Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2020年7月】10万円以下のゲーミングPCおすすめは?

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

予算10万円以下で購入できるゲーミングPCについてご紹介していきます。

また10万円はどの程度の性能になるのか?についても目安として参考にしてください。

10万円以下ゲーミングPCおすすめ機種

7~10万円(税込)の範囲で各社のBTOゲーミングPCを選抜してご紹介していきます。

またこまたろ的おすすめ度も示しています。

★の評価
★印はこの同価格帯における比較値です。

(ドスパラ) GALLERIA RT5


CPU Ryzen5 3500
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB
容量 256GB NVMeSSD + 1TBHDD
大きさ 185(幅)×395(奥行き)×370(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量 ★★★★
ポイント!
  • GTX1660S使用としてはかなり安い!!
  • この価格帯では一歩抜き出たゲーミング性能
  • 初期構成も高性能

10万円以下のゲーミングPCでは現在最もおすすめしたい機種が「GALLERIA RT5」。

とにかく安い!これにつきます。

10万円以下構成では中々組み込めないGTX1660 SUPERを搭載しており、

新登場でゲーミング性能も高いRyzen5 3500(6コア6スレッド)を搭載しており、

フルHD中~高画質60fpsはもちろん、低~中画質120~144fpsゲーミングも可能です。

さらに初期構成がとてもよく、1256GBとメモリを16GBなので、

快適にゲームを遊ぶことができます。

(フロンティア)FRGAB450/A2/NTK


CPU Ryzen 5 3600
グラボ GTX1650
メモリ 8GB
容量 1TB HDD
大きさ 200(幅)×426(奥行き)×356(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
価格の安さ ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • ゲーミング性能が高い3600搭載
  • 動画編集性能も高い
  • HDDだけ欠点

フロンティア「RGAB450/A2/NTK」です。

このクラスでは最強となるRyzen 5 3600(6コア12スレッド)が搭載しており、

グラボの性能を十二分に引き出してくれます。

動画編集マシンとしても活躍できるクリエイティブ性能もありますが、

難点は初期構成でHDDであること。

快適性を踏まえればSSDが良いので、アップグレードは必須となります。

(ツクモ)GA5A-U200/T


 

CPU Ryzen5 1600AF
グラボ RX5500 XT 8G
メモリ 8GB
容量 240GB SSD + 1TB HDD
大きさ 190(幅)×475(奥行き)×435(高さ)mm
おすすめ度 ★★★
性能に対するコスパ ★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★★★
ポイント!
  • 低価格ながら6コア12スレッド
  • 低価格ゲーム配信PC

パソコンツクモのBTOからは「GA5A-U200/T」です。

Ryzen5 1600AF(6コア12スレッド)を搭載した、ツクモの「GA5A-U200/T」です。

1600AFは他のRyzenミドルCPUより一段と低価格ながら、12スレッドというコスパCPUで、

とにかく予算を抑えつつも、ゲーム配信PCがほしい!という方に向いています。

ただしゲーム性能・クリエイティブ性能は、紹介した前の2つには劣るため、

価格重視の人向けとなります。

 

(SEVEN)SR-ar5-5430D/S3/GD


主なスペック CPU:Ryzen5 3600
グラボ:GTX1650
メモリ:8GB
容量:240GB SSD
大きさ:168(幅)×400(奥行き)×355(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量
ポイント!
  • 最新世代Ryzen5 3600搭載。ゲーム性能の将来性が高い
  • マルチタスク性能が高いので動画編集・配信も
  • CPUクーラーはカスタマイズでアップグレード推奨

BTOメーカーセブン(SEVEN)が提供するSR-ar5-5430D/S3/GDです。

今人気の第3世代Ryzen5 3600(6コア12スレッド)を使用したモデルで、

ゲーミング性能はもちろん、マルチタスク性能も高いのである程度動画編集にも対応可能。

GTX1650との組み合わせとしてはとても安くおすすめです。

(STORM)PG-BN


主なスペック CPU:Corei3 9100F
グラボ:GTX1650
メモリ:8GB
容量:240GB SSD
大きさ:168(幅)×400(奥行き)×355(高さ)mm
おすすめ度 ★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能
データ容量 ★★★★
ポイント!
  • 安さ重視の構成
  • ゲームにおいては安定的に遊べる
  • 初期構成でSSD250GB+2TB HDDで容量十分

法人企業向けのBTOメーカーとして有名なSTORMのPG-BNから、

Corei3 9100F(4コア4スレッド)とGTX1650の組み合わせです。

CPU性能は低めですが、それでもGTX1650の性能を引き出すには十分で、

ゲーミングPCとしては全く問題なく、価格も低めになっています。

(ark) CROYDON CY-IC6B36MG5-AA


※モニターは別売りです
主なスペック CPU:Corei5 9400F
グラボ:GTX1650
メモリ:16GB
容量:512GB NVMe SSD
大きさ:195(幅)×475(奥行き)×395(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • 初期構成で16GBメインメモリ+512GB NVMeSSD
  • 構成に対するコスパが良い
  • 9400F+GTX1650でゲームの安定性が高い

秋葉原に拠点を構えるarkのBTOから「CROYDON CY-IC6B36MG5-AA」です。

初期構成が他よりも良くお得になっていて、

CPU、グラボ、SSD、メインメモリの構成では一番よいと思います。

ゲームに安定的な強さを誇る9400F(6コア6スレッド)と最新グラボGTX1650との組み合わせで、

フルHDなら低~中画質ですべてのゲームが問題なくできます。

(パソコン工房)LEVEL-M0B7-i5-RVS-M


主なスペック CPU:Cori5 9400
グラボ:GTX1650 SUPER
メモリ:8GB
容量:480GB SSD
大きさ:190(幅)×410(奥行き)×356(高さ)mm
おすすめ度 ★★★
性能に対するコスパ ★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量
ポイント!
  • 比較的小型なマシン
  • 卒ない構成

有名ショップパソコン工房から「LEVEL-M0B7-i5-RVS-M」です。

特別コスパが良いわけではなりませんが、卒ない構成となっており、

ゲーミング性能としては満足できる構成になっています。

(G-TUNE)LUV MACHINES AG400BN-M2S2


 

主なスペック CPU:Ryzen5 3600
グラボ:GTX1650
メモリ:8GB
容量:256GB NVMe SSD
おすすめ度 ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量
ポイント!
  • 最新世代Ryzen5 3600搭載。ゲーム性能の将来性が高い
  • マルチタスク性能が高いので動画編集・配信も

大手パソコンメーカーマウスコンピューターから「LUV MACHINES AG400BN-M2S2」です。

今人気の第3世代Ryzen5 3600(6コア12スレッド)を使用したモデルで、

ゲーミング性能はもちろん、マルチタスク性能も高いのである程度動画編集にも対応可能。

GTX1650との組み合わせで安定的なゲーミング性能を持っています。

(アプライドネット)BKI39100AS1HS240


主なスペック CPU:Corei3 9100
グラボ:GTX1050ti(アップグレード)
メモリ:8GB
容量:240GB SSD
大きさ:220(幅)×425(奥行き)×417(高さ)mm
おすすめ度 ★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★
動画編集・配信性能
データ容量
ポイント!
  • 最安構成ながらゲームは問題ない
  • SSDを480GB、メモリを16GBにしても安い

今回の最安構成ならこちらの一機です。

Corei3 9100(4コア4スレッド)でマルチタスク性能は高くありませんが、

ゲーミング性能は安定して良く、GTX1050tiの力を十分引き出してくれます。

他よりも一歩ゲーミング性能は劣りますが、価格は一番安いです。

10万円でどの程度のゲーミング性能か?

現在のゲーミングPCで最安構成になると大体7~8万円ほどですが、

あと+2~3万ほどするだけで、おどろくほど性能がアップします。

最安構成7~8万円場合

AMD社のRyzenからGシリーズの構成になります。

このシリーズは内蔵グラフィックス性能が高く、グラボ不要でもゲームができるので、

予算が安くなるのわけです。

Ryzen5 3400G/2400G、Ryzen5 3200G/2200G、Athlon 240/220/200GEの7種ありますが、

BTOパソコンではRyzen5 3400Gがほぼ全てです。

ゲーミング性能は最低限という感じ。とはいえ動作の軽いゲームなら新しいゲームでも遊べます。

ゲーム性能目安

  • ゲームによってフルHD低画質60fps
  • ゲームによっては動作が厳しい
主なできるゲーム
フォートナイト、マイクラ、オーバーウォッチ、ナイトメアクロノス、レインボーシックスシージ、ケモニスタオンライン、黒い砂漠などMMORPG、ドラゴンクエストX、モンスターハンターワールド、信長の野望など

ただし個人的にはゲーミング性能がすぐに追いつかなくなるので、

あと+2~3万追加し、10万円ぎりぎりでゲーミングPCを買うことをおすすめします。

10万円の場合

9~10万(税込みで)ぐらいのゲーミングPCになると、

グラフィックボードを追加できるので一気にゲーミング性能がアップします。

候補としてはGTX1650(SUPER)とGTX1660 SUPERですが、

CPU価格の安いRyzenならGTX1660 SUPERを選択でき、

フルHDなら低~高画質60fps、低中画質144fpsぐらいの高い能力があります。

CPUはRyzen5 3500/Corei5 9400F(6コア6スレッド)、Ryzen3 3300X/3100(4コア8スレッド)、

Corei3 9100F(4コア4スレッド)あたりに。

特にRyzen3 3300Xは価格、ゲーム性能、クリエイティブ性能の3拍子揃った鬼コスパCPUです。

 

なお動画編集は高速とはいえませんが、ある程度おこなえます。

ゲーム配信も同様です。

ただし、より配信の安定性を高めたい、高速に動画編集したい場合は、

より予算を上げる必要があります。

その他の価格帯ゲーミングPCについて

別の金額で探している方は下記をご参照ください。

【2020年7月】25万円以下のゲーミングPCおすすめは? 【2020年7月】15万円以下のゲーミングPCおすすめは? 【2020年7月】20万円以下のゲーミングPCおすすめは?

またデスクトップPC全体のおすすめ、Ryzen前提、小型ゲーミングPCなど、

別の観点でおすすめのゲーミングPCを確認したい方は下記を参照ください。

2020年7月★ゲーミングPCのおすすめは?価格・ランキング別

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


SHARE