Youtube【こまたろPC】も更新中!

初心者向け!ゲーム配信用PCのおすすめは?スペックや選び方など

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

最近やYoutubeやツイキャス、discordなどでゲーム配信をしたい!という人が増えてきました。

PS4など家庭用ゲーム機でもできますが、

やはり配信の品質や快適性はPCが優秀であることがおおいです。

そこで今回はゲーム配信用PCのおすすめBTOパソコンや、

重要なスペックのポイントやPCの選び方をまとめました!

★印について
その価格帯における相対評価になります。
絶対的なゲーミング性能は単純に価格が上がるほど高い傾向にあります。

ゲーム配信に必要なスペックとは?

まずは何を重視してPCを選べば良いのか?についてお話していきます。

グラボとCPUが最も大切

ゲームのFPSや配信クオリティなどグラフィック性能に最も影響を与えるのが、

「グラフィックボード(以下グラボ)」です。

ゲーム配信含め、PCにてゲームをする場合はまずこのグラフィックボードが決め手になります。

そして同時にゲーム配信で重要になるのが「CPU」です。

CPUはPCで言えば頭脳ともいえる部分ですが、

性能が低すぎるとグラボの性能を最大限発揮できないボトルネックが発生します。

CPUのボトルネック
ゲームなどグラフィック性能は、グラフィックボードが高性能であればよいわけではなく、同時にCPUもある程度の性能が必要です。
CPUの性能が低すぎると、ボトルネックとなりグラフィックボードの性能を100%引き出せなくなります。

さらにゲーム配信の場合CPUのマルチタスク性能が重要です。

CPUには大きく、特にクロック数などに起因するシングル性能と、

特にコア・スレッド数に起因するマルチタスク性能があります。

何をするか?どんなソフトを使うかによって、どちらが重要か決まりますが、

ゲーム配信は基本的にマルチタスク性能が重要です。

グラボとCPUのバランスを

グラボとCPUは一方に性能が偏っていると快適がゲーム配信はできません。

グラボ性能が低ければ、ゲームの画質や解像度、FPSの数値に影響します。

CPU性能が低いと、グラボと配信ソフトからの命令処理が追い付かず、

配信が止まったり、エラー落ちする現象がおこってしまいます。

そのため両者の性能バランスが保たれている構成が重要なります。

どのくらいの性能だと快適?

快適にゲーム配信するなら最低でもミドルスペック級のPC以上がおすすめです。

上記は現行のCPUとグラボの組み合わせと価格の目安です。

表の13~17万くらいのスペックがゲーム配信PCの下限と言えるでしょう。

ゲーム配信でも大きく「配信のみ」「配信・録画」の2つがあり、

配信のみであればマルチ性能が控えめな、Corei5 9400/9600K、Ryzen5 3500あたりでもできます。

実際に私が同じスペックで配信した動画もありますので、参考にしてください。
(Ryzen5 3500&GTX1660 Super、OBS、ビットレート4500、ディビジョン2フルHD高画質)

しかしながら録画をしながら配信したり、

さらに高レート、高画質や高FPSなど配信クオリティにこだわるなら、

より上のスペックが安定しています。

 

なお現在はAMDのRyzenのほうが動画配信に向いています。

単純なゲーミング性能は若干まだIntelに分がありますが、

マルチタスク性能の高さはRyzenが圧倒的です。

メインメモリは16GB

その他のPCパーツ構成で気にしたいのがメインメモリ容量です。

現行では4G、8G、16G、32GBが主流ですが、

おすすめは16GBです。

Win10を動かすだけなら8GBでも十分ですが、

動画配信はメモリ消費があるので16GBはほしいです。

逆に32GBは中々使いきれないので、過剰投資かなと思います。

配信クオリティ、予算別でおすすめするゲーム配信PC

ここからはゲーム配信するためのおすすめBTOパソコンを、

予算と配信クオリティの観点からご紹介していきます!

なおゲーム配信性能より、単純なゲーミング性能が高いパソコンが良いという方は、

下記記事にて紹介していますので、参考にしてみてください。

2020年9月初心者向けゲーミングPCのおすすめは?ランキングも 2020年9月!おすすめなBTOパソコンメーカーとは?PCの特徴など

価格9~12万:低予算ゲーム配信

こういう人にぴったり
  • 予算は抑えたいが、ちゃんと配信できる性能が欲しい
  • 中~高画質フルHD60fps配信をしたい

「ゲーム配信をはじめるならここから」というスペックのBTOパソコンです。

価格をおさえつつ、なるべく快適にゲーム配信できるようなモデルを選んでいます。

動画編集もある程度こなすことができます。

(ドスパラ) Lightning AT5


CPU Ryzen5 3500
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB
容量 256GB NVMeSSD + 1TBHDD
大きさ 185(幅)×395(奥行き)×370(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量 ★★★★
ポイント!
  • GTX1660S使用としてはかなり安い!!
  • この価格帯では一歩抜き出たゲーミング性能
  • 初期構成も高性能

価格に対して性能コスパが高いのが「GALLERIA AT5」です。

Ryzen新世代となるRyzen5 3500(6コア6スレッド)を搭載したモデルで、

価格とゲーミング性能のコスパが良く、セットで搭載されているGTX1660 SUPERも、

フルHD下では高パフォーマンスを発揮できます。

 

ゲーム配信に関しては、録画同時の場合だとパワー不足になるかもしれませんが、

動画配信だけするのであれば、重量級ゲームでも高品質で配信できます。

(フロンティア) FRGAB450/D2/NTK


CPU Ryzen5 3600
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB(アップグレード)
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 200(幅)×485(奥行き)×423(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • クリエイティブ性能が高いRyzen5 3600搭載
  • メモリを16GBにして動画編集・配信入門機として

前述したドスパラよりCPU性能をパワーアップさせたモデルが、「FRGAB450/D2/NTK」です。

CPUはRyzen5 3600(6コア12スレッド)となっており、

動画編集や配信(録画あり)といったマルチタスクにもある程度対応できるようになります。

グラボもGTX1660 SUPER利用でバランス良く、ゲーミング性能も十分。

メモリを16GBとCPUアップグレードでも十分価格が安いこともメリットです。

予算16~20万程度:フルHD高画質配信

こういう人にぴったり
  • フルHD60fpsにて高画質配信をしたい
  • 高画質144fps以上のゲーム配信がしたい
  • 配信・動画編集を沢山やる予定

高クオリティで配信したいなら、このスペック帯がおすすめです。

動画配信だけでなく、動画編集性能も高いので、

より沢山の配信・編集作業を考えている人におすすめのスペック帯です。

(ツクモ) GA7A-F194/T


 

CPU Ryzen7 3700X
グラボ RTX2070 SUPER
メモリ 16GB
容量 240GB SSD + 1TB
大きさ 183(幅)×390(奥行き)×300(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★★
スペックに対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • この価格帯では一段上のグラボ搭載
  • ゲーム性能もクリエイティブ性能も高い

ツクモのG-GEARシリーズから「GA7A-F194/T」モデルです。

本価格帯では一段上のグラボ「RTX2070 SUPER」が搭載された超コスパモデルで、

フルHDはもちろん、WQHDの高解像度画質にも対応できるゲーム性能があります。

CPUもゲーム配信・動画編集につよいRyzen7 3700Xなので、

十分にグラボ性能を引き出しつつ、高品質なゲーム配信が可能です。

ゲーム配信PCとしてはかなりの上位クラスとなります。

 

(ドスパラ)GALLERIA XA7R-R60S


CPU Ryzen7 3700X
グラボ RTX2060 SUPER
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • 3700XとRTX2060SUPERでゲームも動画編集もすごい
  • 新ケース設計で、熱対策向上。長時間ゲームもOK

ドスパラが提供する「GALLERIA XA7R-R60S」です。

新ケースが採用され、見た目がカッコよくなりました!

見た目だけでなく、エアフロー向上による熱対策にも優れており、

長時間ゲーム配信を考えている人にもうってつけ。

Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)と RTX2060 SUPERの組み合わせとしては、

価格が最も安く、さらにメモリ16GBと、

ゲーム、動画編集、ゲーム配信と何をやるにも不自由しない初期構成です。

(サイコム)G-Master Axilus B450A


CPU Ryzen7 3700X
グラボ RTX2060
メモリ 16GB(アップグレード)
容量 480GB SSD
大きさ 225(幅)×432(奥行き)×470(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★★★
性能に対するコスパ ★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • 見た目が他社よりカッコいい(偏見)
  • 自作erには人気のB450 Steel Legend利用
  • カスタマイズ性高く、こだわりがある人に

BTOメーカーサイコムの「G-Master Axilus B45A」です。

サイコムは正直なところ価格に対する性能コスパは高くありません。

代わりに他社にはない見た目のかっこよさを備えています。

本モデルもBTOでは他社で取り扱いが無い「SilverStone SST-SEA1S」を利用し、

自作erには大人気の「ASRock B450 Steel Legend」を利用。

さらにGold認証の電源利用と、体感では感じにくい部分の作りが高価です。

長時間ゲームをする人は、こういった見えないパーツ品質も重要なので、

価格は少し高いですが、おすすめしています。

もちろんゲーム配信PCとして十分な性能を有しています。

 

予算21万以上:最強クラスのゲーム配信PC

こういう人にぴったり
  • とにかく高性能なゲーム配信PCがほしい
  • フルHD高画質144~240fpsで配信したい
  • WQHDや4Kゲーム配信も考えている

現行の一般向けPCでは最強クラスのゲーム配信PCです。

より上のHEDT向けと呼ばれるPCもありますが、金額もとんでもない価格になり、

キリがないので、現実的な路線で最強クラスを紹介していきます。

(フロンティア)FRGHX570/C


CPU Ryzen9 3950X
グラボ RTX2080 SUPER(アップグレード)
メモリ 16GB
容量 1TB NVMeSSD + 2TB HDD
大きさ 幅:約212mm x 高さ:約456mm x 奥行:約459mm
おすすめ度 ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★★
ポイント!
  • 高耐久なX570マザボ、GOLD認証電源利用
  • 動画編集・ゲーム配信も超快適
  • 大容量なのでデータも沢山OK

フロンティア「FRGHX570/C」です。

最新世代のRyzen9 3900Xはマルチコア性能においては、

同クラスIntelを凌駕しており、シングル性能も負けていません。

当然動画編集や配信に強く、快適レベルで動かすことができます。

グラボも最高峰のRTX2080 SUPERにアップグレードし4Kゲーミングも可能。

ゲーミングモニターを利用しても高画質で遊ぶことが容易です。

記憶容量も十分で、耐久性の高いPCパーツ利用という、

見えない中身にも配慮されている一機です。

可能ならオプションでCPUクーラーをパワーアップさせましょう。

ゲーム配信PCのなかでも、クリエイティブ性能よりのモデルとなります。

(ドスパラ)GALLERIA ZA9C-R80T


CPU Core i9-10900K
グラボ RTX2080ti
メモリ 16GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • ゲーミング性能よりな最高峰ゲーム配信マシン
  • ゲーム性能は現最強
  • スペックに対して価格は安め

このクラス最強のゲーム配信PCがドスパラ「GALLERIA ZA9C-R80T」です。

Intel、AMDの両方で最強のゲーム性能であるCore i9 10900K(10コア20スレッド)搭載で、

さらに搭載グラボも最強のRTX2080tiなので、ゲーム性能は間違いなくトップ。

編集性能ももちろん十分なので、最強のゲーム環境でゲーム配信が可能です。

ゲーム配信PCのなかでもよりゲーム性能よりのモデルです。

(SEVEN)ZEFT R395R6


CPU Ryzen9 3950X
グラボ RTX2080 SUPER
メモリ 32GB
容量 500GB NVMe SSD + 4TB HDD
大きさ 230(幅)×494(奥行き)×516(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★★★
ポイント!
  • 本クラスでは2番目の配信性能
  • 水冷クーラーで熱対策高め
  • 4TB HDDで沢山のゲームや録画ファイル保存

最後はSEVENが提供するZEFT R395R6です。

Ryzen7 3950X(16コア32スレッド)とRTX2080 SUPERを搭載したモデルで、

価格を少し落としつつ、4Kゲーミング配信を狙える構成です。

もちろんフルHD配信なら不自由することはありません。

さらに熱による性能低下を防ぐための水冷クーラー搭載や、

合計4.5TBの記憶容量は、ゲーム配信をする人にはうってつけです。

(サイコム)Premium Line Z490FD-mini


CPU Corei7 10700K
グラボ RTX2080 SUPER(アップグレード)
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 166(幅)×325(奥行き)×310(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
価格の安さ(このスペック帯で)
性能に対するコスパ ★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • 他には無いスタイリッシュな見た目
  • 超コンパクトで省スペース
  • Z490マザボ、高クロックメモリ採用で高品質、熱対策良

こちらは今までと異色のゲーム配信PCです。

大人気の小型PCケース「Era ITX」を採用した新モデルです。

正直単純な性能に対するコスパとしては悪いです。

それでも紹介したのは、ケースが大変珍しいものを利用しており、

見た目も重視したい!という方に超おすすめです。

 

もちろん見た目だけでなく、搭載スペックも高ゲーム性能で、

Core i7 10700Kの性能をしっかり引き出せるよう、マザボ・メモリにも配慮されています。

超コンパクトなパワフル配信PCは珍しいので、予算がゆるせば。

パーツの選択肢も多いので、ミドルクラスくらいまで価格を落とすことも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA