Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2019年】ドスパラの予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

PC業界では超有名なドスパラのBTOパソコンについて、

2019年現在のラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

ドスパラはこんな人におすすめ!

ドスパラはBTOパソコンだけでなく、PCパーツ、アクセサリーも販売する、

PC総合ショップのようなメーカーで、実店舗も日本全国にあります。

ドスパラおすすめポイント

  • 全体的にBTOパソコンの価格が安い
  • オプションで選べるパーツが多い
  • 実店舗も多めなので、対面サポートが受けやすい
  • 分割払い最大36回まで手数料無料
  • 翌日出荷可能パソコンも


BTOパソコンは一般用途のMagnate、ゲーミングPCのGALLERIAなどを展開しています。

一番のメリットは安いことだとおもいます。

同じようなパーツ構成でも他社よりも1万くらいは安いのでお得です。

まあデザインがちょっと・・・個人的にはダサいものがおおいかなあ(笑)

またオプションで選べるパーツが特に電源などにおいて多めです。

もう一つは最大36回まで分割手数料無料なので、

一度に大きな金額を用意できなくても支払い安いメリットはありまます。

個人的にはノートパソコンのBTOの種類がちょっと少ないなと思います。

基本的な作業のみ利用、安さ重視!:予算6~8万円前後

このBTOパソコンのポイント

  • 使用用途はWEB閲覧、動画視聴、音楽、簡単なメール・オフィス
  • プログラミング作業、画像・動画編集・動画配信・3D編集はしない
  • 安く抑えたい
  • とはいえ数年は問題なく快適なレベル


BTOパソコンの中では安さを追求したモデルです。

ただし安すぎると動作が遅くなったり、将来性があまりにもなさすぎるといった事態にもなります。

なので数年使っても性能が足らなくなりにくいモデルを選びました。

ホームページ閲覧やYoutube・Amazonで映画を見る、簡単なオフィスソフト使用など、

比較的低負荷な使用を前提として快適に動くスペックです。

内蔵グラフィックを前提なので、動画編集・ゲームといった用途には向きません。

デスクトップの場合

おすすめは「Regulus AR5-Q」です。

Ryzen5 2400G(4コア8スレッド)を搭載したモデルになります。

本来だとこのニーズで私がおすすめしているのが、よりコストを抑えた「Athlon200GE」なのですが、

ドスパラでは扱っていなく、より安いのだとCeleron G4900になってしまうんですよね。

本当に簡単な使用ならCeleron G4900でも良いですが、

長く使ってくると処理不足に陥りやすいCPUなので、そこまで価格が上がらないということでRyzen5 2400Gにしています。

実コアが4コアあるので、沢山の常駐ソフトを入れたり、複数のアプリを起動させていても、

ある程度は軽々と動作してくれます。

同価格帯だとIntel Core i3-8100を搭載したモデルもありますが、

内蔵グラフィックが圧倒的にRyzen5 2400Gのほうが高く、

簡単なゲームもできてしまうほど優秀なので選びました。

構成は初期のままでよく、59,378円です。

 

ノートパソコンの場合

おすすめは「Critea DX-KS RH3」です。

ドスパラはノートパソコンの数は少ないんですよね。

このもう一段階低いスペックで「Altair VH-AD3NS」というのがありますが、

Celeron N3450かつメモリ4GBで変更できなく、この構成はハッキリ言って遅いです。

最初の内は「思ったより動くじゃん?」と思っても、

長く使ったり、色々ソフトをインストールしたりするとすぐに遅くなるので、おすすめできません。

少し高めになりますが、今回のCore i3-8130U+8GBメモリの構成のほうが長く使えます。

唯一初期設定だと記憶媒体がHDDとなっており、

ハッキリ言って遅くてイライラしてしまうので、SSDに変えることを強くおすすめします。

価格は80,978円

 

ライトゲーム、軽度のプログラミング・動画編集:予算9~10万円前後

このBTOパソコンのポイント

  • プログラミング作業、画像・動画編集はある程度可能
  • 動作が軽いPCゲームならできる!


もう少しスペックをあげていくと、

画像・動画編集、プログラミングコンパイルといった作業もある程度できるようになります。

またエントリークラスのグラフィックボードを搭載を前提に選びましたので、

内蔵グラフィックより遥かに性能が良く、

動作スペックの軽いゲームならフルHD低画質~標準画質で遊ぶことも可能です。

比較的軽いPCゲーム代表例

フォートナイト、マイクラ、オーバーウォッチ、ACE COMBAT7、ナイトメアクロノス、ケモニスタオンライン、黒い砂漠などMMORPG、ドラゴンクエストX、モンスターハンターワールド、デビルメイクライ5、信長の野望など

デスクトップの場合

おすすめは「GALLERIA RH5」のモデルです。

Ryzen5 2600(6コア12スレッド)+GTX1050tiという組み合わせになります。

Ryzenは最新世代のRyzen5 3600の能力が素晴らしく、そちらでも良かったのですが、

価格が6000円くらい高くなることと、

現在SSDおよびGTX1060 3GBの無料アップデート中なため、

価格を抑えつつゲーミング性能を狙える構成ということで選びました。

GTX1060はひと世代前のグラフィックボードになりますが、

ライトなゲームが問題なく動きますし、重めのゲームでもある程度動きます。

そこにRyzen5 2600とかなり高性能なCPUが搭載されているので、

ボトルネックになることなく、ゲーム性能を引き出せます。

さらにマルチコアなので、動画編集やプログラミング作業もやることが十分可能です。

似たような価格帯、構成でIntelにするとCore i3-8100のモデルになるのですが、

Core i3-8100は4コア4スレッドに対し、Ryzen5 2600は6コア12スレッドなので、

性能的にRyzen5のほうが優秀です。

それでいて価格差が1,000円ほどでしたので、こちらのモデルにしました。

基本構成のままで、価格91,200円となります。

 

ノートパソコンの場合

おすすめは「Critea VF-HEKS」です。

構成は基本のままで十分で、価格は102,578円。

Core i7-8550Uとモバイル用CPUとしては処理能力が高いところに、

GeForce MX150と内蔵グラフィックよりも高性能なグラフィックボードを搭載していますので、

本要件をある程度こなすことが可能です。

さらに500GB SSDと8GBメインメモリと初期構成がかなり良い感じなので、

おすすめできます。

 

幅広いゲーム、動画編集・配信、3D編集:予算11~14万円前後

このBTOパソコンのポイント

  • プログラミング作業、動画編集は問題なく快適
  • 高画質60fpsで幅広いゲームを遊ぶことができる!
  • ゲーム配信など高負荷マルチタスクもOK
  • VRもOK
  • 3DCG編集もある程度可能


さらに予算を取れるならミドルスペックと呼ばれるBTOパソコンを購入することができます。

個人的には長期で使えるスペックになるので、長い目でみればコスパは良い価格帯だと思っています。

グラフィック性能がかなり良くなってきますので、

フルHDであれば高画質60fpsで幅広いゲームを遊ぶことが可能です。

動作スペックが重いゲームでも問題ありません。

比較的重めなゲーム

ApexLegens、Division2、トゥームレイダー、アサシングリードオデッセイ、FF、FarCry、Fallout4、PUPG、Sekiro、Total Warなど

また動画配信・動画エンコード、3DCGレンダリングなどマルチ処理が必要な作業も難なくこなせます。

デスクトップの場合

ミドルスペック以上から、今CPUを選ぶなら間違いなく第3世代Ryzen(AMD系)です。

シングルコア・マルチコア性能ともに第2世代から大きく向上し、

ゲーミング性能も同クラスのIntelと同等もしくは格上に、

マルチスレッドもRyzenのほうが多めなので、動画編集・動画配信なども得意。

つまり弱点のないCPUになっています。

その割にコスパはIntelより上です。

おすすめは「GALLERIA RJ5」というゲーミングPCモデルです。

第3世代のRyzen5 3600を使用しており、ゲーミング性能は前世代のRyzen7 2700Xよりも上。

さらにコストも抑えられており、12スレッドあるため今回の要件もバッチリこなしてくれます。

 

対応するグラフィックボードは最新世代のGTX1660となっています。

前世代のGTX1070に迫る性能で、フルHDなら高画質60fpsでゲームすることが可能です。

VRゲームも可能になってきます。

CPUのボトルネックの不安は無く、グラフィック性能を100%引き出してくれる、

相性の良いコンビです。

基本は初期構成でも問題ないのですが、

動画やゲームなどで容量が必要と考え予算に余裕があれば、

SSDを240GB→500GB(+3500円)にするのがおすすめ。

アップグレード込みで価格は111,758円(税込)。

 

予算があるならもう一つ上のモデルでも

GTX1660でも十分なグラフィック性能がありますが、

さらに予算があるならRTX2060へのアップグレードも良いと思います。

モデルとしては「GALLERIA RV5」がおすすめ。

同じくRyzen5 3600ベースにRTX2060が搭載されています。

RTXもGeForce系最新世代ですが、RTコアとTensorコアという特別なコアが搭載されているため、

レイトレーシングが得意で、DLSS機能も使えるため、

より現実に近いリアリティ溢れたグラフィックを高FPSで楽しむことができます。

レイトレーシングって?

最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはレイトレーシング対応のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
DLSSって?

GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

また単純なグラフィック性能的にも、WQHD(2560×1440)も視野に入れられる性能になっています。

個人的に初期構成から変えたほうが良いかなと思うのは、電源容量。

アップグレード費用高めですが、500Wではちょっと容量不安なので600Wは欲しいです。

また可能ならメモリ16GBへアップグレードしても良いでしょう。

このあたりのスペック帯になると、メモリを使うゲームやソフト、アプリの多数起動など、

8GBだと容量不足になる可能性が高くなります。

SSDも可能なら500GBはほしいですね。

アップグレード込みで156,902円(税込)。

 

ノートパソコンの場合

今回の要件を満たすなら「GALLERIA GCR1660TGF-E」ぐらいのスペックは欲しいところです。

Core i7-8750H+GTX1660という組み合わせです。

基本構成のままでよく、164,980 円(+税)。

が、正直おすすめはできません。デスクトップに対して性能が低い上に割高なんですよね。。。

ただこれ以下のモデルになると、1万円やすいGTX1060モデルがありますが、

価格差が少ないのと、スペック将来性を考えるとうーん・・・って感じ。

が、さらに下になると今度はグラフィック性能がしょぼすぎるので、

丁度良いモデルが無いというところです。

個人的には省スペースと持ち運びを重視しないのであれば、デスクトップ型をおすすめします。

 

4Kゲーミング、高処理3Dレンダリング:予算19~21万円前後

このBTOパソコンのポイント

  • 4K(3840×2160)の高解像度・高画質でもゲーム可能
  • 高画質でよりリアリティに近いゲーム画像
  • 動画・3D編集の作業が迅速


最後はハイクラスに属するBTOパソコンです。

できないことは基本無いといってよく、

ゲームもフルHDからWQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)といった高解像度でも十分に遊べます。

またゲーム配信でも高解像度で提供できたり、

動画エンコード、3DCGレンダリングができるだけでなく、高速に処理できるといったことも前提にしています。

とはいえ際限なくスペックを高めると、どこまでも高価になってしまいますので、

今回の要件を満たせる最安構成でおすすめしています。

デスクトップの場合

おすすめは「GALLERIA AF」のゲーミングPC。

やっぱり今は第9世代Intelよりも第3世代Ryzenのほうがおすすめです。

このモデルは、Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)+RTX2070という組み合わせ。

基本構成のままで問題なく、169,980 円(+税)となっており、Intelより安い

 

そのうえRyzen7 3700Xは動画編集能力などは、Intelの最上位Corei9 9900Kより上で、

ゲーミング性能もほぼ遜色ないレベルになっており、

同クラスとなるCorei7 9700Kには勝利といって良い性能になっています。

最新グラフィックボードのRTX2070の性能も十分に引き出してくれるので、

4K(3840×2160)でも快適なゲームプレイが狙えます。

10年くらい大切に使用すれば、全然現役で使用できるるモデルですね。

予算に余裕があれば、さらに上位のグラフィックボードであるRTX2080や2080tiを狙っても良いです。

 

ちなみに第3世代Ryzen9 3900Xは動画編集などクリエイティブには強いけど、

ゲーミング性能はRyzen7 3700Xより悪いこともあるので、

ゲームだけならRyzen7 3700Xで十分ですし、当然このCPUで快適にクリエイティブ作業もできます。

 

ノートパソコンの場合

おすすめは「GALLERIA GCR2070RGF」です。

基本構成のまま、248,378円です。

ドスパラで用意しているゲーミングノートPCの中では最上位のモデルです。

モバイル用CPUでは二番目に高速なCore i7-9750HとRTX2070の組み合わせで、

今回の要件をこなすことができます。

本来は16GBにアップグレードしたいところですが、かなり高くなるので8GBとしていますが、

予算に余裕があれば16GBにしましょう。

ただ個人的にはやっぱりデスクトップ型をおすすめしたいです。

熱問題もありますし、コスパが悪いんですよね。。。

 

2019年BTOパソコンラインナップまとめ

ここからはドスパラのラインナップをご紹介していきます。

ドスパラはデスクトップ型はIntel+GeForce系、AMD系+GeForce系を主に展開しており、

ノートパソコンはIntel+GeForce系とASUSなどメーカーPCを販売しています。

またグラフィック性能が低めなスタンダードタイプと、

グラフィック性能を上げたゲーミングPC、

そしてクリエイティブ用のグラフィックボードを搭載したクリエイティブPCという大別になっています。

 

選び方としてはところどころに、


※ドスパラホームページより

↑のようなCPUとグラフィックボードを軸にしたBTOスペック表があって、

個人的にはここから選ぶとわかりやすいなと思っています。

デスクトップパソコン

このラインナップの初期構成はグラフィック性能は控えめな

オフィス利用や簡単なPC作業を前提としたラインナップになります。

ただ中にはエントリ~ミドルスペックぐらいまでのグラフィック性能を備えたモデルもありますし、

またモデルによっては最上位グラフィックボードも選べるので、

結局のところカスタマイズ次第ではゲーミングPCと変わりません。

が、下手にアップグレードしてしまうとアンバランスな構成になったりするので、

基本は低価格~中価格帯のBTOパソコンを作ると考えたほうがよいです。

 

大きさはタワー型「Monarch」、ミニタワー型「Magnate IM」「Regulus」「Lightning」、スリム型「Slim」、ミニ型となり「mini Magnate」、

ミニ型に行くにつれて、拡張性が乏しく、グラフィック性能が選べる範囲も狭まります。

代わりに省スペース性は抜群ですね。

将来より高いスペックへの拡張を予定しているなら、タワー型かミニタワー型を選びましょう。

タワー型のほうがよりハイスペックなCPUがベースとなっており、

ミニタワー型はローエンド~ミドルクラスのCPUがベースになっています。

ノート・タブレット

グラフィック性能を低く抑えた、オフィス利用、基本PC作業を前提としたノートパソコンで、

安さと軽量を意識したラインナップになっています。

なので、ゲームをするのには向いていません。

カスタマイズ性もデスクトップ型みたいにはできないため、

簡易使用を目的とした場合は、こちらから選ぶと良いと思います。

ゲーミングデスクトップ

GALLERIAシリーズとしておなじみのゲーミングPC、デスクトップ型です。

大きくIntel系とAMD系に分かれており、

Intel系はCorei3 8100~Corei9 9900Kと、エントリ~ハイクラスまですべて揃えています。

対応するグラフィックボードはGeForce系一択となり、

GTX1050~RTX2080tiまでと、これまたエントリ~ハイクラスまで組めるので、

同じゲーミングPCでもライトゲーム向け~ヘビーユーザー向けまでかなり幅広いです。

加えてIntel系ではハイエンドデスクトップ向けやグラフィックボード2枚のSLIタイプの、

とにかく鬼のPC性能を追求したモデルも用意されています。

 

AMD系はRyzen5 2400G~Ryzen9 3900Xと、やはりエントリー~ハイクラスまでのラインナップ。

選べるグラフィックボードも内蔵VegaおよびGeForce系一択のGTX1060~RTX2080tiとミドル~ハイクラスなので、

ライトゲーム向け~ヘビーユーザー向けまでかなり幅広いです。

ただライトゲーム向けだとデスクトップの「Regulus」「Lightning」シリーズとかぶるところも出てくるので、

見た目や総合的なスペック、価格でどちらか選ぶと良いです。

ミドル以上ならGALLERIAでOKです。

 

また一部中古ゲーミングパソコンを再チューニングしたパソコンも販売しています。

ゲーミングノートPC

ゲーミングPCのノートパソコン型です。

GALLERIAシリーズとなっています。

CPUはIntel系一択となり、Core i7-8750HとCore i7-9750Hと、

モバイル向けCPUではハイクラスのみ選べる構成です。

またグラフィックボードもおGTX1060からなので、ライトゲーム向けはありません。

最上位はRTX2070となっているので、デスクトップ型よりはグラフィック性能の上限も低いです。

 

またBTOとは別に、ASUSおよびRazer製品のゲーミングノートPCも販売しています。

完成品なのでカスタマイズ性はありませんが、

もともとノート型BTOはカスタマイズ性には乏しいので、問題はないかと。

またこちらはGTX1050から選べるのでライトゲーム向けもあります。

クリエイティブ向け

漫画・イラスト向け、写真加工向け、映像・動画編集向け、CADや3DCGレンダリング向けなど、

クリエイティブ作業の目的別向けにスペックが展開できるBTOパソコンです。

ですがCADや3DCGレンダリング向けを除き、基本構成はこれまでの「デスクトップ」「ゲーミングPC」と変わりません。

 

ゲーミングPCもクリエイターPCも、要は高性能なCPUやグラフィックボード搭載など、

ハイスペックパソコンということなので、

CADや3DCGレンダリング向け以外は、ココから選ぶ理由は特にないかなとは思います。

CADや3DCGレンダリング向けの場合、

Quadroというクリエイティブ作業に強いグラフィックボードが搭載されたモデルがあるので、

CADや3DCGレンダリングをガンガンやるという人には選択肢に入れて良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA