Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2020年】FRONTIER(フロンティア)の予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

ヤマダ電機傘下のBTOメーカーがFRONTIER(フロンティア)です。

現在のラインナップから自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

FRONTIER(フロンティア)はこんな人におすすめ!

FRONTIER(フロンティア)のポイント
  • 他社よりもちょっと安い傾向にある
  • 入れ替えが早く最新トレンドを追いやすい
  • セール時はかなり安くなる
  • Intel・AMDともに充実
  • ラインナップが明確でわかりやすい

一番の特長はセールです。

とにかく安い製品が出ることがあるので、丁度そのタイミングで買うことができればかなりお得。

また最近のCPUとグラボをいち早く取り入れる傾向にあるので、

改良された最善のPCパーツ構成にてBTOを手に入れやすいメリットもあります。

見出しの金額について
金額はデスクトップを基準にしています。
ノートパソコンは同性能だと+2~4万程度になるとお考えください。

基本的な作業のみ利用、安さ重視!:予算5~7万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 使用用途はWEB閲覧、動画視聴、音楽、簡単なメール・オフィス程度
  • プログラミング作業、画像・動画編集・動画配信・3D編集はしない
  • 複数のアプリやソフトを同時に利用する予定はない
  • とにかく安く抑えたい

とにかく安さ重視のBTOパソコンです。

安いと言ってもWEB閲覧やYoutube動画、Amazonで映画を見る、メールやワード、

容量が小さいエクセルとかであれば問題なく動作します。

ただより高度な作業ではちょっとスペック不足ですし、

また複数のアプリを起動させたり、沢山の常駐ソフトを入れたりすると動作が遅くなるので、

簡易的な使い方を前提とする割り切りが必要です。

デスクトップの場合


モデル名 FRCSA320/A
CPU Athlon 200GE(2コア4スレッド)
グラボ Radeon RX Vega 3
メモリ 8GB
容量 240GB SSD
大きさ 幅:100mm x 高さ:341mm x 奥行:約450mm

おすすめのモデルは「FRCSA320/A」です。

最新CPUのAthlon 200GEを搭載したモデルで、

低価格帯だとIntelの場合Celelon G4900(2コア2スレッド)が使用されるのですが、

Athlon 200GEは2コア4スレッドと2スレッド多い上に、

グラフィック性能は比べ物にならないくらい高いので、

要は低価格帯ならCelelon G4900よりAthlon 200GEってことです。

グラフィック性能がある程度あるので、WEB閲覧や動画視聴、エクセル処理(設定によって)などの、

基本動作もCelelon G4900より快適。

メインメモリ8GBと240GB SSDでWin10動作も軽々です。

 

ノートパソコンの場合


モデル名 FRNLC310/S
CPU Core i3-10110U(2コア4スレッド)
グラボ UHD グラフィックス
メモリ 8GB
容量 500GB NVMe SSD
重さ・画面 約2.0kg/15.6インチ

おすすめは「FRNLC310/S」です。

最新世代のモバイルCPUを搭載し、8GBメモリなので、

Win10でもスムーズに動作してくれます。

これより安いモデルもありますが、CPUが古くメモリも少ないため、

快適性を踏まえると、このあたりがベストです。

 

フルHD低~高画質にてゲーム可:予算7~8万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 低~高画質60fpsとばらつきあるが、幅広いゲーム可
  • 軽いゲームなら低画質144fps以上も狙えることも
  • 動画編集・配信にはあまり向かない

CPUおよびグラボ性能がアップし、

基本動作はもちろんゲーミング性能もある程度有する価格帯です。

ゲーミングPCの入門機としてはここからというところ。

フルHD60fps想定であれば、十分最新ゲームも遊べます。

ゲーミングモニター利用はゲームによるので、確実性が欲しい場合は次のグレードが良いです。

デスクトップの場合

現在品切れ中のため該当するモデルがありません。

 

ノートパソコンの場合


モデル名 FRLN710/D
CPU Core i7 9750H(6コア12スレッド)
グラボ GTX1650
メモリ 8GB
容量 240GB NVMe SSD
重さ・画面 約2.1kg/15.6インチ

おすすめは「FRLN710/D」です。

ハイクラスモバイルCPUのCore i7 9750Hに、

入門クラスとして人気が高いGTX1650を搭載しています。

十分にグラボの性能を引き出し、今回の要件に十分対応できます。

 

フルHD高画質、ゲーミングモニター利用:予算9~11万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHDなら高画質60fpsは安定
  • 低~高画質144fps以上可能
  • 動画編集・配信も可

およそミドルスペックと呼ばれる中間の価格帯です。

フルHDで快適に遊ぶならこのあたりからがおすすめ。

重量級ゲームでも高画質60fpsで遊べますし、

低~高画質で144Hzなどゲーミングモニター利用も問題ありません。

CPU性能も高くなっているので、ある程度動画編集やゲーム配信もこなせるようになります。

デスクトップの場合


モデル名 FRGAB450/D2/NTK
CPU Ryzen5 3500(6コア6スレッド)
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB(アップグレード)
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 200(幅)×485(奥行き)×423(高さ)mm

性能に対する価格コスパが最も高くおすすめのモデルです。

ゲーミング性能が高いRyzen5 3500と、フルHDで高コスパなGTX1660 SUPERで、

かなり快適にゲームができます。記憶容量も十分。

唯一メモリだけ16GBにしたほうがより快適性が向上します。

ノートパソコンの場合

現在該当するモデルがありません。

フルHD無敵、高画質ゲーミングミニター:予算15~17万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 高画質にて144fps以上確保
  • 最新描画技術でより臨場感ある体験
  • 動画編集・配信作業も快適に

ミドルクラスでもほぼ上位に近い、ミドルエンドクラスの価格帯です。

もはやフルHDでは何も不自由する要素がなく、

高画質高FPSも可能なので、FPS/TPSをガチでこだわりたい人に良いでしょう。

またグラボによっては、レイトレが快適に、DLSSが利用できるようになるので、

描画のクオリティが向上するだけでなく、WQHDや4Kゲーミングができることもあります。

レイトレーシングって?
最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはRTコア搭載のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
DLSSって?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

デスクトップの場合


モデル名 FRGAB450/B2/NTK
CPU Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)
グラボ RTX2060 SUPER(アップグレード)
メモリ 16GB
容量 512GB NVMeSSD + 1TB HDD
大きさ 幅:約200mm x 高さ:約423mm x 奥行:約485mm

おすすめは「FRGAB450/B2/NTK」です。

なんといってもCPUが高性能なRyzen7 3700Xを搭載し、

ゲーム編集作業が快適におこなうことができます。

初期構成のGTX1660 SUPERからRTX2060 SUPERにアップグレードすることで、

本要件を満たすことができます。

 

ノートパソコンの場合


モデル名 FRXN1010/A
CPU Core i7 10750H(6コア12スレッド)
グラボ RTX2060
メモリ 16GB
容量 1TB NVMe SSD
重さ/画面 約2.25kg/15.6インチ

おすすめは「XNシリーズ FRXN1010/A」です。

最新世代のCore i7 10750Hを搭載しており、

デスクトップ用のCPUと比べると処理能力が劣りますが、

高パフォーマンスのモバイルCPUなので、RTX2060と組み合わせることで、

今回の要件は難なくクリアできます。

 

WQHD(2560×1440)ゲーミング:予算17万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • WQHD(2560×1440)ゲーム可能
  • 最新描画技術でより臨場感ある体験
  • 動画編集・配信も快適
  • 長期間現役で活躍できるPC

ハイクラスの入門という位置づけの価格帯です。

より高解像度のWQHD(2560×1440)ゲーミングも十分視野になり、

ゲーミングモニター利用でも最高画質で遊ぶことが可能です。

ゲーム配信でも快適に高画質でおこなうことができるようになるので、

Youtube配信など考えている人にもおすすめできます。

デスクトップの場合


モデル名 FRGHB550/B
CPU Ryzen7 3700X(8コア16スレッド)
グラボ RTX2060 SUPER
メモリ 16GB
容量 1TB NVMe SSD + 2TB HDD
大きさ 210(幅)×465(奥行き)×453(高さ)mm

おすすめは「FRGHB550/B」です。

最新世代Ryzen7 3700Xを搭載モデルで、

ゲーミング性能はもちろん動画編集や配信も快適に動作します。

RTX2070 SUPERはWQHDでも十分な力を発揮し、

レイトレやDLSSの機能も使えます。

また電源もGold認証850Wと、品質・容量ともに十分で、

長時間ゲームしても安心できます。

ノートパソコンの場合


モデル名 FRZN712/B
CPU Corei7-9750H(6コア12スレッド)
グラボ RTX2060
メモリ 8GB
容量 240GB SSD
重さ/画面 約2.2kg/15.6インチ

おすすめは「ZNシリーズ FRZN712/B」です。

Core i7 10750HとRTX2070 SUPERの組み合わせになります。

最新のモバイルCPUとなり、デスクトップには劣るものの十分な性能をもっています。

高パフォーマンスのモバイルCPUなので、RTX2070 SUPERと組み合わせることで、

快適にゲームがおこなえるでしょう。

 

4Kゲーミング、3Dレンダリング:予算25万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)でゲーム可能
  • 動画・3D編集の作業が迅速
  • 高画質240fpsゲーミング
  • 機械学習にも対応
  • 10年は使える

ゲーミングPCとしては最上位に位置する価格帯です。

CPUもグラボも最高クラスを利用しているので、

ゲーム、動画編集、ゲーム配信など何でも万能。

現時点で最強のゲーミングPCが欲しい人におすすめです。

デスクトップの場合


モデル名 FRGHX570/C
CPU Ryzen9 3950X (16コア32スレッド)
グラボ RTX2080 SUPER(アップグレード)
メモリ 16GB
容量 1TB NVMeSSD + 2TB HDD
大きさ 幅:約212mm x 高さ:約456mm x 奥行:約459mm

おすすめは「FRGHX570/C」です。

最新世代のRyzen9 3950Xはマルチコア性能においては、

同クラスIntelを凌駕しており、シングル性能も引けをとりません。

当然動画編集や配信に強く、快適レベルで動かすことができます。

グラボも最高峰のRTX2080 SUPERにアップグレードし4Kゲーミングも可能。

ゲーミングモニターを利用しても高画質で遊ぶことが容易です。

マザボ、メモリ、記憶容量、電源ともに、

高スペック、高品質、高耐久性で構成されており、死角がありません。

 

ノートパソコンの場合

現時点で該当するモデルがありません。

 

2020年PCラインナップ(デスクトップ)

フロンティアのBTOパソコンラインナップをみていきましょう。

超小型PC(CIシリーズ)

手のひらサイズから辞書サイズぐらいの超小型PCは、

CIシリーズとなっています。

スリム型PC(BS、CSシリーズ)

オフィスなどでよく見かけるスリム型PCはBS、CSシリーズです。

下はCeleron G4900、最上位はCore i7 10900までと、かなり性能の選択肢が大きいです。

AMD系ではAthlon 200GE/Ryzen3 3200Gモデルが登場しています。

グラボはオンボード前提なので、ゲーミングPCというよりはオフィス仕様として考えましょう。

ミニタワー型PC(MX、GX、GK、GAシリーズ)

長方形のタワー型では一番小さいミニタワー型ではMX、GX、GK、GAシリーズになります。

IntelがGA、GK、MX、AMDがGA、GXです。

大きな違いは利用しているマザーボードとなっており、

最新世代はIntelがH470とB460、AMDがB550となっています。

価格が問題なければ最新世代から選択するのが良いでしょう。

 

CPUはIntelはCore i3 9100~Core i9 10900Kと

第9世代の下位クラスから第10世代の最上位まで幅広い選択が可能。

グラボもRTX2080ti~GTX1650とかなり幅広い性能から選択できます。

 

AMDもRyzen3 3100~Ryzen9 3900XTと幅広く、

同じくグラボはRTX2080ti~GTX1650です。

ミドルタワー、ゲーミングPC(GH、GBシリーズ)

中くらいのタワー型、ミドルタワー型PCはGH、GBシリーズになります。

Intel・AMD両方とも共通です。

位置づけしては利用するマザーボードが上位のクラスを利用しており、

スペックでは見えにくい部分の能力が高くなっています。

 

CPUとグラボはともにMX、GX、GK、GAシリーズと選択肢が一緒となっています。

2020年PCラインナップ(ノートPC)

フロンティアではノートPC型のBTOパソコンもあります。

小型・持ち運び特化(NL、NLC、NS、NSMシリーズ)

小ささと軽さ重視のシリーズです。

グラフィックボードは搭載されていないので、ゲーム性能はないため、

基本はオフィス使用前提になります。

ゲーミングノートPC(ZN、XNR、GN、LNシリーズ)

グラフィックボードを搭載したゲームができるノートPCシリーズです。

基本的にはカスタマイズ性はほとんどなく、目的にあわせて選ぶって感じです。

安さ重視でゲーム入門機ならLNかGNシリーズ、

ミドルからハイクラスならZNかXNRシリーズを選びましょう。

クリエイター向けPC

3DCAD、3DCG、動画編集などグラフィック性能を求められる作業向けBTOです。

いわゆるグラボがこういった作業が得意とされるQuadroシリーズのP620を使用しているのですが、

これを選択するなら、ゲーミングPCのほうが最新で十分対応できると思っています。

なのであまりおすすめできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA