初心者向け!ゲーム配信用PCのおすすめは?スペックや選び方など | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

初心者向け!ゲーム配信用PCのおすすめは?スペックや選び方など

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

最近やYoutubeやツイキャス、discordなどでゲーム配信をしたい!という人が増えてきました。

PS4など家庭用ゲーム機でもできますが、

やはり配信の品質や快適性はPCが優秀であることがおおいです。

そこで今回はゲーム配信用PCのおすすめBTOパソコンや、

重要なスペックのポイントやPCの選び方をまとめました!

★印について
その価格帯における相対評価になります。
絶対的なゲーミング性能は単純に価格が上がるほど高い傾向にあります。

ゲーム配信の始め方は?

ゲーム配信を始めるにはどうすればよいか?まとめてみました。

配信方法は2つ

PCにて配信する場合、1つのPCでゲームと配信処理を同時におこなうか、

ゲームと配信PCを2つ使って負荷分散させておこなう方法あります。

※横スクロールできます

1台のPCで配信 2台PC体制で配信 補足
メリット ・初期費用を安く抑えることができる
・ハード・ソフト設定が比較的簡単
・PCの負荷を分散できるので安定感が増す
・ゲームと配信が同時にエラー落ちしないのでリスク分散になる
デメリット ・PCが止まるとゲームも配信も停止してしまう
・1台への負荷が大きい。特に録画配信は高負荷
・PCおよびモニターが2台+ビデオキャプチャーボードがいるので予算がかかる
・配信環境を整えるのに少しだけ手間がかかる
・2台のケーブルをつなぐ前にポート形状に問題がないか確認しておく必要がある
PC1台でもゲーム画面と配信画面の2台モニター体制が良い
配信に用意する機材 ・ゲーミングPC1台
・PCモニター最低1台(推奨2台)
・マイクもしくはヘッドセット
・PS5やSwitchなど家庭用ゲームを配信するなら
ビデオキャプチャーカード
・ゲーム側1台、配信側1台の計2台
・PCモニター2台(それぞれ1台ずつ)
・マイクもしくはヘッドセット
・PS5やSwitchなど家庭用ゲームを配信するならゲーム側に
ビデオキャプチャーカード
・音響にこだわるなら別途キャスティングミキサーなど
・録画配信であればデータを保管できるよう大容量の記憶媒体
(録画時は高速なNVMe SSD、保管はHDDなど)
こんな人におすすめ ・初めてゲーム配信を始める人
・低予算でまずは配信環境を整えたい人
・エラー落ちへのリスク分散をしたい人
・本格的に配信環境を整えたい人

まだ設備が整っていないうちは、1つのPCで全て行うのがおすすめです。

理由はいくつかあります。

初心者は配信を1台のPCでおすすめする理由
  • 昨今のPCは性能が高く1台でも処理が間に合う
  • ビデオキャプチャカードなど不要でコストが抑えられる(ただし家庭用ゲーム機の配信の場合は必要)
  • 設定が簡単で、わりとすぐに始められる

ゲームするにも、配信するにもPCに負荷がかかりますが、

最近のは1台のPCで十分にこなせるようになってきました。

私もCPUやグラボのテストのためにYoutubeで配信をしたりしていますが一台でやっています。

2台にわけると1台の映像を取得するためにキャプチャボードが必要ですし、

そもそも2台分で高くついてしまいます。

複雑な設定も不要になるのですぐに配信を始めることが可能。

上記は私も使っている無料の配信ソフトOBSの画面。

どの画面を配信するか、どの品質で配信するか、音量などを簡単に設定でき、

Youtubeで配布されるストリームキーを入力すれば、設定完了できます。

2台だと少し複雑になるので、初心者こそ1台のPCでゲーム配信するのが良いでしょう。

最終的には2台体制がベスト

初めのうちは1台体制で問題ありませんが、

1台の最大の難点はPCが止まると配信も止まってしまうこと。

急に配信視聴者さんとコミニケションが取れなくなるので混乱の原因に。

またゲームの立ち上げ、再配信設定と復旧にも時間を要します。

その点2台体制であれば、どちらか一方の復旧だけで済みますし、

基本配信側のPCはエラー落ちすることは少ないです。

リスク分散の観点からある程度配信の目途が経ったなら、2台体制を目指すのが良いでしょう。

家庭用ゲーム機の配信はビデオキャプチャーが必須

PCゲームの配信であれば1台体制ならビデオキャプチャーカードは不要ですが、

PS5やSwitch、Xboxなどの家庭用ゲーム機の配信をPCからするなら、ビデオキャプチャーカードが必要になります。

この場合ゲーム側が家庭用ゲーム機、配信側がゲーミングPCということで、

2台体制と同じ意味合いになり、リスク分散もされるようになります。

専用のマイクは用意するのがおすすめ

ゲーム配信では「音」が非常に重要だと思います。

こまたろ自身も配信したとき、使うマイクによって声が全然変わって聞こえるようで、

「聞き取りやすい」「ノイズが入っている」など配信クオリティに直結します。

予算を抑えたいうちはマイクが付属しているゲーミングヘッドセットで良いですが、

高価なゲーミングヘッドセットでない限り、マイクの品質はあまりよくありません。

上記にあるような専用のマイク(コンデンサマイク)などのほうが圧倒的に収音は良いです。

Amazonにある結構安価なマイクでも全然違うので、予算は増えますが別途用意するのがおすすめ。

こだわるようになれば、さらい高品質なコンデンサマイクなど揃えると良いでしょう。

PCモニターは2台あったほうがよい

2台体制の場合は問答無用で2台のモニターが必要ですが、1台体制の場合はやろうと思えば1つのモニターでも配信は可能です。

しかしやはり1台モニターは配信がしにくいです。

ゲーム画面はフルサイズにできませんし、配信側のサムネチェックや配信視聴者のコメントも見ずらいです。

ゲーム画面と配信関連の画面をそれぞれに分けるために2台あったほうが良いです。

ゲーム側は求める解像度やフレームレートでゲーミングモニターが良いですが、

配信側は普通の安価なPCモニターでもかまいません。もしくは最近ある小型の拡張モニターとかでもOK。

録画配信するなら記憶媒体にこだわる

ゲーム配信にはゲーミングPC本体の体制のほかに、

「配信だけするか」「録画と配信を同時にするか」の2種類に分けることができます。

当然ですが録画しながら配信するほうがPCに負荷がかかるため、

ゲーミングPCのスペックはより高性能にするのが配信安定性に寄与するため重要。

そしてもう一つは記憶媒体の書き込み速度と容量に注意が必要です。

記憶媒体とはSSDやHDDのような表記がある部分で、

ゲーム録画配信はとにかくデータの書き込み速度がおおく、また録画ファイルのデータ量も大きくなりやすいです。

なにせ配信中のゲーム画面もずっと録画しているわけですからね。

書く込みが遅いとファイル破損や録画画面のフレームアウトにつながったり、

容量が小さいとそもそもデータ容量不足であんまり保管できません。長尺配信も厳しいです。

おすすめの細かいスペックについては後述します。

ゲーム配信に必要なスペックとは?

何を重視してゲーム配信PCを選べば良いのか?についてお話していきます。

グラボとCPUが最も大切

ゲームのFPSや配信クオリティなどグラフィック性能に最も影響を与えるのが、

「グラフィックボード(以下グラボ)」です。

ゲーム配信含め、PCにてゲームをする場合はまずこのグラフィックボードが決め手になります。

そして同時にゲーム配信で重要になるのが「CPU」です。

CPUはPCで言えば頭脳ともいえる部分ですが、

性能が低すぎるとグラボの性能を最大限発揮できないボトルネックが発生します。

CPUのボトルネック
ゲームなどグラフィック性能は、グラフィックボードが高性能であればよいわけではなく、同時にCPUもある程度の性能が必要です。
CPUの性能が低すぎると、ボトルネックとなりグラフィックボードの性能を100%引き出せなくなります。

さらにゲーム配信でエラー落ちやコマ飛びせずに安定して配信したり、

問題なく配信録画をおこなうにはこのマルチタスク性能が重要です。

グラボとCPUのバランスを

グラボとCPUは一方に性能が偏っていると快適なゲーム配信はできません。

グラボ性能が低ければ、ゲームの画質や解像度、FPSの数値に影響します。

CPU性能が低いと、グラボと配信ソフトからの命令処理が追い付かず、

配信が止まったり、エラー落ちする現象がおこってしまいます。

そのため両者の性能バランスが保たれている構成が重要なります。

どのくらいの性能だと快適?

