Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2019年】G-TUNEの予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

BTOパソコンの有名なところといえばG-TUNEです。

2019年現在のラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

G-TUNEはこんな人におすすめ!

G-TUNEはCMや広告でもおなじみマウスコンピューターが運営するブランドです。

G-TUNEおすすめポイント
  • ゲーミングPCに特化し種類が豊富
  • やりたいゲーム、コラボ企画など色々な角度から選べる
  • サポート体制が良く、初心者にも安心できる
  • CPUとグラフィックボードが決まっていることが多いので、カスタマイズ性はやや低い

上記のような特長があり、個人的には初めてBTOパソコンを選ぶならおすすめなメーカーです。

パソコンと言うとスペックから選ぶのがセオリーですが、

あまり詳しくない場合は大変なものです。

G-TUNEはやりたいゲームや有名な人推奨モデルなど、

多角的な観点からも選べるようになっているので、

「とりあえずこれを買っておけば大丈夫!」

という選択がしやすいんですよね。

ただラインナップも多いので、選択肢の多さから迷ってしまうというケースもあるかもしれません。

デスクトップとノートPCどちらが良い?
基本的にはノートPCは割高になるのでデスクトップ推奨型です。
携帯性、省スペースを考えるならノートPCタイプが良いですが、排熱問題で性能が低下するリスクが高いです。
デスクトップ型のほうが、拡張性・排熱問題ともに有利なのでゲーミングPCにはぴったり。

予算・目的で選ぶおすすめなBTOパソコン

「結局自分に合うBTOパソコンはどれなの?」

と疑問を持っている方にこまたろがおすすめするパソコン、構成を僭越ながら選んでみました!

後悔しないBTOパソコン選びは自分の目的をはっきりさせることが大切です。

なおゲーム性能に一番影響を受けるのがグラフィックボードとCPUなので、基本はそこを主軸に考えます。

予算10万前後:ライトなゲームを予定

このBTOパソコンのポイント
  • ライトなゲームは十分遊べる
  • 動作の思いゲームは遊べない
  • 将来的にはスペックが不足する

ライトなゲームとは、動作スペックが低いゲームを指します。

代表的なものとして、

以下のようなライトなゲームをする予定
フォートナイト、マイクラ、オーバーウォッチ、ACE COMBAT7、ナイトメアクロノス、ケモニスタオンライん、黒い砂漠などMMORPG、ドラゴンクエストX、モンスターハンターワールド、デビルメイクライ5、信長の野望など

上記のようなゲームです。

ライトなゲームは画質を気にしなければ、グラフィック性能とCPUはそこまで高性能なものは必要無く、

わりと低価格なBTOパソコンで大丈夫です。

ただし、FPSやTPS、FFオンラインなど重たいゲームは快適に動作しないことが多いので、

そのあたりの割り切りが必要です。

デスクトップ型

おすすめのBTOは「NEXTGEAR-MICRO am550BA1」シリーズです。

Ryzen3 2200GというCPUもグラフィック性能もライトゲームを動作させるのに問題なく、

価格もかなり抑えられるのでおすすめしています。

ちなみに↑は私がおすすめのカスタマイズ構成。

このシリーズの難点は記憶媒体がHDDですが、絶対に遅いのでプラス料金を払ってもSSD化しましょう。

本体価格で69,800円。

モニターとセットにしても10万円前後になります!

ノートPC型

おすすめは「NEXTGEAR-NOTE i5340SA2」です。

それなりにゲームが動くGTX1050を搭載し、i7-8700とハイスペックなCPUなのに、

価格が抑えられています。

記憶媒体もSSDなので速度の遅くありにくく、快適にゲームが遊べます。

おすすめの構成は↑。119,800円。

基本的にはそのままで良いかと思います。

デスクトップ本体価格よりは高めですが、代わりにPCモニター込みです。

沢山のゲームをやる予定ならSSDを480GBに拡張するのもありです。

予算13万前後:幅広いゲームをしたい!

このBTOパソコンのポイント
  • ライトなゲームは高画質で遊べる
  • 重いゲームも低画質~標準で遊べる

この価格帯になると多くのゲームで遊べるようになってきます。

例えば、

以下のようなライトなゲームをする予定
ApexLegens、Division2、トゥームレイダー、アサシングリードオデッセイ、FF、FarCry、Fallout4、PUPG、Sekiro、Total Warなど

最新のバトロワ系、TPS、FPSゲームなどですね。

ただしすべてのゲームを高画質で遊べるというわけではなく、

ライトゲームなら高画質~最高画質で、動作スペックが高いゲームなら低画質~標準画質ぐらいといったところです。

ただし基本はフルHDを前提にしており、WQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)といった高解像度では、

ゲーム動作が難しいものが多くなってきます。

 

もう一点重要なのが将来性です。

つまり今後も長くゲームを遊べるスペックかということですね。

将来性的には、この後で紹介するBTOパソコンのほうが上ですが、

ある程度良いグラフィックボードを搭載していますので、

1~2年は画質にこだわらなければ、ほとんどのゲームが問題なく動作します。

デスクトップ型

おすすめは「LITTLEGEAR a340SA1」です。

低価格なのに高性能なRyzen5 2600をベースに、現在コスパが高いGTX1060のグラフィックカードを搭載しており、

高性能ながら価格が抑えられています。

Ryzen5 2600は6コア12スレッドとスレッド数が多いので、

動画配信しながらゲームしたり、動画編集するなどマルチタスクにも有効です。

おすすめの構成は↑。

元々240GB SSDを搭載していますが、沢山のゲームをやる予定なら500GBは欲しいので拡張しています。

本体価格で109,800円。

モニターとセットで134,400円です。

ノートPC型

おすすめは「NEXTGEAR-NOTE 5560GA1-WA」です。

GTX1060を搭載していますので、今回の要件を十分に満たしていますし、

CPUもi7-8750Hと6コア12スレッドなので、ゲーム配信などの要求にもある程度対応できます。

おすすめの構成は↑。

基本的には現状でOKです。139,800円

ただSSDが240GBでは足りないという人は、500GB以上に拡張するのもありです。

予算16万前後:幅広いゲームや将来性考慮

このBTOパソコンのポイント
  • ライトなゲームは高画質で遊べる
  • 重いゲームも低画質~標準で遊べる
  • 将来的にも長く使えて遊べる
  • VRゲームも可能

幅広いゲームは遊べることはもちろん、

最新世代のグラフィックボードを搭載していることで、最新ゲームほど高性能になるBTOパソコンです。

本来ゲームスペックは、単にグラフィックボード性能だけでなく、

そのグラフィックボードの回路構成(アーキテクチャ)とゲーム自体のプログラミング手法によって、

実際の動作が変わってくるんです。

そして基本的に最新世代のグラフィックボードほど、

最新ゲームや今後リリースさせるゲームを快適に遊ぶことができます。

なので将来性が高く、数年は問題なく遊ぶことができます。

ただし解像度の前提は変わらずフルHDです。

デスクトップ型

おすすめ機種は「NEXTGEAR-MICRO am550SA3」です。

Ryzen5 2600ベースに、最新世代のGTX1660tiを搭載しているので、

重たいゲームでも高画質で遊べることも多くなります。

最近話題のレイトレーシングも遊ぶことができるので、

最新ゲームでの性能は旧世代よりも高くなっており、息長く遊べます。

レイトレーシングって?
最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはレイトレーシング対応のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。

また6コア12スレッド、メモリも8GB×2の16GBなので、

動画ゲーム配信、動画編集などマルチタスク処理はかなり強いです。

おすすめの構成は↑。

標準で240GB積んでいますが、沢山のゲームをインストールするのを考慮し500GBにアップしています。

本体価格は129,800円、

モニター付きで154,400円です。

G-TUNEサイトで確認する

予算22万前後:高画質や4Kで遊びたい!

このBTOパソコンのポイント
  • 遊べないゲームは実質無し
  • フルHD高画質~最高画質で遊べる
  • WQHDや4Kでも遊べる
  • VRゲームも余裕
  • 数年は問題なく遊べる

最後はどのようなゲームでも問題なく遊べるBTOパソコンです。

かなり高性能な最新世代のグラフィックボードを搭載しているので、

フルHDなら遊べないゲームはありません。

またレイトレーシング対応によりよりリアリティに溢れた画質で遊べること、

WQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)でも遊ぶことができる、

重めのVRゲームも問題なし、といったゲームに関することはすべてOKな価格帯です。

また機械学習用のコアをグラフィックボードに搭載されているので、

DLSSというゲーム動作を軽くしてくれる機能を使用することもできます。

私もDLSS体験していますが、全然動作の軽さが違います(笑)

DLSSって?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

もちろん、ゲーム動画配信、動画編集作業もかなり快適。

ただ際限なくスペックを追求してしまうと、いくらでも高くなってしまいますので、

今回は上記条件を満たしつつ、最も安い価格で提案しています。

デスクトップ型

おすすめは「LITTLEGEAR i330GA2」です。

私も使っていますがIntel Corei7-8700KというハイクラスCPUに、

レイトレーシング用コア、機械学習コア搭載のRTX2070なので、

ほとんどのゲームも高解像度で遊ぶことができます。

またWQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)でも、

CPU、グラフィックボードともに処理能力を満たすことが多いので、快適に遊べます。

おすすめの構成は↑。

ゲームを沢山インストールする前提で500GB SSDにアップグレード。

本体価格は194,800円、モニターセットで219,400円。

ちょっと価格が高いという人は、グラフィックボードを一つ下のRTX2060を選択しましょう。

WQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)を快適に遊べる率は下がりますが、

フルHDなら高解像度で快適に遊べます。

また予算に余裕があるなら一つ上のRTX2080なら、5~7年以上は使えるゲーミングPCになります。

ノートPC型

おすすめは「NEXTGEAR-NOTE i5740SA1」です。

上記のデスクトップ型同様、RTX2070を搭載していますので、

ほとんどのゲームを最高画質に近い形で遊ぶことができます。

おすすめの構成は↑。

ここまでくると初期のSSD240GBでは少ないので、500GBにアップグレードしています。

価格は206,600円です!

サポート体制も良く、おすすめしたいメーカー

G-TUNEを含むマウスコンピューターをお勧めしたい理由のもう一つが、サポート体制の良さです。

巷ではBTOパソコンメーカーでサポートが悪い!なんて会社も聞かれますが、

マウスコンピューターは総じて悪い声はありません。(HP見にくいって声はあるけど(笑))

保証も1年保証、追加料金で3年保証が付きますし、

土日祝含む24時間、365日無料で電話サポートしてくれ、

突然の不具合や不明点にも親切に対応してくれます。

万が一の修理も96時間以内に修理と高速なのも〇。

欠点は実店舗が少ないことですが、対面できない不安さを感じさせないサポート体制です。

2019年PCラインナップ(デスクトップ)

G-TUNEのBTOパソコンラインナップをみていきましょう。

なお用途別のおすすめをまとめます。

どのシリーズを買うべき?
ここに文章
  • 価格重視、エントリー向けなら→マイクロタワー型im610、am550シリーズ
  • ミドルスペックなら→ミニタワー型LITTLEGEAR全シリーズ、マイクロタワー型im610
  • ハイクラススペックなら→マイクロタワー型im620、am550とフルタワー型i690

ミニタワー型(LITTLEGEARシリーズ)


※G-TUNEホームページより

デスクトップ型では一番小さいシリーズがLITTLEGEARです。

持ち手が付いており、持ち運べるデスクトップというコンセプトです。

ラインナップは、大きくIntel系のB360、AMD系のA320に分かれます。

Intel系のB360

  • シルバーモデル(Corei7 8700+GTX1060)
  • シルバーモデル(Corei7 8700+GTX1660ti)
  • ゴールドモデル(Corei7 8700+RTX2060)
  • ゴールドモデル(Corei7 8700+RTX2070)
  • プラチナモデル(Corei7 8700+RTX2080)

というCorei7 8700のCPUをベースに、

シルバー→ゴールド→プラチナの順でグラフィックボードの性能がアップしていく感じです。

グラフィックボードのカスタマイズはできないので、

求めるグラフィック性能を加味して、まずはどのモデルにするか選択する形になります。

目安は、

幅広いゲームをフルHDで中~高画質60fpsならGTX1060、GTX1660tiあたり、

フルHDで高画質60fps安定ならRTX2060、

WQHD(2560×1440)の60fps視野ならRTX2070

4K(3840×2160)の60fps視野ならRTX2080がおすすめです。

ちなみにGTX1060とGTX1660tiでは1世代違いますし、

性能もGTX1660tiはGTX1060に対し1.3~1.5倍。

さらに最新ゲームになるほどパフォーマンスを発揮しやすい構造になっているので、

将来性を加味するならGTX1660tiのほうが良いと思います。

AMD系のA320

AMD系のLITTLEGEAR a340はシルバーモデル一つだけとなっています。

Ryzen7 2700(8コア16スレッド)にGTX1660tiが搭載されており、

幅広いゲームでフルHD高画質の60fpsで遊べる、ミドルスペック級となっています。

なおグラボやCPUは変更できません。

個人的には価格と性能差の面から見ても、Intel系よりこちらがおすすめ

Ryzen7 2700であればGTX1660tiの性能も問題なく引き出せますし、

昨今はマルチスレッド処理が上手なゲームが増えましたので、ゲーム性能差もIntelと差がなくなっています。

さらに第3世代のRyzen乗り換えなど将来性も高いので、

LITTLEGEAR a340が良いでしょう。

マイクロ型(NEXTGEAR-MICROシリーズ)


※G-TUNEホームページより

デスクトップでは拡張性と省スペース性の中間に位置するマイクロタワー型。

人気の大きさになりますが、G-TUNEではNEXTGEAR-MICROシリーズとして、

Intel系のB360(im610シリーズ)、Z390とAMD系のB350に分かれます。

NEXTGEAR-MICRO im610(B360)

Intel系ではZ390系に比べてお手頃なBTOとなっており、エントリー~ミドルスペック中心です。

  • ブロンズモデル(Corei5-9400+GTX1650)
  • シルバーモデル(Corei5-9400+GTX1060)
  • シルバーモデル(Corei7-9700F+GTX1060)
  • シルバーモデル(Corei7-9700F+GTX1660)
  • シルバーモデル(Corei7-9700F+GTX1660ti)
  • シルバーモデル(Corei7-9700F+RTX2060)

グラフィックボードは最新世代のGTX1650~RTX2060まで。

旧世代のGTX1060になっています。

目安は、

価格重視で画質にバラツキはあるものの幅広いゲームができるGTX1650、

幅広いゲームをフルHDで中~高画質60fpsならGTX1060、GTX1660tiあたり、

フルHDで高画質60fps安定、WQHD(2560×1440)視野ならRTX2060という感じです。

対応するCPUはカスタマイズ性がほぼ無いこともありますが、

十分な性能を引き出せるよう考えられているので、求めるグラフィック性能から選ぶと良いでしょう。

NEXTGEAR-MICRO im620(Z390)

im620はミドル~ハイクラスなゲーミングPCのラインアップです。

Z390というマザーボード自体も高耐久・高品質部品と回路構成なので、

長期間現役で活躍することもできます。

  • シルバーモデル(Corei5-9400+GTX1060)
  • シルバーモデル(Corei5-9400+GTX1660ti)
  • シルバーカスタムモデル(Corei7-9700K+RTX2060)
  • ゴールドカスタムモデル(Corei7-9700K+RTX2070)
  • プラチナカスタムモデル(Corei9-9900K+RTX2080)
  • プラチナカスタムモデル(Corei9-9900K+RTX2080ti)

基本的にはCPUとグラフィックボードの組み合わせは決まっているので、

欲しいグラフィック性能、ゲーミング性能から選ぶと良いでしょう。

目安は、

幅広いゲームをフルHDで中~高画質60fpsならGTX1060、GTX1660tiあたり、

フルHDで高画質60fps安定、WQHD(2560×1440)視野ならRTX2060、

4K(3840×2160)ゲーミング入門ならRTX2070、

4Kを高画質60fps以上安定を狙うならRTX2080、RTX2080tiという感じです。

RTX系はレイトレに長け、DLSS機能も使えるので、

より低負荷で高画質なゲーム体験ができることも多くなります。

まあ高いですけど。。。

NEXTGEAR-MICRO am550

AMD系のCPUを使用したラインナップで、

安価モデルとハイクラスモデルと、正直ラインナップにはムラがありますね。。。

  • ブロンズモデル(Ryzen3 2200G)
  • ゴールドモデル(Ryzen7 2700+RTX2070)
  • プラチナモデル(Ryzen7 2700+RTX2080)

ブロンズモデルはVegaグラフィックを搭載したRyzenG 2200G(4コア4スレッド)で、

グラフィックボード無しでもある程度のゲーミング性能があるので、

トータル価格が安くなるメリットがあります。

ですが、できるゲームはある程度ライトゲームに限られてくるので注意です。

 

RTX2070、RTX2080は4Kゲームも視野に入れたパワーがありますが、

グラフィック性能をより引き出せるのは現状、Intel系かと思います。

ですが価格がかなり安くなりますし、十分なゲーム性能は発揮できるため魅力的です。

ミドルタワー型(NEXTGEARシリーズ)


※G-TUNEホームページより

拡張性を重視したミドルタワー型シリーズがNEXTGEARです。

ゲーム性能はエントリー~ハイクラスと幅広いですが、

使っているマザーボードが高品質・高耐久なのでハイクラスとの相性が良いので、

ミドルスペック以下を選ぶなら、ミニタワー型シリーズから選ぶほうがおすすめです。

ミドルクラス以下のCPUやグラボにはマザーボードがオーバースペックすぎるからです。

Intel系のZ390とIntelのハイエンドデスクトップ向けX299があります。

NEXTGEAR i690(Z390)

i690はZ390というマザーボード自体も高耐久・高品質部品と回路構成なので、

長期間現役で活躍することもできます。

  • ブロンズモデル(Corei5-9400+GTX1650)
  • シルバーモデル(Corei7-9700F+GTX1660)
  • シルバーモデル(Corei7-8700+GTX1660ti)
  • シルバーモデル(Corei7-9700F+GTX1660ti)
  • シルバーモデル(Corei7-9700F+RTX2060)
  • ゴールドモデル(Corei7-9700K+RTX2070)
  • プラチナカスタムモデル(Corei7-9700K+RTX2080)
  • プラチナカスタムモデル(Corei7-9700K+RTX2080ti)
  • プラチナカスタムモデル(Corei9-9900K+RTX2080ti)
  • プラチナカスタムモデル水冷(Corei9-9900K+RTX2080ti)

前述したようにミドルスペックを選ぶにはマザーボードが高価すぎるので、

おすすめはシルバーモデル(Corei7-9700F+RTX2060)以上のスペックです。

NEXTGEAR i880 (X299)

一般顧客向けの最高峰はCorei9-9900Kになりますが、

さらに高スペックな玄人向けがi880シリーズです。

正直普段使い、ゲーム、動画編集、配信くらいならZ390シリーズで十分ですが、

とにかく最強がほしいんだ!!っていう人向けのラインアップです。

特にマルチスレッド数が多い特長があります。

  • シルバーモデル(Corei7-9800X+GTX1660ti)
  • ゴールドモデル(Corei9-9900X+RTX2070)
  • プラチナモデル(Corei9-9900X+RTX2080)
  • プラチナモデル水冷(Corei9-9900X+RTX2080ti)

とりあえずシルバーモデル(Corei7-9800X+GTX1660ti)はCPUとグラボのバランスが悪いので却下。

どうぜこのクラスを買うならプラチナモデルは狙いたいですね。

もはやできないことはない最強スペックで、10年は余裕で使えると思います。

フルタワー型(MASTERPIECEシリーズ)


※G-TUNEホームページより

デスクトップ型では最も大きい分類になるフルタワー型。

この大きさを選ぶなら、ハイクラス~ハイエンドデスクトップが定番となります。

用意されたラインアップも同様で、

Intel系のZ390とIntelのハイエンドデスクトップ向けX299があります。

MASTERPIECE i1640 (Z390)

i1640 はZ390というマザーボード自体も高耐久・高品質部品と回路構成なので、

長期間現役で活躍することもできます。

  • シルバーモデル(Corei7-8700+GTX1660ti)
  • シルバーカスタムモデル(Corei7-9700K+RTX2060)
  • ゴールドモデル(Corei7-9700K+RTX2070)
  • プラチナモデル(Corei7-9700K+RTX2080)
  • プラチナカスタムモデル(Corei9-9900K+RTX2080ti)
  • プラチナカスタムモデル水冷(Corei9-9900K+RTX2080ti)

使われるCPUは一般向けでは最強クラスに属するものばかりで、

折角このクラスを狙うならグラフィックボードはRTX2060以上はほしいなと思います。

MASTERPIECE i1730 (X299)

一般顧客向けの最高峰はCorei9-9900Kになりますが、

さらに高スペックな玄人向けがi1730 シリーズです。

正直普段使い、ゲーム、動画編集、配信くらいならZ390シリーズで十分ですが、

とにかく最強がほしいんだ!!っていう人向けのラインアップです。

特にマルチスレッド数が多い特長があります。

  • ゴールドモデル(Corei7-9800X+RTX2070)
  • ゴールドモデル(Corei9-9900X+RTX2080)
  • プラチナモデル(Corei9-9900X+RTX2080ti)
  • プラチナモデル水冷(Corei9-9900X+RTX2080ti)
  • プラチナモデル水冷(Corei9-9900X+RTX2080ti/NVLinK)
  • プラチナモデル水冷(Corei9-9900XE+RTX2080ti/NVLinK)

このシリーズではG-TUNE最強スペックとなる、

Corei9-9900XE(18コア/36スレッド)とRTX2080tiの2枚刺しという気違いスペックです(笑)

もうゲームやるというか、とにかく最強を極めたい人向けで、

自作好きな人なら一度は組んでみたい商品ですね(*’▽’)

正直パソコンスペックはよくわからないなら

PCパーツの詳細はよくわからないけど、

とにかくこういうのがやりたい!という、

目的別からのラインアップが優れているのがG-TUNEの魅力です。

例えばやりたいゲームからBTOパソコンが選べる「ゲーム推奨モデル」、

プロゲーマー推奨で、ガチゲームをしたいなら「プロゲーマーモデル」、

VRや3Dレンダリングなどニーズから選ぶ「コンセプトモデル」があるので、

特に初心者の方は活用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA