RyzenのCPU性能比較表 | 世代やメリット、デメリットを解説 | こまたろPC
Youtube【こまたろPC】も更新中!

RyzenのCPU性能比較表 | 世代やメリット、デメリットを解説

こんにちわ!こまたろです(‘Д’)!

AMDの主力CPUである「Ryzen」について、

種類や世代、性能について比較解説していきます!

Ryzenとは

読み方は「ライゼン」。

AMDが新たに発表した「Zen」アーキテクチャを採用したCPUです。

現在はRyzen 5000シリーズの第4世代「Zen3」が最新世代となっており、

Intelから市場シェアを大幅に奪うなどIntel Core iシリーズと、

ゲーム、動画編集、その他性能すべて互角の勝負をするまでに進化しています。

Ryzenの世代は?見分け方は?

現在RyzenはZen3採用の最新世代は4世代

ただしCPUのナンバリングは5000番台というように、

Zenの番号、世代番号、CPU番号は一致しないややこしい形式になっています。

※横スクロールできます

Ryzenの世代 採用アーキテクチャ コードネーム 主なCPU 特徴
第1世代 Zen(14nm) Whitehaven/Summit Ridge/Raven Ridge Ryzen Threadripper 1950X、Ryzen 7 1800X/2700U
Ryzen 5 1600/2400G/2500U、
Ryzen 3 2300X/2200G/2300U
コア数スレッド数の多さに世界が震撼したZenの初代。
ただ最適化やシングル性能に難があり、この地点では荒削り。
第2世代 Zen+(12nm) Colfax/Pinnacle Ridge/Picasso Ryzen Threadripper 2950X、Ryzen 7 2700X/3750H
Ryzen 5 2600/3400G/3550H、
Ryzen 3 1300X/3200G/3300U
初代Zenを改造し、全体的に性能アップ。
それでもシングルコア性能弱く、まだ安いならRyzenという感じだった
第3世代 Zen2(7nm) Matisse/Castle Peak
Renoir/Lucienne
Ryzen Threadripper 3990X/3970X
Ryzen 9 3950X/3900X/4900H、
Ryzen 7 3800X/PRO 4750G/4800H/5700U
Ryzen 5 3600/PRO 4650G/4600H/5500U、
Ryzen 3 3100/PRO 4350G/5300U
Zen+から大幅にIPCが向上し、弱点のシングルが強くなる。
それでもゲーム性能はIntelより少し下。
第4世代 Zen3(7nm) Vermeer/Cezanne Ryzen 9 5950X/5900X、Ryzen 7 5800X/5700G
Ryzen 5 5600X/5600G
PCIe 4.0に対応。シングルもマルチも大幅向上で、
ゲームもクリエイティブ作業も強くなる
末尾のアルファベットについて
  • アルファベット無し・・・デフォルトモデル
  • X・・・デフォルトモデルの高機能版
  • G/GE・・・Radeon Graphics内臓APU
  • H・・・ノート用デフォルトCPU/TDP45W
  • HX・・・ノート用オーバークロック対応CPU
  • HS・・・ノート用薄型軽量モデル向けでより省電力/TDP35W
  • U・・・ノート用超省電力CPU/TDP15W

第4世代Ryzenについて

現行でRyzenを買うならこの世代から選ぶことになります。

シングルコア性能もマルチコア性能も大幅に向上し、

Intel第10~11世代のCPUと互角以上の勝負をするようになりました。

ゲーム性能ではゲームによってIntelに勝ったり負けたりとほぼ互角。

クリエイティブ性能はコアスレッド数の優位と、ソフト側の最適化もあり、

Intelより強い傾向にあります。

 

ただし人気で価格が上昇してしまったことで安いRyzenという感じではなく

高価なRyzenというポジションに。

またRyzen 3などエントリークラスがリリースされていないため、

ミドルエンド~ハイエンドの高スペック帯しか選べない難点があります。

またIntelの第12世代が登場したことで、再びゲーム性能では後れを取る形になりました。

 

CPUとしては内臓グラフィック非搭載のRyzen 5000シリーズ、

内臓グラフィックありのRyzen 5000Gシリーズがあります。

第3世代Ryzenについて

第4世代の登場で、徐々に新品での購入が難しくなってきていますが、

第4世代がエントリー~ミドルクラスのCPUが登場していないこともあり、

Ryzen 5 3500やRyzen 5 3600、一部Ryzen 3 3100などは今も現役です。

第2世代から比べれば、弱点だったシングルコア性能が大幅にアップし、

依然として高いマルチコア性能も相まって、かなりコスパの高いCPUとなっています。

 

Intelの第10世代と比較するとややゲーム性能が低いですが、

ほとんど互角と言って差し支えなく、十分にゲーミングPCとしての機能を果たしてくれます。

第2世代、第1世代Ryzenについて

初代Zenおよび改良されたZen+の世代です。

現在は現行を終え、新品で買うのは難しく基本は中古CPUとなります。

メーカー、BTOパソコンともに搭載されたゲーミングPCもなく、

また価格コスパの面からも別の選択肢が優良なため、

特別な理由がなければ選ぶ必要はないかと思います。

Ryzen比較表

Ryzen CPUの一覧です。最新世代~1世代前を対象に掲載しています。

デスクトップ向けRyzen CPU

日本でデスクトップ向けに販売されているRyzen CPUの一覧です。

性能目安としてCPU Mark(Pass Mark)、Cinebench R23、PC Mark10のスコアを表示しています。

基本的には数値が高いほど高性能ですが、

ゲームなどソフトウェア側の対応によっては、この通りの性能順にならないこともあります。

CPU Mark(Pass Mark)
演算やレンダリングなどCPUとして使われる仕事の能力を統合的に計測し数値化したもの。
スコアが高いほどCPUのポテンシャルが高い。
Cinebench R23
独MAXSON社が開発した複雑なCGをCPUの計算能力のみで描画させることで、CPU性能を数値化したもの。
シングルスコアとマルチスコアにわかれる。
基本的にシングルスコアが高いとゲームに強く、マルチスコアが高いと動画編集・録画配信などに強い
3D Mark10
Futuremarkが開発したゲーム性能を計測するためのソフト。
基本的にはグラフィックボード性能を計測するのに利用されるが、「physics score」というCPU性能に影響する項目があり、
この数値が高いほど、グラボとCPUの統合スコアが高くなる。
昨今のゲームではCPU性能も重要なので、ゲーム向きか否かを見る参考になる

※横スクロールできます

CPU Ryzen9 5950X Ryzen9 3950X Ryzen9 5900X Ryzen9 3900XT Ryzen9 3900X Ryzen7 5800X Ryzen7 5700G Ryzen7 3800XT Ryzen7 3800X Ryzen7 3700X Ryzen7 PRO 4750G Ryzen5 5600X Ryzen5 5600G Ryzen5 3600XT Ryzen5 3600X Ryzen5 3600 Ryzen 5 PRO 4650G Ryzen5 3500 Ryzen3 3300X Ryzen3 3100 Ryzen5 3400G Ryzen 3 PRO 4350G Ryzen3 3200G Athlon3000G Athlon200GE
コアスレッド数 16コア/32スレッド 16コア/32スレッド 12コア/24スレッド 12コア/24スレッド 12コア/24スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 6コア/12スレッド 6コア/12スレッド 6コア/12スレッド 6コア/12スレッド 6コア/12スレッド 6コア/12スレッド 6コア/6スレッド 4コア/8スレッド 4コア/8スレッド 4コア/8スレッド 4コア/8スレッド 4コア/4スレッド 2コア/4スレッド 2コア/4スレッド
ベース/ブーストクロック 3.4 GHz(4.9GHz) 3.5 GHz(4.7GHz) 3.7 GHz(4.8GHz) 3.8 GHz(4.7GHz) 3.8 GHz(4.6GHz) 3.8 GHz(4.7GHz) 3.8 GHz(4.6GHz) 3.9 GHz(4.7GHz) 3.9 GHz(4.5GHz) 3.6 GHz(4.4GHz) 3.6 GHz(4.4GHz) 3.7 GHz(4.6GHz) 3.9 GHz(4.4GHz) 3.8 GHz(4.5GHz) 3.8 GHz(4.4GHz) 3.6 GHz(4.2GHz) 3.7 GHz(4.2GHz) 3.6 GHz(4.1GHz) 3.8 GHz(4.3GHz) 3.6 GHz(3.9GHz) 3.7 GHz(4.2GHz) 3.8 GHz(4.0GHz) 3.6 GHz(4.0GHz) 3.5 GHz 3.2 GHz
CPU Mark 46164 39172 39526 32899 32802 28477 24807 23906 23310 22766 20584 22153 19998 18823 18304 17841 16462 12878 12766 11693 11037 10817 7209 4466 4165
Cinebench R23 シングル 1611 1284 1554 1335 1297 1582 1494 1335 1335 1329 1308 1536 1473 1308 1309 1286 1245 1210 1282 1100 1062 1145
Cinebench R23 マルチコア 25901 22666 20258 18247 18426 15223 13956 12802 13727 12137 12751 11697 11072 9612 9444 9412 9140 7732 6773 5352 4750 5927
3D Mark 14076 13231 13401 12124 12120 11478 10091 9883 9657 8805 8160 7315 7179 7051 6708 4784 5089 4690 4003 3224
位置づけ 最新世代。最高峰 旧世代最高峰 最新世代。2番手 旧世代ハイクラス向け 旧世代ハイクラス向け 最新世代。ハイクラス向け 最新世代。Radeon Graphics搭載 旧世代ハイクラス向け 旧世代ハイクラス向け 旧世代ハイクラス向け ハイクラス向け
Radeon Graphicsグラフィック搭載
グラボ無しマシン想定
最新世代。
ミドル向けなのにハイクラス性能
最新世代。ミドル向け。
Radeon Graphics搭載
ミドル向け ミドル向け ミドル向け ミドルエントリー向け
Radeon Graphicsグラフィック搭載
グラボ無しマシン想定
ミドル向け ミドル向け エントリークラス向け ミドルエントリー向け
Vegaグラフィック搭載&
グラボ無しマシン想定
エントリー向け
Radeon Graphicsグラフィック搭載
グラボ無しマシン想定&
エントリー向け
Radeon Graphicsグラフィック搭載
グラボ無しマシン想定
エントリー向け
Vegaグラフィック搭載
エントリー向け
Vegaグラフィック搭載
特徴とコメント ゲームもクリエイティブもIntel越え
現最強ならコレ
第3世代Ryzen最高峰
ゲーミングよりクリエイティブ向け
ゲームもクリエイティブもIntel越え
コスパが良い
3900Xのクロックアップ版 第3世代Ryzen最高峰
ゲーミングよりクリエイティブ向け
ゲームもクリエイティブもIntelと互角
5600Xのほうがおすすめ
5800Xと5600Xの丁度中間。
基本はグラボ搭載無しのBTOで登場
3800Xのクロックアップ版 Ryzen 5 5600Xの登場で良さ減少 ハイクラスでコスパ高いが、
Ryzen 5 5600Xの登場で良さ減少
グラボ不要で、高性能オフィスマシンなど
ゲーミングPCとしては3700Xとグラボがおすすめ
ゲーム、クリエイティブともに、
3700Xを超える性能
AMDのハイクラス入門ならコレ
基本はグラボ搭載無しのBTOで登場で、
ライトユーザー向け
3600Xのクロックアップ版 3600よりやや性能向上 ゲームもクリエイティブもするなら 前世代に比べCPU、
グラフィック性能は約6%ほど向上
ゲームだけならコスパ良 性能は高いがほぼ在庫なし Zen2で最安組むなら。 APUの前世代。
基本的には最新世代のほうが、
処理性能アップでおすすめ
前世代に比べCPU、
グラフィック性能は約1.1倍ほど向上
APUの前世代。
基本的には最新世代のほうが、
処理性能アップでおすすめ
超低価格路線 超低価格ならコレ。バランス良し

ノートパソコン向けRyzen CPU

日本でノートパソコン向けに販売されているRyzen CPUの一覧です。

性能目安としてCPU Mark(Pass Mark)、Cinebench R23、PC Mark10のスコアを表示しています。

基本的には数値が高いほど高性能ですが、

ゲームなどソフトウェア側の対応によっては、この通りの性能順にならないこともあります。

CPU Mark(Pass Mark)
演算やレンダリングなどCPUとして使われる仕事の能力を統合的に計測し数値化したもの。
スコアが高いほどCPUのポテンシャルが高い。
Cinebench R23
独MAXSON社が開発した複雑なCGをCPUの計算能力のみで描画させることで、CPU性能を数値化したもの。
シングルスコアとマルチスコアにわかれる。
基本的にシングルスコアが高いとゲームに強く、マルチスコアが高いと動画編集・録画配信などに強い
3D Mark10
Futuremarkが開発したゲーム性能を計測するためのソフト。
基本的にはグラフィックボード性能を計測するのに利用されるが、「physics score」というCPU性能に影響する項目があり、
この数値が高いほど、グラボとCPUの統合スコアが高くなる。
昨今のゲームではCPU性能も重要なので、ゲーム向きか否かを見る参考になる

※横スクロールできます

CPU Ryzen9 5980HX Ryzen9 5980HS Ryzen9 5900HX Ryzen9 5900HS Ryzen9 4900H Ryzen9 4900HS Ryzen7 5800H Ryzen7 5800HS Ryzen7 5800U Ryzen7 4800H Ryzen7 4800HS Ryzen7 4800U Ryzen7 PRO 5750GE Ryzen7 5700GE Ryzen7 5700U Ryzen7 PRO 4750GE Ryzen7 PRO 4750U Ryzen7 4700GE Ryzen7 4700U Ryzen5 PRO 5650GE Ryzen5 5600GE Ryzen5 5600H Ryzen5 5600U Ryzen5 4600GE Ryzen5 4600H Ryzen5 4600HS Ryzen5 4600U Ryzen5 5500U Ryzen5 4500U
コアスレッド数 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/16スレッド 8コア/8スレッド 6コア/12スレッド 6コア/12スレッド 6コア/12スレッド 6コア/12スレッド 6コア/12スレッド 6コア/12スレッド 6コア/12スレッド 6コア/12スレッド 6コア/12スレッド 6コア/6スレッド
ベース/ブーストクロック 3.3 GHz(4.8GHz) 3.0 GHz(4.8GHz) 3.3 GHz(4.6GHz) 3.8 GHz(4.7GHz) 3.3 GHz(4.4GHz) 3.0 GHz(4.3GHz) 3.2 GHz(4.4GHz) 2.8 GHz(4.4GHz) 1.9 GHz(4.4GHz) 2.9 GHz(4.2GHz) 2.9 GHz(4.2GHz) 1.8 GHz(4.2GHz) 3.2 GHz(4.6GHz) 3.2 GHz(4.6GHz) 1.8 GHz(4.3GHz) 3.1 GHz(4.3GHz) 1.7 GHz(4.1GHz) 3.1 GHz(4.3GHz) 2.0 GHz(4.1GHz) 3.4 GHz(4.4GHz) 3.4 GHz(4.4GHz) 3.7 GHz(4.2GHz) 2.3 GHz(4.2GHz) 3.3 GHz(4.2GHz) 3.0 GHz(4.0GHz) 3.0 GHz(4.0GHz) 2.1 GHz(4.0GHz) 2.1 GHz(4.0GHz) 2.3 GHz(4.0GHz)
CPU Mark 23,584 21,438 23,380 22,407 19,271 19,569 21,627 21,033 19,282 19,149 18,917 17,203 22,553 22,566 16,541 19,175 15,543 20,648 13,720 19,247 18,879 17,435 16,095 16,377 14,792 14,666 13,719 13,236 11,166
Cinebench R23 シングル 1621 1510 1462 1458 1280 1240 1399 1324 1407 1236 1211 1211 1256 1247 1324 1207 1352 1363 1136 1145 1145 1152 1137
Cinebench R23 マルチコア 11907 12442 13450 12638 11382 10952 12167 10307 8078 11022 10511 9638 9006 9896 11500 7322 9910 7501 7878 8803 7971 7022 5881
3D Mark(TimeSpy) 8931 9647 8957 8370 8656 9141 8540 5895 8743 8335 5662 6614 5288 6304 4867
位置づけ 最新世代。
ノート向け最高峰
最新世代。
ノート向け最高峰の
薄型PCモデル用
最新世代。
オーバークロックで
強マルチ性能
最新世代。
ハイエンドクラス
薄型PCモデル用
旧世代ハイエンドクラス向け 旧世代ハイエンドクラス向け
薄型PCモデル用
最新世代。
ハイクラス向け
最新世代。
ハイクラス向け薄型PCモデル用
最新世代。
ハイクラスの超省電力PCモデル用
旧世代ハイクラス向け 旧世代ハイクラス向け
薄型PCモデル用
旧世代ハイクラス向け
超省電力PCモデル用
最新世代。
ハイエントリークラス。
Radeon Graphics搭載
最新世代。
ハイエントリークラス。
Radeon Graphics搭載
最新世代。
ハイエントリークラスの
超省電力PCモデル用
旧世代。
ハイエントリークラス。
Radeon Graphics搭載
旧世代
ハイエントリークラス向け
超省電力PCモデル用
旧世代。
ハイエントリークラス。
Radeon Graphics搭載
旧世代。
ハイエントリークラスの
超省電力PCモデル用
最新世代ミドルクラス。
Radeon Graphics搭載
最新世代ミドルクラス。
Radeon Graphics搭載
最新世代ミドルクラス。 最新世代ミドルクラスの
超省電力PCモデル用
旧世代ミドルクラス。
Radeon Graphics搭載
旧世代ミドルクラス。 旧世代ミドルクラスの
薄型PCモデル用
旧世代ミドルクラスの
超省電力PCモデル用
最新世代ミドルエントリー
超省電力PCモデル用
旧新世代ミドルエントリー
の超省電力PCモデル用

RyzenのQ&A

ここではRyzenに関しておおい疑問について、

各Ryzenのベンチマークをしてきて感じたことを踏まえ回答していきます。

第5世代Ryzenはいつ?

デスクトップ向けZen4の5nmプロセスを採用した第5世代Ryzenが2022年前半に登場する予定との話が出てきます。

DDR5やPCI Express 5.0、3D V-cacheといった新しい機能が実装予定で、

平均15%は性能がアップするようです。

CPUソケットはAM5を予定しており、Intel第12世代同様マザーボードの買い替えは必須かと思います。

ただしSocket AM 4とクーラーの後方互換性はあるようです。

またサーバー向けのEPYC向けではすでに、

96個のZen4コアを搭載したEPYC「Genoa」と128個のZen4cコアを搭載したEPYC「Bergamo」を発表。
(コアスレッド数バグってないよねw?)

この感じだとデスクトップ向けもよりコアスレッド数が増えるのでしょうか?

Ryzenはソフトウェアの最適化がダメ?

Zen/Zen+の時は登場間もないこと、多コア多スレッドがめずらしいこともあり、

確かにゲームや動画編集ソフトなどで最適化不足は否めませんでしたが、

現在ではIntelとの最適化の大差は無いと感じています。

以前はIntelしかパフォーマンスを発揮できなかったAdobe Premiereなども、

今ではRyzenがIntelのパフォーマンスを超えることはありますし、

ゲームも同様です。

ただソフト側がIntel側に最適化されている、Ryzenに最適化されているという違いはあります

こればかりは実際にベンチマークしてみるしか確認方法はなく、

私もできるかぎり検証をすすめ当サイトにて結果を公表しています。

Ryzenは安い?

現在のRyzenは特に安くはありません。

第3世代Ryzenあたりまでは、Intelに対して価格が安く性能コスパが非常に良かったです。

そのかわり性能面では若干Intelに見劣りする部分もありましたから、

安さならRyzenという感じでした。

ただ第4世代では立場が逆転し、人気で価格高騰したこともあり、

高価なRyzen、安価なIntelとなっています。

ただし第12世代Intelの登場で、徐々に第4世代の値下がりが始まっていますので、

今後コスパが高くなっていくかもしれません。

各Ryzen CPUの詳細ベンチマーク

ゲーム性能や動画編集性能など詳しい性能をベンチマークしています。

気になる方は参考にしてみてください。

Ryzen7 5700Gの性能ベンチマーク!ゲーム・動画編集は? Ryzen5 5600Gの性能ベンチマーク!ゲーム・動画編集は? Ryzen7 5800Xの性能ベンチマーク!ゲーム・動画編集は? Ryzen9 5900Xの性能ベンチマーク!ゲーム・動画編集は? Ryzen7 3700Xの性能ベンチマーク!ゲーム・動画編集 Ryzen5 5600Xの性能ベンチマーク!ゲーム・動画編集 Ryzen 3 PRO 4350Gの性能は?ゲーム・動画編集は? Ryzen 5 PRO 4650Gの性能は?ゲーム・動画編集は? Ryzen 3 3100を性能比較!ゲーム・動画編集は? Ryzen 3 3300Xを性能比較!ゲーム・動画編集は? Ryzen 5 3500スペックレビュー!ゲーム性能は? Ryzen5 3600の性能をベンチマーク!10400とは? Ryzen5 3400Gをベンチマーク!2400Gとの差はあるのか?