FRONTIER(フロンティア)の予算・目的別BTOパソコンのおすすめ! | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

FRONTIER(フロンティア)の予算・目的別BTOパソコンのおすすめ!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

ヤマダ電機傘下のBTOメーカーがFRONTIER(フロンティア)です。

現在のラインナップから自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

FRONTIER(フロンティア)はこんな人におすすめ!

FRONTIER(フロンティア)のポイント
  • 他社よりもちょっと安い傾向にある
  • 入れ替えが早く最新トレンドを追いやすい
  • セール時はかなり安くなる
  • Intel・AMDともに主要を取り揃え
  • ラインナップが明確でわかりやすい

一番の特長はセールです。

とにかく安い製品が出ることがあるので、丁度そのタイミングで買うことができればかなりお得。

また最近のCPUとグラボをいち早く取り入れる傾向にあるので、

改良された最善のPCパーツ構成にてBTOを手に入れやすいメリットもあります。

おすすめのBTOパソコンについてはこちら
BTOおすすめのパソコンメーカーとは?

フルHD低~高画質にてゲーム可:予算10~13万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • 低~高画質60fpsとばらつきあるが、幅広いゲーム可
  • 軽いゲームなら低画質144fps以上も狙えることも
  • 動画編集・配信にはあまり向かない

CPUおよびグラボ性能がアップし、

基本動作はもちろんゲーミング性能もある程度有する価格帯です。

ゲーミングPCの入門機としてはここからというところ。

フルHD60fps想定であれば、十分最新ゲームも遊べます。

ゲーミングモニター利用はゲームによるので、確実性が欲しい場合は次のグレードが良いです。

現在該当するPCがありません。

フルHD高画質、ゲーミングモニター利用:予算13~15万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHDなら高画質60fpsは安定
  • 低~高画質144fps以上可能
  • 動画編集・配信も可

およそミドルスペックと呼ばれる中間の価格帯です。

フルHDで快適に遊ぶならこのあたりからがおすすめ。

重量級ゲームでも高画質60fpsで遊べますし、

低~高画質で144Hzなどゲーミングモニター利用も問題ありません。

CPU性能も高くなっているので、ある程度動画編集やゲーム配信もこなせるようになります。

(フロンティア)FRGXB660/A/NTK

FRGXB660/A/NTKの製品画像
CPU Core i5 12400F
グラフィックボード GTX 1660 SUPER
メモリ DDR4 16GB
容量 500GB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約190mm x 高さ(H):約356mm x 奥行(D):約421mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:4.2
(4.5)
ゲーム性能
同価格帯の平均:1.1
(1.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:2.1
(2.5)
記憶容量
同価格帯の平均:1.9
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:3.8
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:2.9
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.6
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最低画質、103fps
フォートナイト 低画質、186fps
VALORANT 高画質、263fps
モンハンライズ 高画質、138fps
タルコフ 低画質、144fps

※参考値であり保証するものではありません。

Core i5 12400FとGTX 1660 SUPERを組み合わせた安さ重視のPCです。

ゲーム性能はそこそこですがコスパは相当高いゲーミングPCなので、価格重視の人には買いやすいかと思います。

WQHDゲーミング、高画質ゲーミングミニター:予算15~20万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHDでは高画質高FPSが余裕
  • 条件次第でWQHD(2560×1440)ゲーミングも
  • 最新描画技術でより臨場感ある体験
  • 動画編集・配信作業も快適に

ミドルクラスでもほぼ上位に近い、ミドルエンドクラスの価格帯です。

もはやフルHDでは何も不自由する要素がなく、

高画質高FPSも可能なので、FPS/TPSをガチでこだわりたい人に良いでしょう。

またグラボによっては、レイトレが快適に、DLSSが利用できるようになるので、

描画のクオリティが向上するだけでなく、WQHDゲーミングも視野に入ってきます。

レイトレーシングって?
最近ゲームに導入されるようになった描画手法で、今までと違いリアルな光の反射を簡単に計算できるようになることで、
よりリアルに近い描写をすることができるようになる。
この描画を使うにはGeforce系ではRTコア搭載のグラフィックボードのほうがパフォーマンスが良い(GeForce RTX系)。
AMDのRadeonはDirect 12 Ultimate対応でレイトレが利用できます。
DLSSって?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

(Frontier(フロンティア))FRGXB550/C/NTK

FRGXB550/C/NTKの製品画像
CPU Ryzen 7 5700X
グラフィックボード RTX 3060
メモリ DDR4 16GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約190mm x 高さ(H):約356mm x 奥行(D):約421mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.8
(4.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:2.5
(2.5)
動画編集性能
同価格帯の平均:3.3
(3.5)
記憶容量
同価格帯の平均:2.3
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:3.9
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:2.9
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、175fps
フォートナイト 中画質、260fps
VALORANT 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、153fps
タルコフ 高画質、87fps

※参考値であり保証するものではありません。

RTX 3060とRyzen 7 5700Xを組み合わせた価格と性能バランスがよいPCです。

コスパも高めで、ゲームや動画編集を快適におこなえる水準の構成になっているので、

弱点も特になく使いやすいゲーミングPCといえます。

 

4Kゲーミング、ハイクラス入門:予算23万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)でゲーム可能
  • 最新描画技術でより臨場感ある体験
  • 動画編集・配信も快適
  • 長期間現役で活躍できるPC

ハイクラスの入門という位置づけの価格帯です。

WQHDゲーミングはもちろん、4Kでもゲーム可能な性能になっています。

ウルトラワイドモニター利用を考えている人はこのあたりがおすすめ。

(フロンティア)FRGH670/SG3

FRGH670/SG3の製品画像
CPU Core i7 12700F
グラフィックボード RTX 3080(12GB)
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD + 2TB 3.5インチ S-ATA ハードディスク
大きさ 幅(W):約200mm x 高さ(H):約465mm x 奥行(D):約470mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.6
(4.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
動画編集性能
同価格帯の平均:4.0
(4.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.5
(4.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.3
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.4
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、155fps
フォートナイト 高画質、219fps 高画質、137fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、205fps 高画質、169fps
タルコフ 最高画質、205fps 最高画質、64fps

※参考値であり保証するものではありません。

4Kゲーミングを快適に遊ぶことができるRTX 3080を搭載したゲーミングPCです。

Core i7 12700Fはベストではないものの、RTX 3080の性能を十分に活かすことができ、

ゲームが安定しやすい32GBメインメモリ搭載など、高水準に構成がまとまっています。

現最強クラス、高画質4Kゲーミング:予算30万円以上

このBTOパソコンのポイント
  • 現最強クラスのゲーム性能
  • 動画・3D編集の作業が迅速
  • 4K高画質or高FPSゲーミング

ゲーミングPCとしては最上位に位置する価格帯です。

CPUもグラボも最高クラスを利用しているので、

ゲーム、動画編集、ゲーム配信など何でも万能。

現時点で最強のゲーミングPCが欲しい人におすすめです。

(Frontier(フロンティア))FRGBZ690/SG2

FRGBZ690/SG2の製品画像
CPU Core i7 12700KF
グラフィックボード RTX 3080 Ti
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約239mm x 高さ(H):約510mm x 奥行(D):約513mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.7
(3.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:4.0
(4.5)
動画編集性能
同価格帯の平均:4.3
(4.5)
記憶容量
同価格帯の平均:4.3
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.2
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、159fps
フォートナイト 高画質、221fps 高画質、143fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、209fps 高画質、174fps
タルコフ 最高画質、212fps 最高画質、69fps

※参考値であり保証するものではありません。

準最強クラスのグラフィックボードであるRTX 3080 Tiを搭載したゲーミングPCです。

4Kでも高画質高フレームレートが狙える性能で、その性能を十分に活かせるようゲーム性能トップクラスのCPUが採用されています。

ゲーム安定性や動画編集時間が早くなるDDR5メモリを32GBなど他の構成も水準レベルより高めとなっており、

最強クラスにふさわしいゲーミングPCです。

(Frontier(フロンティア))FRGHZ690/CG

FRGHZ690/CGの製品画像
CPU Core i9 12900KF
グラフィックボード RTX 3090
メモリ DDR5 64GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約200mm x 高さ(H):約465mm x 奥行(D):約470mm
PCの評価
コスパ
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
ゲーム性能
同価格帯の平均:4.3
(4.5)
動画編集性能
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:3.5
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:4.0
(5.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.7
(5.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、159fps
フォートナイト 高画質、221fps 高画質、143fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、209fps 高画質、174fps
タルコフ 最高画質、212fps 最高画質、69fps

※参考値であり保証するものではありません。

現在フロンティアで発売する最強構成のゲーミングPCです。

上から二番目となるRTX 3090グラボとゲーム性能トップクラスのCore i9 12900KFを搭載。

DDR5が64GB搭載されているのも水準よりかなり高く、

価格は高いものの、最強のPCと言えます。

2022年PCラインナップ(デスクトップ)

フロンティアのBTOパソコンラインナップをみていきましょう。

現在フロンティアの扱うゲーミングPCについては一覧ページをご参照ください。

スリム型PC(BS、CD、CSシリーズ)

オフィスなどでよく見かけるスリム型PCはBS、CD、CSシリーズです。

ただしCDだけ、モニタの裏側にも取り付けられるより小型なゲーミングPCです。

CDはCore i5 10400、最上位はCore i9 10900まで、

と2世代前のCPUなので、モニターの裏に付けたい!という要望がなければ、

あまりおすすめできないシリーズです。

BSはCore i5 11400、Core i7 11700と第12世代の登場で旧世代ではありますが、

現役で戦える性能を持っています。

ただグラフィックボードが非搭載なので、ゲーミングPCとして買うにはおすすめできません。

CSは最近登場したシリーズで、特にRyzen 5 5600G/Ryzen 7 5700Gモデルでは、

ゲームをしない人であればCPUは高性能で、かつ安くPCを購入することが可能です。

エントリ~ミドルクラスPC(GX、GKシリーズ)

グラフィックボードの性能的に、エントリーからミドルクラスまでを前提としており、

CPUはハイクラスまで選ぶことが可能です。

Intel系は全てが最新第12世代に置き換わり、

Core i5 12400F/Core i7 12700Fの2択。

AMD系はRyzen 5 5600X/Ryzen 7 5700X/Ryzen 9 5900Xと、

最新のミドルクラス~ハイクラスです。

ハイクラスゲーミングPC(GH、GBシリーズ)

グラフィックボードはミドル序盤~最高峰クラスまで選べる、

高性能なゲーミングPCを中心としたシリーズです。

CPUはミドル~ハイクラスまで選択することができ、

IntelはCore i5 12400F/Core i7 12700K(F)/Core i9 12900K(F)の最新12世代に置き換わりました。

AMDもRyzen 5 5600X/Ryzen 7 5800X/Ryzen 9 5900X/Ryzen 9 5950Xです。

 

グラボはRTX3090/RTX3080Ti/RTX3080/RTX3070Ti/RTX3060/RTX3050、RX6700XTと、

ほぼRTX系寄りの選択肢となっています。

2022年PCラインナップ(ノートPC)

フロンティアではノートPC型のBTOパソコンもあります。

小型・持ち運び特化(NA、NLC、NSCシリーズ)

小ささと軽さ重視のシリーズです。

グラフィックボードは搭載されていないので、ゲーム性能はないため、

基本はオフィス使用前提になります。

ゲーミングノートPC(ZN、XNMシリーズ)

グラフィックボードを搭載したゲームができるノートPCシリーズです。

基本的にはカスタマイズ性はほとんどなく、目的にあわせて選ぶって感じです。

安さ重視でゲーム入門機ならLNかGNシリーズ、

ミドルからハイクラスならZNかXNMシリーズを選びましょう。

クリエイター向けPC

3DCAD、3DCG、動画編集などグラフィック性能を求められる作業向けBTOです。

いわゆるグラボがこういった作業が得意とされるQuadroシリーズのP620を使用しているのですが、

これを選択するなら、ゲーミングPCのほうが最新で十分対応できると思っています。

なのであまりおすすめできません。

CPUとGPU以外のPCパーツ構成は?

ここではデスクトップ型で使われる主なPCパーツの中身を見ていこうと思います。

メモリについて

CPU性能を100%引き出すにはメモリの動作クロックも重要になってきます。

フロンティアでは現在多くのCPUの最大対応クロックである、

3200MHzメモリを搭載しており、メモリによるCPU能力低下は心配いりません。

またIntel第12世代搭載ゲーミングPCはDDR5が搭載されているモデルも登場しています。

さらにハイクラスになると32GB容量モデルなど、メモリの構成に関しては他社より若干良いです。

SSD

SSDでは従来のSATA3接続のSSDと、

およそ3~5倍くらい読み書きが早いNVMe SSD、

そして現最速の新規格Gen 4 NVMe SSDの3つに分けることができます。

フロンティアでは安価ゲーミングPCでは一部SATA3タイプを利用していますが、

ほとんどがNVMe SSDの初期構成に代わっているため、ゲーム読み込みなど高速です。

またハイクラスの一部ではGen 4 NVMe SSDが搭載されています。

CPUクーラー

CPUの発熱を抑えることは熱による性能低下を防ぐため、重要です。

フロンティアではTDP65Wという発熱が少ないCPUなら標準クーラー、

95W以上になるとENERMAX製のサイドフロー型クーラーが標準装備となっています。

私の実測経験をもとに考えると、やや冷却不足の構成かなとおもいます。

昨今の最新世代CPUはミドルクラスでも発熱が多めなので、

できれば標準ではなくサイドフロー型クーラー、

より発熱が多いCPUは簡易水冷クーラーか、大型のサイドフロー型クーラーが望ましいです。

最上位のみ簡易水冷クーラー標準装備ですが、

カスタマイズする際はCPUクーラーのアップグレードも考えたほうが良さそうです。

電源

ミドルクラスまではBRONZE認証、ハイクラスになるとGOLD認証を利用していますが、

特別高級なメーカー製というわけではいので、他社と同水準の普通の電源といったところです。

長期間つかっても特に問題は起こり難いかと思います。

マザーボード

ハイクラスだけでなく、安価なクラスでもMSIまたはASRock性能純正マザーボードを利用しており、

OEM版などで費用を削減していない点は高ポイント。

マザーボードは他社に比べても高性能、高品質が使われています。

フロンティアの口コミ

4.6
Rated 4.6 out of 5
4.6 out of 5 stars (based on 7 reviews)
とても良い72%
良い14%
まあまあ14%
悪い0%
かなり悪い0%

サポート対応もしっかりしている

Rated 4 out of 5

若い頃に撮っていたアナログのビデオテープをデジタル化するのにグラフィック性能の高いモデルを購入したいと思いHPやDELL等市販のPCの他にもマウスコンピュータやドスパラ等のBTO製品も比較検討しましたが、コスパ的に最もよかったのがフロンティアでした。購入後、Officeのインストールが旨く行かなかったのですが、電話での問い合わせに対する回答も的確で、すぐに解決したことも満足です。

Garnier2

質問にもしっかり答えてもらえました

Rated 5 out of 5

BTOは初めてだったので購入前にサポートに連絡して色々質問したのですが、非常に丁寧に教えてくれたので安心して購入を決めることが出来ました。パソコンのデザインもかっこよく、性能面もコスパに優れていて大変満足しています。

samurai1031

セールが格段にいい

Rated 5 out of 5

他メーカーと比べて、セールの時は格段に安いし発送も早い。それと梱包も丁寧で、初期不良もなかった。

kawatana

ゲームや動画編集も問題なく快適

Rated 5 out of 5

セールのときに購入したので他のメーカーよりも費用を安く抑えられました。最初は見た目重視で選ぼうと思ったのですが初めてのBTOパソコンだったので同じくらいのスペックで一番安いものを選びました。ゲームや動画編集も問題なくできます。

一度支払い方法を間違えて購入してしまったのですが問い合わせをしたところすぐにキャンセル扱いにしていただけたので対応の速さにも感動しました。とても満足しています。

しま

質問にも丁寧に教えてくれました

Rated 5 out of 5

BTOは初めてだったので購入前にサポートに連絡して色々質問したのですが、非常に丁寧に教えてくれたので安心して購入を決めることが出来ました。パソコンのデザインもかっこよく、性能面もコスパに優れていて大変満足しています。

samurai

レビューを投稿する