【2021年】アーク(ark)の予算・目的別BTOパソコンのおすすめ! | こまたろPC
Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2021年】アーク(ark)の予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

秋葉原にて20年以上店を構えるアークですが、BTOパソコンも展開しています。

現在のラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

アークはこんな人におすすめ!

アークおすすめポイント
  • PCケースがカッコよいのが多い
  • アンバランスな構成を組み難くしており安心
  • ノートも含め種類が多い
  • ノートはマザボメーカー製

一番の特徴はゲーミングPCのケースに高級ゲーミングPCを選択できることです。

見た目的にかっこよいBTOがおおいので、そういった重視の人にはたまりません。

また初期構成のメモリ・SSD容量が他社に比べて多く、

アップグレード費用がかからないこと大きいですね。

CPUや各種構成とのバランスを考えたグラボ選択ができるようになっているので、

アンバランスな構成を組みにくく、初心者でも安心です。

WEB閲覧や動画閲覧など:予算7~8万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 価格重視!
  • WEB閲覧、動画閲覧など基本使用前提

ゲーミングPCというよりはゲーム以外の軽い用途向けの価格帯です。

WEB閲覧、音楽を聴く、YoutubeやAmazon、NetFrixで動画見るなど、

簡単なPC作業を前提にしています。

また容量の軽いオフィスファイルなら作業はできますので、オフィス利用もOK

ただ、複数の常駐ソフトやアプリをインストールしたり、

複数のタスクを同時にこなすとなると、少々重く感じることも多くなります。

あくまで割り切った使い方に留意ください。


※モニターは別売り
 

ゲーミングPC名 AB-AA4B45M-SH
CPU Athlon3000G(2コア4スレッド)
グラボ Vega 3 Graphics
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 高さ453mm 奥行402mm 幅195mm

Athlon3000G(2コア4スレッド)のAMD製CPU(厳密にはAPU)を搭載したBTOになります。

低価格帯の場合Intel製ならCeleron G4900(2コア2スレッド)が選択肢になりますが、

シングルコア性能が劇的に変わらず、マルチスレッド数は3000Gが上なので、

ある程度のマルチタスクにも快適に動作します。

 

またIntel製と比べて内蔵グラフィックが段違いに強いため、

低負荷なゲームであれば遊べてしまう性能を持っています。

グラフィック性能は場合によってWEB閲覧、動画閲覧、オフィスソフトで利用する性能でもあるため、

高いことに越したことはありません。

加えてこのゲーミングPCは初期構成が良く、16GBのメインメモリと500GBのSSDが選ばれているので、

アップグレード費用もかかりません。

 

省スペース性特化で


 

ゲーミングPC名 BX-AASR-Mini300P
CPU Athlon3000G(2コア4スレッド)
グラボ Vega 3 Graphics
メモリ 8GB
容量 250GB NVMeSSD
大きさ 高さ155mm 奥行155mm 幅80mm

もう一つおすすめしたいのが「BX-AASR-Mini300P」です。

マザーボードで有名なASRockが提供するDeskmini A300をベースにしたゲーミングPCです。

低価格帯スペックの利点として発熱が少ないことにあります。

発熱が少ないと小さなケースでも排熱をきにせず稼働させることができ、

結果省スペース性が高いパソコンが組みやすいんですね!

BX-AASR-Mini300Pの大きさは片手に乗せられるほど小さいので、

例えばリビングPCや、サブマシン、持ち運び用といった使い方も十分できます。

ただし拡張性はほとんどありませんので注意。

フルHDにて幅広いゲーム可:予算8~9万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 画質にこだわらないなら、幅広いゲームが遊べる
  • フルHD低~中画質60fps
  • ゲーミングモニター利用は厳しい

ここからが本格的なゲーミングPCと呼ばれる価格帯です。

エントリークラスと呼ばれるスペックで画質を選ばなければ、

フルHD下で最近のゲームも遊ぶことができます。

60fpsを前提にしているので、144fpsなどゲーミングモニター利用や

CPU性能も限定的なのでゲーム配信、動画編集ももう少し上のスペックが良いです。


 

ゲーミングPC名 GA-A3G16S
CPU Ryzen3 3100(4コア8スレッド)
グラボ GTX1650 SUPER
メモリ 16GB
容量 512GB NVMeSSD
大きさ 高さ378mm 奥行440mm 幅198mm
RyzenエントリークラスのRyzen 3 3100を搭載したゲーミングPCです。

エントリークラスといっても4コア8スレッドありますので、中々の高性能。

グラボもGTX1650 SUPERと、

通常GTX1650が多い中一段階上のグラボ搭載なので、価格に対するゲーミング性能はコスパ良しです。

メモリはデフォルトの16GBで問題なく、また512GBのSSDが初期構成なのもうれしいですね。

フル高画質、低画質・高FPS:予算10~11万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 高画質で幅広いゲームを遊ぶことができる!
  • 120fps以上のゲーミングモニター使用も視野に
  • 動画編集が可能に
  • ゲーム配信など高負荷マルチタスクも可

もう少しスペックをあげていくとフルHDでも快適性が大分変ってきます。

幅広いゲームができるのはもちろんですが、画質もフルHDなら高~最高画質60fpsで遊べる前提。

ゲームによっては画質を落とせば144fps以上など、ゲーミングモニター利用も視野に入れられます。

要求スペックの高いゲームでは高FPSは厳しいので、

どのようなゲームでも高FPSならもう少し上のスペックが良いでしょう。

 

また動画編集・配信といった高タスク処理もある程度こなせるようになるので、

Youtubeなどに動画投稿・ゲーム配信を考えている方もおすすめです。


※モニターは別売り
 

ゲーミングPC名 AG-AR6B45MGT6-AV2
CPU Ryzen5 3600(6コア12スレッド)
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB
容量 512GB NVMeSSD
大きさ 高さ400mm 奥行405mm 幅208mm

ミドルクラス王道のRyzen5 3600を搭載したゲーミングPCで、

同クラスではIntelよりもマルチタスク性能が高く、動画配信・編集に向いています。

さらにゲーミング性能も最近はIntelを超えるケースもあるほど拮抗。

最新グラボのGTX1660 SUPERとの組み合わせも相性が良く、

かなり快適なゲームライフがおくれます。

フルHD高画質高FPS:予算14~16万円

このBTOパソコンのポイント
  • フルHDなら何不自由なし
  • 中~最高画質144fps以上確保
  • 低解像度のウルトラワイドモニター利用

 

どのようなゲームでもフルHD高画質144fps以上を狙えるような価格帯です。

ゲームと設定によっては240fps以上など超高FPSゲーミングモニター利用も可能。

低解像度のウルトラワイドモニター利用も視野に入れられます。


※モニターは別売り
 

ゲーミングPC名 AG-IC6B46MGA6-A32
CPU Core i5 10400(6コア12スレッド)
グラボ RTX3060 ti
メモリ 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 高さ402mm 奥行420mm 幅210mm

最新世代RTX3060tiを搭載したゲーミングPCです。

RTX3060tiは前世代RTX2080 SUPERと互角以上のパフォーマンスを発揮し、

WQHDを視野にいれたゲーミングが可能。

ただし決してゲーミング性能が低いわけではないですが、

搭載のCore i5 10400では若干のボトルネックは発生するとおもいます。

しかしそれでもRTX3060ti搭載ゲーミングPCとしては価格が安いこと、

グラボ性能が高い恩恵は受けれることからおすすめとしました。

さらにレイトレやDLSSといった技術を使えば、さらにゲームへの没入感も高まります。

レイトレーシングって?
最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはRTコア搭載のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
DLSSって?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

4Kゲーミング入門:予算21万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)の高解像度でゲーム可能
  • 高解像度のウルトラワイドモニター利用
  • 動画・3D編集の作業が迅速

ハイクラスに属するゲーミングPCです。

4K(3840×2160)を視野にいれたゲーミングが可能で、

高解像度のウルトラワイドモニターもほぼ4K性能が必要ですので、

このスペック帯がおすすめ。

CPUもハイクラスになりますので、

動画編集は高速処理、3DCGレンダリングといった高度な作業も可能になってきます。

動画配信もより高画質、高解像度が狙えます。


※モニターは別売り
 

ゲーミングPC名 AG-AR6B55IGA7-SG
CPU Ryzen5 5600X(6コア12スレッド)
グラボ RTX3070
メモリ 32GB
容量 1TB NVMeSSD
大きさ 高さ215mm 奥行368mm 幅247mm

最新世代のRyzen5 5600Xを搭載したゲーミングPCです。

ミドルクラスの「5」ながら性能はハイクラスのRyzen7 3700Xを余裕で上回る性能で、

ハイクラスのグラフィックボード性能を十分引き出してくれます。

対応するグラフィックボードも最新世代のRTX 3070で4Kゲーミング性能を有しています。

高性能なのに珍しい小型のキューブケースを採用しているのもおすすめポイント。

4K高画質:予算35万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)を高画質にて
  • 現時点最高峰のゲーミング性能

最後はゲーミングPCとしては最高クラスのスペックです。

4K(3840×2160)でも高画質にて遊ぶことができますし、

CPUのマルチタスク性能も高いので、動画編集も超高速。

ただし最上位のグラフィックボードはコスパが悪いので、一つ低いグラボでご紹介しています。


※モニターは別売り
 

ゲーミングPC名 AG-AZ12B55IGA8-SG
CPU Ryzen9 5900X(12コア24スレッド)
グラボ RTX3080
メモリ 32GB
容量 2TB NVMeSSD
大きさ 高さ215mm 奥行368mm 幅247mm

最新世代のRyzen9 5900Xを搭載したゲーミングPCです。

ゲーミング、クリエイティブ性能ともに最高峰といってよく、

最高峰のグラフィックボードと組み合わせるなら最適なCPUです。

グラボも最新世代のRTX 3080で4Kに対して十分なゲーミング性能をもっており、

まさに最強コンビといって良いです。

このゲーミング性能で小さなキューブケースで提供しているところはほぼ無いでしょう。

2021年BTOラインナップまとめ

アークはデスクトップ・ノート型両方を取り揃えていますが、

ノート型は基本MSIやGIGABYTEなどマザーボードメーカーのPCになります。

分類は通常な「ノート」と「ゲーミングノート」の2種類。

デスクトップ型の場合、基本はケースを決めて他のパーツの構成を選ぶという感じなので、

PCの見た目や大きさを考えてから、どのBTOにするか考えるのが良いと思います。

ほぼ同じ構成でPCケースが違うだけというものも沢山ありますので。

分類は「デスクトップ」と「ゲーミングデスクトップ」の2種類です。

デスクトップ

内蔵グラフィック~エントリクラスのグラフィック性能を前提にしたBTOゲーミングPCです。

PCケースは安価なものに抑えられ、全体的に低価格~中価格前半までを狙うならここから選びます。

とはいえ最近は高スペックのも混じっているので、

ゲーミングPCのカテゴリとの違いもあいまいになってますね(笑)

CPUはIntelならCorei3 10100~Corei7 10700Kまで選べるので、

高性能オフィス利用PCも組めます。

AMD系ならAthlon200GE~Ryzen5 4650Gが選べるので、

安価ゲーミングPCを組むことが可能です。

 

グラフィックボードはGT710~RTX3060tiまでなので、

非ゲーム用途~ハイクラスゲーミングまでかなり広い選択肢があります。

ゲーミングデスクトップ

グラフィック性能とCPU性能がミドル~ハイクラスを意識したBTOゲーミングPCです。

ゲームはもちろんですが、

動画編集・動画配信・CAD・3DCGレンダリングなどクリエイティブ向けゲーミングPCも構成できます。

PCケースも豊富になり、安価ケースから高級ケースまでさまざま。

CPUはIntelの場合Corei5 9400F~Corei9 10900K、AMDはRyzen3 3100~Ryzen9 5950X、

グラフィックボードはGeForce系の場合GTX1650~RTX3090、

Radeon系ならRX5500XT~RX6900XTなどで構成できます。

またアークの良いのが、デフォルトの記憶容量が500GBなこと、メモリが16GBであることがおおいです。

ミドル以上になってくると、容量もメモリもこのくらいは必要になってくることが多くなるので、

アップグレード費用がかからないのはうれしいですね。

 

それとここでは別途ASRockのDeskMiniを利用した、超小型ゲーミングPCもあります。

ノート

グラフィック性能は低めな、オフィス利用を前提にしたノートパソコンです。

比較的軽量ゲーミングPCがあるので、ゲームをしない前提であればこちらから選ぶと良いでしょう。

価格的にもノートでは低価格~中価格くらいのラインナップになっています。

ゲーミングノート

グラフィック性能をあげてゲームを前提にしたノートパソコンです。

価格は高価格帯が多くなりますが、ノートパソコンとしてはCPU、グラフィック性能ともに高性能で、

動画編集や配信といった作業もこなせます。