エントリーモデルのゲーミングPCについて解説! | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

エントリーモデルのゲーミングPCについて解説!

こんにちは!こまたろです(‘Д’)!

今回はゲーミングPCのエントリーモデル解説とおすすめのPC紹介をしていきます。

ゲーミングPCでエントリーモデルやエントリークラスといった言葉を目にしますが、

明確にスペックの定義や金額の定義があるわけではありません。

個々の裁量によって使われています。

ここではこまたろが思う個人の見解によって解説していきます。

エントリーモデルのゲーム性能は?

グラフィックボードが最もゲーム性能に影響しますが、

エントリーモデルと言われるゲーミングPCは比較的安価なグラボが使われる傾向にあります。

現在ですとGTX 1650、GTX 1660 SUPER、RTX 3050、RX 7600が主流。

ゲーミング性能としては、

エントリーモデルのゲーミング性能
  • 解像度はフルHDメイン
  • 軽いゲームによっては高画質高フレームレートも可能
  • 要求スペックが高いゲームでは60fps未満

といったところ。決して高いゲーム性能というわけではないですが、

要求スペックが高いゲームであれば高フレームレートは狙えるため、

FPS/TPSゲームでゲーミングモニターを利用しようとしている人にも、

ゲームを選べば十分遊べる性能になっています。

ただしAAA級タイトルといわれるような要求スペックが高いゲームでは60fpsさえ下回る性能もあるため、

注意は必要。

また最新世代のエントリー向けPCパーツはあまりリリースされていない状況なので、

グラボはもちろんCPUも旧世代を利用しています。

最新パーツ登場時期がねらい目

最新のエントリーモデル向けPCパーツがあまり発売されていないことから、

最近は旧世代のPCパーツを利用して販売しているケースが多くあります。

そのため最新パーツが発売されると、旧世代パーツの下落圧力もあって、

エントリーモデルに搭載されはじめゲーム性能がアップしていきます。

特にミドルクラスの最新パーツ(大体15万~25万あたりで搭載されるやつ)がリリースされた時は要チェックです。

価格は10万~

価格についてはゲーミングPC全体の相場感で変動はありますが、

ゲーミングPCとしては価格設定が安い方にある10万~16万くらいに該当するゲーミングPCを、

エントリーモデルと名付けられていることが多いです。

最新・現役PCパーツの安価タイプで構成すると大体そのくらいに落ち着く傾向にあります。

上記は2024年1月調査のゲーミングPCの価格分布です。

ゲーミングPCでコアとなる価格帯は15~30万ですから、エントリーモデルは数万円程度安い価格設定であることが見て取れます。

性能の寿命は2~3年といったところ

ゲーミングPCのパーツの寿命というよりはゲーミング性能としての寿命です。

基本的にはエントリーモデルはすでに上位グラボからみるとかなりゲーミング性能が限定されるため、

2~3年になるとかなり力不足を感じてきます。

ただ結局遊ぶゲーム次第というところもあり、特にフォートナイトやVALORANT、オーバウォッチ2など、

無料系のFPS/TPSゲームは最新ゲームであっても、低いゲーム性能のゲーミングPCで遊べるよう配慮される傾向にあります。

おすすめのエントリーモデル

(フロンティア)FRGKB760/M105

FRGKB760/M105の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 3060
メモリ DDR4 16GB
容量 512GB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約215mm x 高さ(H):約347mm x 奥行(D):約401mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.8
(5.0)
ゲーム性能 2.3
同価格帯の平均:1.6
(2.5)
動画編集性能 3.3
同価格帯の平均:2.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、182fps 最高画質、134fps
フォートナイト 高画質、161fps 高画質、131fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、194fps 高画質、150fps
タルコフ 最高画質、91fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、175fps 最高画質、118fps
パルワールド 最高画質、104fpsMAX 最高画質、87fps

※参考値であり保証するものではありません。

旧世代のRTX 3060グラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

最新世代のRTX 4060が登場したことから、価格も下落し、かつ本PCはかなり価格を抑えていることから、

エントリーモデル価格とはいえフルHD高画質高フレームレートを狙える性能を有したRTX 3060を搭載。

加えてCPUは最新世代のCore i5 14400Fを搭載と高水準。

将来的にはもうすこし性能が高いグラフィックボードでも性能をしっかりと活かせるCPUです。

(パソコン工房)【WEB限定】LEVEL-M17M-144F-RBX-WHITE

【WEB限定】LEVEL-M17M-144F-RBX-WHITE[Windows11Home]の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 3060
メモリ DDR5 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 約幅220mm×奥行411mm×高さ441mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.8
(5.0)
ゲーム性能 2.3
同価格帯の平均:1.6
(2.5)
動画編集性能 3.3
同価格帯の平均:2.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、182fps 最高画質、134fps
フォートナイト 高画質、161fps 高画質、131fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、194fps 高画質、150fps
タルコフ 最高画質、91fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、175fps 最高画質、118fps
パルワールド 最高画質、104fpsMAX 最高画質、87fps

※参考値であり保証するものではありません。

パソコンショップのパソコン工房がWEB限定で販売しているゲーミングPCです。

Core i5 14400FとRTX 3060の定番ミドルクラス構成となっており、

通常のミドルクラスが最新世代に置き換わっていること、またWEB限定にすることで安く設定されていることから、

エントリーモデルとしての価格設定をしつつ、性能はフルHD高画質高フレームレートを狙いやすい性能で、

今までのエントリーモデルの性能の一段階上となっています。

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-G50 14400F搭載

GALLERIA RM5C-G50 14400F搭載の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード GTX 1650
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.3
同価格帯の平均:3.8
(4.5)
ゲーム性能 0.3
同価格帯の平均:1.6
(1.0)
動画編集性能 2.5
同価格帯の平均:2.1
(2.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(3.0)

Core i5 14400FとGTX 1650を組み合わせたエントリーモデル定番構成。

安さを重視した構成であり、価格設定もゲーミングPCとしては最安級。

安いといってもメモリやSSDはゲーム体験を損なわない水準はしっかりと満たしています。

ただしグラボはGTX 1650となっており、安価重視でフルHDでも60fpsで遊べないゲームもあるので留意。

(マウスコンピューター)NEXTGEAR JG-A5A60

NEXTGEAR JG-A5A60の製品画像
CPU Ryzen 5 4500
グラフィックボード RX 7600
メモリ DDR4 16GB
容量 1TB (NVMe)
大きさ 約220×411×39
PCの評価
コスパ 3.3
同価格帯の平均:3.0
(3.5)
ゲーム性能 1.6
同価格帯の平均:1.1
(1.5)
動画編集性能 1.5
同価格帯の平均:1.1
(1.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.4
(2.5)

マウスコンピューターのWEB限定ゲーミングPCブランド「NEXTGEAR」シリーズのゲーミングPCです。

Ryzen 5 4500とRX 7600を組み合わせエントリーモデルらしい構成。

フルHDにて軽いゲームなら高フレームレートも可能で、

CPUも性能が高いわけではないですが、RX 7600ならOK。

(ツクモ)G-GEAR GA3A-A221/B

G-GEAR GA3A-A221/Bの製品画像
CPU Ryzen 3 4100
グラフィックボード RX 6400
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB SSD※ (M.2規格 / NVMe接続)
大きさ 190(W)x475(D)x435(H)mm (本体のみ、突起物含まず)
PCの評価
コスパ 2.5
同価格帯の平均:3.0
(2.5)
ゲーム性能 0.1
同価格帯の平均:1.1
(1.0)
動画編集性能 0.3
同価格帯の平均:1.1
(1.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.4
(2.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最低画質、103fps
フォートナイト 低画質、159fps
VALORANT 低画質、459fps
モンハンライズ
タルコフ
オーバーウォッチ2

※参考値であり保証するものではありません。

今回ご紹介する中では・・・というよりゲーミングPC全体としても最安といってよいゲーミングPCです。

Ryzen 3 4100とRX 6400の最安パーツの組み合わせで、

正直高性能とはいいませんが、軽いゲームであれば遊ぶことができます。

オフィス向けPCよりはゲーム性能はあるので、ブラウザゲームや軽いゲームぐらいしか遊ばないのであれば。