フロンティアのゲーミングPC・BTOおすすめ解説 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

フロンティアのゲーミングPC・BTOおすすめ解説

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

ヤマダ電機傘下のBTOメーカーがFRONTIER(フロンティア)です。

現在のラインナップから自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

FRONTIER(フロンティア)はこんな人におすすめ!

FRONTIER(フロンティア)のポイント
  • 他社よりもちょっと安い傾向にある
  • 入れ替えが早く最新トレンドを追いやすい
  • セール時はかなり安くなる
  • Intel・AMDともに主要を取り揃え
  • ラインナップが明確でわかりやすい

一番の特長はセールです。

とにかく安い製品が出ることがあるので、丁度そのタイミングで買うことができればかなりお得。

また最近のCPUとグラボをいち早く取り入れる傾向にあるので、

改良された最善のPCパーツ構成にてBTOを手に入れやすいメリットもあります。

おすすめのBTOパソコンについてはこちら
BTOおすすめのパソコンメーカーとは?

フルHD低~高画質にてゲーム可:予算10~13万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 低~高画質60fpsとばらつきあるが、幅広いゲーム可
  • 軽いゲームなら低画質144fps以上も狙えることも

ゲーミングPCでは最安級に属する価格帯とスペックです。

ゲーム性能が高いとはいえませんがフルHDであればある程度遊ぶことが可能です。

但し要求スペックが高い最新ゲームではやや力不足になる点は留意が必要。

(フロンティア)FRGKB760/A

FRGKB760/Aの製品画像
CPU Core i5 14400F
グラフィックボード RTX 3050
メモリ DDR4 16GB
容量 512GB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約215mm x 高さ(H):約347mm x 奥行(D):約401mm
PCの評価
コスパ 4.0
同価格帯の平均:3.8
(4.0)
ゲーム性能 0.8
同価格帯の平均:1.6
(1.0)
動画編集性能 2.5
同価格帯の平均:2.1
(2.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最低画質、103fps
フォートナイト 低画質、186fps
VALORANT 高画質、263fps
モンハンライズ 高画質、138fps
タルコフ 低画質、144fps
オーバーウォッチ2 最高画質、101fps

※参考値であり保証するものではありません。

RTX 3050のグラボを搭載したゲーミングPC。

前世代のエントリークラスのグラボですが、低価格グラボの新規リリースが無いため今も現役です。

CPUもグラボ性能を活かすには十分な最新Core i5 14400F。

そのほかも安い中でも水準レベルは満たしており、ゲームの体験を損なうようなスペックはありません。

比較的小型のPCケースを採用しているのも魅力。

フルHD高画質、ゲーミングモニター利用:予算14~15万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHDなら高画質60fpsは安定
  • 低~高画質144fps以上可能
  • 動画編集・配信も可

およそミドルスペックと呼ばれる中間の価格帯です。

フルHDで快適に遊ぶならこのあたりからがおすすめ。

重量級ゲームでも高画質60fpsで遊べますし、

低~高画質で144Hzなどゲーミングモニター利用も問題ありません。

(フロンティア)FRGAG-B760/4060

FRGAG-B760/4060の製品画像
CPU Core i5 13400F
グラフィックボード RTX 4060
メモリ DDR4 16GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約210mm x 高さ(H):約457mm x 奥行(D):約465mm
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:3.8
(5.0)
ゲーム性能 2.8
同価格帯の平均:2.3
(3.0)
動画編集性能 3.5
同価格帯の平均:3.0
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.0
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.0
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.5
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、220fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps

※参考値であり保証するものではありません。

最新世代のRTX 4060グラフィックボードを搭載したゲーミングPCで、

この価格帯ではかなり高性能です。

CPUもCore i5 13400Fでバランスの良い組み合わせで、セール中で価格も安くコスパは最強。

フルHD高画質高フレームレートは安定しており、WQHDゲーミングも十分狙えます。

DLSS3にも対応していますので、対応ゲームならさらに高フレームレートを狙うことができます。

WQHDゲーミング、高画質ゲーミングミニター:予算20~23万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHDでは高画質高FPSが余裕
  • 条件次第でWQHD(2560×1440)ゲーミングも
  • 最新描画技術でより臨場感ある体験
  • 動画編集・配信作業も快適に

ミドルクラスでもほぼ上位に近い、ミドルエンドクラスの価格帯です。

もはやフルHDでは何も不自由する要素がなく、

高画質高FPSも可能なので、FPS/TPSをガチでこだわりたい人に良いでしょう。

またグラボによっては、レイトレが快適に、DLSSが利用できるようになるので、

描画のクオリティが向上するだけでなく、WQHDゲーミングも視野に入ってきます。

レイトレーシングって?
最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはGeforce系ではRTコア搭載のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
AMDのRadeonはDirect 12 Ultimate対応でレイトレが利用できます。
DLSSって?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

(フロンティア)FRGKB760/WS1221/NTK

FRGKB760/WS1221/NTKの製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約215mm x 高さ(H):約347mm x 奥行(D):約401mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.8
(5.0)
ゲーム性能 3.8
同価格帯の平均:3.0
(4.0)
動画編集性能 4.5
同価格帯の平均:3.6
(4.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.3
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.9
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、293fps 最高画質、135fps
フォートナイト 高画質、208fps 高画質、123fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、145fps
タルコフ 最高画質、167fps 最低画質、177fps
オーバーウォッチ2 最高画質、307fps 最高画質、123fps

※参考値であり保証するものではありません。

RTX 4070とCore i7 14700Fを組み合わせたゲーミングPCです。

RTX 4070はWQHD高画質高フレームレートを安定して狙うことができ、

DLSSやFSRを活用すれば4Kゲーミングも可能。

最新世代のCore i7 14700KFにもさほどさほど変わらない性能で、RTX 4070の性能を活かすには余裕。

メモリやSSDも水準レベルでOK。

さらに価格が相当安いためコスパはかなりの高さ。

 

4Kゲーミング、ハイクラス入門:予算30万円以上

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)でゲーム可能
  • 最新描画技術でより臨場感ある体験
  • 動画編集・配信も快適
  • 長期間現役で活躍できるPC

ハイクラスの入門という位置づけの価格帯です。

WQHDゲーミングはもちろん、4Kでもゲーム可能な性能になっています。

ウルトラワイドモニター利用を考えている人はこのあたりがおすすめ。

(フロンティア)FRGAG-B650/WS1

FRGAG-B650/WS1の製品画像
CPU Ryzen 7 7800X3D
グラフィックボード RTX 4070 SUPER
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD【Gen4】
大きさ 幅(W):約210mm x 高さ(H):約457mm x 奥行(D):約465mm
PCの評価
コスパ 5.0
同価格帯の平均:3.8
(5.0)
ゲーム性能 4.3
同価格帯の平均:3.0
(4.5)
動画編集性能 4.5
同価格帯の平均:3.6
(4.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.5
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.3
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.9
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、157fps
フォートナイト 高画質、220fps 高画質、141fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、209fps 高画質、171fps
タルコフ 最高画質、212fps 最高画質、67fps
オーバーウォッチ2 最高画質、327fps 最高画質、135fps

※参考値であり保証するものではありません。

RTX 4070 Tiに迫る性能もあるRTX 4070 SUPERを搭載したゲーミングPC。

4Kゲーミング入門としてのゲーム性能があり、CPUもゲーム性能トップクラスのRyzen 7 7800X3DでOK。

メモリも32GBでフレームレート安定、コスパもトップクラスの良さです。

現最強クラス、高画質4Kゲーミング:予算40万円以上

このBTOパソコンのポイント
  • 現最強クラスのゲーム性能
  • 動画・3D編集の作業が迅速
  • 4K高画質or高FPSゲーミング

ゲーミングPCとしては最上位に位置する価格帯です。

CPUもグラボも最高クラスを利用しているので、

ゲーム、動画編集、ゲーム配信など何でも万能。

現時点で最強のゲーミングPCが欲しい人におすすめです。

現在該当するゲーミングPCがありません。

フロンティアはセールが多い

Frontierのセール会場
※上記は春に実施していたセール内容、Frontier公式ページより

フロンティアではほぼ毎日と言ってよいほど、何らかのセールを実施しています。

そして限定台数モデルが多くあり、通常製品よりもかなり安く買えるのでおすすめ

無くなり次第終了も多いので、気になる場合は早めにチェックが必要です。

 

フロンティアのBTOパソコンラインナップをみていきましょう。

現在フロンティアの扱うゲーミングPCについては一覧ページをご参照ください。

スリム型PC(BS、CSシリーズ)

Frontier CSシリーズ画面
※Frontier公式ページより

オフィスなどでよく見かけるスリム型PCはBS、CSシリーズです。

ゲーミングPCというよりは、普段使いや仕事用向きの構成になっており、

ゲームをするには不向きです。

CPUはIntelはCore i3 12100かCore i5 12400、AMDはRyzen 7 5700G/5 5600Gと、

両方とも旧世代から選ぶようになっています。

エントリ~ミドルエンド(GK、GKL、FR30シリーズ)

GKシリーズ
※Frontier公式ページより

GKLシリーズ

※Frontier公式ページより

RTX 3050~RTX 4070までのグラフィックボードを搭載するシリーズです。

フルHD~WQHDぐらいまでのゲーム性能を想定しており、Core i5 14400F/13400F、Core i7 14700F/13700FといったCPUとの組み合わせ。

AMDはRyzen 7 5700X/5 5600の旧世代CPUです。

比較的小型めのミニタワー展開が多くなっています。

このほかセール品などでは従来のGXシリーズを見かけることも。

エントリー~ハイクラスエントリー(GA、GL、GHシリーズ)

Frontier GAシリーズ画面
※Frontier公式ページより

GLシリーズ
※Frontier公式ページより

Frontier GHシリーズ画面
※Frontier公式ページより

RTX 3050~RTX 4070 Tiまでのグラフィックボードを採用したシリーズで、

フルHDから上は4K入門まで幅広いゲーム性能から選ぶことが可能。

CPUもCore i5 14400F/13400F、Core i7 14700F/13700F、Ryzen 7 5700X/5 5600と言った

中間性能くらいの組み合わせもあれば、

Ryzen 7 7800X3D、Ryzen 9 7950X3DといったAMD最強クラス搭載PCも。

大きさは一番定番のミドルタワーケースで、拡張性を維持しつつ、そこそこの大きさに収めた仕様になっています。

ハイクラスゲーミングPC(GB,GBLシリーズ)

Frontier GBシリーズ画面
※Frontier公式ページより

フロンティアでも最も高価な価格帯のシリーズになります。CPUやグラフィックボード以外のPCパーツも高価。

最強のゲーム性能をもつRTX 4090搭載PCを選べるのはこのシリーズだけで、

Core i9 14900K(F)、Core i7 14700KF、AMDはRyzen 7 7800X3DやRyzen 9 7950X3Dといったゲーム性能トップクラスの組み合わせも。

2024年PCラインナップ(ノートPC)

フロンティアではノートPC型のBTOパソコンもあります。

小型・持ち運び特化(NLA、NSシリーズ)

小ささと軽さ重視のシリーズです。

グラフィックボードは搭載されていないので、ゲーム性能はないため、

基本はオフィス使用前提になります。

ゲーミングノートPC(XNR、VNRシリーズ)

グラフィックボードを搭載したゲームができるノートPCシリーズです。

ただ全体的にフロンティアはゲーミングノートPCの種類が少なく、

シリーズといってもほとんどラインナップはありません。

RTX 4060/4050 Laptopを搭載したフルHD前提のゲーミングノートPCだけとなっています。

クリエイター向けPC

3DCAD、3DCG、動画編集などグラフィック性能を求められる作業向けBTOです。

プロフェッショナル向けはRTX A4000/2000というクリエイター向けのGPUが搭載されていますが、

それ以外に関してはRTX 4060 TiやRadeon RX 7600などゲーミング向けのGPUが搭載されており、

ゲーミングPCと変わりません。

CPUとGPU以外のPCパーツ構成は?

ここではデスクトップ型で使われる主なPCパーツの中身を見ていこうと思います。

メモリについて

CPU性能を100%引き出すにはメモリの動作クロックも重要になってきます。

メモリ容量は16GB/32GBが標準になっており、セールによっては安価モデルでも32GBが搭載されていることも。

AMD 7000シリーズに関してはDDR5メモリですが、Intel第14世代/13世代ではDDR4/5が混在しています。

またDDR5といっても4800MHz駆動が多く、CPUの規格からするとやや低め。

ただしこれはフロンティアに限ったことではないのであまり気にしなくても良いでしょう。

SSD

SSDでは従来のSATA3接続のSSDと、

およそ3~5倍くらい読み書きが早いNVMe SSD、

そして現最速の新規格Gen 4 NVMe SSDの3つに分けることができます。

フロンティアでは安価ゲーミングPCでは一部SATA3タイプを利用していますが、

ほとんどがNVMe SSDの初期構成に代わっているため、ゲーム読み込みなど高速です。

また最近はどんどんGen4 NVMe SSDが搭載が多くなっており、

今後はほぼGen4標準になっていきそうです。

CPUクーラー

CPUの発熱を抑えることは熱による性能低下を防ぐため、重要です。

フロンティアではTDP65Wという発熱が少ないCPUなら標準クーラー、

95W以上になるとAINEX製のサイドフロー型クーラーが標準装備となっています。

私の実測経験をもとに考えると、やや冷却不足の構成かなとおもいます。

昨今の最新世代CPUはミドルクラスでも発熱が多めなので、

できれば標準ではなくサイドフロー型クーラー、

より発熱が多いCPUは簡易水冷クーラーか、大型のサイドフロー型クーラーが望ましいです。

最上位のみ簡易水冷クーラー標準装備ですが、

カスタマイズする際はCPUクーラーのアップグレードも考えたほうが良さそうです。

電源

ミドルクラスまではBRONZE認証、ハイクラスになるとGOLD認証を利用していますが、

特別高級なメーカー製というわけではいので、他社と同水準の普通の電源といったところです。

長期間つかっても特に問題は起こり難いかと思います。

マザーボード

ハイクラスだけでなく、安価なクラスでもMSIまたはASRock性能純正マザーボードを利用していることもありますが、

OEM版を利用していることもあり、シリーズによってバラバラ。

4.5
Rated 4.5 out of 5
4.5 out of 5 stars (based on 13 reviews)
とても良い62%
良い23%
まあまあ15%
悪い0%
かなり悪い0%

余計なソフトが入ってないのがよい

Rated 4 out of 5

今までのPCと比べてとてもサクサク動きます。

余分なソフトウェアが初めに入っていないのでとても使いやすくて良いです。

tsubasa

作りがよい

Rated 5 out of 5

結構気になっていたのが騒音性に関してですが、何に操作していない時はほとんど音は気になりません。さらにエンコード中そしてゲーム中であっても騒音値が50dBを超えないので快適に使うことができるのが良いです。それにトップパネルには無数の通気孔が設けられているので、それによって通気性がとても良くなっている点にも満足できます。それからデザイン性も気に入っていて強化ガラスサイドパネルが格好良くて愛着感があります。

マックス99

スペック問題なし

Rated 4 out of 5

買い替えで購入。遊びたかったPCゲームを快適に遊ぶことが出来たところは満足出来ました。動画編集も行いたかったのでエンコードの時間もとてもサクサクと速かったので良かったです。

kame333

評判が心配

Rated 3 out of 5

希望のスペック通りに対応していただいたのはすごくありがたかったが、評判などを見ると、初期不良やすぐに壊れやすいという内容を見て不安に思っている面もあるため。今後次第ということで。

itsuki

安いし早いし初期不良もなかった

Rated 5 out of 5

他メーカーと比べて、セールの時は格段に安いし発送も早いから。それと梱包も丁寧で、初期不良もなかったから。

kawatana