【144fps/240fps】フォートナイトにおすすめゲーミングPCは? | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!

【144fps/240fps】フォートナイトにおすすめゲーミングPCは?

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

大人気バトロワ「フォートナイト」におすすめなゲーミングPCを解説します。

安いゲーミングPC、144fps出るゲーミングPC、240fps出るゲーミングPCなど、

求めるニーズ別にご紹介しています。

勝ちにいくならやはり144fps以上

フォートナイトを快適に遊ぶのであれば60fpsでれば十分です。

ただし勝率を挙げるにはやはり144fps/240fpsは確保できるゲーミングPCがおすすめです。


NVidiaによるフレームレート検証動画

上記はグラボメーカーのNVidiaのfpsの違いを現した動作です。

fps(フレームレート)は1秒間に何回画面を描画するかと考えてもらえれば良いです。

fpsが高いほど動きが滑らかになり、特に敵の残像が消えたり、敵の飛び出しに早く気づけたりなど、

敵の視認のしやすさにかなり影響してきます。

最近では144fps/240fpsのゲーミングモニターは安くなりましたが、

ゲーミングPCがそれを活かせる性能がなければ意味がありません。

またfps以外にも高いゲーム性能をもったゲーミングPCが必要な理由があります。

勝ちたいなら高性能なゲーミングPCがおすすめな理由

高性能なゲーミングPCは高いfpsを出せるだけでなく、

どんなときも安定したfpsをだしやすいという利点があります。

これはフォートナイトで勝つためには重要で、

  • プレイヤーが密集した時の建設と編集時
  • 建設物の爆破
  • プレイヤーが密集した時の激しい銃撃戦/li>
  • 視野方向の急旋回

上記のように特に処理が重くなるフォートナイトの場面では、

ゲーム性能が低いゲーミングPCだとfpsが落ち、カクついてしまうことがあります。

カクつくということはそれだけでゲームでは不利で、

結果敵に撃ち負けてしまう原因になってしまいます。。。

fpsの高い数値も重要ですが、安定したfpsを出すこともフォートナイトで重要です。

 

それではおすすめのゲーミングPCをご紹介していきます。

下記にて実際に計測した必要なグラボ性能、CPU性能をもとに選出しました!

フォートナイトによるグラボとCPU計測結果はこちら
【144fps/240fps】フォートナイトに必要なグラボ性能・CPU性能は?
コスパの観点でもゲーミングPCをご紹介しています。
コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング

フルHD低画質144fps/240fps!おすすめゲーミングPC

ポイント!
  • なるべく低価格でフォートナイトが遊べる
  • 低画質でも良いので144fps/240fps以上欲しい

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R35 RTX3050 6G搭載

GALLERIA RM5C-R35 RTX3050 6G搭載の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 3050
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB SSD (M.2 NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.3
同価格帯の平均:4.2
(4.5)
ゲーム性能 0.8
同価格帯の平均:1.9
(1.0)
動画編集性能 2.5
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(3.0)

RTX 3050とCore i5 14400Fを搭載した安さ重視のゲーミングPC。

ゲーミングPCとしては決して高いゲーム性能とはいえませんが、価格はゲーミングPCとしては最安級。

安いといってもフォートナイトをフルHD低~中画質くらいなら200~300fpsは出せるゲーム性能はあるので、

十分フルHD144Hz/240Hzゲーミングモニター利用は可能です。

ただし画質を少しでも良い設定にすると厳しいので注意。

ドスパラは全国に実店舗も展開しており、サポートも充実。

(ドスパラ)GALLERIA RM5R-R35 4500搭載

GALLERIA RM5R-R35 4500搭載の製品画像
CPU Ryzen 5 4500
グラフィックボード RTX 3050
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 2.8
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
ゲーム性能 0.8
同価格帯の平均:1.1
(1.0)
動画編集性能 0.8
同価格帯の平均:1.1
(1.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.4
(2.5)

さらに価格が安いドスパラのゲーミングPCです。

CPUをRyzen 5 4500というさらに安価な種類にすることで安さが際立っていますが、

フォートナイトで遊ぶ分には問題なし。

ただゲーム配信には向いていません。

ドスパラのガレリアシリーズはゲーミングPC業界では大人気商品で、

実店舗も各地にありますので安心。

フルHD低画質360fps!おすすめゲーミングPC

ポイント!
  • 240HzのフルHDゲーミングモニターを利用したい
  • 低画質でも良い
  • 低画質ならWQHD144Hzゲーミングモニターにも対応

(ストーム)MG-PSK134F46

MG-PSK134F46の製品画像
CPU Core i5 13400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR4 32GB
容量 NVMe SSD 1TB
大きさ 200 x 460 x 450 mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.7
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.2
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
最新世代のRTX 4060グラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

定番のミドルクラス構成で、フォートナイトフルHD低画質なら400fps以上は安定して出せる性能。

360HzのフルHDゲーミングモニター利用にも対応できます。

コスパもトップクラスの良さ。

アークはPCパーツやサプライを販売している秋葉原の店舗で、自作をする人では知らない人がいない名店です。

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R46 14400F搭載

GALLERIA RM5C-R46 14400F搭載 の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)

同じく最新世代のRTX 4060グラフィックボード搭載ですが、CPUが最新Core i5 14400Fを搭載した、

新世代王道ミドルクラス構成。

ゲーム性能はやはりフォートナイトフルHD低画質なら400fps以上は安定して出せる性能を持っており、

また最新世代ということもあって、最新ゲームでのパフォーマンスも発揮しやすいPC。

フォートナイト以外にも色々ゲームを遊ぶ予定の人におすすめ。

フルHD高画質144fps!おすすめゲーミングPC

ポイント!
  • 144fps以上でフォートナイトを遊びたい
  • 画質もこだわりたい
  • 低~中画質ならWQHD/4KゲーミングもOK

(ドスパラ)GALLERIA XA7C-R47S 14700F搭載

GALLERIA XA7C-R47S 14700F搭載の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070 SUPER
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB SSD (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.5
同価格帯の平均:3.6
(4.5)
ゲーム性能 4.3
同価格帯の平均:3.9
(4.5)
動画編集性能 4.8
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.0
(3.0)

最新世代のRTX 4070 SUPERとCore i7 14700Fを搭載したゲーミングPCです。

フォートナイトの最高画質はかなり高負荷ですが、それでもフルHD190fps以上は確保できるゲーム性能をもっています。

高フレームレートと高画質を両立してフォートナイトを遊びたい!という方におすすめ。

フロンティアはゲーミングPC販売では老舗で高コスパPCが多く、本PCもコスパがトップクラスの良さです。

(アーク)AG-IR20B66MGL7-SFH

AG-IR20B66MGL7-SFHの製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070
メモリ DDR4 32GB
容量 【NVMe・PCIe4.0】1TB
大きさ 210mm (W) x 392mm (H) x 366mm (D)
PCの評価
コスパ 4.3
同価格帯の平均:3.9
(4.5)
ゲーム性能 3.8
同価格帯の平均:3.2
(4.0)
動画編集性能 4.5
同価格帯の平均:3.9
(4.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.3
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.8
(2.5)

最新世代のRTX 4070グラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

少し性能は落ちますがそれでもフルHD170fpsは確保でき、また既にゲーミングデバイスがセットになっているタイプで、

コスパも高めです。

WQHD高画質144fps!おすすめゲーミングPC

ポイント!
  • WQHD144fps以上でフォートナイトを遊びたい
  • 画質もこだわりたい
  • 中画質なら4K144fpsもOK

(ドスパラ)GALLERIA ZA7C-R47TS 14700KF搭載

GALLERIA ZA7C-R47TS 14700KF搭載の製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4070 Ti SUPER
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB SSD (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:3.6
(5.0)
ゲーム性能 5.0
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
動画編集性能 5.0
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.5
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.9
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.6
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.6
(4.0)

最新世代RTX 4070 Ti SUPERを搭載したゲーミングPCです。

ゲーミングPC全体で見ても高性能なグラボで、フォートナイトWQHD最高画質という高負荷でも160fpsを確保できます。

WQHD解像度でフレームレートと画質を両立させたい人におすすめ。

また中~高画質にすれば4K解像度でも144fps以上を確保できますから、

4K144HzゲーミングモニターやUWQHD相当のウルトラワイドゲーミングモニターを使ってフォートナイトを遊ぶ人にも良いでしょう。

(セブン)ZEFT Z45CO

ZEFT Z45COの製品画像
CPU Core i9 14900K
グラフィックボード RTX 4090
メモリ DDR5 64GB
容量 2TB Gen4 NVMe SSD + 2TB NVMe SSD
大きさ 291x626x666 mm
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:4.1
(5.0)
ゲーム性能 5.6
同価格帯の平均:5.5
(5.0)
動画編集性能 5.5
同価格帯の平均:5.6
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:4.2
(5.0)

最新世代の最上位Core i9 14900KとRTX 4090を組み合わせた現最強コンビのゲーミングPC。

さらにゲーム性能をアップさせてWQHD解像度最高画質でも200fpsは余裕。

4KやUWQHD相当の解像度でも高画質付近で遊ぶことができます。

ゲーミングPC全体で見ても、現時点の最強のゲーム性能となっており、さらに周りのスペックも最強。

Gen4 SSD2TBおよびサブSSD2TBの計4TBの記憶容量、

360mm簡易水冷クーラーやプラチナ1200W電源はもちろんですが、

PCケースも超高級な CoolerMaster HAF 700 EVOを採用している点など、

見た目のごつさはまさに最強のオーラを出しており、どのスペックも妥協がありません。

価格自体は超高価ですが、性能からみる価格コスパは最強レベル。

フォートナイトだけでなく、末永くPCゲームを遊びたい人におすすめ。

基本的なグラフィック設定

PCゲームの利点はグラフィック設定が細かくできること。

特にフォートナイトはかなり細かく設定ができるので、FPSの最適化がしやすいです。

その中でも重要な設定に品質があります。

「低」「中」「高」「最高」が用意され、

最高ほどゲーム画質がキレイで没入感が高まりますが、

ゲームを対戦するという意味では低画質でも問題ないです。

上はフルHDにて低画質(上)と最高画質(下)での比較。

見た目は違うことには違いますが、低でも特に問題ないことがわかります。

 

そしてもう一つ3D解像度という設定があります。

フォートナイトではこの設定も結構細かくうごかせるので、

解像度を落とすことで、低スペックパソコンでも快適に動作させられます。

上記のようにお使いのモニターに合わせて、複数の解像度を選択できます。

ただし、PCモニターとして多いフルHD(1920×1080)で、

それ以下に落とすと画質の粗さが目立ちます。

例えば解像度853×410(上)とフルHD(下)を比べると大分違いますよね。

解像度が下がると粗さが目立つことで敵の視認もし難いため、勝敗に大きく影響します。

フォートナイトをPCで遊ぶなら、極力フルHD以上で快適動作するゲーミングPCが必須と言えるでしょう。

フォートナイトがDLSSとレイトレーシングに対応
DLSSとはGeforceが開発した機械学習により、ゲーム負荷を減らす技術です。
利用することでより高画質より高FPSに遊べます。
GeforceのRTX2000、3000シリーズのみ利用可能です。

レイトレーシングは新しい描画手法で、より現実に近い描写ができるように。
特に鏡や水たまりなど反射面で敵の視認がしやすくなっています。