【実測】Back 4 Blood(B4B)のスペックとグラボ性能は? | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

【実測】Back 4 Blood(B4B)のスペックとグラボ性能は?

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

大人気のゲーム「Back 4 Blood」についてPC版の推奨スペックと、

実際に必要性能を測定し、おすすめのゲーミングPCをご紹介していきます。

Back 4 Bloodの動作スペック

※横スクロールできます

最小スペック 推奨スペック
CPU Intel Core i5-6600 (3.3 GHz) または
AMD Ryzen 5 2600 (3.4 GHz)
Intel Core i5-8400 (2.8 GHz) または
AMD Ryzen 7 1800X (3.6 GHz)
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti または
AMD Radeon RX 570
NVIDIA GeForce GTX 970 または
AMD Radeon RX 590
メモリ 8GB RAM 12GB RAM

こちらはフルHD60fpsにおける推奨スペックです。

最近のゲームらしく過去のゲームと比べると、

CPUもグラフィックボードもともに性能要件は高めになっている印象です。

またこのゲームの性質上、高FPSでやりたい!という方もいらっしゃると思います。

その場合はこの要件よりさらにスペックが高くなりますので、

それなりのゲーミングPCを用意する必要はありそうです。

後程詳しくみていきましょう。

PCゲームにおいて重要なスペックは?
一番はグラフィック性能に直接影響するグラフィックボード(ビデオカード)、2番目がCPU、3番目がメインメモリです。
また読み込み速度では記憶媒体の種類(HDD、SSD)が影響します。

基本的なグラフィック設定

Back 4 Bloodは最近のゲームの標準的な設定項目があります。

特に画質で影響するのは「クオリティ」という箇所です。

細かく変更することも可能ですが、

プリセットとして「低」「中」「高」「最高」の4段階が設定できるので、

基本はこちらにて調整すると良いでしょう。

DLSSおよびFSRに対応

こまたろ的に素晴らしいと思ったのは、DLSSとFSRの両方に対応しているところ。

特に新しいFSRにいち早く対応したのはグラフィック性能のこだわりを感じます。

DLSS
DLSSとはGeforceが開発した機械学習により、ゲーム負荷を減らす技術です。
利用することでより高解像度・高画質・高FPSに遊べます。
GeforceのRTX2000、3000シリーズのみ利用可能です。
FSR
AMDが開発したグラフィック処理を低負荷にすることで、高FPSを実現するFidelityFX SUPER Resolution(FSR)という技術。
低解像度にして負荷を下げる代わりにのアップスケーリングで解像度の劣化を防ぎ、結果として高FPS値を実現する。
こちらもソフト側の対応が必要です。GeForce、Radeonの両方で利用可能。

要はより高FPS、高画質、高解像度を狙うことができるため、

より快適な環境でBack 4 Bloodを遊べるということです。

こちらはDLSSの設定画面。

「アップスケーリング」の箇所で「NVidia DLSS」を選択し、

新たに項目として「「NVidia DLSS」」にて、

「クオリティ」「バランス」「パフォーマンス」「ウルトラパフォーマンス」から選択します。

DLSSでは解像度を低下させAIにて補完するという技術なので、

クオリティは解像度低下が少ない代わりに、FPSや画質の伸びは少なめ、

ウルトラパフォーマンスだと解像度低下は大きい代わりに、FPSや画質の伸びは高いという感じです。

クオリティから初めて、FPSを確認しながら調整すると良いでしょう。

こちらはFSRの設定画面。

「アップスケーリング」の箇所で「AMD FSR」を選択し、

新たに項目として「「AMD FSR」」にて、

「ウルトラクオリティ」「クオリティ」「バランス」「パフォーマンス」から選択します。

DLSS同様、解像度を落とし補完する技術ですので、

パフォーマンスにいくほど、補完しきれなくなりますが、FPSや画質の伸びが高くなります。

画質設定によって自動で設定値が変わるので、そこで問題があれば調整しましょう。

今回計測したところ、Back 4 BloodではDLSSよりFSRのほうがパフォーマンスが良く

また多くのグラフィックボードで利用できることから、基本FSRの利用をお勧めします


↑4K低画質 FSR不使用


↑4K低画質 FSRバランス

画面ではわかり難いかもですが、こちらは4K低画質における、FSR利用(バランス)と不使用の比較。

どうでしょう?ほとんど違いがわかりません。

実際ゲームプレイしていても違和感はまったく感じず。


↑4K最高画質 FSR不使用

↑4K最高画質 FSRクオリティ

違和感の無さは設定を変えても一緒です。


↑4K低画質 FSR不使用

↑4K低画質 FSRバランス

もうひとつ遠景でも比較。

やっぱり解像度の劣化はまったくわからないレベル

ですが確実にFPSは向上していますので、FSRのすごさを感じました。

そのためこのゲームをやるときはFSRは利用するのが良いでしょう。

どの程度のグラフィック性能が必要か

さてここからは現在の現行モデルのグラフィックボードを利用して、

実際に計測してみました。

最近のエントリークラスからハイクラスまで計測しています。

グラフィックボード性能の目安
FSRの利用を前提として、
フルHDならGTX1650、GTX1660 Superなど
ウルトラワイドモニター、4K低画質ならRTX3060やRX6600など
ウルトラワイドモニター、4K高画質ならRTX3070以上

まずはFSRもDLSSも利用しない状態で計測。

思ったよりも低負荷のゲームといいますか、

エントリークラスのGTX1650でもフルHD低画質なら120fps付近を確保できます。

GTX1660 Super以上であればフルHDはおおむね快適です。

ウルトラワイドモニターや4Kなど高解像度であれば、

ミドルクラスのRX6600やRTX3060あたりからでも可というところでしょう。

ただし基本はFSR利用をお勧めしていますので、

利用した場合のFPSを計測。一気にFPSが向上していることがわかりますね。

GTX1650ではフルHD低画質120→174fpsと50fpsほどあがっており、

ゲーミングモニター利用も余裕。中画質や高画質でも十分快適に遊べるようになります。

ウルトラワイドモニターや4Kなど高解像度狙いでは、

RX6600にて4K低画質83→132fps、RTX3060で95→153fpsと、

高解像度でも高FPSの最上位ゲーミングモニター利用も可能になってきます。

このようにFSRを利用すれば、フルHDなら比較的安めのゲーミングPCでも、

高解像度でもミドルクラスのゲーミングPCあたりから快適に遊べそうです。

参考程度にDLSS利用の結果も掲載します。

DLSSはGeForce RTX系しか利用できませんし、

このゲームではFSRのほうがFPSの向上が大きいので、現時点では利用はおすすめしていません。

(今後DLSSプロファイルの更新などで結果は変わる可能性はあります)

 

それでは具体的にどのゲーミングPCがおすすめか?紹介していきましょう!

なお全体的なゲーミングPCのおすすめ紹介は下記記事を参考にしてください。

コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング【2022年12月】BTOおすすめのパソコンは?コスパが良いとこは?【2022年12月】

安くBack 4 Bloodを遊ぶ!おすすめゲーミングPC

ポイント!
  • 安さ重視のゲーミングPC
  • フルHD高FPSで遊ぶ前提

フルHDを前提とし、安さ重視でおすすめのゲーミングPCです。

FSRが利用できますので、

低価格でも高FPSでBack 4 Bloodを遊ぶことができるPCを選んでいます。

(ドスパラ)Magnate IH


CPU Core i3 12100 (4コア8スレッド)
グラボ GTX1650
メモリ 8GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 幅:約190mm x 高さ:約360mm x 奥行:約420mm

ゲーミングPCとしては最安クラスの構成です。

フルHD低画質なら144fpsは余裕、中~高画質100fps付近は確保できますので、

ゲーミングモニター利用でも十分活用することができます。

(フロンティア)FRGXB660/WS14/NTK

FRGXB660/WS14/NTKの製品画像
CPU Core i5 12400F
グラフィックボード RTX 3050
メモリ DDR4 16GB
容量 512GB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約190mm x 高さ(H):約356mm x 奥行(D):約421mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.8
(4.5)
ゲーム性能
同価格帯の平均:0.8
(1.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:1.5
(2.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:3.9
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.4
(2.5)

全体的な性能をもう一段階あげた、ミドルエントリークラスのゲーミングPCです。

個人的には安さを重視しつつBack 4 bloodを快適に遊ぶなら、ここからがおすすめ。

RTX3050は下位グラフィックボードながら、DLSSもFSRにも対応できますので、

Back 4 bloodに最適です。

高解像度低画質でBack 4 Blood遊ぶ!ゲーミングPC

ポイント!
  • ウルトラワイドモニターや4Kモニター利用
  • 4K低画質高FPSで遊べる

続いてはウルトラワイドモニターや4Kモニターなど、

高解像度にてBack 4 Bloodを遊ぶ予定のある人向けゲーミングPCです。

WQHD~4K低画質であれば144fpsなど高FPSで遊ぶことができます。

(パソコン工房)LEVEL-M06M-124-RBX-D [Windows 11 Home]

LEVEL-M06M-124-RBX-D [Windows 11 Home]の製品画像
CPU Core i5 12400
グラフィックボード RTX 3060
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 約幅190mm×奥行410mm×高さ356mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:4.0
(4.5)
ゲーム性能
同価格帯の平均:1.9
(2.5)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.8
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:3.8
(3.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.7
(3.0)

おなじく最新RTX3060を搭載し、

CPUもゲーム性能の高いCore i5 12400を搭載しています。

動画編集やゲーム配信も結構高性能なため、

Back 4 Bloodを遊ぶだけでなく動画配信なども考えている人にもおすすめ。

Back 4 Bloodを最高環境で遊ぶゲーミングPC

ポイント!
  • ウルトラワイドモニターや4Kモニターの最強クラス利用
  • 4K高画質高FPSで遊ぶ!

最後はハイクラスの性能をもつゲーミングPCです。

ウルトラワイドモニターや4Kでも144Hzのような、最上位モデルを利用したい人、

また4Kを高画質にて遊びたいというBack 4 Bloodでは最高環境で遊ぶことができます。

(ドスパラ)GALLERIA XA7C-R37


CPU Core i7 12700(12コア20スレッド)
グラボ RTX 3070
メモリ 16GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ)mm

ハイクラス入門と呼べるような構成のゲーミングPCです。

Back 4 Bloodを4K低画質で210fps、高画質で120fpsほどは確保できますので、

WQHD~4K解像度のゲーミングモニター利用にも十分対応できます。

(フロンティア)FRGHZ690/B


CPU Core i7 12700KF (12コア20スレッド)
グラボ RTX3080 ti
メモリ 16GB DDR5
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 幅:約239mm x 高さ:約510mm x 奥行:約513mm

さらに一段階性能を上げたRTX 3080tiを搭載したゲーミングPCです。

4K最高画質でも150fpsは確保できますので、

現在のゲーミングモニターではどのような種類でも最大限活用できる性能です。

Back 4 Bloodを最強クラスで遊びたい人へ。

そのほかの人気ゲーム別ゲーミングPC

最近の人気ゲームを実測し、最適なゲーミングPCを紹介しています。

モンスターハンターライズ(サンブレイク)のおすすめゲーミングPC BF2042(BF6)おすすめのゲーミングPCとスペック 【実測】ValheimにおすすめなゲーミングPCと必要スペック 【実測】Escape From Tarkovのスペックとグラボは?ゲーミングPC紹介 サイバーパンク2077のスペックとグラボ性能は?ゲーミングPC紹介 VALORANTのスペックやグラボとは?ゲーミングPCのおすすめ Apex Legendsの推奨スペックとおすすめなゲーミングPCとは? 【144fps/240fps】フォートナイトに必要なグラボ性能・CPU性能は?