【実測】アーマードコア6の推奨グラボとスペックは?ゲーミングPC紹介 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!

【実測】アーマードコア6の推奨グラボとスペックは?ゲーミングPC紹介

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

約10年ぶりとなる大人気シリーズアーマードコアの新作、

「Armored Core Vi Fires Of Rubicon(以下アーマードコア6)」

に関して、実際に計測し必要なグラフィック性能を測定。

おすすめなゲーミングPCについてまとめました!

アーマードコア6のスペック

※横スクロールできます

必要スペック 推奨スペック
CPU Intel Core i7-4790K | Intel Core i5-8400
AMD Ryzen 7 1800X | AMD Ryzen 5 2600
Intel Core i7-7700 | Intel Core i5-10400
AMD Ryzen 7 2700X | AMD Ryzen 5 3600
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1650 4 GB
AMD Radeon RX 480 4 GB
NVIDIA GeForce GTX 1060 6 GB
AMD Radeon RX 590 8 GB、Intel Arc A750 8GB
メモリ 12GB RAM 12GB RAM

アーマードコア6の必要スペック・推奨スペックともに最近のゲームとしては思ったよりは要件が低い印象です。

決して軽いゲームというほどではありませんが、CPU性能はかなり前の世代でOKですし、

グラボも推奨でもかなり前の世代なので、ある程度遊びやすいように負荷を下げて開発したのかもしれません。

最近のグラボであれば、概ね問題なく動くはずです。

実測で確認していきます。

PCゲームにおいて重要なスペックは?
一番はグラフィック性能に直接影響するグラフィックボード(ビデオカード)、2番目がCPU、3番目がメインメモリです。
また読み込み速度では記憶媒体の種類(HDD、SSD)が影響します。

基本的なグラフィック設定

アーマードコア6のグラフィック設定画面

今回PC版のアーマードコア6において、最も大きな変更点は120fpsまでフレームレートを対応したことです。

フロムソフトウェアのゲームは最近のゲームであっても珍しく60fpsまでしか対応していませんでした。

非公式Modなどを入れればフレームレート上限は解除できるものの、自己責任の世界ですので、

正式にフレームレート上限があがったのはうれしいですね!

アーマードコア6のグラフィック設定画面詳細

ただ詳細設定にもわかるとおり、昨今の高画質高フレームレートを助ける機能である、

DLSSやFSR、XeSSには対応していません。こちらもフロムソフトウェアを含む日本メーカー製はおおい。

是非最初から対応してほしいものです。

アーマードコア6のプリセット設定

細かく画質調整はできますが、プリセット機能が4段階用意されていますので、

簡単に負荷を調整することもできます。

画質による違い

では画質によってどの程度見え方が違うのか?

アーマードコア6における低画質4K
↑アーマードコア6における低画質4K
アーマードコア6における最高画質4K
↑アーマードコア6における最高画質4K

上記は4Kにて低画質と最高画質の比較です。

最高画質のほうが陰影やオブジェクトの汚れが細かく再現されているため、やや暗く見える印象でした。

逆に低画質のほうが模様がはっきりと見えるので、暗めのフィールドでは低画質のほうが見やすかったです。

アーマードコア6における低画質4K_2
↑アーマードコア6における低画質4K
アーマードコア6における最高画質4K_2
↑アーマードコア6における最高画質4K

少し明るめの場面でも比較。

こちらは低画質だとかなり凹凸が簡略化されており、

のっぺりして重厚感が薄れてしまっています。

明るい画面では最高画質のほうがよりアーマードコア特有の重厚感のある世界観は味わえる印象でした。

アーマードコア6における最高画質フルHD
↑アーマードコア6における最高画質フルHD
アーマードコア6における最高画質4K
↑アーマードコア6における最高画質4K

最高画質にてフルHDと4Kの比較。

このゲームだけに言えることではありませんが、機械や銃器がメインのゲームではやはり4K解像度のほうがディテールが伝わり、

世界観がより楽しめる印象です。またフルHDではややぼやけた印象もあり、

解像度が高いほうがアーマードコア6の世界観をより感じることができると思います。

フレームレートも重要

アーマードコア6におけるブースト移動
↑高速ブーストではかなりスピードが速い

世界観を味わうには画質と解像度は高いに越したことありませんが、

フレームレートに関してもアーマードコア6では高いほうが良いでしょう。

ストーリーモードではプレーヤーとの対戦ではありませんから、60fpsでも良いかもしれませんが、

かなりスピード感が重要なゲームになっています。

アーマードコア6における敵弾幕1
アーマードコア6における敵弾幕2

↑様々な銃弾が多方面からめちゃ速く飛んでくるので、回避行動の素早さが重要

また敵の弾速が速く、回避行動をとりやすくしたり、目が疲れないためにも高フレームレートが重要だと感じました。

30fpsなど低フレームレートではまず快適に遊ぶことはできません。

どの程度ゲーミングPC性能が必要か?

アーマードコア6を楽しむなら

旧世代でもミドルクラス以上のグラフィックボードがおすすめ!

では最近発売されている中で人気のグラフィックボードから、

具体的なパソコンスペックを探っていきたいとおもいます。

CPUはCore i7 13700Kを利用しています。

アーマードコア6におけるグラフィックボードベンチマーク結果

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHD最高 WQHD最低 WQHD最高 4K低画質 4K最高
RTX 4090 120 120 120 120 120 120
RTX 4070 120 120 120 120 109 75
RTX 4060 Ti 120 120 120 97 79 55
RTX 4060 120 120 120 86 70 47
RTX 3050 119 69 78 53 45 30
RX 6600 XT 120 120 115 73 65 39

120fpsまで対応したアーマードコア6ですが、DLSSやFSRといった機能がないのは懸念点。

とはいえ思ったよりも高フレームレートがでている結果となっています。

低画質で良いのであれば、一世代前の最下位であるRTX 3050でもフルHDで120fpsで遊べますし、

WQHD解像度であればRX 6600 XTやRTX 4060/RTX 4060 Tiなどミドルクラスで十分いけます。

旧世代のRTX 3060やRTX 3060 TiもRTX 4060/4060 Tiと似たような性能ですから、

アーマードコア6を快適に遊ぶならミドルクラス相当のグラフィックボードがおすすめです。

最高画質だと120fps固定は難しいですが、60fps以上は固いです。

 

WQHDで高画質も120fps固定も実現するなら、最新のRTX 4070相当のハイクラスグラフィックボードは必須。

4Kゲーミングとしても快適に遊ぶならハイクラスグラボは必要です。

 

それでは今現在、

BTOパソコンからアーマードコア6に最適なゲーミングPCをご紹介していきます。

コスパの観点でもゲーミングPCをご紹介しています。
コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング

フルHDでおすすめのゲーミングPC

(フロンティア)FRGKB760/B

FRGKB760/Bの製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 3060
メモリ DDR4 16GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約215mm x 高さ(H):約347mm x 奥行(D):約401mm
PCの評価
コスパ 4.3
同価格帯の平均:4.2
(4.5)
ゲーム性能 2.3
同価格帯の平均:2.7
(2.5)
動画編集性能 3.3
同価格帯の平均:3.2
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)

せっかくPCでアーマードコア6を遊ぶなら、高画質にて重厚な世界感を味わってほしいですし、

プレイのしやすさからもフレームレートもなるべく高フレームレートが良いことから、

フルHDだとしてもミドルクラスグラフィックボードであるRTX 3060を搭載したゲーミングPCを選びました。

フルHDなら120fps固定は固く、WQHD解像度でも低画質なら120fpsは可能です。

WEB限定で価格も安く、コスパもかなり高くおすすめ。

(マウスコンピューター)G-Tune DG-I5G60(スターター7点セット)

G-Tune DG-I5G60(スターター7点セット)の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR5 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4×4)
大きさ 約189×396×390
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.7
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.2
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)

こちらは最新世代のRTX 4060というグラフィックボードを搭載したゲーミングPCで、

やはりフルHDなら120fps固定は固く、WQHD解像度でも低画質なら120fpsは可能です。

またゲーミングヘッドフォンやキーボード、マウス、モニターがセットになっているので、

アーマードコア6をやるためにゲーミングPCを新調する人には最適

WQHDでおすすめのゲーミングPC

(パソコン工房)【WEB限定】LEVEL-M17M-144F-SLX-WHITE

【WEB限定】LEVEL-M17M-144F-SLX-WHITE[Windows11Home]の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR5 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 約幅220mm×奥行411mm×高さ441mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 3.3
同価格帯の平均:2.5
(3.5)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(2.5)

最新世代のRTX 4060 Tiグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

WQHD低画質であれば120fps固定、最高画質でも100fps弱くらいまではでますので、

十分アーマードコア6を遊ぶことがえきます。

コスパも相当高いです。

(フロンティア)FRGAG-B760M/SK4

FRGAG-B760M/SK4の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070 SUPER
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約210mm x 高さ(H):約457mm x 奥行(D):約465mm
PCの評価
コスパ 4.3
同価格帯の平均:3.5
(4.5)
ゲーム性能 4.3
同価格帯の平均:4.2
(4.5)
動画編集性能 4.8
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.2
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:5.0
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.6
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.3
(3.0)

最新世代のRTX 4070 SUPERグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

WQHD最高画質でも120fps固定で遊ぶことができますので、

アーマードコア6の世界感も操作性も重視したい人にはおすすめ。

4KでおすすめのゲーミングPC

(ドスパラ)GALLERIA XA7C-R47T 14700F搭載

GALLERIA XA7C-R47T 14700F搭載の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070 Ti
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.3
同価格帯の平均:3.6
(4.5)
ゲーム性能 4.8
同価格帯の平均:3.6
(5.0)
動画編集性能 5.0
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.7
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.1
(3.0)

最新世代のRTX 4070 Tiを搭載したゲーミングPCです。

前世代のRTX 3090を超える性能で、4K低画質なら120fps固定でアーマードコア6を遊ぶことが可能。

4K高画質で100fps近くのフレームレートを出すことができます。

4K解像度で遊ぶのであれば最低限このくらいの性能があったほうが良いでしょう。

本ゲーミングPCは価格も抑えられておりコスパもかなりの高さになっています。

(セブン)ZEFT Z45AS

ZEFT Z45ASの製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4080 SUPER
メモリ DDR5 64GB
容量 2TB Gen4 NVMe SSD + 2TB NVMe SSD
大きさ 290x495x466 mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.0
(5.0)
ゲーム性能 5.4
同価格帯の平均:5.4
(5.0)
動画編集性能 5.3
同価格帯の平均:5.5
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.9
(5.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:4.0
(4.0)

最新世代のRTX 4080 SUPERグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

RTX 4080 SUPERは4K高画質高フレームレートも容易で、その性能をしっかり活かせるCore i7 14700KFの組み合わせです。

4K最高画質120fps固定にてアーマードコア6を遊ぶことができ、

実質最高環境で遊べるゲーミングPCといえます。

アーマードコア6以外のゲームでももちろん快適に遊ぶことが可能。