パルワールドのグラボとスペックは?ゲーミングPC紹介 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!

パルワールドのグラボとスペックは?ゲーミングPC紹介

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

Steam全タイトルでPUBGに次ぐ同時接続プレイヤー数第2位、日本メーカーでは1位という記録で、

大人気と色々な話題になっているパルワールド(PALWORLD)について、

必要スペックやグラボベンチマーク、おすすめのゲーミングPCについてまとめています。

パルワールドのスペック

※横スクロールできます

必要スペック 推奨スペック
CPU i5-3570K 3.4 GHz 4 Core i9-9900K 3.6 GHz 8 Core
グラフィック GeForce GTX 1050 (2GB) GeForce RTX 2070
メモリ 16GB RAM 32GB RAM

まだまだ早期アクセスゲームなので今後変わる可能性はありますが、

推奨スペックをみるとそこそこのゲーミングPCは用意したほうが良さそうです。

旧世代のハイクラスのグラボを指定していますので、最近のミドルクラスくらい、

またメモリは大体16GB推奨が多いのですが、32GBとしているあたりメモリを喰うゲームだと予想できます。

PCゲームにおいて重要なスペックは?
一番はグラフィック性能に直接影響するグラフィックボード(ビデオカード)、2番目がCPU、3番目がメインメモリです。
また読み込み速度では記憶媒体の種類(HDD、SSD)が影響します。

基本的なグラフィック設定

パルワールドのグラフィック設定画面

まだ早期アクセスというのもあるかもしれませんが、モンハンと同じようにグラフィック設定は比較的シンプル。

基本はプリセットが用意されており、最低、低、中、高、最高の5段階で設定できます。

またアップスケーリング技術としてDLSS2に対応。

昨今はFSRやら、XeSSやら、DLSS3やら色々対応しているゲームもあるので、

そこから比べるとシンプルですが、それでもDLSSに対応しているのはありがたいポイント。

DLSSのみですからNVidia RTX系のほうがパルワールドには有利ということになります。

 

そしてもう一つ最大FPSというものを設定でき、無制限というものがありますが、

現在のところゲーム内部の制限より120フレームレート以上はでないようになっています。

Steamなら起動オプションをいじれば上限を撤廃できるかもしれませんが、

今のところ対人戦はありませんし、高フレームレートを必要とする感じはしませんでしたので、

120fpsでれば十分かと思います。

画質による違い

パルワールドを楽しむなら
画質による見え方の差はかなり変わる。
クラフトピアであり、かわりいパル達も登場するので綺麗な画像でゲームをしたほうがテンションはあがる

パルワールドにてプリセット最高と最低に関して、いくつかの場面で違いを比較してみましょう。

パルワールド_4K最高画質1
↑パルワールドにおける最高画質4K
パルワールド_4K低画質2
↑パルワールドにおける最低低画質4K

上が最高画質、下が最低画質ですが、かなり見え方が違うのがわかるかと思います。

木々の細かさ、遠くの景色の細かさ、草など、最低画質はかなり簡略化されています。

パルワールド_4K最高画質2
↑パルワールドにおける最高画質4K
パルワールド_4K低画質2

もう少し近影でみてもかなりの違いが。

水は最高画質だとみずみずしく見え、草木や影もやはり最高画質は良い感じです。

実際の画面でみると正直最低画質はかなりチープに映ってしまいます。

パルワールド_4K最高画質3
↑パルワールドにおける最高画質4K
パルワールド_4K低画質3
↑パルワールドにおける最低低画質4K

パルゲームはクラフトゲームですので、建物もみてみます。

先ほどよりはわかり難いですが、建物出入口の奥行き感(陰影による影響)や、クラフトアイテムの簡略化が見て取れます。

パルワールド_4K最高画質4
↑パルワールドにおける最高画質4K
パルワールド_4K低画質4
↑パルワールドにおける最低低画質4K

建物内でも一目瞭然で、高画質だと窓から差し込む光など、よりリアルに近い質感。

最低画質だと全体的に明るいだけののっぺりとした印象です。

パルワールド_4K最高画質5
↑パルワールドにおける最高画質4K
パルワールド_4K低画質5
↑パルワールドにおける最低低画質4K

パルに関しては個々ではわかり難いですが、低画質だとギザギザ感が多少目立ち、

最高画質だと粗が目立ちません。が、建物や景色と比べると影響は少なめ。

 

近年のとしては画質の設定差による見え方の違いが大きいゲームだと感じました。

とはいえもちろんゲームができないということはないので、あとはこだわりの問題かとおもいます。

ただ個人的には建設系は質感が作業テンションに影響すると考えているので、

できれば高画質で遊ぶことをお勧めします。

どの程度ゲーミングPC性能が必要か?

パルワールドを楽しむなら
求める画質のフレームレートで大分求めるゲーム性能が変わるゲーム。
おすすめはミドルクラス性能のゲーミングPCでフルHD~WQHD高画質高フレームレートでパルワールドを堪能!

では最近発売されている中で人気のグラフィックボードから、

具体的なパソコンスペックを探っていきたいとおもいます。

前述したようにパルワールドは通常120fpsまでしかでませんが、今後変化があれば再度計測する予定です。

CPUはCore i9 14900KFを利用しています。

パルワールドにおけるグラフィックボードベンチマーク結果(DLSS)

※横スクロールできます

フルHD最低 フルHD最高 WQHD最低 WQHD最高 4K最低 4K最高
RTX 4090 120 120 120 120 120 120
RTX 4070 Ti SUPER 120 120 120 120 120 120
RTX 4070 SUPER 120 120 120 120 120 114
RTX 4070 120 120 120 120 120 89
RTX 4060 Ti 120 120 120 119 120 75
RTX 4060 120 120 120 100 120 63
RTX 3050 120 72 120 56 90 33

DLSSを利用した結果です。

画質調整による負荷に相当の差があるようで、

最低画質であれば低価格路線のRTX 3050でさえ、WQHDにて120fps上限いっぱいでゲームすることが可能。

4Kでも狙えますが、逆に最高画質になるとフルHDで60fps程度がやっと。

ゲームの性質上60fps以上あれば十分と言えば十分、できれば高フレームレートがイイよねって感じなので、

フルHDでよければ低価格路線のグラボでも構いません。

 

フルHD~WQHDで高フレームレートで遊びたいということならミドルクラスくらい、

4K高フレームレートならRTX 4070 SUPERのようなハイクラスグラボは必要に。

パルゲームは求める画質のフレームレートで大分要求されるグラボ性能がかなり変わりますが、

逆を言えばかなり幅広いゲーム性能で遊べるよう設計されていることがわかります。

 

それでは今現在、

BTOパソコンからパルワールドに最適なゲーミングPCをご紹介していきます。

コスパの観点でもゲーミングPCをご紹介しています。
コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング

安くパルワールドを遊ぶ!ゲーミングPC

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R35 RTX3050 6G搭載

GALLERIA RM5C-R35 RTX3050 6G搭載の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 3050
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB SSD (M.2 NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.3
同価格帯の平均:4.2
(4.5)
ゲーム性能 0.8
同価格帯の平均:1.9
(1.0)
動画編集性能 2.5
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(3.0)

RTX 3050とCore i5 14400Fを搭載した安さ重視のゲーミングPC。

ゲーミングPCとしては決して高いゲーム性能とはいえませんが、価格はゲーミングPCとしては最安級。

パルワールドであればフルHD~WQHDにて低~中画質あたりで中々の高フレームレートで遊ぶことは十分可能。

安くパルワールドを遊びたい!というのであれば、おすすめできます。

メモリだけ32GBにアップグレードするのがよいでしょう。

フルHD~WQHD高画質高フレームレートで楽しむ!ゲーミングPC

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R46 14400F搭載

GALLERIA RM5C-R46 14400F搭載 の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)

最新世代のRTX 4060とCore i5 14400Fを搭載した王道ミドルクラス構成。

パルワールドを遊ぶにはちょうど良いゲーム性能で、

高画質でもフルHDならfps上限いっぱい、WQHDでも100fps前後で遊べるので、

フルHD~WQHDモニターで遊ぶ予定の人であれば十分。

価格も安くコスパもトップクラス。メモリだけ32GBにアップグレードするのをおすすめします。

4K高画質で遊ぶ!ゲーミングPC

(ツクモ)G-GEAR プレミアムミドルタワー GE7J-G242/ZB

G-GEAR プレミアムミドルタワー GE7J-G242/ZBの製品画像
CPU Core i7 14700K
グラフィックボード RTX 4070 SUPER
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB SSD※ (M.2規格 / NVMe Gen4接続)
大きさ 230(W)x445(D)x460(H)mm (本体のみ、突起物含まず)
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.5
(5.0)
ゲーム性能 4.3
同価格帯の平均:4.2
(4.5)
動画編集性能 4.8
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.2
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.6
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.3
(4.0)

最新世代のCore i7 14700KとRTX 4070 SUPERを搭載したハイクラス構成。

パルワールドを遊ぶには十分すぎるゲーム性能で、

4K最高画質でも100fps以上は固いため、不自由することはまずないでしょう。

またCPU性能もトップクラスなので、ゲーム配信にも。

メモリも32GBあり、ゲームロード時間が短いGen4 SSD装備。

将来性も見越した!ゲーミングPC

(アーク)AG-IR24Z79AGL9-AP1

AG-IR24Z79AGL9-AP1の製品画像
CPU Core i9 14900KF
グラフィックボード RTX 4090
メモリ DDR5 96GB
容量 【NVMe・PCIe4.0】4TB
大きさ 230x522x522mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.9
(5.0)
ゲーム性能 5.6
同価格帯の平均:5.4
(5.0)
動画編集性能 5.5
同価格帯の平均:5.5
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:4.6
(5.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:4.2
(4.0)

最後はRTX 4090というゲーム性能最強のグラフィックボードを搭載したゲーミングPC。

パルワールドを遊ぶには正直必要以上の性能ではあるのですが、

将来的にはフレームレート上限は無くなるはずですので、

4Kにてさらなる高フレームレートで遊びたいのであれば、余裕を持たせた性能でおすすめ。

もちろんパルワールド以外の要求スペックの高いゲームを4Kで遊ぶのにも快適なので、

パルワールド機にがっつりとPCゲームを遊びつくしたいなら。

グラボだけでなくそのほかのPCパーツも超高水準。コスパもトップクラスです。