Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2020年7月】15万円以下のゲーミングPCおすすめは?

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

予算11万以上~15万円以下で購入できるゲーミングPCについてご紹介していきます。

また15万円はどの程度の性能になるのか?についても目安として参考にしてください。

11万~15万円以下ゲーミングPCおすすめ機種

11万~15万円以下(税込)の範囲で各社のBTOゲーミングPCを選抜してご紹介していきます。

またこまたろ的おすすめ度も示しています。

★の評価
★印はこの同価格帯における比較値です。

(ドスパラ) GALLERIA AXT


主なスペック CPU:Ryzen7 3700X
グラボ:GTX1660 SUPER
メモリ:16GB
容量:512GB NVMeSSD + 2TBHDD
大きさ:207(幅)×521(奥行き)×450(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★★★
ポイント!
  • フルHD下では十分すぎるゲーミング性能
  • 動画編集、配信にも対応
  • 初期構成で16GB、2.5GBも実用的で良い

コスパが高い一機。

最新第3世代Ryzen7 3700Xはゲーミング性能は同クラスIntel並みに強化され、

マルチタスク性能は断然上のため、動画編集/配信もこなせる一機。

ゲーミング性能もGTX1660 SUPERなのでフルHD下では申す分なく、

容量も初期2.5TBほどと、ゲームデータ、動画ファイルの大量保存にも対応しています。

唯一メインメモリだけ予算に余裕があれば16GBにアップしたいことろ。

(フロンティア) FRGAB450/B2/NTK


CPU Ryzen7 3700X
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB(アップグレード)
容量 512GB NVMe SSD+1TB HDD
大きさ 200(幅)×485(奥行き)×423(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
価格の安さ ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★★
ポイント!
  • 電源効率と耐久性が高いGold認証電源採用
  • 動画編集・配信向け初期構成

フロンティアは「FRGAB450/B2/NTK」です。

3700X(8コア16スレッド)とGTX1660 SUPERというバランスの良い構成で、

動画配信も快適に、また動画編集も問題なくおこなえます。

そして見えにくい部分ですが、電源がGold認証の高品質モデルを採用しているので、

長時間使っても壊れにくくなっています。

(ツクモ)G-GEAR GA5A-D194/T


主なスペック CPU:Ryzen5 3600
グラボ:RTX2060
メモリ:16GB
容量:240GB SSD + 1TB HDD
大きさ:190(幅)×475(奥行き)×435(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量 ★★★★
ポイント!
  • 本価格帯ではちょうど中間
  • ゲーミング性能よりの構成
  • メモリ、容量ともにゲーム向き

パソコンツクモのBTOからは「G-GEAR GA5A-D194/T」です。

最新世代Ryzen5 3600(6コア12スレッド)とRTX2060との組み合わせで、

ゲーミング性能としてはかなり高く、フルHD最高画質60fpsもちろん、

ゲーミングモニター利用を考えている人におすすめ。

価格も丁度中間で買いやすい設定。

メインメモリ、容量ともに十分でそのままの構成でOKです。

(サイコム)G-Master Axilus B450A


CPU Ryzen7 3700X
グラボ RTX2060
メモリ 16GB(アップグレード)
容量 480GB SSD
大きさ 225(幅)×432(奥行き)×470(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • 見た目が他社よりカッコいい(偏見)
  • 自作erには人気のB450 Steel Legend利用
  • カスタマイズ性高く、こだわりがある人に

BTOメーカーサイコムの「G-Master Axilus B45A」です。

サイコムは正直なところ価格に対する性能コスパは高くありません。

代わりに他社にはない見た目のかっこよさを備えています。

本モデルもBTOでは他社で取り扱いが無い「SilverStone SST-SEA1S」を利用し、

自作erには大人気の「ASRock B450 Steel Legend」を利用。

さらにGold認証の電源利用と、体感では感じにくい部分の作りが高価です。

(SEVEN)ZEFT R7F02


主なスペック CPU:Ryzen7 3700X
グラボ:GTX1660 SUPER
メモリ:16GB
容量:500GB SSD
大きさ:220(幅)×464(奥行き)×493(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • フルHD下では十分すぎるゲーミング性能
  • 動画編集、配信にも対応
  • 初期構成で2.5GBも実用的で良い

BTOメーカーセブン(SEVEN)が提供するZEFT G-J07です。

最新第3世代Ryzen7 3700(8コア16スレッド)と、最新世代GTX1660tiを組み合わせたモデルで、

フルHD下のゲーミング性能は間違いなし。ゲーミングモニター利用も可能です。

また初期構成で16GBメインメモリと500GBの組み合わせがバランスよく、

動画編集、配信にもうってつけです。

価格も13万円近くで、この構成としては安め。

(STORM)PG-UD


主なスペック CPU:Core i7-9700
グラボ:RTX2060
メモリ:8GB
容量:250GB SSD + 1TB HDD
大きさ:205(幅)×340(奥行き)×428(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★★
動画編集・配信性能 ★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • 9700とRTX2060の組み合わせでゲーム性能高い
  • 価格が安め

法人企業向けのBTOメーカーとして有名なSTORMのPG-UDから、

Corei7 9700(8コア8スレッド)とRTX2060の組み合わせです。

動画編集や配信はRyzen機に劣るものの、単純なゲーミング性能は高く、

RTX2060の組み合わせで、フルHDは無敵。

WQHDも視野に入る性能となっています。

(ark)CY-AR6B45MGT6-IW


※モニターは別売りです
主なスペック CPU:Ryzen5 3600
グラボ:RTX2060 SUPER
メモリ:16GB
容量:500GB SSD
大きさ:365(幅)×188(奥行き)×379(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • ゲーミング性能は同クラス最強
  • 240fps以上のゲーミングモニターも
  • 最新第3世代Ryzen搭載で将来性もある

秋葉原に拠点を構えるarkのBTOから「CROYDON CY-IC6B36MG5-AA」です。

この価格帯では最強となるRTX2060 SUPERを搭載しておりゲーミング性能は申し分ありません。

またRyzen5 3600(6コア12スレッド)はゲーミング性能も高く、

フルHDならどんなゲームでも何不自由しないでしょう。

初期構成で16GBなのもポイント高いです。

ただ動画配信においてはグラボのパワーが強すぎるため、

Ryzen5 3600では性能が追い付かない可能性もあり、あくまでゲーム専用として。

(G-TUNE)NEXTGEAR-MICRO am560SA2


 

主なスペック CPU:Ryzen7 3700X
グラボ:GTX1660ti
メモリ:16GB
容量:512GB NVMe SSD
大きさ:220(幅)×464(奥行き)×493(高さ)mm
おすすめ度 ★★
性能に対するコスパ ★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • 最新世代Ryzen5 3600搭載。ゲーム性能の将来性が高い
  • マルチタスク性能が高いので動画編集・配信も

パソコンメーカーマウスコンピューターから「NEXTGEAR-MICRO am560SA2」です。

最新第3世代Ryzen7 3700(8コア16スレッド)と、最新世代GTX1660ti、

16GBメインメモリ、512GB NVMeとしての構成では価格が安く、おすすめです。

ゲームはもちろん、動画配信・編集にもしっかり対応できる構成。

予算に余裕あれば1~3TBほどHDDを付けるとなお良いでしょう。

(アプライドネット)BKI79700AS1HS240


主なスペック CPU:Corei7 9700
グラボ:GTX1050ti(アップグレード)
メモリ:8GB
容量:240GB SSD
大きさ:220(幅)×425(奥行き)×417(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能 ★★
データ容量
ポイント!
  • ゲーミング性能が高い9700利用
  • 初期構成から色々カスタマイズは必須
  • 初期構成から変えてもコスパが高い

主に西日本に展開するアプライドからBKI79700AS1HS240です。

CPU性能が高いCorei7 9700(8コア8スレッド)搭載機で、

GPUのゲーミング性能を最大限生かします。また通常のPC動作能力も高いです。

利点でも欠点ともいえるのですが、

初期構成から色々アップグレード必要です。

おすすめは、グラボGTX1660ti、メモリ16GBへ、

SSDは480GB、2TBHDD追加、650W電源へ増設です。

この構成でもIntelゲーミングとしてはかなり安くなっています。

(パソコン工房)STYLE-M140-i7-RXVI


主なスペック CPU:Cori7 9700
グラボ:GTX1660ti
メモリ:8GB
容量:250GB NVMe SSD + 1TB HDD
大きさ:175(幅)×387(奥行き)×360(高さ)mm
おすすめ度 ★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量 ★★★
ポイント!
  • 比較的小型なマシン
  • 卒ない構成

有名ショップパソコン工房から「STYLE-M140-i7-RXVI」です。

CPU性能が高いCorei7 9700(8コア8スレッド)、GTX1660ti、

1256TBの容量で構成は悪くないのですが、価格が少しだけ高め。

また性能的にメモリが16GB欲しいため、アップグレードを勧めしています。

とはいえゲーミング性能は申し分なく、長く使える機種。

11万~15万円以下でどの程度のゲーミング性能か?

15万円になってくると、ミドルスペッククラスのゲームPCを購入することができ、

できないゲームは基本的になくなるほどゲーミング性能は高くなります。

何重視かで選択肢がかわる

CPUはIntelならCore i5 10400/9400F/9600K、Core i7 9700系あたり、AMDならRyzen5 3500/3600、Ryzen7 3700Xあたりが候補になっています。

この価格帯ではCPUの選択肢が広く、何を重視するかで得意分野が変わります。

具体的には、

目的とCPUの選び方

  • 予算は高いがゲーミング・編集・配信性能も高い:Ryzen7 3700X
  • 予算を抑えつつ動画編集重視ならRyzen5 3600
  • とにかく安さ重視ならRyzen5 2600/1600AF
  • 予算を抑えつつゲーミング性能重視ならIntel 9400F/9600K、Ryzen5 3500
  • 予算は高いがゲーミング性能高いならCorei7 9700系/Core i5 10400

という感じです。Intel最新の第10世代はまだまだ割高なので、様子をみたほうが無難。

また旧世代になるRyzen5 2600は品切れが多くなっています。

個人的にはゲームも動画編集や配信にも強いRyzen7 3700Xが狙い目かと思います。

CPUとグラフィックボード、両方のクラス最強は取れない

CPUならハイクラス、グラボならミドルエンドクラスまでこの価格帯なら選べますが、

ハイクラス&ミドルエンドクラスのクラス最強組み合わせは、価格的にかなり難しいです。

グラボ最強ならCPUをミドルで、CPUがハイクラスならグラボをミドルで、

のようにバランスをとることが必要になります。

11万円付近では

グラフィックボードではGTX1660、GTX1660super、GTX1660tiの3つが候補、

CPUではIntelはミドルのCorei5 9400F/9600K(6コア6スレッド)、

AMD系は、Ryzen5 3600(6コア12スレッド)、Ryzen5 3500(6コア6スレッド)です。

 

ゲーミング性能は必要十分なレベルで、フルHDならできないゲームは無く、不自由ありません。

ゲーミングモニターは低~中画質で144fps以上確保も可能です。

性能目安

  • フルHD中~最高画質60fps
  • 低中画質なら144fps以上のゲーミングモニターも

またゲーム以外では、Ryzen系なら動画編集・動画配信もある程度はこなせます。

ただ快適・高速というレベルではないので、過度な期待は禁物です。

15万円付近の場合

15万円になってくると、グラフィックボードはRTX2060(Super)が選択肢に入ります。

フルHDでは無敵の性能で、現実描写に近くなるレイトレ機能も得意、

さらに機械学習による描画処理DLSSも利用可能なので、

よりハイクオリティがゲーム描画を楽しむことができます。

性能目安

  • フルHD高~最高60fpsは固い
  • 中~高画質144fps、低画質なら240fps

 

CPUはIntelハイクラスCorei7 9700(8コア8スレッド)、

AMDは場合によってRyzen7 3700X(8コア16スレッド)を選択肢に入れることができます。

動画配信や編集を考慮するのならRyzen7 3700Xが一番おすすめ。

価格重視で選べていたRyzen7 2700/2700Xは取り扱いが減少しています。

その他の価格帯ゲーミングPCについて

別の金額で探している方は下記をご参照ください。

【2020年7月】25万円以下のゲーミングPCおすすめは? 【2020年7月】10万円以下のゲーミングPCおすすめは? 【2020年7月】20万円以下のゲーミングPCおすすめは?

またデスクトップPC全体のおすすめ、Ryzen前提、小型ゲーミングPCなど、

別の観点でおすすめのゲーミングPCを確認したい方は下記を参照ください。

2020年7月★ゲーミングPCのおすすめは?価格・ランキング別

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA