ダイイングライト2おすすめのゲーミングPCとスペック | こまたろPC

ダイイングライト2おすすめのゲーミングPCとスペック

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

爽快なパルクールも楽しい「DyingLight2」が発売されました。

実際に計測し必要なグラフィック性能を測定。

必要な推奨スペックや、おすすめゲーミングPCについてまとめました!

ダイイングライト2の最低スペックと推奨スペック

※横スクロールできます

公式最低スペック 公式推奨スペック
CPU Core i3-9100、Ryzen 3 2300X 以上 Core i5-8600K、Ryzen 5 3600X 以上
グラフィック GTX 1050 Ti、RX 560以上 RTX 2060 6GB、GeForce RX Vega 56 8GB以上
メモリ 8 GB RAM 16 GB RAM

まずは公式の最低と推奨スペックです。

ダイイングライト2は要求スペックが高めのゲームと言えそうです。

最低スペックでも少し前のエントリークラス以上、

快適に動く推奨スペックとなると1世代前のミドルスペックは必要となっており、

それなりの予算をかけたゲーミングPCが必要そうです。

実際に計測してわかった!推奨スペック

では実際どのくらいのスペックが良いのか。

ダイイングライト2はPvPというわけではありませんが、

パルクールを含めたスピード感ある移動が醍醐味であり、

視点移動がとても速いゲームです。

かつ前作より標準の移動スピードもあがっており、

フレームレートの高さはプレイの快適性に影響が大きいと言えるでしょう。

※横スクロールできます
※レイトレOFF、FSR/DLSS利用を想定しています

フルHD
60fps用スペック
フルHD144fps以上/
WQHD60fps以上用スペック
WQHD144fps以上/
4K60fps用スペック
4k
120fps以上用スペック
グラフィック GeForce GTX 1660S or Radeon RX 6600 GeForce RTX3060 or Radeon RX 6600XT GeForce RTX 3060ti or Radeon RX 6600XT GeForce RTX 3070 or Radeon RX 6700 XT
CPU Core i3 12100, Ryzen 5 5600X Core i5 12400, Ryzen 5 5600X Core i5 12400, Ryzen 5 5600X Core i7 12700K, Ryzen 9 5900X
メモリ 16 GB RAM以上 16 GB RAM以上 16 GB RAM以上 16 GB RAM以上
PCゲームにおいて重要なスペックは?
一番はグラフィック性能に直接影響するグラフィックボード(ビデオカード)、2番目がCPU、3番目がメインメモリです。
また読み込み速度では記憶媒体の種類(HDD、SSD)が影響します。

ダイイングライト2に必要なグラボ性能は?

ダイイングライト2のグラフィックの綺麗さ、フレームレートに影響する、

最も大きなPC性能はグラフィックボードです。

高画質高フレームにするDLSS/FSRを利用しよう!

ダイイングライト2ではアップスケーリングという、

グラフィック処理の重さを軽減することで、高画質高フレームレートを実現する機能が豊富です。

GeForce RTX系が利用できるDLSS、最近のグラボなら利用できるFSR、そしてLinearです。

全てのモードでフレームレートが上昇しますが、

フレームレート伸びが高さと画質の綺麗さに違いがあります。

そのため何を求めたいか?でも選ぶグラフィックボード、

ひいては選ぶゲーミングPCも変わってきます。

フレームレートの伸びが高い順
Linear > FSR > DLSS
画質が綺麗な順
DLSS > FSR >> Linear

基本的にLinearが一番フレームレートが伸びますが、

代わりにグラフィックがかなり粗くなってしまいます。

ダイイングライト2 フルHD低画質DLSS
※フルHD低画質時のDLSS
ダイイングライト2 フルHD低画質FSR
※フルHD低画質時のFSR
ダイイングライト2 フルHD低画質Linear
※フルHD低画質時のLinear

写真で伝わるかあわかりませんが、

実際にプレイするとLinearやFSRやオブジェクトがぼやけて、

常に霧がかった雰囲気です。

その点DLSSはその劣化を感じません。

基本的に画質設定が低いとLinearの粗さが目立ってきます。

ダイイングライト2 4K低画質DLSS
※4K低画質時のDLSS
ダイイングライト2 4K低画質FSR
※4K低画質時のFSR
ダイイングライト2 4K低画質Linear
※4K低画質時のLinear

ただし4Kぐらいの高解像度になると劣化も感じ難くなります。

こまたろ的に違和感の許容範囲として

フルHD/WQHDではDLSS利用、4KではFSR/DLSS利用がおすすめ。

Linearはかなりの画質の粗さが目立つので、

ゲーム性能が足らないPCで遊ぶ時の苦肉の策といったところです。

DLSSとは?
機械学習を用いた処理技法で、処理が効率化されることで低負荷で高画質環境で遊べるようになります。
前述の高負荷であるレイトレはFPS低下が大きいですが、このDLSSと組み合わせることでFPSをある程度確保できます。
利用にはソフト側の対応が必要で、利用できるのはRTX2000/3000シリーズのみです。
FSR
AMDが開発したグラフィック処理を低負荷にすることで、高FPSを実現するFidelityFX SUPER Resolution(FSR)という技術。
低解像度にして負荷を下げる代わりにのアップスケーリングで解像度の劣化を防ぎ、結果として高FPS値を実現する。
こちらもソフト側の対応が必要です。GeForce、Radeonの両方で利用可能。

レイトレの設定
↑なおダイイングライト2にはレイトレも利用できる。ただしゲーム性能はかなり必要

FSR利用時のフレームレート

最近売られているメジャーなグラボを利用してフレームレートを計測しました。

フルHD、WQHD、4Kそれぞれで低、高画質設定で計測しています。

FSR利用時のダイイングライト2のフレームレート
※レイトレについては現在制作中

FSRを利用すれば下位のGTX1650でも、

フルHD低画質で60fpsは確保できるものの、

画質が結構粗いので、快適プレイとしてはあまりおすすめできません。

最低でもGTX1660SやRTX3050のミドル下位クラスの性能はあったほうが良いです。

特にRTX3050はDLSSも利用できますから、他のゲームを鑑みてもおすすめ。

ウルトラワイドモニターならRTX3060以上、

4KモニターならRTX3070のハイクラスは必要です。

DLSS利用時のフレームレート

DLSS利用時のダイイングライト2のフレームレート
※レイトレについては現在制作中

FSRに比べるとDLSSは最大フレームレートで劣ります。

さらにRTX系のグラボに限られるところが難点です。

ただ代わりに画像の綺麗で粗さがまったくわかりません。

性能目安としては概ねFSRと同様で、

フルHDならRTX3050、WQHDならRTX3060以上、

4KならRTX3070以上は必要です。

 

それでは今現在

BTOパソコンからダイイングライト2におすすめなゲーミングPCをご紹介していきます。

フルHDメイン、おすすめゲーミングPC

ポイント!
  • 比較的安めのゲーミングPC
  • 動画編集やゲーム配信もそこsこ

ダイイングライト2を遊ぶ上で、安めの予算ならこのスペックです。

フルHDなら高画質でも60fps以上、低画質なら120fpsほどで遊べます。

(ドスパラ) GALLERIA RM5C-R35


CPU Core i5 12400
グラボ RTX3050
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ)mm

王道ミドルスペックながら価格を抑えられたドスパラのゲーミングPCです。

最新エントリークラスのRTX3050が搭載されています。

下位グラボですが、ダイイングライト2のDLSSやFSRが利用できますので、

前世代ミドルクラスより高フレームレート、高画質で遊ぶことができます。

CPUはCore i5 12400(6コア12スレッド)が搭載され、

動画編集やゲーム配信もおこなうことが可能です。

フルHD高fps~WQHD!ゲーミングPC

ポイント!
  • フルHD100~160fps担保!
  • 2540×1080 ウルトラワイドモニター利用OK

フルHDを高画質高fpsで遊びたい人、

WQHDモニターや2540×1080解像度ウルトラワイドモニターで、

ダイイングライト2を遊びたい人におすすめです。

(パソコン工房)LEVEL-M066-124-RBX


CPU Core i5 12400(6コア12スレッド)
グラボ RTX3060
メモリ 16GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 190(幅)×410(奥行き)×356(高さ)mm

最新世代RTX3060のグラボを搭載したゲーミングPCです。

ダイイングライト2をWQHD相当で遊ぶなら最低条件のスペックですが、

基本的に高いゲーム性能のため、そのほかのゲームも快適に遊べます。

(ドスパラ) GALLERIA XA7C-R36T


CPU Core i7 12700(12コア20スレッド)
グラボ RTX3060 ti
メモリ 16GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ)mm
RTX3060よりも一段階性能が高いRTX3060tiを搭載したゲーミングPCです。

さらに高フレームレートを目指したいならこちらがおすすめ。

ウルトラワイドモニターで遊ぶゲーミングPC

ポイント!
  • 4Kモニターや3840×1080ウルトラワイドモニター利用可
  • 動画編集、ゲーム配信も高速、安定

ダイイングライト2を高解像度で遊びたい人向けのゲーミングPCです。

フルHD240fpsなど超高フレームレートやWQHD高画質高フレームレートも可ですし、

4K最高画質の最高の環境でダイイングライト2を楽しむことが可能です。

(ドスパラ)GALLERIA ZA7C-R37


CPU Core i7 12700K (12コア20スレッド)
グラボ RTX3070
メモリ 16GB DDR4
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm

ハイスペックならRTX3070を搭載しています。

また最新世代のCore i7 12700Kを搭載することで、

ダイイングライト2を超快適に遊ぶことができます。

(ドスパラ)GALLERIA ZA7C-R39


CPU Core i7 12700K (12コア20スレッド)
グラボ RTX3090
メモリ 16GB DDR4
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm

現行で最高のゲーム性能をもつRTX3090に、

グラボ性能を最大限引き出せるCore i7 12700Kの組み合わせです。

価格は非常に高額ですが、ダイイングライト2を遊ぶ環境では現在の最高レベルです。

 

以上がダイイングライト2におすすめのゲーミングPCです。

他のゲームも含めた総合的な観点でコスパの高いゲーミングPCも紹介していますので、

参考にしてみてください。

【2022年5月】コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング