初心者向け!ゲーム配信用PCのおすすめは?スペックや選び方など | こまたろPC
Youtube【こまたろPC】も更新中!

初心者向け!ゲーム配信用PCのおすすめは?スペックや選び方など

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

最近やYoutubeやツイキャス、discordなどでゲーム配信をしたい!という人が増えてきました。

PS4など家庭用ゲーム機でもできますが、

やはり配信の品質や快適性はPCが優秀であることがおおいです。

そこで今回はゲーム配信用PCのおすすめBTOパソコンや、

重要なスペックのポイントやPCの選び方をまとめました!

★印について
その価格帯における相対評価になります。
絶対的なゲーミング性能は単純に価格が上がるほど高い傾向にあります。

ゲーム配信に必要なスペックとは?

まずは何を重視してPCを選べば良いのか?についてお話していきます。

配信方法は2つ

PCにて配信する場合、1つのPCでゲームと配信処理を同時におこなうか、

ゲームと配信PCを2つ使って負荷分散させておこなう方法あります。

まだ設備が整っていないうちは、1つのPCで全て行うのがおすすめです。

理由はいくつかあります。

初心者は配信を1台のPCでおすすめする理由
  • 昨今のPCは性能が高く1台でも処理が間に合う
  • ビデオキャプチャカードなど不要でコストが抑えられる
  • 設定が簡単で、わりとすぐに始められる

ゲームするにも、配信するにもPCに負荷がかかりますが、

最近のは1台のPCで十分にこなせるようになってきました。

私もCPUやグラボのテストのためにYoutubeで配信をしたりしていますが一台でやっています。

2台にわけると1台の映像を取得するためにキャプチャボードが必要ですし、

そもそも2台分で高くついてしまいます。

複雑な設定も不要になるのですぐに配信を始めることが可能。

上記は私も使っている無料の配信ソフトOBSの画面。

どの画面を配信するか、どの品質で配信するか、音量などを簡単に設定でき、

Youtubeで配布されるストリームキーを入力すれば、設定完了できます。

2台だと少し複雑になるので、初心者こそ1台のPCでゲーム配信するのが良いでしょう。

グラボとCPUが最も大切

ゲームのFPSや配信クオリティなどグラフィック性能に最も影響を与えるのが、

「グラフィックボード(以下グラボ)」です。

ゲーム配信含め、PCにてゲームをする場合はまずこのグラフィックボードが決め手になります。

そして同時にゲーム配信で重要になるのが「CPU」です。

CPUはPCで言えば頭脳ともいえる部分ですが、

性能が低すぎるとグラボの性能を最大限発揮できないボトルネックが発生します。

CPUのボトルネック
ゲームなどグラフィック性能は、グラフィックボードが高性能であればよいわけではなく、同時にCPUもある程度の性能が必要です。
CPUの性能が低すぎると、ボトルネックとなりグラフィックボードの性能を100%引き出せなくなります。

さらにゲーム配信の場合CPUのマルチタスク性能が重要です。

CPUには大きく、特にクロック数などに起因するシングル性能と、

特にコア・スレッド数に起因するマルチタスク性能があります。

何をするか?どんなソフトを使うかによって、どちらが重要か決まりますが、

ゲーム配信は基本的にマルチタスク性能が重要です。

グラボとCPUのバランスを

グラボとCPUは一方に性能が偏っていると快適がゲーム配信はできません。

グラボ性能が低ければ、ゲームの画質や解像度、FPSの数値に影響します。

CPU性能が低いと、グラボと配信ソフトからの命令処理が追い付かず、

配信が止まったり、エラー落ちする現象がおこってしまいます。

そのため両者の性能バランスが保たれている構成が重要なります。

どのくらいの性能だと快適?

快適にゲーム配信するなら最低でもミドルスペック級のPC以上がおすすめです。

※横スクロールできます

価格帯(本体のみ) ゲーム配信目安 CPU目安(マルチ性能観点) GPU目安
低・エントリースペック
6~8万程度
・エラー落ち、配信停止など、
あまり快適にできない可能性が高い
・重量級ゲームは遊べない可能性も
Corei3 10105F、Ryzen3 3100/5 3500 RyzenGシリーズ、
GTX1650(SUPER)
ミドルスペック入門
9~12万
・最低限このスペック帯がおすすめ
・録画しながら配信は厳しめ
Corei5 10400F
Ryzen5 3600
GTX1660(SUPER)、GTX1660ti
ミドルスペック
12~14万程度
・フルHD60fpsを低~高画質配信 Corei7 11700、Corei5 11400F、
Ryzen5 5600X
RTX2060/RTX3060
ハイクラスエントリー
16~20万前後
・フルHD60fpsを高・最高画質配信
・フルHD144fps高FPS配信を低~高画質配信
Corei7 11700K(F)、
Ryzen5 5600X/7 3700X/7 3800X
RTX3060ti、RX6600XT
ハイクラス
21~25万前後
・フルHD144fps高FPS配信を高画質配信
・WQHDの解像度配信
Corei7 11700K(F)、
Ryzen7 5800X
RTX3070、RX6700XT
一般向けハイエンド
25万以上
・一般向けでは最強クラスのゲーム配信PC
・4Kの解像度配信
Corei9 11900K(F)
Ryzen9 5950X/5900X
RTX3090/3080ti/3080
RX6900XT/6800XT/6800

上記は現行のCPUとグラボの組み合わせと価格の目安です。

表のミドルスペック入門がゲーム配信PCの下限と言えるでしょう。

快適におこなうならミドルスペック以上の性能がおすすめです。

ゲーム配信でも大きく「配信のみ」「配信・録画」の2つがあり、

配信のみであればマルチ性能が控えめな、Corei5 10400(F)、Ryzen5 3500あたりでもできます。

実際に私が同じスペックで配信した動画もありますので、参考にしてください。
(Ryzen5 3500&GTX1660 Super、OBS、ビットレート4500、ディビジョン2フルHD高画質)

しかしながら録画をしながら配信したり、

さらに高レート、高画質や高FPSなど配信クオリティにこだわるなら、

より上のスペックが安定しています。

 

現在はIntel/AMDともにマルチコアスレッド数が多くなり、

どちらを選択してもそこまで体感差は変わりません。

メインメモリは16GB

その他のPCパーツ構成で気にしたいのがメインメモリ容量です。

現行では4G、8G、16G、32GBが主流ですが、

おすすめは16GBです。

Win10を動かすだけなら8GBでも十分ですが、

動画配信はメモリ消費があるので16GBはほしいです。

昨今では主流のDDR4メモリ価格も下落していますので、

余裕がある人は32GBにしてもよいでしょう。

基本はデスクトップ型がおすすめ

ゲーミングPCといってもデスクトップ型とノート型にわかれています。

昨今のノート型にも高性能なゲーミングPCがあるので普通にできるとおもいますが、

基本的にはデスクトップ型のほうがおすすめ。

デスクトップ型をおすすめする理由
  • 排熱による性能低下が起こり難く、FPS落ちなど回避しやすい
  • グラフィックボードを換装しやすく、ゲーム性能の寿命が長い
  • 性能に対するコスパが高い

ゲームおよび配信をすると高負荷なのでPCの熱が高くなります。

ノート型は排熱処理がどうしても劣るため、すると基本的にPCはわざと性能をおとして熱を下げます。

性能がおちればFPS値にも影響するので、特にFPS/TPS系など配信予定な人にはデメリットです。

 

また基本ノート型はゲーム性能を決めるグラフィックボードの交換は難しいです。

その点デスクトップ型は拡張性が高く、

将来のグラフィックボードを換装し、ゲーム性能をパワーアップさせることも可能。

つまりゲーミングPCとしての寿命が長くなります。

 

そしてなによりノート型は性能に対して価格が高くコスパが悪いです。
(ただしデスクトップ型でもコスパ悪いのある。基本はPCショップなどが提供するBTOがコスパ良くおすすめ)

カフェやお外でゲーム配信するという人は中々いないと思いますので、

自宅で置くスペースがあるならデスクトップ型が良いでしょう。

配信クオリティ、予算別でおすすめするゲーム配信PC

以上の点をふまえながら、1台でゲーム配信できるおすすめのデスクトップゲーミングPCを紹介します。

予算と配信クオリティの観点からご紹介していきます!

なおゲーム配信性能より、単純なゲーミング性能が高いパソコンが良いという方は、

下記記事にて紹介していますので、参考にしてみてください。

blankゲーミングPCのおすすめランキング!【2021年10月版】blankおすすめなBTOパソコンメーカーとは?【2021年10月版】

価格10~14万:低予算ゲーム配信

こういう人にぴったり
  • 予算は抑えたいが、ちゃんと配信できる性能が欲しい
  • 中~高画質フルHD60fps配信をしたい

「ゲーム配信をはじめるならここから」というスペックのBTOパソコンです。

価格をおさえつつ、なるべく快適にゲーム配信できるようなゲーミングPCを選んでいます。

動画編集もある程度こなすことができます。

(ドスパラ) GALLERIA RM5C-G60


CPU Core i5 10400
グラボ GTX1660
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • GTX1660使用としてはかなり安い!!
  • 省電力で長時間ゲームでも安定
  • 初期構成も高性能

価格に対して性能コスパが高いのが「GALLERIA RM5C-G60」です。

Core i5 10400(6コア12スレッド)を搭載したゲーミングPCで、

価格とゲーミング性能のコスパが良く、セットで搭載されているGTX1660も、

フルHD下では高パフォーマンスを発揮できます。

ゲーム配信用PCとしては買いやすいゲーミングPCといえます。

 

(ark)AG-AR6B45MGT6-A31


CPU Ryzen 5 3600(6コア12スレッド)
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 210(幅)×420(奥行き)×402(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
価格の安さ ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • クリエイティブ性能が高いRyzen 5 3600搭載
  • ミドルエントリーで人気のGTX1660 SUPER搭載

Ryzen版の動画配信・編集デビュー機といえるゲーミングPCです。

Ryzen 5 3600は価格が安めながらゲーム性能、クリエイティブ性能があり、

動画編集やゲーム配信をやってみたいデビュー向けの人に丁度良いスペックです。

予算14~18万程度:フルHD高画質配信

こういう人にぴったり
  • フルHD60fpsにて高画質配信をしたい
  • 高画質144fps以上のゲーム配信がしたい
  • 配信・動画編集を沢山やる予定

高クオリティで配信したいなら、このスペック帯がおすすめです。

動画配信だけでなく、動画編集性能も高いので、

より沢山の配信・編集作業を考えている人におすすめのスペック帯です。

(G-Tune)G-Tune HM-A

CPU Ryzen7 3700X
グラボ RTX3060
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 190(幅)×400(奥行き)×400(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • ハイクラスRyzen7 3700X搭載
  • WQHDゲームもできるRTX3060搭載

ハイクラスなRyzen7 3700Xを搭載したゲーミングPCです。

8コア16スレッドを有し、動画編集やゲーム配信性能に強いです。

グラボはRTX3060と搭載し、

フルHDはもちろんWQHDまでならゲーミングも快適です。

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R36


CPU Core i5 11400
グラボ RTX3060
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
価格の安さ(このスペック帯で) ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • 最新世代Core i5 11400&RTX3060搭載
  • 3200MHz高クロックメモリ搭載

最新世代のCore i5 11400&RTX3060を搭載したゲーミングPCです。

Core i5 11400は6コア12スレッドですが、旧世代の8コア16スレッドくらいのパワーはあり、

動画編集やゲーム配信も問題ありません。

またゲーム性能も高く、RTX3060の性能はしっかりと引き出してくれます。

 

予算19万以上:4Kゲーム配信

こういう人にぴったり
  • とにかく高性能なゲーム配信PCがほしい
  • 4Kゲーム配信をしたい

現行の一般向けPCでは最強クラスのゲーム配信PCです。

より上のHEDT向けと呼ばれるPCもありますが、金額もとんでもない価格になり、

キリがないので、現実的な路線で最強クラスを紹介していきます。

4Kゲーミング性能がありますが、低画質~高画質性能まで幅がありますので、

いくつか紹介していきます。

4K低画質配信

4Kゲーミングの中でも低画質ぐらいをターゲットにした性能です。

最上位に比べると価格を抑えることができます。

(ドスパラ)GALLERIA ZA7R-R37


CPU Ryzen 7 5800X (8コア16スレッド)
グラボ RTX3070
メモリ 16GB
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 幅:約220mm x 高さ:約440mm x 奥行:約480mm
おすすめ度 ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • 最新世代RTX3070搭載
  • 価格が抑えられたコスパ機
最新世代RTX3070のグラフィックボードを搭載し、

WQHD~4K低中画質ゲーミングが可能。

対応するCPUも高性能なRyzen 7 5800Xを搭載し、

ボトルネックにならずRTX3070のパワーを引き出します。

もちろん動画編集やゲーム配信能力も高く、本格的に作業を行いたい人に。

CPUを最大限活かせるよう3200MHz高クロックメモリを搭載し、

かつ発熱対策に簡易水冷クーラーが標準装備。

給排気が良くなった新ケースも相まって、安定してパワーが出しやすい構成になっています。

(ドスパラ)GALLERIA XA7C-R37


CPU Ryzen 7 3700X
グラボ RTX3070
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • 最新世代RTX3070搭載
  • 3200MHzの高クロックメモリ採用
  • 電源がGOLD認証で長期間安心

4Kゲーミング性能を有するRTX3070を搭載している他社と比べると、

かなり安価に済んでいるのがおすすめのポイント。

旧世代のRyzen 7 3700XのCPUを搭載することで価格を抑えています。

ゲーム性能ではやや見劣りしますが、安定したゲーム性能およびクリエイティブ性能があります。

4K高画質配信

言うなれば現最強と言えるでしょう。

4K高画質をターゲットとしており、利用CPUもクリエイティブ性能最強クラスです。

(ドスパラ)GALLERIA ZA9R-R38


CPU Ryzen 9 5900X
グラボ RTX3080
メモリ 16GB
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • 最新世代Ryzen 9 5900X搭載
  • 最新世代RTX3080搭載
  • ゲーム、動画編集、ゲーム配信万能機
  • 新ケース対応で熱対策・利便性向上

現時点で4Kゲームマシンとしては最も効率の良い構成のゲーミングPCです。

大幅に進化し、ゲーム・クリエイティブ性能ともにIntelを超えた

最新世代Ryzen 9 5900X(12コア24スレッド)を搭載したゲーミングPCで、

搭載する最強RTX3080は4Kゲーミングでは特に前世代RTXより大幅に性能向上となっており、

ゲーム配信マシンとしては最強の環境と言えるでしょう。

(フロンティア)FRGH570/B


CPU Core i9 11900F
グラボ RTX3080
メモリ 16GB
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 幅:約239mm x 高さ:約510mm x 奥行:約513mm
おすすめ度 ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • 最新世代Core i9 11900F&RTX3080の組み合わせ
  • 新ハイクラス構成

Intel最新世代CPUのCore i9 11900F(8コア16スレッド)を搭載したゲーミングPCです。

コアスレッド数は同クラスAMDと比べると少ないですが、

十分は配信性能を持っており、またゲーム性能も高いので、

RTX3080の組み合わせとしては最適。快適な4Kゲーム配信ができます。