Core i7 14700Fを性能レビュー!ゲームのベンチマーク比較 | こまたろPC
ゲーミングPC検索機能リリース!(β版)

Core i7 14700Fを性能レビュー!ゲームのベンチマーク比較

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

Raptor Lake Refreshこと第14世代Intelに新たに加わったCore i7 14700(F)についてベンチマークしていきます。

執筆者:荒谷克幸(こまたろ)
自作歴20年越え。BTOパソコンも購入しつつ、最新のCPUやグラフィックボードを性能計測するのが趣味。
詳しいプロフィールはこちらから

Core i7 14700(F)の特徴とは?

現在日本で新品購入しやすいミドル~ハイスペック帯のCPU一覧です。

※横スクロールできます

CPU/APU Core i9 14900KF Core i9 13900KF Core i9 14900F Core i9 13900F Core i7 14700KF Core i7 13700KF Core i7 14700F Core i7 13700F
世代 最新世代 旧世代 最新世代 旧世代 最新世代 旧世代 最新世代 旧世代
コア数 24(P-core 8/E-core 16) 24(P-core 8/E-core 16) 24(P-core 8/E-core 16) 24(P-core 8/E-core 16) 20(P-core 8/E-core 12) 16(P-core 8/E-core 8) 20(P-core 8/E-core 12) 16(P-core 8/E-core 8)
スレッド数 32 32 32 32 28 24 28 24
ベース周波数 (P)3.2 GHz(E)2.4 GHz (P)3.0 GHz(E)2.2 GHz (P)2.0 GHz(E)1.5 GHz (P)2.0 GHz(E)1.5 GHz (P)3.4 GHz(E)2.5 GHz (P)3.4 GHz(E)2.5 GHz (P)2.1 GHz(E)1.5 GHz (P)2.1 GHz(E)1.5 GHz
ターボ・ブースト (P)5.6 GHz(E)4.4 GHz (P)5.8 GHz(E)4.3 GHz (P)5.4 GHz(E)4.3 GHz (P)5.6 GHz(E)4.2 GHz (P)5.5 GHz(E)4.3 GHz (P)5.4 GHz(E)4.2 GHz (P)5.3 GHz(E)4.2 GHz (P)5.2 GHz(E)4.1 GHz
(L3)キャッシュ 36MB 36MB 36MB 36MB 33MB 30MB 33MB 30MB
最大メモリー速度対応 DDR5-5600
DDR4-3200
DDR5-5600
DDR4-3200
DDR5-5600
DDR4-3200
DDR5-5600
DDR4-3200
DDR5-5600
DDR4-3200
DDR5-5600
DDR4-3200
DDR5-5600
DDR4-3200
DDR5-5600
DDR4-3200
内蔵グラフィック
TDP/PBP 125W 125W 65W 125W 125W 125W 65W 65W

 

第13世代と同様、第2弾としてCore i7 14700(F)を含むすべてのCPUがリリースされました。

Core i7 14700(F)は第2段の中では最も高性能なCPU。前世代との主な変更点は、

  • 前世代と同じLGA1700ソケット
  • Eコア(Efficientコア)数が8から12へ
  • L2、L3キャッシュがアップ
  • MAX動作周波数が若干アップ
  • APOによりゲーム性能が向上する、、、らしい

といったものがあげられます。

Core i7 14700KFと同様Eコア数アップは大きな変更ですが、

細々とした点でパワーアップが図られています。

とはいえやはり第15世代の繋ぎという感じは否めませんね。

Core i7 14700Fの外装

こちらはCore i7 14700Fの外装。

いつもどおりのデザインです。

Core i7 14700Fの本体

こちらが本体。当然同じLGA1700なので前回と変わりません。

Core i7 14700Fの純正クーラー

Core i7 14700(F)には純正クーラーがついています。

ただ事前情報だとCore i7 14700(F)は全然省電力ではなく爆熱とのことなので、

純正クーラーで稼働させるのは。。。って気がしています。

ベンチマークソフトで性能を見る

それではCore i7 14700Fの性能をチェックしていみましょう!

今回グラフィックボードは最新世代の最上位RTX 4090、メモリはDDR5の5600MHzを利用しています。

ベンチマーク比較ポイント
  • Core i7 14700K(F)とのゲーム性能差
  • 消費電力の高さは?

