PC版フォートナイトにおすすめなゲーミングPCは? | こまたろPC
Youtube【こまたろPC】も更新中!

PC版フォートナイトにおすすめなゲーミングPCは?

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

大人気バトロワ「フォートナイト」の動作スペックや、

実際に計測し、必要なグラフィック性能を測定。

必要なパソコンのスペックについてまとめました!

フォートナイトの動作スペック

最低スペック 推奨スペック
CPU Core i3 3.3GHz Core i5 3.5 GHz
グラフィック Intel HD 4000 Nvidia GTX 660
AMD Radeon HD 7870
メモリ 4GB RAM 8GB RAM

私は色々なPCゲームのベンチマークをしていますが、

フォートナイトは比較的軽いゲームに属します。

公表されている動作スペックも決して高くありません。

ただ度重なるアップグレードにより、

最高クラスのグラフィックにてゲームをするにはある程度のパワーが必要になっています。

 

低画質ならかなり低スペックでも、高画質なら高スペックが・・・

というように幅広いスペックで楽しめるようになったゲームです。

しかし実際にプレイヤーに勝つためのスペックとなると、ある程度高スペックが良いでしょう。

特にゲーミングモニターなどで高FPSを狙うなら強いグラフィック性能が必要です。

この点を踏まえ、後半ではおすすめのゲームPCを紹介しています。

PCゲームにおいて重要なスペックは?
一番はグラフィック性能に直接影響するグラフィックボード(ビデオカード)、2番目がCPU、3番目がメインメモリです。
また読み込み速度では記憶媒体の種類(HDD、SSD)が影響します。

基本的なグラフィック設定

PCゲームの利点はグラフィック設定が細かくできること。

特にフォートナイトはかなり細かく設定ができるので、FPSの最適化がしやすいです。

その中でも重要な設定に品質があります。

「低」「中」「高」「最高」が用意され、

最高ほどゲーム画質がキレイで没入感が高まりますが、

ゲームを対戦するという意味では低画質でも問題ないです。

上はフルHDにて低画質(上)と最高画質(下)での比較。

見た目は違うことには違いますが、低でも特に問題ないことがわかります。

 

そしてもう一つ3D解像度という設定があります。

フォートナイトではこの設定も結構細かくうごかせるので、

解像度を落とすことで、低スペックパソコンでも快適に動作させられます。

上記のようにお使いのモニターに合わせて、複数の解像度を選択できます。

ただし、PCモニターとして多いフルHD(1920×1080)で、

それ以下に落とすと画質の粗さが目立ちます。

例えば解像度853×410(上)とフルHD(下)を比べると大分違いますよね。

解像度が下がると粗さが目立つことで敵の視認もし難いため、勝敗に大きく影響します。

フォートナイトをPCで遊ぶなら、極力フルHD以上で快適動作するゲーミングPCが必須と言えるでしょう。

フォートナイトがDLSSとレイトレーシングに対応
DLSSとはGeforceが開発した機械学習により、ゲーム負荷を減らす技術です。
利用することでより高画質より高FPSに遊べます。
GeforceのRTX2000、3000シリーズのみ利用可能です。

レイトレーシングは新しい描画手法で、より現実に近い描写ができるように。
特に鏡や水たまりなど反射面で敵の視認がしやすくなっています。

どの程度グラフィック性能が必要か?

では実際にここ最近販売されているPCパーツから、

最低どのくらいの性能なら良いか?を探っていきたいと思います。

お金出せばいくらでも快適なゲーミングPCが手に入りますので、

ここでは最低ラインを提示して参考にいただければと思います。

Geforce GTX1650(SUPER)、GTX1660 SUPER、RTX2060、RTX2070 SUPER
おすすめなCPU
Intel Corei5 10400F/Core i7 10700(K)、AMD Ryzen5 3600/Ryzen7 3700X

グラフィックボードを検証

まず最もゲーミング性能に影響するグラフィックボードから見ていきます。

低画質設定で見てみると、内蔵グラフィックスだけのRyzen5 3400Gでも60fps越えと、

一応60fpsにてフォートナイトを遊ぶことが可能です。

低画質であれば144fps以上になっており、結構軽いゲームであることがわかります。

 

高画質60fps以上ならGTX1650以上のグラボ必須。

144fps以上ならRTX2060以上の高性能なグラボが要求されます。

RTX系はDLSSの機能を使うことができ、フォートナイトも対応していますので、

さらに高画質で高FPS値を出すことも可能であり、

ゲーミングモニターを使う上で、安定して利用することが可能になります。

なお最新グラフィックボードは総じて快適

DLSS機能が備わったフォートナイトでは計測以上にFPSを出すこともできます。

CPUは?

続いてはCPUです。

ゲームではグラフィックボードの次に重要な要素といって良く、

性能が低すぎるとグラフィックボード性能を100%引き出せないことも。

RTX2060のグラフィックボードを利用しつつ、色々なCPUで比較した結果です。

基本的には最新世代のCPUであれば問題ないですが、

安定的に性能を引き出すならRyzen 5 3500やCore i5 10400など、

ミドルスペッククラス以上のCPUがおすすめ

例外的にエントリークラスでもCore i3 10100でも十分な性能を有します。

 

それでは具体的にどのゲーミングPCがおすすめか?紹介していきましょう!

なお全体的なゲーミングPCのおすすめ紹介は下記記事を参考にしてください。

blank初心者向け2021年3月ゲーミングPCのおすすめ・予算別blank2021年3月!おすすめなBTOパソコンメーカーとは?PCの特徴など

安さ重視向け!おすすめゲーミングPC

ポイント!
  • なるべく低価格でフォートナイトが遊べる
  • フルHD、低画質60fps安定を考慮
  • PS4とおなじ60fpsで可能

まずはもっとも低価格でフォートナイトを遊べる構成のPCです。

ただしPS4とFPSが同条件で遊べることを前提とし、FPSで不利にならない60fps以上安定動作するPCを選んでいます。

(ドスパラ)Lightning AH5


CPU Ryzen5 3500
グラボ GTX 1650
メモリ 8GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm

パソコンショップのドスパラの「Lightning AH5」です。

低価格なのに中スペックなCPUが搭載された驚異のコスパゲーミングPCで、

ある程度動画編集も出来てしまう性能です。

組み合わせのグラボは最新世代GTX1650搭載で、

フォートナイトやApexLegendsなど比較的新しいFPS/TPSでも遊べる性能があります。

ただし144fps以上など高FPS、中高画質といったことは難しいです。

フルHD60fpsで遊ぶのを前提としたゲーミングPCとなります。

(パソコン工房)LEVEL-M0B5-R535-RVX


CPU Ryzen5 3500
グラボ GTX1650 SUPER
メモリ 8GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 190(幅)×410(奥行き)×356(高さ)mm

他機種よりもグラボ性能が一段階上がったゲーミングPCです。

GTX1650 SUPERは約6~9割ほどGTX1650より高い性能になっており

フルHD低~中画質であれば十分にフォートナイトを快適に遊ぶことができます。

マジ勝ちたい!144fpsおすすめゲーミングPC

ポイント!
  • 高画質60fpsでフォートナイトが遊べる
  • 低~中画質にて144fps確保
  • PS4よりも高FPSで戦いが有利!

続いては144FPSゲーミングモニター利用を前提にしたゲーミングPCです。

対戦ゲームではFPSが高いほど、相手よりも視認が早くなり有利です。

PS4は主に60fpsですから、144FPSになるだけで2倍以上有利になるわけです。

ただし予算も低くおさえるため、画質は低~中を前提にしています。

(ドスパラ) Lightning AT5


CPU Ryzen5 3500
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 8GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 185(幅)×395(奥行き)×370(高さ)mm
ポイント!
  • GTX1660S使用としては安い!!
  • ゲーム性能も高い
  • SSD容量、メモリの初期構成が高性能
  • 低~中画質144fps

この価格帯主流となっているRyzen5 3500(6コア6スレッド)が搭載された「Lightning AT5」です。

価格、性能のバランスが大変良く、

GTX1660 SUPERのと組み合わせで、

フォートナイトを中画質144fpsゲーミング可能です。

(フロンティア)FRGAB450/D2/NTK


CPU Ryzen 5 3600
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 8GB
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 185(幅)×395(奥行き)×370(高さ)mm

より高性能なゲーミング性能とマルチタスク性能を備えた、

Ryzen5 3600(6コア12スレッド)を搭載したゲーミングPCです。

ゲームだけでなく、動画編集やゲーム配信にも対応できます。

Youtubeなどで配信を考えている人にもおすすめ。

(G-Tune)G-Tune EM-A


CPU Ryzen5 3500
グラボ RX5700
メモリ 8GB
容量 256GB NVMe SSD + 1TB HDD
大きさ 190(幅)×400(奥行き)×400(高さ)mm
ポイント!
  • 同価格帯では最もゲーム性能が高い
  • 高画質144fps可

本価格帯では一段上のゲーム性能を有するゲーミングPCです。

高画質144fps以上、中画質なら240fps以上は確保できる性能なのに、

価格は抑えられており性能コスパが高い

ゲーム配信や動画編集性能は限定的ですが、

価格を抑えつつより快適な環境でフォートナイトを遊びたい人におすすめ。

240fps・動画配信したい!おすすめゲーミングPC

ポイント!
  • 高画質で高FPSでフォートナイトを遊ぶ
  • 低~中画質240fps以上
  • 高画質144fps以上
  • 動画配信・編集も快適

最後はさらに高性能なゲーミングPCです。

最高画質EPIC設定でも144fps以上、

低中画質なら240fps以上を確保できるので、

高fpsでかつハイクオリティな画面でフォートナイトを楽しみたい人におすすめです。

また動画配信や編集といった作業もこなせますので、

Youtubeなどで配信したい方もおすすめ!

(ドスパラ)GALLERIA XA5R-R37


CPU Ryzen 7 3700X
グラボ RTX3070
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm

フォートナイトをガチでやりたいし

しっかりとキレイな動画配信がしたい人におすすめなのが、

ドスパラの提供するこのゲーミングPCです。

ゲーミング性能、動画編集やゲーム配信性能が高いRyzen 7 3700X(8コア16スレッド)を搭載し、

RTX 3070のグラボ性能をしっかりと引き出してくれます。

RTX 3070も前世代のハイクラスRTX2080 SUPERと互角以上の高性能で、

高画質144fpsにてゲーミングモニター活用はもちろん、

WQHDなどウルトラワイドモニター利用を考えている人にもおすすめです。

 

さらに新ケース採用で熱対策が向上しているので、

長時間フォートナイトをプレイしても安定的にパフォーマンスが発揮しやすいです。

スペックから見ればかなりコスパが高い一機です。

(フロンティア)FRGAB550/36/NTK


CPU Ryzen 5 5600X
グラボ RTX3060
メモリ 16GB
容量 512GB NVMeSSD
大きさ 幅:約190mm x 高さ:約356mm x 奥行:約421mm

受注生産ゲーミングPCとして割安のコスパ高になっているBTOです。

最新世代のRTX3060とRyzen 5 5600Xの組み合わせで、バランスが良し。

5600Xは前世代ハイクラス同等以上の性能をもっていますので、

フォートナイトを快適に遊ぶことができます。

RTX3070搭載機よりもゲーム性能は劣るものの、その分価格が低くなっているゲーミングPCです。

最新世代のグラボ搭載のわりには価格が安く、コスパが高い一機になっています。