Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2019年】ストーム(STORM)の予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

有名企業の法人にも納品しているBTOメーカーのストーム。

2019年現在のラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

ストームはこんな人におすすめ!

ストームおすすめポイント
  • 全体的に価格がかなり安い
  • ラインナップは少なめ(Intel製のみ、ノート型無し)
  • 自由度は低いがバランスが考えられている
  • ゲーミングPCは高耐久・品質性の高いマザーボード使用

ストームは株式会社アイティーシーが展開するBTOパソコンブランドで、

法人にも納品しているメーカーです。

商品ラインアップは正直少なく、またパーツ構成の自由度も多少おとります。

が、初期構成でバランスの取れたパーツが選択されており、逆にそのままでも良いという感じなので、

初心者には向いているといえます。

また価格も安い傾向にあります。

基本的な作業のみ利用、安さ重視!:予算5万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 使用用途はWEB閲覧、動画視聴、音楽、簡単なメール・オフィス
  • プログラミング作業、画像・動画編集・動画配信・3D編集はしない
  • 安く抑えたい

安さ重視のBTOパソコンです。

ストームの特長として全体的な価格が安いことがありますが、

特に低スペック帯はかなり安くできます。

とはいえもちろん限定的な能力になりますので、WEB閲覧、YoutubeやAmazon、NetFrixなどで映画を見るなど、

簡単な作業のみを前提としたモデルです。

またマルチタスク処理に強くないので、複数のアプリ起動や沢山の常駐ソフトをインストールしてしまうと、

遅くなる傾向になります。

あくまで使用用途は簡単なことだけという人向けのPCです。

BTOモデルは「【Celeron】【HDD1TB】EX-VT」です。

ストームが用意する最も安いモデルになっています。

Celeron G4900(2コア/2スレッド)のCPUを採用しており、簡単な作業であれば問題ありません。

ただ初期構成のメインメモリ4GBでは、Windows10を快適に動作させるのには少し不足していますので、

8GBにアップグレード推奨。

また記憶媒体もHDDですが、動作が遅くてストレスになりかねないので、

容量は落ちてしまうもののHDD 1TB→SSD 250GBにしたほうがかなり快適になります。

この用途ではファイル容量もそこまで必要ありませんし、

必要に応じて後から記憶媒体を増設することもできます。

価格は54,698円

 

ゲーミングPC入門、画像・プログラミング作業など:予算9万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 画質にこだわらないなら、幅広いゲームが遊べる
  • プログラミング作業、画像編集は快適
  • 多少の動画編集も可

グラフィック性能とCPU性能を上げて、PCゲームができるようなBTOパソコンです。

入門と書いたのですが、ストームの場合もう少しグラフィック性能抑えたモデルが無いので、

フルHDなら低画質~高画質とばらつくものの、ほとんどのゲームができるパワフルなPCです。

全体的なスペックも上がっていますので、画像編集やプログラミングコンパイルといった作業もこなせますし、

ある程度動画編集も可能です。

おすすめは「【Core i3】【SSD250GB】【GTX1650】PG-EN」モデルです。

最新世代のIntel製CPU、Core i3-9100F(4コア/4スレッド)に、

やはり最新世代のグラフィックボード、GTX1650が搭載されています。

GTX1650は前世代のGTX1050と比べて約2倍の性能になっており、

GTX1050では動作スペックの重いゲームは厳しいケースもありましたが、

GTX1650では画質にこだわらければ遊ぶこともできます。

また最新のゲームほど性能を発揮しやすい構造になっているので、将来性もOK。

しばらくは現役で活躍できるゲーミングPC

Core i3-9100Fは4コアありますので、マルチタスク処理にもある程度対応できます。

初期構成でほぼOKですが、記憶媒体だけNVMeから通常のSSDに変更し、価格を落としています。

M.2(NVMe) SSDを選択すべき?
SSDにも2種類あって、NVMeとSATA3.0接続があるのですが、速度はNVMeタイプのほうが4倍ほどあり、サイコムでは選択できるようになっています。
速いのならそのほうが?と思いますが、個人的には現段階では普通のSSDで速度は十分です。私もNVMe使っていますが、正直普通のSSDと体感差は変わりません。
単価が高くなってしまうので今は通常のSSDを選択すれば十分です。

価格は85,180円です。

 

幅広いゲームを高画質で、VR、動画編集も快適、ゲーム配信:予算12~15万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 高画質で幅広いゲームを遊ぶことができる!
  • 動画編集がより快適に
  • ゲーム配信など高負荷マルチタスクもOK
  • VRもOK

さらにグラフィック性能を高めて、より快適に動作できるBTOパソコンです。

ゲームができることはもちろんですが、フルHDなら高画質で遊べますし、VRもOK。

動画編集も快適で速く、またゲーム配信など高負荷なマルチタスク作業もこなせるので、

Youtubeで配信したいといったニーズにも対応できます。

おすすめは「【Core i7】【SSD250GB】【RTX2060】PG-ED」モデルです。

RTX2060という最新世代のグラフィックボードを搭載しており、

さらにGTX系と違うのが、TensorコアとRTコアと呼ばれる特別なプロセッサが搭載されていること。

これによりレイトレーシングとDLSSという描画・処理手法によって、

リアリティに近いグラフィックを高画質・高FPSで楽しめるので、

ゲームへの没入感が変わってきます。

レイトレーシングって?
最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはレイトレーシング対応のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
DLSSって?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

メインメモリは8GBデフォルトですが、

このスペック帯になるとメモリの使用率が高いアプリやゲーム、常駐ソフトを入れることも多いので、

16GBあったほうが余裕があるためアップグレード推奨。

また記憶媒体はNVMeの250GBである必要がないので、代わりに通常のSSDの500GBを選択しました。

ゲームや動画ファイルを沢山保存する可能性があるので、500GBあったほうが余裕でしょう。

さてCPUですが、初期構成ではCore i7-8700(6コア/12スレッド)が選択されています。

前世代とはいえハイクラスのCPUになり、かなりの高性能です。

スレッド数も多いので動画編集も速いですし、動画配信もなんなくこなせます。

価格が143,036円なので、予算が折り合うならこの設定でOKです。

ゲームもフルHDならほぼ高画質で遊べますし、WQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)で遊べるゲームも多くなります。

ただ予算的に厳しいのであれば、CPUを Corei5-9400F(6コア/6スレッド)にダウングレードしても、

今回の要件には十分に対応できるスペックです。

スレッド数が減るので動画編集能力は少し劣りますが、ゲーム性能だけでいえばほとんど遜色はありません。

価格は122,732円。

 

4Kゲーミング、高処理3Dレンダリング:予算21万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)の高解像度・高画質でもゲーム可能
  • 動画配信も高画質で
  • 動画・3D編集の作業が迅速

最後はハイスペックなBTOパソコンです。

できない作業はほとんど無いといってよく、より快適に迅速な体験ができるモデルを選びました。

ゲームは高画質は当たり前で、フルHDなら高FPSも出せるのでゲーミングモニターとの相性も良いです。

また解像度を上げてWQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)でも高画質で遊べるゲームが増えてきます。

さらにスペック的にも長い間現役で活躍できます。

とはいえ際限なくスペックを高めると、どこまでも高価になってしまいますので、

今回の要件を満たせる最安構成でおすすめしています。

おすすめは「【Core i7】【SSD250GB】【RTX2070】PG-EC」です。

一つ前のRTX2060の上位であるRTX2070を搭載したモデルになります。

性能も申し分なく、今回の要件を十分にこなせます。

予算に余裕があるなら、さらに上のRTX2080だと4K(3840×2160)で快適に遊べる機会が増えます。

CPUはCore i7-8700(6コア/12スレッド)が選択されていますが、

最新世代のCore i7-9700K(8コア/8スレッド)にアップグレードしたほうが、

よりグラフィック性能を引き出しやすく、ゲームに強いです。

スレッド数は減っていますが、実コア数が2つ増えており、パフォーマンスもCore i7-8700より高いです。
(スレッドより実コアが増えたほうが性能は良くなりやすい)

またマザーボードはMSI B360M GAMING PLUSが選択されていますが、

より高耐久・高品質なMSI Z390 GAMING PLUSにアップグレードしました。

必須ではないですが、長く現役で活躍させるためにマザーボードも高品質をチョイスしたほうがおすすめ。

記憶媒体はNVMeの250GBである必要がないので、代わりに通常のSSDの500GBを選択しました。

初期構成の3TBのHDDを組み合わせれば、沢山のゲームや動画ファイルを保存しておくことができます。

価格は178,756円です。

 

2019年のBTOラインナップ

ここからはストームのBTOパソコンのラインアップの特徴を解説していきます。

ストームはノートパソコン型はなく、デスクトップ型特化。

スタンダード、ゲーミングPC、静音、省スペース、クリエイター向けが一般向けになります。

なおストームは「見た目」と「CPU」から基本となるBTOを選ぶ感じです。

ある程度各BTOでパーツの選べる範囲が限定されているからです。

スタンダードPC

大きさはミニタワー~ミドルタワー型まで色々ですが、

現在はIntel系のみ扱っています。

またグラフィックボードは内蔵もしくはGT710と、ゲームを前提にしていないシリーズなので、

オフィス利用や動画編集(本当はグラボ性能も欲しいけど)といった目的で、

ゲーム、動画配信、3DCGレンダリングには向いていません。

 

沢山種類があるように見えますが、それぞれのPCケースのパーツカスタマイズ性は一緒なので、

まずは見た目(PCケース)から選びましょう。

ゲーミングPC

ゲームをするなら基本はこのシリーズから選ぶことになります。

現在はIntel系のCorei3、Corei5、Corei7、Corei9の第9世代(最新)と第8世代があります。

CPUは割とカスタマイズ度が高いですが、

グラボはCPUとのバランスを考えて、あえて選べる種類が限られています。

これは特に初心者には優しい設定で、CPUボトルネックなど考慮不要なのが良いです。

なので、求めるグラフィック性能を決め、その後見た目から基本モデルを選ぶと良いでしょう。

 

グラフィック性能の目安ですが

低画質でも良いのでフルHDで幅広いゲームをしたいならGTX1650、

低~高画質でフルHD、60fpsでゲームしたいならGTX1660、GTX1660ti、

高画質でフルHD60fps安定、WQHD(2560×1440)も視野にいれるならRTX2060、

4K(3840×2160)ゲーミングも視野にいれるならRTX2070、RTX2080という感じです。

 

なおマザーボードはミドルクラス向けのB360と、

ハイスペック向けZ390が選べます。

GTX1660ti、RTX2060程度ならB360でもOK。

Corei7以上やRTX2070以上になるとZ390のほうがおすすめです。

静音PC

静音性をコンセプトにしたBTOパソコンです。

現在はIntel系のみで、グラフィック性能は内蔵もしくはGT710なので、

ゲーミングPCや動画配信、3DCGレンダリングには向きません。

個人的には静音にこだわりがないなら選ぶメリットは無いかなあと思います。

省スペースPC

スリムPC、小型PC、手のひらサイズのNUCに特化したBTOシリーズです。

現在はIntel系のみで、グラフィック性能は内蔵もしくはGT710なので、

ゲーミングPCや動画配信、3DCGレンダリングには向きません。

省スペースなので、サブマシンやリビングPCとして活用するのもイイかもですね。

クリエイター向けPC

3DCGレンダリングや、CAD作業など少し特殊なクリエイター向けのBTOパソコンです。

グラフィックボードとしてこういった作業に最適化されたNVIDIA Quadroを搭載しています。

作業の速さやどのくらいやるかにもよりますが、

ゲーミングPCの上位機種でもある程度こういった作業ができるので、

価格と相談しながら比べるのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA