予算別ゲーミングPCの紹介【2024年6月】 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!

予算別ゲーミングPCの紹介【2024年6月】

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

ゲーミングPCの予算はどのくらい?という疑問にこたえるべく、

ここでは予算別に性能目安と該当するゲーミングPCをご紹介しています。

予算ではなく総合でコスパが高いゲーミングPCもランキング形式でご紹介していますので、

あわせてご確認ください。

ゲーミングPCの予算はどのくらい?

主要BTOパソコンのゲーミングPC価格分布

※横スクロールできます

15万円以下 15~20万円 20~25万円 25~30万円 30~35万円 35~40万円 40~45万円 45~50万円 50万円以上
79 212 193 201 158 132 83 48 74

上記は2024年5月地点の販売されている主要なメーカーのゲーミングPCにおける価格分布です。

前回の計測よりやや20万以下の低価格帯ゲーミングPCが減り、20~35万円のミドル~ハイクラス路線のPCが増えています。

性能的にはフルHDよりもWQHD~4K性能となっており、PCモニターのWQHD解像度以上が安くなってきているのにあわせてという感じかもしれません。

予算別ゲーミングPCについて

価格変動により多少前後するものの、現在の予算と性能の目安は以下のようになっています。

※横スクロールできます

価格帯(本体のみ) ゲーム性能目安 画質目安 解像度目安 FPS目安 利用されるグラボ
15万以下 ほとんどのゲームは遊べるが、
最新の要求スペックが高いゲームは力不足へ。
ゲーミングモニター利用はゲームによってはフル活用できない
軽いゲーム:中~高画質
重いゲーム:低画質
フルHD 低中画質60~144fps
高画質60fps
RTX 3050
15~20万程度 ミドルスペック帯のゲーミングPC。
120fps/144fpsなどゲーミングモニター利用もフルHD安定
中~最高画質 フルHD 60fpsなら最高画質OK
中~最高画質144~240fps
RTX 3050、RTX 3060、RTX 3060 Ti/RTX 4060/RTX 4060 Ti
RX 7600
20~25万前後 フルHD~WQHD高画質高フレームレートに対応可能。
PCによっては4Kゲーミングも対象
レイトレ、DLSS2/3、FSRなど最新技術も積極利用
WQHD:低~高画質 フルHD~WQHD WQHD低~高画質100~240fps RTX 3060/RTX 3060 Ti/RTX 4060 Ti/RTX 4070
RX 7600 XT
25~30万前後 ハイクラス入門。4Kはここから。
高解像度ウルトラワイドモニター利用も
WQHD高~最高画質
4K低~中画質
WQHD~4K WQHD中~最高画質144fps
4K低中画質60fps
RTX 4070/RTX 4070 SUPER
RX 7700 XT/RX 7800 XT
30万以上 4Kゲーミング主流 4K中~高画質144fps以上 4K 4Kでも高画質高フレームレート狙える。
レイトレとDLSS併用で超美描画へ
RTX 4070 Ti/RTX 4070 Ti SUPER
RX 7900 XT
50万以上 現状のゲーミングPCトップクラス 4K最高画質144fps以上 4K DLSS3対応ゲームなら200~400fpsの超高フレームレートも RTX 4090/RTX 4080 SUPER/RX 7900 XTX
レイトレとは?
レイトレーシングという光子の動きを利用した描画方法で、より現実に近い描画が可能と言われています。
ただしゲーム側が対応、および高負荷である点に留意。
昨今ではフォートナイトやCODなど人気タイトルもレイトレ対応となってきています。
利用するにはGTX16シリーズ一部/RTX2000/3000/4000シリーズ、RX 6000シリーズではDirectX 12 Ultimate機能でレイトレができます。
DLSSとは?
機械学習を用いた処理技法で、処理が効率化されることで低負荷で高画質環境で遊べるようになります。
前述の高負荷であるレイトレはFPS低下が大きいですが、このDLSSと組み合わせることでFPSをある程度確保できます。
利用にはソフト側の対応が必要、利用できるのはRTX2000/3000/4000シリーズのみです。
なお新しくDLSS3が登場し、こちらはCPU負荷を最小で飛躍的に高フレームレートを出すことが可能。RTX 4000のみ対応
主なDLSS対応ゲーム一覧(Nvidia公式サイト)
FSR
AMDが開発したグラフィック処理を低負荷にすることで、高FPSを実現するFidelityFX SUPER Resolution(FSR)という技術。
低解像度にして負荷を下げる代わりにのアップスケーリングで解像度の劣化を防ぎ、結果として高FPS値を実現する。
こちらもソフト側の対応が必要です。GeForce、Radeonの両方で利用可能。
主なFSR対応ゲーム一覧(AMD公式サイト)

 

どれだけの予算があるかで大体のゲーミング性能は決まってきます。

それでは各価格帯別におすすめのゲーミングPCをご紹介していきましょう。

★印について
その価格帯における相対評価になります。
絶対的なゲーミング・クリエイティブ性能は単純に価格が上がるほど高い傾向にあります。
  • おすすめ度・・・PC構成パーツ全体を考えてのおすすめ度です。
  • 価格の安さ・・・その価格帯での相対的な安さ。安いほど★が多い
  • 性能に対するコスパ・・・コスパが高いほど★が多い。
  • ゲーム性能・・・★が多いほど高性能。1番はグラフィックボード、次点でCPU性能が影響
  • 動画編集・配信性能・・・★が多いほど快適。1番はCPU、次点でグラフィックボード性能が影響
  • データ容量・・・★が多いほど大容量。
選出基準
  • 各BTOメーカーを比較し、おもにコスパが高いPCを選出
  • CPUとグラフィックボードだけでなく、メモリクロック速度、記憶容量、電源、CPUクーラーなどもコスパの選考基準
  • 見た目の観点は考慮にいれていない
価格について
現在グラフィックボードの高騰により、価格が値上がっているため、
予算別よりやや上回る販売額となっています。

予算15万以下:最安ゲーミングPC

こういう人にぴったり
  • フルHDで遊べれば十分
  • 価格重視でゲーミングPCが欲しい

6月動向

  • グラボはRTX 4060/RTX 3050が主流へ
  • CPUはAMDのRyzen 5 4500が最多へ
  • IntelはCore i5 14400Fが主流

最も安い価格帯のゲーミングPCです。

とはいえ10万と15万円ではかなりの性能差があり、15万円近くであれば、

フルHD高画質高フレームレートは安定して狙える性能があります。

また場合によっては最新のグラボ搭載も狙え、アップスケーリング技術は使えば高画質高フレームレートも。

(パソコン工房)【WEB限定】LEVEL-M17M-144F-RLX-WHITE

【WEB限定】LEVEL-M17M-144F-RLX-WHITE[Windows11Home]の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR5 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 約幅220mm×奥行411mm×高さ441mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:3.8
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:1.6
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:2.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX 最高画質、100fps

※参考値であり保証するものではありません。

パソコン工房WEB限定PCで、限定にすることで通常よりも価格が安くなっているゲーミングPCです。

Core i5 14400FとRTX 4060の最新世代王道ミドルクラス構成で、フルHD高画質や高フレームレートを安定して狙えるバランスの良い構成。

SSD容量が1TBでないのは残念ですが、代わりにメモリがDDR5となっておりコスパは高水準。

見た目のPCケースも最近としては保守的ではありますが、白と黒のモデルが用意されています。

(アーク)AG-IR10B66MGL6-SFH

AG-IR10B66MGL6-SFHの製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR4 16GB
容量 【キャンペーン】【NVMe】1TB
大きさ 210mm (W) x 392mm (H) x 366mm (D)
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:1.9
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:2.5
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX 最高画質、100fps

※参考値であり保証するものではありません。

Core i5 14400FとRTX 4060グラフィックボードと組み合わせた王道ミドルクラス構成のゲーミングPCです。

この価格帯では数少ない組み合わせでお得。

フルHD高画質高フレームレートを安定して狙える性能で、DLSS3利用でさらに安定。

Core i5 14400Fとのバランスも良く、価格的にもコスパ的にもかなり魅力的になっています

15万円以下でおすすめのゲーミングPCを紹介しています。
15万円以下のゲーミングPCおすすめは?

予算15~20万:フルHDゲーミング

こういう人にぴったり
  • ゲームはフルHD高画質高フレームレートで遊びたい
  • ウルトラワイドモニター利用も将来的に使ってみたい

6月動向

  • グラボはRTX 4060 Ti/4060が引き続き主流
  • IntelはCore i5 14400(F)がメイン
  • AMDのRyzen 5 7500Fが一気に増える

フルHDでゲーミングモニターをフル活用するならおすすめの価格帯です。

高画質144fpsなど高画質高fpsを求めたい人や、

240Hzゲーミングモニターなど超高fpsにてゲームをやりたい人に最適。

2540×1440などWQHD相当の解像度でもゲームができるので、

高解像度モニター利用を考えている人にも。

レイトレやDLSS、FSRなどより綺麗な描画や高FPSも狙えるようになります。

 

(パソコン工房)LEVEL-M1A6-R75F-TLX-SAKURA[Windows11Home]

LEVEL-M1A6-R75F-TLX-SAKURA[Windows11Home]の製品画像
CPU Ryzen 5 7500F
グラフィックボード RTX 4070
メモリ DDR5 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 約幅220mm×奥行411mm×高さ441mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ 3.8
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
ゲーム性能 3.5
同価格帯の平均:2.7
(3.5)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.2
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、293fps 最高画質、135fps
フォートナイト 高画質、208fps 高画質、123fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、145fps
タルコフ 最高画質、143fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、296fps 最高画質、115fps
パルワールド 最高画質、81fps

※参考値であり保証するものではありません。

この価格帯ではトップとなるRTX 4070のグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

価格を抑えるためCPUはRyzen 5 7500FとなりRTX 4070の性能を100%活かしきれる組み合わせではありませんが、

それでもWQHDメインで高画質高フレームレートを狙うことも可能で、高いゲーム性能を有しています。

パソコン工房に新登場したサクラシリーズで、LEDが桜色をしているホワイトケースで、可愛さを感じられるデザインです。

(マウスコンピューター)NEXTGEAR JG-A5A7X

NEXTGEAR JG-A5A7Xの製品画像
CPU Ryzen 5 7500F
グラフィックボード RX 7700 XT
メモリ DDR5 16GB
容量 1TB (NVMe Gen4×4)
大きさ 約220×411×39
PCの評価
コスパ 4.3
同価格帯の平均:4.2
(4.5)
ゲーム性能 3.4
同価格帯の平均:2.7
(3.5)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.2
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、293fps 最高画質、135fps
フォートナイト 高画質、208fps 高画質、123fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、145fps
タルコフ 最高画質、143fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、288fps 最高画質、112fps
パルワールド 最高画質、78fps

※参考値であり保証するものではありません。

RX 7700 XTという比較的珍しいグラフィックボードを搭載したゲーミングPC。

よく搭載されているRTX系シリーズの対抗馬として知られるグラフィックボードで、

フルHD~WQHDメインにて遊ぶことができるので十分高性能。

DLSS系というより高画質高フレームレートを安定して狙える機能は使えませんが、

代わりにFSRという技術には対応していますので、FSRが使えるゲームであれば、より快適に遊ぶことができます。

CPUはRyzen 5 7500Fでまずまず。マウスコンピューターによる3年間センドバック修理保証付きです。

20万円以下でおすすめのゲーミングPCをご紹介しています。
20万円以下のゲーミングPCおすすめは?

予算20~25万:フルHD最強、WQHDゲーミング

こういう人にぴったり
  • フルHDで最高環境で遊びたい!
  • WQHDモニターや2560×1080モニターを考えている
  • ゲーム配信や動画編集を始めたい

6月動向

  • CPUはCore i7 14700(F)/Core i5 14400(F)が主流へ
  • グラボはRTX 4060 Tiが中心

フルHD高画質高フレームレートはもちろん、WQHD高画質高フレームレートを狙える性能に。

グラフィックボードによっては4Kゲーミングも十分狙える性能です。

WQHDゲーミングモニターやウルトラワイドゲーミングモニター利用に最適な価格帯です。

動画編集はフルHDよりはWQHDや4K解像度の動画編集に向いています。

(フロンティア)FRGLB760/M520

FRGLB760/M520の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070 SUPER
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約200mm x 高さ(H):約465mm x 奥行(D):約470mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.6
(5.0)
ゲーム性能 4.3
同価格帯の平均:3.9
(4.5)
動画編集性能 4.8
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.0
(3.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、157fps
フォートナイト 高画質、220fps 高画質、141fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、209fps 高画質、171fps
タルコフ 最高画質、143fps 最高画質、67fps
オーバーウォッチ2 最高画質、327fps 最高画質、135fps
パルワールド 最高画質、114fps

※参考値であり保証するものではありません。

最新世代RTX 4070 SUPERとハイクラスCore i7 14700Fを組み合わせたゲーミングPCです。

RTX 4070 SUPERはRTX 4070 Tiほどの性能はないものの、WQHD~4K解像度で活躍できるゲーム性能。

特にウルトラワイドゲーミングモニターに最適です。

CPUもゲーム性能トップクラスなので最適。

DDR5メモリ 32GB、1TB容量搭載でゲームの快適性をあげるスペックもOK。

(マウスコンピューター)NEXTGEAR JG-A7G7S

NEXTGEAR JG-A7G7Sの製品画像
CPU Ryzen 7 7700
グラフィックボード RTX 4070 SUPER
メモリ DDR5 16GB
容量 1TB (NVMe Gen4×4)
大きさ 約220×411×390
PCの評価
コスパ 3.8
同価格帯の平均:3.9
(4.0)
ゲーム性能 4.3
同価格帯の平均:3.2
(4.5)
動画編集性能 4.0
同価格帯の平均:3.9
(4.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.3
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.8
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、157fps
フォートナイト 高画質、220fps 高画質、141fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、209fps 高画質、171fps
タルコフ 最高画質、143fps 最高画質、67fps
オーバーウォッチ2 最高画質、327fps 最高画質、135fps
パルワールド 最高画質、114fps

※参考値であり保証するものではありません。

同じくRTX 4070 SUPERを搭載したゲーミングPCですが、CPUはRyzen 7 7700を組み合わせたPCです。

Ryzen 7 7800X3Dよりはゲーム性能が落ちますが、RTX 4070 SUPERとの組み合わせなら十分。

WQHD~4Kにて快適に遊べる性能にまとまっています。

メモリが16GBなのが残念ですが、Gen4 NVMe SSD搭載と最近の新水準は満たしています。

25万円以下でおすすめのゲーミングPCをご紹介しています。
25万円以下のゲーミングPCおすすめは?

予算25~30万:WQHDメイン&4Kゲーミング入門

こういう人にぴったり
  • WQHDモニターを高画質高フレームレートで遊びたい!
  • 3440×1440ウルトラワイドモニターを利用したい
  • 動画編集やゲーム配信も本腰を入れてやる

6月動向

  • Core i7 14700(F)が主流。Intel第13世代はほぼ無くなる
  • グラボはRTX 4070 SUPERが最多
  • AMDのRyzen 7 7800X3D搭載が引き続き多い

ここからはハイクラスに位置するゲーミングPCです。

フルHDでは性能を持て余すほどで、240Hzや360Hzゲーミングモニター用途以外は、

WQHD(2560 x 1440)や4Kなど高解像度ゲーミングで利用するのがおすすめ。

ウルトラワイドモニターや4Kモニターの利用を考えている人は、

この価格帯以上から選ぶのが良いでしょう。特に昨今のグラボ価格下落でRTX 3080搭載PCはねらい目です。

またCPUもハイクラスになってくるので、

動画編集やゲーム配信の向上し、快適な作業ができるように。

クリエイティブ作業を本格的にやりたい人にもおすすめできます。

(フロンティア)FRGHLB760/WS417

FRGHLB760/WS417の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070 Ti SUPER
メモリ DDR4 32GB
容量 2TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約230mm x 高さ(H):約500mm x 奥行(D):約465mm
PCの評価
コスパ 4.3
同価格帯の平均:3.6
(4.5)
ゲーム性能 4.9
同価格帯の平均:3.9
(5.0)
動画編集性能 5.0
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(3.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、166fps
フォートナイト 高画質、243fps 高画質、151fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、211fps 高画質、175fps
タルコフ 最高画質、143fps 最高画質、80fps
オーバーウォッチ2 最高画質、351fps 最高画質、167fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

最新世代のRTX 4070 Ti SUPERとCore i7 14700Fの組み合わせ。

RTX 4070 Ti SUPERはこの価格帯としては一段階上のグラフィックボードで、

RTX 4070 Tiよりパワーアップしているため、より4K高画質高フレームレートが狙いやすいゲーム性能。

Core i7 14700KFにさほど変わらないゲーム性能を有しているため、よりRTX 4070 Ti SUPERの性能を活かすことが可能。

メモリも32GB、記憶容量も2TB NVMe SSDは搭載しており、中々の高水準です。

(アーク)AG-IR20B66MGL7IS-TS1

AG-IR20B66MGL7IS-TS1の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070 Ti SUPER
メモリ DDR4 32GB
容量 【NVMe・PCIe4.0】2TB
大きさ 220(W) ×411(D)×441(H)mm
PCの評価
コスパ 3.5
同価格帯の平均:3.6
(3.5)
ゲーム性能 4.9
同価格帯の平均:3.9
(5.0)
動画編集性能 5.0
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(3.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.0
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、166fps
フォートナイト 高画質、243fps 高画質、151fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、211fps 高画質、175fps
タルコフ 最高画質、143fps 最高画質、80fps
オーバーウォッチ2 最高画質、351fps 最高画質、167fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

同じく最新世代のRTX 4070 Ti SUPERとCore i7 14700Fの組み合わせです。

メモリDDR5 32GB、記憶媒体もGen4 NVMe SSD 2TBの高水準な仕様で、

ゲーム関連の快適性は高いです。

ただその分PCケースはやや安価なタイプを利用しているため、高級感は少なめ。

中身だけこだわれば良い方ならおすすめです。

30万円以下でおすすめのゲーミングPCを紹介しています。
25万円以上30万円以下のゲーミングPCおすすめは?

予算30万以上:4KゲーミングPC、最強

こういう人にぴったり
  • 現段階で最強のゲーミングPCが欲しい!
  • 高画質高FPSで4Kモニターを利用したい!
  • ゲーム以外の動画編集やゲーム配信も最強環境で

6月動向

  • Core i7 14700(F)、Core i7 14700K(F)、Core i9 14900K(F)が主流
  • Ryzen 7 7800X3Dも増加
  • RTX 4070 Ti SUPERが主流、RTX 4080 SUPERも多い

一般向けゲーミングPCとしては最高峰に位置するBTOパソコンです。

まずグラボ性能としてはもはや言うことはありません。

4Kでも高画質高FPSで遊べるほどの性能となっており、

最上位は8Kゲーミングも視野に入ってきています。

CPUも最強クラスになるため、ゲーム以外にも動画編集やゲーム配信、

3Dレンダリング、画像編集、あらゆる作業が快適に動作します。

フルHDではグラボ性能をまったく使いきれないゲームが多いので、

高解像度ゲーミングをする人以外は不要の性能です。

 

(ドスパラ)GALLERIA UA9C-R49 14900KF搭載

GALLERIA UA9C-R49 14900KF搭載の製品画像
CPU Core i9 14900KF
グラフィックボード RTX 4090
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB SSD (NVMe Gen4) + 2TB HDD 《オススメ》
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
PCの評価
コスパ 3.0
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
ゲーム性能 5.6
同価格帯の平均:5.5
(5.0)
動画編集性能 5.5
同価格帯の平均:5.5
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.5
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.7
(4.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、218fps
フォートナイト 最高画質、521fps 最高画質、183fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、196fps
タルコフ 最高画質、126fps
オーバーウォッチ2 最高画質、511fps

※参考値であり保証するものではありません。

ドスパラのGALLERIAから、

現段階でゲーム性能最強のRTX 4090搭載のゲーミングPCです。

DLSS3を利用することができ大幅にフレームレートを伸ばすことが可能。

対RTX 3090に対して最大4倍の結果を示すこともあります。

DLSS3未使用でも2倍近い性能アップとなっており、4K144fps固定も。

 

CPUもRTX 4090の性能を最大限引き出せるよう、ゲーム性能最強のCore i9 14900KFを搭載。

ゲーミングPCでは現在最強のCPUとグラフィックボードの組み合わせです。

DDR5の32GB搭載もあいまって、動画編集やゲーム配信にも強さを発揮します。

ゲームロード時間が短いGen4 SSD搭載で計3TBの記憶容量でデータ保存も沢山可能。

RTX 4090は登場したばかりですが、このゲーミングPCはコスパが高くなっています。

(マウスコンピューター)G-Tune FZ-I7G8S

G-Tune FZ-I7G8Sの製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4080 SUPER
メモリ DDR5 32GB
容量 2TB (NVMe Gen4×4)
大きさ 約215×490×481
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.2
(5.0)
ゲーム性能 5.4
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
動画編集性能 5.3
同価格帯の平均:5.1
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:3.3
(3.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.7
(4.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、210fps
フォートナイト 最高画質、504fps 最高画質、172fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、187fps
タルコフ 最高画質、118fps
オーバーウォッチ2 最高画質、487fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

RTX 4080 SUPER搭載のゲーミングPC。

RTX 4080に置き換わる形で登場し、さらにパワーアップしたゲーム性能で、4K高画質高フレームレートを安定。

CPUもゲーム性能トップクラスのCore i7 14700KFでバランスもOK。

ゲームロード時間が短いGen4 NVMe SSD を2TB搭載は高水準。

CMでもおなじみのマウスコンピューターで3年間センドバック修理保証付きによりサポートも充実です。

(アーク)AG-AR8X67AGL7IS-H7T

AG-AR8X67AGL7IS-H7Tの製品画像
CPU Ryzen 7 7800X3D
グラフィックボード RTX 4070 Ti SUPER
メモリ DDR5 32GB
容量 【NVMe・PCIe4.0】2TB
大きさ 230x505x480mm
PCの評価
コスパ 4.5
同価格帯の平均:3.4
(4.5)
ゲーム性能 5.0
同価格帯の平均:4.9
(5.0)
動画編集性能 4.8
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.9
(3.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.6
(4.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、195fps
フォートナイト 最高画質、504fps 最高画質、166fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、182fps
タルコフ 最高画質、108fps
オーバーウォッチ2 最高画質、460fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

最新世代のRTX 4070 Ti SUPERのグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

前世代のRTX 3090を概ね超える性能をもち、DLSS3も利用できるため、4Kゲーミングも快適。

Ryzen 7 7800X3Dであれば、もっと上のグラフィックボードでも十分能力を活かすことはできますが、

RTX 4070 Ti SUPERも4K高画質高フレームレートを狙える性能は持っており、悪くない組み合わせ。

何よりメモリ性能、SSD性能、PCケース、その他各種パーツが非常に高水準にまとめられており、

コスパも最強レベル。

30万円以上でおすすめのゲーミングPCを紹介しています。
予算50万円のゲーミングPCおすすめは?
予算40万円のゲーミングPCおすすめは?