【実測】ストリートファイター6PC版のスペックとグラボは?ゲーミングPC紹介 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!

【実測】ストリートファイター6PC版のスペックとグラボは?ゲーミングPC紹介

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

大人気シリーズ、ストリートファイターから最新作、ストリートファイター6PC版に関して、

実際に計測し必要なグラフィック性能を測定。

おすすめなゲーミングPCについてまとめました!

ストリートファイター6のスペック

※横スクロールできます

必要スペック 推奨スペック
CPU Intel Core i5-7500 / AMD Ryzen 3 1200 Intel Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック GTX 1060 / Radeon RX 580 RTX 2070 / Radeon RX 5700XT
メモリ 8GB RAM 16GB RAM

ストリートファイター6の必要スペック・推奨スペックともに最近のゲームとしてはやや高スペックが要求されています。

特に快適に遊べるであろう推奨スペックではCPUもミドルクラス、グラフィックボードも旧世代とはいえハイクラス要求ですので、

それなりの高性能なゲーミングPCが必要かもいれません。

実測で確認していきます。

PCゲームにおいて重要なスペックは?
一番はグラフィック性能に直接影響するグラフィックボード(ビデオカード)、2番目がCPU、3番目がメインメモリです。
また読み込み速度では記憶媒体の種類(HDD、SSD)が影響します。

基本的なグラフィック設定

ストリートファイター6のグラフィック設定画面

ストリートファイター6ではファイティンググラウンドや通信対戦では60fpsがMAX固定ですが、

ワールドツアーモードでは120fpsまで最大値を上げることができます。

とはいえ格闘というゲームの本質を楽しむだけなら最低限60fpsを維持できる性能があれば十分です。

オープンワールドの世界観を快適に堪能するなら120fpsを目指すといったところでしょうか。

ストリートファイター6のグラフィック設定画面2

ストリートファイター6のグラフィック設定画面3

画質設定に関しては最近のゲームとしてはかなり設定項目は少な目。

DLSSやFSRといった高画質高フレームレートを助ける機能が無いため、

より高いゲーム性能が必要になります。

またプリセット機能があり、LOWEST~HIGHESTまで5段階で設定することができます。

画質による違い

では画質によってどの程度見え方が違うのか?

ストリートファイター6における最低画質フルHD
↑ストリートファイター6における最低画質フルHD

ストリートファイター6における最高画質フルHD
↑ストリートファイター6における最高画質フルHD

フルHDにて最低画質と最高画質を比較してみました。

4K解像度ではそこまで劣化は感じないのですが、フルHDでは最低画質では正直画面の粗さがかなり目立ち、

快適にゲームができるという感じではありません。

最低限画質はある程度の高さを担保し、60fpsを安定して狙えるゲーム性能は必要です。

どの程度ゲーミングPC性能が必要か?

最新・1世代前のグラフィックボードであれば快適そのもの
ミドルクラス相当のグラフィックボードがあれば高画質高解像度でも快適に遊べます。

では最近発売されている中で人気のグラフィックボードから、

具体的なパソコンスペックを探っていきたいとおもいます。

CPUはCore i7 13700Kを利用しています。

ストリートファイター6におけるグラフィックボードのフレームレートパフォーマンス

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHD最強 WQHD最低 WQHD最強 4K低画質 4K最強
RTX 4090 120 120 120 120 120 120
RTX 4070 120 120 120 120 120 78
RTX 3070 120 120 120 104 120 59
RTX 4060 Ti 120 120 120 95 120 31
RTX 3060 Ti 120 115 120 90 120 45
RTX 4060 120 115 120 80 118 46
RTX 3060 120 111 120 79 102 44
RX 6600 XT 120 100 120 70 103 25
RX 6600 120 85 120 59 87 23

最近の主流グラフィックボードであれば旧世代のミドルクラス以上は性能があるため、

ストリートファイター6をフルHD60fps以上で遊ぶには十分なフレームレートを出せています。

ただしフルHD最低画質~低画質ではややゲーム画面に支障があるため、フルHD中画質にて60fps以上出せる点を考慮すると、

フルHDであればRTX 3060/RX 6600 XTの1世代前のミドルクラスで十分。

WQHDであればRTX 3060 Ti/4060 Ti、4Kゲーミングはやや高性能でRTX 4070以上の性能は必要です。

DLSSやFSRが使えない点もあり、解像度を上げるとそれなりの高性能が要求されます。

 

それでは今現在、

BTOパソコンからディアブロ4に最適なゲーミングPCをご紹介していきます。

コスパの観点でもゲーミングPCをご紹介しています。
コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング

フルHDでおすすめのゲーミングPC

(フロンティア)FRGKB760/B

FRGKB760/Bの製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 3060
メモリ DDR4 16GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約215mm x 高さ(H):約347mm x 奥行(D):約401mm
PCの評価
コスパ 4.3
同価格帯の平均:4.2
(4.5)
ゲーム性能 2.3
同価格帯の平均:2.7
(2.5)
動画編集性能 3.3
同価格帯の平均:3.2
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)

フルHDであれば高画質で100fpsほど確保でき、ファイティンググラウンドの60fps固定も安定できる、

RTX 3060グラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

フルHDでストリートファイター6を遊ぶなら十分。

価格も抑えられておりコスパもかなりの高さになっています。

(マウスコンピューター)G-Tune DG-I5G60(スターター7点セット)

G-Tune DG-I5G60(スターター7点セット)の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR5 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4×4)
大きさ 約189×396×390
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.7
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.2
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)

こちらは最新世代のRTX 4060というグラフィックボードを搭載したゲーミングPCで、

フルHDはもちろん、WQHDでもストリートファイター6を60fps以上で遊ぶことが可能です。

WQHDでおすすめのゲーミングPC

(パソコン工房)【WEB限定】LEVEL-M17M-144F-SLX-WHITE

【WEB限定】LEVEL-M17M-144F-SLX-WHITE[Windows11Home]の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR5 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 約幅220mm×奥行411mm×高さ441mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 3.3
同価格帯の平均:2.5
(3.5)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(2.5)

最新世代のRTX 4060 Tiグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

ストリートファイター6にてWQHDで最高画質95、

中画質で120fpsは狙える性能があります。

WQHDで遊ぶなら最低限このクラスのゲーム性能が必要です。

(セブン)ZEFT R53CF

ZEFT R53CFの製品画像
CPU Ryzen 7 7700
グラフィックボード RTX 4070
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB Gen4 NVMe SSD
大きさ 185x292x377 mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.5
(5.0)
ゲーム性能 3.8
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
動画編集性能 4.0
同価格帯の平均:4.5
(4.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.2
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.6
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.3
(4.0)

最新世代のRTX 4070グラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

この価格帯では一段階上のグラフィックボードで、それだけでお得感が高いです。

ストリートファイター6であれば高画質でも60fps固定は余裕、上限の120fpsも余裕ですので、

まずゲームに支障が出ることはありません。

WQHD解像度で安定的に遊ぶことができます。

4KでおすすめのゲーミングPC

削除:

(ドスパラ)GALLERIA XA7C-R47T 14700F搭載

GALLERIA XA7C-R47T 14700F搭載の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070 Ti
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.3
同価格帯の平均:3.6
(4.5)
ゲーム性能 4.8
同価格帯の平均:3.6
(5.0)
動画編集性能 5.0
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.7
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.1
(3.0)

最新世代のRTX 4070 Tiを搭載したゲーミングPCです。

前世代のRTX 3090を超える性能で、DLSSが使えないストリートファイター6でも、

4K高画質で100fps近くのフレームレートを出すことができます。

4K解像度で遊ぶのであれば最低限このくらいの性能があったほうが良いでしょう。

本ゲーミングPCは価格も抑えられておりコスパもかなりの高さになっています。

(セブン)ZEFT Z45AS

ZEFT Z45ASの製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4080 SUPER
メモリ DDR5 64GB
容量 2TB Gen4 NVMe SSD + 2TB NVMe SSD
大きさ 290x495x466 mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.0
(5.0)
ゲーム性能 5.4
同価格帯の平均:5.4
(5.0)
動画編集性能 5.3
同価格帯の平均:5.5
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.9
(5.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:4.0
(4.0)

最新世代のRTX 4080 SUPERグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

RTX 4080 SUPERは4K高画質高フレームレートも容易で、その性能をしっかり活かせるCore i7 14700KFの組み合わせです。

要求スペックが高めのストリートファイター6でも4K高画質120fpsを狙える性能で、

安定的に4Kゲーミングをストリートファイター6で楽しむことが可能です。