25万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2021年10月】 | こまたろPC
Youtube【こまたろPC】も更新中!

25万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2021年10月】

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

予算21万以上~25万円以下で購入できるゲーミングPCについてご紹介していきます。

また25万円はどの程度の性能になるのか?についても目安として参考にしてください。

21万~25万円以下でどの程度のゲーミング性能か?

この価格帯になると何を重視するかによって、

ゲーム性能や動画編集、ゲーム配信性能に差が発生します。

CPUもグラボも重視

現在25万円を少し超えるくらいの価格になっており、

フルHDだけでなく、WQHD~4Kゲーミングまでターゲットにしたゲーム性能になります。

またCPUもよりゲーム性能やクリエイティブ性能が高いので、

少しでもFPS値を向上させたい人

ウルトラワイドモニターや4Kモニターで高FPSまたは高画質を狙いたい人が良いでしょう。

 

グラフィックボードはRTX3070tiかRX6800、

CPUはCore i7 11700K(F) or Ryzen 7 5800Xが主流になっています。

主な人気ゲームの解像度と画質、FPS値目安
  • Apex Legends・・・4K、最低画質、167fps
  • フォートナイト・・・フルHD、最高画質、239fps
  • VALORANT・・・フルHD、高画質、400fps以上
  • モンハン・・・4K、最高画質、78fps
  • Valheim・・・4K、中~最高画質、126~202fps
  • Tarkov・・・4K、低~最高画質、81~120fps

グラフィックボードはおおむねRX 6800XT > RTX3070tiの性能傾向がありますが、

RTX3070tiはDLSSが利用でき、対応ゲームも増えているため、

その機能が使えるゲームではRTX3070のほうが性能が高くなります。

RX 6800XTはDLSSの代わりとしてはCASまたはFSRが利用でき、最近は徐々に対応しているゲームが増えてきていますので、

遊びたいゲームが何の機能に対応するのか事前にチェックしておくといいでしょう。

DLSSとは?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。
主なDLSS対応ゲーム一覧(Nvidia公式サイト)
CASとFSRとは?
FidelityFX CASはAMDが手掛けるFidelityFX機能のひとつ。
オープン技術なのでGeForceでも利用可能。
描画処理中の解像度低下(描画ボケ)を補完し鮮明化する技術ですが、
これを応用し、描画レンダリング処理を上手に削減しつつ補完することで、
結果的にゲーム負荷を減らし、より高画質より高FPSに遊べるようになります。
ですが最近はFSR採用が多くなっており、今後は無くなっていくかもしれません。
 
グラフィック処理を低負荷にすることで高FPSを実現するFidelityFX SUPER Resolution(FSR)という技術。
低解像度にして負荷を下げる代わりにのアップスケーリングで解像度の劣化を防ぎ、結果として高FPS値を実現する。
こちらもソフト側の対応が必要です。(なおGeForceも利用できるが、Radeonのほうが高パフォーマンス傾向とも)
主なFSR対応ゲーム一覧(AMD公式サイト)

CPU性能かグラボ性能を少し下げる

24~25万円くらいになると、どちらか一方を一段階下の性能にする必要があります。

グラフィックボードはRTX 3070、CPUはCore i7 11700(F)が主流です。

ただRTX3070tiやCore i7 11700Kとのゲーム性能差は、

大きく違うわけでもなく、体感としてはほぼわからないレベルだと思いますので、

そこまで神経質なる必要はないというのが個人的な見解です。

主な人気ゲームの解像度と画質、FPS値目安
  • Apex Legends・・・4K、最低画質、162fps
  • フォートナイト・・・フルHD、最高画質、229fps
  • VALORANT・・・フルHD、高画質、400fps以上
  • モンハン・・・4K、最高画質、74fps
  • Valheim・・・4K、中~最高画質、122~198fps
  • Tarkov・・・4K、低~最高画質、78~115fps

見た目を重視する

小型のゲーミングPCや、

自作erにも人気のカッコいいPCケースを採用するゲーミングPCも数多く発売されています。

およそ21~25万台で買うことができますが、

やはり他の画一的なBTOとは違うため、性能に対しては割高になる傾向があります。

グラフィックボードはRTX3060、

CPUはCore i7 11700/Ryzen 7 3700X/Ryzen 5 5600Xあたりです。

フルHD~WQHDゲーミングまでは十分な性能を持っていますので、

4Kモニターを利用予定でなく、見た目にこだわりたい人なら問題ありません。

主な人気ゲームの解像度と画質、FPS値目安
  • Apex Legends・・・フルHD、最高画質、182fps
  • フォートナイト・・・フルHD、最高画質、159~207fps
  • VALORANT・・・フルHD、高画質、400fps以上
  • モンハン・・・フルHD、低~高画質、65~125fps
  • Valheim・・・フルHD、低~最高画質、76~137fps
  • Tarkov・・・フルHD、最高画質、120fps
※DLSSやレイトレ不使用

クリエイティブ性能の影響は軽微

動画編集やゲーム配信などは、厳密に言えば若干の差があるものの、

ほとんど体感的に気にならないレベルです。

この価格帯では基本ハイクラスCPUを使っているため、

動画編集やゲーム配信性能の観点からはあまり気にする必要はありません。

CPUクーラーは強力なものを推奨

CPUクーラーも良いものに変更を強くおすすめします。

初期構成で一部標準クーラーのままであることもありますが、

その場合、発熱の多い上位CPUでは熱によって性能低下が起こりやすくなります。

しっかりと性能を発揮するためにも、

性能が高い空冷、もしくは簡易水冷クーラーを選択しましょう。

21万~25万円以下ゲーミングPCおすすめ機種

21万~25万円以下(税込)の範囲で各社のBTOゲーミングPCを選抜してご紹介していきます。

またこまたろ的おすすめ度も示しています。

★の評価
★印はこの同価格帯における比較値です。
現在PCパーツの高騰により25万円を超える場合があります。

1位(ドスパラ)GALLERIA ZA7R-R37


CPU Ryzen 7 5800X (8コア16スレッド)
グラボ RTX3070
メモリ 16GB
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 幅:約220mm x 高さ:約440mm x 奥行:約480mm
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★★
ゲーム フルHD時の画質、FPS目安 4K時の画質、FPS目安
Apex Legends 最高画質、270fps 最低画質、167fps
フォートナイト 最高画質、239fps 高画質、282fps
VALORANT 高画質、400fps以上
モンハン 最高画質、150fps 最高画質、78fps(DLSS利用)
Valheim 中~最高画質、129~172fps 中~最高画質、126~202fps
Tarkov 最高画質、120fps 低~最高画質、81~120fps

ハイクラス性能を備えつつ、性能コスパも高いおすすめのゲーミングPCです。

最新世代ハイクラスRTX3070を搭載しており、

フルHDやWQHDはもちろん、4Kゲーミングも可能なゲーム性能の高さ。

ゲーミングモニター、ウルトラワイドモニターなど幅広い用途で使えます。

Ryzen 7 5800Xはゲーム性能も高く、ゲーム配信や動画編集もOKです。

そして冷却性確保のため、初期構成で簡易水冷クーラーが装備されるのもコスパ良しです。

2位(ツクモ)GA7A-W204/XT3


CPU Ryzen7 5800X (8コア16スレッド)
グラボ RX6800
メモリ 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 幅:約190mm x 高さ:約435mm x 奥行:約475mm
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★(★)
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★
ゲーム フルHD時の画質、FPS目安 4K時の画質、FPS目安
Apex Legends 最高画質、270fps 最低画質、167fps
フォートナイト 最高画質、239fps 高画質、282fps
VALORANT 高画質、400fps以上
モンハン 最高画質、150fps 最高画質、78fps(DLSS利用)
Valheim 中~最高画質、129~172fps 中~最高画質、126~202fps
Tarkov 最高画質、120fps 低~最高画質、81~120fps

ツクモのBTOからは「GA7A-W204/XT3」です。

こちらも相当コスパが高いゲーミングPCです。

BTOパソコンではわりと珍しいAMD最新のRX6800グラボを搭載しております。

ゲームは条件によっても変わりますが、

おおむねRTX3070tiより高パフォーマンスを発揮することが多く、

今回ご紹介するなかでは最強のゲーム性能といえます。

またCPUもゲーム性能が高いRyzen7 5800X搭載もプラス。

 

ただし昨今対応が増えてきたDLSSがRX6800では利用できないため、

DLSS対応ゲームではRTX3070tiやRTX3070のほうが高パフォーマンスになります。

ただCAS対応ゲームも増えてきたため、

遊びたいゲームが何に対応しているかチェックして決めるのが良いでしょう。

3位(パソコン工房)LEVEL-R0X5-R58X-TAX


CPU Ryzen 7 5800X(8コア16スレッド)
グラボ RTX3070
メモリ 16GB
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 幅:約230mm x 高さ:約525mm x 奥行:約582mm
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★
ゲーム フルHD時の画質、FPS目安 4K時の画質、FPS目安
Apex Legends 最高画質、268fps 最低画質、164fps
フォートナイト 最高画質、232fps 高画質、280fps
VALORANT 高画質、400fps以上
モンハン 最高画質、149fps 最高画質、76fps(DLSS利用)
Valheim 中~最高画質、128~171fps 中~最高画質、124~200fps
Tarkov 最高画質、120fps 低~最高画質、80~117fps

パソコン工房のゲーミングPCです。

AMD最新世代Ryzen7 5800Xと最新世代RTX3070グラボ搭載です。

ハイクラスな組み合わせのわりには価格が抑えられており、コスパが高いです。

パソコン工房では珍しいRGBタイプなのも嬉しいポイント。

ただフルタワーという大きいケースなので、設置場所のスペースが必要な点で、

少々人を選ぶ一機と言えます。

4位(フロンティア)FRGH570/A


CPU Core i7 11700KF
グラボ RTX3070
メモリ 16GB
容量 512B NVMeSSD + 1TB HDD
大きさ 幅:約200mm x 高さ:約465mm x 奥行:約470mm
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★
ゲーム フルHD時の画質、FPS目安 4K時の画質、FPS目安
Apex Legends 最高画質、268fps 最低画質、164fps
フォートナイト 最高画質、232fps 高画質、280fps
VALORANT 高画質、400fps以上
モンハン 最高画質、149fps 最高画質、76fps(DLSS利用)
Valheim 中~最高画質、128~171fps 中~最高画質、124~200fps
Tarkov 最高画質、120fps 低~最高画質、80~117fps

こちらもハイクラス性能でコスパが高いゲーミングPCです。

グラボはRTX3070を搭載し、

CPUはゲーミング性能が現最強クラスのCore i7 11700KFですので、

RTX3070の性能を十二分に引き出し、ゲーム性能を高めます。

初期容量も1TBと多く、CPUクーラーも冷却性の高いものが装備されるのもプラスです。

5位(ark)AG-IC8H57IGA6-ASG


CPU Core i7 11700(8コア16スレッド)
グラボ RTX3060
メモリ 32GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 幅:約247mm x 高さ:約215mm x 奥行:約368mm
性能に対するコスパ ★★★
ゲーム性能 ★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★★
ゲーム 解像度、画質、FPS目安
Apex Legends フルHD、最高画質、182fps
フォートナイト フルHD、最高画質、159~207fps
VALORANT フルHD、高画質、400fps以上
モンハン フルHD、低~高画質、65~125fps
Valheim フルHD、低~最高画質、76~137fps
Tarkov フルHD、最高画質、120fps

自作erにも人気なSUGO14のキューブケースを採用したゲーミングPCです。

昨今では高性能な小型ゲーミングPCはめずらしく

そもそも提供していないBTOメーカーが多いです。

小型は基本割高になるため、性能的には他社に劣りますが、

それでもフルHD~WQHDゲーミングぐらいまでのミドルエンド性能をもっていますので、

4Kモニターなど利用予定がなければ十分な性能です。

メモリも3200Hzメモリを32GB搭載となっています。

6位(SEVEN)ZEFT RX31WF


CPU Ryzen 5 5600X(6コア12スレッド)
グラボ RTX3070
メモリ 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 210(幅)×428(奥行き)×460(高さ)mm
性能に対するコスパ ★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★★★
ゲーム フルHD時の画質、FPS目安 4K時の画質、FPS目安
Apex Legends 最高画質、262fps 最低画質、158fps
フォートナイト 最高画質、226fps 高画質、260fps
VALORANT 高画質、400fps以上
モンハン 最高画質、142fps 最高画質、70fps(DLSS利用)
Valheim 中~最高画質、122~162fps 中~最高画質、117~194fps
Tarkov 最高画質、120fps 低~最高画質、72~112fps

BTOメーカーセブン(SEVEN)が提供するゲーミングPCです。

人気のケースであるNZXT H510を採用したゲーミングPCで、

BTOのなかでは見た目が非常に良いです。(個人主観ありありだがw)

RTX3070ゲーミングPCとRyzen 5 5600Xとの組み合わせとしては、

若干高めではありますが、高価なケースおよび高クロックメモリ、

GOLD認証電源など全体のパーツが質が高くまとまっています。

7位(サイコム)G-Master Spear Z590


CPU Core i7 11700K (8コア12スレッド)
グラボ RTX3060
メモリ 16GB
容量 512GB NVMeSSD
大きさ 幅:約215mm x 高さ:約500mm x 奥行:約480mm
性能に対するコスパ ★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★
ゲーム 解像度、画質、FPS目安
Apex Legends フルHD、最高画質、182fps
フォートナイト フルHD、最高画質、159~207fps
VALORANT フルHD、高画質、400fps以上
モンハン フルHD、低~高画質、65~125fps
Valheim フルHD、低~最高画質、76~137fps
Tarkov フルHD、最高画質、120fps

サイコムからは最新Core i7 11700Kを搭載したゲーミングPCです。

ゲーム性能で再びAMDと互角以上の性能になった第11世代のハイクラスCPU。

搭載グラボがRTX3060とやや他社より性能が劣るものの、

フルHDでは不自由のないゲーム生活ができるでしょう。

その他の価格帯ゲーミングPCについて

別の金額で探している方は下記をご参照ください。

20万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2021年10月】 10万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2021年10月】 15万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2021年10月】

またデスクトップPC全体のおすすめ、Ryzen前提、小型ゲーミングPCなど、

別の観点でおすすめのゲーミングPCを確認したい方は下記を参照ください。

blankゲーミングPCのおすすめランキング!【2021年10月版】