15万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2021年10月】 | こまたろPC
Youtube【こまたろPC】も更新中!

15万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2021年10月】

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

予算11万以上~15万円以下で購入できるゲーミングPCについてご紹介していきます。

また15万円はどの程度の性能になるのか?についても目安として参考にしてください。

15万円のゲーミングPC性能は?

10万円よりでは最安クラスのゲーミングPCとなり、

15万円よりではミドルクラスのゲーミングPCとなるため、

数万の差で大きくゲーミング性能が変わる価格帯です。

ゲーム性能は?CPU性能とトレードオフ

この価格帯ではGTX1660 SUPERなどGTX1660系と最新RTX3060搭載PCに分かれます。

GTX1660系の場合、

フルHDであれば低~高画質、60~144fpsで大方のゲームを問題なく遊べます。

ただし将来的に要求スペックの高いゲームでは、

徐々に性能不足を感じることになると思います。

主な人気ゲームの解像度と画質、FPS値目安
  • Apex Legends・・・フルHD、低~中画質、178~235fps
  • フォートナイト・・・フルHD、中~最高画質、104~254fps
  • VALORANT・・・フルHD、高画質、294fps
  • モンハン・・・フルHD、低~高画質、65~125fps
  • Valheim・・・フルHD、低画質、107fps
  • Tarkov・・・フルHD、低画質、97~120fps

またグラボ価格が抑えられた分、CPUがCore i7 11700やRyzen 5 5600Xなど、

ハイクラス性能が搭載されていることが多いです。

 

最新のRTX3060搭載の場合、フルHDでは不自由することはないでしょう。

またDLSSやレイトレも利用しやすいため、

対応ゲームであればWQHDなど高解像度のゲーミングも快適になってきます。

主な人気ゲームの解像度と画質、FPS値目安
  • Apex Legends・・・フルHD、最高画質、182fps
  • フォートナイト・・・フルHD、最高画質、159~207fps
  • VALORANT・・・フルHD、高画質、400fps以上
  • モンハン・・・フルHD、低~高画質、65~125fps
  • Valheim・・・フルHD、低~最高画質、76~137fps
  • Tarkov・・・フルHD、最高画質、120fps
DLSSとは?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。
主なDLSS対応ゲーム一覧(Nvidia公式サイト)
レイトレーシングって?
最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはGeforce系ではRTコア搭載のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
AMDのRadeonはDirect 12 Ultimate対応でレイトレが利用できます。

なお数は少ないですがRadeon系であればRX 6600XT搭載PCが発売されています。

RTX3060と違いDLSSは利用できませんが、代わりにFSR利用が可能(RTX系も使える)ので、

今後対応ゲームが増えればより高いFPSで遊ぶことが可能です。

FSRとは?
グラフィック処理を低負荷にすることで高FPSを実現するFidelityFX SUPER Resolution(FSR)という技術。
低解像度にして負荷を下げる代わりにのアップスケーリングで解像度の劣化を防ぎ、結果として高FPS値を実現する。
こちらもソフト側の対応が必要です。(なおGeForceも利用できるが、Radeonのほうが高パフォーマンス傾向とも)
主なFSR対応ゲーム一覧(AMD公式サイト)

ただRTX3060やRX 6600XTの場合、グラボが高価になるためCPUはミドルクラス相当と、

やや性能が劣る構成となっています。

動画編集やゲーム配信は?

CPUはCore i5 11400や10400、Ryzen 5 3600など、

ミドルクラスのCPU搭載PCであっても、ゲーム性能だけでなく、

そこそこの動画編集やゲーム配信性能もありますので、用途としては十分対応できます。

またマルチタスク性能はNVidia Geforceのグラフィックボードにある、

DLSS機能を使う際には重要なので、こちらもDLSSの機能を活かすことができます。

 

ただし一部Ryzen 5 3500を利用しているBTOパソコンもあり、

ややマルチタスク性能に劣るため、あまり動画編集やゲーム配信には向いていません。

Core i7 11700系などハイクラス搭載であれば動画編集やゲーム配信は快適です。

11万~15万円以下ゲーミングPCおすすめ機種

11万~15万円以下(税込)の範囲で各社のBTOゲーミングPCを選抜してご紹介していきます。

またこまたろ的おすすめ度も示しています。

★の評価
★印はこの同価格帯における比較値です。
価格変動により15万円を上回る場合があります

1位(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R36


CPU Core i5 11400(6コア12スレッド)
グラボ RTX3060
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★
ゲーム 解像度、画質、FPS目安
Apex Legends フルHD、最高画質、182fps
フォートナイト フルHD、最高画質、159~207fps
VALORANT フルHD、高画質、400fps以上
モンハン フルHD、低~高画質、65~125fps
Valheim フルHD、低~最高画質、76~137fps
Tarkov フルHD、最高画質、120fps

最新世代のRTX3060を搭載したゲーミングPCです。

フルHD240fpsの高FPSや、

DLSSなど利用できればWQHDの高解像度でのゲーミング可能。

またCPUも最新世代Core i5 11400を搭載しており、

ゲーム性能ではハイクラスグラボも対応できるほどの高さ。

フルHDにてゲーミングモニター利用や

ウルトラワイドモニター利用を考えている人におすすめです。

2位(パソコン工房)LEVEL-M056-iX4-RBX


CPU Core i5 10400(6コア12スレッド)
グラボ RTX 3060
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 190(幅)×410(奥行き)×435(高さ)mm
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★
ゲーム 解像度、画質、FPS目安
Apex Legends フルHD、最高画質、179fps
フォートナイト フルHD、最高画質、154~202fps
VALORANT フルHD、高画質、400fps以上
モンハン フルHD、低~高画質、60~120fps
Valheim フルHD、低~最高画質、71~132fps
Tarkov フルHD、最高画質、120fps

パソコン工房からCore i5 10400とRTX3060を搭載したゲーミングPCです。

1位のドスパラ機とグラボは同じ構成ですが、

旧世代のCore i5 10400ミドルクラスCPUが搭載されています。

若干ゲーム性能は落ちるものの十分に快適で、

また代わりに価格が安くなっています。

3位(ark)AG-AR6B45MGT6-A31


CPU Ryzen 5 3600(6コア12スレッド)
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 210(幅)×420(奥行き)×402(高さ)mm
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★
ゲーム 解像度、画質、FPS目安
Apex Legends フルHD、低~中画質、178~235fps
フォートナイト フルHD、中~最高画質、104~254fps
VALORANT フルHD、高画質、294fps
モンハン フルHD、低~高画質、65~125fps
Valheim フルHD、低画質、107fps
Tarkov フルHD、低画質、97~120fps

秋葉原に拠点を構えるarkのBTOから「AG-AR6B45MGT6-A31」です。

スペックとしてはミドルで平均的な、

Ryzen 5 3600とGTX1660 SUPERの組み合わせですが、

現在グラボの価格が高騰している中では、かなりお得な金額になっています。

4位(フロンティア)FRGKB560/A


CPU Core i7 11700F(8コア16スレッド)
グラボ GTX1660ti
メモリ 16GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 209(幅)×390(奥行き)×381(高さ)mm
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★
ゲーム 解像度、画質、FPS目安
Apex Legends フルHD、低~中画質、178~235fps
フォートナイト フルHD、中~最高画質、104~254fps
VALORANT フルHD、高画質、294fps
モンハン フルHD、低~高画質、65~125fps
Valheim フルHD、低画質、107fps
Tarkov フルHD、低画質、97~120fps

フロンティアからGTX1660ti搭載のゲーミングPCです。

特長としてIntel最新世代のハイクラス、Core i7 11700Fが利用されていること。

ゲーム性能も高く、また動画編集やゲーム配信などにも向いています。

初期容量も1TBと高く、全体的に使いやすいPC構成です。

5位(STORM)PG-HG3


CPU Ryzen5 3500(6コア6スレッド)
グラボ RTX3060
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 215(幅)×430(奥行き)×450(高さ)mm
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量 ★★
ゲーム 解像度、画質、FPS目安
Apex Legends フルHD、最高画質、179fps
フォートナイト フルHD、最高画質、154~202fps
VALORANT フルHD、高画質、400fps以上
モンハン フルHD、低~高画質、60~120fps
Valheim フルHD、低~最高画質、71~132fps
Tarkov フルHD、最高画質、120fps

最新世代RTX3060を搭載したゲーミングPCです。

Ryzen 5 3500と組み合わせることでフルHDではかなり快適に。

動画編集やゲーム配信にはあまり向きませんが、ゲームだけやるなら価格コスパが高いです。

またケースも人気のH510のホワイトモデルなので、

見た目の点でもオリジナリティ性があります。

6位(ツクモ)GA5A-D210/T


CPU Ryzen 5 3500(6コア6スレッド)
グラボ RTX3060
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量 ★★
大きさ 190(幅)×x475(奥行き)×x435(高さ)mm
ゲーム 解像度、画質、FPS目安
Apex Legends フルHD、最高画質、179fps
フォートナイト フルHD、最高画質、154~202fps
VALORANT フルHD、高画質、400fps以上
モンハン フルHD、低~高画質、60~120fps
Valheim フルHD、低~最高画質、71~132fps
Tarkov フルHD、最高画質、120fps

ツクモのBTOからは「GA5A-D210/T」です。

最新世代のRTX3060を搭載しており、

ゲーミング性能としてはフルHDでは無敵。

高画質高FPSでゲーミングモニターを利用できます。

価格を抑えるためにCPUは旧世代のRyzen 5 3500を利用しており、

ややゲーミング性能が劣りますが、それでもRTX3060の性能の恩恵は十分受けれます。

また動画編集やゲーム配信はあまり向いていませんので、

ゲームだけやる用途と割り切るのが良いでしょう。

7位(G-Tune)G-Tune EM-A-H

CPU Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)
グラボ GTX 1660
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 189(幅)×396(奥行き)×390(高さ)mm
性能に対するコスパ ★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★
ゲーム 解像度、画質、FPS目安
Apex Legends フルHD、低~中画質、173~230fps
フォートナイト フルHD、中~最高画質、99~249fps
VALORANT フルHD、高画質、289fps
モンハン フルHD、低~高画質、60~120fps
Valheim フルHD、低画質、102fps
Tarkov フルHD、低画質、92~120fps

マウスコンピューターからはGTX1660を搭載したゲーミングPCです。

対応するCPUはRyzen7 3700X(8コア16スレッド)。

それぞれ旧世代ですが、ミドルクラスほどの性能はあります。

その他の価格帯ゲーミングPCについて

別の金額で探している方は下記をご参照ください。

25万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2021年10月】 10万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2021年10月】 20万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2021年10月】

またデスクトップPC全体のおすすめ、Ryzen前提、小型ゲーミングPCなど、

別の観点でおすすめのゲーミングPCを確認したい方は下記を参照ください。

blankゲーミングPCのおすすめランキング!【2021年10月版】