Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2019年】FRONTIER(フロンティア)の予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

ヤマダ電機傘下のBTOメーカーがFRONTIER(フロンティア)です。

2019年現在のラインナップから、自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

FRONTIER(フロンティア)はこんな人におすすめ!

FRONTIER(フロンティア)のポイント

  • 他社よりもちょっと安い傾向にある
  • ひと世代前のハイクラスBTOがおすすめ
  • セール時はかなり安くなる
  • パソコンのデザインが他より面白味がある
  • ラインナップが明確でわかりやすい


一番の特長はセールです。

とにかく安い製品が出ることがあるので、丁度そのタイミングで買うことができればかなりお得。

特にひと世代前のハイクラススペックに属するBTOパソコンは、

性能が良い割に価格が下がっているのでおすすめです。

ラインナップは特別多いわけではないものの、性能や区分けが明確で選びやすいという特長があります。

基本的な作業のみ利用、安さ重視!:予算5~6万円前後

このBTOパソコンのポイント

  • 使用用途はWEB閲覧、動画視聴、音楽、簡単なメール・オフィス程度
  • プログラミング作業、画像・動画編集・動画配信・3D編集はしない
  • 複数のアプリやソフトを同時に利用する予定はない
  • とにかく安く抑えたい


とにかく安さ重視のBTOパソコンです。

安いと言ってもWEB閲覧やYoutube動画、Amazonで映画を見る、メールやワード、

容量が小さいエクセルとかであれば問題なく動作します。

ただより高度な作業ではちょっとスペック不足ですし、

また複数のアプリを起動させたり、沢山の常駐ソフトを入れたりすると動作が遅くなるので、

簡易的な使い方を前提とする割り切りが必要です。

デスクトップの場合

おすすめのモデルは「CSAシリーズ FRCSA320/A」です。

価格は49,464円。初期設定のままです。

基本的に低価格帯で動作がそれなりのPCを組むなら、現在はAthlon200GEというCPUをお勧めしているのですが、

このモデルがまさに搭載したBTOパソコンになります。

低価格帯だとIntelの場合Celelon G4900(2コア2スレッド)が使用されるのですが、

Athlon200GEは2コア4スレッドと2スレッド多い上に、

グラフィック性能は比べ物にならないくらい高いので、

要は低価格帯ならCelelon G4900よりAthlon200GEってことです。

グラフィック性能がある程度あるので、WEB閲覧や動画視聴、エクセル処理(設定によって)などの、

基本動作もCelelon G4900より快適です。

しかもこのモデルは5万円以内なのに8GBのメモリ+240GB SSDなので、

Windows10でも動作が軽いです。

他のBTOパソコンだと6~7万円するので、かなりお得だとおもいます。

 

ノートパソコンの場合

おすすめは「NSシリーズ FRNS110/D」です。

安さ重視のノートパソコンにするならほかのモデルもあるのですが、

同時に携帯性も高めたほうが良いかと思います。

機能は正直そこまで高くありませんが、だからこそ約1.45kgと軽く、また小さくできるわけです。

ノートパソコンは高性能になるほど携帯性はなくなっていきますからね・・・

基本的には初期構成で問題ありませんが、

1点メモリだけは4GB→8GBにアップグレードしたほうが良いです。

Windows10を快適に動作させるなら最低8GB必須ですので。

価格は64,368円となります。

 

マルチタスク、中程度作業、ライトゲーム:予算8~9万円前後

このBTOパソコンのポイント

  • プログラミング作業、画像・動画編集はある程度可能
  • 複数のアプリやソフトを同時に利用してもOK
  • 動作が軽いPCゲームならできる!


基本動作であれば安さ重視のBTOパソコンでもOKなのですが、

基本的に単一で動作させるときが快適になります。

なので、例えば複数のホームページを開いたままにする、沢山の常駐ソフトを入れるといった、

パソコンに高負荷がかかりやすくなってくる使い方であれば、

もう一段階高いスペックが良いです。

長く使用しても動作が遅くなりにくいですし。

またこのくらいのスペックになると、

プログラミング作業や画像・動画編集も高速というわけではないですが、

ある程度実施可能ですし、ライトゲームと呼ばれる動作が軽いゲームも遊ぶことができます。

比較的軽いPCゲーム代表例

フォートナイト、マイクラ、オーバーウォッチ、ACE COMBAT7、ナイトメアクロノス、ケモニスタオンライん、黒い砂漠などMMORPG、ドラゴンクエストX、モンスターハンターワールド、デビルメイクライ5、信長の野望など

予算が許すなら基本的にはこの価格帯から買う方が、長持ちすると思います。

デスクトップの場合

おすすめは「FRMXH310 MXシリーズ」です。

Intel Corei3-8100(4コア/4スレッド)とGTX1650を搭載したモデルになります。

Corei3-8100は比較的低価格なら処理能力が高く、

GTX1650は最近登場したばかりのグラフィックボードで、

前世代のGTX1050と比べて約2倍の性能。

軽い動作スペックを要求するゲームなら難なく動きます。

また最新ゲームほど性能を発揮しやすい構造になっていますので、将来性もあります。

 

ゲームはCPUとグラフィックボードの性能バランスが大切なのですが、

このモデルはそのバランスがうまくとれています。

高速とまではいきませんが、動画編集やプログラミング作業にも使うことができます。

難点としては初期設定がHDDであること。

HDDだとストレスの温床になりかねないので、

少し価格が高くなりますがSSDへのアップグレードをおすすめします。

 

ノートパソコンの場合

残念ながらこの価格帯、性能スペックで丁度良いのがありません。

NSMシリーズというノートパソコンが金額的に近いのですが、

グラフィックボード非搭載なので、ゲームをするのはちょっと厳しいです。

幅広いゲーム、動画編集・配信、3D編集:予算10~15万円前後

このBTOパソコンのポイント

  • プログラミング作業、動画編集は問題なく快適
  • 幅広いゲームを遊ぶことができる!
  • ゲーム配信など高負荷マルチタスクもOK
  • 3DCG編集もある程度可能
  • 数年は問題なく快適


前段階のスペックでも動作することができますが、

このくらいになるとさらに快適性を追求した動作スペックになってきます。

プログラミングや動画編集もより早く作業ができるようになりますし、

より動作要求が高いゲームも遊ぶことが可能になります。

比較的重めなゲーム

ApexLegens、Division2、トゥームレイダー、アサシングリードオデッセイ、FF、FarCry、Fallout4、PUPG、Sekiro、Total Warなど

フルHDであれば中~高画質60fpsを前提にしたスペックとなります。

また、ゲーム配信など複数のマルチタスク作業にも対応することを前提として選びました。

デスクトップの場合

おすすめは「FRMXH310 MXシリーズのAモデル」です。

Intel Corei5-9400F(6コア/6スレッド)とGTX1660を搭載したモデルが非常にコスパ高いです。

Corei5-9400Fはゲーミング性能が高く、コスパが高いとして人気で、

GTX1660は最近登場したばかりのグラフィックボードで、

前世代のGTX1060と比べて50~60%ほどの高性能となっており、

もはやハイクラスの入門機としても良いレベルになっています。

なので今回の要件は余裕でクリアできるでしょう。

SSDを480GB、データ保管用に1TB HDDを付加してたほうが、

多くのゲームをインストールできておすすめです。

 

予算があれば、よりリアリティある体験を

もうすこし予算があるということであれば、RTX2060を搭載できるモデルも良いです。

RTX2060はレイトレーシングとDLSSという描画手法・処理方法が使えるので、

より現実に近いリアリティに富んだグラフィックを高画質でゲームすることもできます。

レイトレーシングって?

最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはレイトレーシング対応のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
DLSSって?

GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

RTX2060なら大概のゲームをフルHD高画質60fpsは確保できますし、

120fps以上の高FPSプレイや、WQHD(2560×1440)の高解像度ゲームも視野に入れられます。

RTX2060を搭載できるモデルでおすすめは「GRシリーズ FRGRH370」です。

IntelのミドルクラスであるCorei5 9400(6コア6スレッド)を搭載したモデルで、

今回の要件には丁度良いCPUです。

初期構成は8GBですが、このあたりのスペックからは16GBあるほうがより安心です。

また記憶媒体は480GB+1TBにしましょう。

 

ノートパソコンの場合

おすすめは「XNRシリーズ FRXN710/D」です。

Corei7 8750HとRTX2060の組み合わせになります。

Corei7 8750Hはモバイル用のCPUなので、デスクトップ用のCPUと比べると処理能力が劣りますが、

高パフォーマンスのモバイルCPUなので、RTX2060と組み合わせることで、

今回の要件は難なくクリアできます。

基本構成から、SSDを240GB→500GBにアップデートしています。

沢山のゲームや動画編集を前提にすると、このくらいの容量は欲しいですからね。

176,688円。

本来はグラフィックボードを一つ下のGTX1660tiか1660にしたいところですが、

ラインナップが無いので仕方ないですね。。。

 

4Kゲーミング、高処理3Dレンダリング:予算19~21万円前後

このBTOパソコンのポイント

  • 4K(3840×2160)の高解像度・高画質でもゲーム可能
  • 動画・3D編集の作業が迅速
  • 機械学習にも対応
  • 10年は使える


ハイクラスと呼ばれるBTOです。

正直現状の在庫的にミドルクラスBTOパソコンがなく、

一つ前にご紹介したBTOパソコンでも十分ハイクラスなのですが、

さらに4Kはもちろん、高画質でゲームができる、

動画エンコードや3Dレンダリングの作業が迅速など、

早さとクオリティをより追求したスペック帯のBTOパソコンを選びました。

ただし際限なく追及すると大変高価になるので、

今回の要件を満たせるギリギリのスペックを前提としています。

デスクトップの場合

おすすめは「GHシリーズ FRGHZ390/B」です。

Corei9-9900K(8コア16スレッド)というIntel最強のCPUとRTX2070の組み合わせで、

今回の要件を難なくクリアできます。

あと見た目的にもRGBに光るので、そういうの好きな人にはいいとおもいます(*’▽’)

またこちらの場合基本構成で問題なく、

特にカスタマイズの必要はないかなと思います。

メモリも16GB、SSD480GB、HDD2TBなので、長期間使っても動作が遅くなることは少ないです。

価格は221,184円。

予算が許すなら、グラフィックボードをRTX2080にすれば、

さらに4Kゲーミングを楽しむことができます。

 

ノートパソコンの場合

おすすめは「ZNシリーズ FRZN910/B」です。

こちらはモバイルCPUとしては最上位のi9-8950HK(6コア12スレッド)にRTX2070を搭載しています。

ノートパソコンとしてはスーパー高スペックです(*’▽’)

構成も初期のままで十分でしょう。

メインメモリ16GB、SSDも512GBありますから、

かなり快適に動作します。

価格は264,384円。

 

2019年PCラインナップ(デスクトップ)

フロンティアのBTOパソコンラインナップをみていきましょう。

超小型PC(CS、CSA、CIシリーズ)

手のひらサイズから辞書サイズぐらいの超小型PCは、

CS、CSA、CIシリーズとなっています。

基本的にはグラフィック性能は乏しいのでオフィス利用ですが、

CSAシリーズは内蔵グラフィックが強い、Athlon 200GE/Ryzen3 2200G/Ryzen5 2400Gなので、

多少のゲーム性能も持ち合わせています。

スリム型PC(BSHシリーズ)

オフィスなどでよく見かけるスリム型PCはBSHシリーズです。

下はCeleron G4900、最上位はi7-8700までと、かなり性能の選択肢が大きいです。

オプションにグラフィックボード増設はできないので、オフィス仕様ですね。

ミニタワー型PC(GT、MX、GXシリーズ)

長方形のタワー型では一番小さいミニタワー型ではGT、MX、GXシリーズになります。

ただGTシリーズは2世代前のCorei5-7400ベースになり、

価格が安いということもありますが、基本はMX、GXシリーズかなと思います。

MX、GXではより安価モデルがMX、少し品質が良いのがGXという感じ。

ただ価格差があまりないのと、GXのほうがパーツ選択肢が多いためおすすめです。

ミドルタワー、ゲーミングPC(GB、GH、GR、GAシリーズ)

中くらいのタワー型、ミドルタワー型PCはGB、GH、GR、GAシリーズになります。

拡張性が高いので、今後色々なパーツを増設しやすいです。

なおフロンティアにはゲーミングPCと呼ばれる項目がありますが、

つまりはGB、GH、GR、GAシリーズのことです。

各シリーズはほとんど選べるPCパーツが一緒なので、基本はケースの見た目という感じですが、

より安くゲーミングPC入門機なら、GR、GAシリーズ、

ミドル~ハイスペックならGH、GBシリーズという枠組みになります。

2019年PCラインナップ(ノートPC)

フロンティアではノートPC型のBTOパソコンもあります。

小型・持ち運び特化(NSM、NSシリーズ)

小ささと軽さ重視ならNSM、NSシリーズになります。

グラフィックボードは搭載されていないので、ゲーム性能はないため、

基本はオフィス使用前提になります。

価格重視ならNSシリーズ、性能ならNSMシリーズを選択します。

安いワイド型ノートPC(NLKRシリーズ)

あまり持ち運びはせず、画面の大きさで選ぶならNLKRシリーズです。

価格が抑えられたモデルで、グラフィック性能は乏しいですが、

普段使いであれば十分に対応できます。

ゲーミングノートPC(ZN、XNR、GN、LNシリーズ)

グラフィックボードを搭載したゲームができるノートPCシリーズです。

基本的にはカスタマイズ性はほとんどなく、目的にあわせて選ぶって感じです。

安さ重視でゲーム入門機ならLNかGNシリーズ、

ミドルからハイクラスならZNかXNRシリーズを選びましょう。

クリエイター向けPC(GX、GBシリーズ)

3DCAD、3DCG、動画編集などグラフィック性能を求められる作業向けBTOです。

いわゆるグラボがこういった作業が得意とされるQuadroシリーズのP620を使用しているのですが、

これを選択するなら、ゲーミングPCのほうが最新で十分対応できると思っています。

なのであまりおすすめできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA