Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2020年7月】20万円以下のゲーミングPCおすすめは?

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

予算16万以上~20万円以下で購入できるゲーミングPCについてご紹介していきます。

また20万円はどの程度の性能になるのか?についても目安として参考にしてください。

16万~20万円以下ゲーミングPCおすすめ機種

16万~20万円以下(税込)の範囲で各社のBTOゲーミングPCを選抜してご紹介していきます。

またこまたろ的おすすめ度も示しています。

★の評価
★印はこの同価格帯における比較値です。

(ドスパラ)GALLERIA XA7C-R70S


CPU Core i7 10700(8コア16スレッド)
グラボ RTX2070 SUPER
メモリ 16GB
容量 512GB NVMeSSD
大きさ 幅:約220mm x 高さ:約440mm x 奥行:約480mm
おすすめ度 ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★★★
ポイント!
  • 最新世代Core i7 10700搭載
  • ゲーム性能が高く、動画編集・配信マシンとしても
  • 2.5GBと16GBの構成はゲームPCとして良い

最新世代のCore i7 10700(8コア16スレッド)とRTX2070 SUPER搭載の一機です。

ゲーミング性能は申し分なく、

144、240fpsのゲーミングモニター利用も余裕です。

解像度はWQHDまでなら遊ぶことが可能でしょう。

初期構成から変更の必要もなく、16GBメインメモリと2.5GB容量で十分。

ゲーム配信や動画編集などクリエイティブ作業を考えている人にもおすすめです。

(フロンティア)FRGHX570/B


CPU Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)
グラボ RX5700XT
メモリ 16GB
容量 512GB NVMeSSD + 1TB HDD
大きさ 幅:約212mm x 高さ:約456mm x 奥行:約459mm
おすすめ度 ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★★

おすすめは「FRGHX570/B」です。

最新世代Ryzen7 3700Xを搭載モデルで、

ゲーミング性能はもちろん動画編集や配信も快適に動作します。

グラボはBTOでは数が少ないRadeonのRX5700XTを搭載。

RTX2070 SUPERと互角の勝負をするゲーミング性能で、

フルHDでは高画質高FPSでゲーミングミニター利用も可能。

初期構成も16GB、2.5TB容量と作業データ、ゲームファイル保存も十分。

電源が850WのGold認証と、耐久性も考えられています。

(ツクモ)G-GEAR GA7A-F194/T


主なスペック CPU:Ryzen7 3700X
グラボ:RTX2080 SUPER(アップグレード)
メモリ:16GB
容量:240GB SSD + 1TB HDD
大きさ:190(幅)×475(奥行き)×435(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • ゲーミング性能は同クラス最強
  • 4Kゲーミングも視野に

パソコンツクモのBTOからは「G-GEAR GA5A-D193/T」です。

何と言っても20万円以内でRTX2080 SUPERのグラボが選べるところ。

現行では2番目の高性能モデルで、4Kゲーミング可能なほどゲーミング性能は申し分ありません。

対応するCPUも十分性能を発揮できるRyzen7 3700X(8コア16スレッド)。

ただあまりに高性能なので動画配信ではCPUに負荷がかかりすぎる恐れがあるため、

★4つとしています。ただゲーミング性能は今回紹介した中では一番です。

(SEVEN)SR-ar7-7652G/S3


主なスペック CPU:Ryzen7 3700X
グラボ:RTX2060 SUPER
メモリ:16GB
容量:500GB NVMe SSD + 1TB HDD
大きさ:220(幅)×464(奥行き)×493(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★★
ポイント!
  • フルHD最高画質ゲーミング
  • 動画編集、配信にも対応
  • 本章では価格とスペックのバランス良

BTOメーカーセブン(SEVEN)が提供するSR-ar7-7652G/S3です。

Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)とRTX2060 SUPERという、

フルHDでは高~最高画質60fpsは安定で、144~240fpsゲーミングも可能という、

ゲーミング性能を有しつつも、価格は大分抑えている非常にバランスの良い構成です。

もちろんマルチタスク性能の高い3700Xなので、ゲーム配信や編集も可能。

メモリや記憶容量の初期構成も良いので、

フルHDゲーミングのみ考えているのであれば、おすすめの一機。

(STORM)PG-EK


CPU Ryzen7 3700X
グラボ RTX2070 SUPER
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD+2TB HDD
大きさ 200(幅)×400(奥行き)×450(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★★★
ポイント!
  • マザボには高品質なX570を利用
  • 初期構成がクリエイティブ向けに十分
  • BTOでは少ないホワイト基調

法人企業向けのBTOメーカーとして有名なSTORMのPG-EKから、

Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)とRTX2070 SUPERの組み合わせです。

BTOでは珍しいホワイト基調のフォルムが特徴的で、

目に見えにくいマザーボードが高品質な「MPG X570 GAMING PLUS」を利用しているのもポイント。

16GB、2.5TBほどの記憶容量でクリエイティブ向けに適した構成になっています。

(サイコム)G-Master Spear Z490-Mini


CPU Core i5 10600K(アップグレード)
グラボ RTX2060
メモリ 16GB(アップグレード)
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 210(幅)×408(奥行き)×418(高さ)mm
おすすめ度 ★★★
性能に対するコスパ ★★★
ゲーム性能 ★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • コンパクトで置きやすい
  • アップグレードの空冷クーラー搭載
  • カスタマイズ性高く、こだわりがある人に

BTOメーカーサイコムの「G-Master Spear Z490-Mini」です。

Intel最新世代ミドルクラスなCore i5 10600を標準搭載で、

同じくミドルエンドクラスのRTX2060とバランスの取れた構成です。

また空冷クーラーも冷却が高いものを搭載していますので、熱対策もOK。

他社には無いケースを利用していますので、見た目にこだわりたい方におすすめです。

(ark)CY-AR8X57ARN7-N5A


※モニターは別売りです
主なスペック CPU:Ryzen7 3700X
グラボ:RX5700XT
メモリ:16GB
容量:512GB NVMeSSD
大きさ:365(幅)×188(奥行き)×379(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • ゲーミング性能は同クラス最強級
  • 高マルチタスク性能で動画配信・編集強
  • X570採用で耐久性、将来性良し

秋葉原に拠点を構えるarkのBTOから「CY-AR8X57ARN7-N5A」は、

他では中々ないRadeon RX5700XTのグラボを採用したモデルです。

RX5700XTはRadeon最新Navi世代で、性能はRTX2070 SUPERと良い勝負。

ゲームによって両者どちらが強いか変わるくらいに均衡しています。

そして対応するCPUが最新世代Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)搭載しているのも良し。

マルチタスク性能が高いので、RX5700XTにも十分対応でき、

高クオリティな動画配信も可能。もちろん編集もこなせます。

(パソコン工房)LEVEL-R049-iX7-TWSH-JUPITER


主なスペック CPU:Core i7 10700
グラボ:RTX2070 SUPER
メモリ:16GB
容量:480GB SSD + 2TB HDD
大きさ:178(幅)×388(奥行き)×297(高さ)mm
おすすめ度 ★★★
性能に対するコスパ ★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★★
ポイント!
  • Intel最新世代Core i7 1-10700搭載

有名ショップパソコン工房から「LEVEL-R049-iX7-TWSH-JUPITER」です。

本章では最も高性能となるCorei7 10700(8コア16スレッド)を搭載し、

動画編集、配信性能は一番と言えるでしょう。

対応するグラボはRTX2070 SUPERとなっており、

CPUパワーもあって高画質にてゲーム配信可能です。

(G-TUNE)G-Tune EN-A


 

主なスペック CPU:Ryzen7 3700X
グラボ:RX5700
メモリ:16GB
容量:1TB NVMe SSD
大きさ:210(幅)×435(奥行き)×524(高さ)mm
おすすめ度 ★★★
性能に対するコスパ ★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • ミドルクラスハイエンドのゲーミング性能
  • めずらしいRX5700搭載

大手パソコンメーカーマウスコンピューターから「G-Tune EN-A」です。

正直なところこの価格帯でG-TUNEで選ぶならという感じで、

コスパ的にはあまりおすすめできません。

性能的にはもちろんフルHD下では十分なゲーミング性能なのですが、

いかんせん他社のほうがコスパが高い!

(アプライドネット)BKI79700AS1HS240


主なスペック CPU:Corei7 9700
グラボ:RTX2070(アップグレード)
メモリ:16GB(アップグレード)
容量:960GB SSD(アップグレード)
大きさ:220(幅)×425(奥行き)×417(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量 ★★★★★
ポイント!
  • ゲーミング性能が高い9700利用
  • 初期構成から色々カスタマイズは必須

主に西日本に展開するアプライドからBKI79700AS1HS240です。

CPU性能が高いCorei7 9700(8コア8スレッド)搭載機で、

アップグレードにてハイパワーゲーミングPCへと変化できます。

RTX2070、メインメモリ16GB、電源750W、960GB SSD、2TB HDDにしても、

結構安いのでコスパは高め。

16万~20万円以下でどの程度のゲーミング性能か?

20万円になってくると、ミドルエンド~ハイクラスのかなり高性能なゲーミングPCになってきます。

ゲーミングモニター利用、高解像度ゲーミングも視野に

フルHDにて最高画質60fpsは全てのゲームで問題ないといって過言ではありません。

加えてレイトレやDLSSといった技術を使うことで、

より現実に近い描画でゲームができるという、より高クオリティゲーム体験ができます。

 

さらに高画質120~240fps確保もできるので、ゲーミングモニター利用を考えている人にも。

さらにWQHD(2560×1440)や4K(3840×2160)といった高解像度のゲームプレイも可能になってきます。

ゲーム配信はグラフィックボードとのバランスが大事

CPUもIntelはCore i7 10700系/9700/Corei9 9900系、

AMDはRyzen7 3700X/3800Xあたりが候補になり、シングル・マルチ性能ともに高くなります。

よって動画編集を考えている人はこの価格帯からが快適です。

 

また動画配信を考えている人もいると思いますが、

その場合CPUとグラフィックボードのバランスに注意です。

動画配信ではグラフィックボードが高性能ほど、CPUに負荷がかかります。

なのでCPU性能が追い付かないと、

配信エラーやカクつきといった現象が起こりやすくなり、

快適に配信できません。

20万円付近になると、CPUが弱く、グラボがすごいみたいな選択も出来てしまうので、

両方のバランスが重要です。

具体的には、

おすすめなCPUとGPU組み合わせ

  • Corei9 9900/RTX2070 SUPER or RX5700XT
  • Ryzen7 3700X/RTX2070 SUPER or RX5700XT

がバランスが取れています。

メモリは16GB必須。記憶容量も多めを確保

この価格帯ではメモリが初期から16GBが多いですが、

たまに8GBモデルもあるので、その場合はアップグレード必須です。

高性能なPCほど、その分メインメモリの消費が激しくなります。

 

記憶容量も沢山のゲームや動画ファイルなど保存予定であれば、

最低でも2TBくらいはほしいところです。

予算に余裕があればCPUクーラーは良いものへ

見落としがちなのがCPUクーラーです。

初期構成では各社リテールクーラーや弱いクーラーのケースが多く、

その場合、発熱の多い上位CPUでは熱によって性能低下が起こりやすくなります。

しっかりと性能を発揮するためにも、

性能が高い空冷、もしくは簡易水冷クーラーを選択するとなお良いです。

その他の価格帯ゲーミングPCについて

別の金額で探している方は下記をご参照ください。

【2020年7月】25万円以下のゲーミングPCおすすめは? 【2020年7月】10万円以下のゲーミングPCおすすめは? 【2020年7月】15万円以下のゲーミングPCおすすめは?

またデスクトップPC全体のおすすめ、Ryzen前提、小型ゲーミングPCなど、

別の観点でおすすめのゲーミングPCを確認したい方は下記を参照ください。

2020年7月★ゲーミングPCのおすすめは?価格・ランキング別

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


SHARE