光る!ゲーミングPCのおすすめと種類について | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

光る!ゲーミングPCのおすすめと種類について

こんにちは!こまたろです(‘Д’)!

最近では当たり前になってきた光るゲーミングPCについて、おすすめのPCをまとめてみました。

今回おすすめする光るゲーミングPC
  • 性能に対するコスパが高いこと
  • 色々な価格・性能をバランスよく選出
ゲーミング性能に重要な要素であるグラフィックボードとCPUについては、
当サイトで実際に性能を測定した結果をもとにしています。
評価基準の詳細はこちら

光るゲーミングPC7選

(セブン)ZEFT R40APQ

ZEFT R40APQの製品画像
CPU Ryzen 9 7950X
グラフィックボード RTX 3080
メモリ DDR5 64GB
容量 2TB Gen4 NVMe SSD + 2TB SSD
大きさ 306(W)×651(H)×650(D)mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.8
(5.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:4.3
(4.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:3.9
(5.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.4
(5.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、293fps 最高画質、135fps
フォートナイト 高画質、208fps 高画質、123fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、145fps
タルコフ 最高画質、167fps 最低画質、177fps
オーバーウォッチ2 最高画質、307fps 最高画質、123fps

※参考値であり保証するものではありません。

BTOパソコンショップであるSEVENから、高級ケースのRGBカラーに光るケース採用のPCです。

黒のヘアライン仕上げをベースに縦ラインにRGBカラーに光る感じは高級感ある見た目。

CoolerMaster COSMOS C700Mは現在SEVENでしかほぼ取り扱いが無く希少性もポイントです。

高級ケースに見合ったようにスペックも上位で、最新世代のRyzen 9 7950XのCPUを搭載。

ゲームだけでなく動画編集やゲーム配信も超快適です。

グラフィックボードはRTX 3080で4Kゲーミングも可能。

加えてゲームロード時間が短いGen4 SSDを含む計4TBの記憶容量、高級マザーボード、

1000Wプラチナ電源、64GBのDDR5メインメモリと、すべてが高水準になっています。

高級高スペックな光るゲーミングPCが欲しい方におすすめ。

(アーク)AG-IC12Z69AGT7-MVA

AG-IC12Z69AGT7-MVAの製品画像
CPU Core i7 12700KF
グラフィックボード RTX 3070
メモリ DDR4 16GB
容量 【NVMe・PCIe4.0】1TB + 【NVMe・PCIe4.0】1TB
大きさ 231(W) x 490(H) x 474(D)mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.3
(4.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:3.3
(3.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:3.6
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.3
(3.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、220fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps

※参考値であり保証するものではありません。

パソコンショップのアークからMSI MPG VELOX 100P AIRFLOWケースを採用したゲーミングPCです。

MPG VELOX 100P AIRFLOWはRGBに光るストリップを3本装備し、フロントのメッシュ構造に斜めラインに光る様が渋いケースです。

通気性が良いため静音性は低いですが、代わりに熱による性能低下を抑制する効果もあります。

性能はハイクラスの入門のような内容で、ゲームやクリエイティブ性能が高いCore i7 12700KFに、

フルHD~4K低画質くらいまで幅広い範囲でゲームができるRTX 3070グラフィックボードを搭載しています。

ウルトラワイドモニターで遊ぶのが最も相性が良い構成です。

ゲームロード時間が短いGen4 SSDを計2TB搭載し、MSI MAG Core Liquid 360RというRGBに光る簡易水冷クーラーも内臓

熱対策に配慮されたゲーミングPCです。

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R36T

GALLERIA RM5C-R36Tの製品画像
CPU Core i5 12400
グラフィックボード RTX 3060 Ti
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:1.9
(2.5)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.2
(2.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、214fps 最高画質、158fps
フォートナイト 高画質、173fps 高画質、145fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、199fps 高画質、184fps
タルコフ 最高画質、116fps 最低画質、209fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps

※参考値であり保証するものではありません。

パソコンショップのドスパラから前面に配置されたRGBが特徴的なゲーミングPCです。

新しく生まれ変わったGALLERIAのケースは、シンプルながらコントロール可能なRGBラインが大人っぽさを演出してくれます。

派手さはないですが、ガンメタリック塗装は高級感があり、シックな光るゲーミングPCといったところ。

性能は丁度中間くらいで、価格と性能バランスが良く購入検討しやすい価格設定。

フルHDなら高画質高フレームレートも狙えるRTX 3060 Tiグラフィックボード、

価格コスパが良いCore i5 12400を搭載しています。

(マウスコンピューター)G-Tune PP-Z-3070Ti [ Windows 11 ]

G-Tune PP-Z-3070Ti [ Windows 11 ]の製品画像
CPU Core i7 12700KF
グラフィックボード RTX 3070 Ti
メモリ DDR4 32GB
容量 512GB (NVMe Gen4×4 / SAMSUNG PM9A1) + 4TB
大きさ 約215×490×48
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.2
(4.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:3.5
(3.5)
動画編集性能
同価格帯の平均:3.9
(4.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.6
(5.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.4
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.6
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.5
(3.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、290fps 最高画質、115fps
フォートナイト 高画質、201fps 高画質、117fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、135fps
タルコフ 最高画質、147fps 最低画質、147fps
オーバーウォッチ2 最高画質、281fps 最高画質、109fps

※参考値であり保証するものではありません。

マウスコンピューターからG-TUNEシリーズのゲーミングPCです。

ダーククロム強化ガラスを採用した赤が特徴のケースで、赤の部分はヘアライン加工されており、

全体的に高級感が漂う作りになっています。

ケース自体にRGBは内臓されていませんが、サイドが強化ガラスパネルになっているので、中は見える状態。

オプションで光るPCパーツを選択することで、光るゲーミングPCとして楽しむことができます。

性能はハイクラスで、フルHD~4Kまで活躍できるRTX 3070 Tiグラフィックボードを搭載。

ゲームロード時間が短いGen4 SSDを含む計4.5TBの大容量となっているので、

ゲーム配信や動画編集性能もトップクラスのCore i9 12900KFとの相性も良い構成です。

(セブン)ZEFT G27V-Cube

ZEFT G27V-Cubeの製品画像
CPU Core i7 12700
グラフィックボード RTX 3060
メモリ DDR4 16GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 224(W) x 273(D) x 357(H)mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.9
(3.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.3
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.2
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.9
(3.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、182fps 最高画質、134fps
フォートナイト 高画質、161fps 高画質、131fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、194fps 高画質、150fps
タルコフ 最高画質、91fps 最低画質、157fps
オーバーウォッチ2 最高画質、175fps 最高画質、118fps

※参考値であり保証するものではありません。

BTOパソコンショップであるSEVENから、IN WIN IW-A1 PRIMEケースを採用したゲーミングPCです。

ピンク色ベースはゲーミングPC業界全体でも大変希少で、さらに省スペースのキューブ型の大きさも、

昨今の大型傾向にあるゲーミングPCでは希少という、ダブル希少性。

RGBは底面からぼわっと光る感じがかわいさを演出してくれます。

付属のPCケースファンもRGBに光るのもポイント。

性能と価格のバランスを考慮した比較的購入検討しやすい設定になっており、

フルHDなら高画質高フレームレートも狙えるRTX 3060グラフィックボード、

その性能を活かし、ゲーム配信や動画編集も快適なCore i7 12700のCPUとお歌死しています。

可愛く光るゲーミングPCを探している人におすすめ。

(パソコン工房)LEVEL-R669-LC127-VAX [RGB Build]

LEVEL-R669-LC127-VAX [RGB Build]の製品画像
CPU Core i7 12700
グラフィックボード RTX 3080
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 約幅213mm×奥行474mm×高さ495mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.3
(3.5)
ゲーム性能
同価格帯の平均:3.3
(3.5)
動画編集性能
同価格帯の平均:3.6
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.5
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.3
(3.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、293fps 最高画質、135fps
フォートナイト 高画質、208fps 高画質、123fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、145fps
タルコフ 最高画質、167fps 最低画質、177fps
オーバーウォッチ2 最高画質、288fps 最高画質、112fps

※参考値であり保証するものではありません。

パソコン工房からLEVELインフィニットシリーズのゲーミングPCです。

王道の光るゲーミングPCという感じでフロントの3連RGBファン、背面RGBファン、

PCケース内のRGBストリップなど光る箇所が満載。RGBゲーミングPCのイメージを体現した仕様です。

もちろんRGBの光り方はコントロールできますので、マウスやキーボード、部屋のインテリアなどに合わせることも可能です。

またPCパーツの選択によってはパーツ自体もRGBに光らせることができるので、

華やかな光るゲーミングPCが欲しい方におすすめ。

性能も4Kゲーミングも可能なRTX 3080を搭載したハイクラス。

長い時間活躍できる仕様になっています。

(ツクモ)G-GEAR Aim GB5J-C221/BRGB

G-GEAR Aim GB5J-C221/BRGBの製品画像
CPU Core i5 12400
グラフィックボード RTX 3060
メモリ DDR4 16GB
容量 1TB SSD※ (M.2規格 / NVMe接続)
大きさ 210(W)x415(D)x400(H)mm (本体のみ、突起物含まず)
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.5
(3.5)
ゲーム性能
同価格帯の平均:1.9
(2.5)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.2
(2.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(3.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、182fps 最高画質、134fps
フォートナイト 高画質、161fps 高画質、131fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、194fps 高画質、150fps
タルコフ 最高画質、91fps 最低画質、157fps
オーバーウォッチ2 最高画質、175fps 最高画質、118fps

※参考値であり保証するものではありません。

パソコンショップのツクモから新しく登場したG-GEAR aimシリーズのゲーミングPCです。

正面はヘアライン加工されたスクエアブラックの硬派なデザインで、

サイドがスモークガラスを採用し、中のPCファン・パーツが光る見た目に。

RGB系では比較的抑えた光り方ではありますが、黒基調の重厚感がある見た目が相まって渋い光り方となります。

またミニタワーという比較的小さいケースを採用してる省スペース性もメリット。

性能は王道のミドルクラススペック。

フルHDなら高画質高フレームレートも可能で、価格的にも検討しやすい設定になっています。

光るゲーミングの種類について

光るゲーミングPCが登場した当初は単純なものが多かったですが、最近は様々な光るゲーミングPCがあります。

いくつかジャンル分けできますので、ご紹介していきましょう。

ガラスパネルでPCパーツが光るタイプ

光るPC1

最も王道のスタイルで、サイドがガラスパネルを採用したPCケースを利用し、

ケースファンやPCパーツ、RGBアクセサリパーツなどを利用して光るゲーミングPCを楽しむタイプです。

最近では大半が光るゲーミングPCはガラスパネルを採用しており、透明からスモークタイプまで様々。

光るPC2

光るPCパーツは、ケースファンのほか、簡易水冷クーラー、マザーボード自体、グラフィックボードなど様々。

RGBストリップラインというアクセサリパーツもあり、マグネットや両面テープを用いて、ケースの好きな箇所を光らせることもできます。

正面からケースファンが見える

サイドとは別に正面からケースファンが見えるか見えないかでも光るゲーミングPCがわかれます。

正面が光るPCケース

上記のように中のケースファンが見えるタイプのケースでは、RGBケースファンと組み合わせることで、

光るゲーミングPCとして楽しむことができます。

小型ケースは1つか2連、大型では3連ファンが主流です。

華やかさが際立つ感じですね。

光り方はケースファンの能力に依存し、1色しかないものから、RGBをコントロールできるものまで様々。

ですが最近はコントロールできるタイプがほとんどになっています。

正面が光らないPCケース

上記のように全く中身が見えないタイプも。

RGB部分は減りますが、代わりにシックで高級感が漂うケースが多いです。

PCケース自体にRGBが内臓されている

最近ではPCケースにあらかじめ光る部分が搭載されたタイプが多くなっています。

PCケース自体が光るタイプ

光る箇所も千差万別で、単純な縦ライン、横ラインから、

上記のケースのように一部特殊な形で光るなど。

PCベースもメッシュ加工、ヘアライン加工、ガラスなど色々あります。

最近のはソフトウェアから光り方をコントロールするタイプが増えているので、

中身のPCパーツと光り方を同期して調和がとりやすくなっています。