Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2020年】アーク(ark)の予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

秋葉原にて20年以上店を構えるアークですが、BTOパソコンも展開しています。

2019年現在のラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

アークはこんな人におすすめ!

アークおすすめポイント
  • PCケースがカッコよいのが多い
  • アンバランスな構成を組み難くしており安心
  • 他社と違いAMDとIntel系の価格が近い
  • 初期構成でメモリ・SSD容量が多くお得
  • AMD系の選べるメモリクロックが低い時がある

一番の特徴はゲーミングPCのケースに高級モデルを選択できることです。

見た目的にかっこよいBTOがおおいので、そういった重視の人にはたまりません。

また初期構成のメモリ・SSD容量が他社に比べて多く、

アップグレード費用がかからないこと大きいですね。

CPUや各種構成とのバランスを考えたグラボ選択ができるようになっているので、

アンバランスな構成を組みにくく、初心者でも安心です。

ライトゲーム、軽度のプログラミング:予算7~8万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 価格重視!
  • WEB閲覧、動画閲覧など基本使用前提

まずは価格重視の構成BTOパソコンです。

WEB閲覧、音楽を聴く、YoutubeやAmazon、NetFrixで動画見るなど、

簡単なPC作業を前提にしています。

また容量の軽いオフィスファイルなら作業はできますので、オフィス利用もOK

ただ、複数の常駐ソフトやアプリをインストールしたり、

複数のタスクを同時にこなすとなると、少々重く感じることも多くなります。

あくまで割り切った使い方に留意ください。


※モニターは別売り
 

モデル名 BR-AA4B45M-SH
CPU Athlon3000G(2コア4スレッド)
グラボ Vega 3 Graphics
メモリ 16GB
容量 500GB SSD
大きさ 高さ453mm 奥行402mm 幅195mm

おすすめモデルが「BRIGHTON BR-AA2A32M-SH」です。

Athlon3000G(2コア4スレッド)のAMD製CPU(厳密にはAPU)を搭載したBTOになります。

低価格帯の場合Intel製ならCeleron G4900(2コア2スレッド)が選択肢になりますが、

シングルコア性能が劇的に変わらず、マルチスレッド数は3000Gが上なので、

ある程度のマルチタスクにも快適に動作します。

 

またIntel製と比べて内蔵グラフィックが段違いに強いため、

低負荷なゲームであれば遊べてしまう性能を持っています。

グラフィック性能は場合によってWEB閲覧、動画閲覧、オフィスソフトで利用する性能でもあるため、

高いことに越したことはありません。

加えてこのモデルは初期構成が良く、16GBのメインメモリと500GBのSSDが選ばれているので、

アップグレード費用もかかりません。

 

省スペース性特化で


 

モデル名 BX-AASR-Mini300P
CPU Athlon3000G(2コア4スレッド)
グラボ Vega 3 Graphics
メモリ 8GB
容量 250GB NVMeSSD
大きさ 高さ155mm 奥行155mm 幅80mm

もう一つおすすめしたいのが「BX-AASR-Mini300P」です。

マザーボードで有名なASRockが提供するDeskmini A300をベースにしたモデルです。

低価格帯スペックの利点として発熱が少ないことにあります。

発熱が少ないと小さなケースでも排熱をきにせず稼働させることができ、

結果省スペース性が高いパソコンが組みやすいんですね!

BX-AASR-Mini300Pの大きさは片手に乗せられるほど小さいので、

例えばリビングPCや、サブマシン、持ち運び用といった使い方も十分できます。

ただし拡張性はほとんどありませんので注意。

 

ゲーム入門、プログラミング、画像編集など:予算8~9万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • ライトゲームであれば遊べる
  • プログラミング作業、画像編集作業もOK

もう少しCPUとグラフィック性能をあげたBTOパソコンです。

動作要求が軽いゲームであれば、フルHD低~中画質、30~60fpsになりますが遊ぶことが可能。

またプログラミングコンパイルや画像編集といった作業にも対応できます。

ある程度常駐ソフトや複数アプリ起動にも対応できるので、

パソコン作業で使える幅が広がってきます。

比較的軽いPCゲーム代表例
フォートナイト、マイクラ、オーバーウォッチ、ACE COMBAT7、ナイトメアクロノス、ケモニスタオンライン、黒い砂漠などMMORPG、ドラゴンクエストX、モンスターハンターワールド、デビルメイクライ5、信長の野望など

 


※モニターは別売り
 

モデル名 BR-AR4B45M-SH
CPU Ryzen5 3400G(4コア8スレッド)
グラボ Vega 11 Graphics
メモリ 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 高さ453mm 奥行402mm 幅195mm

おすすめモデルの一つが「BR-AR4B45M-SH」です。

RyzenGシリーズでは最高峰のRyzen5 3400G搭載のモデルで、

グラフィックボード無でもある程度ゲームができる優れものです。

ライトゲームであれば、比較的問題なくゲームができますし、8スレッドあるのでマルチタスクも得意です。

今回の要件には十分に対応できます。

初期構成でメインメモリもSSDも十分で、特にアップグレードは必要ないのもポイント。

 

幅広いゲーム可、動画編集も:予算10~12万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 画質にこだわらないなら、幅広いゲームが遊べる
  • 軽いゲームなら高画質で遊べる
  • プログラミング作業、画像編集も

さらにCPUとグラフィック性能を高めて、できるゲームの範囲を広げたBTOパソコンです。

フルHDであれば低~中画質で60fpsを切ることもありますが、幅広いゲームで遊べます。

また動作がの軽いゲームなら高画質で遊ぶことも可能

数年先のゲームにも対応できる前提なら、このあたりのグラフィックから考えるのがおすすめです。

CPU性能も同時に高くなっていますので、プログラミングコンパイル、画像編集といった作業も対応できるでしょう。


※モニターは別売り
 

モデル名 CY-IC6B36MG5-AA
CPU Corei5 9400F(6コア6スレッド)
グラボ GTX1650
メモリ 16GB
容量 512GB NVMeSSD
大きさ 高さ395mm 奥行475mm 幅195mm

おすすめは「CY-IC6B36MG5-AA」です。

このあたりのスペックになると、

CPUはCorei3 9100、Corei5 9400F、Ryzen5 3600、Ryzen5 2600あたりになるのですが、

アークでは他が同じ構成の場合、Intel系が安くコスパが良かったので、このモデルにしました。

Corei5 9400F(6コア6スレッド)はミドルクラスとして人気のCPUで、

高いゲーミング性能も持っているので、ミドルスペックのグラボまでなら最適なCPUになります。

CPUのボトルネック
ゲームなどグラフィック性能は、グラフィックボードが高性能であればよいわけではなく、同時にCPUもある程度の性能が必要です。
CPUの性能が低すぎると、ボトルネックとなりグラフィックボードの性能を100%引き出せなくなります。

対応するグラフィックボードは初期設定のGTX1650でOKです!

最新世代のグラフィックボードで、前世代のGTX1050に比べて2倍近い性能アップになっており、

幅広いゲームで問題なく遊ぶことができます。

また機械の構造的に、最新のゲームほど性能を発揮しやすい傾向になるため、

現役期間もかなり長くなります。

メモリはデフォルトの16GBで問題なく、また512GBのSSDが初期構成なのもうれしいですね。

 

フル高画質、低画質・高FPS:予算10~11万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 高画質で幅広いゲームを遊ぶことができる!
  • 120fps以上のゲーミングモニター使用も視野に
  • 動画編集が可能に
  • ゲーム配信など高負荷マルチタスクも可

いわゆるミドルスペックのBTOパソコンになります。

幅広いゲームができるのはもちろんですが、画質もフルHDなら高~最高画質60fpsで遊べる前提。

ゲームによっては画質を落とせば120fps以上など、ゲーミングモニター利用も視野に入れられます。

 

また動画編集・配信といった高タスク処理もある程度こなせるようになるので、

Youtubeなどに動画投稿・ゲーム配信を考えている方もここ以上のスペックが良いでしょう。


※モニターは別売り
 

モデル名 CY-AR6B45MGT6-AV2
CPU Ryzen5 3600(6コア12スレッド)
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB
容量 512GB NVMeSSD
大きさ 高さ400mm 奥行405mm 幅208mm

おすすめは「CY-AR6B45MGT6-AV2」です。

最新世代であるRyzen5 3600を搭載したモデルで、

同クラスではIntelよりもマルチタスク性能が高く、動画配信・編集に向いています。

さらにゲーミング性能も最近はIntelを超えるケースもあるほど拮抗。

最新グラボのGTX1660 SUPERとの組み合わせも相性が良く、

かなり快適なゲームライフがおくれます。

フルHD無敵、WQHD、高画質高FPS、動画編集・配信より快適に:予算16~19万円

このBTOパソコンのポイント
  • フルHDなら何不自由なし
  • 中~最高画質144fps以上確保
  • 動画編集・配信より快適に

 

ミドルエンド~ハイスペックPCに属するスペックで、

フルHDはもちろん、1つ上のWQHD(2560 x 1440)も狙えるゲームがでてきます。

高画質で高FPSも出せるので、敵の視認性も高くなり、よりこだわりたいゲーマーにはうってつけ。

CPUも高性能なので、動画編集も早くなり、配信はより綺麗におこなえます。


※モニターは別売り
 

モデル名 CY-AR8X57ARN7-IWA
CPU Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)
グラボ RX5700XT
メモリ 16GB
容量 512GB NVMeSSD
大きさ 高さ473mm 奥行425mm 幅210mm

おすすめは「CY-AR8X57ARN7-IWA」です。

最新世代のRyzen7 3700Xをベースにしたモデルです。

シングル・マルチ性能ともに大きく向上し、

動画編集・配信・ゲーミング性能ともに最高のパフォーマンスを発揮できます。

 

グラボはRadeonの最新世代RX5700XT。

より省電力になり、性能ではライバルRTX2070 SUPERを若干上回るほどすごく、

かつメモリ帯域が広いためWQHDなど高解像度でも安定的な性能を発揮できます。

加えて、「Radeon Image Sharpening」という機能で、画質を向上させる機能と、

「Anti-Lag」という機能でゲームの操作遅延を短縮できる機能を使うことも可能です。

 

4Kゲーミング:予算21万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)の高解像度・高画質でもゲーム可能
  • 動画配信も高画質で
  • 動画・3D編集の作業が迅速

最後はハイクラスなBTOパソコンです。

一般向けでは最高峰に位置するスペックで、

WQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)も視野にいれてゲームができます。

動画編集は高速処理、3DCGレンダリングといった高度な作業も可能になってきます。

動画配信もより高画質、高解像度が狙えます。

とにかく最強を目指したい人向けです。


※モニターは別売り
 

モデル名 CY-AR12X57AGT8-SSGP
CPU Ryzen9 3900X(12コア24スレッド)
グラボ RTX2080 SUPER
メモリ 32GB
容量 1TB NVMeSSD + 3TB HDD
大きさ 高さ500mm 奥行480mm 幅248mm

おすすめは「CY-AR12X57AGT8-SSGP」です。

現在マルチタスク性能ではAMDとIntel両方で2番目に高い、

Ryzen9 3900Xを搭載したモデルです。

最高峰のゲーム配信や編集性能を求めるなら、最上位の3950Xとの2拓という感じで、

予算に合わせてアップグレードしても良いと思います。

 

対応するグラボはRTX2080 SUPERを搭載。

4Kゲーミング性能対応で、かつメモリ帯域が広いので高解像度でも安定して性能を発揮します。

3900Xとのバランスも良く、高クオリティなゲーム配信も可能です。

さらにレイトレやDLSSといった技術を使えば、さらにゲームへの没入感も高まります。

レイトレーシングって?
最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはRTコア搭載のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
DLSSって?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

 

初期構成もかなり良く、最新マザーボードX570がベースになっており、

高耐久・高品質ということはもちろんですが、最近登場したPCIe4.0対応なので、将来性もあります。

PCIe4.0とは?
PCIe(PCI Express)はグラフィックボードなどとCPUが通信を行うための接続規格のことで、
現在はPCIe3.0が主流。PCIe4.0は3.0に比べて帯域幅が2倍になっているので、とにかく早いってこと。
今はまだだが、今後は主流になってくる可能性が高い。

さらにメモリ容量、記憶容量も多く、

初期構成から見ても、ゲーム配信・編集してくれ!と言わんばかりです(笑)

 

2020年BTOラインナップまとめ

アークはデスクトップ・ノート型両方を取り揃えていますが、

ノート型は基本MSIやGIGABYTEなどマザーボードメーカーのPCになります。

分類は通常な「ノート」と「ゲーミングノート」の2種類。

デスクトップ型の場合、基本はケースを決めて他のパーツの構成を選ぶという感じなので、

PCの見た目や大きさを考えてから、どのBTOにするか考えるのが良いと思います。

ほぼ同じ構成でPCケースが違うだけというものも沢山ありますので。

分類は「デスクトップ」と「ゲーミングデスクトップ」の2種類です。

デスクトップ

内蔵グラフィック~エントリクラスのグラフィック性能を前提にしたBTOモデルです。

PCケースは安価なものに抑えられ、全体的に低価格~中価格前半までを狙うならここから選びます。

CPUはIntelならCorei3 9350KF~Corei7 9700Kまで選べるので、

高性能オフィス利用PCも組めます。

AMD系ならAthlon200GE~Ryzen5 3400Gが選べるので、

安価ゲーミングPCを組むことが可能です。

 

グラフィックボードはGT710~GTX1650までなので、

低~高画質とばらつきがあるものの、フルHDなら30~60fps付近で遊べるゲーミングPCが組めます。

ゲーミングデスクトップ

グラフィック性能とCPU性能がミドル~ハイクラスを意識したBTOモデルです。

ゲームはもちろんですが、

動画編集・動画配信・CAD・3DCGレンダリングなどクリエイティブ向けモデルも構成できます。

PCケースも豊富になり、安価ケースから高級ケースまでさまざま。

CPUはIntelの場合Corei5 9400F~Corei9 9900K、AMDはRyzen5 2600~Ryzen9 3950X、

グラフィックボードはGeForce系の場合GTX1650~RTX2080ti、

Radeon系ならRX5500XT~RX5700XTなどで構成できます。

またアークの良いのが、デフォルトの記憶容量が500GBなこと、メモリが16GBであることがおおいです。

ミドル以上になってくると、容量もメモリもこのくらいは必要になってくることが多くなるので、

アップグレード費用がかからないのはうれしいですね。

 

それとここでは別途ASRockのDeskMiniを利用した、超小型ゲーミングPCもあります。

ノート

グラフィック性能は低めな、オフィス利用を前提にしたノートパソコンです。

比較的軽量モデルがあるので、ゲームをしない前提であればこちらから選ぶと良いでしょう。

価格的にもノートでは低価格~中価格くらいのラインナップになっています。

ゲーミングノート

グラフィック性能をあげてゲームを前提にしたノートパソコンです。

価格は高価格帯が多くなりますが、ノートパソコンとしてはCPU、グラフィック性能ともに高性能で、

動画編集や配信といった作業もこなせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA