初心者向け!ゲーム配信用PCのおすすめは?スペックや選び方など | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

初心者向け!ゲーム配信用PCのおすすめは?スペックや選び方など

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

最近やYoutubeやツイキャス、discordなどでゲーム配信をしたい!という人が増えてきました。

PS4など家庭用ゲーム機でもできますが、

やはり配信の品質や快適性はPCが優秀であることがおおいです。

そこで今回はゲーム配信用PCのおすすめBTOパソコンや、

重要なスペックのポイントやPCの選び方をまとめました!

★印について
その価格帯における相対評価になります。
絶対的なゲーミング性能は単純に価格が上がるほど高い傾向にあります。

ゲーム配信に必要なスペックとは?

まずは何を重視してPCを選べば良いのか?についてお話していきます。

配信方法は2つ

PCにて配信する場合、1つのPCでゲームと配信処理を同時におこなうか、

ゲームと配信PCを2つ使って負荷分散させておこなう方法あります。

まだ設備が整っていないうちは、1つのPCで全て行うのがおすすめです。

理由はいくつかあります。

初心者は配信を1台のPCでおすすめする理由
  • 昨今のPCは性能が高く1台でも処理が間に合う
  • ビデオキャプチャカードなど不要でコストが抑えられる
  • 設定が簡単で、わりとすぐに始められる

ゲームするにも、配信するにもPCに負荷がかかりますが、

最近のは1台のPCで十分にこなせるようになってきました。

私もCPUやグラボのテストのためにYoutubeで配信をしたりしていますが一台でやっています。

2台にわけると1台の映像を取得するためにキャプチャボードが必要ですし、

そもそも2台分で高くついてしまいます。

複雑な設定も不要になるのですぐに配信を始めることが可能。

上記は私も使っている無料の配信ソフトOBSの画面。

どの画面を配信するか、どの品質で配信するか、音量などを簡単に設定でき、

Youtubeで配布されるストリームキーを入力すれば、設定完了できます。

2台だと少し複雑になるので、初心者こそ1台のPCでゲーム配信するのが良いでしょう。

ある程度ゲーム配信の目途が経ってから、2台目を検討しても遅くはありません。

グラボとCPUが最も大切

ゲームのFPSや配信クオリティなどグラフィック性能に最も影響を与えるのが、

「グラフィックボード(以下グラボ)」です。

ゲーム配信含め、PCにてゲームをする場合はまずこのグラフィックボードが決め手になります。

そして同時にゲーム配信で重要になるのが「CPU」です。

CPUはPCで言えば頭脳ともいえる部分ですが、

性能が低すぎるとグラボの性能を最大限発揮できないボトルネックが発生します。

CPUのボトルネック
ゲームなどグラフィック性能は、グラフィックボードが高性能であればよいわけではなく、同時にCPUもある程度の性能が必要です。
CPUの性能が低すぎると、ボトルネックとなりグラフィックボードの性能を100%引き出せなくなります。

さらにゲーム配信でエラー落ちやコマ飛びせずに安定して配信したり、

問題なく配信録画をおこなうにはこのマルチタスク性能が重要です。

グラボとCPUのバランスを

グラボとCPUは一方に性能が偏っていると快適なゲーム配信はできません。

グラボ性能が低ければ、ゲームの画質や解像度、FPSの数値に影響します。

CPU性能が低いと、グラボと配信ソフトからの命令処理が追い付かず、

配信が止まったり、エラー落ちする現象がおこってしまいます。

そのため両者の性能バランスが保たれている構成が重要なります。

どのくらいの性能だと快適?

快適にゲーム配信するなら最低でもミドルスペック級のPC以上がおすすめです。

※横スクロールできます

価格帯(本体のみ) ゲーム配信目安 CPU目安 GPU目安
低・エントリースペック
9~11万程度
・エラー落ち、配信停止など、
あまり快適にできない可能性が高い
・重量級ゲームは遊べない可能性も
Corei3 12100(F)、Ryzen3 3100/5 3500 RyzenGシリーズ、
GTX1650(SUPER)
ゲーム配信入門
13~15万程度
・最低限このスペック帯がおすすめ
・録画しながら配信は厳しめ
Corei5 11400F
Ryzen5 3600
GTX1660(SUPER)、GTX1660ti
フルHD(1080p)安定配信
15~17万程度
フルHD60fpsを低~高画質で配信 Corei7 11700、Corei5 12400F、
Ryzen5 5600X
RTX2060/RTX3050/RX6600
フルHD(1080p)高画質安定、録画配信
20~25万程度
フルHD60fpsを高・最高画質で録画配信 Corei7 11700K(F)、Corei5 12600K、
Ryzen7 5800X/Ryzen9 5900X
RTX3060/3060ti、RX6600XT
2K(1440p)安定録画配信
25~30万程度
ハイクラスなゲーム配信PC
2K(1440p)で低~高画質で録画配信
Corei7 12700K(F)、Corei9 12900K(F) RTX3070、RX6700XT
4K(2160p)録画ゲーム配信
30万以上
一般向けでは最強クラスのゲーム配信PC
4K(2160p)で低~高画質で録画配信
Corei9 12900K(F)、Corei7 12700K(F) RTX3090/3080ti/3080
RX6900XT/6800XT/6800

上記は現行モデルでゲーム配信におすすめなCPUとグラボの組み合わせと価格の目安です。

最低でもゲーム配信入門クラスのスペックは必要。

ゲーム配信でも大きく「配信のみ」「配信・録画」の2つがあり、

配信のみであれば、Corei5 11400(F)、Ryzen5 3600あたりの、

ミドルエントリークラスでもおこなうことができます

実際に私が同じスペックで配信した動画もありますので、参考にしてください。
(Ryzen5 3500&GTX1660 Super、OBS、ビットレート4500、ディビジョン2フルHD高画質)

しかしながら録画をしながら配信したり、

さらに高レート、高画質や高FPSなど配信クオリティにこだわるなら、

より上のスペックが安定しています。

 

メインメモリは16GB

その他のPCパーツ構成で気にしたいのがメインメモリ容量です。

現行では4G、8G、16G、32GBといった感じで増えてきますが、

ゲーム配信をするなら16GBは必須です。

Win10を動かすだけなら8GBでも十分ですが、

動画配信はメモリ消費があるので16GBはほしいです。

昨今では主流のDDR4メモリ価格も下落していますので、

余裕がある人は32GBにしてもよいでしょう。

基本はデスクトップ型がおすすめ

ゲーミングPCといってもデスクトップ型とノート型にわかれています。

昨今のノート型にも高性能なゲーミングPCがあるので普通にできるとおもいますが、

基本的にはデスクトップ型のほうがおすすめ。

デスクトップ型をおすすめする理由
  • 排熱による性能低下が起こり難く、FPS落ちなど回避しやすい
  • グラフィックボードを換装しやすく、ゲーム性能の寿命が長い
  • 性能に対するコスパが高い

ゲームおよび配信をすると高負荷なのでPCの熱が高くなります。

ノート型は排熱処理がどうしても劣るため、すると基本的にPCはわざと性能をおとして熱を下げます。

性能がおちればFPS値にも影響するので、特にFPS/TPS系など配信予定な人にはデメリットです。

 

また基本ノート型はゲーム性能を決めるグラフィックボードの交換は難しいです。

その点デスクトップ型は拡張性が高く、

将来のグラフィックボードを換装し、ゲーム性能をパワーアップさせることも可能。

つまりゲーミングPCとしての寿命が長くなります。

 

そしてなによりノート型は性能に対して価格が高くコスパが悪いです。
(ただしデスクトップ型でもコスパ悪いのある。基本はPCショップなどが提供するBTOがコスパ良くおすすめ)

カフェやお外でゲーム配信するという人は中々いないと思いますので、

自宅で置くスペースがあるならデスクトップ型が良いでしょう。

配信クオリティ、予算別でおすすめするゲーム配信PC

以上の点をふまえながら、1台でゲーム配信できるおすすめのデスクトップゲーミングPCを紹介します。

予算と配信クオリティの観点からご紹介していきます!

なおゲーム配信性能より、単純なゲーミング性能が高いパソコンが良いという方は、

下記記事にて紹介していますので、参考にしてみてください。

【2022年6月】コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング

価格13~17万:安いゲーム配信PC

こういう人にぴったり
  • 予算は抑えたいが、ちゃんと配信できる性能が欲しい
  • 録画配信はあまりしない
  • フルHD配信をしたい

「ゲーム配信をはじめるならここから」というスペックのBTOパソコンです。

価格をおさえつつ、なるべく快適にゲーム配信できるようなゲーミングPCを選んでいます。

動画編集もある程度こなすことができます。

(ドスパラ) GALLERIA RM5C-R35


CPU Core i5 12400(6コア12スレッド)
グラボ RTX3050
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • ゲーム配信性能が高いCPU搭載
  • 低価格ながら高フレームレートが狙える
  • 省電力で長時間運用にも最適
ゲーム フルHD時の画質、FPS目安
Apex Legends 最低画質、208fps
フォートナイト 低画質、232fps
VALORANT 高画質、295fps
モンハンライズ 高画質、125fps
タルコフ 低画質、146fps
BF2042 最高画質、63fps

価格に対して性能コスパが高いのが「GALLERIA RM5C-R35」です。

最新世代Core i5 12400(6コア12スレッド)を搭載したゲーミングPCで、

ゲーム性能はもちろん、クリエイティブ性能もかなり向上しており、

ゲーム配信を安定しておこなうことが可能。

RTX3050グラボは最新世代ではエントリークラスであるものの、

DLSSやレイトレを利用することができますので、

対応ゲームであれば前世代のミドルクラス以上のパフォーマンスを発揮します。

 

(パソコン工房)LEVEL-M066-124-RBX


CPU Core i5 12400(6コア12スレッド)
グラボ RTX3060
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 190(幅)×410(奥行き)×356(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
価格の安さ ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • この価格帯でワンランク上のグラボ搭載
  •     

  • 旧世代ながら高いゲーム配信性能CPU
ゲーム フルHD時の画質、FPS目安
Apex Legends 最高画質、175fps
フォートナイト 低画質、260fps
VALORANT 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、153fps
タルコフ 低画質、149fps
BF2042 最高画質、75fps

RTX3060を搭載したゲーミングPCで、

フルHD~WQHDまでなら快適なゲームをおこなうことができます。

価格的にも安くコスパも高め。

CPUは旧世代なことが安さの要因ですが、

Core i5 12400はマルチタスク性能も大幅に向上しており、

ゲーム配信の高負荷作業も安定して配信をおこなうことができます。

予算20~25万程度:フルHD(1080p)高画質配信

こういう人にぴったり
  • フルHD(1080p)にて高画質配信をしたい
  • 録画配信は前提としたい
  • 配信・動画編集を沢山やる予定

高クオリティで配信したいなら、このスペック帯がおすすめです。

動画配信だけでなく、動画編集性能も高いので、

より沢山の配信・編集作業を考えている人におすすめのスペック帯です。

(サイコム)G-Master Spear Z690-Mini/D4


CPU Core i5 12600K
グラボ RTX3060
メモリ 16GB(アップグレード)
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 210(幅)×408(奥行き)×418(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • 安定してゲーム録画配信ができるCPU搭載
  • フルHDで快適なゲーム性能
ゲーム フルHD時の画質、FPS目安
Apex Legends 最高画質、183fps
フォートナイト 低画質、276fps
VALORANT 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、165fps
タルコフ 低画質、159fps
BF2042 最高画質、83fps

BTOメーカーサイコムの「G-Master Spear Z690-Mini/D4」です。

最新世代にてとても強いゲーミング性能をもつCore i5 12600Kを標準搭載で、

マルチタスク性能も高く、ゲーム配信と録画を安定しておこなうことができるCPUです。

グラフィックボードは同じくミドルエンドクラスのRTX3060と構成されています。

Core i5 12600Kは価格のわりにゲーム性能が非常に高く、

よりハイクラスなグラボとの組み合わせでも十分活かせるほど。

将来のアップグレード余地も十分あります。

 

またこのゲーミングPCの特長は全体的に高品質にまとめられたパーツ構成であること。

CPUクーラーは冷却性能で定評のあるNoctua製、

マザーボードはOEM版でなくASUS PRIME Z690M-PLUS D4、

CPUケースはCoolerMaster Silencio S400 TGなど、自作erが好むパーツ群を使っています。

その代わり同CPUとグラボ構成としては高めになっていますので、

中身も外見もしっかりとこだわりたい人におすすめです。

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R36T


CPU Core i5-12400(6コア12スレッド)
グラボ RTX3060ti
メモリ 16GB DDR4
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • 安定したゲーム配信できるCPU
  • フルHD~WQHDまで遊べるゲーム性能

CPUよりグラフィックボードに少し性能を割り振った構成です。

フルHDだけでなくWQHDゲーミングも可能になってきますので、

1080p~1440p配信をおこないたい人に最適。

CPUも安定して配信できるCore i5 12400を搭載しています。

 

予算25万~30万程度:2K(1440p)ゲーム配信

こういう人にぴったり
  • 2K録画配信をおこないたい
  • ゲーム画質も綺麗に遊びたい

ハイクラス入門ともいえるようなゲーム性能をもつPCです。

ゲーム配信では1440pを狙える性能を持っていますので、

綺麗な解像度でゲーム配信したい方におすすめ。

動画編集なども高速です。

(ツクモ)G-GEAR GA7J-H214/ZB


CPU Core i7 12700KF(12コア20スレッド)
グラボ RTX3070ti
メモリ 16GB DDR4
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 幅:約190mm x 高さ:約435mm x 奥行:約475mm
おすすめ度 ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • ゲーム配信最強クラスのCPU搭載
  • WQHD~4Kゲーミング可能なゲーム性能
ゲーム フルHD時の画質、FPS目安 4K時の画質、FPS目安
Apex Legends 最高画質、293fps 最低画質、181fps
フォートナイト 低画質、402fps 低画質、219fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、135fps
タルコフ 低画質、227fps 低画質、150fps
BF2042 最高画質、165fps 最高画質、105fps

最新世代のCore i7 12700Kが搭載されたゲーミングPCです。

現段階では最強のゲーム性能で、

ゲーム配信も高負荷でさえ安定しておこなうことが可能

現状ゲーム配信用のCPUでは最強クラスです。

グラフィックボードを最大限活かしてくれ、

FPSゲームを超快適に遊ぶことができます。

 

グラフィックボードはRTX3070tiというハイクラスグラボで、

WQHD(1440p)~4K(2160p)ゲーミングも可能な性能です。

(ドスパラ)GALLERIA ZA7C-R37


CPU Core i7-12700K (12コア20スレッド)
グラボ RTX3070
メモリ 16GB DDR4
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 幅:約220mm x 高さ:約440mm x 奥行:約480mm
おすすめ度 ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • ゲーム配信最強クラスのCPU搭載
  • 長時間運用で安定な熱対策
ゲーム フルHD時の画質、FPS目安 4K時の画質、FPS目安
Apex Legends 最高画質、290fps 最低画質、177fps
フォートナイト 低画質、397fps 低画質、212fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、202fps 高画質、131fps
タルコフ 低画質、223fps 低画質、147fps
BF2042 最高画質、165fps 最高画質、100fps

同じくCore i7 12700Kを搭載しており、

ゲーム配信性能では遜色ありませんが、グラボが一つ下のRTX3070を搭載しています。

ほとんどゲーム性能差はありませんが、価格コスパ的には少し下。

ですが代わりにCPUの発熱対策として簡易水冷クーラーが搭載されており、

熱対策がバッチリ

 

排熱がうまくいかないとCPU性能が低下し、安定したゲーム配信に影響を与えますが、

このPCは長時間運用でも安定してゲーム配信をしやすい構成となっています。

予算30万程度:4K(2160p)ゲーム配信

こういう人にぴったり
  • 4K録画配信をおこないたい
  • ゲーム配信PCの最高峰がほしい

現行の一般向けPCでは最強クラスのゲーム配信PCです。

配信は4K(2160p)にも対応でき、ゲーム性能も最高クラス。

とにかく最強のゲーム配信PCを探している人におすすめです。

(ドスパラ)GALLERIA ZA7C-R38


CPU Core i7 12700K(12コア20スレッド)
グラボ RTX3080
メモリ 16GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • 4Kゲーム配信入門構成
  • 長時間配信にも対応できる熱対策
  • メモリもDDR5で動画編集、配信能力向上
ゲーム フルHD時の画質、FPS目安 4K時の画質、FPS目安
Apex Legends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、155fps
フォートナイト 高画質、219fps 高画質、137fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、205fps 高画質、169fps
タルコフ 最高画質、205fps 最高画質、64fps
BF2042 最高画質、127fps 最高画質、105fps

Intel最新世代の最高クラスCore i7 12700Kと、

最新RTX3080を搭載したゲーミングPCです。

4Kゲーム配信を始めるスタンダードな構成で、

簡易水冷クーラーによる熱対策もあり、長時間配信も安定、

また本機はIntel最新世代の特性を活かせるようDDR5メモリも搭載おり、

ゲーム配信や動画編集性能をさらに向上させるなど、

ゲーム配信PCとしての安心・安定度をサポートしています。

(ドスパラ) GALLERIA UA9C-R39T


CPU Core i9 12900K(16コア24スレッド)
グラボ RTX3090Ti
メモリ 32GB DDR5
容量Gen4

1TB Gen4 NVMeSSD +2TB HDD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★★★
ポイント!
  • CPUもグラボも最強
  • 現状の最も最高性能な配信PC
  • メモリもDDR5で動画編集、配信能力向上
ゲーム フルHD時の画質、FPS目安 4K時の画質、FPS目安
Apex Legends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、159fps
フォートナイト 高画質、221fps 高画質、143fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、209fps 高画質、174fps
タルコフ 最高画質、212fps 最高画質、69fps
BF2042 最高画質、132fps 最高画質、115fps

ゲーム配信どうこうと言うより、

現在のパソコンの全パーツ構成で最強となる組み合わせのゲーミングPCです。

ゲーム性能的にも配信性能的にもこれ以上の構成は無く、

4Kゲーム配信環境としては申し分ありません。

また本機はIntel最新世代の特性を活かせるようDDR5メモリも搭載おり、

ゲーム配信や動画編集性能をさらに向上させています。

簡易水冷クーラー標準装備、Gen4 NVMe SSDなどそのほかのパーツも高品質。

長時間配信、大容量の動画ファイルの読み書きなどにも向いています。

代わりに価格もかなり最強になっていますので・・・金に糸目は付けないかたなら!