【2021年】ツクモの予算・目的別BTOパソコンのおすすめ! | こまたろPC
Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2021年】ツクモの予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

自作をしたことがある人なら知らない人はいない、

ツクモが展開するBTOパソコン、ゲーミングPCブランド「eX.computer」について

現在のラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

ツクモはこんな人におすすめ!

ツクモおすすめポイント
  • 他では品切れのPCパーツ採用ゲーミングPCがある
  • 昨今価格コスパが向上
  • Radeon RX系グラボも取り揃え
  • ノートPCはカスタマイズ性が低い

ツクモは実店舗もありますし、PCパーツショップとしては有名なのでサポートが充実しており、

初心者には安心できるメーカーです。

最近の価格改定で、性能コスパも向上しており、

またRyzen/Intel両方のラインナップも充実。

Radeon系グラボや他社では品薄のCPUも扱ってることがあるなど、

狙い目のBTOが多い印象です。

あまりゲームはしない:予算6万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 使用用途はWEB閲覧、動画視聴、音楽、簡単なメール・オフィス
  • プログラミング作業、画像・動画編集・動画配信・3D編集はしない
  • 安く抑えたい
  • せっかくだから省スペース化

安さを追求したBTOパソコンです。

簡易的な使用用途前提なので、ゲームや画像・動画編集、プログラミングといった作業には向いていません。

また複数の常駐ソフトを入れたり、沢山のアプリを同時に起動させるなど、

マルチタスク処理にもあまり強くないので、

あくまで簡単なWEBサイト閲覧、YoutubeやAmazon、NetFrixなどの動画視聴、メールや軽ファイル容量のオフィス作業など、

割り切った使用を前提にしています。

デスクトップの場合


ゲーミングPC名 RM3A-B204/T
CPU Ryzen3 PRO 4350G(4コア8スレッド)
グラボ Radeon Graphics 6
メモリ 8GB
容量 240GB SSD

Ryzen PROシリーズを搭載したゲーミングPCです。

Ryzen3 PRO 4350Gは4コア8スレッドにて、本要件では余裕の性能。

またRadeon Graphicsが搭載しており、

ある程度のグラフィック性能を持っているので、動画視聴などはもちろん、

軽いゲームであればフルHD60fpsでも動作してしまうほどです。

メモリも8GBの初期構成でバランスよく、価格が安く済みます。

ノートPCの場合


ゲーミングPC名 N1505K-310/T
CPU Core i3 10110U(2コア4スレッド)
グラボ UHD グラフィックス
メモリ 4GB
容量 256GB NVMe SSD

おすすめゲーミングPCは「N1505K-310/T」です。

厳密には最安のノートPCがこれっていうのがありますが(笑)

CPUはモバイル用のCore i3 10130U(2コア4スレッド)を搭載しており、

高性能まではいきませんが、今回の使用前提であれば快適に動作します。

また256GBのNVMe SSDも通常のSSDより高速でメリット。

ただ唯一メインメモリが4GBなのが残念な点。

アップグレードできれば良いのですが、このゲーミングPCはカスタマイズできないので、

この点は妥協するしかありません。

 

幅広いゲームをフルHD低画質で:予算8~12万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHD低~高画質内で幅広いゲーム可能
  • 画像編集やプログラミング作業も可

ゲーミングPCとしては入門にあたる価格帯です。

低予算ながら最新ゲームでも遊びたい!という人はこのあたりがおすすめ。

画質にばらつきあるもののフルHDなら幅広いゲームを60fpsで遊べます。

ゲーミングモニター利用や高画質で遊びたい、

また動画編集やゲーム配信を考えている人はもう少し上のスペックが良いでしょう。

デスクトップの場合


ゲーミングPC名 GI3J-A201/T
CPU Core i3 10100(4コア8スレッド)
グラボ GTX1650
メモリ 8GB
容量 240GB SSD

Intelの安さ重視のCPUであるCore i3 10100を搭載したゲーミングPCです。

安さ重視といっても4コア8スレッドを有しており、

十分高い性能になっています。

グラボはエントリークラスで人気のGTX1650を搭載しており、

しっかりと性能を引き出すことができるCPUです。

 

ノートPCの場合


ゲーミングPC名 N1547K-700/T
CPU Corei7-10750H(6コア12スレッド)
グラボ GTX1650
メモリ 8GB
容量 256GB SSD

ゲーミングノートPCの最下位のゲーミングPCですが、CPUはモバイル向け高機能クラスになっており、

グラフィックボードもGTX1650なので、大抵のゲームをフルHDなら問題なく遊べます。

CPU性能的にも高いので、画像編集やプログラミングPCとして最適です。

 

フルHD高画質、動画編集/配信性能入門:予算13~16万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHD高~最高画質60fpsで遊べる
  • フル低中画質120~240fpsで遊べる

ミドルクラスとなるゲーミングPCです。

フルHDで高画質で遊ぶこともでき、また画質を抑えればゲーミングモニターの利用も可能です。

性能に対して比較的買いもとめやすい価格帯と言えるでしょう。

 

グラボによってはレイトレーシングとDLSSという描画・処理手法により、

よりリアリティに溢れたゲームグラフィックで遊ぶこともできるようになります。

レイトレーシングって?
最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはRTコア搭載のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
最新Radeon RX6000シリーズも利用できるように。
DLSSって?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

デスクトップの場合


ゲーミングPC名 GA5A-D210/T
CPU Ryzen5 3500(6コア6スレッド)
グラボ RTX3060
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD

おすすめゲーミングPCは「GA5A-D210/T」です。

最新世代のRTX3060が搭載したモデルです。

フルHDでは何不自由ないゲーミング性能で、

最高画質60fpsはもちろん、中~高画質144~240fpsゲーミングモニター利用もできます。

ゲーミングモニター利用を考えているのならおすすめのPCです。

レイトレやDLSSも使えるため、ハイクオリティなゲーム体験ができます。

 

初期構成から16GBメインメモリ搭載で、

記憶容量もある程度あるので、動画編集マシンとしても活用できます。

 

ノートパソコンの場合


ゲーミングPC名 N1574K-720/T
CPU Core i7 10750H(6コア12スレッド)
グラボ RTX2060
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD

最新世代Core i7 10750Hを搭載したゲーミングPCで、

処理性能が向上し、ゲーミング性能、

動画編集や配信などクリエイティブ性能が向上しています。

グラボは価格改定でコスパが高くなったRTX2060を搭載し、

今回の要件を十分満たすPCとなっています。

 

WQHD(2560×1440)ゲーミング、動画編集快適:予算17万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • WQHD(2560×1440)ゲーム可能
  • フルHD高画質で144fps以上
  • 最新描画技術でより臨場感ある体験
  • 動画編集・配信も快適

PCとしてはかなり高性能で、ゲームはより高解像度のWQHD(2560×1440)が可能になり、

フルHDゲーミングモニター利用も高画質が狙えるようになります。

また低解像度のウルトラワイドモニター利用を考えている人にもおすすめ。

CPUはハイクラス性能になるため、動画編集やゲーム配信も快適。

本格的にYoutubeなどで配信を考えている人はここから選ぶのが良いでしょう。

デスクトップの場合

現在該当する商品がありません。

ノートPCの場合


ゲーミングPC名 N1589J-710/T
CPU Corei7-10875H(8コア16スレッド)
グラボ RTX2070 SUPER
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD

ツクモが提供するゲーミングノートPCでは最上位機種です。

モバイルCPUでは最高峰のCorei7-10875Hに

グラフィックボードはRTX2070 SUPERを搭載し、

CPUも高速なのでかなり快適にゲームができるでしょう。

動画編集・配信に関してはデスクトップ型とはまではいきませんが、ある程度こなせます。

またこのノートPCは144Hz駆動モニターなので、

144fpsとしてゲームを楽しむことができますので、特にTPS/FPS好きにおすすめです。

4Kゲーミング入門:予算20万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)の高解像度でゲームが可能
  • 動画配信・ゲーム配信も快適

続いては4Kゲーミングを前提としたゲーミングPCです。

高解像度のウルトラワイドモニター利用を考えている人はこのあたりから。

4K低~中画質ぐらいのグラフィック性能で、フルHDでも360fpsなど狙えます。

CPUもより高性能で、本格的にゲーム配信や動画編集をおこなう人にも良いでしょう。

デスクトップの場合


ゲーミングPC名 GA7J-H211/ZT
CPU Core i7 11700K(8コア16スレッド)
グラボ RTX3070(アップグレード)
メモリ 16GB
容量 500GB NVMe SSD + 2TB SSD

最新世代のCore i7 11700Kを搭載したゲーミングPCで、

ゲーミング性能はトップクラスであり長く活躍できるCPUとなっています。

グラボは初期構成がRTX3060ですので、

4Kでも遊ぶことが可能な最新世代のRTX3070へアップグレードします。

ノートパソコンの場合

この要件で該当するノートPCはありません。

 

4Kゲーミング高画質、最高峰:予算27万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)高画質でゲーム可能
  • 現、最高峰の組み合わせ

デスクトップの場合


ゲーミングPC名 GA9A-J211/XT
CPU Ryzen 5 5900X(12コア24スレッド)
グラボ RTX3080(アップグレード)
メモリ 16GB
容量 1TB NVMe SSD

おすすめゲーミングPCは「GA9A-J211/XT」です。

初期構成のRTX3070からRTX3080へアップグレードします。

RTX3080は最新世代のハイクラスグラボで、現実的な価格としては一番の性能といえます。
(RTX3090があるが、価格が高いのと在庫不足)

4Kゲームでも高画質で遊べる性能をもち、現状最も高環境でゲームをプレイできるグラボ。

そしてCPUも最新RyzenのRyzen 9 5900X。

ゲーム性能が進化し、RTX3080の性能でも十分に活かすことができます。

もちろんクリエイティブ性能も高いので、ゲーム配信や動画編集もOKです。

ノートパソコンの場合

この要件で該当するノートPCはありません。

 

2021年ツクモのBTOラインナップ

ツクモではデスクトップ型とノート型の両方を取り扱っています。

ノート型は、「スタンダード」と「ゲーム」向け、

デスクトップは、主に「スタンダード」「ゲーム」「クリエイティブ」に大別できます。

なお、ツクモでは上記のようなCPUとグラフィックボードを軸とした表があり、

価格と、どこまでグラフィックボードをアップグレードできるかわかりやすく、

個人的にはここから参考に選ぶと良いかと思います。

スタンダードパソコン

ミニタワー型の「AeroStream」、ミニPC型の「Aeromini」、

スリム型の「AeroSlim」、小型ビジネスPCの4種類の大きさにわけられます。

ミニタワー型を除き、大きさ的にグラフィックの拡張性が無いため、

オフィス利用や基本PC作業を前提にしたエントリークラス向けのほうが向いています。

 

ミニタワー型では、RTX3060のグラフィックボードまで、

CPUはRyzen 5 5600X/Core i7 11700まで選択できるので、

ミドルエンドくらいまでのPCを選ぶことが可能となっています。

ただしあくまでオフィス用途向けのラインナップなので、

ゲーミングPCなら「G-GEAR」シリーズから選ぶのが王道かなとおもいます。

ゲームパソコン

グラフィック性能を強化した、ゲーム向けのBTOパソコンです。

「G-GEAR」というブランド名で展開されており、

ミニタワー「mini」、ミドルタワー、ハイタワー「neo」の3種にわけられます。

使用されるマザーボードも上位ゲーミングPCが多く、熱対策も考慮されているので、

ミドルスペック以上を狙うならスタンダードBTOより、こちらのほうがおすすめです。

ゲーミング性能の目安としては、

エントリ~4Kゲーミングまでと幅広く選択できるので、好みに合わせて選びやすいです。

Intel/AMDともにCPUラインナップが充実しているのも嬉しいポイント。

 

ミニタワー「G-GEAR mini」は省スペース性を考慮するなら、選びたいラインナップかなと思います。

ミドル以上のゲーミングPCになると排熱問題がネックになるのですが、

あまり小型すぎると、中々上手にいかず性能低下を招きやすくなるんです。

ミニタワーであれば排熱もある程度こなせます。

またミドルタワーに比べて、やや価格が高いです。

グラボはGTX 1650~RTX 3070までなので、

ライトゲーム向け~ヘビーユーザー向けまで幅広いBTOが用意されています。

Intel系はCore i3-10100~Core i7 10700(F)と、

まだ旧世代のラインナップ。

AMD系はRyzen 5 3600~Ryzen 7 5800Xのエントリー~ハイクラスまで選べます。

またRyzen3 PRO 4350G/Ryzen 5 PRO 4650G/Ryzen 7 PRO 4750Gと

Radeon Graphicsが内蔵されているAPUと呼ばれるラインナップ。

APUはグラボ無しで使うのが通常で、どちらかといえばオフィス向け寄りの仕様です。

 

ミドルタワー「G-GEAR」は、ゲーミングPCを組むなら個人的に一番おすすめです。

ミドル以上になってくると、後から機能を追加したりすることもあり、拡張性があったほうが便利。

排熱対策も取りやすいので、ゲーミング性能低下が防ぎやすいです。

またミニタワー型よりも価格が安いので、性能コスパも良い傾向にあります。

ミニタワーのラインナップ他、

CPUならCorei9 11900K、Ryzen9 5950X/5900X/3950X/3900Xなど、

グラボならRTX3090/3080、RX6800XTなど、

最新世代ハイエンド(最高峰)クラスのCPUやグラボが選べるようになっていますので、

最強のゲーミングPCを目指す方もこのラインナップがおすすめです。

 

ハイタワー「neo」は、一般向けでは一番大きいケースです。

拡張性がすごいですが、個人的にはミドルタワーぐらいで丁度良いかなとは思います。

基本はミドルタワー型と同じようなラインナップですが、

現在はミドルタワーのほうがCPUもグラボも選択肢が多く、あまり選ぶメリットはないかな?と思います。

ゲーム推奨ゲーミングPC

ゲーミングPCの中にはゲーム推奨ゲーミングPCが用意されています。

細かいスペックはわからないけど、このゲームがやりたい!と明確に決まっている場合は、

こちらから選ぶと適したBTOパソコンを選ぶことができます。

クリエイティブゲーミングPC

NVIDIA QuadroゲーミングPCとして展開されている、CADや3DCGレンダリングなどを得意とする、

Quadroシリーズのグラフィックボードが選べるBTOパソコンです。

上記の作業を沢山やらない場合は、ゲーミングPCでも仕事がこなせますが、

高負荷の作業を前提としている場合は、こちらから選ぶのが良いです。