G-TUNEの予算・目的別BTOパソコンのおすすめ! | こまたろPC
Youtube【こまたろPC】も更新中!

G-TUNEの予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

BTOパソコンの有名なところといえばG-TUNEです。

2019年現在のラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

G-TUNEはこんな人におすすめ!

G-TUNEはCMや広告でもおなじみマウスコンピューターが運営するブランドです。

G-TUNEおすすめポイント
  • デスクトップ、ノートの幅広いラインナップ
  • やりたいゲーム、コラボ企画など色々な角度から選べる
  • CPUとグラフィックボードが決まっていることが多いので、カスタマイズ性はやや低い

幅広いニーズに対応できるラインナップが特長です。

ゲームだけでなくクリエイティブ用途向けPCも充実しています。

またCMを出すほどの有名メーカーですので、

初心者の方には安心して買うことができるのもポイント。サポート体制も充実しています。

カスタマイズ性という点では低いものの、

あまりパソコンに詳しくない人には選びやすいメーカーだと思います。

デスクトップとノートPCどちらが良い?
基本的にはノートPCは割高になるのでデスクトップ推奨型です。
携帯性、省スペースを考えるならノートPCタイプが良いですが、排熱問題で性能が低下するリスクが高いです。
デスクトップ型のほうが、拡張性・排熱問題ともに有利なのでゲーミングPCにはぴったり。

予算・目的で選ぶおすすめなBTOパソコン

「結局自分に合うBTOパソコンはどれなの?」

と疑問を持っている方にこまたろがおすすめするパソコン、構成を僭越ながら選んでみました!

後悔しないBTOパソコン選びは自分の目的をはっきりさせることが大切です。

なおゲーム性能に一番影響を受けるのがグラフィックボードとCPUなので、基本はそこを主軸に考えます。

フルHD低~高画質60fps:予算9~11万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 低~高画質60fpsとばらつきあるが、幅広いゲーム可
  • プログラミング作業、画像編集も可能

ゲーミングPCとしては価格の安いエントリークラスのスペックです。

最新ゲームでもフルHDなら十分に遊ぶことができ、

軽いゲームであれば144fpsなどゲーミングモニター利用も狙えますが、

あまり過度の期待はできません。

デスクトップ型


※モニター別売
ゲーミングPC名 G-Tune PM-A
CPU Ryzen5 3500(6コア6スレッド)
グラボ GTX1650
メモリ 8GB
容量 256GB NVMeSSD + 1TB HDD
大きさ 188.8(幅)×410.5(奥行き)×400(高さ)mm

低価格ながらゲーミング性能がある程度高いゲーミングPCです。

Ryzen5 3500(6コア6スレッド)とGTX1650の組み合わせで、

フルHDであれば大抵のゲームを問題なく遊ぶことができます。

初期構成で1.25TBの大容量なのも嬉しいポイントです。

ノートPC型


ゲーミングPC名 G-Tune P5
CPU Core i5-11400H(6コア12スレッド)
グラボ GTX 1650
メモリ 16GB
容量 256GB NVMe SSD
重量/画面の大きさ 2.03kg/15.6 IPS ノングレア

エントリークラスのGTX1650を搭載した、ゲーミングノートPCです。

CPUはミドルクラスのCore i5-11400Hを搭載しており、

しっかりとグラボの性能を引き出してくれます。

フルHD高画質、低画質ゲーミングモニター:予算13~15万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 高画質60fps
  • 動画編集もある程度OK
  • フルHD低~中画質144fpsゲーミング

ゲーミングPCでは中間の性能、ミドルクラスに位置する価格帯です。

フルHDでも高画質でゲームをしたい!

144Hzなどゲーミングモニター利用を考えている人は、

このスペックから考えるのがおすすめです。

デスクトップ型


※モニター別売
ゲーミングPC名 G-Tune PM-B
CPU Core i5-11400F(6コア12スレッド)
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB
容量 256GB NVMeSSD
大きさ 188.8(幅)×410.5(奥行き)×400(高さ)mm

ミドルスペックで人気の高い、

GTX1660 SUPERのグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

フルHDであれば動作スペックの重いゲームでも快適に遊ぶことができます。

また搭載CPUはCore i5-11400Fを搭載しており、

ゲーミング性能も十分に高く、またある程度動画編集やゲーム配信もこなすことができます。

ノートPC型


ゲーミングPC名 G-Tune E5
CPU Core i7-11800H(8コア16スレッド)
グラボ RTX 3050
メモリ 16GB
容量 512GB NVMeSSD
重量/画面の大きさ 1.73kg/フルHD60Hz 15.6 IPS ノングレア

RTX3050を搭載したゲーミングノートPCです。

最新のノートPC用グラボとしては一番下になりますが、

フルHDであればそこそこ快適に遊ぶことができます。

高画質ゲーミングモニター:予算16~18万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHD最強
  • 中高画質でゲーミングモニター利用
  • 最新描画技術でより臨場感ある体験

フルHD60fpsならほとんどのゲームを最高画質で遊べ、

さらに中画質で高FPSを出すことも可能なスペックです。

ゲーミングモニター利用でも高画質にこだわりたい人におすすめ。

また必然的にCPUもハイクラスになるので、動画編集やゲーム配信をしっかりとやりたい人にも。

デスクトップ型


※モニター別売
ゲーミングPC名 G-Tune HM-A-L
CPU Ryzen 5 5600X(6コア12スレッド)
グラボ RTX3060
メモリ 16GB
容量 512GB NVMeSSD
大きさ 188.8(幅)×410.5(奥行き)×400(高さ)mm

ゲーミング性能が高いRyzen 5 5600Xと、

最新世代ミドルクラスのRTX3060を搭載したゲーミングPCになります。

RTX3060はゲーミング性能が高いことはもちろんなのですが、

NVidia GeforceのレイトレやDLSSを使えることも強みの一つです。

レイトレとは?
レイトレーシングという光子の動きを利用した描画方法で、より現実に近い描画が可能と言われています。
ただしゲーム側が対応、および高負荷である点に留意。
昨今ではフォートナイトやCODなど人気タイトルもレイトレ対応となってきています。
利用するにはGTX16シリーズ一部/RTX2000/3000シリーズ、RX 6000シリーズではDirectX 12 Ultimate機能でレイトレができます。
DLSSとは?
機械学習を用いた処理技法で、処理が効率化されることで低負荷で高画質環境で遊べるようになります。
前述の高負荷であるレイトレはFPS低下が大きいですが、このDLSSと組み合わせることでFPSをある程度確保できます。
利用にはソフト側の対応が必要で、昨今だとフォートナイトやモンハンなどが対応しています。
利用できるのはRTX2000/3000シリーズのみです。

昨今では人気ゲームのフォートナイトやモンハン

最新ゲームも続々対応しており、この機能を使えるのはメリットがあります。

ノートPC型


ゲーミングPC名 G-Tune E5-165
CPU Core i7-11800H
グラボ RTX 2060
メモリ 16GB
容量 512GB NVMeSSD
重量/画面の大きさ 1.73kg/2,560×1,440 165 Hz 15.6型

ミドルクラスRTX3060を搭載したゲーミングPCです。

CPUはモバイル向けハイクラスのCore i7-11800Hなので、

十分にグラボ性能を活かしてくれます。

モニターも2,560×1,440解像度、 165Hzリフレッシュレートなので、

高画質高解像度を楽しんだり、高fpsでFPS/TPSゲームを楽しんだりと、

多様なニーズに対応できます。

WQHD(2560×1440)、ウルトラワイドモニター:予算25万円~

このBTOパソコンのポイント
  • WQHDの高解像度ゲーミング
  • 低解像度なウルトラワイドモニター利用
  • フルHD240fps,360fpsなど超高FPS

ハイクラスに属するスペックの価格帯です。

フルHDで快適に遊べることはもちろんなのですが、

より高解像度のゲーミングをおこなう性能も有してきます。

2560 x 1080のようなウルトラワイドモニターでゲームしたい人ならここからが良いでしょう。

またフルHD240fpsや360fpsゲーミングモニターを使いたい方もこのくらいのスペックはほしいです。

デスクトップ型


※モニター別売
ゲーミングPC名 G-Tune HN-Z-6700XT
CPU Core i7-11700K(8コア16スレッド)
グラボ RX 6700XT
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD + 2TB
大きさ 210(幅)×521(奥行き)×426(高さ)mm

RX 6700XTを搭載したゲーミングPCです。

RX 6700XTはハイクラスに属する性能をもち、

RTX3070と互角以上のパフォーマンス発揮します。

DLSSは使えませんが、FSRには対応していますので、

WQHD解像度だけでなく、4Kゲーミングを狙うことも可能。

CPUも旧世代ながらハイクラスのゲーム性能をもつCore i7 11700Kで安心です。

ノートPC型


ゲーミングPC名 G-Tune H5
CPU Core i7-11800H
グラボ RTX 3070
メモリ 16GB
容量 512GB NVMeSSD
重量/画面の大きさ 2.23kg/1,920×1,080 240Hz 15.6型

ハイクラスのRTX3070グラフィックボードを搭載したゲーミングノートPCです。

240Hzのモニターですので、超高fpsにてゲームをすることができます。

4Kゲーミング:予算32万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 4Kの高解像度ゲーミング
  • 高解像度なウルトラワイドモニター利用

ハイクラスでも中間に属するスペック帯です。

4Kモニター利用を考えている人や、

3,440×1,440など高解像度なウルトラワイドモニターを考えている人におすすめ。

性能的にノート型は提供されておらず、デスクトップ一択となります。


※モニター別売
ゲーミングPC名 G-Tune EP-Z
CPU Core i7-11700K(8コア16スレッド)
グラボ RTX3080
メモリ 32GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 215(幅)×490(奥行き)×481(高さ)mm

RTX3080を搭載したゲーミングPCです。

4Kゲームをターゲットにしたグラフィックボードで、

60fpsなら高画質でも遊ぶことが可能、

低~中画質なら144fpsも狙えますので、4K144Hzのような高性能モニターとも相性が良いです。

現最強ゲーミングPC:予算50万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 現時点の最強のゲーム性能
  • とにかく高価

最後はゲーミングPCでは最高峰に位置するスペックです。

現時点ではこれ以上のゲーム性能を求めることは難しく、

また金額も相当高くなりますので、とにかく金に糸目を付けぬ方におすすめ。


ゲーミングPC名 G-Tune XP-Z
CPU Core i9 12900K
グラボ RTX3090
メモリ 32GB
容量 1TB NVMeSSD + 4TB HDD
大きさ 215.0(幅)×490.0(奥行き)×501.0(高さ)mm

RTX3090を搭載したゲーミングPCです。

現時点の最強のゲーム性能をもつグラフィックボードであり、

4Kでも十分快適な性能をもっています。

そしてCPUも最新Core i9 12900Kを搭載。

ゲーム性能が非常に高くRTX3090の性能を十分に活かしてくれますし、

動画編集やゲーム配信も快適です。

2022年PCラインナップ(デスクトップ)

G-TUNEのBTOパソコンラインナップをみていきましょう。

ライトゲーマー向け

G-TUNEでは最も価格が安いゲーミングPC群です。

グラボはGTX1650/GTX 1660 SUPERの2つとなっており、

フルHD低~高画質60fps/フル低~中144fpsくらいを想定した性能です。

CPUはIntel旧世代のCore i5 11400FかCore i7 10700、

AMDはRyzen 5 5600Xから選択します。

ミドルゲーマー向け

性能も値段も丁度中間に位置するゲーミングPC群です。

フルHD高画質144fpfsぐらいの性能を想定しています。

グラボは最新世代RTX3060がメインとなっています。

どちらも一長一短あるので、好き好きでよいですが、

それぞれでしか選べないCPUの組み合わせがあります。

CPUはIntelはCore i7 11700(K)から、最新のCore i7 12700K

AMDはRyzen5 5600Xから選ぶことができます。

ヘビーゲーマー向け

最も高性能なゲーミングPC群です。

WQHD~4K解像度をターゲットにしたゲーミングPCが多く、

グラフィックボードはRTX3070/3080/3080ti/3090、RX6700 XTが選択できます。

CPUはCore i7 11700K、Core i9 11900Kの旧世代ハイクラスと、

Core i7 12700KF/Core i9 12900KFの最強12世代ハイクラス、

AMDはRyzen 7 5800X/Ryzen 9 5950Xのハイクラスから選択できます。

正直パソコンスペックはよくわからないなら

PCパーツの詳細はよくわからないけど、

とにかくこういうのがやりたい!という、

目的別からのラインアップが優れているのがG-TUNEの魅力です。

例えばやりたいゲームからBTOパソコンが選べる「ゲーム推奨ゲーミングPC」、

プロゲーマー推奨で、ガチゲームをしたいなら「プロゲーマーゲーミングPC」、

VRや3Dレンダリングなどニーズから選ぶ「コンセプトゲーミングPC」があるので、

特に初心者の方は活用してみましょう。