【実測】Escape From Tarkovのスペックとグラボは?ゲーミングPC紹介 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!

【実測】Escape From Tarkovのスペックとグラボは?ゲーミングPC紹介

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

β版ではありますが現在Youtubeでも人気になってきているのが、

「Escape From Tarkov(以下タルコフ)」です。

動作スペックや、実際に計測し必要なグラフィック性能を測定。

おすすめなゲーミングPCについてまとめました!

タルコフの最低スペック

※横スクロールできます

最低スペック
CPU Intel Core 2 Duo i3 2.4GHz or AMD Athlon,Phenom II
グラフィック DX9 1GB
メモリ 6GB RAM

タルコフではβ版であることからか、あまり詳細な推奨スペックについて書かれていません。

唯一確認できる最小スペックはかなり昔のPC構成となっており、

正直参考にならないと感じています。

計測してみると、高フレームレートで狙うためにはそれなりの高スペックが必要ではありますが、

後程紹介するDLSSおよびFSRを利用できるか否かが重要になってきます。

PCゲームにおいて重要なスペックは?
一番はグラフィック性能に直接影響するグラフィックボード(ビデオカード)、2番目がCPU、3番目がメインメモリです。
また読み込み速度では記憶媒体の種類(HDD、SSD)が影響します。

基本的なグラフィック設定

タルコフのグラフィック設定2023年

2016年から開発されているタルコフは、DLSSおよびFSRに対応するまでになりました。

両者とも基本的にフレームレートの向上に寄与する機能ですので、

以前よりもより色々なゲーミングPCでタルコフを遊びやすくなったのは間違いありません。

ここ最近で買えるグラフィックボードであればDLSSかFSRの利用は可能ですから、

基本的には利用して遊ぶのがおすすめ。

プリセット機能としては最低~ウルトラまでの5段階があるので、

基本はこれらを動かして調整していくのがよいでしょう。

またPOSTFX機能で、画面の見た目調整ができます。

結構タルコフは暗くて見えにくい場所もあるので、明るさ調整は良く利用されます。

ただし処理が重くなる傾向があり、FPS値が落ちるので注意です。

グラフィックの見え方

では低画質とウルトラでどの程度見え方が違うのか?

まずは低画質とウルトラ画質を見ていきます。

タルコフ フルHD低画質DLSS利用時の画質
※↑フルHD 低画質 DLSS利用

タルコフ フルHDウルトラ画質DLSS利用時の画質
※↑フルHD ウルトラ画質 DLSS利用

上記はCUSTOMというエリアの一例ですが、

DLSS非対応じは低画質だと木や遠くにあるオブジェクトの影が簡略化されていたのですが、

DLSS利用ではほとんど気になりません。

タルコフ フルHD低画質DLSS利用時の画質2
※↑フルHD 低画質

タルコフ フルHDウルトラ画質DLSS利用時の画質2
※↑フルHD ウルトラ画質

もう一つ比較的くらいFACTORYというエリアです。

こちらも正直あまりかわりません。

敵を倒すという意味ではもちろんですが、タルコフの臨場感を味わい人でも、

低画質である程度楽しめるかと思います。

 

タルコフ フルHDウルトラ画質DLSS利用時の画質
※↑フルHD ウルトラ画質 DLSS利用

タルコフ 4Kウルトラ画質DLSS利用時の画質
※↑4K ウルトラ画質 DLSS利用

ただし解像度による綺麗さはかなり違います。

なお残念ながらあまり画面では伝えられないかもですが、

木々や看板、壁面などの細かさはやはり高解像度のほうがよいです。

敵を倒せればいいだろって人には意味がないかもしれませんが、

折角綺麗なタルコフの世界を楽しみたいなら、WQHDや4Kなど高解像度ゲームもおすすめです。

DLSSとFSRはどちらが良い?

DLSSとFSRはフレームレートが向上する結果は同じですが、

利用できるグラフィックボードと画質の綺麗さが変わってきます。

DLSSはGeforce RTX系グラフィックボードのみ、FSRはGeforce RTX/AMD Radeon両方のグラフィックで利用可能。

そしてDLSSのほうが基本的には綺麗に描写される傾向にあります。

では実際はどうか?

タルコフ フルHD低画質DLSS利用時の画質
※↑フルHD 低画質 DLSS利用

タルコフ フルHD低画質FSR利用時の画質
※↑フルHD 低画質 FSR利用

画面の明暗は天気による影響なので気にしないでほしいですが、

やはりFSRのほうが木々など細かい部分でかなり簡略化はされています。

ただ敵を視認する上では大きな影響はなく、あくまでタルコフの綺麗さの点ではDLSSが良いです。

フレームレートについては後程示します。

どの程度ゲーミングPC性能が必要か?

高スペックなゲーミングPCでなくても遊べるようになっている
DLSSやFSRの対応により高解像度でもミドルクラスゲーミングPCくらいから、高フレームレートで遊べるように。
以前よりもタルコフを遊ぶためのゲーミングPCの予算はさがっています。
またAMD Radeonでも楽しみやすくなっています。

では実際にここ最近販売されているPCパーツでミドル~ハイクラス売れ筋グラフィックボードから、

具体的なパソコンスペックを探っていきたいとおもいます。

タルコフにおけるDLSS利用時のグラフィックボードパフォーマンスグラフ

※横スクロールできます

フルHD低 フルHDウルトラ WQHD低 WQHDウルトラ 4K低 4Kウルトラ
RTX 4090 143 143 143 143 143 141
RTX 4070 Ti SUPER 143 143 143 143 143 131
RTX 4070 SUPER 143 143 143 143 143 116
RTX 4070 144 143 143 143 140 100
RTX 3070 144 143 143 142 126 92
RTX 4060 Ti 144 143 143 141 112 75
RTX 3060 Ti 143 143 143 134 113 71
RTX 4060 143 143 142 128 89 60
RTX 3060 143 139 142 110 92 56

まずはDLSS利用時から。

以前はDLSSが無かったため、タルコフを高フレームレートで遊ぶにはそれなりの性能が要求されましたが、

DLSSを利用することで以前よりもフレームレートが出るようになっています。

DLSS利用時は144fps上限にいまのところなっていますので、4Kウルトラの最高画質以外は、

高性能だからといってフレームレートに差はでません。

フルHDであればRTX 3060/4060ぐらいミドルクラス、

WQHDであればRTX 4070以上のグラボがあれば、かなりフレームレートが安定します。

4Kの場合はRTX 4070 Ti SUPER相当のパワーは必要でしょう。

 
タルコフにおけるFSR利用時のグラフィックボードパフォーマンスグラフ

※横スクロールできます

フルHD低 フルHDウルトラ WQHD低 WQHDウルトラ 4K低 4Kウルトラ
RTX 4090 143 143 143 142 143 143
RTX 4070 Ti SUPER 143 143 143 143 143 143
RTX 4070 SUPER 143 143 143 143 143 120
RTX 4070 143 143 143 141 142 103
RTX 3070 143 143 142 143 122 90
RTX 4060 Ti 143 140 142 140 111 77
RTX 3060 Ti 143 140 142 140 104 75
RTX 4060 143 142 142 139 94 62
RTX 3060 143 142 142 117 88 58
RX 6600 XT 143 139 143 115 78 51
RX 6600 143 143 133 93 62 42

では続いてFSR利用時。こちらはAMD Radeonのグラフィックボードも使えるのが魅力的な機能。

基本的にはDLSSと傾向は変わらず、フルHDならRTX 3060やRX 6600 XTなどミドルクラスくらいのグラボ、

WQHDならRTX 4070以上、4KならRTX 4070 Ti SUPER以上の性能があると、

高画質高フレームレートでも安定してタルコフを遊ぶことが可能。

もちろん低画質でも良いということなら、それぞれもう少し性能が下がっても大丈夫です。

 

また以前はGeForce RTX系に有利な設定しかタルコフになかったのですが、

現状はAMD Radeonも遜色なく遊べますので、ゲーミングPCの選択肢も広がっています。

 

それでは今現在、

BTOパソコンからタルコフにおすすめなゲーミングPCをご紹介していきます。

コスパの観点でもゲーミングPCをご紹介しています。
コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング

安くタルコフを遊ぶ用ゲーミングPC

ポイント!
  • フルHD高画質高フレームレートも可能

まずはタルコフを快適に遊べる性能でなるべく低価格なゲーミングPCです。

フルHD低画質であればタルコフ限界設定の120fps付近までいけるので、

高FPSのゲーミングモニターを利用したい人にも対応できます。

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R35 RTX3050 6G搭載

GALLERIA RM5C-R35 RTX3050 6G搭載の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 3050
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB SSD (M.2 NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.3
同価格帯の平均:4.2
(4.5)
ゲーム性能 0.8
同価格帯の平均:1.9
(1.0)
動画編集性能 2.5
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(3.0)

旧世代のRTX 3050グラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

タルコフをフルHDならある程度問題なく遊ぶことができる性能をもっています。

タルコフを快適に遊ぶには32GBメインメモリへアップグレードすることがベストですが、

初期の16GBのままでもある程度遊ぶことができます。

RTX 3050なのでDLSS/FSR両方利用することが可能。

フルHD~WQHD高画質高フレームレート用ゲーミングPC

ポイント!
  • フルHD~WQHDにて高画質高フレームレートで遊べる

フルHD~WQHDにてタルコフを最高環境で遊ぶためのスペックになります。

DLSS/FSR利用ならウルトラ画質144fps付近で遊べるため画質とFPS両方にこだわりたい人におすすめ。

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R46T 14400F搭載

GALLERIA RM5C-R46T 14400F搭載の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 3.3
同価格帯の平均:2.5
(3.5)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)

Core i5 14400FとRTX 4060 Tiを搭載したゲーミングPCです。

RTX 4060 Tiを搭載していますので、DLSSもしくはFSRを利用することで、

タルコフならフルHD~WQHDゲーミングまで高画質高フレームレートで遊べます。

価格も抑えており、かつ非常にコスパが高くなっています。

ただし初期メモリが16GBですので、32GBにアップグレードしたほうがタルコフをより快適に遊ぶことができます。

(マウスコンピューター)G-Tune DG-I5G60(スターター7点セット)

G-Tune DG-I5G60(スターター7点セット)の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR5 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4×4)
大きさ 約189×396×390
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.7
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.2
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)

一つグラボ性能を落としたRTX 4060を搭載したゲーミングPCです。

とはいえフルHDで十分タルコフを高フレームレートで遊ぶことは可能で、

何よりゲーミングモニター、ヘッドセット、マウス、キーボード、マウスパッドなど、

ゲームに必要なサプライ品もセットになっていますので、タルコフを機にゲーミングPCを初めて用意する人にはおすすめ。

読み込みが早いGen4 NVMe SSD搭載もタルコフとの相性良し。

ただし初期メモリが16GBですので、32GBにアップグレードしたほうがタルコフをより快適に遊ぶことができます。

4K低画質高フレームレート用ゲーミングPC

ポイント!
  • 4K低画質高フレームレート安定

続いては4K解像度にてタルコフを遊ぶ人のためのスペックです。

タルコフも4K解像度になるとかなりハイスペックなゲーミングPCが必要になってきます。

(アーク)AG-IR20Z79AGL7-MG3

AG-IR20Z79AGL7-MG3の製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4070
メモリ DDR5 32GB
容量 【NVMe・PCIe4.0】2TB
大きさ 235x510x505mm
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:3.4
(5.0)
ゲーム性能 3.8
同価格帯の平均:4.7
(4.0)
動画編集性能 4.5
同価格帯の平均:4.8
(4.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.3
(3.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.7
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.5
(4.0)

最新世代のRTX 4070搭載でより4K低画質ならほぼ上限値付近で安定してタルコフを遊ぶことが可能。

高画質でも100近いフレームレートで遊ぶことができますので、

画質の良さを両立したい人にも対応できます。

メモリも32GBですのでタルコフでもフレームレートが安定しやすく、

高速なGen4 NVMe SSDなのでロード時間も短いです。

(ドスパラ)GALLERIA XA7C-R47T 14700F搭載

GALLERIA XA7C-R47T 14700F搭載の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070 Ti
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.3
同価格帯の平均:3.6
(4.5)
ゲーム性能 4.8
同価格帯の平均:3.6
(5.0)
動画編集性能 5.0
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.7
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.1
(3.0)

最新世代のRTX 4070 Tiを搭載したゲーミングPCです。

前世代のRTX 3090を超える性能をもち、非常に重いタルコフでも4K高画質高フレームレートでも遊ぶことが可能。

メモリを喰うタルコフに対応できるよう32GB搭載もメリットです。

CPUもゲーム性能が高いCore i7 14700FなのでRTX 4070 Tiの組み合わせとしても良く、

また価格が抑えられているためコスパも非常に高くなっています。

4K高画質高フレームレート用ゲーミングPC

ポイント!
  • 4K高画質144fps安定

最後は最も高性能なゲーミング性能です。

4Kは高画質高フレームレートでタルコフを遊ぶためのゲーミングPCで、

高フレームレートといってもFPS上限値MAXで、安定性もばっちり。

タルコフの綺麗さもフレームレートも妥協はしたくない人向けです。

(ドスパラ)GALLERIA ZA7C-R48S 14700KF搭載

GALLERIA ZA7C-R48S 14700KF搭載の製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4080 SUPER
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB SSD (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.0
同価格帯の平均:3.4
(4.0)
ゲーム性能 5.4
同価格帯の平均:4.9
(5.0)
動画編集性能 5.3
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.9
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.6
(4.0)

最新世代のRTX 4080 SUPERとCore i7 14700KFを組み合わせたゲーミングPCです。

RTX 4080 SUPERは準最強のグラフィックボードで、4K高画質高フレームレートを安定して確保することが可能。

当然重いタルコフでも4K高画質でで快適に遊ぶことができます。

ゲームロード時間が短いGen4 SSDを搭載し、読み込みが多いタルコフにも相性良し。

メモリも32GBなのでタルコフの重いマップでも遊ぶことができます。

構成のわりには価格が抑えられており、コスパはトップクラスの良さです。

(アーク)AG-IC24Z79AGL9-FT

AG-IC24Z79AGL9-FTの製品画像
CPU Core i9 13900KF
グラフィックボード RTX 4090
メモリ DDR5 32GB
容量 【NVMe・PCIe4.0】1TB + 【NVMe・PCIe4.0】2TB
大きさ 242(W)x530(H)x544(D) mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.5
(5.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:5.1
(5.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:5.3
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:3.3
(4.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:4.1
(4.5)

最新世代のRTX 4090とCore i9 13900KFを組み合わせた最強コンビです。

RTX 4090は最強ゲーム性能でタルコフの最高負荷でもFPS上限値いっぱいで安定して遊ぶことが可能。

当然メモリは32GB、Gen4 SSD搭載で、タルコフを快適に遊べる装備は完備。

価格設定は高いですが、最高位クラスとしては安く抑えられており、またすべてのPCスペックが高級ですので、

コスパは最強です。