おしゃれな白いゲーミングPCでコスパ良いのは?【2022年10月】 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

おしゃれな白いゲーミングPCでコスパ良いのは?【2022年10月】

こんにちは!こまたろです(‘Д’)!

ゲーミングPCで根強い人気のあるホワイトのゲーミングPC。

今回は白いゲーミングPCのなかでも、

今回おすすめする白いゲーミングPC
  • 性能に対するコスパが高いこと
  • 色々な価格・性能をバランスよく選出
ゲーミング性能に重要な要素であるグラフィックボードとCPUについては、
当サイトで実際に性能を測定した結果をもとにしています。
評価基準の詳細はこちら

を基準としてご紹介します!

白いゲーミングPC7選

(アーク)AG-IC6B66AGA5-SSST

AG-IC6B66AGA5-SSSTの製品画像
CPU Core i5 12400
グラフィックボード RTX 3050
メモリ DDR4 16GB
容量 【NVMe・PCIe4.0】512GB + 2TB
大きさ 210(W)×473(H)×425(D)mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
安さ
(4.5)
ゲーム性能
同価格帯の平均:1.9
(1.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.8
(2.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(4.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最低画質、103fps
フォートナイト 低画質、186fps
VALORANT 高画質、263fps
モンハンライズ 高画質、138fps
タルコフ 低画質、144fps

※参考値であり保証するものではありません。

ゲーミングPCでは安い分類に入る白ゲーミングPCです。

ゲーム性能ではフルHDメインで、軽いゲームならゲーミングモニター利用も十分可能ですし、

高画質で遊ぶこともできます。

要求スペックが高いゲームではやや性能不足ですが、DLSSやFSR対応ゲームであれば十分に遊ぶことができます。

コスパが相当高く、ゲーミングPCでトップクラスの良さです。

(ストーム)PG-PH12

PG-PH12の製品画像
CPU Core i5 12400
グラフィックボード RTX 3060
メモリ DDR4 16GB
容量 NVMe SSD 500GB
大きさ 200 x 460 x 450 mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:4.0
(4.5)
ゲーム性能
同価格帯の平均:2.0
(2.5)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.9
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、182fps 最高画質、134fps
フォートナイト 高画質、161fps 高画質、131fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、194fps 高画質、150fps
タルコフ 最高画質、91fps 最低画質、157fps

※参考値であり保証するものではありません。

王道のミドルスタンダード的な構成のゲーミングPCで、特別すごいポイントはないものの、ゲームを快適に遊べる水準レベルは満たしており、

さらに価格も抑えられているのでコスパもトップクラスの良さです。

MPG GUNGNIR 110Rのホワイトケースを採用しているBTOパソコンは希少です。

(セブン)ZEFT R34F

ZEFT R34Fの製品画像
CPU Ryzen 7 5800X
グラフィックボード RTX 3060
メモリ DDR4 16GB
容量 1TB Gen4 NVMe SSD + 1TB(1000GB) HDD
大きさ 251(W)×552(H)×545(D)mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:4.0
(4.5)
安さ
(4.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:2.6
(2.5)
動画編集性能
同価格帯の平均:3.4
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.5
(5.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.0
(3.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、175fps
フォートナイト 中画質、260fps
VALORANT 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、153fps
タルコフ 高画質、87fps

※参考値であり保証するものではありません。

AMDのハイクラスCPUとミドルクラスのグラフィックボードを組み合わせたPCです。

ややCPU性能に寄った構成ですが、Gen4 SSDでゲームロード時間の短縮、

240mm簡易水冷クーラーで熱による性能低下を防ぐなど、ゲームを快適に遊ぶため良い構成になっています。

コスパもトップクラスで、販売価格も検討しやすい設定かと思います。

(ストーム)PG-PF12

PG-PF12の製品画像
CPU Core i7 12700
グラフィックボード RTX 3070
メモリ DDR5 16GB
容量 Gen4 NVMe SSD 500GB
大きさ 200 x 460 x 450 mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.9
(4.5)
ゲーム性能
同価格帯の平均:2.6
(3.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:3.4
(4.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.3
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.1
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.2
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.8
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、220fps

※参考値であり保証するものではありません。

InteのハイクラスCPUとハイクラスのグラフィックボードを組み合わせで、バランスの良い構成です。

ストームの特徴ともいうべきMETALLICGEAR NEO AIRケースを採用しており、他社では見られない希少な外見もメリットです。

見た目だけでなく、動画編集時間の短縮に寄与するDDR5メインメモリ、編集時間やゲームロード時間の短さに良いGen4 SSD採用など、

全体的に使いやすい構成をしつつ、価格を抑えていることでコスパもトップクラスの良さ。

ハイクラスPCを探している人におすすめのPCです。

(フロンティア)FRGH670/B

FRGH670/Bの製品画像
CPU Core i7 12700F
グラフィックボード RTX 3060 Ti
メモリ DDR4 16GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約200mm x 高さ(H):約465mm x 奥行(D):約470mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:4.0
(4.5)
安さ
(4.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:2.6
(3.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:3.4
(4.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.5
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、220fps

※参考値であり保証するものではありません。

フロンティアでもコスパが高めのゲーミングPCです。

ミドルクラスのゲーミング性能に、ややCPUパワーをプラスした構成になっており、

ゲーム単体だけでなく、ゲーム配信のようなCPU負荷が高くなるようなシーンで力を発揮します。

(アーク)AG-IC16Z69AGA9I-H7F

AG-IC16Z69AGA9I-H7Fの製品画像
CPU Core i9 12900KS
グラフィックボード RTX 3090 Ti
メモリ DDR4 32GB(16GBx2)
容量 【NVMe・PCIe4.0】1TB + 【NVMe・PCIe4.0】2TB
大きさ 230(W) x 505(H) x 480(D)mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.7
(4.5)
安さ
(1.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:3.7
(4.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:4.1
(4.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、165fps
フォートナイト 高画質、243fps 高画質、151fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、211fps 高画質、175fps
タルコフ 最高画質、217fps 最高画質、78fps

※参考値であり保証するものではありません。

CPUとグラフィックボードともに最強の組み合わせです。

全体的構成も最強にふさわしい内容となっており、

新規格のDDR5メインメモリを32GB搭載し、ゲームの安定性や動画編集エンコードの短縮に寄与。

ゲームロード時間が短いGen4を2つ計3TBの珍しい構成で、

熱による性能低下を抑制するために高級なNZXTのKRAKEN360mmタイプ簡易水冷クーラーも搭載しています。

ゲームや動画編集、ゲーム配信などをするうえで快適におこなえる構成。

ケースも新しく登場したNZXT H7採用と見た目にもこだわっています。

高級パーツばかりなので販売価格も大変高いですが、コスパも非常に高いため損ということはありません。

最強ゲーミングPCを探しているなら非常におすすめできます。

(セブン)ZEFT G24CI

ZEFT G24CIの製品画像
CPU Core i5 12400F
グラフィックボード RTX 3060
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 210(W) x 428(D) x 460(H)mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:4.0
(4.5)
安さ
(4.5)
ゲーム性能
同価格帯の平均:1.9
(2.5)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.8
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、182fps 最高画質、134fps
フォートナイト 高画質、161fps 高画質、131fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、194fps 高画質、150fps
タルコフ 最高画質、91fps 最低画質、157fps

※参考値であり保証するものではありません。

価格を抑えた構成のゲーミングPCで、コスパも高めのためお得です。

CPUとグラフィックボードもミドルTHE定番という組み合わせで、バランスも良く、

人気のNZXT H510のホワイトモデル採用なので、見た目の点でも魅力があります。

そのほかに特記すべき構成はありませんが、水準レベルを満たしており弱点もあまりないPCです。

 

各社の白いゲーミングPCの一覧はこちらでも確認できます。

白いゲーミングPCの特徴

自作では白いゲーミングPCはケースだけでなく、中身のPCパーツも白色に統一するほどこだわる人もいます。

自作PCではもはや珍しくなくなってきた白いゲーミングPCですが、

BTOパソコンのゲーミングPCでは全体から見れば数が少ないです。

上記は主要BTOパソコンメーカーが販売しているゲーミングPC約550件のうち、白いゲーミングPCとそれ以外のPCの割合です。

全体の約17%ほどとなっており、白いゲーミングPCを探す地点でやや選択肢の幅は狭まってしまうことは留意が必要です。