【実測】STRAYのおすすめゲーミングPCと最適スペック | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

【実測】STRAYのおすすめゲーミングPCと最適スペック

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

大人気の癒し系?猫ちゃんゲーム!「STRAY」について、

最適なスペックおよびゲーミングPCについてご紹介します。

実際に計測してわかった!推奨スペック

では実際どのくらいのスペックが良いのか。

STRAYはアクション要素はあるものの、高フレームレートにこだわらなければいけないゲームというわけではありません。

またこまたろがプレイした感想として、画質による画面の粗さなどは全く気になりませんでした

世界観の没入感も失われず低画質でも問題はないかなあというところ。

STRAY低画質設定1

STRAY高画質設定1

上が低画質、下が高画質で設定した際のSTRAYの画面です。

若干の違いはあるものの、低画質でも十分綺麗です。

STRAY低画質設定2

STRAY高画質設定2

もうひとつ近視で見た時の違い。上が低画質、下が高画質。

厳密にはポスターの細かさや、水たまりの反射などが低画質では簡略化されています。

猫ちゃん視点なので結構視線は低いので、目立つといえば目立ちますので、

こだわるひとは高画質でプレイできるゲーミングPCが良いでしょう。

 

下記はBTOゲーミングPCで良く採用されているグラフィックボードを使って計測した結果です。

STRAYのグラボ計測結果

STRAYではグラフィック性能がパワーアップしても、ある程度で100%性能を活かさない仕様になっているようで、

低解像度になるほど途中からフレームレートに違いがありません。

フルHDくらいなら無理に高い性能のグラフィックボードを用意する必要はないということ。

その結果をうけて、こまたろ的推奨スペックをまとめます。

※横スクロールできます

フルHD60fps用スペック フルHD高画質&高フレームレート
スペック
WQHD高画質&高フレームレート
スペック
4k高画質&高フレームレート
スペック
グラフィック GeForce GTX 1650相当以上 GeForce RTX 3050相当以上 GeForce RTX 3060相当以上 GeForce RTX 3080相当以上
CPU Core i3 12100, Ryzen 5 4500 Core i5 12400, Ryzen 5 5600X Core i5 12400, Ryzen 5 5600X Core i7 12700K以上, Ryzen 7 5800X3D以上
メモリ 8 GB RAM以上 16 GB RAM以上 16 GB RAM以上 16 GB RAM以上

上記をもとにおすすのゲーミングPCについてご紹介しています!

コスパの観点でもゲーミングPCをご紹介しています。
コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング

フルHDで遊ぶおすすめゲーミングPC

ポイント!
  • STRAYを安く遊べるゲーミングPC
  • フルHDがメイン

なるべく安くSTRAYを遊びたい!という人におすすめのゲーミングPCです。

ただ安いだけではなく最低限60fpsを確保できること、

場合によっては144fpsなどでゲーミングモニターをフル活用できます。

(マウスコンピューター)G-Tune PL-B

G-Tune PL-Bの製品画像
CPU Core i3 12100
グラフィックボード GTX 1650
メモリ DDR4 16GB
容量 256GB (NVMe)
大きさ 約178×395×285
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:1.1
(1.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
記憶容量
同価格帯の平均:1.9
(1.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:3.8
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:2.9
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(2.5)

今回計測したGTX 1650を搭載したゲーミングPCです。

フルHDであれば十分STRAYを遊ぶことができます。

高画質では若干不安のある性能なので、中画質ぐらいまでで遊ぶのがおすすめ。

(パソコン工房)LEVEL-R7X6-R45-NAX [Windows 11 Home]

LEVEL-R7X6-R45-NAX [Windows 11 Home]の製品画像
CPU Ryzen 5 4500
グラフィックボード RTX 3050
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 約幅220mm×奥行493mm×高さ465mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:1.1
(1.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
記憶容量
同価格帯の平均:1.9
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:3.8
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:2.9
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)

もう少しゲーム性能を高めたゲーミングPCです。

フルHDであれば高画質でも余裕でSTRAYを遊ぶことが可能で、

高フレームレートなのでゲーミングモニターもフル活用できます。

またWQHD解像度でも遊ぶことはできるので、ウルトラワイドモニターを利用予定の人にも良いでしょう。

STRAYの没入感がヤバい!ゲーミングPC

ポイント!
  • 高画質でWQHD相当のウルトラワイドモニター利用可能
  • STRAYの没入感が高まる!

フルHDではなくウルトラワイドモニターなどより高解像度でSTRAYを遊びたい人向けのPCです。

高解像度だけでなく高画質も可能な性能なので、

まるでSTRAYの世界に入り込んだような感覚でゲームをすることができます。

(パソコン工房)LEVEL-M06M-124-RBX-D [Windows 11 Home]

LEVEL-M06M-124-RBX-D [Windows 11 Home]の製品画像
CPU Core i5 12400
グラフィックボード RTX 3060
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 約幅190mm×奥行410mm×高さ356mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:4.0
(4.5)
ゲーム性能
同価格帯の平均:1.9
(2.5)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.8
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(2.5)

RTX 3060を搭載したゲーミングPCです。

WQHDまでならSTRAYを快適に遊ぶことができますし、ある程度ゲーム配信や動画編集も可能です。

価格も比較的抑えらえていて、コスパもゲーミングPCではトップクラスとなっています。

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R36T

GALLERIA RM5C-R36T の製品画像
CPU Core i5 12400
グラフィックボード RTX 3060 Ti
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:4.0
(4.5)
ゲーム性能
同価格帯の平均:1.9
(3.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.8
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)

もう一段階性能をアップさせたRTX 3060 Tiを搭載したゲーミングPCです。

WQHDでも高画質120fps相当で遊べる性能を持っているので、WQHDゲーミングモニター利用もOK。

ワイドな画面に綺麗なSTRAYの世界がぬるぬる動くので、没入感がより高まります。

4K世界で超綺麗!なゲーミングPC

ポイント!
  • 4Kモニターや3840×1080ウルトラワイドモニター利用可
  • STRAYを最高環境で遊びたい人

4Kモニターや高解像度のウルトラワイドモニターでSTRAYを遊びたい人向けのPCです。

STRAYの性質上、高解像度で高画質である必要はないですが、

細かい描写もこだわりたい人にはおすすめのPCです。

(パソコン工房)LEVEL-R769-LC127-TAX [Windows 11 Home]

LEVEL-R769-LC127-TAX [Windows 11 Home]の製品画像
CPU Core i7 12700
グラフィックボード RTX 3070
メモリ DDR4 16GB
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 約幅220mm×奥行493mm×高さ465mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:4.0
(4.5)
ゲーム性能
同価格帯の平均:2.6
(3.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:3.4
(4.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.5
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.0
(3.5)

RTX 3070を搭載したゲーミングPCです。4KでもSTRAYを快適に遊ぶことが可能です。

不自由なくを遊ぶことができます。

ゲーム性能では上位に入りますが、

価格はそのなかでも抑えれれておりコスパもトップクラスです。

(ドスパラ)GALLERIA ZA7C-R38

GALLERIA ZA7C-R38 の製品画像
CPU Core i7 12700K
グラフィックボード RTX 3080
メモリ DDR4 16GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.6
(4.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:4.0
(4.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.5
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.4
(3.5)

さらに高性能なRTX 3080を搭載したゲーミングPCです。

4K高画質でも120fpsは確保できますので、高画質、高解像度、高フレームレートの3拍子が揃った状態でSTRAYを堪能できます。

動画編集もゲーム配信も高速ですので、多岐にわたる用途で活躍もできます。こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

大人気の癒し系?猫ちゃんゲーム!「STRAY」について、

最適なスペックおよびゲーミングPCについてご紹介します。