HP(OMEN・Victus)のゲーミングPC・BTOおすすめ解説 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

HP(OMEN・Victus)のゲーミングPC・BTOおすすめ解説

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

オフィスパソコンでは超有名なHPが展開するゲーミングPCシリーズ「OMEN」から、

その特徴と自分にあったBTOパソコンの選び方についてまとめました。

執筆者:荒谷克幸(こまたろ)
自作歴20年越え。BTOパソコンも購入しつつ、最新のCPUやグラフィックボードを性能計測するのが趣味。
詳しいプロフィールはこちらから

OMENはこんな人におすすめ!

OMENのポイント
  • なんといっても有名なメーカーHP
  • 見た目が特徴的
  • ラインナップは少なめ
  • カスタマイズ性もほぼない

OMENやVictusを含むHPのゲーミングPCはオリジナルケース採用なので、見た目が唯一無二。

洗練された見た目はかなり魅力的です。

ただほかのゲーミングPCを展開するメーカー・お店から見るとラインナップは絞られており、

またほぼスペック構成は決まっているのでカスタマイズ性はありません。

ただ逆を言えばあれこれ考える必要はなく、初心者向きのメーカーとも言えるでしょう。

見出しの金額について
金額はPCパーツの価格変化をうけ、見出し金額を前後することがあります

フルHD高画質高フレームレート:予算15~21万円前後

このBTOパソコンのポイント
  • フルHDなら高画質高フレームレート担保
  • 240Hzや360HzのフルHDゲーミングモニター対応
  • 最新のゲームでより強いパフォーマンス発揮

HP・OMENの中では最も安い分類のゲーミングPCですが、

最新世代のミドルクラス性能をもつ性能をもっており、

フルHDでならほとんどのゲームで高画質高フレームレートが可能。

軽いゲームなら240Hzや360HzのフルHDゲーミングモニターにも対応できます。


ゲーミングPC名 Victus by HP 15L TG02-1056jp
CPU Core i5 13400F (10コア16スレッド)
グラボ RTX 4060
メモリ DDR4 16GB
容量 512GB NVMe SSD

Core i5 13400FとRTX 4060を組み合わせた、最新のミドルクラススタンダード構成です。

フルHD~WQHDまで遊べるゲーム性能を持っており、さらにDLSS3という技術にも対応しているため、

対応できるゲームであればさらなる高画質高フレームレートも可能。

メモリやSSDも水準レベルは満たしており、ゲームの快適性を損なう点がありません。

DLSSって?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
特に最近登場したDLSS3はフレームレート補完をおこなうことで飛躍的にフレームレートが向上。
DLSS3はRTX 4000シリーズのみ使える

ウルトラワイドモニター利用:予算25万円~

このBTOパソコンのポイント
  • WQHD(2560×1440)にて高画質高フレームレートで遊べる
  • 4Kゲーミングも視野に

ハイクラスの入門という位置づけの価格帯です。

より高解像度のWQHD(2560×1440)ゲーミングも十分視野になり、

ゲーミングモニター利用でも最高画質で遊ぶことが可能です。

ウルトラワイドモニター利用を考えている人はこのあたりがおすすめ。

4Kゲーミングも可能ですが、ゲームによっては60fpsくらいで遊ぶことになるため、

あくまでメインはWQHD解像度。


ゲーミングPC名 OMEN by HP 25L GT15-1774jp
CPU Core i7 13700F(16コア24スレッド)
グラボ RTX 4070
メモリ DDR5 16GB
容量 1TB Gen4 NVMe SSD

最新世代のRTX 4070とCore i7 13700Fを組み合わせたゲーミングPCです。

RTX 4070はWQHD~4Kゲーミングまで対応したゲーム性能をもっており、

Core i7 13700Fもその能力を引き出すのにバランスの良い組み合わせ。

WQHDであれば高画質高フレームレートもかなり狙うことが可能。

Gen4 SSD搭載なのでゲームロード時間が短いのも嬉しいポイントです。

4Kゲーミング:予算35万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 4K(3840×2160)でゲーム可能
  • 4K高画質高フレームレートも狙える
  • 高解像度ウルトラワイドモニター利用

4Kメインのゲーム性能をもつハイクラスゲーミングPCです。

高画質高フレームレートも狙らうことが可能で、

4Kゲーミングを安定的に遊びたいのであればこのあたりの性能から。

4Kモニターだけでなく、高解像度なウルトラワイドモニター利用にも最適です。


ゲーミングPC名 OMEN by HP 25L GT15-1775jp
CPU Core i7 13700F(16コア24スレッド)
グラボ RTX 4070 Ti
メモリ DDR5 16GB
容量 1TB Gen4 NVMe SSD

最新世代のRTX 4070 TiとCore i7 13700Fを組み合わせたゲーミングPCです。

RTX 4070 Tiは4K高画質高フレームレートも狙える性能をもっており、

DLSS3を利用することもできます。

Core i7 13700FもハイクラスでRTX 4070 Tiとは及第点の組み合わせ。

可能であれば32GBへのメモリアップグレードがおすすめです。

現行最強クラス:予算45万円~

このBTOパソコンのポイント
  • 現行最強クラス

最後は現行モデルでは最上位に属するハイクラスゲーミングPCです。

これ以上のゲーム性能を求めるのは難しく、

とにかく最強が良い!という人向けです。

4K高画質高フレームレートは当たり前で、将来的には8Kモニター利用も考えられます。


ゲーミングPC名 OMEN by HP 45L GT22-1780jp
CPU Core i7 14700K(20コア28スレッド)
グラボ RTX 4080
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB Gen4 NVMe SSD + 2TB HDD

最新世代の準最強であるRTX 4080グラフィックボードを搭載したゲーミングPC。

4K高画質高フレームレートは当たり前で、DLSS3対応ゲームであればさらにフレームレート安定。

CPUも最強クラスのCore i7 14700Kでバランスの良い組み合わせです。

熱対策として簡易水冷クーラー搭載、ゲームロード時間が短いGen4 SSD、

データ退避用に2TB HDD搭載など、準最強にふさわしく、周りのスペックも充実しています。

2024年PCラインナップ(デスクトップ)

OMEN・VictusのPCラインナップを見ていきましょう。

ラインナップは大きく4種類

HPではOMENとVictusという2種類のゲーミングPCシリーズがあり、計4系統のラインナップで構成されています。

面白いのはリットルという単位がゲーミングPC名になっており、

そのままゲーミングPCの本体の大きさになっています。

またリットルが大きいほど高性能ゲーミングPCの傾向が強いです。

それぞれの系統で選択できるゲーミングPCは異なるため、

見た目で選ぶというよりは、求める性能を明確にしておいて、それに適した系統からゲーミングPCを選ぶという感じになるでしょう。

カスタマイズ性はほぼ皆無

展開するゲーミングPCは基本的にカスタマイズ性はありません。

選択できるのはゲーミングデバイスなど周辺機器で、CPUやメモリ構成、グラフィックボードをカスタマイズすることはできません。

HPらしいというか、もともと完成品のPCを提供しているメーカーですから、

ゲーミングPCでもその流れを受け継いでいます。

ただ逸脱したバランスの悪い初期構成は無いので、パソコンに詳しくない初心者であればむしろ色々考えなくて楽ともいえます。

36回まで分割金利手数料無料

HPは公式オンラインストア限定で、最大36回まで金利手数料無料となっています。

ゲーミングPCの価格画面でも分割払いの時の金額を推しており、HPの自慢のサービスといえるでしょう。

一気に大きな元手を用意できない場合は嬉しいサービス。

基本的にはゲーミングPCは3年以上は利用すると思いますので、活用するのも手かと思います。