パソコン工房のゲーミングPC・BTOおすすめ解説 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

パソコン工房のゲーミングPC・BTOおすすめ解説

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

ゲーミングPCやノートPCなど豊富なラインナップの、

BTOパソコンを準備しているのがパソコン工房です。

現在のラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

パソコン工房はこんな人におすすめ!

パソコン工房はBTOパソコンだけでなく、PCパーツ、アクセサリーも販売する、

PC総合ショップのようなメーカーで、実店舗も日本全国にあります。

パソコン工房おすすめポイント
  • パソコン購入相談サポートで初心者も買いやすい
  • 実店舗も多めなので、対面サポートが受けやすい
  • 豊富なラインナップで選択肢が多い
  • 頻繁にセールも展開しており、コスパは高い
  • 短納期型で急いでいる人にも対応

歴史も長いメーカーなので、きめ細かなサービスを展開しており、

初心者が始めてBTOパソコンを買うには最も利用しやすいメーカーと言えます。

それでは代表的なゲーミングPCをご紹介していきます。

現在パソコン工房の扱うゲーミングPCについては一覧ページでも確認できます。

フルHDゲーム:予算15万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHDメインで高画質高フレームレートが狙える
  • 動画編集やゲーム配信も可能

価格としてはゲーミングPCの入門といえる価格帯ですが、

最新グラフィックボードの登場もあり、一世代前のミドルクラスを狙うことが可能になっており、

フルHDであれば144fps以上を狙えるゲームもかなり多くなっています。

特にDLSS/FSR対応ゲームであれば高画質高フレームレートも。

CPUも性能が高くなっていますから、フルHDメインの動画編集や配信には十分対応できます。

グラフィック性能はCPUも大切
グラフィック性能というとグラフィックボードを高いのに変えればいい?と思いがちですが、
実際はCPUとグラフィックボードのバランスが大切なんです。
どちらか一方の性能が低すぎると、お互いの足を引っ張る(ボトルネックと呼ぶ)のでグラフィック性能を100%引き出すことができません。

デスクトップの場合

(パソコン工房)LEVEL-R776-144F-RBX

LEVEL-R776-144F-RBX[Windows11Home]の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 3060
メモリ DDR5 16GB
容量 1TB NVMeSSD [PCIe 4.0×4]
大きさ 約幅220mm×奥行493mm×高さ465mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ 4.5
同価格帯の平均:4.2
(4.5)
ゲーム性能 2.3
同価格帯の平均:2.7
(2.5)
動画編集性能 3.3
同価格帯の平均:3.2
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、182fps 最高画質、134fps
フォートナイト 高画質、161fps 高画質、131fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、194fps 高画質、150fps
タルコフ 最高画質、91fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、175fps 最高画質、118fps
パルワールド 最高画質、104fpsMAX 最高画質、87fps

※参考値であり保証するものではありません。

旧世代のRTX 3060グラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

フルHDであればまだまだ高画質高フレームレートを狙える性能を持っており、

CPUは最新世代のCore i5 14400Fでバランスも良し。

WEB限定ということもあって、価格設定がゲーミングPCでは最安級。コスパもトップクラスです。

メモリやSSDもゲームの快適性を損なわないスペックは満たしており、

安さやコスパだけではない使いやすいゲーミングPCです。

ノートパソコンの場合

現在該当するパソコンがありません。

フルHD無敵:予算15~20万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHD高画質高FPSは安定してOK
  • 条件があえばWQHDの高解像度も

ミドルスペックと呼ばれるゲーミングPCになります。

最新世代のグラフィックボード搭載が多くなる価格帯で、

フルHD高画質高フレームレートを安定して狙えるため、両方にこだわる人はここから。

またDLSSを利用すればWQHDゲーミングも十分に狙うことが可能です。

DLSSって?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

デスクトップの場合

(パソコン工房)LEVEL-M77M-144F-RLX[Windows11Home]

LEVEL-M77M-144F-RLX[Windows11Home]の製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR5 16GB
容量 1TB NVMeSSD [PCIe 4.0×4]
大きさ 約幅206mm×奥行432mm×高さ411mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX 最高画質、100fps

※参考値であり保証するものではありません。

最新世代のRTX 4060グラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

フルHD高画質高フレームレートを安定して狙える性能で、

DLSS3対応ゲームならWQHDゲーミングも十分快適に遊ぶことが可能。

Core i5 14400Fと組み合わせた新ミドルクラススタンダード構成です。

DLS3Sって?
DLSS2をパワーアップさせ、グラフィックボードによりフレーム間の映像データをAI補完することで、
フレームレートを飛躍的にアップさせる機能。CPU負荷が少ないのが特徴。RTX 4000シリーズ以降使用可能。

ノートパソコンの場合

(パソコン工房)LEVEL-15FX164-i7-RMSX

LEVEL-15FX164-i7-RMSX[Windows11Home]の製品画像
CPU Core i7 13700H
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB NVMeSSD
モニター 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット) 144Hzリフレッシュレート
PCの評価
コスパ 3.3
同価格帯の平均:4.1
(3.5)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.3
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
モニター性能
(1.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、220fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps

※参考値であり保証するものではありません。

最新世代のRTX 4060 LapTopを搭載したゲーミングPCです。

デスクトップと同じくフルHD高画質高フレームレートを安定して狙え、CPUもノートパソコンではハイクラスのCore i7-13700Hで十分。

付属の1920×1080解像度144Hzリフレッシュレートのモニター性能をフル活用できるでしょう。

ハイクラス性能、ウルトラワイドモニター:予算20~25万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • WQHD(2560×1440)など高解像度可能
  • 動画編集やゲーム配信は快適に
  • 条件あえば4Kゲーミングも可能

ハイクラスなゲーミングPCになります。

ゲーム性能はフルHDはもちろんWQHDをメインにできるほど。

DLSS対応ゲームであれば4Kゲーミングも狙えます。

ウルトラワイドモニター利用を考えている方、

フルHD240Hz,360Hzモニター利用を考えている方におすすめです。

 

CPUもハイクラス性能になってきますので、

ゲーム配信や動画編集も快適に。

Youtubeゲーム配信など本格的におこない方にもおすすめです。

デスクトップの場合

(パソコン工房)LEVEL-R6X7-LCR77X-TLX [RGB Build]

LEVEL-R6X7-LCR77X-TLX [RGB Build]の製品画像
CPU Ryzen 7 7700X
グラフィックボード RTX 4070
メモリ DDR5 16GB
容量 1TB NVMeSSD [PCIe 4.0×4]
大きさ 約幅213mm×奥行474mm×高さ495mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:3.6
(5.0)
ゲーム性能 3.8
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
動画編集性能 4.3
同価格帯の平均:4.2
(4.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.1
(4.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、293fps 最高画質、135fps
フォートナイト 高画質、208fps 高画質、123fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、145fps
タルコフ 最高画質、167fps 最低画質、177fps
オーバーウォッチ2 最高画質、307fps 最高画質、123fps

※参考値であり保証するものではありません。

最新世代のRTX 4070グラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

前世代のRTX 3080に近い性能でWQHDをメインに快適に遊ぶことができ、

DLSS3利用や条件によっては4Kゲーミングも可能な性能です。

CPUもゲーム性能が高いRyzen 7 7700Xで良いバランスの構成。

DDR5メモリと1TB NVMe Gen4搭載で良い水準。RGBカラーモデルです。

ノートパソコンの場合

該当するPCがありません。

最強級クラス、4Kゲーミング:予算25万円以上

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)にて高画質ゲーム可能
  • 現在の最強スペッククラス

最後は最強クラスのゲーミングPCです。

WQHD(2560×1440)はもちろん、4K(3840×2160)といった高解像度ゲームも可能になります。

4Kモニター利用を前提としている人におすすめです。

 

準最強クラス

(パソコン工房)LEVEL-R779-LC147KF-VT1X

LEVEL-R779-LC147KF-VT1X[Windows11Home]の製品画像
CPU Core i7 14700KF
グラフィックボード RTX 4080 SUPER
メモリ DDR5 16GB
容量 1TB NVMeSSD [PCIe 4.0×4]
大きさ 約幅220mm×奥行493mm×高さ465mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ 4.5
同価格帯の平均:3.4
(4.5)
ゲーム性能 5.4
同価格帯の平均:4.9
(5.0)
動画編集性能 5.3
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.9
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:5.0
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.6
(4.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、210fps
フォートナイト 最高画質、504fps 最高画質、172fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、187fps
タルコフ 最高画質、118fps
オーバーウォッチ2 最高画質、487fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

最新世代のRTX 4080 SUPERグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

廃番となるRTX 4080よりさらにパワーアップしたことで、より4K高画質高フレームレートが安定

CPUもゲーム性能最強クラスのCore i7 14700KFを搭載でRTX 4080の性能をしっかり活かせる構成。

メモリ16GBがやや低い水準ですが、32GBにアップグレードしてもコスパは十分良いです。

現在の準最強クラスのゲーム性能と言ってよいでしょう。

(パソコン工房)LEVEL-17WG181-i7-VLSX

LEVEL-17WG181-i7-VLSX[Windows11Home]の製品画像
CPU Core i7 13700HX
グラフィックボード RTX 4080
メモリ DDR5 32GB
容量 500GB NVMeSSD
モニター 17.3型(非光沢カラー液晶) WQHD(2560×1440ドット) G-SYNC対応/165Hzリフレッシュレート
PCの評価
コスパ 2.8
同価格帯の平均:3.6
(3.0)
ゲーム性能 4.8
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
動画編集性能 4.8
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.5
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.9
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.6
(4.0)
モニター性能
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、165fps
フォートナイト 高画質、243fps 高画質、151fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、211fps 高画質、175fps
タルコフ 最高画質、217fps 最高画質、78fps
オーバーウォッチ2 最高画質、351fps 最高画質、167fps

※参考値であり保証するものではありません。

ノートパソコンですが、同じRTX 4080グラボを搭載したゲーミングPC。

付属のモニターはWQHD(2560×1440ドット) 165Hzなので、RTX 4080であればどのようなゲームでもフル活用できます。

CPUもゲーミングノートPCとしては最強クラスのCPU。

最強クラス

(パソコン工房)LEVEL-R7X7-LCR79Z-XL2X[RGBBuild]

LEVEL-R7X7-LCR79Z-XL2X[RGBBuild]の製品画像
CPU Ryzen 9 7950X3D
グラフィックボード RTX 4090
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB NVMeSSD [PCIe 4.0×4]
大きさ 約幅220mm×奥行493mm×高さ465mm ※最大突起物除く
PCの評価
コスパ 3.8
同価格帯の平均:2.8
(4.0)
ゲーム性能 5.6
同価格帯の平均:5.2
(5.0)
動画編集性能 5.5
同価格帯の平均:5.3
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:3.2
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.6
(4.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、218fps
フォートナイト 最高画質、521fps 最高画質、183fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、196fps
タルコフ 最高画質、126fps
オーバーウォッチ2 最高画質、511fps

※参考値であり保証するものではありません。

最新世代のRyzen 9 7950X3DとRTX 4090の現最強コンビで、AMD構成の最強ゲーミングPCです。

4K高画質高フレームレートも容易で、DLSS3対応ゲームならさらに高フレームレートで遊ぶことができる、

まさにゲーム最強性能です。

(パソコン工房)LEVEL-17WG191-i9-XLSX

LEVEL-17WG191-i9-XLSX[Windows11Home]の製品画像
CPU Core i9 13900HX
グラフィックボード RTX 4090
メモリ DDR5 32GB
容量 500GB NVMeSSD
モニター 17.3型(非光沢カラー液晶) WQHD(2560×1440ドット) G-SYNC対応/165Hzリフレッシュレート
PCの評価
コスパ 2.0
同価格帯の平均:3.3
(2.0)
ゲーム性能 5.3
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
動画編集性能 5.0
同価格帯の平均:4.9
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.5
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.9
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.9
(4.0)
モニター性能
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、197fps
フォートナイト 最高画質、504fps 最高画質、169fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、184fps
タルコフ 最高画質、111fps
オーバーウォッチ2 最高画質、465fps

※参考値であり保証するものではありません。

同じくRTX 4090グラボを搭載したゲーミングPC。

付属のモニターはWQHD(2560×1440ドット) 165Hzなので、RTX 4090であればどのようなゲームでもフル活用できます。

CPUもCore i9 13900HXでノートPCでは最上位クラス。

何が良いかわからない人はパソコン購入相談サポート

沢山のラインナップがあることはうれしいのですが、その分探すのが大変なんですよね(;^_^A

「まったく自分に適したパソコンが分からない」という人は、

とりあえずパソコン工房の購入相談サポートにて、パソコンを提案してもらう手もあります。

スペックとか、どんなことに使うのか明確ではないとしても、

パソコンの大きさや予算という点から、良いBTOパソコンを提案してもらえるならやり易いのではないでしょうか?

例えば上記のように、デスクトップ?ノートパソコン?から選んだり、

デスクトップでも大きさ別に分けてくれるので、

自分の内にどのくらいの大きさが置けそうか?という観点から選べます。

それぞれの大きさのメリットも教えてくれます。

また予算別でも選ぶことが可能で、

その予算で人気のBTOパソコン、おすすめのBTOパソコンを一目で確認できます。

デスクトップとノートパソコン両方見れるのもいいです。

とにかくどれが良いかわからない!という人は利用してみてはどうでしょうか?

デスクトップとノートはどちらが良いのか?
どちらにもメリットデメリットがあるので、好き嫌いになると思いますが、
コスパの観点ではデスクトップのほうが上です。また後々パワーアップしたい!というニーズにも対応できます。
省スペース化や携帯性となるとノートパソコンになりますが、基本的にパワーアップは厳しいのと、熱により性能低下も発生しやすいので、
そのあたりは留意しておく必要があります。

CPUとGPU以外のPCパーツ構成は?

ここでは初期構成で使われている主なPCパーツの中身を見ていこうと思います。

メモリについて

最新世代のIntelとRyzenの登場によりDDR5メインメモリが増えてきています。

かなりDDR5の搭載数も増えてきましたが、最新世代と言えどIntelのミドル~ハイクラスエントリーは、

価格優先でDDR4搭載PCも多いです。Ryzenの最新世代はDDR5のみの対応。

また全体的に4800MHzクロックとCPUの定格規格からするとやや低いクロックです。

SSD

SSDでは従来のSATA3接続のSSDと、

およそ3~5倍くらい読み書きが早いNVMe SSD、

そして現最速の新規格Gen 4 NVMe SSDの3つに分けることができます。

パソコン工房ではほぼすべてがNVMe SSDに設定されており、

かなり高速な読み書き環境を初期から手に入れることができます。

ただし他社もNVMe SSDに切り替わっていますので、特別すごいというわけではありません。

CPUクーラー

CPUの発熱を抑えることは熱による性能低下を防ぐため、重要です。

パソコン工房ではハイクラスは冷却性能十分だが、

最新ミドル世代がやや冷却性能不足かなと思います。

 

電源

エントリー~ミドルクラスではBRONZE認証を、ハイクラスはGOLD認証を利用しており、

Ryzenの上位クラスは一部TITANIUM認証を利用しています。

どこのOEMメーカー製かは不明ですが、TITANIUM認証が初期構成は結構珍しいです。

その他は他社と同水準といったところ。

マザーボード

IntelはB760/Z790チップセットを、

AMDはB550/B650、X570/X670Eのチップセットを利用しています。

OEM版が大半を占めるようですが、一部ASRock純正などを利用していることも。

標準的なマザーボードというところでしょうか。

そのほかのBTOメーカーについて
日本国内主流のBTOメーカーについては下記記事にて紹介しています。
おすすめのBTOパソコンメーカーとは?
4.3
Rated 4.3 out of 5
4.3 out of 5 stars (based on 16 reviews)
とても良い38%
良い56%
まあまあ6%
悪い0%
かなり悪い0%

サポートも充実していて満足

Rated 5.0 out of 5

初めてのゲーミングPCで他社と同等クラスのスペックと比べると値段が安い、郵送なども思ったよりもずっと早く届いたし、24時間電話サポート対応があるので初めての交流でも安心できた。

tomoaki

自由度が高く選びやすいメーカー

Rated 5.0 out of 5

BTOの際選べる、あるいは不要であれば削ることのできる選択肢が多く、自由度の高さが嬉しかったです。

また大型のケースは拡張性もあり、今後の増設等も簡単かつ問題なく行えそうなのでこの評価になりました。

MarT55

性能には満足

Rated 4.0 out of 5

ゲームは勿論ですが、普段の仕事や動画の視聴の際に性能の高さを感じます。

ゲーミングPCの性能としては最低限かもしれませんが、初めての購入なので使いこなすには十分です。

ikedey

店員さんも親切です。

Rated 4.0 out of 5

PC本体の見た目もよく、型番の通りスタイリッシュでした。性能面についてはある程度指定したので問題ありません。

店員さんからは他の機種との違いやおすすめな点を教えてくれました。

furu_aki

もっと早く届けてくれれば

Rated 3.0 out of 5

価格がリーズナブルであることは高評価でした。一方でパソコンが完成するまで1か月ほどを要したので、総合的にみて平均的な評価となりました。

Larry2022