Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2019年】SEVEN(セブン)の予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

BTOパソコンメーカーの一つにSEVENがあります。

2019年現在のラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

SEVENはこんな人におすすめ!

SEVENのポイント

  • 他のBTOメーカーに比べて圧倒的に安い
  • IntelだけでなくAMD系のBTOも豊富
  • とにかくパーツ組み合わせの自由度が高い
  • セールが多くかなりお得な商品が見つかることも
  • 安価モデルは見た目は期待できない
  • ノート型のBTOは無い

  • SEVENはパソコン工房、マウスコンピューター、ドスパラなどと比べると知名度は低いですが、

    BTOのスペックに対するコスパはかなり高いのでは?と私は思っています。

    他のメーカーに比べると同じ構成で1~3万円くらいは安いです。

    さらにパソコンパーツの種類が多く、細かくスペックを選ぶことが可能

    ただその分、中級者向けである印象で、

    初心者には少し向かないメーカーかもしれませんが、

    多少知識があるのであれば、是非選択肢にいれてもよいBTOメーカーだと思います。

    基本的な作業のみ利用、安さ重視!:予算4万円前後

    このBTOパソコンのポイント

    • 使用用途はWEB閲覧、動画視聴、音楽、簡単なメール・オフィス程度
    • プログラミング作業、画像・動画編集・動画配信・3D編集はしない
    • 複数のアプリやソフトを同時に利用する予定はない
    • とにかく安く抑えたい


    最も安さを重視したBTOパソコンです。

    そのため動画編集やゲームといった高負荷な作業には向いていません

    ホームページを見る、Youtube動画を見る、Amazon・NetFrixで映画を見るなど、

    基本的なことは可能です。

    またファイル容量が多くなければ、ワードやエクセル作業もできます。

    ただし、色々な常駐ソフトを入れたり、複数のアプリケーションを実行したりすると、

    遅くなる傾向にあるのと、将来的にはスペック不足に陥りやすい点に留意が必要です。

     

    おすすめは「SR-ath-2230H/S5」です。

    初期設定のままで良く、価格は40,824円。

    このスペック帯では他社よりかなりお得です。

    Athlon 220GE(2コア4スレッド)というCPUを使用していますが、こちらはVegaという特別なグラフィック性能が内蔵されています。

    低価格帯だとIntelの場合 Celeron G4900(2コア2スレッド)あたりになってきますが、

    こちらの内蔵グラフィックはかなり貧弱なのに対して、

    Athlon 220GEなら軽いゲームも動作するほど優秀

    さらにスレッド数も倍なので、Celeronよりマルチタスクの処理が得意なので、

    私はかなりおすすめしています。(私自身も使っている)

    今回の要件であれば何ら問題なく使用できます。

    さらにこの型は初期構成も良くって、通常低価格パソコンだと、240GB SSDか500GB HDD、

    メインメモリは4GBなのですが、こちらは480GBでメインメモリ8GBと高性能、高容量。

    アップグレード費がかからないのがうれしいですね(^o^)/

     

    ライトゲーム、マルチタスク処理:予算6万円前後

    このBTOパソコンのポイント

    • 複数のアプリや常駐ソフトを入れても快適
    • 動作が軽いPCゲームならできる!


    もう少し予算を上げて、複数のアプリや常駐ソフトの起動にもある程度快適なパソコンです。

    どうしても安価なPCの場合、使用歴が長くなると動作がもっさりしてきたり、

    一度に複数のアプリが動作していると、処理に時間がかかったりします。

    また軽いゲームであれば遊べるものをチョイスしました。

    画質は低画質前提になりますが、フルHDであれば問題なく遊べます。

    軽いPCゲーム代表例

    フォートナイト、マイクラ、オーバーウォッチ、ACE COMBAT7、ナイトメアクロノス、ケモニスタオンライン、黒い砂漠などMMORPG、ドラゴンクエストX、信長の野望など

     

    おすすめは「SR-ar5-5232A/S3」です。

    最新世代のRyzen5 3400G(4コア8スレッド)を搭載したモデルです。

    Athlon200GEの上位互換CPU(厳密にはAPU)となっており、

    4コア8スレッドによって、複数アプリの起動などマルチタスク処理に安定的に対応できます。

    さらに内蔵グラフィックもパワーアップしているので、

    今回の要件にあるゲームであれば、遊ぶことができます。

    また1世代前のRyzen5 2400GよりCPUとグラフィック性能が若干上がっているのに、

    価格はほぼ据え置きというお買い得品です。

     

    さらに初期構成で240GB SSDと1TBのHDDなので、速度、データ保管ともにバッチリ。

    8GBメインメモリなのでWindows10を快適に動作させることもできます。

    税込みで58,104円と格安なので、安価ながらそれなりのパフォーマンスを得られるPCです。

     

    幅広いゲーム可、プログラミング:予算10万円前後

    このBTOパソコンのポイント

    • 画質やFPSにバラツキはあるが、幅広いゲームで遊べる
    • プログラミング作業、画像編集などある程度可能
    • 動画編集も可能


    もう少しグラフィック性能を強化し、モンスターハンターワールド、デビルメイクライ5など中スペックゲームを筆頭に、

    幅広いゲームで遊ぶことが可能なPCです。

    画質は低画質~高画質とばらつきはあるものの、フルHDではかなりのゲームを問題なく遊べます

    重めなゲームでも低画質なら遊ぶことが可能です。

    比較的重めなゲーム

    ApexLegens、Division2、トゥームレイダー、アサシングリードオデッセイ、FF、FarCry、Fallout4、PUPG、Sekiro、Total Warなど

    またプログラミングのコンパイル作業や、Photoshop、illustraterなど画像編集作業もある程度問題ありません。

     

    おすすめモデルは「SR-ar5-5430D/S3/GD/W10」です。

    最新世代のRyzen5 3600(6コア12スレッド)が搭載されたモデル。

    このスペック帯だとIntel系の場合Corei3 8100(4コア4スレッド)かCorei5 9400F(6コア6スレッド)ですが、

    SEVENでは価格的に大差がなく、しかもこの2つより性能も高いのでRyzen5 3600がおすすめです。

    今までゲーム性能はIntelと言われていましたが、

    この最新世代Ryzenは同クラス帯のIntel性能を越え、かつスレッド数は倍

    加えて価格も安いと弱点が無いCPUに仕上がっており、

    現在買うなら間違いなくAMD系です。

     

    対するグラフィックボードはGeForce系最新のGTX1650です。

    Ryzen5 3600ならもっと上のグラフィックボードでもボトルネックなく使えるのですが、

    今回の要件にはGTX1650で十分です。

    CPUのボトルネック

    ゲームなどグラフィック性能は、グラフィックボードが高性能であればよいわけではなく、同時にCPUもある程度の性能が必要です。
    CPUの性能が低すぎると、ボトルネックとなりグラフィックボードの性能を100%引き出せなくなります。

    前代のGTX1050は低価格ながら、幅広いゲームができるとして人気になったグラボで、

    GTX1650は約2倍ほどパワーアップしているので、快適さが違います。

    さらに最新ゲームであるほど高パフォーマンスを発揮する設計なので、

    今後長い期間ゲームを遊ぶことができるのもメリット。

    ただ初期設定の240GB SSDは少ないので480GBにしています。

    このあたりは好みにあわせてカスタマイズを。

    メインメモリは8GBなので初期でOKです!

    価格は112,044円(セール分を考慮せず)

     

    フルHD高画質60fps安定、VR、動画編集・配信:予算12~14万円前後

    このBTOパソコンのポイント

    • ほぼすべてのゲームでフルHD高画質60fps安定
    • 画質を落とせば120fps以上も狙える
    • VRもOK
    • 動画編集も可能
    • ゲーム配信など高負荷マルチタスクも可


    さらに予算を上げて、フルHDなら高画質でもほぼ60fps以上で安定動作

    画質調整をすれば、120fps以上のゲーミングモニター使用も視野に入れられるグラフィック性能です。

    VRも90fps以上安定で動作できますし、

    動画編集や配信も快適にできるマシンです。

    当然上位のPCパーツを使用しますので、数年間は現役で活躍できるPCとなります。

     

    おすすめは「SR-ar5-5430D/S3/GH/W10」です。

    最新世代のRyzen5 3600(6コア12スレッド)が搭載されたモデル。

    やはり今選ぶならAMD系がおすすめです。

    IntelだとCorei5 9400F(6コア6スレッド)かCorei5 9600K(6コア6スレッド)あたりが候補ですが、

    価格はRyzen5 3600のほうが安く、かつ性能は同等~それ以上です。

    スレッド数も多いので、動画編集や配信も快適。

     

    対応するグラフィックボードはGeForce系最新世代のGTX1660tiを搭載。

    かなり高性能なグラボで、前世代のGTX1070を凌ぐ性能なので、

    もはやミドルスペックというよりハイクラスのエントリー機。

    高画質フルHDで快適に遊べますし、画質調整でWQHD(2560×1440)も狙えます。

     

    初期構成ではSSDが容量不足なので、480GB以上にアップグレードするのが良いでしょう。

    沢山のゲームを入れる可能性がありますから。

    加えて、ゲームデータ退避や動画のデータ保管用としてHDDを追加するのもおすすめ。

    これで価格は126,164円。

     

    さらに予算があるなら:16万円前後

    このあたりのスペックから、ゲームや常駐ソフト、作業などでメインメモリの使用が激しくなりやすいので、

    8GB→16GB(8GB×2)のほうが、メモリ容量に余裕があってなお良しです。

     

    またグラフィックボードもRTX2060、RTX2060 SUPERへのアップグレードも良いです。

    GTX1660tiと違い、RTコア、Tensorコアというものが搭載されており、

    レイトレーシングとDLSSという描画手法・処理手法が得意なので、

    現実により近いリアリティある描写でゲームをすることができます。

    またWQHD(2560×1440)でもかなりゲームができ、

    画質をある程度コントロールすれば4K(3840×2160)の解像度でも遊べるゲームがあります。

    レイトレーシングって?

    最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
    よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
    この描画を使うにはレイトレーシング対応のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
    DLSSって?

    GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
    ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
    RTX系のみ対応。

    なおRTX2060よりメモリ帯域幅が広いことで、

    WQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)で高パフォーマンスを発揮すること、

    レイトレとDLSS化でもよりパフォーマンスを発揮しやすいので、

    RTX2060 SUPERのほうがおすすめです。

    なのにアップデート価格は一緒。なんで?(笑)

    メインメモリ16GB+RTX2060 SUPERで165,564円です。

     

    4Kゲーミング、3Dレンダリング・CAD:予算19~21万円前後

    このBTOパソコンのポイント

    • 4K(3840×2160)の高解像度・高画質でもゲーム可能
    • 高画質でよりリアリティに近いゲーム画像
    • 高画質で120fps以上も狙える
    • 動画・3D編集の作業が迅速
    • 3Dレンダリング・CADもある程度OK


    最後はほとんどのPC作業を難なくこなせるハイスペックBTOパソコンです。

    3DCGレンダリングのような高度な作業もこなせることを前提にしていますので、

    VRを含むゲームは高画質はもちろん、高解像度でもOK。

    動画編集・動画配信、などは動作するのはもちろん、作業スピードも速くなります。

    とはいえ際限なくスペックを高めると、どこまでも高価になってしまいますので、

    今回の要件を満たせる最安構成で選んでみました。

     

    おすすめは「ZEFT R7P02」です。

    AMD系、最新CPUであるRyzen7 3700X(8コア16スレッド)を搭載しています。

    とにかく最新世代のRyzenはパフォーマンスがすごくて、

    Intel一般向け最強のCorei9 9900Kと比較しても、

    動画編集、基本PC作業の能力は上、かつゲーム性能も微差という感じ

    シングルコア性能が向上しスレッド数が多いことで弱点が無いCPUになっています。

    それでいて価格はIntelより安い

     

    このBTOの特長が「X570」系のAMD最上位マザーボードを使用していること。

    今までご紹介したB450計よりも、X570は高品質・高耐久性があり、熱対策も優れています。

    ハイクラスになると各部品が熱を持ちやすいので、

    熱処理がしっかりしていることって寿命に影響するので大切なんです。

    またCPUとの通信につかうPCIeレーン数も多いので、より多くのデバイスを拡張できます。

    かつPCIE4.0という新規格にも対応していて、将来性もあり、

    10年選手は固いPCになるでしょう。

    PCIe4.0とは?

    PCIe(PCI Express)はグラフィックボードなどとCPUが通信を行うための接続規格のことで、
    現在はPCIe3.0が主流。PCIe4.0は3.0に比べて帯域幅が2倍になっているので、とにかく早いってこと。
    今はまだだが、今後は主流になってくる可能性が高い。

    加えてもうひとつ、CPUクーラーが簡易水冷デフォルトなこと。

    ハイクラスのCPUになると高温になりやすいです。

    基本的にPCは熱があがると、性能低下・もしくは熱対策としてわざと性能ダウンさせるため、

    100%の性能を発揮しにくくなります。

    一般的には空冷よりは水冷のほうが冷えるので、初期構成なのはありがたいです。

     

    グラフィックボードは最新世代のRTX2070でも十分に性能を発揮してくれます。

    RTX2070は前世代GTX1080tiに迫る性能で、4K(3840×2160)でも高パフォーマンスが期待できます。

    もちろん、レイトレ・DLSSも使えます。

    ただ予算が許すならRTX2070 SUPERのほうが、高解像度・レイトレ・DLSS化でよりパフォーマンスが向上しているので、

    安定してゲームがしやすくなりおすすめです。

    続いてメモリですが、32GBはハッキリいっていらないです。

    安くなりますから16GBにダウングレードしましょう。

    SSDは480GBでも良いですが、

    データ保管用にHDDは2~4TBぐらいは付けておいたほうが無難ですね。

    RTX2070 SUPERを選択して218,144円

     

    2019年BTOラインナップのまとめ

    SEVENは大きく分けると、

    「スタンダード(デスクトップPC)」「ゲーミングPC」「静音・水冷PC」「ハイエンドPC」の4ジャンルに分かれ、

    かなりの種類があります。

    またそれぞれに対して、「本体のみ」「本体+OS」「本体+OS+モニター」の3種類が選べます。

    それぞれのページにいって比較しても良いのですが、

    おすすめはスペック検索です。

    SEVENの検索はわりと見やすく、PCパーツの構成が色やデザインで識別しやすいんですよね。

    さらに日替わりやウィークリーセールも見やすいので、

    基本はこの検索機能を使って絞り込むのが良いと思います。

    デスクトップPC

    検索機能を使って絞りこむのが一番わかりやすいですが、

    それぞれのジャンルについても触れておきます。

    まずはデスクトップPCです。

    SEVENはカスタマイズ性が高いので、

    ロースペック~ハイクラスまで、組もうと思えばいくらでもできますが、

    初期構成、またマザーボードのグレードから見ても、

    低価格~中価格(ロー~ミドルスペック)くらいで組むのがバランスが良いです。

    Intel系ならCeleronG4900、Corei3 9100、Corei5 9400F、Corei5 9600K、

    AMD系ならAthlon200GE、Ryzen3 3200G、Ryzen5 3400G、Ryzen5 3600の順で高性能となり、

    グラフィック性能は内蔵型、GTX1650、GTX1660、GTX1660ti、RTX2060(SUPER)あたりが、

    CPUボトルネックにならずおすすめです。

    ゲーミングPC

    ミドルスペック~ハイクラススペックな高価格帯を意識したラインナップです。

    CPUも初期構成はミドル以上使われており、

    Intel系ならCeCorei5 9400F、Corei5 9600K、Corei7 9700K、Corei9 9900K

    AMD系はRyzen5 3600、Ryzen7 3700X、Ryzen7 3800X、Ryzen9 3900Xあたりになり、

    グラフィックボードもRTX2060以降が主流なので、フルHD下では高画質60fpsは当たり前、

    WQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)を視野にも入れられる性能になっています。

    また電源容量が高く高品質なものを使用、マザーボードも上位機種を使用いることも多く、

    一部は水冷モデルもあり、熱対策も考慮。

    高品質・高耐久で長い間現役で活躍できるBTOパソコンです。

    ハイエンドPC

    ハイエンドデスクトップという最上位スペックを意識したBTOです。

    個人的にはこの能力を使い切る人は早々いないと思うので、

    あまりおすすめしていないのですが、

    とにかく最強性能がほしい!という人に適したパソコンになっています。

    静音・水冷PC

    水冷PCはハイクラス以上向けのBTOパソコンです。

    高スペックになると熱による性能低下リスクが高くなるため、

    熱対策として初期構成からCPUクーラーの水冷化をしているモデルになります。

    ただゲーミングPCから、水冷キットを選択することもできるので、

    特別な商品とういうことではありません。

     

    静音PCは、静音性の高いPCケースを使用したモデルで、

    オフィス仕様からゲーミングPCまで幅広くラインナップされています。

    ただこちらもやはり、デスクトップPCやゲーミングPC群からオプションで、

    静音ケースをカスタマイズすることも可能なので、

    特別な商品ということでもありません。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA