【実測】THE FINALSのグラボとスペックは?ゲーミングPC紹介 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!

【実測】THE FINALSのグラボとスペックは?ゲーミングPC紹介

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

バトルフィールドを輩出したDICEの元メンバーが新しくリリースした、新感覚FPS

「THE FINALS」

に関して、実際に計測し必要なグラフィック性能を測定。

おすすめなゲーミングPCについてまとめました!

THE FINALSのスペック

※横スクロールできます

必要スペック 推奨スペック
CPU Core i5-6600K or AMD Ryzen R5 1600 Core i5-9600K or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック GeForce GTX 1050 Ti or Radeon RX 580 GeForce RTX 2070 or Radeon RX 5700 XT
メモリ 12GB RAM 16GB RAM

VALORANTやフォートナイトのような比較的軽いFPSゲームというよりは、

最新ゲームらしく、やや高スペックなゲーム性能が要求されるゲームとはいえそうです。

それでも現行の3世代前くらいのゲーム性能があればゲーム自体はできそうです。

推奨スペックを目指すなら1世代前のハイクラス。最新世代であればまず問題なくゲームができるでしょう。

PCゲームにおいて重要なスペックは?
一番はグラフィック性能に直接影響するグラフィックボード(ビデオカード)、2番目がCPU、3番目がメインメモリです。
また読み込み速度では記憶媒体の種類(HDD、SSD)が影響します。

基本的なグラフィック設定

THE FINALSのグラフィック設定画面1

THE FINALSのグラフィック設定画面2

まだリリースされたばかりとはいえ、グラフィック設定はかなり作りこんである印象で、

DLSS3の最新アップスケーリング技術のほか、DLSS、FSR2、XeSSなど大抵のアップスケーリング技術は網羅して利用できます。

ただDLSS3対応をみると、どちらかといえばNVidia GeForce RTX 4000シリーズ以降のほうが相性は良さそうです。

細かな設定項目はありますが、プリセットとして、低、中、高、エピックの4段階が用意されていますので、

まずはそちらでフレームレートの様子をみるといいでしょう。

画質による違い

THE FINALSを楽しむなら
画質による見え方の差は結構わかるが、低画質でも特に問題は無い。
ゲーム性能に余裕あればなるべく高い画質がおすすめ。

対戦FPSゲームですので画質よりはフレームレート重視ではあるものの、

画質による見え方も一応検証しましょう。

THE FINALS4Kエピック画質
↑THE FINALSにおける惑星最高画質4K
THE FINALS_4K低画質
↑THE FINALSにおける惑星低画質4K

画面ではわかり難いかもしれませんが、実際にゲームをすると低画質とエピック画質の差が結構わかるゲームです。

照明具合や影、床の反射、木々、縁石、ポスターの細かさなどなど。

フレームレート優先で画質を調整するのが前提ですが、ゲーム性能に余裕があればある程度上の画質で遊んだほうが、

没入感はあります。

どの程度ゲーミングPC性能が必要か?

THE FINALSを楽しむなら
最新世代のミドルクラス性能があれば、フルHD~WQHDモニターでも遊べる

では最近発売されている中で人気のグラフィックボードから、

具体的なパソコンスペックを探っていきたいとおもいます。

一つの基準として144Hzリフレッシュレートゲーミングモニターが多いので、144fpsを確保できるか?に注目します。

CPUはCore i9 14900Kを利用しています。

THE FINALSにおけるグラフィックボードベンチマーク結果(DLSS-FSR)

※横スクロールできます

フルHD低 フルHDエピック WQHD低 WQHDエピック 4K低 4Kエピック
RTX 4090 294 262 297 272 295 234
RTX 4070 332 291 329 220 201 113
RTX 4060 Ti 329 249 282 179 156 92
RTX 4060 277 224 184 146 91 71
RX 6600 XT 251 160 184 109 99 55
RTX 3050 216 134 151 89 82 46

まずはDLSSおよびFSRを利用した時の計測結果です。

このゲームは場面によってフレームレートの差が激しく、平均の±30fpsは前後します。

その点を踏まえて考えると、最近の低価格路線で定番となっているRTX 3050はフルHD低画質であれば、144fps以上は確実に確保できますが、

高画質になってくると安定は難しいでしょう。

最新世代のミドルクラスであるRTX 4060やRTX 4060 Tiであれば、フルHD高画質高フレームレートは確実。

WQHDゲーミングも中~最高画質で十分144fps以上は確保できるでしょう。

4Kになると最低でもRTX 4070以上、高画質ならRTX 4080など最強クラスの性能が必要に。

THE FINALSにおけるグラフィックボードベンチマーク結果(DLSS3)

※横スクロールできます

フルHD低 フルHDエピック WQHD低 WQHDエピック 4K低 4Kエピック
RTX 4090 583 506 450 375 279 235
RTX 4070 414 335 286 230 150 116
RTX 4060 Ti 327 266 220 177 111 88
RTX 4060 312 212 235 144 127 72

続いてはNVidia GeForce RTX 4000シリーズ以降の真骨頂であるDLSS3も計測していみます。

ただWQHD~4KになるとパフォーマンスがDLSSよりも落ちてしまいよくない。

このあたりは最適化不足?かもしれませんが、フルHDに関しては確実にフレームレートがあがり、

一つ上の画質、解像度で遊べる感じになっています。

やはりDLSS3が使えるRTX 4000シリーズ以降のほうが将来的にも良いでしょう。

 

それでは今現在、

BTOパソコンからTHE FINALSに最適なゲーミングPCをご紹介していきます。

コスパの観点でもゲーミングPCをご紹介しています。
コスパ最強!おすすめゲーミングPCランキング

フルHDでおすすめのゲーミングPC

(ドスパラ)GALLERIA RM5C-R46T 14400F搭載

GALLERIA RM5C-R46T 14400F搭載の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB (NVMe Gen4)
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×425(高さ) mm
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 3.3
同価格帯の平均:2.5
(3.5)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)

最新世代のRTX 4060 Tiグラフィックボードを搭載したゲーミングPC。

THE FINALSにおいてフルHD高フレームレートを狙うなら最適なゲーム性能。

DLSS3も使えますので、240Hzなど超高フレームレートのモニターにも対応できます。

WQHDでおすすめのゲーミングPC

(フロンティア)FRGAG-B760M/SK4

FRGAG-B760M/SK4の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070 SUPER
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約210mm x 高さ(H):約457mm x 奥行(D):約465mm
PCの評価
コスパ 4.3
同価格帯の平均:3.5
(4.5)
ゲーム性能 4.3
同価格帯の平均:4.2
(4.5)
動画編集性能 4.8
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.2
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:5.0
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.6
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.3
(3.0)

最新世代のRTX 4070 SUPERグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

RTX 4060 Tiより2つ上のグラフィックボードで、

WQHD解像度相当のゲーミングモニターを利用してTHE FINALSを遊ぶのであれば最適。

コスパも高いゲーミングPCです。

4KでおすすめのゲーミングPC

(セブン)ZEFT Z45AS

ZEFT Z45ASの製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4080 SUPER
メモリ DDR5 64GB
容量 2TB Gen4 NVMe SSD + 2TB NVMe SSD
大きさ 290x495x466 mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.0
(5.0)
ゲーム性能 5.4
同価格帯の平均:5.4
(5.0)
動画編集性能 5.3
同価格帯の平均:5.5
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.9
(5.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:4.0
(4.0)

最新世代のRTX 4080 SUPERグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

RTX 4080 SUPERは4K高画質高フレームレートも容易で、その性能をしっかり活かせるCore i7 14700KFの組み合わせです。

THE FINALSを4Kモニターで高フレームレートで遊ぶのであれば最適な性能。

(マウスコンピューター)G-Tune FZ-I9G90

G-Tune FZ-I9G90の製品画像
CPU Core i9 13900KF
グラフィックボード RTX 4090
メモリ DDR5 64GB
容量 2TB (NVMe Gen4×4)
大きさ 約215×490×481
PCの評価
コスパ 4.5
同価格帯の平均:3.5
(4.5)
ゲーム性能 5.6
同価格帯の平均:5.3
(5.0)
動画編集性能 5.8
同価格帯の平均:5.5
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:3.3
(3.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.9
(4.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、218fps
フォートナイト 最高画質、521fps 最高画質、183fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、196fps
タルコフ 最高画質、126fps
オーバーウォッチ2 最高画質、511fps

※参考値であり保証するものではありません。

最新世代のRTX 4090のグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

現在の最強性能を持っているグラフィックボードで、

4K最高画質でも高フレームレート安定してTHE FINALSを遊ぶことができます。