VSPECのゲーミングPC・BTOおすすめ解説 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

VSPECのゲーミングPC・BTOおすすめ解説

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

BTOパソコンのメーカーVSPEC。

現在のラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

VSPECはこんな人におすすめ!

VSPECおすすめポイント
  • とにかくパーツ組み合わせの自由度が高い
  • 初期構成あり、からフルカスタマイズ型まで
  • グラボもGeForce系、Radeon系と豊富
  • 自作組み立てキットで、自分で一から作ることも
  • MSI製マザーボードなどがコストパフォーマンスが良い
  • デイトレ用、静音用など変わったラインアップも

VSPECでは大きく二つの軸があり、基本的なカスタマイズできる初心者向けと、

ほぼフルカスタマイズの上級者向けがあるので、自由度が高いです。

さらにはPCパーツだけ受け取り、自宅で自作する自作キットタイプも。

パーツ選びはよくわからないけど、自作してみたいというニーズにも対応できます。

 

フルHDゲーミング:予算30万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHDなら高画質高フレームレート

さらにグラボの性能が向上しているので、画質にこだわってゲームしたい方におすすめ。

また低画質なら高FPSがでるので、ゲーミングモニター利用を考えているひとも。

全体的にCPU性能を含め向上しているので、動画編集やゲーム配信も対応できるようになります。

ただし高速、快適というほどではないので、あくまで最低限レベルと考えてください。


 

ゲーミングPC名 VSPEC ゲームPC/Intel 13世代プレミアム
CPU Core i7 13700KF(16コア24スレッド)
グラボ RTX 4060
メモリ 16GB
容量 1TB NVMe SSD

最新世代のRTX 4060グラボを搭載したゲーミングPCです。

フルHD高画質高フレームレートを安定して狙える性能。

CPUもCore i7 13700KFでRTX 4060の性能を活かすには十分。

PCケースもNZXT H9 Flowの人気のケース採用です。

 

WQHDゲーミング:予算35万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • WQHD高画質高フレームレートを安定
  • ウルトラワイドゲーミングモニターに最適

WQHD解像度メインに快適に遊べる性能です。

ウルトラワイドゲーミングモニターに最適。

現在該当するゲーミングPCはありません。

4Kゲーミング:予算70万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)の高解像度・高画質でもゲーム可能
  • 動画編集・配信が迅速になる

最後はゲーミングPCでは最高峰に位置するBTOパソコンです。

とはいえゲーミング性能においては、一つ前のクラスで十分かとおもいます。

ここではゲーミング性能だけでなく、本気で動画編集・配信をしたいクリエイティブ向けも兼ねてします。


 

ゲーミングPC名 VSPEC ゲームPC/Intel エクストラプレミアム
CPU Core i9 13900K(24コア32スレッド)
グラボ RTX4090
メモリ 32GB
容量 1TB NVMeSSD

最強ゲーム性能のRTX 4090グラボを搭載したゲーミングPC。

4K高画質高フレームレートも容易、8Kゲーミングも可。

CPUもゲーム性能トップクラスのCore i9 13900Kなので組み合わせも良し。

2024年BTOラインナップ

VSPECはデスクトップ型のみのBTOパソコンを展開しており、

「FX・デイトレPC」「ゲーミングPC」「静音&無音PC」「サーバー・クリエイティブPC」「コンパクトPC」と、

目的別から分ける方法となっていますが、

別途Intel系、AMD系の別軸からの枠組みでも検索することが可能です。

が、実はそれぞれカスタマイズ性はかなり高くて、自由にエントリ~ハイクラスまで構成できるので、

あくまで初期構成で分かれているだけで、それぞれでカスタマイズ範囲に制限があるわけではないです。
(ケース大きさによる制限はある)

個人的にはちょっとわかりにくいかなーって気もしますが、

より目的別に細かく分かれているので、明確な人にはすぐに目的のBTOが探せるでしょう。

現在はIntel第14世代/13世代Intelをメインに選択することができます。

そのほかのBTOメーカーについて
日本国内主流のBTOメーカーについては下記記事にて紹介しています。
おすすめのBTOパソコンメーカーとは?