Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2019年】サイコム(Sycom)の予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

BTOパソコンメーカーとしては古株となるサイコムですが、

2019年現在のラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

サイコムはこんな人におすすめ!

サイコムおすすめポイント

  • 静音、超小型、水冷、オーバークロックなどちょっと変わったPCがある
  • オプションで選べるパーツが多く、ほぼフルカスタマイズ
  • 光り物も結構多い
  • 低価格帯のPCが少々不足気味
  • ノート型BTOパソコンは無い


最大の特長はほぼフルカスタマイズといってよい、選べる構成の多さです。

BTOパソコン業界では自由度が高く、好みのパソコンを作りやすいでしょう。

ただその分パソコンの知識が必要なので初心者向けよりは、中~上級者向けのメーカーといえます。

また光る系、水冷や静音など他では中々見かけないモデルがあるのも面白いところです。

ライトゲーム、軽度のプログラミング:予算7~8万円前後

このBTOパソコンのポイント

  • 複数のアプリ、常駐ソフト入れても快適
  • プログラミング作業、画像編集はある程度可能
  • 動作が軽いPCゲームなら可能


比較的安さ重視のBTOパソコンになります。

サイコムは低価格帯のCPUラインナップが無いため、

他のメーカーと比べると最低金額が高めになってしまいます。

ですがその分PCで作業できることは増えます。

WEB閲覧、音楽を聴く、YoutubeやAmazon、NetFrixで動画見るなど、

簡単なPC作業はもちろん、オフィスソフト、

また複数のアプリを同時に起動したり、常駐ソフトを沢山入れてもある程度快適に動作します。

さらに軽いPCゲームであれば遊ぶことができるモデルを選びました。

比較的軽いPCゲーム代表例

フォートナイト、マイクラ、オーバーウォッチ、ACE COMBAT7、ナイトメアクロノス、ケモニスタオンライン、黒い砂漠などMMORPG、ドラゴンクエストX、モンスターハンターワールド、デビルメイクライ5、信長の野望など

 

おすすめモデルの一つが「Radiant SPX2700A300A」です。

ASRockというマザーボードなどを販売するメーカーの、DeskMiniというPCケースをベースにしたモデルで、

大きさが幅80mm×奥行き155mm×高さ155mmというむちゃくちゃ小さいPCで、

リビングPCとしても重宝しやすいモデルになっています。

低スペック帯は熱の発生が比較的小さいので、こうした省スペースPCと相性は良いんですよね。

いくつかモデルはありますが、間違いなくRyzen3 3200/2200G、Ryzen5 3400G/2400Gを使用したこちらのモデルがおすすめです。

この省スペースPCの難点はグラフィックボードが増設できないこと。

そのため内蔵グラフィックだよりになりますが、Intel製は貧弱なのでできることが限られます。

その点、Ryzen3 3200/2200G、Ryzen5 3400G/2400Gは内蔵グラフィックのパワーがすごく、

軽いゲームであれば低画質になりますが、遊ぶことができてしまいます。

つまりゲーミングPCとしても活用できるわけです。

このシリーズでは最新世代のRyzen3 2200G/53400Gと、

一世代前のRyzen3 3200G/5 3400Gがあります。

グラフィック性能はほとんど変わらず、CPU性能が1.2倍ほど向上している感じ。

通常は価格と相談ですが、サイコムは同じ値段なので、迷わず初期構成のRyzen3 3200Gで良いでしょう。

4コア4スレッドなので、今回の要件であるマルチタスク処理も十分こなせます。

記憶媒体もHDDではなくSSDになっているのもポイント高し。

唯一メインメモリの4GBはWindows10を快適に動作させるには不足気味なので、

8GBに増設することをおすすめします。

価格は74,310円。

 

 

将来的にグラフィックボードを増設し、ゲーム性能などを上げるといった拡張性を確保するなら

Radiant VX2650B450AG」モデルでもOKです。

初期構成がRyzen3 3200G(4コア4スレッド)になっていますので、

そのままでOK

メモリは同じく8GBにアップデートし、

記憶媒体は500GBのHDD→240GBのSSD(-1,490円)に変えることを強くおすすめします。

HDDは本当にPC動作が遅いので、SSDにするとストレスが全然たまりません。

価格は78,170円。

 

幅広いゲームで遊べる!:予算11~12万円前後

このBTOパソコンのポイント

  • 画質にこだわらないなら、幅広いゲームが遊べる
  • 軽いゲームなら高画質で遊べる
  • プログラミング作業、画像編集は快適
  • 多少の動画編集も可


もう少しグラフィック性能を高めて、できるゲームの範囲を広げたBTOパソコンです。

フルHDであれば低~中画質で60fpsを切ることもありますが、幅広いゲームで遊べます。

また動作がの軽いゲームなら高画質で遊ぶことも可能

CPU性能も同時に高くなっていますので、プログラミングコンパイル、画像編集といった作業も対応できるでしょう。

動作は迅速ではないですが、動画編集もある程度可能です。

おすすめは「Radiant VX2800B450A」です。

2019年7月に販売されたばかりの第3世代Ryzenがベースのモデルですね!

第3世代Ryzen、ハッキリ言って進化がやばいです。

若干Intelに負け気味だったゲーミング性能はほぼ遜色ないレベルになり、

かつスレッド数は同クラスの倍。加えてシングルコア性能も進化し、価格はIntelより安め。

つまりコスパが良いってことです。

今回の要件ではCPUは初期設定のRyzen5 3600(6コア12スレッド)でOK。

ミドルクラスぐらいまでのグラフィックボードなら、ボトルネックにならず高性能です。

12スレッドあるので、動画編集や配信などマルチタスク処理も得意ですよ。

CPUのボトルネック

ゲームなどグラフィック性能は、グラフィックボードが高性能であればよいわけではなく、同時にCPUもある程度の性能が必要です。
CPUの性能が低すぎると、ボトルネックとなりグラフィックボードの性能を100%引き出せなくなります。

それに対応するグラフィックボードはGTX1650が丁度良いでしょう。

最新世代のグラフィックボードで、前世代のGTX1050に比べて2倍近い性能アップになっており、

幅広いゲームで遊ぶことができます。

また機械の構造的に、最新のゲームほど性能を発揮しやすい傾向になるため、

現役期間もかなり長くなります。

メモリはデフォルトの8GB。

記憶媒体は沢山ゲームをインストールすることも考えて、

480GBのSSDを選択しました。

M.2(NVMe) SSDを選択すべき?

SSDにも2種類あって、NVMeとSATA3.0接続があるのですが、速度はNVMeタイプのほうが4倍ほどあり、サイコムでは選択できるようになっています。
速いのならそのほうが?と思いますが、個人的には現段階では普通のSSDで速度は十分です。私もNVMe使っていますが、正直普通のSSDと体感差は変わりません。
単価が高くなってしまうので今は通常のSSDを選択すれば十分です。

以上の構成で、111,850円です。

Intelだと大体同じ構成で3000円ほど高いのでコスパいいです。

 

幅広いゲームを高画質で、VR、動画編集も快適、ゲーム配信:予算15万円前後

このBTOパソコンのポイント

  • 高画質で幅広いゲームを遊ぶことができる!
  • 動画編集がより快適に
  • ゲーム配信など高負荷マルチタスクもOK
  • VRもOK


さらにCPUとグラフィック性能を上げて、様々な作業を行えるPCです。

幅広いゲームができるのはもちろんですが、画質もフルHD下なら高画質で遊べる前提。

VRゲームも遊ぶことができます。

動画編集はより高速に処理できるようになり、動画配信といった高負荷なマルチタスクにも対応できます。

おすすめは「Radiant VX2800B450A」です。

より拡張性を重視したミドルタワー型「Radiant GZ2800X570A」もあるのですが、

マザーボードが今回の構成では高価すぎるので、こちらを選択しています。

またIntel系でも良いのですが、同じ構成で大体17,000円ほど高くなるので、

今はAMD系がお得ですね。

CPUはRyzen5 3600X(6コア12スレッド)をチョイス。

マルチタスクに強く、動画編集や配信といった作業に強いです。

予算に余裕があるならRyzen7 3700Xが超おすすめ

8コア16スレッドで、シングルコア性能も向上したことで、

PC基本作業や動画編集能力はIntel最上位Corei9 9900Kを凌ぐ能力

加えて、ゲーミング性能もCorei9 9900Kに迫る勢いです。

対応するグラフィックボードはRTX2060をチョイス。

最新世代のグラフィックボードになりますが、同じく最新世代の一つ下、GTX1660tiと価格差が無いので、

こちらを選択しています。

RTX系のほうがレイトレーシングという描画手法に強く、DLSSという機械学習をベースにした処理も利用できるので、

より現実に近いリアリティある映像を高画質、高FPSで楽しむことが可能になります。

レイトレーシングって?

最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはレイトレーシング対応のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
DLSSって?

GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

また最近AMDで登場したRX5700のほうがRTX2060より能力が高いのですが、

価格が順当に高い設定だったので、レイトレおよびDLSS機能が使える点も考慮しRTX2060がベスト。

メモリは8GB→16GBへのアップグレード推奨です。

動画編集や配信はもちろん、このスペックPCになってくると、

色々なソフトを使用、常駐させたり、メモリ消費が激しい作業をするので、

16GB無いと不足に陥るリスクが高くなります。

記憶媒体は480GBのSSDを基本とし、データ保管用に2TBのHDDを選択していますが、

このあたりはお好みで。

この構成で150,230円です。

 

4Kゲーミング、高処理3Dレンダリング:予算21万円~

このBTOパソコンのポイント

  • 4K(3840×2160)の高解像度・高画質でもゲーム可能
  • 動画配信も高画質で
  • 動画・3D編集の作業が迅速


最後はハイクラスなBTOパソコンです。

ゲームは高画質はもちろん、高FPSを出すことも可能ですし、

WQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)も視野にいれてゲームができます。

動画編集は高速処理、3DCGレンダリングといった高度な作業も来なくことが可能です。

動画配信もより高画質、高解像度が狙えます。

とはいえ際限なくスペックを高めると、どこまでも高価になってしまいますので、

今回の要件を満たせる最安構成でおすすめしています。

ゲーミングPCから「G-Master Spear X570A」を選択しました。

最新マザーボードのX570をベースにしたAMD系モデルで、

高耐久・高品質、そして最近登場したPCIe4.0対応なので、将来性もあります。

PCIe4.0とは?

PCIe(PCI Express)はグラフィックボードなどとCPUが通信を行うための接続規格のことで、
現在はPCIe3.0が主流。PCIe4.0は3.0に比べて帯域幅が2倍になっているので、とにかく早いってこと。
今はまだだが、今後は主流になってくる可能性が高い。

CPUは初期構成のRyzen7 3700X(8コア16スレッド)でOK。

8コア16スレッドで、シングルコア性能も向上したことで、

PC基本作業や動画編集能力はIntel最上位Corei9 9900Kを凌ぐ能力

加えて、ゲーミング性能もCorei9 9900Kに迫る勢いです。

ほぼ死角無しなので、ハイクラス買うなら間違いなくコレでしょう。

対するグラフィックボードが悩みどころです。

今まではコスパと性能的にGeForce系一択だったんですが、

最近登場したRX5700/5700XTが優秀で、価格も安いのにRX5700XTはRTX2070越え、

RX5700はRTX2070に迫る性能で、RTX2060に買っています。

サイコムの価格差から見ても、RX5700XTがベストチョイスかなとおもいます。

最近はAMDに最適化されたゲームを増えてきたので、今後の将来性もあります。

難点はレイトレーシングが非対応なこと。

DLSSも含めた機能も使いたいならRTX2070。

またより4K(3840×2160)ゲーミング性能を安定させたいなら、

RTX2080を選択しても良いでしょう。

メモリは16GBが確定。

この構成で8GBは少なすぎます。

記憶媒体は初期構成で512GBのSSDが付いているので、

データ保管用に2TBのHDDを増設しましたが、好みに合わせて容量を調整してください。

この構成で219,990円です。

さすがに高価ですが、数年以上、大切に使えば10年選手も十分狙えるハイスペックPCです。

 

2019年BTOラインナップまとめ

ここからはサイコムのBTOラインナップについて解説していきます。

サイコムではノートパソコンは無く、デスクトップ型に特化しています。

スタンダードタイプ

スタンダードタイプはデフォルトのPCケースは安価なモデルを採用し、

グラフィックボード、メインメモリ、電源なども安価モデルがデフォルトになっている、

最安構成からのカスタマイズを意識したラインナップです。

ただし、シリーズによってはベースが高価なものもあります。

エントリ~ハイクラスまでかなり幅広いカスタマイズが可能なのがサイコムの魅力ですね。

省スペース

スタンダードタイプに属する省スペースPCシリーズです。

超小型、スリム型、キューブ型PCなど省スペースなBTOパソコンになります。

「SPX」「SIX」「SBX」シリーズの3種になっています。

基本的に省スペースがウリなので、グラフィック性能は限定的。

なので、基本作業PC、動画編集、簡易的なゲームPCの位置づけと考えて良いです。

ミニタワーPC

性能に対して最もコスパが良いシリーズです。

拡張性をある程度確保しつつ、ミドルタワー型よりも省スペースになっています。

モデル名は「VX」。

Intel系とAMD系に分かれて、それぞれ2シリーズ計4シリーズになっています。

考え方としては、

Intel系はハイクラスの構成に良いZ390シリーズ、

エントリー~ミドル構成に良いB360シリーズ、

AMD系はエントリー~ミドル構成に良いB450シリーズ、

内蔵グラフィックが強く、グラボ無しでゲームができる価格重視の「B450AG」です。

 

B450AGは基本的にグラフィックボード無しで、簡易的なゲーミングPCを組む感じですが、

他の3つはグラフィックボードの選択幅が広く、好みのグラフィック性能に仕上げることが可能。

初期はGT710と貧弱なので、アップデートは必須です。

 

またPCケースも色々選べるので、好みの見た目にカスタマイズできる楽しさも。

エントリー~ハイクラスまで本当に色々作れちゃうシリーズです。

ミドルタワーPC

拡張性に優れたミドルタワー型PCで、

基本的にはハイクラスなBTOパソコンを組むのに適しています。

モデル名は「GZ」。

Intel系は全2シリーズ。

ハイクラス向けの「Z390」シリーズ、

ハイエンドデスクトップ向けの「X299」シリーズとなっています。

AMD系は全2シリーズ。

ハイクラス向けの「X570」と、

グラボ不要でもある程度ゲームができる価格重視の「B450AG」シリーズです。

 

「B450AG」シリーズを除き、

PCパーツは色々選べますが、エントリーやミドルスペックで組みたいならおすすめできません。

というのも最上位のマザーボードを搭載しているので、

他のパーツがミドルスペック以下だとアンバランスで、価格の無駄だからです。

ミドル以下で組むならミニタワーPCシリーズから選びましょう。

また「B450AG」はエントリークラスですが、この構成ではあまり拡張性はいらないこと、

ミニタワー型より高いことから、やはり選ぶのはおすすめできません。

ゲーミングPC

ゲーミングPCシリーズは、その名と通りゲームに適したグラフィック性能が高いBTOのこと。

また電源容量などもスタンダードタイプと比べると初期構成から高く、

高性能なグラフィックボードでも十分に電源が足りるように構成されています。

基本はミドル~ハイエンドデスクトップと考えてよいです。

ラインナップは大きく「スタンダード/コンセプトモデル」「デュアル水冷モデル」「SLIモデル」「ゲーム推奨モデル」の4種です。

スタンダード/コンセプトモデル

ゲーミングPCの基本ラインナップになります。

Intel系はミドルスペック向けの「H370」、

ハイクラス向けの「Z390」、「Z390-MiniⅡ」

小型ゲーミングコンセプトの「Z390 BYOC Edition」、

CPUのオーバークロックモデル「Z390 Taichi OC」、

AURA SYNC対応イルミネーションモデルの「Z390 RGB」です。

基本的にH370以外はハイクラス向けのゲーミングPCで、フルHDで高画質60fpsは当たり前、

WQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)も視野に入れられるスペックがおすすめです。

見た目もある程度選べるので、どれを選ぶかはあとは好み。

 

AMD系は「X570A」の一択で、こちらもハイクラス向けのゲーミングPCです。

Hydro デュアル水冷モデル

CPUおよびグラフィックボードが簡易水冷になっているBTOシリーズです。

ハイクラス~ハイエンドデスクトップ向けになります。

 

ハイクラス以上で問題になってくるのが熱対策で、

パソコンは熱が高まると性能低下、もしくはわざと性能を下げて熱対策するので、

100%の性能を引き出し難くなります。

基本的には空冷より水冷のほうが良く冷えるので、

特にネックになるCPUとグラフィックボードが簡易水冷化されています。

特に高解像度、ゲーミングモニターなど高FPS下、デュアル/トリプルディスプレイでゲームなどする人は、

熱が溜まりやすいので、このモデルがおすすめになります。

Intel系はハイクラス向けの「Z390」シリーズ、

ハイエンドデスクトップ向けの「X299」シリーズで、

Z390に関しては見た目、大きさ、価格から好きなものをチョイスすれば良いです。

選べるPCパーツはほぼ変わりません。

 

AMD系はハイクラス向けの「X570A」シリーズ、

ハイエンドデスクトップ向けの「X399」シリーズになりますが、

それぞれ1種類しかありません。

SLIモデル

GeForce系のグラフィックボードを2枚使用する、SLI構成のBTOラインナップです。

とにかくグラフィック性能を追求したい人向けになります。

3種類あり、

Intel系はハイクラス向けの「Z390」、

ハイエンドデスクトップ向けの「X299」、

AMD系はハイエンドデスクトップ向けの「X570A」となります。

ゲーム推奨モデル

特定のゲームが推奨するスペックを元に構成されたBTOパソコンです。

PCパーツの知識にはあまり自信はないけど、このゲームやりたい!という人なら、

すでに最適な構成が組まれていますので、選びやすい利点があります。

ただ割と売れてしまうというか、数は少ないので注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA