Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2019年】ツクモの予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

自作をしたことがある人なら知らない人はいない、

ツクモが展開するBTOパソコン、ゲーミングPCブランド「eX.computer」について

2019年現在のラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

ツクモはこんな人におすすめ!

ツクモおすすめポイント
  • 他では品切れのCPUモデルがある
  • メモリの構成が良い
  • 超小型PCなど変わったラインナップがある
  • ノートPCはカスタマイズ性が低い

ツクモは実店舗もありますし、PCパーツショップとしては有名なのでサポートが充実しており、

初心者には安心できるメーカーです。

また超小型PCのラインナップが多いので、省スペースPCを探している人は要チェックです。

基本的な作業のみ利用、安さ重視!:予算8万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 使用用途はWEB閲覧、動画視聴、音楽、簡単なメール・オフィス
  • プログラミング作業、画像・動画編集・動画配信・3D編集はしない
  • 安く抑えたい
  • せっかくだから省スペース化

安さを追求したBTOパソコンです。

簡易的な使用用途前提なので、ゲームや画像・動画編集、プログラミングといった作業には向いていません。

また複数の常駐ソフトを入れたり、沢山のアプリを同時に起動させるなど、

マルチタスク処理にもあまり強くないので、

あくまで簡単なWEBサイト閲覧、YoutubeやAmazon、NetFrixなどの動画視聴、メールや軽ファイル容量のオフィス作業など、

割り切った使用を前提にしています。

デスクトップの場合

おすすめモデルは「AeroMini MI1J-A180/T2」です。

ツクモのBTOの特長として小型~超小型なデスクトップPCのラインナップが豊富なことです。

ただ高性能になると排熱問題から小型系はフルパワーの性能を引き出しにくいので、

低スペックだからこそ省スペース化PCが打ってつけです。

AeroMini MI1J-A180/T2はミニPCという括りで、非常に省スペースなので起き場所に困り難いです。

CPUはCeleron G4900(2コア2スレッド)なので正直高性能ではありませんが、

今回の要件は十分こなしてくれます。

安さを追求するなら初期構成で良いですが予算が許すなら、

メインメモリは4GB→8GBにアップグレードしたほうが良いでしょう。

Window10を快適に動作させるなら、8GBは必須といってよいです。

また動作の快適さが全然違うので、初期構成のHDD取り払い、代わりに240GBのSSDを付加しました。

HDDとSSDでは本当に動作の体感が違うので、こちらは必須でアップグレードしたほうが良いです。

価格は62,964円です。

 

ノートPCの場合

おすすめモデルは「N1503K-310/T」です。

厳密には最安のノートPCがこれっていうのがありますが(笑)

CPUはモバイル用のCorei3-8130U(2コア4スレッド)を搭載しており、

高性能まではいきませんが、今回の使用前提であれば快適に動作します。

また240GBのSSDなのも問題ないです。

ただ唯一メインメモリが4GBなのが残念な点。

アップグレードできれば良いのですが、このモデルはカスタマイズできないので、

この点は妥協するしかありません。

価格は59,184円。

 

ライトゲーム、軽度のプログラミング:予算9~10万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 複数のアプリ、常駐ソフト入れても快適
  • プログラミング作業、画像編集はある程度可能
  • 動作が軽いPCゲームなら可能
  • 今後のグラボ増設も可能

もう少し性能をアップさせれば、複数のアプリを起動させる、沢山の常駐ソフトを入れても快適になり、

長期利用でも動作が遅くなりにくいBTOパソコンになります。
(得てしてパソコンは長い期間使うと遅くなっていきますので)

さらにグラフィック性能も強化し、動作が軽いゲームであれば遊ぶことが可能なモデルを選びました。

比較的軽いPCゲーム代表例
フォートナイト、マイクラ、オーバーウォッチ、ACE COMBAT7、ナイトメアクロノス、ケモニスタオンライン、黒い砂漠などMMORPG、ドラゴンクエストX、モンスターハンターワールド、デビルメイクライ5、信長の野望など

ただし画質は低画質フルHD前提となっているのと、FPSも30以上を想定しています。

デスクトップの場合

おすすめモデルは「AeroStream RM5A-B181/T」です。

今後の拡張性も重視し、ミニタワーPCを選択しています。
(別途グラフィックボードを増設するなどして、より色々なゲームができるようにするなど)

CPU(厳密にはAPU)はRyzen5 2400G(4コア8スレッド)という、コストパフォーマンスが高いAMD製を使用しています。

AMD製はマルチタスク処理に強い傾向があり、8スレッドありますので、

沢山のアプリや常駐ソフトを起動させた状態でも快適です。

さらにIntel製の内蔵グラフィックに比べて圧倒的に性能が高いこともこのCPUの特長です。

動作スペックの軽いゲームであれば問題なく遊ぶことができる強みを持っています。

初期構成でもほぼ問題ありませんが、

記憶媒体のみHDDなのでSSDを追加するのが良いでしょう。

240GBのSSD+1TBのHDD構成で、速度とデータ保管の両方をこなせます。

価格は75,924円。

 

ノートPCの場合

この価格帯でおすすめのモデルはありません。

幅広いゲーム:予算10~12万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 画質にこだわらないなら、幅広いゲームが遊べる
  • プログラミング作業、画像編集は快適
  • 多少の動画編集も可

さらにグラフィック性能をアップさせたモデルを選びました。

低画質~高画質とゲームによって画質のばらつきがありますが、

大半のゲームをフルHD60fps付近でこなせるようなパソコンを選んでいます。

さらにCPUも性能アップしていますので、動画編集もある程度可能です。

デスクトップの場合

おすすめモデルは「G-GEAR GA5A-C193/T」です。

この辺りのスペックになるといわゆるゲーミングPCというラインナップになってきます。

G-GEARはツクモのBTOゲーミングPCのブランド名ですね。

ツクモ、ゲーミングPCの大きさ
大きい順に、フラグシップ、ミドルタワー、ミニ、超小型の4ジャンルが展開されています。
フラグシップはハイエンド向け、ミドルとミニがコスパが一番良いです。
超小型は省スペースですが、価格が高い傾向にありますので、今後の拡張性も加味するとミニ以上を選択するのがおすすめ。

CPUは最新世代のRyzen5 3600(第3世代、6コア12スレッド)を搭載しています。

第3世代Ryzenは前世代に比べて、シングルコア・マルチコア性能ともに向上し、

同クラス帯のIntelと比べても、マルチ性能は勝っていることはもちろん、ゲーム性能も同等かそれ以上となり、

かつ価格が安いとのことでコスパも最強。弱点がほぼないCPUになっているので、

このクラス以上選ぶなら今はAMD一択かなと思います。

 

Ryzen5 3600も前世代のRyzen7 2700X以上のゲーム性能を誇り、

今回組み合わせてある最新世代のGTX1650の性能も十二分に引き出してくれます。

純粋な価格の安さなら、Ryzen5 2600ベースの「G-GEAR GA5A-A181/T」、

もしくはIntelベースの「G-GEAR mini GI5J-A190/T」もあるのですが、

Ryzen5 3600のほうが性能が高いわりに、+6000円ほどなので、

個人的には「G-GEAR GA5A-C193/T」が将来性もありおすすめです。

 

最新世代グラフィックボードのGTX1650は、

GTX1050tiに比べて性能が1.5倍と高く、さらに構造的に今後の最新ゲームほど性能を発揮しやすいので、

将来性も高く、長い間使い続けることができます。

メモリは初期で16GBなので十分ですが、

沢山のゲームをインストールする前提でSSDを240GB→500GBと、

データ保管用としてHDDの1TB搭載してもよいです。

この構成で価格は116,424円。

 

ノートパソコンの場合

おすすめモデルは「G-GEAR note N1546K-700/T」です。

モバイル用ですが、Corei7-9750H(6コア12スレッド)の高性能なCPUを搭載しているので、

かなり快適に動作し、動画編集も十分です。

グラフィックボードもGTX1650と、デスクトップ型と同じ種類で、

今回の要件にぴったり。

カスタマイズはできませんが、初期構成でも問題ないです。

価格は税込みで118,584円

 

幅広いゲームを高画質で、VR、動画編集も快適、ゲーム配信:予算12~15万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 高画質で幅広いゲームを遊ぶことができる!
  • ゲーム配信など高負荷マルチタスクもOK
  • VRもOK

さらにCPUおよびグラフィックボードの性能を高めたモデルを選択しています。

この辺りになってくると、作業をできることはもちろん、質や速さ、快適性を追求できるラインナップになります。

幅広いゲームはできることはもちろんですが、

動作スペックの高さを要求されるゲームでも、フルHDであれば高画質60fpsで遊べます。

比較的重めなゲーム
ApexLegens、Division2、トゥームレイダー、アサシングリードオデッセイ、FF、FarCry、Fallout4、PUPG、Sekiro、Total Warなど

もちろんVRも遊べます。

 

さらにCPUのマルチコア、マルチスレッド化を高めているので、動画編集が早いだけでなく、

ゲーム配信をするといった、高負荷マルチタスクにも対応できます。

3DCGレンダリングなど超高負荷作業もある程度可能でしょう。

デスクトップの場合

おすすめモデルは「G-GEAR GA5A-C193/T」です。

一つ前のスペックでご紹介しましたが、最新世代Ryzen5 3600(第3世代、6コア12スレッド)ベースのBTO。

実はCPUに対してまだまだグラフィックボードを向上させても、

ボトルネックになることなく、遊ぶことが可能なんです。

CPUのボトルネック
ゲームなどグラフィック性能は、グラフィックボードが高性能であればよいわけではなく、同時にCPUもある程度の性能が必要です。
CPUの性能が低すぎると、ボトルネックとなりグラフィックボードの性能を100%引き出せなくなります。

このモデルにてグラフィックボードをGTX1650からGTX1660もしくはGTX1660tiへアップグレードします。

最新世代のGTX1660は前世代のGTX1070に近い性能で、

フルHDなら高画質60fpsは十分足りる性能をもっています。

さらに最新ゲームほど性能を発揮しやすい構造になっていますので、将来性も抜群。

GTX1660tiのほうがさらに1.1倍ほど高性能なので、このあたりは価格差を見ながら選んでください。

 

メモリは16GBなので十分ですが、

やはり沢山のゲームや動画ファイルなど保管なども加味すると、

500GBのアップグレードおよび1TB以上のHDD搭載がおすすめです。

アップグレード込みで、125,064円。

 

さらに予算があれば、リアリティ体験を

今回の要件なら上記構成で事足りますが、

さらに上質なゲーム体験がしたいということならRTX2060を狙っても良いです。

おすすめモデルは「G-GEAR GA5A-D193/T」です。

Ryzen5 3600(第3世代、6コア12スレッド)+RTX2060の組み合わせです。

 

RTX2060は最新世代のグラフィックボードで、

フルHDならほぼすべてのゲームで高画質で遊ぶことができますし、

ゲームによってはWQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)といった高解像度を狙うことが可能

さらにレイトレーシングとDLSSという描画・処理手法により、

よりリアリティに溢れたゲームグラフィックで遊ぶこともできます。

レイトレーシングって?
最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはレイトレーシング対応のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
DLSSって?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

メインメモリが初期構成で16GB、HDDは1TBついていますので、

SSDのみ500GBにアップグレードすればバッチリかと思います。

価格はアップグレード込みで146,664円

 

ノートパソコンの場合

おすすめモデルは「G-GEAR note N1571K-720/T/PRO」です。

モバイル用CPUのハイスペックなCorei7-8750H(6コア12スレッド)を搭載しているので、

動画編集やゲーム配信などマルチタスク処理に強く、

グラフィックボードはGTX1060と旧世代ながら、ミドルレンジ性能として人気だったものが搭載されていますので、

大方のゲームをフルHDなら高画質で遊ぶことができます。

メインメモリも16GB、SSDも500GBと初期構成だけで十分です。

税別149,980円。

 

4Kゲーミング、高処理3Dレンダリング:予算21万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)の高解像度・高画質でもゲーム可能
  • 動画配信も高画質で
  • 動画・3D編集の作業が迅速

最後はハイスペックなBTOパソコンを選びました。

ここまでくると、できないことはないパソコンで作業も高速、画質はハイクオリティが当たり前です。

ゲームはフルHDだけでなく、WQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)も視野にいれています。

VRも90FPS以上を確保しやすく、VR酔いをし難くなります。

動画配信も高画質、高解像度でも可能になり、動画編集は高速で快適。

さらに3DCGレンダリングなど高度な作業もこなせます。

とはいえ際限なくスペックを高めると、どこまでも高価になってしまいますので、

今回の要件を満たせる最安構成でおすすめしています。

デスクトップの場合

おすすめモデルは「G-GEAR GA7A-K193/XT」です。

最新世代Ryzen、Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)ベースのBTOパソコンになります。

前述したように、最新世代Ryzenの進化は本当に目覚ましく、

Ryzen7 3700XはIntel格上クラスのCorei9 9900Kに対して

動画エンコードなどマルチ処理では上、ゲーム性能も切迫する勢い。

かつ価格は安いという3拍子そろった弱点が無いCPUに仕上がっています。

 

当然、高性能なグラフィックボードを搭載しても十分に力を引き出すことが可能で、

今回のRTX2070 SUPERと組み合わせれば、4Kゲーミングもこなしてくれます。

RTX2070はノーマルとSUPERの二つがあるのですが、

SUPERのほうがフルHDでも性能が上で、

メモリ帯域の改善でWQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)ではノーマルよりさらに性能が高くなります。

対して価格差はノーマルに対して+2000円ほどだったので、

「G-GEAR GA7A-K193/XT」を選択しました。

 

マザーボードは高品質・高耐久なX570を使用しています。

X570はグラフィックボードなどの通信に使われる規格の次世代PCIe4.0に正式に対応してますので、

今後の将来性も十分に確保できており、

10年は使えるPCになるでしょう。

PCIe4.0とは?
PCIe(PCI Express)はグラフィックボードなどとCPUが通信を行うための接続規格のことで、
現在はPCIe3.0が主流。PCIe4.0は3.0に比べて帯域幅が2倍になっているので、とにかく早いってこと。
今はまだだが、今後は主流になってくる可能性が高い。

構成は初期のままでも問題ないのですが、

個人的におすすめはM.2モデル(NVMe)の500GB SSDから1TBの内蔵SSDに+1,000円で変えたほうが良いと思います。

M.2(NVMe) SSDを選択すべき?
SSDにも2種類あって、NVMeとSATA3.0接続があるのですが、速度はNVMeタイプのほうが4倍ほどあります。
速いのならそのほうが?と思いますが、個人的には現段階では普通のSSDで速度は十分です。私もNVMe使っていますが、正直普通のSSDと体感差は変わりません。
単価が高くなってしまうので今は通常のSSDを選択すれば十分です。

価格は税込み、219,024円。

 

ノートパソコンの場合

おすすめモデルは「G-GEAR note N1587J-720/T」です。

ツクモが提供するBTOノートパソコンでは最高位モデルです。

Corei7-8750H(6コア12スレッド)とRTX2070の組み合わせで、今回の要件を十分満たしてくれるでしょう。

ただコスパが悪いのと、熱によってパフォーマンスが下がることもあるので、

個人的にはこのクラスならデスクトップ型が無難かなとは思います。

価格は初期構成のまま239,544円。

 

2019年ツクモのBTOラインナップ

ツクモではデスクトップ型とノート型の両方を取り扱っています。

ノート型は、「スタンダード」と「ゲーム」向け、

デスクトップは、主に「スタンダード」「ゲーム」「クリエイティブ」に大別できます。


※ツクモホームページより

なお、ツクモでは上記のようなCPUとグラフィックボードを軸とした表があり、

価格と、どこまでグラフィックボードをアップグレードできるかわかりやすく、

個人的にはここから参考に選ぶと良いかと思います。

スタンダードパソコン

ミニタワー型の「AeroStream」、ミニPC型の「Aeromini」、

スリム型の「AeroSlim」、小型ビジネスPCの4種類の大きさにわけられます。

ミニタワー型を除き、大きさ的にグラフィックの拡張性が無いため、

オフィス利用や基本PC作業を前提にしたエントリークラス向けのほうが向いています。

 

ミニタワー型では、RTX2070のグラフィックボードまでカスタマイズできるので、

ハイクラスの入門ぐらいまでなら選ぶことが可能なのですが、

利用されているマザーボードはコスパ重視の種類であること、

またCPUは一部を除きRTX2070ではボトルネックになりやすいことを考えると、

エントリー~ミドルクラスぐらいまでのBTOパソコンを作るのに適しています。

ハイスペックを狙うなら、ゲーミングPC群から選ぶのがおすすめ。

ゲームパソコン

グラフィック性能を強化した、ゲーム向けのBTOパソコンです。

「G-GEAR」というブランド名で展開されており、

超小型「alpha」、ミニタワー「mini」、ミドルタワー、ハイタワー「neo」の4種にわけられます。

使用されるマザーボードも上位モデルが多く、熱対策も考慮されているので、

ミドルスペック以上を狙うならスタンダードBTOより、こちらのほうがおすすめです。

なおゲーミング性能の目安としては、

フルHDで低~高画質60fpsならGTX1050ti、GTX1650、

フルHDで高画質60fpsや画質こだわらず120fps以上ならGTX1660、GTX1660ti、RTX2060、

WQHDや4K、フルHD高画質120fps以上ならRTX2070以上を選ぶと良いです。

 

超小型「G-GEAR alpha」は省スペース性に特化したモデルで、拡張性はあまりありません。

グラボはカスタマイズ性がなく、CPUを選ぶ(Intel系のみ)という感じです。

性能的にフルHDで中~高画質60fpsを狙えるようなゲーミングPCですね。

ただ現在は旧世代のグラボのみなので、省スペース性が欲しくなければ、

特別選ぶ理由はないかなという印象です。

 

ミニタワー「G-GEAR mini」は省スペース性を考慮するなら、選びたいラインナップかなと思います。

ミドル以上のゲーミングPCになると排熱問題がネックになるのですが、

あまり小型すぎると、中々上手にいかず性能低下を招きやすくなるんです。

ミニタワーであれば排熱もある程度こなせます。

またミドルタワーに比べて、やや価格が安いです。

グラボはGTX 1050Ti~RTX 2080までなので、

ライトゲーム向け~ヘビーユーザー向けまで幅広いBTOが用意されています。

Intel系はCorei5 9400F~Corei9 9900Kのミドル~ハイクラスまで選べ、

AMD系はRyzen5 2400G、Ryzen5 2600~Ryzen7 2700Xのミドル~ハイクラスまで選べます。

ただ予算があるのであれば、AMDは第3世代を使用しているミドルタワーから選ぶのがおすすめ。

ゲーミング性能がかなり向上しているからです。

 

ミドルタワー「G-GEAR」は、ゲーミングPCを組むなら個人的に一番おすすめです。

ミドル以上になってくると、後から機能を追加したりすることもあり、拡張性があったほうが便利。

また排熱対策も取りやすいので、ゲーミング性能低下が防ぎやすいです。

ただミニタワー型より少し価格が高いので、このあたりは予算と相談です。

グラボはGTX 1050Ti~RTX 2080tiまでなので、

ライトゲーム向け~ヘビーユーザー向けまで幅広いBTOが用意されています。

ミニタワー型では選べないRTX2080tiが選べます。

Intel系はCorei5 9400F~Corei9 9900K、

AMD系はRyzen5 2600~Ryzen7 3700Xまで選べます。

第3世代Ryzenは現在ミドルタワー型からしか選べません。

 

ハイタワー「neo」は、一般向けでは一番大きいケースです。

拡張性がすごいですが、個人的にはミドルタワーぐらいで丁度良いかなとは思います。

基本はミニタワー型とミドルタワー型と同じようなラインナップですが、

グラフィックボードを2枚するSLIモデル、RTX TITANはハイタワー型にしかありません。

ゲーム推奨モデル

ゲーミングPCの中にはゲーム推奨モデルが用意されています。

細かいスペックはわからないけど、このゲームがやりたい!と明確に決まっている場合は、

こちらから選ぶと適したBTOパソコンを選ぶことができます。

クリエイティブモデル

NVIDIA Quadroモデルとして展開されている、CADや3DCGレンダリングなどを得意とする、

Quadroシリーズのグラフィックボードが選べるBTOパソコンです。

上記の作業を沢山やらない場合は、ゲーミングPCでも仕事がこなせますが、

高負荷の作業を前提としている場合は、こちらから選ぶのが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA