予算40万円のゲーミングPCおすすめは?【2024年5月】 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!

予算40万円のゲーミングPCおすすめは?【2024年5月】

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

40万以下で購入できるゲーミングPCについてご紹介していきます。

40万以下おすすめゲーミングPC(デスクトップ)

各社のBTOゲーミングPCの中から、おすすめ順にランキングしています。

★の評価
コスパ・・・価格と性能、使用されているパーツ類を考慮したお得さ
ゲーム性能・・・★が多いほど高画質、高フレームレート、高解像度で遊べる
動画編集性能・・・★が多いほど動画編集が早く、より高い解像度にも対応できる
記憶容量・・・★が多いほど動画ファイルやゲームを沢山保存できる
読み書き速度・・・主にゲームロード時間の短さに影響
ゲーム安定度・・・どのようなゲームでもフレームレートが安定して出せる
同価格帯の平均・・・各BTOメーカーがラインナップするPCから近い価格帯のPCで算出した数値

1位(フロンティア)FRMFGZ790/WS411

FRMFGZ790/WS411の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4080 SUPER
メモリ DDR5 32GB
容量 【MSI製】1TB M.2 NVMe SSD【Gen4】
大きさ 幅(W):約231mm x 高さ(H):約497mm x 奥行(D):約474mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.4
(5.0)
ゲーム性能 5.1
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
動画編集性能 5.3
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.3
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.7
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、197fps
フォートナイト 最高画質、504fps 最高画質、169fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、184fps
タルコフ 最高画質、111fps
オーバーウォッチ2 最高画質、465fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

RTX 4080 SUPERのグラフィックボードを搭載したゲーミングPC。

この価格帯ではトップクラスの性能で、4K高画質高フレームレートを安定して狙える性能も有しており、

CPUもゲーム性能トップクラスのCore i7 14700Fで問題なし。

この価格でこの性能はかなりお得。メモリも32GB、記憶容量もGen4 NVMe 1TBあり良い構成。

コスパもトップクラスの良さ。

2位(ストーム)XG-147KF48SD5

XG-147KF48SD5の製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4080 SUPER
メモリ DDR5 32GB
容量 Gen4 NVMe SSD 1TB
大きさ 465mm x 455mm x 200mm
PCの評価
コスパ 3.8
同価格帯の平均:3.4
(4.0)
ゲーム性能 5.4
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
動画編集性能 5.3
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.3
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.7
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.5
(3.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、210fps
フォートナイト 最高画質、504fps 最高画質、172fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、187fps
タルコフ 最高画質、118fps
オーバーウォッチ2 最高画質、487fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

同じくRTX 4080 SUPER搭載で、CPUもCore i7 14700KFで組み合わせとしてはベスト。

メモリ32GB、1TB NVMe SSDで水準レベルは満たした仕様。

PCケースはストームでしか見ないタイプで、好みがあれば。

3位(ドスパラ)GALLERIA XA7C-R48S 14700F搭載

GALLERIA XA7C-R48S 14700F搭載の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4080 SUPER
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB SSD (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
PCの評価
コスパ 3.0
同価格帯の平均:3.4
(3.0)
ゲーム性能 5.1
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
動画編集性能 5.3
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.3
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.7
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.5
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、197fps
フォートナイト 最高画質、504fps 最高画質、169fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、184fps
タルコフ 最高画質、111fps
オーバーウォッチ2 最高画質、465fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

同じくRTX 4080 SUPER搭載で、Core i7 14700Fの組み合わせ。

メモリも32GB、ゲームロード時間が短いGen4 NVMe SSD搭載でゲームの快適性も問題ない仕様。

そのほかのスペックに特別感はないですが、この価格帯としては高性能になっています。

4位(パソコン工房)LEVEL-R7X7-R77-VTX[Windows11Home]

LEVEL-R7X7-R77-VTX[Windows11Home]の製品画像
CPU Ryzen 7 7700
グラフィックボード RTX 4080 SUPER
メモリ DDR5 16GB
容量 1TB NVMeSSD [PCIe 4.0×4]
大きさ 約幅220mm×奥行493mm×高さ465mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ 3.0
同価格帯の平均:3.4
(3.0)
ゲーム性能 5.0
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
動画編集性能 4.5
同価格帯の平均:4.8
(4.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.3
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.7
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.5
(3.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、195fps
フォートナイト 最高画質、504fps 最高画質、166fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、182fps
タルコフ 最高画質、108fps
オーバーウォッチ2 最高画質、460fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

同じくRTX 4080 SUPER搭載ですが、Ryzen 7 7700を搭載したゲーミングPCです。

Core i7 14700Fよりは少しゲーム性能が落ちるためRTX 4080 SUPERの性能を活かせませんが、

それでも十分この価格帯としては高性能で、4Kメインで活躍できます。

ただメモリが16GBなのが低水準。できれば32GBにアップグレードして使うのが良いでしょう。

また非RGBイルミネーションタイプも留意。

5位(アーク)AG-AR8X67AGL7IS-A2C

AG-AR8X67AGL7IS-A2Cの製品画像
CPU Ryzen 7 7800X3D
グラフィックボード RTX 4070 Ti SUPER
メモリ DDR5 32GB
容量 【NVMe・PCIe4.0】2TB
大きさ 220x490x469mm
PCの評価
コスパ 4.5
同価格帯の平均:3.4
(4.5)
ゲーム性能 5.0
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
動画編集性能 4.8
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.3
(3.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.7
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、195fps
フォートナイト 最高画質、504fps 最高画質、166fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、182fps
タルコフ 最高画質、108fps
オーバーウォッチ2 最高画質、460fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

RTX 4070 Ti SUPERとRyzen 7 7800X3Dを搭載したゲーミングPCです。

この価格帯としては最もポピュラーなグラボで、4Kにて高画質高フレームレートを狙うこともできる性能になっており、

特にウルトラワイドゲーミングモニターとの相性が良いです。

CPUもゲーム性能トップクラスのRyzen 7 7800X3Dで良いバランス。

RTX 4080 SUPER搭載よりはややゲーム性能は落ちますが、その代わりにゲームロード時間が短いGen4 NVMe SSDが2TB、

CPU性能を100%以上引き出せるDDR5 5600MHzメモリ、高価な簡易水冷クーラーなど、

グラボ以外のスペックは上質なものにまとまっています。そのためコスパとしては相当高め。

6位(マウスコンピューター)G-Tune FZ-I7G7A

G-Tune FZ-I7G7Aの製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4070 Ti SUPER
メモリ DDR5 32GB
容量 2TB (NVMe Gen4×4)
大きさ 約215×490×481
PCの評価
コスパ 3.8
同価格帯の平均:3.4
(4.0)
ゲーム性能 5.0
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
動画編集性能 5.0
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.3
(3.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.7
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.5
(3.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、195fps
フォートナイト 最高画質、504fps 最高画質、166fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、182fps
タルコフ 最高画質、108fps
オーバーウォッチ2 最高画質、460fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

同じくRTX 4070 Ti SUPERを搭載していますが、CPUはCore i7 14700KF。

ゲーム性能最強クラスのCore i7 14700KFなのでRTX 4070 Ti SUPERの性能を活かすには十分。

ゲームロード時間が短いGen4 NVMe SSDを2TBは高水準。

CMおなじみのマウスコンピューターによる3年間センドバック修理保証でサポート体制も充実。

7位(ツクモ)G-GEAR GE7J-K242/ZBH

G-GEAR GE7J-K242/ZBHの製品画像
CPU Core i7 14700
グラフィックボード RTX 4070 Ti SUPER
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB SSD※ (M.2規格 / NVMe Gen4接続)
大きさ 230(W)x445(D)x460(H)mm (本体のみ、突起物含まず)
PCの評価
コスパ 3.0
同価格帯の平均:3.4
(3.0)
ゲーム性能 4.9
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
動画編集性能 5.0
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.3
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.7
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.5
(3.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、166fps
フォートナイト 高画質、243fps 高画質、151fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、211fps 高画質、175fps
タルコフ 最高画質、143fps 最高画質、80fps
オーバーウォッチ2 最高画質、351fps 最高画質、167fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

同じくRTX 4070 Ti SUPERを搭載していますが、CPUはCore i7 14700で、今回の中ではすこし性能が低い組み合わせですが、

バランスとしては最良でスタンダードな構成です。

メモリ32GB、1TB Gen4 NVMe SSDで水準レベルはしっかり満たしています。

十分良いスペックですが、上位のPCが目立つポイントも多いため、この順位に。

 

以上が40万円以下でおすすめのPCです。

コスパの観点でもゲーミングPCをご紹介しています。
コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング

40万円以下でどの程度のゲーミング性能か?

40万円以下のゲーミングPCはこんな人におすすめ!
  • 3440×1440ウルトラワイドモニターで高画質と高フレームレートを両立したい
  • 長く現役で活躍できる性能がほしい

40万円ほどになるとゲーミングPCの中でも上位モデルになっており、

基本は4K解像度前後をメインに遊ぶことが想定されるスペックになってきます。

またゲームロード時間が短いGen4 NVMe SSDが標準で、場合によっては大容量など、

単純なゲーム性能以外の箇所も高水準になってくる価格帯です。

ゲーム性能の目安

ゲームによって変わってきますが、

主な人気ゲームの解像度、画質、フレームレートの目安を掲載します。

ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、195fps
フォートナイト 最高画質、504fps 最高画質、166fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、182fps
タルコフ 最高画質、108fps
オーバーウォッチ2 最高画質、460fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

概ね最近のゲームであれば4Kでも快適に遊ぶことが可能です。

5月の50万円以下のCPUとGPUの種類分布グラフ

主要BTOメーカーの搭載グラフィックボード
RTX 4060:8
RTX 4060 Ti:6
RTX 4070:45
RTX 4070 SUPER:77
RTX 4070 Ti:24
RTX 4070 Ti SUPER:79
RTX 4080:11
RTX 4080 SUPER:18
RX 7700 XT:6
RX 7800 XT:8
RX 7900 XT:4

上記が現在のBTOパソコンから抽出したPCに搭載されている、

CPUとグラフィックボードの種類を表す分布図です。

グラフィックボードはほとんどがNVidia製で、RTX 4070 SUPERやRTX 4070 Ti SUPERが最多となっています。

両者には結構なゲーム差があり、RTX 4070 Ti SUPERであれば4K相当で快適に遊べるようになります。

一部RTX 4080系統もあり狙ってみるのもあり。いずれもDLSS3/FSR3を使えばより高画質高フレームレートを安定して狙えます。

DLSS3とは?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
描画を予測し、各フレーム間の描画を自動補完することでフレームレートを向上させる。
CPU負荷をほとんどかけずに、GPU負荷のみでおこなえるのがメリットで、対応ゲームなら飛躍的にフレームレートがあがる
RTX 4000シリーズのみ対応
主なDLSS3対応ゲーム一覧(Nvidia公式サイト)
FSR3とは?
DLSS3に対抗するAMDが開発したフレームレート補完をおこなうことでフレームレートを向上させる技術。
DLSS3と違い、RTX系もRadeon系も使えることが利点。また同じフレームレート補完でも若干の技術差異があり、
FSR3のほうが理論上はやや描画が綺麗。
主なFSR3対応ゲーム一覧(AMD公式サイト)

搭載されるCPUについて

主要BTOメーカーの搭載CPU
Core i5 14400(F):3
Core i5 14600KF:6
Core i7 13700(F):2
Core i7 14700(F):60
Core i7 14700K(F):63
Core i9 14900(F):17
Core i9 14900K(F):21
Ryzen 5 7600:6
Ryzen 5 7600X:1
Ryzen 7 5700X:3
Ryzen 7 7700:17
Ryzen 7 7700X:19
Ryzen 7 7800X3D:35
Ryzen 9 7900:7
Ryzen 9 7900X:15
Ryzen 9 7900X3D:5
Ryzen 9 7950X:6
Ryzen 9 7950X3D:4

ゲームにおいてグラフィックボードの次に大事なのがCPUです。

CPUはパソコンの脳のようなもので、あらゆる処理はCPUを介します。

当然ゲームにもある程度影響を与えるわけです。

特にCPU性能が著しく低いとグラフィックボードの性能を引き出せない、

ボトルネックの減少が起こるので、CPUも高性能にする必要があるわけです。

 

最新世代のCore i7 14700K(F)およびCore i7 14700(F)が主流。一部さらに上のCore i9シリーズに。

またゲーム性能トップクラスのRyzen 7 7800X3Dも増加。ゲームによってはIntelも超えるので、

搭載PCがあれば積極的に検討しても良いでしょう。

メモリーは32GB以上

最後に人間の一時記憶のような機能をもつメモリです。

ゲームではマップの読み込み、ゲーム処理データなどの一時保存に利用されますが、

今のところ16GBあれば問題なくゲームができることが多いです。

しかしながら稀にゲームによっては32GBではもっさりしてしまうこともありますので、

将来性も考え32GBメモリ搭載PCを狙うのがおすすめ。

この価格帯ではもはや32GBは当たり前という感じです。

専門知識がやや必要ですが、駆動周波数が5600 MHz以上搭載だとさらに高水準となります。

その他の価格帯ゲーミングPCについて

別の金額で探している方は下記をご参照ください。

予算50万円のゲーミングPCおすすめは?【2024年5月】 予算30万円のゲーミングPCおすすめは?【2024年5月】 25万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2024年5月】 20万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2024年5月】 10万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2024年5月】 15万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2024年5月】