Apex Legendsの推奨スペックとおすすめなゲーミングPCとは? | こまたろPC
Youtube【こまたろPC】も更新中!

Apex Legendsの推奨スペックとおすすめなゲーミングPCとは?

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

最近勢いのあるバトロワゲーム「エイペックス レジェンズ」。

推奨スペックや必要なグラボ、CPU能力、

実際に計測し、必要なグラフィック性能を測定。

そしておすすめのゲーミングPCについてまとめました!

Apex Legendsの動作スペック

※横スクロールできます

最低必要動作環境 推奨動作環境
CPU Intel Core i3-6300 3.8GHz
AMD FX-4350 4.2GHz
Intel i5 3570T以上
グラフィック NVIDIA GeForce GT 640
Radeon HD 7730
(GPU RAM 1GB以上)
Nvidia GeForce GTX 970
AMD Radeon R9 290
(GPU RAM 8GB以上)
メモリ 6GB RAM 8GB RAM

他のゲームと比較しても推奨条件の要求レベルは高いほうです。

基本的に必要動作環境ではこの手のFPSゲームでは話になりません。

最低でも推奨要件を満たしたいです。

推奨要件でもCPUなさほど要求値が高くありませんが、GPUが高め

特にグラフィックメモリが8GB以上を推奨しているため、

ちょっと前の旧世代グラボではかなり厳しいです。

もし高画質で遊ぶ場合、処理能力としてはミドルクラスGPUでいけたとしても、

グラフィックメモリ要件から、安定性を取るならハイクラスGPUと組み合わせることになります。

グラボメモリ(VRAM)が不足すると?
FPS値が一瞬急落してしまう現象が起きやすくなります。
一般的にVRAM不足になると、代わりにメインメモリで補いますが、アクセススピードが遅いため、
グラフィック描画に悪影響を与えます。
普通のゲームなら普通にプレイすることも可能ですが、対戦FPS系では安定性が重要になるため、VRAMも気を付ける必要があります。

 

PCゲームにおいて重要なスペックは?
一番はグラフィック性能に直接影響するグラフィックボード(ビデオカード)、2番目がCPU、3番目がメインメモリです。
また読み込み速度では記憶媒体の種類(HDD、SSD)が影響します。

勝ちにいくならやはり144fps以上

ゲーミングモニターの価格が落ちたことで、最近は144fpsなど高FPSを求める人が増えてきました。

私も144Hzのモニターを使っていますが、やっぱり快適です(*^^*)

fps(フレームレート)は1秒間に何回画面を描画するかと考えてもらえれば良いです。

ApexLegendsのようなFPSでは144fps/240fpsなど、

高フレームレートをおすすめする論調があります。


NVidiaによるフレームレート検証動画

ただ実際の体感差は個人差があり、60fpsでも変わらないという方もいるのも事実。
(変わらないとは60fpsでも全然快適にプレイできるという意味)

私自身は、

  • 振り向いた時の敵の視認が早くなった「気がする」(ブレが少ないから画面みやすい)
  • キルレートもよくなった「気がする」(視認がやはくなり先制が取りやすい)
  • 目が疲れにくくなった「気がする」(画面見やすいから疲れない)
とあくまで「気がする」ですが、やはり144fpsにして良かったと思っています。

結局フレームレートが高くても本人の技量が一番重要なのは確かですが、

144fpsのゲーミングモニター利用してキルレートがあがった報告も結構あり

予算が取れるならゲーミングモニターと、

Apex Legendsを144fps出せるPCを狙うのが良いかと思います。

ただし予算が取れなければ60fpsでも十分快適に遊ぶことはできます。

 

それではおすすめのゲーミングPCをご紹介していきます。

実際にApex Legendsで各グラフィックボードやCPUの検証をもとに、

おすすめのPCをご紹介しています。

安さでApex Legendsを遊ぶ!

ポイント!
  • ApexLegendsを低画質60fpsで遊ぶ
  • ゲーミングモニターフル活用や高画質はむずかしい

Apex Legendsを遊ぶことができる最安のゲーミングPCです。

フルHD低画質でとりあえず60fps以上で遊べればいいくらいの性能ですので、

安さ重視の人におすすめです。

(ツクモ)G-GEAR mini GI5J-B211/T


CPU Core i5 10400
グラボ GTX1650
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 183(幅)×390(奥行き)×300(高さ)mm

エントリークラス向けゲーミングPCです。

最安クラスといってもCPUは旧ミドルクラスのCore i5 10400を搭載。

GTX1650はApexLegendsをフルHD低80~110fpsくらいなので、

とりあえず遊べればOK!という人に向いているPCです。

また低発熱性の特長も生かして、ケースも省スペースなコンパクトタイプで、

小さなゲーミングPCを探している人にもおすすめです。

LEVEL-17FG104-119K-VAZX


CPU Ryzen 5 4600H
グラボ GTX 1650ti
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD
リフレッシュレート 120Hz(15.6フルHD)
重量 2.26kg

ゲーミングノートPCならドスパラの「GALLERIA RL5R-G50T」がおすすめ。

エントリークラスのGTX1650tiとRyzen 5 4600Hを搭載し、

そこそこのゲーミング性能と価格の安さを実現しています。

モニターが120Hzですので、ApexLegendsであればフルHD低画質で、

120fpsに近い値でもゲームができます。

144fps以上でApex Legendsを遊ぶなら!

ポイント!
  • 低~中画質144fps以上
  • 高、最高画質設定で60fps
  • 動画編集やゲーム配信もこの辺りから

(ドスパラ) GALLERIA RM5C-G60


CPU Core i5 10400
グラボ GTX1660
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ)mm

ApexをフルHD144fps以上で遊びたい!という方におすすめがドスパラの「GALLERIA RM5C-G60」です。

この価格帯主流となっているCore i5 10400(6コア12スレッド)が搭載され、

ゲーム性能とクリエイティブ性能のバランスが良いCPUに、

GTX1660のと組み合わせで、

フルHDであればApexLegendsも快適に遊ぶことができます。

全体的な初期構成も良く、そのままアップグレード無しで使いやすい一機です。

GALLERIA XL7C-R36


CPU Core i7-10875H
グラボ RTX 3060
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD
リフレッシュレート 144Hz(15.6フルHD)
重量 2.26kg

ゲーミングノートPCなら「GALLERIA XL7C-R36」です。

144Hzモニター装備で、最新ミドルクラスであるRTX3060を搭載していますので、

Apexであれば144fps以上は安定して確保できます。

なおファイナルファンタジー推奨となっていますが、

それ以外のゲームももちろん利用できます。

240fps以上でApex Legendsを遊ぶなら!

ポイント!
  • 低~中画質240fps以上
  • 高、最高画質設定で144fps以上
  • 動画編集やゲーム配信もバッチリ

G-TUNE H5


CPU Core i5 11400(6コア12スレッド)
グラボ RTX3060
メモリ 16GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 192(幅)×351(奥行き)×381(高さ)mm

240Hzのゲーミングモニターを使って、

ApexLegendsを遊びたいという方におすすめが、

パソコン工房の「LEVEL-R059-114-RBX」です。

最新世代のRTX3060を搭載しており、フルHD下ではまず不自由することは無いでしょう。

G-TUNE H5


CPU Core™ i7-10870H
グラボ RTX3070 Laptop GPU
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD
リフレッシュレート 240Hz(15.6フルHD)
重量 2.23kg

ノート型のゲーミングPCで選ぶなら

マウスコンピューターの「G-TUNE H5」で、

最新世代のRTX3070を搭載する超高スペック。

何と言っても240Hz対応のモニターでRTX3070の力を存分に発揮。

本格的にApexLegendsをやりたい人には十分満足できるノートPCです。

ウルトラワイドモニターを使ってApex Legendsを遊びたい!

ポイント!
  • 高画質240fps以上
  • ウルトラワイドモニター利用

最後はApexLegendsを最高環境でプレイしたい人向けです。

フルHDの超高FPSゲーミングモニター利用はもちろん、

最近人気のウルトラワイドモニター利用を考えている人もこのくらいのスペックがおすすめ。

(ドスパラ)GALLERIA ZA7R-R37


CPU Ryzen 7 5800X
グラボ RTX3070
メモリ 16GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm

ウルトラワイドモニターでApex Legendsを遊びたい方におすすめが、

ドスパラの提供するGALLERIA ZA7R-R37です。

ウルトラワイドモニターはフルHDより高解像度のモニターになるため、

ハイクラスのグラボ性能が必要。

搭載されているRTX3070は最新世代のハイクラスグラボ。

前世代のハイクラスGPU以上の性能を持っており、

高画質144fpsはもちろんのこと、WQHD~4Kゲーミングの能力も兼ね備えていますので、

ウルトラワイドモニター利用も快適です。

CPUのRyzen 7 5800Xはゲーミング性能、動画編集やゲーム配信性能が良く、

最新世代RTX 3070の性能を十二分に引き出せます。

↓動画配信向けPCについてこちらから
blank初心者向け!ゲーム配信用PCのおすすめは?スペックや選び方など

 

さらに新ケース採用で熱対策が向上しているので、

長時間ApexLegendsをプレイしても安定的にパフォーマンスが発揮しやすいです。

スペックから見ればかなりコスパが高い一機です。

 

以上がApexにておすすめのゲーミングPCです。

なおそのほかのゲームも含めて総合的なおすすめのゲーミングPCは、

下記記事を参考にしてください。

blank【2021年11月版】コスパ最強!ゲーミングPCのおすすめランキングblankおすすめなBTOパソコンメーカーとは?【2021年11月版】

Apexに必要なグラボ性能は?

では実際にここ最近販売されているPCパーツから、

最低どのくらいの性能なら良いか?を探っていきたいと思います。

エントリークラス~ハイクラスまでのグラフィックボードでベンチマークします。

低画質60fps : GTX1650
低~中画質144fps、高画質60fps : GTX1660 SUPER、RX5500XT 8G
高画質144fps : RTX3060/2060、RX5700

「最低」「低」設定であれば、エントリークラスと呼ばれる下位のGTX1650でも、

110~130fps付近は確保できますので、ゲーミングモニター利用もある程度活かすことができます。

グラフィックメモリも2GBで収まるため、安定性の懸念も少ないです。

 

高画質ゲーミング、または高画質で144fpsSを狙うなら、

GTX1660 SUPERやRX6600あたりのミドルクラスのグラフィックボードが必要になってきます。

ApexをフルHDで遊ぶ想定ならミドルスペックのゲーミングPCで十分でしょう。

フルHD高画質144fps以上確保であれば、

ミドルスペックでも上位のRTX3060ti/RTX3060だとより安心です。

 

内臓グラフィックでは遊べる?

より安いゲーミングPCの選択しとして、Ryzen Gシリーズに代表されるような、

グラフィック性能が高いCPUで、グラフィックボード無しの構成にする方法もあります。

ただし、グラフィックボード有りのゲーミングPCには劣りますので、

どこまでApex Legendsを遊べるかみていきます。

最近の高性能な内臓グラフィックで検証しました。

結果としてApex Legendsを快適に遊ぶのは難しそうです。

最低画質設定でも60fpsを下回ってしまいます。

Apex Legendsを遊ぶならグラフィックボード搭載のゲーミングPCは必須です。

高解像度で遊ぶには?

ウルトラワイドモニターや4Kモニターなど、WQHD~4K解像度でApexを遊ぶにはどうでしょうか?

60fpsで遊ぶのであれば、RTX3060など最新ミドルクラス性能があれば可能。

120~144fpsなど最高級クラスの高解像度ゲーミングモニター利用であれば、

RTX3070以上のハイクラス性能なグラフィックボードが必要です。

Apexに必要なCPU性能は?

低画質60fps : Core i3 10100F/i5 10400F、Ryzen5 3500
低~中画質144fps、高画質60fps : Core i5 10400F、Ryzen5 3600
高画質144fps : Corei7 10700(K)、Ryzen7 3700X

ゲームにおいて最も影響が高いのがグラフィックボードですが、

CPU性能も次に重要です。

ゲーム側でCPU性能を重視しているものもありますし、

グラフィックボード性能を活かしきれないボトルネックの懸念もあります。

CPUのボトルネック
ゲームなどグラフィック性能は、グラフィックボードが高性能であればよいわけではなく、同時にCPUもある程度の性能が必要です。
CPUの性能が低すぎると、ボトルネックとなりグラフィックボードの性能を100%引き出せなくなります。

一例として低~中クラスのCPU+RTX2060の組み合わせのベンチマーク結果です。

御覧のようにある程度のFPSの差はあるものの、CPUによって大きく落ち込むといったことはありません。

そのため、ミドルクラスCPUのCore i5 10400(F)、Ryzen5 3500/3600で十分いけます。

しかし高画質になるとハイクラスのグラボになるため、CPUもハイクラスがおすすめ。

Core i7 10700K、Ryzen5 5600X/Ryzen7 3700Xあたりがベストになります。

 

基本的なグラフィック設定

ApexLegendsではグラフィック設定を一度に変えるプリセットは用意されておらず、

ここに数値を調整していく必要があります。

最も影響を与えるのが、テクスチャストリーミング。

設定によって描画はもちろんですが、必要なVRAM量が変わってきます。

  • 極:8GB
  • 最高:6GB
  • 高:4GB
  • 中:3GB
  • 低:2~3GB
  • 最低:2GB
  • なし:0GB(ゲーム側非推奨)

またテクスチャフィルタリング(描画のシャープネス設定)もGPU負荷が大きく、

必要に応じて設定を低くして負荷を下げます。

またもう一つ、ApexLegendsでは「解像度適応の目標fps」というものがあります。

これは設定したFPS値に安定するように、自動解像度を落としてGPU負荷をコントロールするもので、

これによりパワーの少ないグラボでもある程度動くようになっています。

ただし見やすさは悪くなりますから、最終手段という感じです。

★高画質★

★最低画質★

一例として高画質と最低画質を比較しています。

最低画質だと、遠くの岩の描写などが簡略化されていることがわかります。

画質に関しては本人の好みでもありますが、

高画質で遊びたい場合はそれなりのスペックが必要です。

執筆者:荒谷克幸(こまたろ)
自作歴20年越え。BTOパソコンも購入しつつ、最新のCPUやグラフィックボードを性能計測するのが趣味。
詳しいプロフィールはこちらから