Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2019年】VSPECの予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

BTOパソコンのメーカーVSPEC。

2019年現在のラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

VSPECはこんな人におすすめ!

VSPECおすすめポイント
  • とにかくパーツ組み合わせの自由度が高い
  • 初期構成あり、からフルカスタマイズ型まで
  • グラボもGeForce系、Radeon系と豊富
  • 自作組み立てキットで、自分で一から作ることも
  • MSI製マザーボードなどがコストパフォーマンスが良い
  • デイトレ用、静音用など変わったラインアップも

VSPECでは大きく二つの軸があり、基本的なカスタマイズできる初心者向けと、

ほぼフルカスタマイズの上級者向けがあるので、自由度が高いです。

さらにはPCパーツだけ受け取り、自宅で自作する自作キットタイプも。

パーツ選びはよくわからないけど、自作してみたいというニーズにも対応できます。

基安さ重視!基本作業、ライトゲーム:予算6~7万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 使用用途はWEB閲覧、動画視聴、音楽、簡単なメール・オフィス
  • プログラミング作業、画像・動画編集・動画配信・3D編集はしない
  • 安く抑えたい
  • かなり軽いゲームなら動作可

価格重視のBTOパソコンモデルです。

高度な作業は前提にせず、ホームページを見る、映画など動画視聴するといった簡単な使用を想定しています。

通常ならこのくらいのスペックなのですが、VSPECではAMD製のCPUが選択できるので、

もうちょっと機能を贅沢できます。

Intel製の安さ重視だとCeleronというCPUを使用するのですが、

こちらは内蔵グラフィックが強くありません。

しかしAMD製では内蔵グラフィックも強いCPUがあり、それを選択することで、

簡易的なゲームであれば遊ぶこともできちゃいます。

比較的軽いPCゲーム代表例
フォートナイト、マイクラ、オーバーウォッチ、ACE COMBAT7、ナイトメアクロノス、ケモニスタオンライン、黒い砂漠などMMORPG、ドラゴンクエストX、信長の野望など

 

おすすめは「VSPEC-BTO/Ryzen3 2200G」です。

こちらはRyzen3 2200G(4コア4スレッド)がベースになっており、

4コアあるためマルチタスクにも強く、複数のアプリや常駐ソフトをインストールしても遅くなりにくいです。

また内蔵グラフィックもそれなりに強いので、今回のようなゲームであれば遊ぶこともできます。
(そのためこのCPUは人気になっています)

ただしフルHDで低画質が基本となります。

 

さてよくも悪くもVSPECはパーツの自由度がかなり高いので、何をすればよいのか迷ってしまいます。

おすすめのカスタマイズは↑。

まずマザーボードはこのクラスであれば安さ重視のマザボでも良いので、

ASRock A320M-HDVでコストカットしています。

メモリはWindows10を快適に動作させるなら8GBは欲しいので、

4GB×2のデュアル構成を選択。

初期にハードディスク500GBが選択されていますが、

ハッキリ言ってHDDだと動作が遅くてイライラするので、

HDDを無くしてコストカットした代わりに、SSDの240GBをチョイスしました。

これで税込み74,240円。

価格をより抑えるという意味で、Athlon200GE(2コア4スレッド)を選択してもOKです。

グラフィック性能は劣りますが、簡易的な使用であれば快適に動作できます。

価格は66,960円。

 

幅広いゲーム:予算10万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 画質にこだわらないなら、幅広いゲームが遊べる
  • 軽いゲームなら高画質で遊べる
  • プログラミング作業、画像編集は快適
  • 多少の動画編集も可

グラフィック性能をより高めて、幅広いゲームができるBTOパソコンです。

ゲームによって低画質~高画質、30fps~60fpsとばらつきはあるものの、

ほとんどのゲームをフルHDで遊べることを前提に選んでいます。

グラボのボトルネックを防ぐため、CPUの能力も向上していますので、

プログラミング作業、画像編集などある程度負荷のかかる作業も問題ありませんし、

快適さはありませんが、動画編集もある程度こなせます。

CPUのボトルネック
ゲームなどグラフィック性能は、グラフィックボードが高性能であればよいわけではなく、同時にCPUもある程度の性能が必要です。
CPUの性能が低すぎると、ボトルネックとなりグラフィックボードの性能を100%引き出せなくなります。

おすすめモデルは「VSPEC-BTO/第8/第9世代Coffeelake(Refresh)マイクロATXベーシック」です。

Intel製のCPUがベースとなっていますが、

コスパに優れたCore i3 9100F(4コア4スレッド)を選択しています。

Intel製は1コアあたりの性能がAMDより高く、ゲーム性能も若干上です。

i3 9100Fは内蔵グラフィックが無い代わりに安価になっているモデルですが、

別途グラフィックボードを搭載する予定なので問題なく、さらに8300円のコストカットが美味いです。

対するグラフィックボードはGTX1650を選択しています。

最新世代のGeForce製グラボで、前世代のGTX1050と比べて約2倍の性能を誇っています。

性能的にもほとんどのゲームを問題なく遊べ、

さらに構造的に最新のゲームほど性能を発揮しやすくなってるので、

今後の将来性もあり、長期に渡って現役で活躍できます。

Core i3 9100Fとのバランスも良いです。

メインメモリは8GBでOK。

記憶媒体はSSD 240GBを選択し、高速化を図ってます。

一応データ保管用に500GBのHDDは初期構成のまま付属。

合計金額は99,170円となっています。

 

幅広いゲームを高画質で、VR、動画編集も快適、ゲーム配信:予算16~17万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 高画質で幅広いゲームを遊ぶことができる!
  • 動画編集がより快適に
  • ゲーム配信など高負荷マルチタスクもOK
  • VRもOK

さらにCPUとグラフィック性能を向上させ、マルチタスクとゲームの快適さを向上させたモデルです。

色々なゲームができることはもちろん、フルHD高画質、60fps前提としています。

また画質を落とせば120fps以上の高FPSもゲーム可能です。

VRなど高グラフィック処理が必要なゲームもOK。

またマルチタスクに強いので、動画編集も快適に。ゲーム配信も可能になってきます。

おすすめモデルは「第3世代Ryzenスタンダード」です。

最新世代である第3世代Ryzenを選択できるBTOパソコンになります。

ミドルスペック以上を狙うなら第9世代のIntelよりも、第3世代Ryzenがおすすめです。

第3世代Ryzenはシングル・マルチコア性能ともに大幅に改善され、

前世代に対し、1世代上のクラスと同等の性能を発揮します。

またゲーミング性能も大幅に向上しIntelと同等、時にはそれ以上になっています。

その割に価格は安くコスパが高い。つまり弱点がなくなった仕上がりなんです。

 

初期構成ではRyzen7 3700X(8コア16スレッド)となっていますが、

今回の要件ではオーバースペックで、Ryzen5 3600(6コア12スレッド)で全然十分です。

前世代のRyzen7 2700Xよりもゲーミング性能は上なので、

ミドルクラスのグラフィックボードなら、十二分に性能を引き出せます。

対応するグラフィックボードは、価格を抑えつつ高性能なGTX1660を選択しています。

最新世代のグラフィックボードで、前世代のGTX1070のハイクラスに切迫する性能を持っています。

大抵のゲームをフルHDなら高画質、高FPSで、WQHD(2560×1440)と解像度をあげても遊ぶことが可能です。

記憶媒体は初期構成でNVMeが選択されていますが、

個人的には内蔵SSDで十分ですので、安くするために選択しなおしました。

M.2(NVMe) SSDを選択すべき?
SSDにも2種類あって、NVMeとSATA3.0接続があるのですが、速度はNVMeタイプのほうが4倍ほどあり、サイコムでは選択できるようになっています。
速いのならそのほうが?と思いますが、個人的には現段階では普通のSSDで速度は十分です。私もNVMe使っていますが、正直普通のSSDと体感差は変わりません。
単価が高くなってしまうので今は通常のSSDを選択すれば十分です。

合計、150,100円。

 

もう少し予算がある場合

もう少し予算があるのであれば、ミドルクラスの上位を選択しても良いでしょう。

現在、GeForce系ならRTX2060とRTX2060 SUPER、AMD系ならRX5700が選択肢です。

能力的にはゲームにもよりますが、

RTX2060<RX5700<RTX2060 SUPERという感じです。

でVSPECは価格設定ですが、コスパ的にはRX5700が一番良いかなと思います。

ただし、RTX系の場合TensorコアとRTコアと呼ばれる特別なプロセッサが搭載されており、

レイトレーシングとDLSSという描画・処理手法を利用できるので、

さらにリアリティに溢れた画像を高解像度・高画質、高FPSで遊べる機能があります。

レイトレーシングって?
最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはレイトレーシング対応のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
DLSSって?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

 

RX5700の場合はレイトレやDLSSは使えませんが、

代わりに「Radeon Image Sharpening」という機能で、画質を向上させる機能と、

「Anti-Lag」という機能でゲームの操作遅延を短縮できる機能がありますので、

このあたりは好みかなと思います。

どのグラフィックボードもフルHD高画質60fpsは余裕なのと、

WQHD(2560×1440)も視野に入れられる性能になっています。

4Kゲーミング、高処理3Dレンダリング:予算21万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)の高解像度・高画質でもゲーム可能
  • 動画配信も高画質で
  • 動画・3D編集の作業が迅速

さらに全体のスペックをあげて、最高パフォーマンスを発揮できるBTOパソコンです。

ゲームは4K(3840×2160)ゲーミングも可能になっており、

動画編集作業は高速、ゲーム配信も快適。

3DCGレンダリングなど高度な作業にも対応できます。

ただ際限なくスペックを追求すると、かなり高価になってしまうので、

なるべく価格を抑えつつ、今回の要件を満たせるモデルを選択しています。

なので、予算があるのであれば、好みでより上位のPCパーツを選ぶと良いでしょう。

おすすめモデルは「第3世代Ryzenスタンダード」です。

最新世代である第3世代Ryzenを選択できるBTOパソコンになります。

CPUは初期構成のRyzen7 3700X(8コア16スレッド)のままでOKです。

Ryzen7 3700Xは動画編集性能はIntelの最上位Corei9 9900Kよりも高く

またゲーミング性能は切迫しており、コスパ的にもかなり優秀です。

Ryzen9 3900X(12コア24スレッド)の最上位もありますが、

ゲーミング性能はRyzen7 3700Xのほうが上なので、クリエイティブ作業重視でなければ選択する必要はありません。

予算に余裕があれば、一つ上のRyzen7 3800X(8コア16スレッド)でも良いです。

ただしTDP(消費電力)が高いので、CPUクーラーの選択が重要です。

個人的にはどちらにせよ、CPU熱対策として簡易水冷クーラーの選択をおすすめします。

基本的には空冷より水冷のほうが良く冷えますし、熱による機能低下を防げます。

 

対応するグラフィックボードハイクラス入門だと、RTX2070、RTX2070 SUPER、RX5700XTが選択肢になります。

能力的にはゲームによりますが、RTX2070=RX5700XT<RTX2070 SUPERという感じです。

が、価格差をみればRX5700XTが最もコスパが高いかなと思います。

またRX5700XTはメモリ帯域幅が大きいので、

WQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)と高解像度になるほど強いです。

ただレイトレやDLSSといった機能は使用できないので、

これらの機能が使いたい場合はRTX2070を選択しましょう。

 

どれも今回の要件に十分対応できるグラフィックボードですが、

予算に余裕があればRTX2080、RTX2080tiのほうがさらに4Kゲーミングで安定しています。

 

記憶媒体はSSD 960GB+HDD 2TBの組み合わせで、容量は多めに設定していますが、

この辺りは好みで変更しましょう。

価格は、213,310円です。

 

2019年BTOラインナップ

VSPECはデスクトップ型のみのBTOパソコンを展開しており、

「FX・デイトレPC」「ゲーミングPC」「静音&無音PC」「クリエイティブPC」「キューブ&スリムPC」と、

目的別から分ける方法となっていますが、

別途Intel系、AMD系の別軸からの枠組みでも検索することが可能です。

が、実はそれぞれカスタマイズ性はかなり高くて、自由にエントリ~ハイクラスまで構成できるので、

あくまで初期構成で分かれているだけで、それぞれでカスタマイズ範囲に制限があるわけではないです。
(ケース大きさによる制限はある)

個人的にはちょっとわかりにくいかなーって気もしますが、

より目的別に細かく分かれているので、明確な人にはすぐに目的のBTOが探せるでしょう。

Intel系デスクトップパソコン

IntelのCPUを使ったBTOパソコンラインナップです。

通常の利用であれば一般向けとなる「第8/第9世代Intel」から選ぶのが基本になります。

選べるCPUはCeleronG 4900~Corei9 9900K、

グラフィックボードもGeForce系はGT710~RTX2080ti、

AMD系はRX550~Vega64までと様々。

最新のグラフィックボードも選択できるようになっています。

さらに上位スペックのハイエンドデスクトップ向けも用意されています。

Corei9 9900X、Corei9 9980XEベースのものがあります。

AMD系デスクトップパソコン

AMDのCPUを使ったBTOパソコンラインナップです。

通常の利用であれば一般向けとなる「 AMD Ryzen 対応モデル」から選ぶのが基本になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA