10万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2022年10月】 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

10万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2022年10月】

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

予算10万円以下で購入できるゲーミングPCについてご紹介していきます。

また10万円はどの程度の性能になるのか?についても目安として参考にしてください。

10万円のゲーミングPC性能は?

10万円前後はゲーミングPCの中では安価な価格帯になり、性能としては限定的です。

そもそも在庫が無いことが多く、

実際に使えるゲーミングPCなら10万円をすこしオーバーすることが必要。

本章でもこの点を考慮しておすすめゲーミングPCをランキングしています。

ゲーム性能は?

グラフィックボードが搭載か非搭載かで大きくゲーム性能が変わってきます。

搭載の場合はGTX1650という最も安いグラフィックボード採用がメインです。

主な人気ゲームの解像度と画質、FPS値目安
  • Apex Legends・・・フルHD、低~中画質、75~144fps
  • フォートナイト・・・フルHD、低画質186fps
  • VALORANT・・・フルHD、高画質、246~294fps
  • モンスターハンターライズ・・・フルHD、高画質、82fps
  • サイバーパンク2077・・・フルHD、低画質、52fps
  • タルコフ・・・フルHD、低画質、109fps

要求スペックが低~中程度までのゲームであれば、

60fpsないし144fpsなどゲーミングモニター利用も可能ですが、

要求スペックが高いゲームではすでに力不足にあってきており、

できるゲームは今後どんどん限定されていくことは留意しましょう。

 

グラボ非搭載の場合にはAMDのRyzen 5 5600Gという、

CPUとグラボがセットになったようなAPUがメインになってきます。

グラボが非搭載の分、価格が安くなっていることがおおいですが、

ゲーム性能は非常に限定的で、多くのゲームがそこまで快適に遊べません。

30~60fpsで遊べればラッキーという、

ゲームは補助的な要素としてとらえる必要があるので、

ゲーミングPC?と言われるとちょっと疑問が残る構成です。

動画編集やゲーム配信はあまり期待しない

CPUも予算を削減するために旧世代のCPUが中心になり、

性能も下位クラスです。

Core i5 10400/Core i3 10100など2世代古いCPUであることも多いため、

ゲーム配信や動画編集をするなら、この価格帯以上のPCが良いです。

できないことはないですが、エンコード時間が遅かったり、

ゲーム配信でエラー落ち、録画失敗などトラブルが多くなります。

10万円以下ゲーミングPCおすすめ機種

7~10万円(税込)の範囲で各社のBTOゲーミングPCを選抜してご紹介していきます。

またこまたろ的おすすめ度も示しています。

コスパの観点でもゲーミングPCをご紹介しています。
コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング

1位 (ドスパラ)Magnate IH


CPU Core i3 12100 (4コア8スレッド)
グラボ GTX1650
メモリ 8GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 幅:約190mm x 高さ:約360mm x 奥行:約420mm
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能 ★★
データ容量 ★★★
ゲーム 解像度、画質、FPS目安
Apex Legends フルHD 低画質 80fps
フォートナイト フルHD 低画質 186fps
VALORANT フルHD 高画質 246fps
モンハン フルHD 低画質 116fps
Valheim フルHD 最低画質 80fps
Tarkov フルHD 低画質 77fps

安さ重視でおすすめしたいゲーミングPCです。

Core i3 12100(4コア8スレッド)とGTX1650の組み合わせで、

ゲーム性能はそれなりですが、他社と比較して価格が安い点が大きなメリットです。

性能コスパでは非常に高く、安いゲーミングPCを探している人におすすめです。

2位(ツクモ)G-GEAR GA3J-A221/B


CPU Core i3 12100
グラボ RX 6400
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 190(幅)×475(奥行き)×435(高さ)mm
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量
ゲーム 解像度、画質、FPS目安
Apex Legends フルHD 低画質 80fps
フォートナイト フルHD 低画質 218fps
VALORANT フルHD 高画質 246fps
モンハン フルHD 低画質 116fps
Valheim フルHD 最低画質 80fps
Tarkov フルHD 低画質 77fps

現行では最安クラスの、RX 6400グラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

ゲーミング性能としては高いというわけではありませんが、

現在のゲーミングPCでは最安級です。

フルHDでは60fps以上で遊べるゲームと遊べないゲームが出てきますが、

要求スペックが低いゲームなら144fpsなどゲーミングモニター利用も可能です。

CPUもRX 6400の性能を引き出すには十分です。

3位(G-Tune)PM-A-WA


CPU Ryzen 5 3600
グラボ GTX1650
メモリ 16GB
容量 256GB NVMe SSD
大きさ 178(幅)×420(奥行き)×285(高さ)mm
性能に対するコスパ ★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量
ゲーム 解像度、画質、FPS目安
Apex Legends フルHD 低画質 80fps
フォートナイト フルHD 低画質 218fps
VALORANT フルHD 高画質 246fps
モンハン フルHD 低画質 116fps
Valheim フルHD 最低画質 80fps
Tarkov フルHD 低画質 77fps

大手パソコンメーカーマウスコンピューターから「PM-A-WA」です。

旧世代のCPUやグラボを利用することで価格を抑えた構成ですが、

Ryzen 5 3600はそこそこのゲーム性能を持っており、

GTX1650との相性も良いです。

フルHDならそれなりに遊べるゲーミングPCです。

4位(SEVEN)ZEFT G09DP


CPU Core i3-10105F
グラボ GTX1650
メモリ 8GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 178(幅)×420(奥行き)×285(高さ)mm
性能に対するコスパ ★★
ゲーム性能 ★★
動画編集・配信性能
データ容量 ★★
ゲーム 解像度、画質、FPS目安
Apex Legends フルHD 低画質 74fps
フォートナイト フルHD 低画質 208fps
VALORANT フルHD 高画質 226fps
モンハン フルHD 低画質 106fps
Valheim フルHD 最低画質 64fps
Tarkov フルHD 低画質 60fps

SEVENから安さ重視のゲーミングPCです。

現行のゲーミングPCでは最安構成といってよく、

正直なところゲーム性能は限定的です。

それでもフルHDでなら遊べるゲームも多いです。

その他の価格帯ゲーミングPCについて

別の金額で探している方は下記をご参照ください。

30万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2022年10月】 25万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2022年10月】 15万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2022年10月】 20万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2022年10月】

またデスクトップPC全体のおすすめ、Ryzen前提、小型ゲーミングPCなど、

別の観点でおすすめのゲーミングPCを確認したい方は下記を参照ください。

コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング【2022年10月】