省スペース!小型ゲーミングPCのおすすめは?【2021年10月】 | こまたろPC
Youtube【こまたろPC】も更新中!

省スペース!小型ゲーミングPCのおすすめは?【2021年10月】

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

置き場所の問題や、小さいのが好き!など、

小型ゲーミングPCを探している人もいるはず。

そこで今回はおすすめな小型ゲーミングPCと、小型のメリット・デメリットについてまとめました。

なおゲーミングPC全般については下記記事を参考にしてください。

blankゲーミングPCのおすすめランキング!【2021年10月版】blankおすすめなBTOパソコンメーカーとは?【2021年10月版】

PCで小型に属するサイズ

デスクトップ型ゲーミングPCでは以下の規格の大きさが用意されています。

※横スクロールできます

項目 ミドルタワー ミニタワー スリムタワー キューブ型・小型 超小型
高さ目安 460~500mm 390~400mm 390~400mm 330~350mm 30~80mm
幅の目安 200~240mm 180~200mm 100~150mm 330~350mm 110~150mm
奥行目安 420~540mm 370~450mm 370~450mm 400~430mm 150~430mm
メリット ●拡張性が高く、後から機能を追加しやすい
●熱が籠もりにくく、高スペックと相性良し
●BTOではランナップが多い
●機能あたりのコスパが安い
●省スペースと拡張性のバランス
●BTOではランナップが多い
●機能あたりのコスパが安い
●幅が少なく、場所を取らない ●省スペースで場所を取らない ●ものすごく省スペース
デメリット ●大きいのでスペースが困る ●悪く言えば特徴が無い ●BTOではラインアップが少ない
●グラフィックボードの拡張性がかなり乏しい
●熱が籠もりやすい
●拡張性があまりない
●BTOではラインアップが少ない
●グラフィックボードの拡張性が乏しい
●熱が籠もりやすい
●拡張性があまりない
●BTOではラインアップが少ない
●グラフィックボードの拡張性がかなり乏しい
●熱が籠もりやすい
●拡張性が無い
おすすめな人 ●動画編集、ゲームなど大容量のファイルを補完する
●将来ゲーム配信、動画録画などする
●なるべく小さいPCケースが良いが、
ある程度の拡張性を確保したい
●基本はあまりおすすめできない ●あまりPCを置くスペースが無い
●リビングPCとして
●小型でも高性能にゲームはしたい
●とにかく小型PCがほしい
●ゲームはあまりやらない

この中で小型に該当するのは、「キューブ型(Mini-ITX規格)」「スリム型」とDeskMiniやNUCに代表される「超小型」PCです。

今回はこの3種に分けておすすめをご紹介していきます。

ノートPCは15.6インチ型が比較的小型なゲーミングPCとなっていますが、

とはいえデスクトップよりは場所取りませんので、全体のゲームノートPCから紹介していきます。

【超小型】ゲーミングPCのおすすめは?

ポイント
  • 手のひらにも乗るサイズ
  • この規格は取り扱い店舗が少ない
  • PCケースは各社ともASRock Desk Miniベース

(ドスパラ) mini Regulus II AR5


※キーボード・マウスは別売
CPU Ryzen5 PRO 4650G(6コア12スレッド)
グラボ Radeon Graphics 7
メモリ 16GB
容量 250GB NVMe SSD
大きさ 80(幅)×155(奥行き)×155(高さ)mm
おすすめ度 ★★★
PC全体の性能(超小型PC比較) ★★★
ゲーム性能(超小型PC比較)
価格の安さ(超小型PC比較) ★★★★★

 

ゲーム性能目安

  • フルHD低~中画質60fps
  • 重量級スペックゲームは厳しい

ドスパラの「mini Regulus II」のAR5というゲーミングPCです。

内蔵グラフィックスのゲーミング性能が高い、Ryzen5 PRO 4650Gを搭載したゲーミングPCで、

グラボ不要な分、価格がかなり抑えられています。

ゲーミング性能としてはツクモゲーミングPCに劣りますが、安価超小型ゲーミングPCとしておすすめ。

【スリム型】ゲーミングPCのおすすめは?

ポイント
  • 中間スペックがない
  • 小型規格では最も取扱店が少ない

(SEVEN)SR-ar5-5660J/S7/LW


CPU Ryzen 5 5600G(6コア12スレッド)
グラボ Radeon Graphics 7
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 187(幅)×416(奥行き)×346(高さ)mm
おすすめ度 ★★★
PC全体の性能(キューブPC比較) ★★★
ゲーム性能(キューブPC比較) ★★
価格の安さ(キューブPC比較) ★★★★

 

ゲーム性能目安

  • フルHD低~中画質60fps
  • 重量級スペックゲームは厳しい

安さ重視で選ぶスリム型ゲーミングPCならSEVENの「SR-ar5-5660J/S7/LW」です。

ある程度のゲーミング性能を有する内蔵グラフィックスを搭載した、

Ryzen 5 5700G(6コア12スレッド)を搭載しており、

初期構成で500GB搭載も魅力的です。

【キューブ型】ゲーミングPCのおすすめは?

ポイント
  • 小型の中ではゲーミング性能が高い
  • 小型規格では最も取扱店が多い
  • PCケースは色々と取り揃う

(サイコム)Premium Line Z590FD-mini


CPU Corei7 11700K
グラボ RTX3060
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 166(幅)×325(奥行き)×310(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
PC全体の性能(キューブPC比較) ★★★★★
ゲーム性能(キューブPC比較) ★★★★★
価格の安さ(キューブPC比較) ★★

 

ゲーム性能目安

  • WQHD(2560×1440)ゲーミングOK
  • フルHD240fpsゲーミングOK

大人気の小型PCケース「Era ITX」を採用したPCで、

最新世代のIntel Core i7 11700K(8コア16スレッド)を搭載した小型ゲーミングPCです。

 

見た目だけでなく、

Core i7 11700Kの性能をしっかり引き出せるよう、マザボ・メモリにも配慮されています。

グラボも最新RTX3060とフルHD~WQHDくらいまで遊べる性能をもっており、

ゲーム性能は小型PCの中ではトップクラスになります。

(TSUKUMO)G-GEAR alpha GS7A-B204T


※白と黒があります
CPU Ryzen 7 5800X(8コア16スレッド)
グラボ RTX3070
メモリ 32GB
容量 1TB Gen4 NVMe SSD
大きさ 幅:約187mm x 高さ:約388mm x 奥行:約188mm
おすすめ度 ★★★★★
PC全体の性能(キューブPC比較) ★★★★★★
ゲーム性能(キューブPC比較) ★★★★★★
価格の安さ(キューブPC比較) ★★

 

ゲーム性能目安

  • 4K低~中画質60fps

洗練された見た目が人気のNZXT H1を採用したゲーミングPCです。

見た目はもちろんですが、中身も小型PCでは上位クラスの性能。

RTX3070は最新ハイクラスグラフィックボードで、WQHD~4Kを前提としていますので、

フルHDなら高Hzゲーミングモニター利用、ウルトラワイドモニター利用など、

最高のゲーム環境が手に入ります。

メモリも32GBで、SSDも最新の高速Gen4 SSD。

CPUはハイクラスRyzen 7 5800Xでゲームほか、動画編集やゲーム配信もバッチリです。

 

(ark)AG-IC8H57IGA6-ASG


CPU Core i7 11700(8コア16スレッド)
グラボ RTX3060
メモリ 32GB
容量 1TB Gen NVMe SSD
大きさ 幅:約247mm x 高さ:約215mm x 奥行:約368mm
おすすめ度 ★★★★
PC全体の性能(キューブPC比較) ★★★★★
ゲーム性能(キューブPC比較) ★★★★★
価格の安さ(キューブPC比較) ★★

 

ゲーム性能目安

  • WQHD(2560×1440)ゲーミングOK
  • フルHD240fpsゲーミングOK

自作erにも人気なSUGO14のキューブケースを採用したゲーミングPCです。

昨今では高性能な小型ゲーミングPCはめずらしく

そもそも提供していないBTOメーカーが多いです。

小型は基本割高になるため、性能的には他社に劣りますが、

それでもフルHD~WQHDゲーミングぐらいまでのミドルエンド性能をもっていますので、

4Kモニターなど利用予定がなければ十分な性能です。

メモリも3200Hzメモリを32GB搭載となっています。

(SEVEN) SR-ar5-5660L/S7


大きさ:250(幅)×380(奥行き)×213(高さ)mm

CPU Ryzen 5 5600G(6コア12スレッド)
グラボ Radeon Graphics 7
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ
おすすめ度 ★★★
PC全体の性能(キューブPC比較) ★★
ゲーム性能(キューブPC比較)
価格の安さ(キューブPC比較) ★★★★★

 

ゲーム性能目安

  • フルHD低~中画質60fps
  • 重量級スペックゲームは厳しい

価格の安さで選ぶならSEVENの「SR-ar5-5660L/S7」がおすすめです。

ある程度のゲーミング性能を有する内蔵グラフィックスを搭載した、

Ryzen 5 5600G(6コア12スレッド)を搭載しており、マルチタスク性能も高めです。

低価格小型ゲーミングPCとしておすすめです。

【ノート型】ゲーミングPCのおすすめは?

ポイント
  • 携帯性では断トツ
  • モニターとキーボード代が節約できる
  • PCケースは色々と取り揃う

G-TUNE H5


CPU Core™ i7-10870H
グラボ RTX3070 Laptop GPU
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD
リフレッシュレート 240Hz(15.6フルHD)
重量 2.23kg
コスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
モニターの性能 ★★★★★
携帯性 ★★★

マウスコンピューターのゲーミングノートゲーミングPCです。

元々あった「G-TUNE H5」がリニューアルし登場したモデルで、

最新世代のRTX3070を搭載する超高スペック。

何と言っても240Hz対応のモニターでRTX3070の力を存分に発揮。

本格的にFPS/TPSゲームをやりたい人には十分満足できるFPS値です。

Frontier FRZN712/B


主なスペック CPU:Core™ i7-10750H
グラボ:RTX 2070 SUPER
メモリ:16GB
容量:1TGB NVMe SSD
リフレッシュレート:60Hz(15.6フルHD)
重量:2.4kg
コスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
モニターの性能 ★★★
携帯性 ★★★

BTO専門メーカーフロンティアのゲーミングノートPCです。

最新世代Core™ i7-10750HとRTX2070 SUPERの組み合わせで、

ゲーミングノートPCでは最強クラス

1TBというゲームが沢山インストールできる十分な容量が特長。

高画質高解像度で遊んだり、動画編集・ゲーム配信を考えている人にもおすすめ。

GALLERIA GR2060RGF-T


主なスペック CPU:Ryzen 7 4800H
グラボ:RTX 2060
メモリ:16GB
容量:512GB NVMe SSD
リフレッシュレート:120Hz(15.6フルHD)
重量:1.85g
コスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★
モニターの性能 ★★★★
携帯性 ★★★★

パソコンショップドスパラのゲーミングノートPC「GALLERIA」から、

RTX2060搭載ゲーミングPCです。

モニターが120Hz対応になっていますので、なめらかな動きでゲームを楽しみことが可能。

本気でFPS/TPSゲームをやりたい!という方におすすめです。

また重量も比較的軽くなっています。

LEVEL-17FG104-119K-VAZX


CPU Core i9-11900K
グラボ RTX 3080
メモリ 32GB
容量 1TB NVMe SSD
リフレッシュレート 144Hz(15.6フルHD)
重量 4.7kg
コスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★★
モニターの性能 ★★★★★
携帯性

パソコン工房から「LEVEL-17FG104-119K-VAZX」です。

今回紹介するノートPCの中では最強のスペックになっています。

CPUにはデスクトップとおなじCore i9 11900K(8コア16スレッド)を搭載。

ゲーミング性能はトップクラス。

またグラボもRTX3080と、これまたデスクトップでは2番目に高性能。

ノート用のCPUやグラボではなく、デスクトップ用を搭載しているのがポイントです。

ただその分重量も4.7kgあるので、もはやノートPCなのかは微妙ですが。。。

最強が欲しい方は。

小型ゲーミングPCのメリット・デメリットとは?

メリットは「省スペース」「持ち運び易さ」これに限ります。

デスクトップでも最近は取っ手が付いて持ち運び可能なゲーミングPCが増えてきました。

ではデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

性能に対するコスパは悪め

一般的に大きめのミドルタワー、ミニタワーに比べて、

小型ゲーミングPCは性能に対する価格が高めになっています。

これはゲーミングPCの基盤であるマザーボードが、小型規格だと高いことが要因です。

熱による性能低下リスクが高い

PCケースは小型であるほど熱が籠もりやすくなります。

PC性能は熱が高くなるほど低下する(わざと低下させる)ため、

結果的にゲームのFPS低下や、カクつきといった現象を引き起こしやすくなります。

昨今は小型でも熱対策が進んでいますが、それでも大きめのケースのほうが有利です。

拡張性が少ない

デスクトップ型がノート型に勝る利点の一つが、

後から性能をアップできる拡張性ですが、小型の場合これが限定されてしまいます。

ビデオキャプチャなど拡張カードはほぼむりで、

SSDなど記憶容量の拡張もかなり限定されてしまいます。

 

と、以上が小型ゲーミングPCのデメリットです。

わりとデメリットが多いのですが、

「小さいのにハイパフォーマンスという嬉しさ」がこのデメリットを超えてしまうんですよね(笑)