Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2020年】ツクモの予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

自作をしたことがある人なら知らない人はいない、

ツクモが展開するBTOパソコン、ゲーミングPCブランド「eX.computer」について

2019年現在のラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

ツクモはこんな人におすすめ!

ツクモおすすめポイント
  • 他では品切れのCPUモデルがある
  • メモリの構成が良い
  • 超小型PCなど変わったラインナップがある
  • ノートPCはカスタマイズ性が低い

ツクモは実店舗もありますし、PCパーツショップとしては有名なのでサポートが充実しており、

初心者には安心できるメーカーです。

また超小型PCのラインナップが多いので、省スペースPCを探している人は要チェックです。

あまりゲームはしない:予算6万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 使用用途はWEB閲覧、動画視聴、音楽、簡単なメール・オフィス
  • プログラミング作業、画像・動画編集・動画配信・3D編集はしない
  • 安く抑えたい
  • せっかくだから省スペース化

安さを追求したBTOパソコンです。

簡易的な使用用途前提なので、ゲームや画像・動画編集、プログラミングといった作業には向いていません。

また複数の常駐ソフトを入れたり、沢山のアプリを同時に起動させるなど、

マルチタスク処理にもあまり強くないので、

あくまで簡単なWEBサイト閲覧、YoutubeやAmazon、NetFrixなどの動画視聴、メールや軽ファイル容量のオフィス作業など、

割り切った使用を前提にしています。

デスクトップの場合


モデル名 RS3A-A194/T
CPU Ryzen3 3200G(4コア4スレッド)
グラボ Radeon RX Vega 8
メモリ 4GB
容量 240GB SSD

おすすめモデルは「AeroStream RS3A-A194/T」です。

AeroSlimの低価格PCではIntelのCeleron G4900(2コア2スレッド)がありますが、

性能に対するコスパが高いためこちらをおすすめしています。

まずコアスレッド数が倍なことで、動作が快適であること、

また内蔵グラフィックスがIntelよりも強いため、

軽いゲームであればある程度動作してしまう性能になっています。

メモリだけ4GBでは少ないので8GBへのアップグレードをおすすめします。

 

ノートPCの場合


モデル名 RS3A-A194/T
CPU Corei3-8130U(2コア4スレッド)
グラボ UHD グラフィックス 620
メモリ 4GB
容量 240GB SSD

おすすめモデルは「N1503K-310/T」です。

厳密には最安のノートPCがこれっていうのがありますが(笑)

CPUはモバイル用のCorei3-8130U(2コア4スレッド)を搭載しており、

高性能まではいきませんが、今回の使用前提であれば快適に動作します。

また240GBのSSDなのも問題ないです。

ただ唯一メインメモリが4GBなのが残念な点。

アップグレードできれば良いのですが、このモデルはカスタマイズできないので、

この点は妥協するしかありません。

 

幅広いゲームをフルHD低画質で:予算9~12万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 複数のアプリ、常駐ソフト入れても快適
  • フルHD低~高画質内で幅広いゲーム可能
  • 画像編集やプログラミング作業も可

もう少し性能をアップさせれば、複数のアプリを起動させる、沢山の常駐ソフトを入れても快適になり、

長期利用でも動作が遅くなりにくいBTOパソコンになります。

さらにグラフィック性能も強化され、

画質にばらつきあるもののフルHDなら幅広いゲームを遊べます。

デスクトップの場合


モデル名 GA5J-A194/T
CPU Corei5 9400F(6コア6スレッド)
グラボ GTX1650(アップグレード)
メモリ 8GB
容量 240GB SSD

おすすめモデルは「G-GEAR GA5J-A194/T」です。

ここからは本格的なゲーミングPCとなっており、G-GEARシリーズのCorei5 9400Fモデルです。

CPUでは同価格にてAMDのRyzen5 2600(6コア12スレッド)モデルもあるのですが、

ゲーミング性能重視であればCorei5 9400Fが良いです。

ただ動画編集や配信などマルチタスク性能重視であればRyzen5 2600モデルを選択しても良いです。

 

グラボの初期構成はGTX1050tiになっています。

安さ重視ならそのままでも良いですが、最新世代のGTX1650のほうが性能が高く、

また今後のゲームのほうが性能を発揮しやすい構造になっているため、

将来性からもGTX1650のアップグレードをおすすめします。

 

ノートPCの場合


モデル名 N1546K-700/T
CPU Corei7-9750H(6コア12スレッド)
グラボ GTX1650
メモリ 8GB
容量 256GB SSD

おすすめモデルは「G-GEAR note N1546K-700/T」です。

ゲーミングノートPCの最下位のモデルですが、CPUはモバイル向け高機能クラスになっており、

グラフィックボードもGTX1650なので、大抵のゲームをフルHDなら問題なく遊べます。

CPU性能的にも高いので、画像編集やプログラミングPCとして最適です。

 

フルHD高画質、動画編集/配信性能入門:予算13万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHD高~最高画質で遊べる
  • 低画質120~240fpsで遊べる
  • ゲーム配信など高負荷マルチタスクも対応できる
  • 動画編集もある程度可

さらにCPUおよびグラフィックボードの性能を高めたモデルを選択しています。

この辺りになってくると、作業をできることはもちろん、質や速さ、快適性を追求できるラインナップになります。

幅広いゲームはできることはもちろんですが、

動作スペックの高さを要求されるゲームでも、フルHDであれば高画質60fpsで遊べます。

 

さらにCPUのマルチコア、マルチスレッド化を高めているので、動画編集にも対応し、

ゲーム配信をするといったこともできるようになってきます。

デスクトップの場合


モデル名 GA5A-C194/T
CPU Ryzen5 3600(6コア12スレッド)
グラボ GTX1660ti(アップグレード)
メモリ 16GB
容量 240GB SSD

おすすめモデルは「G-GEAR GA5A-C194/T」です。

最新世代のRyzen5 3600を搭載したモデルで、

シングル・マルチ性能ともに同クラスのIntelを凌駕しており、

ゲーミング性能はもちろん、動画編集・配信性能も高いです。

もちろん、プログラミング作業も容易。

 

初期構成ではグラボはGTX1650ですが、今回の要件では性能が低いため、

GTX1660tiへのアップグレードをおすすめします。

GTX1660tiはミドルクラスでは上位の性能で、フルHDで不自由することはまずありません。

ゲームによりますがフルHD低画質であればおおむね120~240fpsを確保できる能力もあり、

ゲーミングモニター利用を考えているのならおすすめのPCです。

 

初期構成から16GBメインメモリ搭載で、

CPUとグラボのバランスが良く動画配信もそれなりにこなしてくれるでしょう。

唯一240GBの容量は少ないので、500GB SSD + 1~3TB HDDの追加をおすすめします。

 

ノートパソコンの場合

この価格帯では該当モデルがありません。

 

WQHD(2560×1440)ゲーミング、高画質ゲーミングモニター:予算17万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • WQHD(2560×1440)ゲーム可能
  • フルHD中高画質で120~240fps
  • 最新描画技術でより臨場感ある体験
  • 動画編集・配信も快適

PCとしてはかなり高性能で、ゲーム、動画編集・配信を快適におこなえるレベルになってきます。

ゲームはより高解像度のWQHD(2560×1440)が可能になり、

ゲーミングモニター利用でも中高画質にて利用ができてきます。

さらにレイトレーシングとDLSSという描画・処理手法により、

よりリアリティに溢れたゲームグラフィックで遊ぶこともできるようになります。

レイトレーシングって?
最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはRTコア搭載のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
DLSSって?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

デスクトップの場合


モデル名 GA7A-F194/T
CPU Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)
グラボ RTX2070 SUPER
メモリ 16GB
容量 240GB SSD + 1TB SSD

最新世代のRyzen7 3700Xを搭載したモデルです。

同クラスIntelの9700よりもマルチ性能は凌駕しており、

シングル性能もほぼかわらず、ゲーミング性能も同等以上となっており、

価格と性能の良さ両方ともRyzenが優勢となっています。

 

グラフィックボードはRTX2070 SUPERを搭載。

ハイクラスのグラフィック性能を有し、WQHDゲーミングも十分に対応できます。

3700Xとの組み合わせによって、ハイクオリティなゲーム体験・動画配信もでき、

動画編集作業もかなり快適です。

3Dレンダリングなどもある程度こなせるようになっています。

 

ただし熱をもちやすいCPUなので、

性能をしっかりできるようCPUクーラーはオプションのものを選択しましょう。

また容量的に500GB SSD以上にはアップグレードしたいです。

ノートPCの場合


モデル名 N1588J-700/T
CPU Corei7-9750H(6コア12スレッド)
グラボ RTX2070
メモリ 16GB
容量 240GB SSD + 1TB SSD

おすすめモデルは「G-GEAR note N1588J-700/T」です。

ツクモが提供するゲーミングノートPCでは最上位機種です。

グラフィックボードはRTX2070を搭載し、

CPUも高速なのでかなり快適にゲームができるでしょう。

動画編集・配信に関してはデスクトップ型とはまではいきませんが、ある程度こなせます。

またこのノートPCは144Hz駆動モニターなので、

144fpsとしてゲームを楽しむことができますので、特にTPS/FPS好きにおすすめです。

 

4Kゲーミング、高処理3Dレンダリング:予算30万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)の高解像度・高画質でもゲーム可能
  • 動画配信も高画質で
  • 動画・3D編集の作業が快適

ここまでくると一般向けとしては最高峰のBTOパソコンです。

ゲーミング性能はもちろん、動画編集・配信は迅速であること、

また3Dレンダリング、機械学習といったコアな要件にも対応できます。

価格は高くなりますが、10年は現役で活躍できるでしょう。

デスクトップの場合


モデル名 GX9A-C194/XT
CPU Ryzen9 3900X(12コア24スレッド)
グラボ RTX2080ti(アップグレード)
メモリ 16GB
容量 500GB NVMeSSD + 2TB SSD

おすすめモデルは「G-GEAR neo GX9A-C194/XT」です。

ゲーミングPCとしては最上位クラスのモデルで、

最新世代のRyzenの最高峰3900X/3950Xが選択できます。

ゲーミング性能とマルチタスク性能のバランスから見て3900Xがおすすめです。

対応するグラフィックボードは現最強のRTX2080tiにアップグレード。

もはや無敵の組み合わで性能は言うまでもありません。

 

マザーボードは高品質・高耐久なX570を使用しています。

X570はグラフィックボードなどの通信に使われる規格の次世代PCIe4.0に正式に対応してますので、

今後の将来性も十分に確保できています。

PCIe4.0とは?
PCIe(PCI Express)はグラフィックボードなどとCPUが通信を行うための接続規格のことで、
現在はPCIe3.0が主流。PCIe4.0は3.0に比べて帯域幅が2倍になっているので、とにかく早いってこと。
今はまだだが、今後は主流になってくる可能性が高い。

注意点としてCPUの熱対策は必須です。

そのためオプションで簡易水冷CPUクーラーを選ぶことを強くおすすめします。

価格はあがりますが、その分3900Xの性能を引き出せます。

 

ノートパソコンの場合

この要件で該当するノートPCはありません。

 

2020年ツクモのBTOラインナップ

ツクモではデスクトップ型とノート型の両方を取り扱っています。

ノート型は、「スタンダード」と「ゲーム」向け、

デスクトップは、主に「スタンダード」「ゲーム」「クリエイティブ」に大別できます。


※ツクモホームページより

なお、ツクモでは上記のようなCPUとグラフィックボードを軸とした表があり、

価格と、どこまでグラフィックボードをアップグレードできるかわかりやすく、

個人的にはここから参考に選ぶと良いかと思います。

スタンダードパソコン

ミニタワー型の「AeroStream」、ミニPC型の「Aeromini」、

スリム型の「AeroSlim」、小型ビジネスPCの4種類の大きさにわけられます。

ミニタワー型を除き、大きさ的にグラフィックの拡張性が無いため、

オフィス利用や基本PC作業を前提にしたエントリークラス向けのほうが向いています。

 

ミニタワー型では、RTX2070のグラフィックボードまでカスタマイズできるので、

ハイクラスの入門ぐらいまでなら選ぶことが可能なのですが、

利用されているマザーボードはコスパ重視の種類であること、

またCPUは一部を除きRTX2070ではボトルネックになりやすいことを考えると、

エントリー~ミドルクラスぐらいまでのBTOパソコンを作るのに適しています。

ハイスペックを狙うなら、ゲーミングPC群から選ぶのがおすすめ。

ゲームパソコン

グラフィック性能を強化した、ゲーム向けのBTOパソコンです。

「G-GEAR」というブランド名で展開されており、

超小型「alpha」、ミニタワー「mini」、ミドルタワー、ハイタワー「neo」の4種にわけられます。

使用されるマザーボードも上位モデルが多く、熱対策も考慮されているので、

ミドルスペック以上を狙うならスタンダードBTOより、こちらのほうがおすすめです。

なおゲーミング性能の目安としては、

フルHDで低~高画質60fpsならGTX1050ti、GTX1650、

フルHDで高画質60fpsや画質こだわらず120fps以上ならGTX1660、GTX1660ti、RTX2060、

WQHDや4K、フルHD高画質120fps以上ならRTX2070以上を選ぶと良いです。

 

超小型「G-GEAR alpha」は省スペース性に特化したモデルで、拡張性はあまりありません。

グラボはカスタマイズ性がなく、CPUを選ぶ(Intel系のみ)という感じです。

性能的にフルHDで中~高画質60fpsを狙えるようなゲーミングPCですね。

ただ現在は旧世代のグラボのみなので、省スペース性が欲しくなければ、

特別選ぶ理由はないかなという印象です。

 

ミニタワー「G-GEAR mini」は省スペース性を考慮するなら、選びたいラインナップかなと思います。

ミドル以上のゲーミングPCになると排熱問題がネックになるのですが、

あまり小型すぎると、中々上手にいかず性能低下を招きやすくなるんです。

ミニタワーであれば排熱もある程度こなせます。

またミドルタワーに比べて、やや価格が安いです。

グラボはGTX 1050Ti~RTX 2080までなので、

ライトゲーム向け~ヘビーユーザー向けまで幅広いBTOが用意されています。

Intel系はCorei5 9400F~Corei9 9900Kのミドル~ハイクラスまで選べ、

AMD系はRyzen5 2400G、Ryzen5 2600~Ryzen7 2700Xのミドル~ハイクラスまで選べます。

ただ予算があるのであれば、AMDは第3世代を使用しているミドルタワーから選ぶのがおすすめ。

ゲーミング性能がかなり向上しているからです。

 

ミドルタワー「G-GEAR」は、ゲーミングPCを組むなら個人的に一番おすすめです。

ミドル以上になってくると、後から機能を追加したりすることもあり、拡張性があったほうが便利。

また排熱対策も取りやすいので、ゲーミング性能低下が防ぎやすいです。

ただミニタワー型より少し価格が高いので、このあたりは予算と相談です。

グラボはGTX 1050Ti~RTX 2080tiまでなので、

ライトゲーム向け~ヘビーユーザー向けまで幅広いBTOが用意されています。

ミニタワー型では選べないRTX2080tiが選べます。

Intel系はCorei5 9400F~Corei9 9900K、

AMD系はRyzen5 2600~Ryzen9 3900Xまで選べます。

第3世代Ryzenは現在ミドルタワー型からしか選べません。

 

ハイタワー「neo」は、一般向けでは一番大きいケースです。

拡張性がすごいですが、個人的にはミドルタワーぐらいで丁度良いかなとは思います。

基本はミニタワー型とミドルタワー型と同じようなラインナップですが、

グラフィックボードを2枚するSLIモデル、RTX TITANはハイタワー型にしかありません。

ゲーム推奨モデル

ゲーミングPCの中にはゲーム推奨モデルが用意されています。

細かいスペックはわからないけど、このゲームがやりたい!と明確に決まっている場合は、

こちらから選ぶと適したBTOパソコンを選ぶことができます。

クリエイティブモデル

NVIDIA Quadroモデルとして展開されている、CADや3DCGレンダリングなどを得意とする、

Quadroシリーズのグラフィックボードが選べるBTOパソコンです。

上記の作業を沢山やらない場合は、ゲーミングPCでも仕事がこなせますが、

高負荷の作業を前提としている場合は、こちらから選ぶのが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA