15万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2024年5月】 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!

15万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2024年5月】

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

予算10万以上~15万円以下で購入できるゲーミングPCについてご紹介していきます。

10~15万円のゲーミングPC性能は?

フルHDをメインとしたゲーム性能で、

ゲーミングPCの中では下位に属する価格帯となります。

また昨今は非常に数も少なくなっており、選ぶバリエーションは多いとは言えません。

ゲーム性能は?

ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX 最高画質、100fps

※参考値であり保証するものではありません。

10~15万円のゲーミングPCではフルHD高画質高フレームレートを狙えるゲーム性能をもつPCが多いです。

またゲーミングPCによってはWQHDゲーミングを狙える性能も。

フルHDゲーミングモニター、低解像度ウルトラワイドゲーミングモニター利用に最適です。

搭載グラフィックボード状況

15万円以下のCPUとGPUの種類分布グラフ(5月)

主要BTOメーカーの搭載グラフィックボード
GTX 1650:3
RTX 3050:30
RTX 3060 Ti:2
RTX 3070:1
RTX 4060:23
RTX 4060 Ti:9
RX 6400:1
RX 6500 XT:1
RX 6600:3
RX 7600:3

上記が現在のBTOパソコンから抽出したPCに搭載されている、

CPUとグラフィックボードの種類を表す分布図です。

グラフィックボードは再び前回から変動が大きく、RTX 3050が最多となっています。

旧世代のグラボでフルHD高フレームレートを狙えるゲームはあるものの、

要求スペックが高いゲームではやや力不足に。

ミドルクラスとなるRTX 4060搭載PCも増えており、

こちらはフルHD高画質高フレームレートを安定して狙えるため、

できればRTX 4060搭載PCを狙うのが良いでしょう。

主要BTOメーカーの搭載CPU
Core i5 14400F:23
Ryzen 5 4500:34
Ryzen 5 5500:1
Ryzen 5 5600:1
Ryzen 5 5600X:3
Ryzen 5 7500F:10
Ryzen 7 5700X:4

CPUはIntelはCore i5 14400F一択へ。

AMDのほうがバリエーションに富んでいて、特に安いRyzen 5 4500が最多に。

またゲーム性能と価格バランスが良いRyzen 5 7500Fも一定数あります。

予算が限られる中グラボ性能との兼ね合いでCPU性能が上下する形になっています。

動画編集やゲーム配信は?

価格も下がってきたこと、下位CPUも相応のパワーアップがおこなわれてきたことで、

この価格帯でも動画編集やゲーム配信は十分行えるようになってきました。

特にCore i5 13400(F)はコアスレッド数も増え、ポテンシャルが高くなっていますので、

フルHD前提であれば配信・編集を十分おこなうことができます。

10万~15万円以下ゲーミングPCおすすめ機種

10万~15万円以下(税込)の範囲で各社のBTOゲーミングPCを選抜してご紹介していきます。

コスパの観点でもゲーミングPCをご紹介しています。
コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング

1位(パソコン工房)【WEB限定】LEVEL-M17M-144F-RLX-WHITE

【WEB限定】LEVEL-M17M-144F-RLX-WHITE[Windows11Home]の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR5 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 約幅220mm×奥行411mm×高さ441mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:3.8
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:1.6
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:2.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX 最高画質、100fps

※参考値であり保証するものではありません。

パソコン工房WEB限定PCで、限定にすることで通常よりも価格が安くなっているゲーミングPCです。

Core i5 14400FとRTX 4060の最新世代王道ミドルクラス構成で、フルHD高画質や高フレームレートを安定して狙えるバランスの良い構成。

SSD容量が1TBでないのは残念ですが、代わりにメモリがDDR5となっておりコスパは高水準。

見た目のPCケースも最近としては保守的ではありますが、白と黒のモデルが用意されています。

2位(アーク)AG-IR10B66MGL6-SFH

AG-IR10B66MGL6-SFHの製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR4 16GB
容量 【キャンペーン】【NVMe】1TB
大きさ 210mm (W) x 392mm (H) x 366mm (D)
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:1.9
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:2.5
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX 最高画質、100fps

※参考値であり保証するものではありません。

Core i5 14400FとRTX 4060グラフィックボードと組み合わせた王道ミドルクラス構成のゲーミングPCです。

この価格帯では数少ない組み合わせでお得。

フルHD高画質高フレームレートを安定して狙える性能で、DLSS3利用でさらに安定。

Core i5 14400Fとのバランスも良く、価格的にもコスパ的にもかなり魅力的になっています

3位(マウスコンピューター)NEXTGEAR JG-A7G60

NEXTGEAR JG-A7G60の製品画像
CPU Ryzen 7 5700X
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR4 16GB
容量 1TB (NVMe) ⇒ 1TB (NVMe Gen4×4) に構成変更<2024年2月20日 15時00分~>
大きさ 約220×411×39
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム性能 2.4
同価格帯の平均:1.9
(2.5)
動画編集性能 2.5
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、204fps 最高画質、151fps
フォートナイト 高画質、169fps 高画質、140fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、197fps 高画質、177fps
タルコフ 最高画質、112fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、180fps 最高画質、121fps
パルワールド 最高画質、108fpsMAX 最高画質、91fps

※参考値であり保証するものではありません。

マウスコンピューターからRTX 4060グラボ搭載のゲーミングPCですが、

CPUはRyzen 5 5700Xとの組み合わせ。Core i5 14400Fと大きく差があるわけではないので、

RTX 4060との組み合わせも十分。

現在Gen4 NVMe SSDに変更中でお得になっています。

4位(ドスパラ)GALLERIA RM5R-R46 4500搭載

GALLERIA RM5R-R46 4500搭載の製品画像
CPU Ryzen 5 4500
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 3.3
同価格帯の平均:4.2
(3.5)
ゲーム性能 1.8
同価格帯の平均:1.9
(2.0)
動画編集性能 1.5
同価格帯の平均:2.5
(1.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、170fps
フォートナイト 中画質、260fps
VALORANT 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、145fps
タルコフ 高画質、83fps
オーバーウォッチ2 最高画質、165fps
パルワールド 最高画質、87fps

※参考値であり保証するものではありません。

ミドルクラスのRTX 4060を搭載したゲーミングPC。

ただCPUは低価格路線のRyzen 5 4500でRTX 4060の性能を活かすには不十分。

ボトルネックになってしまうため、この順位に。

それでもフルHDなら十分遊べるゲーム性能はもっています。

5位(フロンティア)FRGKB760/CG1

FRGKB760/CG1の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード GTX 1650
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約215mm x 高さ(H):約347mm x 奥行(D):約401mm
PCの評価
コスパ 3.8
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
ゲーム性能 0.3
同価格帯の平均:1.9
(1.0)
動画編集性能 2.5
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)

CPUは最新のCore i5 14400Fを搭載していますが、グラボがGTX 1650でかなり低いゲーム性能の組み合わせ。

正直15万円以下にこだわるためにこの組み合わせのゲーミングPCはあまりおすすめできません。

フルHDでさえ60fps下回るゲームは数多くなってきている性能です。

その他の価格帯ゲーミングPCについて

別の金額で探している方は下記をご参照ください。

予算50万円のゲーミングPCおすすめは?【2024年5月】 予算40万円のゲーミングPCおすすめは?【2024年5月】 予算30万円のゲーミングPCおすすめは?【2024年5月】 25万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2024年5月】 10万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2024年5月】 20万円以下のゲーミングPCおすすめは?【2024年5月】

またデスクトップPC全体のおすすめ、Ryzen前提、小型ゲーミングPCなど、

別の観点でおすすめのゲーミングPCを確認したい方は下記を参照ください。

コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング【2024年5月】