Youtube【こまたろPC】も更新中!

VALORANTのおすすめなゲーミングPCと推奨スペックとは?

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

ライアットゲームズが提供する話題の新作「VALORANT」。

快適にゲームをするための必要スペックやゲーミングPCについてまとめました!

VALORANTの動作スペック

最低必要動作環境 推奨動作環境 ハイエンド推奨(144fps)
CPU Intel Core 2 Duo E8400 Intel Core i3 4150 Intel Core i5 4460
グラフィック Intel HD 4000(VRAM 1GB以上) Nvidia GeForce GT 730 Nvidia GeForce GTX 1050ti
メモリ 4GB RAM 4GB RAM 4GB RAM

VALORANTはPvsPのFPSゲームですが、

最近のFPS/TPSゲームではかなり軽いゲームに属します。

最低要件は、もう10年前のスペックか?という無いようですし、

144fpsスペックのハイエンド推奨でさえ、旧世代のスペックです。

つまるところVALORANTをやるのであれば、

あまり高価なゲーミングPCは不要ということになります。

ただし、動画編集やゲーム配信も考えているなら、

ある程度のスペックは必要になってきます。

PCゲームにおいて重要なスペックは?
一番はグラフィック性能に直接影響するグラフィックボード(ビデオカード)、2番目がCPU、3番目がメインメモリです。
また読み込み速度では記憶媒体の種類(HDD、SSD)が影響します。

基本的なグラフィック設定

VALORANTではプリセット(あらかじめ用意された構成)は用意されておらず、

各項目について一つずつ設定していきます。

ただざっくりと「高」「中」「低」の3つに分かれており、

特にFPS値に影響が高いのが、

「テクスチャ」「アンチエイリアス」「異方性フィルタリング」「明瞭度を上げる」です。


↑アンチエイリアスや現在3段階。
(アップデートでFXAAが追加になりました)


↑異方性フィルタリングは5段階。

特に明瞭度を上げるが場合によって50fps以上変わるケースもあり、

かなり影響が大きいので、もしFPS値があがらなければオフにしてみると良いです。

★明瞭度オフ★

★明瞭度オン★

★明瞭度オフ★

★明瞭度オン★

写真ではわかりにくいかもですが(;゚Д゚)

明瞭度をオンにすると全体的に陰影がはっきりするので、

物体の区切りが視認しやすくなります。とはいえオフでも問題ないレベル。

どの程度グラフィック性能が必要か?

では実際にここ最近販売されているPCパーツから、

最低どのくらいの性能なら良いか?を探っていきたいと思います。

グラフィックボードを検証

ゲームだけするなら:GTX1650
動画編集やゲーム配信も:GTX1660 SUPER

まず最もゲーミング性能に影響するグラフィックボードから見ていきます。

ここ最近のグラボを使って検証してみました。

CPUはRyzen5 3600という、丁度中間の性能があるCPUです。

やはり要求スペックが低いだけあって、

最新のGPUの最安グラボGTX1650であっても、十分すぎる性能です。

高画質でも191fpsほど出せますので、144fpsゲーミングモニター利用でも余裕でしょう。

最新のグラボであれば何を選んでもOKという感じ。

 

また内蔵グラフィックが強いRyzen5 3400Gでも、

低画質60fpsで十分に遊ぶことが可能なので、

グラボ無しの安いゲーミングPCを利用することも考えられますね。
(とはいえ最近はグラボありでも十分やすい)

CPUを検証

安くすませるなら:Ryzen3 3100
ゲームを快適に:Ryzen3 3300X/Ryzen5 3500/Core i5 9400F/Core i3 10100
動画編集やゲーム配信も:Ryzen5 3500/Core i5 10400 以上

ゲームにおいて最も影響が高いのがグラフィックボードですが、

CPU性能も次に重要です。

ゲーム側でCPU性能を重視しているものもありますし、

グラフィックボード性能を活かしきれないボトルネックの懸念もあります。

CPUのボトルネック
ゲームなどグラフィック性能は、グラフィックボードが高性能であればよいわけではなく、同時にCPUもある程度の性能が必要です。
CPUの性能が低すぎると、ボトルネックとなりグラフィックボードの性能を100%引き出せなくなります。

今回は下位~ミドルクラスのCPUで計測しています。

主にRTX2060でチェック。

結論としては、このゲームはマルチスレッドを上手に使っている傾向があり、

最もマルチタスク性能が高いRyzen5 3600(6コア12スレッド)の性能がダントツです。

しかしながら、現実的なグラボの組み合わせとしては、

GTX1660 SUPER以下であることが多いと思います。
(VALORANT要求スペックと性能のバランス的に)

そうなってくるとRTX2060ほど差が開かず、下位のCPUでも十分に遊ぶことができると言えます。

やはりゲームだけするならGPUと同様、高価である必要はありません。

ただし動画編集やゲーム配信をするなら、

やはりマルチタスク性能が高いCPUを選ぶのが快適です。

 

それでは具体的にどのゲーミングPCがおすすめか?紹介していきましょう!

なお全体的なゲーミングPCのおすすめ紹介は下記記事を参考にしてください。

2020年10月★ゲーミングPCのおすすめは?価格・ランキング別 2020年10月!おすすめなBTOパソコンメーカーとは?PCの特徴など

低予算でVALORANTを遊ぶ!ゲーミングPC

ポイント!
  • グラボ無しで価格が安いゲーミングPC
  • 低画質60fps安定動作

まずはもっとも低価格でVALORANTを遊べるスペックです。

内蔵グラフィックが強力なRyzen5 3400G(4コア8スレッド)搭載モデルが中心です。

ゲーミングモニター利用は厳しいですが、とにかく安く済みます。

(ドスパラ) Regulus AR5-Q


CPU Ryzen5 3400G
グラボ なし
メモリ 8GB
容量 240GB NVMe SSD
大きさ 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm
ポイント!
  • Ryzen5 3400Gモデルでは他社より価格が安い

とにかく低予算でVALORANTを遊ぶならこのモデルがおすすめです。

同構成では他社よりやすい!その理由につきます。

安いと言っても、VALORANTをするのには十分な構成になっていますので、

低画質なら快適に遊ぶことができるでしょう。

(サイコム) Radiant SPX2700A300A


CPU Ryzen3 3200G/5 3400G
グラボ なし
メモリ 8GB(アップグレード)
容量 480GB SSD
大きさ 80(幅)×155(奥行き)×155(高さ)mm
ポイント!
  • とにかく超小型!
  • データ容量も多い!

グラボ無しの利点として超小型化しやすい点があります。

その利点を最大限生かしたモデルがこの「Radiant SPX2700A300A」です。

価格は少し高くなりますが、代わりにとにかく小さい。

本当にちょっとしたスペースにおけるサイズなので、

置き場所が無くて困っている人、持ち運びたい人におすすめできます。

144fpsゲーミングモニター利用したい!

ポイント!
  • 高画質高FPSでVALORANT可能/li>
  • ゲーム配信や動画編集はやらない/li>

続いてはよりグラフィック性能をあげて、

高画質144fpsなどでゲーミングモニター利用を考えている人向けのPCです。

VALORANTのゲームだけやるのであれば十分な性能ですが、

ゲーム配信などは想定していません。

GPUはGTX1650がおすすめです。

(ドスパラ) Lightning AH5


CPU Ryzen5 3600
グラボ GTX 1650
メモリ 8GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm
ポイント!
  • 低価格ながらCPUはミドルスペック
  • 初期構成でNVMe SSDの高速モデル

価格コスパがヤバイのが「Lightning AH5」です。

この価格帯だと普通は下位CPUが多いのですが、

このモデルはミドルスペックのRyzen5 3600を搭載。

搭載しているGTX1650の性能をしっかりと引き出してくれます。

長時間VALORANTをプレイしても安定して高FPSを出すことができるでしょう。

(フロンティア)FRGXB450/E


CPU Ryzen3 3100
グラボ GTX1650
メモリ 8GB
容量 240GB SSD
大きさ 190(幅)×426(奥行き)×356(高さ)mm
ポイント!
  • 低価格なのに4コア8スレッド

Ryzen3 3100は低価格ながら4コア8スレッドとなっており、

GTX1650のグラボと組み合わせても本価格帯に収まるという驚異のコスパ。

VALORANTをやるのであれば十分な性能を有しており、

低価格でゲーミングモニター利用PCを手に入れられます。

動画編集やゲーム配信もしたい!

ポイント!
  • 高画質144fps以上は余裕
  • 動画編集やゲーム配信も快適な性能

VALORANTを高画質144fps以上で遊べることはもちろんですが、

Youtubeなどで動画編集やゲーム配信したいというニーズに、

十分にこたえられる性能を有したスペックです。

CPUはRyzen5シリーズ、GPUはGTX1660 SUPERがコスパが高くおすすめです。

(ドスパラ) GALLERIA AT5


CPU Ryzen5 3500
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB
容量 256GB NVMeSSD + 1TBHDD
大きさ 185(幅)×395(奥行き)×370(高さ)mm
ポイント!
  • ミドルでは文句なしのGTX1660 SUPER
  • 同構成では他社より安い

今回の要件で価格を抑えつつ、スペックを十分に満たしたゲーミングPCです。

Ryzen5 3500(6コア6スレッド)はものすごいクリエイティブ性能!とは言いませんが、

動画編集もある程度こなせますし、

VALORANTであればゲーム配信も十分おこなうことができます。

(フロンティア) FRGAB450/D2/NTK


CPU Ryzen5 3600
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB(アップグレード)
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 200(幅)×485(奥行き)×423(高さ)mm
ポイント!
  • 動画編集も快適な性能
  • VALORANTも快適な環境で

より本格的に録画ゲーム配信や動画編集をしたい人なら、

このゲーミングPCがおすすめです。

ドスパラ機と比べてCPUがRyzen5 3600(6コア12スレッド)にパワーアップしており、

編集などクリエイティブ作業もより快適におこなえます。

なおゲーム配信向けPCについては下記も参照ください。

初心者向け!ゲーム配信用PCのおすすめは?スペックや選び方など

(ツクモ)GA5A-U200/T


 

CPU Ryzen5 1600AF
グラボ RX5500 XT 8G
メモリ 8GB
容量 240GB SSD + 1TB HDD
大きさ 190(幅)×475(奥行き)×435(高さ)mm
ポイント!
  • 低価格ながら6コア12スレッド
  • 低価格ゲーム配信PC

Ryzen5 1600AF(6コア12スレッド)を搭載した、ツクモの「GA5A-U200/T」です。

1600AFは他のCPUより一段と低価格ながら、12スレッドというコスパCPUで、

とにかく予算を抑えつつも、ゲーム配信PCがほしい!という方に向いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA