光る!ゲーミングPCのおすすめと種類について | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!

光る!ゲーミングPCのおすすめと種類について

こんにちは!こまたろです(‘Д’)!

最近では当たり前になってきた光るゲーミングPCについて、おすすめのPCをまとめてみました。

今回おすすめする光るゲーミングPC
  • 性能に対するコスパが高いこと
  • 色々な価格・性能をバランスよく選出
ゲーミング性能に重要な要素であるグラフィックボードとCPUについては、
当サイトで実際に性能を測定した結果をもとにしています。
評価基準の詳細はこちら

光るゲーミングPC7選

(セブン)ZEFT R42WX

ZEFT R42WXの製品画像
CPU Ryzen 9 7950X
グラフィックボード RTX 4090
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB NVMe SSD + 2TB NVMe SSD
大きさ 306(W)×651(H)×650(D)mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:4.8
(4.5)
ゲーム性能
同価格帯の平均:5.4
(5.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:5.5
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.7
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.5
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:4.5
(4.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、210fps
フォートナイト 最高画質、504fps 最高画質、172fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、187fps
タルコフ 最高画質、118fps
オーバーウォッチ2 最高画質、487fps

※参考値であり保証するものではありません。

BTOパソコンショップであるSEVENから、高級ケースのRGBカラーに光るケース採用のPCです。

黒のヘアライン仕上げをベースに縦ラインにRGBカラーに光る感じは高級感ある見た目。

CoolerMaster COSMOS C700Mは現在SEVENでしかほぼ取り扱いが無く希少性もポイントです。

高級ケースに見合ったようにスペックも上位で、最新世代のRyzen 9 7950XのCPUを搭載。

ゲームだけでなく動画編集やゲーム配信も超快適です。

最新の最上位CPUであるRyzen 9 7950Xを搭載したゲーミングPCです。

グラフィックボードも最強のRTX 4090で、4K高画質高フレームレートも容易。AMDの最強コンビです。

DDR5メインメモリを32GB、ASRock製高級マザーボード、Gen4 1TBを含む計3TBの記憶容量、

CoolderMaster製の360mm簡易水冷クーラーおよびハイエンドケース、プラチナ認証電源など、

新世代の構成のなかでもかなりの高水準にまとまっており、コスパもトップクラス。

(ストーム)PZ-14KFB46Ti

PZ-14KFB46Tiの製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR5 32GB
容量 NVMe SSD 1TB
大きさ 高さ455mmx奥行440mmx幅220mm
PCの評価
コスパ 4.5
同価格帯の平均:3.8
(4.5)
ゲーム性能 3.3
同価格帯の平均:3.0
(3.5)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.6
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.3
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.9
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、290fps 最高画質、115fps
フォートナイト 高画質、201fps 高画質、117fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、135fps
タルコフ 最高画質、143fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、281fps 最高画質、109fps
パルワールド 最高画質、75fps

※参考値であり保証するものではありません。

ストームの鏡界シリーズのオリジナルPCケースを採用したゲーミングPCです。

最近少しずつ見かけるようになった270°強化ガラスタイプのフロントを採用しており、

フレームが邪魔にならずに中身をしっかりと見ることができるケース。

ホワイト色に合わせてグラフィックボードも白色を採用しており、見た目の光るデザインにこだわったPCです。

見た目だけでなくゲーム性能もCore i5 14400FとRTX 4060 Tiの組み合わせで、

フルHDで高画質高フレームレートが安定なのはもちろん、WQHDゲーミングも狙える使いやすい性能で、

価格も抑えられコスパもトップクラスの良さです。

(フロンティア)FRGBLZ790/B

FRGBLZ790/Bの製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070 Ti SUPER
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約232mm x 高さ(H):約493mm x 奥行(D):約496mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.4
(5.0)
ゲーム性能 4.9
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
動画編集性能 5.0
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.3
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.7
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、166fps
フォートナイト 高画質、243fps 高画質、151fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、211fps 高画質、175fps
タルコフ 最高画質、143fps 最高画質、80fps
オーバーウォッチ2 最高画質、351fps 最高画質、167fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

フロンティアオリジナルのPCケースを採用した光るゲーミングPCです。

デザインとしては保守的ではありますが、誰でも受け入れやすい見た目をしています。

なによりコスパが素晴らしく、

最新世代のCore i7 14700FとRTX 4070 SUPERのWQHD~4Kゲーミングハイクラス構成です。

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R46 14400F搭載

GALLERIA RM5C-R46 14400F搭載 の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps

※参考値であり保証するものではありません。

パソコンショップのドスパラから前面に配置されたRGBが特徴的なゲーミングPCです。

新しく生まれ変わったGALLERIAのケースは、シンプルながらコントロール可能なRGBラインが大人っぽさを演出してくれます。

派手さはないですが、ガンメタリック塗装は高級感があり、シックな光るゲーミングPCといったところ。

性能は丁度中間くらいで、価格と性能バランスが良く購入検討しやすい価格設定。

フルHDなら高画質高フレームレートを安定して狙えるRTX 4060グラフィックボード、

その性能を活かせる最新世代のCore i5 14400Fの良い組み合わせです。

(マウスコンピューター)NEXTGEAR JG-A7G6T(ホワイトカラーモデル)_Ryzen 7 7700搭載

NEXTGEAR JG-A7G6T(ホワイトカラーモデル)_Ryzen 7 7700搭載の製品画像
CPU Ryzen 7 7700
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB (NVMe Gen4×4)
大きさ 約220×411×390
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム性能 3.3
同価格帯の平均:2.7
(3.5)
動画編集性能 3.8
同価格帯の平均:3.2
(4.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、290fps 最高画質、115fps
フォートナイト 高画質、201fps 高画質、117fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、135fps
タルコフ 最高画質、143fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、281fps 最高画質、109fps
パルワールド 最高画質、75fps

※参考値であり保証するものではありません。

マウスコンピューターからNEXTGEARシリーズのゲーミングPCです。

新しく登場したWEB限定の白基調のPCケースを採用しており、見た目がおしゃれ。

LEDファンの見せ方にもこだわりがあります。

性能は最新世代ミドルクラス王道のRTX 4060 TiでフルHDなら高画質高フレームレートを安定。

DLSS3などアップスケーリング技術対応ゲームならWQHD解像度でも遊ぶことができます。

CPUも最新のRyzen 7 7700で性能十分。メモリもDDR5 32GBでフレームレートが安定、Gen4 SSDでゲームロード時間が短いなど、

ゲームの快適性も高めのスペック。

(アーク)AC-IR20Z79AGL8S-FT

AC-IR20Z79AGL8S-FTの製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4080 SUPER
メモリ DDR5 64GB
容量 【NVMe・PCIe4.0】2TB + 【NVMe・PCIe4.0】2TB
大きさ 242(W)x530(H)x544(D) mm
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:3.1
(5.0)
ゲーム性能 5.4
同価格帯の平均:5.2
(5.0)
動画編集性能 5.3
同価格帯の平均:5.3
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:3.0
(5.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.1
(5.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.9
(4.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、210fps
フォートナイト 最高画質、504fps 最高画質、172fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、187fps
タルコフ 最高画質、118fps
オーバーウォッチ2 最高画質、487fps

※参考値であり保証するものではありません。

アークからFractal Design製のホワイトケースを採用した光るゲーミングPCです。

フロントデザインが大変特長的で高級ケースでもあるので質感も良し。

加えて、ホワイトのCorsair製 iCUE H150i RGB ELITEの高価な簡易水冷クーラーや

マザーボードも白基調という光る以外の部分にも色の統一感を見せたこだわりがあります。

ゲーム性能トップクラスのCore i7 14700KF搭載で、発熱が多いため高価な簡易水冷クーラーとの組み合わせもベスト。

グラボはRTX 4080 SUPERの新たにラインナップに加わったグラボで、4K高画質高フレームレートも容易。

さらにメモリはDDR5 5600MHzの64GB、記憶容量はGen4 NVMe SSDを計4TBといずれも業界トップ水準。

性能も見た目もこだわった仕様で価格設定は高価ですが、性能面からみるコスパは最強でお得です。

(パソコン工房)LEVEL-R77A-LC147KF-VEX[RGBBuild]

LEVEL-R77A-LC147KF-VEX[RGBBuild]の製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RX 7800 XT
メモリ DDR5 16GB
容量 1TB NVMeSSD [PCIe 4.0×4]
大きさ 約幅220mm×奥行493mm×高さ465mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.5
(5.0)
ゲーム性能 4.5
同価格帯の平均:4.2
(4.5)
動画編集性能 4.8
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.2
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.6
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.3
(4.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、163fps
フォートナイト 高画質、232fps 高画質、148fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、211fps 高画質、175fps
タルコフ 最高画質、143fps 最高画質、73fps
オーバーウォッチ2 最高画質、332fps 最高画質、141fps
パルワールド 最高画質、117fps

※参考値であり保証するものではありません。

パソコン工房からLEVELインフィニットシリーズのゲーミングPCです。

王道の光るゲーミングPCという感じでフロントの3連RGBファン、背面RGBファン、

PCケース内のRGBストリップなど光る箇所が満載。RGBゲーミングPCのイメージを体現した仕様です。

もちろんRGBの光り方はコントロールできますので、マウスやキーボード、部屋のインテリアなどに合わせることも可能です。

またPCパーツの選択によってはパーツ自体もRGBに光らせることができるので、

華やかな光るゲーミングPCが欲しい方におすすめ。

性能はWQHD高画質高フレームレートが安定で4Kゲーミングも狙える性能。

(ツクモ)G-GEAR Aim GB5J-H241/BRGB

G-GEAR Aim GB5J-H241/BRGBの製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR4 16GB
容量 1TB SSD※ (M.2規格 / NVMe Gen4接続)
大きさ 210(W)x415(D)x400(H)mm (本体のみ、突起物含まず)
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps

※参考値であり保証するものではありません。

パソコンショップのツクモから新しく登場したG-GEAR aimシリーズのゲーミングPCです。

正面はヘアライン加工されたスクエアブラックの硬派なデザインで、

サイドがスモークガラスを採用し、中のPCファン・パーツが光る見た目に。

RGB系では比較的抑えた光り方ではありますが、黒基調の重厚感がある見た目が相まって渋い光り方となります。

またミニタワーという比較的小さいケースを採用してる省スペース性もメリット。

性能は王道のミドルクラススペック。

フルHDなら高画質高フレームレートも可能で、価格的にも検討しやすい設定になっています。

光るゲーミングの種類について

光るゲーミングPCが登場した当初は単純なものが多かったですが、最近は様々な光るゲーミングPCがあります。

いくつかジャンル分けできますので、ご紹介していきましょう。

ガラスパネルでPCパーツが光るタイプ

光るPC1

最も王道のスタイルで、サイドがガラスパネルを採用したPCケースを利用し、

ケースファンやPCパーツ、RGBアクセサリパーツなどを利用して光るゲーミングPCを楽しむタイプです。

最近では大半が光るゲーミングPCはガラスパネルを採用しており、透明からスモークタイプまで様々。

光るPC2

光るPCパーツは、ケースファンのほか、簡易水冷クーラー、マザーボード自体、グラフィックボードなど様々。

RGBストリップラインというアクセサリパーツもあり、マグネットや両面テープを用いて、ケースの好きな箇所を光らせることもできます。

正面からケースファンが見える

サイドとは別に正面からケースファンが見えるか見えないかでも光るゲーミングPCがわかれます。

正面が光るPCケース

上記のように中のケースファンが見えるタイプのケースでは、RGBケースファンと組み合わせることで、

光るゲーミングPCとして楽しむことができます。

小型ケースは1つか2連、大型では3連ファンが主流です。

華やかさが際立つ感じですね。

光り方はケースファンの能力に依存し、1色しかないものから、RGBをコントロールできるものまで様々。

ですが最近はコントロールできるタイプがほとんどになっています。

正面が光らないPCケース

上記のように全く中身が見えないタイプも。

RGB部分は減りますが、代わりにシックで高級感が漂うケースが多いです。

PCケース自体にRGBが内臓されている

最近ではPCケースにあらかじめ光る部分が搭載されたタイプが多くなっています。

PCケース自体が光るタイプ

光る箇所も千差万別で、単純な縦ライン、横ラインから、

上記のケースのように一部特殊な形で光るなど。

PCベースもメッシュ加工、ヘアライン加工、ガラスなど色々あります。

最近のはソフトウェアから光り方をコントロールするタイプが増えているので、

中身のPCパーツと光り方を同期して調和がとりやすくなっています。