ストームのゲーミングPC・BTOおすすめ解説 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

ストームのゲーミングPC・BTOおすすめ解説

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

有名企業の法人にも納品しているBTOメーカーのストーム。

ラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

ストームはこんな人におすすめ!

ストームおすすめポイント
  • ミドル~ハイスペックな小型PCが豊富
  • ラインナップは少なめ(ノート型無し)
  • 自由度は低いがバランスが考えられている
  • ホワイトケースのラインナップがおおい

ストームは株式会社アイティーシーが展開するBTOパソコンブランドで、

法人にも納品しているメーカーです。

商品ラインアップは少なめで、またパーツ構成の自由度も多少おとります。

が、初期構成でバランスの取れたパーツが選択されており、逆にそのままでも良いという感じなので、

初心者には向いているといえます。

またPCケースが一風変わったものを採用しており、他のBTOパソコンではあまり見かけないものばかり。

白色や小型PCもかなり豊富なので、そういったゲーミングPCを探している人にはおすすめです。

ゲーミングPC入門:予算10~15万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHDを高画質高フレームレートで遊ぶことが可能

ゲーミングPCでは安さ重視のスペックです。

とはいえ以前よりも格段に性能が向上しており、フルHDなら高画質高フレームレートを安定して狙えるので、

144HzあたりのフルHDゲーミングモニターなら十分活躍させることが可能です。

 

該当するゲーミングPCがありません。

フルHDゲーミングモニター利用:予算15~20万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHDでは最強
  • 高画質で高fpsで利用することが可能
  • 動画編集・ゲーム配信も

ミドルクラスでは王道とも呼べる価格とスペックです。

フルHDでなら高画質高フレームレートが可能で、ゲーミングモニター利用を前提としている人は、

このあたりのスペックから選ぶのがおすすめ。

動画編集やゲーム配信もおこなうことができます。

レイトレーシングを利用しリアリティに近い描画でゲームへの没入感が高めたり、

DLSS対応ならより高fpsも狙え240/360Hzなど超高速ゲーミングモニター利用もイケるでしょう。

レイトレーシングって?
最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはRTコア搭載のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
またRadeon最新RX6000シリーズも使えるように。
DLSSって?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

 

(ストーム)PG-XFDP46Ti

PG-XFDP46Tiの製品画像
CPU Core i5 13400F
グラフィックボード RTX 4060 Ti
メモリ DDR4 16GB
容量 NVMe SSD 1TB
大きさ 465mm x 455mm x 200mm
PCの評価
コスパ 4.5
同価格帯の平均:4.1
(4.5)
ゲーム性能 3.1
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.3
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、288fps 最高画質、113fps
フォートナイト 高画質、197fps 高画質、115fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、206fps 高画質、133fps
タルコフ 最高画質、144fps 最低画質、136fps
オーバーウォッチ2 最高画質、278fps 最高画質、106fps

※参考値であり保証するものではありません。

Core i5 13400FとRTX 4060 Tiの王道ミドルクラス構成で、

フルHDで高画質高フレームレートが安定なのはもちろん、WQHDゲーミングも狙える使いやすい性能。

価格も抑えられコスパもトップクラス。

ウルトラワイドモニター利用:予算20万円~

このBTOパソコンのポイント
  • WQHD(2560 x 1440)で遊べる
  • 動画編集やゲーム配信が快適

ハイクラス入門といえるゲーミングPCです。

フルHDはもちろんのことですが、WQHDをメインターゲットに遊ぶことができます。

またDLSSやFSRなど駆使すれば4Kゲーミングも十分可能。

フルHDより解像度が高くなるウルトラワイドモニター利用を考えている人におすすめです。

CPUもハイクラスなのでゲーム配信も動画編集も快適に行えます。

(ストーム)PG-D5i47

PG-D5i47の製品画像
CPU Core i7 13700F
グラフィックボード RTX 4070
メモリ DDR5 32GB
容量 NVMe SSD 1TB
大きさ 435 x 194 x 307 mm
PCの評価
コスパ 3.8
同価格帯の平均:3.8
(4.0)
ゲーム性能 3.8
同価格帯の平均:3.0
(4.0)
動画編集性能 4.3
同価格帯の平均:3.6
(4.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.3
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.9
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、293fps 最高画質、135fps
フォートナイト 高画質、208fps 高画質、123fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、145fps
タルコフ 最高画質、143fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、307fps 最高画質、123fps
パルワールド 最高画質、89fps

※参考値であり保証するものではありません。

前世代RTX 3080に近い性能を示す最新のRTX 4070を搭載しており、WQHDでは高画質高フレームレート、

また4Kゲーミングも多岐にわたるゲームで可能な使いやすいゲーム性能です。

CPUも旧世代ですがハイクラス性能のCore i7 13700Fでバランスも良し。メモリも32GBでフレームレートが安定しやすいのもメリット。

ストームでしか手に入らない小型のPCケース採用も魅力ポイントです。

4Kゲーミング:予算30万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)ゲーミング可能
  • 動画編集・ゲーム配信も高速

4K(3840×2160)を前提にしたゲーミングPCです。

フルHDでは持て余してしまうゲーム性能になるので、4Kモニターや高解像度ウルトラワイドモニター利用を前提とした人におすすめ。

CPUもゲーム性能・クリエイティブ性能ともに上位クラスなので、

本格的にクリエイティブ作業を考える人にも良いスペックです。

(ストーム)XG-147F47TiS

XG-147F47TiSの製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070 Ti SUPER
メモリ DDR4 32GB
容量 NVMe SSD 1TB
大きさ 465mm x 455mm x 200mm
PCの評価
コスパ 4.0
同価格帯の平均:3.6
(4.0)
ゲーム性能 4.9
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
動画編集性能 5.0
同価格帯の平均:4.4
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.6
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.5
(3.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、166fps
フォートナイト 高画質、243fps 高画質、151fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、211fps 高画質、175fps
タルコフ 最高画質、143fps 最高画質、80fps
オーバーウォッチ2 最高画質、351fps 最高画質、167fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

最新世代のRTX 4070 Ti SUPERグラフィックボードを搭載したゲーミングPCです。

RTX 4070 Tiを超える性能で、より4Kにて高画質高フレームレートを狙いやすくなっています。

CPUも最新トップクラスのCore i7 14700Fで大変良い組み合わせ。

DDR5メモリを32GB搭載もフレームレート安定に寄与。

最強ゲーミングPC:予算50万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 現在のゲーム性能最強クラス
  • 動画編集・ゲーム配信も最強環境

最後はゲーミングPCでは最も高いスペックになる構成のPCです。

4Kでも高画質144FPS固定など、ゲーミングモニターの最高峰の仕様をフル活用できる性能をもち、

クリエイティブ性能もトップクラスです。

価格は高価ですが、かなり長期間活躍できるゲーミングPCと言えます。

(ストーム)PG-X14XT49K

PG-X14XT49Kの製品画像
CPU Core i9 14900KF
グラフィックボード RTX 4090
メモリ DDR5 32GB
容量 NVMe SSD 1TB
大きさ 465mm x 455mm x 200mm
PCの評価
コスパ 1.3
同価格帯の平均:3.0
(1.5)
ゲーム性能 5.6
同価格帯の平均:5.4
(5.0)
動画編集性能 5.5
同価格帯の平均:5.5
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.9
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:4.0
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、218fps
フォートナイト 最高画質、521fps 最高画質、183fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、196fps
タルコフ 最高画質、126fps
オーバーウォッチ2 最高画質、511fps

※参考値であり保証するものではありません。

最新世代のRTX 4090グラフィックボードと最新CPUであるCore i9-14900KFを搭載した現最強コンビです。

RTX 3090に比べ最大4倍の性能を示すこともある化け物グラフィックボードで、ゲーム性能では断トツ。

Core i9 14900KFもゲーム性能トップクラスなので、RTX 4090の性能を十分引き出してくれます。

ただそのほかのスペックはこのクラスとしてはやや魅力に欠ける構成で、

価格もまだまだ高いためコスパは悪いです。

2024年のBTOラインナップ

ここからはストームのBTOパソコンのラインアップの特徴を解説していきます。

現在ストームの扱うゲーミングPCについては一覧ページをご参照ください。

ストームはノートパソコン型はなく、デスクトップ型特化。

ゲーミングPC、ゲーム推奨PC、画像生成AI PC、省スペースPCというカテゴリーにわかれています。

ゲーミングPC

ストームで最もメインのカテゴリです。

ゲーム性能はNVidiaはRTX 4060~RTX 4090、Radeonは7600~7800XTと、

フルHDメイン~4Kメインまで幅広くそろえています。

CPUも対応してCore i5 14400FやCore i7 14700Fといった第14世代Intel、

AMDは7000シリーズなど最新世代にも対応。

ただ全体的には品数が少ないです。

 

画像生成AI PC

最近話題の生成AI向けをテーマにしたゲーミングPCです。

ただCPUやGPUはゲーミングPC用と特に変わらず、

ソフトウェア面で画像生成AI環境を整えているというもの。

省スペースPC

スリムPC、小型PCをそろえており

現在はIntel系のみで、グラフィック性能は内蔵もしくはGT710なので、

ゲーミングPCや動画配信、3DCGレンダリングには向きません。

省スペースなので、サブマシンやリビングPCとして活用するのもイイかもですね。

そのほかのBTOメーカーについて
日本国内主流のBTOメーカーについては下記記事にて紹介しています。
おすすめのBTOパソコンメーカーとは?
4.0
Rated 4 out of 5
4 out of 5 stars (based on 1 review)
とても良い0%
良い100%
まあまあ0%
悪い0%
かなり悪い0%

家電量販店で買うよりいい

Rated 4 out of 5

購入したPCが家電量販店で入手できるPCに比べて、省スペースであるにもかかわらず標準装備でもデータの読み書きが早いので体感としてはかなり高性能に感じるから。

mshrnmb1101