VALORANTのスペックやグラボとは?ゲーミングPCのおすすめ | こまたろPC
Youtube【こまたろPC】も更新中!

VALORANTのスペックやグラボとは?ゲーミングPCのおすすめ

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

ライアットゲームズが提供する話題の新作「VALORANT」。

快適にゲームをするための必要スペックやゲーミングPCについてまとめました!

VALORANTの動作スペック

※横スクロールできます

最低必要動作環境 推奨動作環境 ハイエンド推奨(144fps)
CPU Intel Core 2 Duo E8400 Intel Core i3 4150 Intel Core i5 4460
グラフィック Intel HD 4000(VRAM 1GB以上) Nvidia GeForce GT 730 Nvidia GeForce GTX 1050ti
メモリ 4GB RAM 4GB RAM 4GB RAM

VALORANTはPvsPのFPSゲームですが、

最近のFPS/TPSゲームではかなり軽いゲームに属します。

最低要件は、もう10年前のスペックか?という無いようですし、

144fpsスペックのハイエンド推奨でさえ、旧世代のスペックです。

つまるところVALORANTをやるのであれば、

あまり高価なゲーミングPCは不要ということになります。

ただし、動画編集やゲーム配信も考えているなら、

ある程度のスペックは必要になってきます。

PCゲームにおいて重要なスペックは?
一番はグラフィック性能に直接影響するグラフィックボード(ビデオカード)、2番目がCPU、3番目がメインメモリです。
また読み込み速度では記憶媒体の種類(HDD、SSD)が影響します。

基本的なグラフィック設定

VALORANTではプリセット(あらかじめ用意された構成)は用意されておらず、

各項目について一つずつ設定していきます。

「高」「中」「低」の3つに分かれているケースと複数項目から設定するものなどまちまち。

特にFPS値に影響が高いのが、

「テクスチャ」「アンチエイリアス」「異方性フィルタリング」「明瞭度を上げる」です。


↑アンチエイリアスや現在4段階。
(アップデートでFXAAが追加になりました)

基本的にはFXAAをおすすめします。

他の選択は負荷が高くFPSが落ちる、もしくはFPSが高くてもエイリアスが弱いなど。

FXAAはアンチエイリアス効果がありつつ、FPSも高めになります。


↑異方性フィルタリングは5段階。

異方性フィルタリングは描画のディテール感に影響しやすく、

高いほど負荷がおおきくなるので、FPSをチェックしながら調整しましょう。

 

またVALORANTにおいて明瞭度を上げるが場合によって50fps以上変わるケースもあり、

かなり影響が大きいので、もしFPS値があがらなければオフにしてみると良いです。

★明瞭度オフ★

★明瞭度オン★

★明瞭度オフ★

★明瞭度オン★

写真ではわかりにくいかもですが(;゚Д゚)

明瞭度をオンにすると全体的に陰影がはっきりするので、

物体の区切りが視認しやすくなります。とはいえオフでも問題ないレベル。

どの程度グラフィック性能が必要か?

では実際にここ最近販売されているPCパーツから、

最低どのくらいの性能なら良いか?を探っていきたいと思います。

グラフィックボードを検証

安く済ませるなら:Ryzen Gシリーズ
優れた環境でゲームだけするなら:GTX1650
+動画編集やゲーム配信も:GTX1660 SUPER

まず最もゲーミング性能に影響するグラフィックボードから見ていきます。

ここ最近のグラボを使って検証してみました。

VALORANTは最近のゲームの中では非常に軽いゲームでして、

最近のグラフィックボードを搭載していれば、144fps以上は余裕です。

つまり無理に高価なグラフィックボード搭載PCにする必要はなく、

例えばウルトラワイドモニターや4Kモニターなど高解像度が必要なときのみ、

ミドルクラス以上のグラフィックボードにすると良いでしょう。

 

ではグラフィックボード非搭載を想定し、

CPUとセットになっているグラフィックではどうでしょうか?

グラフィックスが強いRyzen GシリーズとIntel CPUを比較しました。

Ryzen 7 5700GやRyzen 5 5600GなどRyzen Gシリーズであれば、

低画質限定ですが144fpsも確保できるので、ゲーミングモニター利用もOK。

IntelはCore i7 11700Kでも遊ぶことはできますが、

ゲーミングモニターフル活用には役不足といったところ。

グラフィックボード非搭載PCを狙うならRyzen Gシリーズといったところでしょう。

CPUを検証

安くすませるなら:Core i5 10400
動画編集やゲーム配信も:Core i5 11400、Ryzen 5 5600X

ゲームにおいて最も影響が高いのがグラフィックボードですが、

CPU性能も次に重要です。

ゲーム側でCPU性能を重視しているものもありますし、

グラフィックボード性能を活かしきれないボトルネックの懸念もあります。

CPUのボトルネック
ゲームなどグラフィック性能は、グラフィックボードが高性能であればよいわけではなく、同時にCPUもある程度の性能が必要です。
CPUの性能が低すぎると、ボトルネックとなりグラフィックボードの性能を100%引き出せなくなります。

少し前のCPUになりますが、主にRTX2060でチェック。

はっきりわかるのは、VALORANTはマルチスコア性能を使えているところ。

6コア12スレッドあるCore i5 10400やRyzen 5 3600のほうがFPSが高いことがはっきりわかります。

グラフィックボード搭載PCで選ぶなら6コア12スレッド以上あるCPUと組み合わせるのがベストでしょう。

最新世代のCore i5 11400やRyzen 5 5600Xである必要はなく、

価格も十分抑えることができます。

ただ動画編集やゲーム配信も想定しているなら、

クリエイティブ性能が高い新世代6コア12スレッドのCPUが良いです。

 

低予算でVALORANTを遊ぶ!ゲーミングPC

ポイント!
  • グラボ無しで価格が安いゲーミングPC
  • 低画質60fps安定動作

まずはもっとも低価格でVALORANTを遊べるスペックです。

内蔵グラフィックが強力なRyzen PROシリーズから選択するのが良いでしょう。

ゲーミングモニター利用は厳しいですが、とにかく安く済みます。

(ドスパラ) mini Regulus II AR5


CPU Ryzen5 PRO 4650G(6コア12スレッド)
グラボ なし
メモリ 16GB
容量 250GB NVMe SSD
大きさ 80(幅)×155(奥行き)×155(高さ)mm

低予算でVALORANTを遊ぶなら、内臓グラフィックスが強いRyzen Gシリーズがおすすめ。

その中からRyzen 5 PRO 4650Gを搭載したゲーミングPCです。

グラフィックボード非搭載というメリットを活かし、超小型に分類されるゲーミングPC。

置き場所に困りませんし、小型なゲーミングPC自体が貴重なので、おすすめです。

(パソコン工房)STYLE-S0B5-RP54-EZX


CPU Ryzen 5 PRO 4650G(6コア12スレッド)
グラボ なし
メモリ 8GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 98(幅)×403(奥行き)×363(高さ)mm

こちらもRyzen 5 PRO 4650Gを搭載したゲーミングPCですが、

若干ケースが大きく、またメモリが少なめになっていることで、

より安く買うことができるようになっています。

スリム型なのでこの大きさでも十分省スペースです。

144fpsゲーミングモニター利用したい!

ポイント!
  • 高画質144fps以上は余裕
  • 動画編集やゲーム配信も快適な性能

VALORANTを高画質144fps以上で遊べることはもちろんですが、

Youtubeなどで動画編集やゲーム配信したいというニーズに、

十分にこたえられる性能を有したスペックです。

(ドスパラ) GALLERIA RM5C-G60


CPU Core i5 10400
グラボ GTX1660
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ)mm

今回の要件で価格を抑えつつ、スペックを十分に満たしたゲーミングPCです。

Core i5 10400(6コア12スレッド)はものすごいクリエイティブ性能!とは言いませんが、

動画編集もある程度こなせますし、

VALORANTであればゲーム配信も十分おこなうことができます。

(フロンティア)FRGXB560/B


CPU Core i7 11700F
グラボ RTX3070
メモリ 16GB
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 200(幅)×423(奥行き)×485(高さ)mm

より本格的に録画ゲーム配信や動画編集をしたい人なら、

このゲーミングPCがおすすめです。

最新世代Intel Core i7 11700F(8コア16スレッド)と、

最新世代RTX3070を搭載し、

もはやVALORANTをやるには十二分過ぎる性能ですが、

動画編集やゲーム配信も快適そのもの。

ゲーム性能も高いので、VALORANT以外の重いゲームをしたい人にも

なおゲーム配信向けPCについては下記も参照ください。

blank初心者向け!ゲーム配信用PCのおすすめは?スペックや選び方など

そのほかの人気ゲーム別ゲーミングPC

最近の人気ゲームを実測し、最適なゲーミングPCを紹介しています。

【実測】Escape From Tarkovのスペックとグラボは?ゲーミングPC紹介 サイバーパンク2077のスペックとグラボ性能は?ゲーミングPC紹介 CoD:BOCWにおすすめなゲーミングPCは?144fps/240fpsスペック 実測済・レインボーシックスシージの快適スペックとおすすめなゲーミングPC 【実測済】PC版PUBGの推奨スペックとおすすめなゲーミングPC SATISFACTORYのおすすめなゲーミングPCと推奨スペックとは? モンハンワールド(MHW)必要なスペックとグラボとは? フォートナイトの推奨スペックとグラボ性能は?ゲーミングPC紹介 Apex Legendsの推奨スペックとおすすめなゲーミングPCとは? バトルフィールド5は低予算スペックPCでも遊べるか!?

BTOメーカーの説明については