ミニタワーのゲーミングPCでおすすめ10選! | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

ミニタワーのゲーミングPCでおすすめ10選!

こんにちは!こまたろです(‘Д’)!

今回はミニタワーケース採用のゲーミングPCについてまとめてみました!

今回おすすめするミニタワーのゲーミングPC
  • ミニタワー規格であるMicroATXマザボまで対応ケースを選出
  • コスパ良く色々な価格・性能をバランスよく選出

ゲーミング性能に重要な要素であるグラフィックボードとCPUについては、

当サイトで実際に性能を測定した結果をもとにしています。

評価基準の詳細はこちら

おすすめのミニタワーのゲーミングPC10選

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R46T 14400F搭載

GALLERIA RM5C-R46T 14400F搭載の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 3.3
同価格帯の平均:2.5
(3.5)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、290fps 最高画質、115fps
フォートナイト 高画質、201fps 高画質、117fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、135fps
タルコフ 最高画質、143fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、281fps 最高画質、109fps

※参考値であり保証するものではありません。

ドスパラの大人気ミニタワーケースを採用したゲーミングPCです。

メタリックの質感とフロント外枠を照らすRGBイルミネーションが人気。

性能はRTX 4060 TiとCore i5 14400Fの王道ミドルクラス構成で、

フルHD高画質や高フレームレートを安定して狙える性能はもっています。

価格と性能のバランスに優れています。

(パソコン工房)LEVEL-M27M-144F-SLX-SAKURA

LEVEL-M27M-144F-SLX-SAKURA[Windows11Home]の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR5 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 約幅210mm×奥行350mm×高さ392mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム性能 3.3
同価格帯の平均:2.7
(3.5)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.2
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、290fps 最高画質、115fps
フォートナイト 高画質、201fps 高画質、117fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、135fps
タルコフ 最高画質、143fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、281fps 最高画質、109fps
パルワールド 最高画質、75fps

※参考値であり保証するものではありません。

パソコン工房から新たに登場したミニタワーケース。

最近流行しているフロントフレームレス構造となっていることで、

支柱にさえぎられることなく中身が見えるようになっています。

同じ構成でブラックPCケースもありますので、好みに合わせて。

こちらは桜色LEDを採用したホワイトケースになっていておしゃれです。

肝心のゲーム性能はRTX 4060 TiとCore i5 14400Fの王道ミドルクラス構成。

フルHD高画質高フレームレートを安定して狙える性能で、コスパももちろん高いです。

(アーク)AG-IR20B76MGL7IS-C28

AG-IR20B76MGL7IS-C28の製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4070 Ti SUPER
メモリ DDR5 32GB
容量 【NVMe・PCIe4.0】2TB
大きさ 185x341x342mm
PCの評価
コスパ 3.8
同価格帯の平均:3.4
(4.0)
ゲーム性能 5.0
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
動画編集性能 5.0
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.3
(3.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.7
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.5
(3.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、195fps
フォートナイト 最高画質、504fps 最高画質、166fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、182fps
タルコフ 最高画質、108fps
オーバーウォッチ2 最高画質、460fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

アークから一風変わったミニタワーケース採用のゲーミングPCです。

Hydrobreakという日本ではまだまだ珍しいメーカーのPCケースで、

大きさ的にはミニタワーケースよりさらに小さいサイズなのですが、ミニタワーと同じようにMicroATXを搭載できます。

なにより見た目がめちゃくちゃ特徴的。

黄色基調というゲーミングPCでは大変珍しい色合いだけでなく、まるでトランクケースのようなフォルムも珍しさ満点。

好き嫌いがわかれるデザインですが、唯一無二のミニタワーケースといえるでしょう。

ゲーム性能もミニタワーケースPCとしてはかなり高性能で、

4K高画質高フレームレートも狙えるRTX 4070 Ti SUPERを搭載。CPUも最新ゲーム性能トップクラスのCore i7 14700KFと高性能。

小さいのに高性能というのも凄く、まさに希少性のオンパレードです。

(マウスコンピューター)G-Tune DG-I5G60(スターター7点セット)

G-Tune DG-I5G60(スターター7点セット)の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR5 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4×4)
大きさ 約189×396×390
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.7
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.2
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX 最高画質、100fps

※参考値であり保証するものではありません。

マウスコンピューターのミニタワーケースを採用したゲーミングPCです。

シンプルですが、それゆえのかっこよさがあるケース。

ゲーミングモニター、マウス、キーボード、ヘッドセット、コントローラーの、

PCゲームに必要なサプライ用品がセットになったゲーミングPCなので、

初めてPCを買うひとであれば、それぞれ個別に準備必要がないので簡単。

ゲーム性能はフルHDであれば十分高画質高フレームレートも狙えるので、

ゲーミングモニター利用を考えている人に最適。FPSやTPSゲームなども快適です。

(アーク)AG-IR10B66MGL6-TS1

AG-IR10B66MGL6-TS1の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR4 16GB
容量 【NVMe・PCIe4.0】1TB
大きさ 220(W) ×411(D)×441(H)mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(2.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps

※参考値であり保証するものではありません。

同じくアークから、さきほどとは打って変わって保守的な?ミニタワーケース採用のゲーミングPCです。

といってもThermaltake S100という自作erにも人気の定番ミニタワーケース採用で、

価格は比較的安価ですが、質感は結構よいのが特長。

性能はCore i5 14400FとRTX 4060の定番ミドルクラス構成で、フルHDゲーミングに最適。

価格コスパも相当に良いです。

(ツクモ)G-GEAR Aim GB5J-H241/BRGB

G-GEAR Aim GB5J-H241/BRGBの製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR4 16GB
容量 1TB SSD※ (M.2規格 / NVMe Gen4接続)
大きさ 210(W)x415(D)x400(H)mm (本体のみ、突起物含まず)
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps

※参考値であり保証するものではありません。

ツクモのミニタワーケースを採用してゲーミングPCです。

G-GEARのAimシリーズのケースでスモークガラスを採用し、中を見せるデザインになっています。

ゲーム性能はフルHDで快適遊べるミドルクラス仕様。

またこのクラスとしては比較的珍しい簡易水冷クーラー搭載のPCでもあります。

(フロンティア)FRGKB760/WS1226/NTK

FRGKB760/WS1226/NTKの製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約215mm x 高さ(H):約347mm x 奥行(D):約401mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 3.3
同価格帯の平均:2.5
(3.5)
動画編集性能 4.3
同価格帯の平均:3.1
(4.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、290fps 最高画質、115fps
フォートナイト 高画質、201fps 高画質、117fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、135fps
タルコフ 最高画質、143fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、281fps 最高画質、109fps

※参考値であり保証するものではありません。

フロンティアからGKシリーズのミニタワーケース採用ゲーミングPCです。

横長のキューブ型をワンサイズ大きくした比較的珍しいタイプで、

かつ昨今では中身を見せるPCケースが多いですが、このケースではむしろ全くみせず、

柄もほぼないというシンプル仕様。だからこそモダンでリビングにおいても違和感ないデザインになっています。

Core i7 14700FとRTX 4060 Tiを搭載したフルHDにて快適に遊べる性能。

かつCPU性能がCPUに対してやや高性能なので、ゲーム配信にも良いです。

(フロンティア)FR30B760/WS30

FR30B760/WS30の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR4 32GB
容量 512GB M.2 NVMe SSD + 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約205mm x 高さ(H):約365mm x 奥行(D):約415mm
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 3.3
同価格帯の平均:2.5
(3.5)
動画編集性能 4.3
同価格帯の平均:3.1
(4.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(3.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、290fps 最高画質、115fps
フォートナイト 高画質、201fps 高画質、117fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、135fps
タルコフ 最高画質、143fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、281fps 最高画質、109fps

※参考値であり保証するものではありません。

同じくフロンティアからオリジナルミニタワーケース採用のゲーミングPCです。

形状も横型で、何も柄がないのは先ほど同じですが、全体がパンチラインになっており、

中身も透けてみえるようになっています。

また赤色というゲーミングPCではかなり珍しい基調を選べるのは魅力ポイント。

ゲーム性能はまったくおなじのCore i7 14700FとRTX 4060 Tiを搭載したフルHDにて快適に遊べる性能です。

(アーク)AG-IR14B66MGL6I-A5N

AG-IR14B66MGL6I-A5Nの製品画像
CPU Core i5 14600KF
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR4 16GB
容量 【NVMe・PCIe4.0】1TB
大きさ 200x451x384mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 3.3
同価格帯の平均:2.5
(3.5)
動画編集性能 4.0
同価格帯の平均:3.1
(4.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、290fps 最高画質、115fps
フォートナイト 高画質、201fps 高画質、117fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、135fps
タルコフ 最高画質、147fps 最低画質、147fps
オーバーウォッチ2 最高画質、281fps 最高画質、109fps

※参考値であり保証するものではありません。

アークのミニタワーケースを採用したゲーミングPCです。

厳密にはミドルタワーのカテゴリですが、Micro ATXまで対応の比較的小型のAntec NX500Mケースを採用しており、

シンプルながらフロントのパンチラインがかっこよさを演出しています。

ゲーム性能はフルHDを高画質高フレームレートを安定して狙える性能で、

かつクリエイティブ性能が非常に高いCPU搭載なので、ゲーム配信や動画編集も快適におこなうことができます。

(セブン)ZEFT R55AB

ZEFT R55ABの製品画像
CPU Ryzen 5 7600
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB Gen4 NVMe SSD
大きさ 210(W) x 427(D) x 474(H)mm
PCの評価
コスパ 4.0
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
ゲーム性能 3.3
同価格帯の平均:2.8
(3.5)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.6
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.3
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.9
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、290fps 最高画質、115fps
フォートナイト 高画質、201fps 高画質、117fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、135fps
タルコフ 最高画質、147fps 最低画質、147fps
オーバーウォッチ2 最高画質、281fps 最高画質、109fps

※参考値であり保証するものではありません。

SEVENのミニタワーケースを採用したゲーミングPCです。

PCケースと人気のメーカーFractal Defineのミニタワーケースを採用しており、

高い静音性をもつ、ゲーミングPCとしては珍しい希少性もあります。

フロント部分はヘアライン仕上げのシンプルな作りですが、

それが逆に洗練された大人な感じの見た目となっています。

性能は最新世代のRyzen 5 7600とRTX 4060 Tiの王道ミドルクラス構成で、

フルHDはもちろんWQHD高画質高フレームレートを狙える性能で、

価格も比較的抑えらえれコスパもかなりの高さです。

ミニタワーゲーミングPCのデメリット

BTOパソコンにおけるミニタワーPCのデメリットについてです。

ミニタワーのゲーミングPCは排熱が不利

PCパーツ、特にグラフィックボード、CPU、マザーボード、メモリは発熱が多いパーツです。

PC内部温度が上がると性能は低下するため、吸気と排熱を上手におこなうことが重要ですが、

やはり空間の広いミドルタワーやフルタワーのほうがミニタワーより有利。

ミニタワーはPCパーツ間も狭くなりやすく、PCファン数も限られるため、

やはり熱がこもりやすくなり、結果的に熱による性能低下リスクは高くなります。

数が少ない

ゲーミングPCにおけるミニタワーの割合グラフ

上記はここ最近のゲーミングPCにおける大きさの分布です。

小型がキューブ型やスリム型PCなど、大型が一般的なミドルタワーサイズ、超大型タワーサイズ、

そして中型がミニタワーゲーミングPCを指しています。

中型はそもそも全体として数が少ないのが一目瞭然。

ミドルタワー・タワー型の大きいゲーミングPCがほとんどを占めています。

 

昨今になってゲーミングPCの大型化が顕著で、色々理由はありますが、

大きな原因はCPUおよびグラフィックボードの発熱量の増加にあります。

以前とは比べ物にならないくらい両者の消費電力は増加しており、

ゲーム性能は非常に高いですが、その分PCケース内の吸気・排熱処理がシビアになっています。

ミニタワーは排熱処理に不利とお話しましたが、ゲーム性能を安定させるには大型なPCケースの方が有利です。

非常に高いゲーム性能は期待できない

ミニタワーゲーミングPCが少ないもう一つの原因に、

グラフィックボードの大型化があります。

縦に長いグラフィックボードが増えたことはもちろんですが、

横幅が増えたために必要なスロット数が増えました。

以前は1つのスロットで良かったものが、最近では3.5(ほぼ4)スロット使うようになり、

ミニタワーPCケースは通常スロットは4つなのでぎりぎり。


↑ RTX 4090のグラフィックボードにおける占有スロットの写真

 

占有スロットが多さはハイクラス以上の高性能なグラフィックボードほど顕著です。

加えて縦も非常に長いため、ミニタワーではスペースが足らないことも。

つまりミニタワーゲーミングPCにハイクラスがグラフィックボードを搭載するのが物理的に難しい、

もしくはスペースが非常に狭くなるため、配線や排熱環境が劣悪になりやすいです。

 

実際先ほどのグラフで準ハイクラスまでの35万円以下と、ハイクラス~ハイエンドな35万以上で大きさの割合を見ると、

35万以上ではミニタワーゲーミングPCはほぼ0です。

ミニタワーゲーミングPCは省スペース性に優れていますが、その分ゲーム性能は妥協しないといけないことに留意しましょう。

ただそれでも旧世代のハイクラスはミニタワーゲーミングPCは搭載しているのも多いので、

WQHDぐらいの解像度であれば十分遊べるPCもあります。

ミニタワーゲーミングPCのメリット

比較的省スペースである

ミニタワーを検討する人の一番の理由?かもしれないのがパソコンの設置場所問題。

あまりスペースが取れない人にとってはミドルタワーやフルタワーは大きすぎます。

キューブ型やスリム型ほどではないですが、ミニタワーはほどよく日本の住宅には特に合う大きさです。

そこそこの拡張性がある

省スペース性を高めすぎるとトレードオフとして拡張性が下がってきます。

あとからグラフィックボードを載せ替えたり、費用が割高になってしまったりするのですが、

フルタワーやミドルタワーでないにせよ、ミニタワーはある程度の拡張性があることも魅力です。

大容量の電源を載せ替えるのが安い・容易だったり、より上のグラフィックボードに換装もしやすいです。

追加機能をつけることも可能で、後々のアップグレードの楽しみがあります。