【実測】 Battlefield 2042のスペックとグラボは?ゲーミングPC紹介 | こまたろPC
Youtube【こまたろPC】も更新中!

【実測】 Battlefield 2042のスペックとグラボは?ゲーミングPC紹介

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

人気シリーズのBattlefieldより最新作「Battlefield 2042」が発売されました。

今回はBattlefield 2042の推奨スペックや、

実際に計測し必要なグラフィック性能を測定。

おすすめなゲーミングPCについてまとめました!

Battlefield 2042の最低スペック

※横スクロールできます

最低スペック
CPU Ryzen 5 1600, Core i5 6600K
グラフィック Radeon RX 560,GeForce GTX 1050 Ti
メモリ 8 GB RAM

最低スペックとしてはやや高い要件といえます。

旧世代のグラフィックボードとCPUではあるものの、

わりと最近の種類であり、大昔のグラフィックボードやCPUが要件になりやすい最低スペック傾向と比べると、

ハードルが高めです。

しかも最低スペックはあくまでゲームが起動して動くレベル。

FPSである本作で快適に遊ぶには力不足かと思います。

PCゲームにおいて重要なスペックは?
一番はグラフィック性能に直接影響するグラフィックボード(ビデオカード)、2番目がCPU、3番目がメインメモリです。
また読み込み速度では記憶媒体の種類(HDD、SSD)が影響します。

Battlefield 2042の推奨スペック

※横スクロールできます

推奨スペック
CPU Ryzen 7 2700X, Core i7 4790
グラフィック Radeon RX 6600 XT, GeForce RTX 3060
メモリ 16 GB RAM

FPSである本作を快適に遊ぶにはこの推奨スペックのほうが重要です。

そしてその推奨スペックはかなり高いといえます。

CPUはまだ旧世代ハイクラスの指定なので普通ですが、

グラフィックボードは現行のミドルクラス以上であるRX 6600XとRTX3060となっており、

要求スペックが高かったサイバーパンク2077をも軽く超えています汗

このあと実測していきますが、

高フレームレートで遊ぶにはゲーミングPCの予算が結構必要になるゲームです。

Battlefield 2042に必要なグラフィックボード性能は?

では実際にここ最近販売されているPCパーツから、

具体的なパソコンスペックを探っていきたいとおもいます。

まずは最もフレームレートに影響しやすいグラボを計測していきます。

CPUはCore i7 12700Kを利用しています。

なおDLSS対応のグラフィックボードについては利用して計測、

下位のグラフィックボードではダイナミック解像度スケール利用時についても計測しています。

また実際にはフレームレート重視であまり利用する人はいないとは思いますが、

レイトレーシングにも対応しているため、一応計測に入れています。

DLSSとは?
機械学習を用いた処理技法で、処理が効率化されることで低負荷で高画質環境で遊べるようになります。
前述の高負荷であるレイトレはFPS低下が大きいですが、このDLSSと組み合わせることでFPSをある程度確保できます。
利用にはソフト側の対応が必要で、昨今だとフォートナイトやモンハンなどが対応しています。
利用できるのはRTX2000/3000シリーズのみです。
主なDLSS対応ゲーム一覧(Nvidia公式サイト)
レイトレとは?
レイトレーシングという光子の動きを利用した描画方法で、より現実に近い描画が可能と言われています。
ただしゲーム側が対応、および高負荷である点に留意。
昨今ではフォートナイトやCODなど人気タイトルもレイトレ対応となってきています。
利用するにはGTX16シリーズ一部/RTX2000/3000シリーズ、RX 6000シリーズではDirectX 12 Ultimate機能でレイトレができます。

フルHD144fpsでBattlefield 2042するなら

推奨されるグラフィックボード
低画質ならRX6600相当以上のグラボ(ミドルクラス以上)
高画質ならRTX3060ti相当のグラボ(ミドルエンドクラス以上)

フルHDでの計測です。

ほとんどの方はフルHD144fps以上を狙いたいゲームではないでしょうか?

やはり要求すベックが高いゲームだけあり、

現行のGTX1660 Superのようなエントリークラスグラボではまず144fps確保は無理です。

しかもダイナミック解像度スケールを利用してもフレームレートがあまり変わりません。

おそらく低解像度なのであまり解像度を下げる余地が無いからかと思います。

 

低画質限定であればRX6600などミドルクラスあたりで可能となっています。

またこのゲームは高性能グラボだから無限にフレームレートがでるゲームではないようです。

RTX3080やRTX3070のようなハイクラスで低画質設定にしても、

グラフィックボードパワーをフル活用してもらえず、フレームレートが伸びません。

そのため画質にこだわらないのであれば、

フルHDではミドル~ミドルエンドクラスが丁度良いスペックかと思います。


※↑低画質時のGPU使用率。75~80%台でフル活用できていない。なおメニュー画面はフル活用される

ウルトラワイド、4Kモニターで遊ぶなら

推奨されるグラフィックボード
RTX3070以上のハイクラスグラボ

ウルトラワイドモニターや4Kモニターなど高解像度でBattlefield 2042遊ぶ場合を想定し計測です。

非常に要求スペックが高いゲームということだけあり、

144fpsはRTX3080でさえ届きません。

そのため100fps前後を狙うなら高解像度でも遊べるかなという感じ。

安定して高フレームレートを出すのであればRTX3070以上のグラフィックボードは必須です。

Battlefield 2042に必要なCPU性能は?

推奨されるCPU
ハイクラスCPUがベスト。
最低でもミドルクラスのCPUがおすすめ

グラフィックボードではないのせよ、CPU性能もゲームでは影響を与えます。

現行のCPUにてフレームレートの違いを計測しました。

グラフィックボードはRTX3080を利用しています。

色々なゲームと比較するとCPU性能に影響を受けやすいゲームと言えそうです。

画質の設定に関わらず、シングル/マルチスレッド性能が高いCPUのほうが高フレームレートになっており、

エントリークラスのようなシングル/マルチスレッド性能が低めのCPUでは、

フレームレートがちょっと伸びずらいかもしれません。

4Kなど高解像度になっても傾向は変わりません。

Battlefield 2042にてベストな環境で遊ぶなら、ハイクラスCPUが良さそうです。

 

それでは今現在、

BTOパソコンからタルコフにおすすめなゲーミングPCをご紹介していきます。

BTOメーカーの詳細については下記記事を参考にしてください。

おすすめなBTOパソコンメーカーとは?【2022年1月版】

安く遊ぶ!おすすめゲーミングPC

ポイント!
  • フルHD低画質にて100fpsほど
  • とにかくBattlefield 2042を遊べれば良い

Battlefield 2042を遊ぶ上でカクつきや極端なフレームレート落ちなく、

最も安く遊ぶことができるゲーミングPCです。

この性能以下だとかなりきつくなってくるので、最低限快適に遊ぶならという価格帯です。

(ドスパラ) GALLERIA RM5C-G60S


CPU Core i5 12400
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ)mm

王道ミドルスペックながら価格を抑えられたドスパラのゲーミングPCです。

ミドルクラスのGTX1660ti搭載しており、

Battlefield 2042をそれなりに遊べる性能です。

CPUはCore i5 12400(6コア12スレッド)が搭載され、

ある程度のマルチタスク性能ももっています。

フルHD144fpsで遊べるゲーミングPC

ポイント!
  • フルHD低画質にて144fps確保
  • フルHDだけならこの価格帯で十分

フルHDのゲーミングモニター利用を考えている方におすすめのゲーミングPCです。

逆にこれ以上ハイスペックでもフルHDでは宝の持ち腐れになりますので、

高解像度で遊ぶ予定が無い限りはこの価格帯がおすすめです。

(パソコン工房)LEVEL-M056-117-RBX


CPU Core i7-11700
グラボ RTX3060
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 190(幅)×410(奥行き)×356(高さ)mm
最新世代RTX3060のグラボを搭載したゲーミングPCです。

前世代のミドル上位RTX2060 SUPERを上回る性能で、

フルHDではBattlefield 2042を最大180fps程度で遊ぶことができます。

(ドスパラ) GALLERIA XA7C-R36T


CPU Core i7 11700(8コア16スレッド)
グラボ RTX3060 ti
メモリ 16GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ)mm

RTX3060よりも一段階性能が高いRTX3060tiを搭載したゲーミングPCです。

Battlefield 2042をフルHD下ではもっとも丁度良いゲーム性能で、

高画質最大160fpsくらいは狙えますので、

フレームレートも画質も両立させたい人におすすめです。

ウルトラワイドモニターで遊ぶゲーミングPC

ポイント!
  • 4K解像度にて100fps以上確保
  • ウルトラワイドモニターなど高解像度モニター利用

フルHD以上の解像度にてBattlefield 2042を遊ぶ予定のある人におすすめのゲーミングPCです。

ウルトラワイドモニターや4Kモニター利用を考えている人は、

最低でもこのスペック帯から選んだほうが良いでしょう。

ただし144fps出るほどではありませんので、4K144Hzモニターなどフル活用はできません。

(ドスパラ)GALLERIA XA7C-R37


CPU Core i7 12700(12コア20スレッド)
グラボ RTX 3070
メモリ 16GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ)mm

最新世代のハイクラスグラボRTX3070を搭載したゲーミングPCです。

WQHD高FPS~4K高画質まで様々な設定の選択肢ができる性能になっており、

タルコフの綺麗なグラフィックも堪能するには十分な性能です。

ゲーム性能としてはKモデルであるCore i7 12700Kのほうが上ですが、

その代わり価格を抑えることができ、RTX3070との組み合わせでも、

十分対応できるCPUとなっています。

(ドスパラ)GALLERIA ZA7C-R37


CPU Core i7 12700K (12コア20スレッド)
グラボ RTX3070
メモリ 16GB DDR4
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm

同じくRTX3070を搭載していますが、

こちらは最新世代のCore i7 12700Kを搭載したゲーミングPCになります。

Core i7 12700KはBattlefield 2042との相性が良く、より高いフレームレートに寄与しますので、

RTX3070の性能をさらに活かすことが可能です。

代わりに予算が高くなりますので、とにかくフレームレートに重視の方へ。

現最高峰!おすすめゲーミングPC

ポイント!
  • とにかく少しでも高いフレームレート、高い画質を!

最後は最も高性能なゲーミング性能です。

Battlefield 2042やる上で最高の環境で遊びたいならという形なので、

フレームレートに対してのコスパは正直ちょっと落ちるかなとは思います。

それでも予算を気にせず、少しでも高いフレームレートや解像度、画質を目指したい方におすすめです。

(ドスパラ)GALLERIA ZA7C-R39


CPU Core i7 12700K (12コア20スレッド)
グラボ RTX3090
メモリ 16GB DDR4
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm

現行で最高のゲーム性能をもつRTX3090に、

Battlefield 2042との相性が良くグラボ性能を最大限引き出せるCore i7 12700Kの組み合わせです。

価格は非常に高額ですが、Battlefield 2042遊ぶ環境では現在の最高レベルです。

(フロンティア)FRGHZ690/B


CPU Core i7 12700KF (12コア20スレッド)
グラボ RTX3080 ti
メモリ 16GB DDR5
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 幅:約239mm x 高さ:約510mm x 奥行:約513mm

グラボ性能をひとつ下に落としたRTX 3080tiを搭載したゲーミングPCです。

一つ落としたといってもBattlefield 2042を遊ぶには最上級な環境で、

予算も少しだけ安くなっています。

フレームレートに影響するグラフィック設定

解像度を決める「フルスクリーン解像度」は当たり前として、

視野角やモーションブラーなど画面の見やすさに影響する項目も細かく設定できます。

「色収差効果」「フィルムグレイン効果」「ビネット効果」「レンズ歪み効果」など、

エフェクト効果周りも充実しています。

これらはONやOFFでフレームレートが向上するといったことはありませんが、

OFFにしたほうがフレームレートが安定する印象でした。

フレームレートに最も影響するグラフィック設定。

プリセットで低、中、高、最高の4段階が用意されていますので、

まずはプリセットを基本とし、フレームレートや自身の見やすさを踏まえながら、

各項目を細かく調整していくのが良いでしょう。


※↑低画質

※高画質

低画質と高画質では特に草木の描写に大きな違いがあります。

陰影もかなり違います。

 

また詳細項目にもフレームレートに影響するものが多々あります。

「ダイナミック解像度スケール」は、

解像度を調整してフレームレートの安定と向上を図る機能で、

DLSSが使えないグラフィックボードを利用する際は利用するのがおすすめです。

 

RTX系のグラフィックボードなら

Battlefield 2042がDLSSに対応していますので、利用してみるのが良いでしょう。


※↑DLSS利用時

※↑ダイナミック解像度スケール利用時

※↑ノーマル

上記はDLSS、ダイナミック解像度スケール、何も利用しないノーマルでの比較。

若干DLSSのほうが輪郭や描写の細かさがたかく綺麗な印象だが、

正直ほとんど違いはなく、敵に視認性などはどれも問題が無いレベル。

また「ダイナミック解像度スケール」と「DLSS」ではほとんどフレームレートに違いはなく、

またどちらが高fpsかもグラボや他の設定で常に変わるため、両方試してみることがおすすめです。

そのほかの人気ゲーム別ゲーミングPC

最近の人気ゲームを実測し、最適なゲーミングPCを紹介しています。

【実測】ValheimにおすすめなゲーミングPCと必要スペック 【実測】Back 4 BloodにおすすめなゲーミングPCと必要スペック サイバーパンク2077のスペックとグラボ性能は?ゲーミングPC紹介 SATISFACTORYのおすすめなゲーミングPCと推奨スペックとは? VALORANTのスペックやグラボとは?ゲーミングPCのおすすめ Apex Legendsの推奨スペックとおすすめなゲーミングPCとは? フォートナイトのスペックと必要なCPUとグラボ性能は?