【実測】Cod:MW3のスペックとグラボは?ゲーミングPC紹介 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

【実測】Cod:MW3のスペックとグラボは?ゲーミングPC紹介

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

大人気シリーズ、コールオブデューティーからモダンウォーウェア3について

実際に計測し必要なグラフィック性能を測定。

おすすめなゲーミングPCについてまとめました!

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3のスペック

※横スクロールできます

必要スペック 推奨スペック
CPU Core i5-6600 または Ryzen 5 1400 Core i7-6700K または Ryzen 5 1600X
グラフィック NVIDIA GTX 960 / GTX 1650 または Radeon RX 470 NVIDIA GTX 1080Ti / RTX 3060 または Radeon RX 6600 XT
メモリ 8GB RAM 16GB RAM

コールオブデューティーモダンウォーウェアのときからスペック要件が変わっていないように感じますが、

最近のゲームとしては普通の重さというところでしょうか。

必要要件ではまともにゲームは難しいので、推奨スペックは欲しいですが、

一世代前のミドルクラス程度のゲーム性能があれば良さそうです。

PCゲームにおいて重要なスペックは?
一番はグラフィック性能に直接影響するグラフィックボード(ビデオカード)、2番目がCPU、3番目がメインメモリです。
また読み込み速度では記憶媒体の種類(HDD、SSD)が影響します。

基本的なグラフィック設定

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3のグラフィック設定画面

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアシリーズは設定がかなり細かいのが特徴で、本作も例外はなし

このあたりの細かさは好みにカスタムしやすい利点はありますが、面倒という欠点も。

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3のグラフィック設定画面2

面倒な人にはプリセットが5段階(最低、ベーシック、バランス重視、ウルトラ、極限)があるので、

まずはそちらを設定しフレームレートの具合をみてから細かく調整するのもありでしょう。

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3のグラフィック設定画面2

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアシリーズは最新のアップスケーリング技術への対応も早いです。

従来のDLSS2/FSR、XeSSとNVidia、AMD、Intelの3社すべてに対応。

さらに最新技術となるDLSS3とFSR3にもいち早く対応しています。

両者とも技術内容は違いますが、フレームレートの補完をおこなうことでフレームレートのさらなる向上を目的としていますので、

使えるグラフィックボードの場合は積極的に活用しても良いでしょう。

画質による違い

では画質によってどの程度見え方が違うのか?

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3における4K極限画質(外)
↑コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3における4K極限画質(外)

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3における4K最低画質(外)
↑コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3における4K最低画質(外)

上記2つは4Kにて違いを比較した画像。

極限画質になると銃の表面のミニタリー感や木々の細かさ、陰影の細かさなどがよりリアルになっており、

最低画質は全体的に簡略化されのっぺりとした印象に。

ただだからといってゲーム性能を損なうといったこともなく、むしろ細かさが無い分敵を発見しやすい方もいるでしょう。

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3における4K極限画質(室内)
↑コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3における4K極限画質(室内)

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3における4K最低画質(室内)
↑コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3における4K最低画質(室内)

室内になってくるともうほとんど違いはわからないのが正直なところ。

このゲームでは無理にきれいな画質で遊ぶ必要はなく、

個人のこだわり次第というところでしょう。

どちらかというと解像度をあげたほうが敵の視認性がアップしたなとこまたろは感じました。

どの程度ゲーミングPC性能が必要か?

FSR3.0利用でエントリークラスグラボでも遊べる
フルHD144fps安定ならFSR3.0利用でRTX 3050あたりから、より安定性や高フレームレートを狙うならRTX 4060相当のミドルクラスがおすすめ

では最近発売されている中で人気のグラフィックボードから、

具体的なパソコンスペックを探っていきたいとおもいます。

CPUはCore i9 14900KFを利用。

今回はDLSS2と3、そしてFSR3にて計測しています。

CoD:MW3のグラフィックボード計測(DLSS)

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHD極限 WQHD最低 WQHD極限 4K最低 4K極限
RTX 4090 350 309 347 285 288 213
RTX 4070 Ti SUPER 341 250 286 205 193 138
RTX 4070 SUPER 351 232 292 198 192 133
RTX 4070 329 218 270 180 169 116
RTX 4060 Ti 277 168 218 131 132 86
RTX 4060 199 127 153 101 92 60
RTX 3050 147 89 111 69 66 44

CoD:MW3は対人戦ですのでフレームレートを重視する方は多いかと思います。

最低画質で見た場合、RTX 3050のローエンドで147fpsほど出ていますが、

常に144fps以上安定という面からみるとやや力不足。RTX 3050以下の性能のグラボでは高フレームレート維持は難しいでしょう。

フルHD最低画質でもRTX 4060相当のミドルクラスグラフィックボードが必要な結果に。

高画質にこだわるとなるとRTX 4060 Tiのミドルエンドクラスが必要。

全体的に高負荷なゲームという印象をうけます。

CoD:MW3のグラフィックボード計測(DLSS3)

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHD極限 WQHD最低 WQHD極限 4K最低 4K極限
RTX 4090 473 387 391 324 263 220
RTX 4070 Ti SUPER 384 302 297 239 179 147
RTX 4070 SUPER 366 285 276 217 158 129
RTX 4070 336 254 247 197 139 113
RTX 4060 Ti 283 206 200 155 108 88
RTX 4060 235 175 163 126 86 69

ではRTX 4000シリーズで使えるDLSS3を利用した結果は。

その効果はかなりあり、DLSS2では極限画質144fps安定は厳しかったRTX 4060も、

DLSS3利用なら200fps超えと余裕そのもの。一つ上のWQHDでも中高画質程度であれば十分144fps以上安定はいけます。

DLSS2とDLSS3とのフレームレート差がかなりあるので、基本的にRTX 4000シリーズに有利なゲーム。

CoD:MW3のグラフィックボード計測(FSR3)

さらに驚いたのがAMDが提供するフレームレート補完技術のFSR3.0です。

一説にはDLSS3のほうがフレームレートが出るという話もありますが、

このゲームにおいてはむしろFSR3のほうがフレームレートが出ており、さらに数値もえぐいです。

RTX 4060で見ればWQHD極限設定でも170fps近く出ており、144fps以上の安定性がかなり向上。

DLSS2利用時と比べれば一段階くらい上の解像度で遊べるようになっています。

RTX 3050もフルHD中高画質144fps以上は余裕になっていますから、

単純にフレームレートだけ考えればFSR3を利用するのが良さそうです。

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHD極限 WQHD最低 WQHD極限 4K最低 4K極限
RTX 4090 648 423 523 426 366 303
RTX 4070 Ti SUPER 512 382 403 308 250 199
RTX 4070 SUPER 524 373 400 298 240 186
RTX 4070 494 357 372 279 218 168
RTX 4060 Ti 393 262 258 204 163 119
RTX 4060 316 218 234 169 126 98
RTX 3050 217 152 158 115 85 52

 

それでは今現在、

BTOパソコンからディアブロ4に最適なゲーミングPCをご紹介していきます。

コスパの観点でもゲーミングPCをご紹介しています。
コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング

フルHDでおすすめのゲーミングPC

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R35 14400F搭載

GALLERIA RM5C-R35 14400F搭載の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 3050
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.3
同価格帯の平均:3.8
(4.5)
ゲーム性能 0.8
同価格帯の平均:1.6
(1.0)
動画編集性能 2.5
同価格帯の平均:2.1
(2.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(3.0)

RTX 3050とCore i5 14400Fを搭載した安さ重視のゲーミングPC。

ゲーム性能は昨今の業界の中では決して高いというわけではないですが、

FSR3利用前提で考えればCoD:MW3にてフルHD低~高画質144fps以上は安定して遊ぶことが可能。

フルHD144Hzモニターで遊ぶ予定であれば、このくらいのゲーム性能でも十分です。

ゲーム性能が低いのと、パソコン工房のWEB限定モデル特価もあり、価格設定は業界最安級なのが魅力ポイント。

WQHDでおすすめのゲーミングPC

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R46 14400F搭載

GALLERIA RM5C-R46 14400F搭載 の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)

最新世代のRTX 4060とCore i5 14400Fを搭載した王道ミドルクラス構成。

FSR3を利用すればWQHD極限設定でも144fps以上を安定して遊べる性能はもっており、

フルHD240Hzのような超高リフレッシュレートのゲーミングモニター利用にも最適。

ゲーミングPCとしても価格と性能バランスに優れた構成で、

本PCはさらに価格が抑えられておりお買い得感が高いです。

(アーク)AG-IR20B66MGL7-SFH

AG-IR20B66MGL7-SFHの製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070
メモリ DDR4 32GB
容量 【NVMe・PCIe4.0】1TB
大きさ 210mm (W) x 392mm (H) x 366mm (D)
PCの評価
コスパ 4.3
同価格帯の平均:3.9
(4.5)
ゲーム性能 3.8
同価格帯の平均:3.2
(4.0)
動画編集性能 4.5
同価格帯の平均:3.9
(4.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.3
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.8
(2.5)

さらにゲーム性能がアップしたRTX 4070グラボを搭載したゲーミングPCです。

ゲーミングPCとしてはハイクラスで、FSR3利用でWQHD極設定でも210fpsほど平均値を出すことが可能。

高画質ぐらいで画質調整すればWQHD240Hzリフレッシュモニター利用でも活躍できますし、

低~中画質ぐらいであればUWQHD相当のウルトラワイドゲーミングモニターでもCoD:MW3を遊ぶことができます。

4KでおすすめのゲーミングPC

(ツクモ)G-GEAR Aim GB7J-G241/B

G-GEAR Aim GB7J-G241/Bの製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4070 SUPER
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB SSD※ (M.2規格 / NVMe Gen4接続)
大きさ 210(W)x415(D)x400(H)mm (本体のみ、突起物含まず)
PCの評価
コスパ 4.5
同価格帯の平均:3.6
(4.5)
ゲーム性能 4.3
同価格帯の平均:3.6
(4.5)
動画編集性能 4.8
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.1
(3.0)

4K入門として最適なRTX 4070 SUPERのグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

CoD:MW3に関しても4Kに最適という感じで、FSR3利用であれば極限設定でも180fps超えですので、

4K144HzゲーミングモニターやUWQHD相当のウルトラワイドゲーミングモニターを高画質でも楽しむことができます。

CPUもグラボ性能を活かせるCore i7 14700KFなので、バランスも良し。

(ドスパラ)GALLERIA ZA7C-R47TS 14700KF搭載

GALLERIA ZA7C-R47TS 14700KF搭載の製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4070 Ti SUPER
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB SSD (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:3.6
(5.0)
ゲーム性能 5.0
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
動画編集性能 5.0
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.5
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.9
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.6
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.6
(4.0)

もう一段階性能が高いRTX 4070 Ti SUPERを搭載したゲーミングPCです。

4Kをメインターゲットとするグラボなので、CoD:MW3でも4K高画質高フレームレートは安定そのもの。

もちろん他のゲームでも高パフォーマンスを発揮できますし、今後も長い期間活躍できるゲーム性能ですので、

長くPCゲームを遊ぶ予定のある方におすすめ。