Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2020年】SEVEN(セブン)の予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

BTOパソコンメーカーの一つにSEVENがあります。

現在のラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

SEVENはこんな人におすすめ!

SEVENのポイント
  • IntelだけでなくAMD系のBTOも豊富
  • コスパが高いモデルが多い
  • とにかくパーツ組み合わせの自由度が高い
  • セールが多くかなりお得な商品が見つかることも
  • 安価モデルは見た目は期待できない
  • ノート型のBTOは無い

SEVENはあまり有名なメーカーではないかもしれませんが、

コスパが高いモデルが多いです。

セール品も頻繁にあるので、上手に選べばかなりお得に買うことができます。

 

さらにパソコンパーツの種類が多く、細かくスペックを選ぶことが可能

ただその分、中級者向けである印象で、

初心者には少し向かないメーカーかもしれませんが、

多少知識があるのであれば、是非選択肢にいれてもよいBTOメーカーだと思います。

ライトゲーム、マルチタスク処理:予算7万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 複数のアプリや常駐ソフトを入れても快適
  • 動作が軽いPCゲームならできる!

もう少し予算を上げて、複数のアプリや常駐ソフトの起動にもある程度快適なパソコンです。

どうしても安価なPCの場合、使用歴が長くなると動作がもっさりしてきたり、

一度に複数のアプリが動作していると、処理に時間がかかったりします。

また軽いゲームであれば遊べるものをチョイスしました。

画質は低画質前提になりますが、フルHDであれば問題なく遊べます。

軽いPCゲーム代表例
フォートナイト、マイクラ、オーバーウォッチ、ACE COMBAT7、ナイトメアクロノス、ケモニスタオンライン、黒い砂漠などMMORPG、ドラゴンクエストX、信長の野望など

 


モデル名 SR-ar5-5530D/S3/LW
CPU Ryzen5 PRO 4650G(6コア12スレッド)
グラボ Radeon Graphics 7
メモリ 8GB
容量 240GB SSD

おすすめは「SR-ar5-5530D/S3/LW」です。

最新世代のRyzen5 PRO 4650G(6コア12スレッド)を搭載したモデルです。

前世代に比べて内蔵グラフィックが強化されたことはもちろんですが、

コアスレッド数が強化されている影響が大きいです。

ゲーム以外の用途では快適に動作しますし、

グラフィック性能もある程度ありますので、ゲームもできます。

 

幅広いゲーム可、プログラミング:予算10万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 低~高画質60fpsとばらつきあるが、最新ゲームもできる
  • プログラミング作業、画像編集などある程度可能
  • 動画編集・ゲーム配信もある程度可能

もう少しグラフィック性能を強化し、モンスターハンターワールド、デビルメイクライ5など中スペックゲームを筆頭に、

幅広いゲームで遊ぶことが可能なPCです。

画質は低画質~高画質とばらつきはあるものの、フルHDではかなりのゲームを問題なく遊べます

重めなゲームでも低画質なら遊ぶことが可能です。

比較的重めなゲーム
ApexLegens、Division2、トゥームレイダー、アサシングリードオデッセイ、FF、FarCry、Fallout4、PUPG、Sekiro、Total Warなど

またプログラミング作業や、Photoshop、illustraterなど画像編集作業もある程度問題ありません。

 


モデル名 SR-ar5-5430D/S3/GD/
CPU Ryzen5 3600(6コア12スレッド)
グラボ GTX1650 SUPER
メモリ 8GB
容量 240GB SSD

おすすめモデルは「SR-ar5-5430D/S3/GD」です。

最新世代のRyzen5 3600(6コア12スレッド)が搭載されたモデル。

このスペック帯だとIntel系で選ぶならCore i5 10500(6コア12スレッド)が用意されていますが、

Ryzen5 3600のほうが若干安く、ゲーム、クリエイティブ性能ともに互角ですので、

こちらをおすすめしています。

 

対するグラフィックボードはGeForce系最新のGTX1650 SUPERです。

下位クラスではあるものの、

性能としてはミドルクラスのGTX1660の約90%ほどの性能に迫るコスパで、

フルHD低~高画質設定で60fpsで遊ぶことが可能です。

CPUのボトルネック
ゲームなどグラフィック性能は、グラフィックボードが高性能であればよいわけではなく、同時にCPUもある程度の性能が必要です。
CPUの性能が低すぎると、ボトルネックとなりグラフィックボードの性能を100%引き出せなくなります。

ただ初期設定の240GB SSDは少ないので480GBにアップグレードがおすすめです。

 

フルHD高画質60fps、ゲーミングモニター利用:予算12~14万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHD高画質60fps安定
  • 低~高画質で120fps以上も狙える
  • 動画編集/配信も可能

さらに予算を上げて、ミドルクラスと呼ばれる丁度中間の性能のPCです。

フルHDでは最新ゲームも高画質60fpsで遊ぶことができ、

ゲームによって低~中画質で144Hzなどゲーミングモニターも利用できます。

FPS/TPSで高FPSをこだわる人におすすめです。

 


モデル名 SR-ii5-7460H/S7/GF/LW
CPU Core i5 10500(6コア12スレッド)
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB
容量 500GB SSD

ミドルスペックでは大人気のグラボGTX1660 SUPERを搭載したモデルです。

フルHDではパフォーマンスが高く、今回の要件を十分に満たす性能で、

CPUは最新世代のCore i5 10500も十分な性能も持っており、

GTX1660 SUPERの性能をしっかり引き出すバランスの良い構成です。

マルチタスク性能もありますので、動画編集・ゲーム配信もこなせます。

 

フルHD高画質ゲーミングモニター:予算16~18万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHDでは最高画質60fps安定
  • 高画質144fps以上は狙える
  • 動画編集/配信は快適で高速

中盤~上位にかかるくらいの性能を有するPCになります。

フルHDではもはや困ることはないゲーミング性能で、

高画質で高FPSも出せるので、

ゲーミングモニター利用でこだわりたい人におすすめ。

グラボによってはゲーム描画もレイトレやDLSSといった技術を利用することで、

よりリアルに近づき、臨場感だけでなく、敵の視認性の向上にも一役買います。

レイトレーシングって?
最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはRTコア搭載のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
DLSSって?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

 


モデル名 ZEFT R7K2
CPU Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)
グラボ RTX2060 SUPER
メモリ 16GB
容量 500GB SSD

ゲーム性能、クリエイティブ性能がともに高いRyzen7 3700Xを搭載したモデルです。

対応するグラボはRTX2060 SUPERでフルHDはもちろん、

場合によってはWQHDやDLSS利用で4Kゲーミングも狙える性能を持っています。

動画編集・ゲーム配信でも安定した性能になっており、万能機と言えるでしょう。

高画質144fps以上ゲーミング、WQHDゲーミング:予算20万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • WQHD(2560×1440)にてゲーム可能
  • よりクオリティが高い動画配信も可能

フルHD高画質ゲーミングはもちろんですが、一つ上のWQHD(2560×1440)が狙えるスペックです。

数年は現役バリバリの性能の高さで、

ゲーム配信もより高画質、高解像度で行い人におすすめ。

ゲーム描画もレイトレやDLSSといった技術を利用し、臨場感あふれるゲーム体験ができます。

 


モデル名 SR-ar7-7650H/S5/GP/
CPU Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)
グラボ RTX2070 SUPER
メモリ 16GB
容量 480GB SSD

おすすめは「SR-ar7-7650H/S5/GP」です。

最新世代のRyzen7 3700X(8コア16スレッド)とRTX2070 SUPERの組み合わせにより、

ゲーミング性能はハイクラス。

マルチ性能が高いCPUですので、動画編集、配信も高パフォーマンスで実施することができます。

 

RTX2070 SUPER自体が現在価格的にもお得になっておりコスパが高く

WQHD(2560×1440)で高パフォーマンスを発揮できること、

またフルHD高画質144fps以上にてゲーミングモニター利用を考えているなら、

十分に対応できる性能になっています。

 

唯一動画編集などをするなら容量が足りないので、

SSD容量を増やす、もしくはHDDをオプションで追加するのが良いでしょう。

 

4Kゲーミング、動画編集高速:予算30万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)の高解像度質でもゲーム可能
  • 高画質でフル240fps以上
  • 動画編集の作業が迅速
  • 3Dレンダリング・CADもある程度OK

最後はほとんどのPC作業を難なくこなせるハイスペックBTOパソコンです。

3DCGレンダリングのような高度な作業もこなせることを前提にしていますので、

一般向けPCとしては最高峰です。

動画編集・動画配信、などは動作するのはもちろん、

作業のスピードも速いので、仕事に使う人にもおすすめ。

ただしスペックを追い求めるといくらでも金額がすごくなるので、

上記要件を満たせる最低限の構成にしています。

 


モデル名 ZEFT R9Z02
CPU Ryzen9 3900XT(12コア24スレッド)
グラボ RTX2080ti
メモリ 32GB
容量 500GB NVMeSSD + 4TB HDD

おすすめは「ZEFT R9Z02」です。

最高峰のPCの場合Intelは10900K(10コア20スレッド)になりますが、

価格とマルチタスク性能に関しては完全にRyzenが勝ち

ゲーミング性能も10900Kに切迫しており、Ryzen9 3900XTを狙うのが良いでしょう。

Ryzen9 3950X(16コア32スレッド)のほうがマルチタスク性能は高いのですが、

ゲーミング性能が3900XTが上なので、このモデルをおすすめしています。

現グラボでは最強のRTX2080tiとの組み合わせで、今回の要件を十分に満たしてくれます。

 

また「X570」系のAMD最上位マザーボードを使用しているのも安心です。

今までご紹介したB450計よりも、X570は高品質・高耐久性があり、熱対策も優れています。

ハイクラスになると各部品が熱を持ちやすいので、

熱処理がしっかりしていることって寿命に影響するので大切なんです。

またCPUとの通信につかうPCIeレーン数も多いので、より多くのデバイスを拡張できます。

かつPCIE4.0という新規格にも対応していて、将来性もあり、

10年選手は固いPCになるでしょう。

PCIe4.0とは?
PCIe(PCI Express)はグラフィックボードなどとCPUが通信を行うための接続規格のことで、
現在はPCIe3.0が主流。PCIe4.0は3.0に比べて帯域幅が2倍になっているので、とにかく早いってこと。
今はまだだが、今後は主流になってくる可能性が高い。

メモリも記憶容量も申し分なく、電源も750WのGold認証で安心。

さらに簡易水冷クーラーも搭載しておりCPU熱対策もバッチリです。

 

2020年BTOラインナップのまとめ

SEVENは大きく分けると、

「スタンダード(デスクトップPC)」「ゲーミングPC」「静音・水冷PC」「ハイエンドPC」の4ジャンルに分かれ、

かなりの種類があります。

またそれぞれに対して、「本体のみ」「本体+OS」「本体+OS+モニター」の3種類が選べます。

それぞれのページにいって比較しても良いのですが、

おすすめはスペック検索です。

SEVENの検索はわりと見やすく、PCパーツの構成が色やデザインで識別しやすいんですよね。

さらに日替わりやウィークリーセールも見やすいので、

基本はこの検索機能を使って絞り込むのが良いと思います。

デスクトップPC

検索機能を使って絞りこむのが一番わかりやすいですが、

それぞれのジャンルについても触れておきます。

まずはデスクトップPCです。

SEVENはカスタマイズ性が高いので、

ロースペック~ハイクラスまで、組もうと思えばいくらでもできますが、

初期構成、またマザーボードのグレードから見ても、

低価格~中価格(ロー~ミドルスペック)くらいで組むのがバランスが良いです。

Intel系ならCeleronG5900、Core i3 9100、Core i5 10500、Core i5 10600K、

AMD系ならAthlon200GE、Ryzen3 3200G/PRO 4350G、Ryzen5 3400G/PRO 4650G、Ryzen5 3600となっており

グラフィック性能は内蔵型、GTX1650 SUPER、GTX1660 SUPER、RTX2060 SUPERあたりが、

CPUボトルネックにならずおすすめです。

ゲーミングPC

ミドルスペック~ハイクラススペックな高価格帯を意識したラインナップです。

CPUも初期構成はミドル以上使われており、

Intel系ならCore i5 10500、Core i5 10600K、Core i7 10700(K)、Core i9 9900K/10900K,

AMD系はRyzen5 3600、Ryzen7 3700X/PRO 4750G、Ryzen7 3800X/XT、Ryzen9 3900XT/3950Xあたりになり、

グラフィックボードもRTX2060 SUPER以降が主流なので、フルHD下では高画質60fpsは当たり前、

WQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)を視野にも入れられる性能になっています。

また電源容量が高く高品質なものを使用、マザーボードも上位機種を使用いることも多く、

一部は水冷モデルもあり、熱対策も考慮。

高品質・高耐久で長い間現役で活躍できるBTOパソコンです。

ハイエンドPC

ハイエンドデスクトップという最上位スペックを意識したBTOです。

個人的にはこの能力を使い切る人は早々いないと思うので、

あまりおすすめしていないのですが、

とにかく最強性能がほしい!という人に適したパソコンになっています。

静音・水冷PC

水冷PCはハイクラス以上向けのBTOパソコンです。

高スペックになると熱による性能低下リスクが高くなるため、

熱対策として初期構成からCPUクーラーの水冷化をしているモデルになります。

ただゲーミングPCから、水冷キットを選択することもできるので、

特別な商品とういうことではありません。

 

静音PCは、静音性の高いPCケースを使用したモデルで、

オフィス仕様からゲーミングPCまで幅広くラインナップされています。

ただこちらもやはり、デスクトップPCやゲーミングPC群からオプションで、

静音ケースをカスタマイズすることも可能なので、

特別な商品ということでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA