【実測】ValheimにおすすめなゲーミングPCと必要スペック | こまたろPC
Youtube【こまたろPC】も更新中!

【実測】ValheimにおすすめなゲーミングPCと必要スペック

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

すでに累計500万本売り上げを突破した人気ゲームのValheim(ヴァルヘイム)。

今回は推奨スペックと、実際に必要性能を測定し、

おすすめのゲーミングPCをご紹介していきます。

Valheimの動作スペック

※横スクロールできます

最小スペック 推奨スペック
CPU 2.6 GHz Quad Core or similar i5 3GHz or Ryzen 5 3GHz
グラフィック GeForce GTX 950 or Radeon HD 7970 GeForce GTX 1060 or Radeon RX 580
メモリ 8GB RAM 16GB RAM

最近のゲームの中では要求スペックは低めではあるものの、

それでも快適に遊ぶには現行モデルの下位クラスは必要な性能になっています。

一昔前の安価なPCではちょっとスペック不足かも。

綺麗なグラフィックで遊ぶならそれなりにハイスペックが要求されます。

PCゲームにおいて重要なスペックは?
一番はグラフィック性能に直接影響するグラフィックボード(ビデオカード)、2番目がCPU、3番目がメインメモリです。
また読み込み速度では記憶媒体の種類(HDD、SSD)が影響します。

基本的なグラフィック設定

Valheimでは全体的なグラフィックを定める設定が4項目あり、

低、中、高の3段階(一部は非常に高いも)で設定することができます。

ただし、さらに下の項目にはポストエフェクトなど詳細のオンオフを設定することができます。

とはいえ、毎度のことながら名前が難しくていまいちピンとはきませんが(笑)

もし低画質設定でも動作が重い場合は、特にSSAOとDOFをオフにするとかなりFPS値が向上します。

 

ではどの程度グラフィックが変わってくるのかテストします。


※↑ 低画質


※↑ 最高画質

まずは低画質と高画質との違い。結構違う(笑)

すぐにわかるのが雑草の有無ですね。

同じようなゲームでSATISFACTORYというゲームがありますが、

そちらも低画質では草木を簡略化していました。

実際にゲームに影響が少ない部分ではありますので、気にしなければ問題はなし。

個人的には描画は全部見たい派なので、高画質でやりたいですが。。。

その他樹木の陰影の深さや岩肌の質感などが変わってきます。


※↑低画質

※↑低画質 SSAOとDOFをオフ

さてさらに描画負荷を下げるためにSSAOとDOFをオフにして比較。

陰影や光の反射、焦点処理などが簡略化される設定で、

実際に岩肌の斜陽などが単純化されています。

また地面の凹凸ものっぺりしていますね。

そのほか樹木の陰影がより浅くなった印象です。

とはいえ不快というほどでもなく、気にしない人は十分快適に遊べます。

Vulkanに対応
Valheimは起動時に従来のAPIであるDirect X11だけではなく、
次世代のVulkanというAPIにも対応しています。
新しいグラボやCPUを利用するのであればVulkan起動がおすすめです。

どの程度のグラフィック性能が必要か

さてここからは現在の現行モデルのグラフィックボードを利用して、

実際に計測してみました。なお最低画質とは低画質+SSAO/DOF オフが定義です。

フルHDで遊ぶなら
最低画質なら現行下位クラスのGTX1650以上
ゲーミングモニター利用ならミドルクラスRTX2060/3060tiなど

まずはフルHDにおけるDirect X11およびVulkanでの計測結果です。

現行の下位クラスであるGTX1650にてぎりぎり60fps以上で遊べるかなあというところ。

思ったよりもグラフィック性能が必要です。

Valheimの描画を最大限活かすなら、最低でもミドル下位のGTX1660 SUPERの性能が必要で、

ゲーミングモニター利用をするなら、RTX2060のミドルクラス以上あれば安心です。

逆にグラボ性能が高くても、フルHDでは性能をフルで使っていません。

また基本的にVulkanベースのほうがFPS値が高いので、

GTX16系/RTX2000/3000系利用の場合はVulkan起動がおすすめです。

WQHD/4Kで遊ぶなら
最低でもRTX2060以上。
快適にならRTX3060ti以上。

昨今はウルトラワイドモニターなど高解像で遊ぶニーズも増えていますので、

4Kにて計測してみました。

このゲームではDLSSやCASといったグラボ負荷を下げる技術が利用できないため、

基本的に高解像度プレイはかなりの高負荷です。

またおそらくですが最適化の問題もあるような気がします。

最新版のハイクラスであるRTX3070でさえ4K高画質はぎりぎり。

WQHD解像度ならもう少し負荷が軽くなりますが、

旧世代グラボの場合は最低画質~低画質程度で遊ぶ前提になりそうです。

 

それでは具体的にどのゲーミングPCがおすすめか?紹介していきましょう!

なお全体的なゲーミングPCのおすすめ紹介は下記記事を参考にしてください。

blank【2021年6月】コスパで選ぶゲーミングPCのおすすめランキング!blank2021年6月!おすすめなBTOパソコンメーカーとは?PCの特徴など

安くValheimを遊ぶ!おすすめゲーミングPC

ポイント!
  • フルHD最低画質設定のみ
  • とにかく安さ重視

まずはもっとも低価格でValheimを遊べる構成のゲーミングPCです。

これ以下のグラフィック性能になると遊ぶのに視聴が出る恐れがあります。

(ドスパラ)Lightning AH5


CPU Ryzen5 3500
グラボ GTX 1650
メモリ 8GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm

パソコンショップのドスパラの「Lightning AH5」です。

Valheimを最低画質であれば60fps以上は安定して遊べるGTX1650を搭載しています。

価格も安く性能に対するコスパが高いゲーミングPCです。

(G-Tune)G-Tune PM-A


CPU Ryzen5 3500
グラボ GTX1650
メモリ 8GB
容量 256GB NVMe SSD
大きさ 189(幅)×396(奥行き)×390(高さ)mm

ドスパラとほぼ同じスペックで有名BTOメーカーのG-Tune(マウスコンピューター)のPCです。

性能的にはほぼ同じですので、好みでどちらか選びましょう。

中高画質60fps/低画質ゲーミングモニター利用

ポイント!
  • フルHD低~中画質で高FPSゲーミング
  • フルHD中もしくは高画質60fpsで遊べる

個人的にはValheimを快適に遊ぶならこのあたりのスペックからかなと思うゲーミングPCです。

いわゆるミドルスペックになっており、

Valheimを綺麗な描画でプレイしたい人、ゲーミングモニター利用を考えている人におすすめです。

(ドスパラ) Magnate MT


CPU Core i5 10400
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB
容量 500GB SSD
大きさ 185(幅)×395(奥行き)×370(高さ)mm

王道ミドルスペックながら価格を抑えられたドスパラのゲーミングPCです。

今回計測にも利用したGTX1660 SUPERを搭載しており、

中画質ぐらいなら安定して60fpsで遊ぶことが可能です。

また最低画質なら140fpsほどでますので、ゲーミングモニター利用も可能になっています。

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R36


CPU Core i5 11400
グラボ RTX3060
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 185(幅)×395(奥行き)×370(高さ)mm

最新世代のRTX3060を搭載したゲーミングPCです。

RTX2060系よりもう一歩高性能となっており、

最高画質60fpsにて安定して遊べるようになります。

Valheimを最大限堪能するならこの性能です。

また中画質などある程度画質を確保しつつ高FPSにて遊ぶこともできます。

(パソコン工房)LEVEL-M056-117-RBX


CPU Core i7-11700
グラボ RTX3060
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 190(幅)×410(奥行き)×356(高さ)mm

おなじく最新RTX3060を搭載し、

さらにCPUもハイクラスのCore i7 11700を搭載しています。

RTX3060の性能をさらに引き出すことができますし、

マルチタスクに強いので、動画編集やゲーム配信にも向いているゲーミングPCです。

Valheimの配信を考えている人におすすめ。

高画質高FPSor高解像度でValheimを遊ぶ!

ポイント!
  • WQHD/4K最低~中画質にて60fps安定
  • フルHDにて高画質高FPS

続いてはハイクラスに属するゲーミングPCです。

Valheimを遊ぶには現時点では高スペック帯となります。

WQHDや4Kなどウルトラワイドモニター・4Kモニター利用を考えている人は、最低でもこのスペックから。

また高画質でフルHDゲーミングモニター利用を考えている人もこのあたりから選ぶのがおすすめです。

(フロンティア)FRGXB560/B


CPU Core i7 11700F
グラボ RTX3070
メモリ 16GB
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 200(幅)×423(奥行き)×485(高さ)mm

今回の計測にも利用した最新世代RTX3070と、

Intel最新世代CPUのCore i7 11700F(8コア16スレッド)を搭載したゲーミングPCです。

フルHD・WQHD解像度はもちろんのこと、

4Kでも中画質でValheimを快適に遊べるようになり、

Valheimを高環境で遊ぶことが可能です。

ゲーミングモニター、ウルトラワイドモニター利用を考えている人におすすめ。

Core i7 11700Fもゲームに強いCPUですので、

相性良しです。

(ドスパラ)GALLERIA XA7R-R37


CPU Ryzen7 3700X
グラボ RTX3070
メモリ 16GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ)mm

同じくRTX3070を搭載したゲーミングPCです。

AMD系で選ぶのであればこちらがおすすめ。

価格もRTX3070搭載としては抑えられており、Valheimを高環境で遊ぶことが可能です。

(パソコン工房)LEVEL-G059-LC117K-VAX


CPU Core i7 11700K
グラボ RTX3080
メモリ 16GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 230(幅)×582(奥行き)×525(高さ)mm

さらに一段階性能を上げたRTX 3080を搭載したゲーミングPCです。

Valheimの描画にこだわるのであればという性能で、

グラフィック性能が高い分、価格も高くなりますので、

そこまで必要無いという方には不要かとおもいます。

どちらかというとValheim以外の重めのゲームなど、

今後も色々なゲームをとことん遊びたい人向けのゲーミングPCです。

Intel最新世代Core i7 11700K(8コア16スレッド)を搭載していますので、

RTX3080の性能をしっかりと引き出してくれます。

そのほかの人気ゲーム別ゲーミングPC

最近の人気ゲームを実測し、最適なゲーミングPCを紹介しています。

【実測】Escape From Tarkovのスペックとグラボは?ゲーミングPC紹介 CoD:BOCWにおすすめなゲーミングPCは?144fps/240fpsスペック サイバーパンク2077のスペックとグラボ性能は?ゲーミングPC紹介 実測済・レインボーシックスシージの快適スペックとおすすめなゲーミングPC 【実測済】PC版PUBGの推奨スペックとおすすめなゲーミングPC SATISFACTORYのおすすめなゲーミングPCと推奨スペックとは? VALORANTのスペックやグラボとは?ゲーミングPCのおすすめ Apex Legendsの推奨スペックとおすすめなゲーミングPCとは? モンハンワールド(MHW)必要なスペックとグラボとは? フォートナイトの推奨スペックとグラボ性能は?ゲーミングPC紹介