快適にゲーム配信するなら最低でもミドルスペック級のPC以上がおすすめです。

※横スクロールできます

価格帯(本体のみ) ゲーム配信目安 CPU目安 GPU目安
低・エントリースペック
9~11万程度
・エラー落ち、配信停止など、
あまり快適にできない可能性が高い
・重量級ゲームは遊べない可能性も
Corei3 13100(F)、Ryzen4 4100/5 4500 RyzenGシリーズ、
GTX 1650/RX 6500 XT
ゲーム配信入門
13~15万程度
・フルHDで配信を始めるなら
・高画質での配信はきびしめ
Core i5 13400(F)
Ryzen 5 5500/5600/5600X
GTX 1660(SUPER)、GTX1660ti、RTX 3050、
RX 6600
フルHD(1080p)安定配信
15~17万程度
フルHD60fpsを中~高画質で録画配信 Core i5 13400(F)/14400(F)、Core i7 13700(F)
Ryzen 5 7600(X)
RTX 3060/RTX 4060/RX 6600 XT/RX 6650 XT
フルHD(1080p)高画質安定、録画配信
20~25万程度
・フルHD60fpsを高・最高画質で録画配信
・ゲームによっては2K(1440p)で配信も
Core i5 14600K(F)、Core i7 14700(F)、
Ryzen 7 7700(X)/Ryzen 7 7800X3D
RTX 3060 Ti、RTX 4060 Ti、RX 7600
2K(1440p)安定録画配信
25~30万程度
・ハイクラスなゲーム配信PC
・2K(1440p)で中~高画質で録画配信
Core i7 14700(K)(F)、Core i9 14900F
Ryzen 7 7700(X)、Ryzen 9 7900(X)
RTX 4070(SUPER) / RX 7700 XT
4K(2160p)録画ゲーム配信
30万以上
・4K配信の入門機
・4K(2160p)で低~高画質で録画配信
Core i7 14700K(F)、Core i9 14900K(F)
Ryzen 9 7900(X)、Ryzen 9 7950X
RTX 4070 Ti(SUPER) / RX 7800 XT
配信最強PC
50万以上
・一般向けでは最強クラスのゲーム配信PC
・4K(2160p)で高~最高画質で安定録画配信
Core i7 14700K(F)、Core i9 14900K(F)、
Ryzen 9 7900X3D/7950X3D
RTX 4090/4080(SUPER)
RX 7900 XT/XTX

上記は現行モデルでゲーム配信におすすめなCPUとグラボの組み合わせと価格の目安です。

最低でもゲーム配信入門クラスのスペックは必要。

ゲーム配信でも大きく「配信のみ」「配信・録画」の2つがあり、

録画も含めるならグラフィックボードよりやや高めのゲーム性能をもつCPUのほうが安定しやすいです。

例えば通常Core i5 13400FとRTX 4060は王道のミドルクラス構成ですが、

録画配信ならCPUは一つ上のCore i7 13700Fのほうがより安心です。

 

メインメモリは32GB推奨

その他のPCパーツ構成で気にしたいのがメインメモリ容量です。

現行では4G、8G、16G、32GBといった感じで増えてきますが、

ゲーム配信をするなら最低16GB、できれば32GBが推奨です。

動画配信はメモリ消費が大きく、またWin11の場合はさらにメモリ消費が大きいので、

32GB搭載していたほうがより配信が安定します。

昨今では主流のDDR4メモリ価格も下落していますので、

比較的32GB構成にしやすくなっています。

また動画エンコード時間は新規格のDDR5のほうが早い傾向があるので、

対応CPUを利用する場合はDDR5から選ぶのも良いでしょう。

メインストレージはNVMe SSD、サブはSSDかHDD

録画配信の場合、記憶媒体の対応する書き込み速度と容量が重要です。

おすすめはメインストレージは高速で読み書きできる(Gen4) NVMe SSDです。

読み書きが早いので、後程録画したファイルの動画編集をする際のサムネ表示の速さなどにもつながり、

作業がしやすくなります。

昨今のゲーミングPCはほぼほぼメインストレージは(Gen4) NVMe SSDに置き換わっています。

 

ただ値下がりしてきたとはいえ(Gen4) NVMe SSDは旧式のSSDやHDDと比べると割高で、

ゲーミングPCに初期装備されている容量だけでは録画配信には不足していることが多いです。

そこでサブストレージを別途用意するのが良いです。

こちらも高速な読み書きができると快適性は高いですが、録画中に書き込むストレージではないため、

遅くても問題なく、むしろ予算に応じてなるべく大容量を選ぶのがポイント。

SSDなら最低2TB、HDDなら4TBくらいあれば、かなりの動画ファイルを保管できます。

そんなに必要なのか?と思うかもですが、そもそもゲーム自体が最近平気で100GBとかあるタイトルも増えましたし、

私はYoutubeで配信していたら、動画ファイルで4TB使い切ってしまいました。

動画ファイルって何かあったときのためになるべく保存しておきたいので、どうしても容量が喰ってしまいます。

基本はデスクトップ型がおすすめ

ゲーミングPCといってもデスクトップ型とノート型にわかれています。

昨今のノート型にも高性能なゲーミングPCがあるので普通にできるとおもいますが、

基本的にはデスクトップ型のほうがおすすめ。

デスクトップ型をおすすめする理由
  • 排熱による性能低下が起こり難く、FPS落ちなど回避しやすい
  • グラフィックボードを換装しやすく、ゲーム性能の寿命が長い
  • 性能に対するコスパが高い

ゲームおよび配信をすると高負荷なのでPCの熱が高くなります。

ノート型は排熱処理がどうしても劣るため、すると基本的にPCはわざと性能をおとして熱を下げます。

性能がおちればFPS値にも影響するので、特にFPS/TPS系など配信予定な人にはデメリットです。

 

また基本ノート型はゲーム性能を決めるグラフィックボードの交換は難しいです。

その点デスクトップ型は拡張性が高く、

将来のグラフィックボードを換装し、ゲーム性能をパワーアップさせることも可能。

つまりゲーミングPCとしての寿命が長くなります。

 

そしてなによりノート型は性能に対して価格が高くコスパが悪いです。
(ただしデスクトップ型でもコスパ悪いのある。基本はPCショップなどが提供するBTOがコスパ良くおすすめ)

カフェやお外でゲーム配信するという人は中々いないと思いますので、

自宅で置くスペースがあるならデスクトップ型が良いでしょう。

 

以上の点をふまえながら、1台でゲーム配信できるおすすめのデスクトップゲーミングPCを紹介します。

予算と配信クオリティの観点からご紹介していきます!

コスパの観点でもゲーミングPCをご紹介しています。
コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング

価格15~17万:安いゲーム配信PC

こういう人にぴったり
  • 予算は抑えたいが、ちゃんと配信できる性能が欲しい
  • 録画配信はあまりしない
  • フルHD配信をしたい

「ゲーム配信をはじめるならここから」というスペックのBTOパソコンです。

価格をおさえつつ、なるべく快適にゲーム配信できるようなゲーミングPCを選んでいます。

動画編集もある程度こなすことができます。

(パソコン工房)LEVEL-R776-144F-RBX

LEVEL-R776-144F-RBX[Windows11Home]の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 3060
メモリ DDR5 16GB
容量 1TB NVMeSSD [PCIe 4.0×4]
大きさ 約幅220mm×奥行493mm×高さ465mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ 4.5
同価格帯の平均:4.2
(4.5)
ゲーム性能 2.3
同価格帯の平均:2.7
(2.5)
動画編集性能 3.3
同価格帯の平均:3.2
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、182fps 最高画質、134fps
フォートナイト 高画質、161fps 高画質、131fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、194fps 高画質、150fps
タルコフ 最高画質、91fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、175fps 最高画質、118fps
パルワールド 最高画質、104fpsMAX 最高画質、87fps

※参考値であり保証するものではありません。

パソコンショップのパソコン工房が販売しているゲーミングPCです。

Core i5 14400FとRTX 3060の定番ミドルクラス構成となっており、

フルHDにて高画質や高フレームレートも狙える性能はもっており、Core i5 14400Fもマルチタスク性能は高いので、

フルHD1080p 60フレームレートのゲーム配信であれば十分役割を果たしてくれる構成です。

価格は十分に抑えれており、コスパもトップクラスに良いので可能ならメモリを32GBにアップグレードしたほうが、

よりゲーム配信を安定して狙えるでしょう。

(マウスコンピューター)G-Tune DG-I5G60(スターター7点セット)

G-Tune DG-I5G60(スターター7点セット)の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR5 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4×4)
大きさ 約189×396×390
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.7
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.2
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX 最高画質、100fps

※参考値であり保証するものではありません。

最新のCore i5 14400FとRTX 4060を組み合わせた王道のミドルクラス構成です。

DLSS3という技術を利用することも可能で、より沢山のゲームでフルHD高画質や高フレームレートを担保しやすくなっています。

フルHD相当の1080p 60フレームレート配信であれば十分可能で、

ゲームによってはWQHDの1440pも可能です。

また読み書きが速いGen4 NVMe SSD搭載なので、録画ゲーム配信にもベスト。

加えてゲームに必要なPCサプライ品がセットになったモデルで、あとはマイク、

PS5やSwitchなどから配信する場合はキャプチャーボードを用意すれば、すぐにでも配信がスタートできます。

予算20~25万程度:フルHD(1080p)高画質配信

こういう人にぴったり
  • フルHD(1080p)にて高画質配信をしたい
  • 録画配信は前提としたい
  • 配信・動画編集を沢山やる予定

高クオリティで配信したいなら、このスペック帯がおすすめです。

CPU性能を高めた組み合わせが多く、動画配信だけでなく、動画編集性能も高いので、

より沢山の配信・編集作業を考えている人におすすめのスペック帯です。

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R46T 14400F搭載

GALLERIA RM5C-R46T 14400F搭載の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 3.3
同価格帯の平均:2.5
(3.5)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、290fps 最高画質、115fps
フォートナイト 高画質、201fps 高画質、117fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、135fps
タルコフ 最高画質、143fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、281fps 最高画質、109fps

※参考値であり保証するものではありません。

最新世代のRTX 4060 Tiのグラフィックボードを搭載したゲーミングPCで、

フルHDであれば高画質高フレームレートは当たり前のゲーム性能を持っているため、

どのようなゲームでもフルHD 1080p高画質でフレームレートを安定させて配信をすることが可能。

DLSS3対応ゲームなどであればWQHD 1440p相当でも高画質配信が狙えることもあります。

CPUも最新のCore i5 14400Fのためこのクラスの配信には十分。

読み書きが速いGen4 NVMe SSD搭載は録画配信としては良いですが、

せっかくであれば別途データ保管用のHDDを増設するのがおすすめ。

(フロンティア)FRGKB760/WS1226/NTK

FRGKB760/WS1226/NTKの製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約215mm x 高さ(H):約347mm x 奥行(D):約401mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 3.3
同価格帯の平均:2.5
(3.5)
動画編集性能 4.3
同価格帯の平均:3.1
(4.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、290fps 最高画質、115fps
フォートナイト 高画質、201fps 高画質、117fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、135fps
タルコフ 最高画質、143fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、281fps 最高画質、109fps

※参考値であり保証するものではありません。

同じくRTX 4060 Tiを搭載したゲーミングPCですが、こちらはよりCPUをパワーアップさせた最新のCore i7 14700Fを搭載しています。

CPUのマルチタスク性能は協力なので、ゲーム配信ではもちろん安定するだけでなく、

後々の配信動画の編集作業でも強い力を発揮できます。

メモリも32GB、1TBの記憶容量も初期から用意されており、よりゲーム配信に向いた構成。

もちろん価格も抑えれておりコスパもトップクラスです。

 

予算25万~30万程度:2K(1440p)ゲーム配信

こういう人にぴったり
  • 2K録画配信をおこないたい
  • ゲーム画質も綺麗に遊びたい

ハイクラス入門ともいえるようなゲーム性能をもつPCです。

ゲーム配信では1440pを狙える性能を持っていますので、

綺麗な解像度でゲーム配信したい方におすすめ。

動画編集なども高速です。

(アーク)AG-IR20B76AGL7-A2C

AG-IR20B76AGL7-A2Cの製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4070
メモリ DDR5 32GB
容量 【NVMe・PCIe4.0】2TB
大きさ 220x490x469mm
PCの評価
コスパ 4.5
同価格帯の平均:3.6
(4.5)
ゲーム性能 3.8
同価格帯の平均:3.6
(4.0)
動画編集性能 4.5
同価格帯の平均:4.2
(4.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(3.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、293fps 最高画質、135fps
フォートナイト 高画質、208fps 高画質、123fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、145fps
タルコフ 最高画質、167fps 最低画質、177fps
オーバーウォッチ2 最高画質、307fps 最高画質、123fps

※参考値であり保証するものではありません。

ハイクラスなRTX 4070グラフィックボードを搭載したゲーミングPC。

WQHDメインにて高画質高フレームレートを安定して狙えるゲーム性能を持っているため、

1440p 60フレームレートであれば高画質にてゲーム配信がしやすいです。

CPUもゲーム性能トップクラスの最新世代Core i7 14700KFが搭載しており、マルチタスク性能も最強レベル。

マルチ性能が重要となるゲーム配信にて安定して配信を行うことができます。

コスパもトップクラスの良さ。配信が安定しやすい32GBメモリ搭載もプラス。2TBの初期容量で配信録画ファイルの保管にも最適です。

(フロンティア)FRGLB760/WS229

FRGLB760/WS229の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070 SUPER
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約200mm x 高さ(H):約465mm x 奥行(D):約470mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.6
(5.0)
ゲーム性能 4.3
同価格帯の平均:3.9
(4.5)
動画編集性能 4.8
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.0
(3.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、157fps
フォートナイト 高画質、220fps 高画質、141fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、209fps 高画質、171fps
タルコフ 最高画質、143fps 最高画質、67fps
オーバーウォッチ2 最高画質、327fps 最高画質、135fps
パルワールド 最高画質、114fps

※参考値であり保証するものではありません。

新たに最新世代に加わったRTX 4070 SUPERグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

RTX 4070より高い性能でかつRTX 4070 Tiよりなので、WQHD高画質高フレームレートがさらに安定して狙えるのはもちろん、

4Kゲーミングも遊べる確度がアップしています。

そのためほぼすべてのゲームで1440p 60フレームレートにて高画質配信をすることが可能。

CPUもCore i7 14700KFとさほどゲーム性能が変わらないCore i7 14700Fで、

ゲーム配信の安定性もバッチリ。

メモリも32GBあり、配信の安定性アップ。

予算30万以上:4K(2160p)低画質ゲーム配信

こういう人にぴったり
  • 4K録画配信をおこないたい

4Kの低~中画質をターゲットにした配信を行えるゲーム配信PCです。

ゲーミングPCでは準最強クラスのポジション。

(ドスパラ)GALLERIA ZA7C-R47T 14700KF搭載

GALLERIA ZA7C-R47T 14700KF搭載の製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4070 Ti
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB SSD (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.3
同価格帯の平均:3.5
(4.5)
ゲーム性能 4.8
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
動画編集性能 5.0
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.2
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.7
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.3
(3.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、165fps
フォートナイト 高画質、243fps 高画質、151fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、211fps 高画質、175fps
タルコフ 最高画質、217fps 最高画質、78fps
オーバーウォッチ2 最高画質、351fps 最高画質、167fps

※参考値であり保証するものではありません。

4K(2160p)配信で対応できる最適なRTX 4070 Tiグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

CPUも最新世代ゲーム性能トップクラスのCore i7 14700KFなのでRTX 4070 Tiの性能をしっかりと引き出しつつ、

簡易水冷クーラー搭載で、最大限熱による不安定にも対処。

60フレームレートであればほぼすべてのゲームで低~高画質配信は可能です。

メモリも32GB、読み書きが速いGen4 NVMe SSDでゲーム配信PC向き。

(セブン)ZEFT Z45AN

ZEFT Z45ANの製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4070 Ti SUPER
メモリ DDR5 64GB
容量 2TB Gen4 NVMe SSD + 2TB NVMe SSD
大きさ 306(W)×651(H)×650(D)mm
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:3.2
(5.0)
ゲーム性能 5.0
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
動画編集性能 5.0
同価格帯の平均:5.1
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:3.3
(5.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.7
(4.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、195fps
フォートナイト 最高画質、504fps 最高画質、166fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、182fps
タルコフ 最高画質、108fps
オーバーウォッチ2 最高画質、460fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

Core i7 14700KFとRTX 4070 Ti SUPERのグラフィックボードを搭載したゲーミングPCですが、

RTX 4070 Ti SUPERはRTX 4070 Tiよりさらにパワーアップしており、

かつその他のスペックが高級高スペック仕様になっており、

さらに安定した4K(2160p)ゲーム録画配信をおこなうことが可能になっています。

メモリは64GBで配信の安定性に寄与。

記憶容量は読み書きが速いGen4 2TBとサブも高速な2TBの計4TBと、沢山のゲームや配信録画ファイルを保管するのに便利。

もちろん発熱対策として簡易水冷クーラーを搭載し、長時間のゲーム配信でも安定しやすいようになっています。

価格設定はその分高くなっていますが、その他のケース、マザーボード、電源も高価なので、

コスパとしてはむしろ最強レベルの良さです。

予算50万以上:4K(2160p)最強ゲーム配信

こういう人にぴったり
  • 4Kでも高画質配信にこだわりたい
  • 最強のゲーミングPCがほしい

ゲーミングPCとしても配信PCとしても現在の最強レベルの性能をもったPCです。

4K高画質配信はあたりまえ、高フレームレート容易で、まず不自由を感じることはありません。

(アーク)AC-IR20Z79AGL8S-FT

AC-IR20Z79AGL8S-FTの製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4080 SUPER
メモリ DDR5 64GB
容量 【NVMe・PCIe4.0】2TB + 【NVMe・PCIe4.0】2TB
大きさ 242(W)x530(H)x544(D) mm
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:3.1
(5.0)
ゲーム性能 5.4
同価格帯の平均:5.2
(5.0)
動画編集性能 5.3
同価格帯の平均:5.3
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:3.0
(5.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.1
(5.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.9
(4.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、210fps
フォートナイト 最高画質、504fps 最高画質、172fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、187fps
タルコフ 最高画質、118fps
オーバーウォッチ2 最高画質、487fps

※参考値であり保証するものではありません。

最新世代の準最強であるRTX 4080 SUPERのグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

RTX 3090 Tiをも超える性能とDLSS3対応により、4K高画質高フレームレートを狙うことも容易。

そのためほぼすべてのゲームで4K(2160p)高画質配信が可能です。

CPUもゲーム配信性能トップクラスのCore i7 14700KFを搭載しており、

さらに64GBのメモリ搭載で、ゲーム配信を安定しておこなうことができます。

質の良い簡易水冷クーラーで長時間配信でも安定してパフォーマンスを発揮しやすく、

高速なGen4 SSDを4TB搭載しているので、録画した配信動画の保存も便利。

PCケースも高価で、価格は高いですがスペックから見るコスパは最強です。

(セブン)ZEFT Z45CN

ZEFT Z45CNの製品画像
CPU Core i9 14900KF
グラフィックボード RTX 4090
メモリ DDR5 128GB
容量 2TB Gen4 NVMe SSD + 2TB NVMe SSD
大きさ 268(幅)×639(高さ)×659(奥行)mm
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:3.5
(5.0)
ゲーム性能 5.6
同価格帯の平均:5.4
(5.0)
動画編集性能 5.5
同価格帯の平均:5.5
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、218fps
フォートナイト 最高画質、521fps 最高画質、183fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、196fps
タルコフ 最高画質、126fps
オーバーウォッチ2 最高画質、511fps

※参考値であり保証するものではありません。

RTX 4090のグラフィックボードとCore i9 14900KF組み合わせた現最強コンビ。

ゲーム配信というか、ゲーミングPCとしては現最強の組み合わせで、

4Kならまず高画質配信は容易に行うことが可能。

将来配信側やPCモニターが8K基準も対応してくれば、そこにもついていけるくらいの性能を持っています。

メモリも128GBと正直現状使い切るのが難しいくらいのスペックですが、将来にわたっても長く現役で活躍できる構成です。

価格も相当に高いですが、全体のスペックからみればコスパも最強。

ゲーム配信に妥協したくないのであれば、一考の価値ありです。