マイニングベースのゲーミングPC・BTOおすすめ解説 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

マイニングベースのゲーミングPC・BTOおすすめ解説

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

2018年に登場した比較的新しいBTOメーカーがマイニングベース(MNG-Base)です。

現在のラインナップから自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

執筆者:荒谷克幸(こまたろ)
自作歴20年越え。BTOパソコンも購入しつつ、最新のCPUやグラフィックボードを性能計測するのが趣味。
詳しいプロフィールはこちらから

マイニングベースはこんな人におすすめ!

マイニングベースのポイント
  • ピンク、白、黒の3色展開で、特にピンクは希少性が高い
  • PC構成がはっきりしており、初心者に優しい
  • マイニングベースオリジナルPCケース採用で唯一無二感
見出しの金額について
金額はPCパーツの価格変化をうけ、見出し金額を前後することがあります

フルHDメイン:予算15~17万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHDであれば高画質高フレームレート安定
  • 144HzフルHDゲーミングモニターに最適

マイニングベースではもっとも価格が安いゲーミングPCです。

安いといってもフルHDで十分遊べる性能はもっており、

高画質高フレームレートを安定して狙える性能。

フルHDゲーミングモニター利用は十分に対応できます。


ゲーミングPC名 【GAMER】Corei5 13400F/RTX4060 8GB
CPU Core i5 13400F(10コア16スレッド)
グラボ RTX 4060 8GB
メモリ DDR4 16GB
容量 1TB Gen4 NVMe SSD

最新世代のRTX 4060グラボを採用したゲーミングPC。

フルHD高画質高フレームレートを安定して狙える性能で、組み合わせもCore i5 13400Fの王道ミドルクラスです。

マイニングベースではファンの多さにこだわっているため、360mm簡易水冷クーラー搭載。

正直Core i5 13400Fには過剰ですが、見た目はおしゃれにまとまっています。

ゲームロード時間が短いGen4 SSD搭載。

フルHD無敵、高画質ゲーミングミニター:予算18~20万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHDなら高画質高フレームレート担保
  • WQHDゲーミングも可能
  • 最新のゲームでより強いパフォーマンス発揮

続いては最新世代のミドルクラス性能をもつゲーミングPCです。

フルHDでならほとんどのゲームで高画質高フレームレートが可能。

さらにWQHDなど一つ上の解像度でもゲームを遊ぶことができますので、

2560×1080ウルトラワイドモニター利用も適しています。

ただし必ずしも144fps以上でるとは限りません。


ゲーミングPC名 Corei5 13400F/ RTX4060 ti 8GB
CPU Core i5 13400F(10コア16スレッド)
グラボ RTX 4060 Ti
メモリ 16GB
容量 1TB Gen4 NVMe SSD

Core i5 13400FとRTX 4060 Tiを組み合わせた、最新のミドルクラススタンダード構成です。

フルHD~WQHDまで遊べるゲーム性能を持っており、さらにDLSS3という技術にも対応しているため、

対応できるゲームであればさらなる高画質高フレームレートも可能。

メモリやSSDも水準レベルは満たしており、バランスが良いです。

DLSSって?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
特に最近登場したDLSS3はフレームレート補完をおこなうことで飛躍的にフレームレートが向上。
DLSS3はRTX 4000シリーズのみ使える

ウルトラワイドモニター利用:予算25万円~

このBTOパソコンのポイント
  • WQHD(2560×1440)にて高画質高フレームレートで遊べる
  • 4Kゲーミングも視野に

ハイクラスの入門という位置づけの価格帯です。

より高解像度のWQHD(2560×1440)ゲーミングも十分視野になり、

ゲーミングモニター利用でも最高画質で遊ぶことが可能です。

ウルトラワイドモニター利用を考えている人はこのあたりがおすすめ。

4Kゲーミングも可能ですが、ゲームによっては60fpsくらいで遊ぶことになるため、

あくまでメインはWQHD解像度。


ゲーミングPC名 Corei7 13700F/ RTX4070 12GB
CPU Core i7 13700F(16コア24スレッド)
グラボ RTX 4070
メモリ 16GB
容量 1TB Gen4 NVMe SSD
大きさ 幅:205mm x 高さ:480mm x 奥行:約415mm

最新世代のRTX 4070とCore i7 13700Fを組み合わせたゲーミングPCです。

RTX 4070はWQHD~4Kゲーミングまで対応したゲーム性能をもっており、

Core i7 13700Fもその能力を引き出すのにバランスの良い組み合わせ。

WQHDであれば高画質高フレームレートもかなり狙うことが可能。

メモリも32GBにアップグレードするとなお良いです。

4Kゲーミング:予算35万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)でゲーム可能
  • 4K高画質高フレームレートも狙える
  • 高解像度ウルトラワイドモニター利用

4Kメインのゲーム性能をもつハイクラスゲーミングPCです。

高画質高フレームレートも狙らうことが可能で、

4Kゲーミングを安定的に遊びたいのであればこのあたりの性能から。

4Kモニターだけでなく、高解像度なウルトラワイドモニター利用にも最適です。


ゲーミングPC名 【STREAMER】 Corei7 14700KF/ RTX4070 ti 12GB
CPU Core i7 14700KF(20コア28スレッド)
グラボ RTX 4070 Ti
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB Gen4 NVMe SSD

最新世代のRTX 4070 TiとCore i7 14700KFを組み合わせたゲーミングPCです。

RTX 4070 Tiは4K高画質高フレームレートも狙える性能をもっており、

DLSS3を利用することもできます。

Core i7 14700KFも最強クラスのゲーム性能なので、RTX 4070 Tiとの組み合わせに最適。

DDR5 32GBメモリなのでCPU性能も引き出し、フレームレート安定にも貢献しています。

ストリーマーと名前がつくだけあり、ゲーム配信にも強い構成です。

現行最強クラス:予算45万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 現行最強クラス

最後は現行モデルでは最上位に属するハイクラスゲーミングPCです。

これ以上のゲーム性能を求めるのは難しく、

とにかく最強が良い!という人向けです。

4K高画質高フレームレートは当たり前で、将来的には8Kモニター利用も考えられます。


ゲーミングPC名 【STREAMER】 Corei9 14900KF
CPU Core i9 14900KF(24コア32スレッド)
グラボ RTX 4090
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB Gen4 NVMe SSD

現在の最強グラフィックボードであるRTX 4090を搭載したゲーミングPCです。

4K高画質高フレームレートは当たり前で、8Kゲーミングも可能な性能。

CPUも最強クラスのCore i9 14900KFでIntel最強コンビです。

2024年PCラインナップ(デスクトップ)

マイニングベースのPCラインナップを見ていきましょう。

PCケースは1種類3色に統一

マイニングベースPCケースラインナップ

マイニングベースはラインナップを一新し、種類豊富だったPCケースを1種類に統一しました。

変わりに色をブラック、ホワイト、ピンクの3種から選べるように。

特にピンク色はゲーミングPCの中でも希少性が高いので、可愛いゲーミングPCを探している人には魅力的。

PCケースの種類が減ったとはいえ、マイニングベースイズムは継承しており、

PCファンの数とRGBにこだわった構成で、すべて360mm簡易水冷クーラー搭載というこだわりも。

全PCで共通のPCケースなのでわかりやすくなりました。

ゲーミングPC性能もわかりやすく

ゲーミングPC性能比較表

PCケースだけでなく、ゲーミングPCの性能も選びやすく変化しています。

マイニングベースでは「ゲーミングPC」「ストリーマーPC」「クリエイターPC」の3つのカテゴリがありますが、

全て上記のラインナップに統一されており、ミドル~ハイクラスをゲーミングPC、

ハイクラス~ハイエンドクラスがストリーマー/クリエイターPCという認識で問題ありません。

名前に関係なく、グラボもCPUも高性能なゲーミングPCが欲しいならストリーマー/クリエイターPCを選べばよいです。

グラボはRTX 4060~RTX 4090の最新ミドル~最強までそろっており、フルHD~4Kメインに対応。

CPUはIntel/AMDともにミドルクラス~ハイエンドクラスの人気どころを揃えています。