3.5)
ゲーム性能
同価格帯の平均:1.9
(3.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.2
(2.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、220fps

※参考値であり保証するものではありません。

こちらもグラフィックボードが同価格帯ではワンランク上のRTX 3070を装備しているゲーミングPCです。

さらにゲームロード時間が短いGen4 SSDも搭載しており、コスパも高めとなっています。

PCケースも「SilverStone FARA H1M PRO」という珍しいタイプを採用しています。

4位(ストーム)PG-PP12

PG-PP12の製品画像
CPU Core i5 12400
グラフィックボード RTX 3070
メモリ DDR4 16GB
容量 NVMe SSD 500GB
大きさ 200 x 460 x 450 mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:1.9
(3.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.2
(2.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、220fps

※参考値であり保証するものではありません。

InteのミドルクラスのCPUにハイクラスのグラフィックボードを組み合わせた構成。

少しグラフィックボード性能に寄った構成ではありますが、CPUのゲーム性能は高いので及第点と言ったところ。

それよりもRTX 3070を搭載したことによるゲーム性能の向上のほうが魅力的です。

ストームの特徴ともいうべきMETALLICGEAR NEO AIRケースを採用しており、白と黒が選べますし、他社では見られない希少な外見もメリットです。

コスパも相当高いため悪いというわけではないですが、同社ではよりベストな構成が多数あるため、そちらを検討してみるのも良いでしょう。

5位(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R36T

GALLERIA RM5C-R36Tの製品画像
CPU Core i5 12400
グラフィックボード RTX 3060 Ti
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:1.9
(3.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.2
(2.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、220fps

※参考値であり保証するものではありません。

CPUは20万円以下では定番のCore i5 12400ですが、RTX 3060 Tiの高めのゲーム性能をもつグラフィックボードを搭載し、

CPUとグラフィックボードのバランスも良い構成です。

そのほかの構成もゲームを快適に遊ぶことができる水準を満たしており、

コスパも中々良いゲーミングPCです。

6位(ツクモ)G-GEAR GA5A-W213/XT

G-GEAR GA5A-W213/XTの製品画像
CPU Ryzen 5 5600X
グラフィックボード RX 6700 XT
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB SSD※ (M.2規格 / NVMe接続)
大きさ 190(W)x475(D)x435(H)mm (本体のみ、突起物含まず)
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.5
(3.5)
ゲーム性能
同価格帯の平均:1.9
(2.5)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.2
(2.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(3.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、204fps
フォートナイト 高画質、169fps
VALORANT 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、197fps
タルコフ 最高画質、112fps

※参考値であり保証するものではありません。

RadeonのRX 6700 XTグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

NVidia系が多い中比較的に珍しい構成で、RTX 3070と同等の性能を持っているため、

20万円以下ではゲーム性能はトップクラス

ただしDLSSなどを加味するとRTX 3070よりは魅力に書けるグラフィックボードである点、

また性能が低いわけではないのですが、Ryzen 5 5600XだとRX 6700 XTの性能を活かすにはやや性能不足である点を考慮しこの順位です。

7位 (セブン)ZEFT G26XM

ZEFT G26XMの製品画像
CPU Core i5 12600KF
グラフィックボード RTX 3060
メモリ DDR4 16GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 220(W) x 493(D) x 464(H)mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:1.9
(2.5)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.2
(3.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、184fps 最高画質、136fps
フォートナイト 高画質、164fps 高画質、133fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、195fps 高画質、151fps
タルコフ 最高画質、92fps 最低画質、158fps

※参考値であり保証するものではありません。

この価格帯では一つ上の性能になるCore i5 12600KFを採用したPCです。

ゲーム性能は変わりませんが、より動画編集やゲーム配信性能が増しており、

クリエイティブ用途がメインの方には一考の価値があります。

コスパも中々良く、DVDドライブ標準装備もメリットです。

その他の価格帯ゲーミングPCについて

別の金額で探している方は下記をご参照ください。

30万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2022年10月】 25万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2022年10月】 10万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2022年10月】 15万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2022年10月】