DO-MUの予算・目的別BTOパソコンのおすすめ! | こまたろPC

DO-MUの予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

DO-MUは札幌市にお店を構えるPCショップです。

2019年現在のラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

DO-MUはこんな人におすすめ!

DO-MUおすすめポイント
  • Intel系のみ取り扱い
  • 中古ゲーミングPCも多く、コスパが良いものも

正直なところBTOの種類としては少なく、またカスタマイズできるPCパーツの種類も少ないです。

ただたまに特価をやっていたり、世代前の中古BTOがコスパ良くなっていたりするので、

掘り出し物を探すと良いかもしれません。

フルHDゲーム入門:予算15~18万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHDなら大抵のゲームで60fps以上
  • 動作の軽いゲームならゲーミングモニタ利用も
  • 今後の要求スペックが高いゲームは力不足に

ゲーミングPCでは安価な分類に入るスペックです。

画質は低~高画質とばらつきはあるものの、ほぼほぼ60fps以上安定して遊べ、

ゲームによっては144fpsなどゲーミングモニターもフル活用できます。

安さ重視でゲーミングPCを選ぶにしても、このくらいのスペックはあったほうがおすすめです。


 

ゲーミングPC名 CM NR200P-OR
CPU Core i5 11400(6コア12スレッド)
グラボ GTX1660 ti
メモリ 16GB
容量 500GB SSD
大きさ 446×210×479mm

GTX 1660 tiのグラフィックボードが搭載されたゲーミングPCです。

旧世代であり決して高性能とはいえないですが、

フルHD利用であればそれなりにゲームを遊ぶことができます。

CPUも旧世代ですが、ゲーム性能と価格のコスパが良いCore i5 11400ですので、

本構成では十分です。

フルHDで高画質高fps:予算20~25万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHDならどんなゲームもOK
  • 高画質かつ高fpsが狙える
  • 動画編集やゲーム配信を始めたいひとも

現在の丁度中間、ミドルスペックなゲーミングPCです。

フルHDであれば十分なゲーム性能をもっており、

要求スペックが高いゲームでも高画質や高fpsを狙えるので、

ゲーミングモニターの性能を安定して活かすことができます。

画質もfpsも両方追い求めたい人におすすめです。


 

ゲーミングPC名 CM SILENCIO S600
CPU Core i7-12700F(12コア20スレッド)
グラボ RTX3060
メモリ 32GB DDR4
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 446×210×479mm

最新世代のCore i7 12700Fを搭載したゲーミングPCです。

ゲーム性能が非常に高く、対応するRTX3060グラフィックボードの性能をしっかりと活かせます。

また熱対策として2連の簡易水冷クーラー標準装備、

自作erにも人気の「Asrock H670 PG Riptide」マザーボード採用、

メモリ32GB、容量1TBと、CPUとグラボ以外の構成も高品質かつ高性能となっています。

ハイクラス性能、ウルトラワイドモニター:予算19~23万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • WQHD(2560×1440)など高解像度可能
  • 動画編集やゲーム配信は快適に
  • 条件あえば4Kゲーミングも可能

ハイスペックの入門のような位置づけのゲーミングPCです。

フルHDはもちろんですが、WQHD(2560×1440)ゲーミングを前提としており、

ウルトラワイドモニターなどフルHDより高解像度なモニターを利用したいときにおすすめです。

 

現在対応するゲーミングPCがありません。

4Kゲーミング、高処理3Dレンダリング:予算21万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)の高解像度・高画質でもゲーム可能
  • 動画配信も高画質で
  • 動画・3D編集の作業が迅速

最後はハイクラスなBTOパソコンです。

ゲームは高画質はもちろん、高FPSを出すことも可能ですし、

WQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)も視野にいれてゲームができます。

動画編集は高速処理、3DCGレンダリングといった高度な作業も可能になってきます。

動画配信もより高画質、高解像度が狙えます。

 

現在対応するゲーミングPCがありません。

そのほかのBTOメーカーについて
日本国内主流のBTOメーカーについては下記記事にて紹介しています。
おすすめのBTOパソコンメーカーとは?