事前の情報ですとCore i7 14700K(F)とさほどゲーム性能に大差がないとのこと。

おそらくハイクラスのスタンダート的なCPUになりますので、より安いCore i7 14700Fで済むならそれに越したことはないです。

また消費電力の高さも気になるところ。

ベンチマークではRTX 4090のグラフィックボードを利用して計測していきます。

 

FireStrike

DirectX 11ベースの定番ベンチマークソフトから。

Core i7 14700FのフルHD、FireStrikeベンチマーク結果

※横スクロールできます

Core i7 13700K Core i7 14700KF Core i9 13900K Core i9 14900KF Ryzen 7 7800X3D Core i7 14700F
Graphics 83059 73866 70032 69454 87046 70469
Physics 43651 51531 57158 56373 32091 50028
Combined 19877 22208 14357 15162 20007 21806
TOTAL 57152 56924 49263 49863 54678 54863

まずはフルHD。

大体3.4%ほどCore i7 14700KFよりスコアが低い結果となっています。

順当でしょう。

Core i7 14700Fの4K、FireStrikeベンチマーク結果

※横スクロールできます

Core i7 13700K Core i7 14700KF Core i9 13900K Core i9 14900KF Ryzen 7 7800X3D Core i7 14700F
Graphics 25160 24936 24819 24896 25443 24915
Physics 45207 51528 57154 56168 32330 43431
Combined 14610 14667 13274 10696 13881 14683
TOTAL 25017 25121 24766 23727 24200 24772

ただ4Kに関しては約1.4%と差が縮まっています。

TimeSpy

続いてDirectX 12。どちらかというと最近のゲームではこちらのほうが重要です。

Core i7 14700FのフルHD、TimeSpyベンチマーク結果

※横スクロールできます

Core i7 13700KF Core i7 14700F Core i7 14700KF Core i9 13900KF Core i9 14900KF Ryzen 7 7800X3D
Graphics 37183 37186 37684 37283 37621 37021
CPU 20925 21541 22312 22628 22794 12878
TOTAL 33301 33532 34154 33981 34276 28895

正直どんぐりの背比べ的な結果ではありますが、

約1.4%ほどCore i7 14700KFより低い結果に。

Core i7 14700Fの4K、TimeSpyベンチマーク結果

※横スクロールできます

Core i7 13700KF Core i7 14700F Core i7 14700KF Core i9 13900KF Core i9 14900KF Ryzen 7 7800X3D
Graphics 19633 19498 19724 19618 19654 19584
CPU 10097 11762 11643 13286 13479 5762
TOTAL 17196 17747 17864 18309 18390 14401

4Kに至っては約0.7%差とほとんどCore i7 14700KFとCore i7 14700Fの差がありません。

これはゲーム性能期待できそう。

 

PC Mark10

ゲーム性能以外のパフォーマンスも見ていきましょう。PC Mark 10です。

Core i7 14700Fの4K、PCMark10ベンチマーク結果

※横スクロールできます

Core i7 13700KF Core i7 14700F Core i7 14700KF Core i9 13900K Core i9 14900KF Ryzen 7 7800X3D
Essentials 11630 10444 10434 10550 11286 10651
Productivity 11993 10011 10598 9027 10929 10642
Digital CC 19246 17453 16674 18089 16933 15832
TOTAL 9964 8761 8791 8594 9164 8712

中々面白い結果になっています。

WEBブラウジングやビデオ会議、アプリケーション起動など一般ユースに関してはCore i7 14700Fのほうが高く、

また画像編集や動画編集などクリエイティブ用途に至ってはCore i7 14700KFにかなりの差をつけています。

オフィスソフトはコアクロック数が高いほうが良いスコアが出やすいのでCore i7 14700KFのほうが高いのはわかりますが、

他の二つに関しては意外でした。

あくまで参考程度の数値ですが、体感差としてはCore i7 14700KFとCore i7 14700Fでは変わらないといってよいでしょう。

Apex Legends

ここからは実際のゲームでフレームレートを見ていきます。

まずは大人気のバトロワゲームです。

このゲームはグラフィックボード性能の影響がかなり強いのと、

既にリリースから時間も経っており、ゲーム負荷は低いほうのゲームとなっています。

ApexLegendsにおけるCore i7 14700Fのパフォーマンス

※横スクロールできます

Core i7 13700KF Core i7 14700F Core i7 14700KF Core i9 13900K Core i9 14900KF Ryzen 7 7800X3D
4K 最低 298 299 298 298 298 298
4K 極 278 289 290 280 285 278

RTX 4090の性能が高すぎるので4Kだけで計測。

それでも低画質では上限値張り付きで差がでませんが、最高画質設定では多少の差がでています。

Core i7 14700KFとCore i7 14700Fはほぼ差が無い結果に。

差が見えにくいゲームですが、Core i7 14700Fのパフォーマンスの良さが伺えます。

フォートナイト

続いてもロングランヒット中の大人気ゲームです。

細かなグラフィック改善がおこなわれており、正式に対応したDX 12かつDLSSにて計測していきます。

フォートナイトにおけるCore i7 14700Fのパフォーマンス

※横スクロールできます

Core i9 14900KF Core i7 14700KF Core i7 14700F Ryzen 7 7800X3D
フルHD低画質 667 621 608 485
フルHD最高画質 241 239 240 225
WQHD低画質 660 629 617 481
WQHD最高画質 207 207 210 195
4K低画質 476 476 536 445
4K最高画質 154 154 159 139

このゲームでは結構CPU差がはっきりしてでていますね。

しかも結構特長的なのがWQHD低画質までの比較的低負荷の状況ではCore i7 14700KFのほうがパフォーマンスが上、

しかしWQHD最高画質以上の高負荷になるとCore i7 14700Fのほうがパフォーマンスが上がっています。

DLSSを利用していますから最適化の影響もあるかもしれませんが、

全体的に見ればCore i7 14700KFとCore i7 14700Fにさほどパフォーマンスの差は無いと言えるでしょう。

モンスターハンターサンブレイク

モンスターハンターサンブレイク

続いても人気のモンハンシリーズのサンブレイクです。

DLSSを利用して計測します。

モンスターハンターサンブレイクにおけるCore i7 14700Fのパフォーマンス

※横スクロールできます

Core i7 13700KF Core i7 14700F Core i7 14700KF Core i9 13900K Core i9 14900KF Ryzen 7 7800X3D
フルHD低画質 307 320 359 270 292 239
フルHD高画質 301 320 367 254 270 222
WQHD低画質 310 322 354 271 283 238
WQHD高画質 303 321 358 257 277 223
4K低画質 295 302 354 274 283 237
4K高画質 296 325 366 265 212 233

このゲームの特徴としては画質や解像度によるフレームレート差はあまりでないですが、

CPUによる差は結構激しいゲームです。

またCore i7系がとにかく強いゲームで、実際Core i7 14700Fもフレームレートがかなりでています。

その中でもCore i7 13700KFに10~20fps近く上回っているのはポイント。

ここでは一応新世代としての性能アップは見て取れます。

ただCore i7 14700KFと比べると霞む結果というか、Core i7 14700KFの結果が凄まじいとも言えますね。

サイバーパンク2077

こちらもロングランヒットになっているサイバーパンク2077です。

DLSSやFSRなど色々な機能に対応しており、加えてRTX4000シリーズの真骨頂であるDLSS3にも対応しています。

サイバーパンク2077におけるCore i7 14700Fのパフォーマンス(DLSS利用)

※横スクロールできます

フルHD 低 フルHD ウルトラ フルHD レイトレウルトラ WQHD 低 WQHD ウルトラ WQHD レイトレウルトラ 4K 低 4K ウルトラ 4K レイトレウルトラ
Core i7 13700KF 242 225 160 235 221 157 238 131 106
Core i7 14700F 219 196 137 220 196 138 221 135 106
Core i7 14700KF 225 201 141 225 202 140 224 132 105
Core i9 13900K 239 231 166 239 222 160 239 134 108
Core i9 14900KF 232 208 145 230 208 144 232 132 106
Ryzen 7 7800X3D 218 203 143 219 200 131 218 131 104

まずはDLSSを利用した場合です。

ここでは高負荷時を除きCore i7 14700Fのパフォーマンスはあまりよくありません。

ただ同じようにCore i7 14700KFもさほど高いパフォーマンスとはいえないので、

ゲーム側との相性の問題のように思います。

単純にCore i7 14700KFとのフレームレート差を比較すると4~5fpsほどしか変わらないのは注目です。

サイバーパンク2077におけるCore i7 14700Fのパフォーマンス(FSR利用)

※横スクロールできます

フルHD 低 フルHD ウルトラ フルHD レイトレウルトラ WQHD 低 WQHD ウルトラ WQHD レイトレウルトラ 4K 低 4K ウルトラ 4K レイトレウルトラ
Core i7 13700KF 238 228 159 238 223 157 238 134 107
Core i7 14700F 220 196 137 220 195 138 221 133 105
Core i7 14700KF 224 202 141 224 201 141 225 130 105
Core i9 13900K 243 232 163 243 226 159 241 134 108
Core i9 14900KF 223 202 141 224 202 141 225 129 105
Ryzen 7 7800X3D 216 200 131 216 199 130 214 129 104

続いてはFSR利用時もみていきます。

こちらも傾向は変わらずCore i7 14700KFとのフレームレート差は少なめ。

サイバーパンク2077におけるCCore i7 14700Fのパフォーマンス(DLSS3利用)

※横スクロールできます

Core i7 13700KF Core i7 14700F Core i7 14700KF Core i9 13900K Core i9 14900KF Ryzen 7 7800X3D
フルHD 低 449 445 450 454 460 405
フルHD ウルトラ 369 376 373 369 380 350
フルHD レイトレウルトラ 275 279 277 252 283 256
WQHD 低 391 423 395 393 402 355
WQHD ウルトラ 292 309 296 294 301 284
WQHD レイトレウルトラ 230 235 230 233 232 227
4K 低 254 257 257 254 241 248
4K ウルトラ 173 168 173 172 161 171
4K レイトレウルトラ 147 144 148 148 140 149

最後はRTX系の真骨頂であるDLSS3利用です。

グラボの負荷が多くなる処理ですが、それでもCPUによるフレームレート差ははっきりと出ており、

今までと違ってCore i7シリーズのパフォーマンスが改善

特にCore i7 14700Fのパフォーマンスは素晴らしく、

条件によってはCore i7 14700KFも超えるフレームレートが出ています。

CoD:MW3

続いては最新ゲームの人気シリーズ、コールオブデューティーからモダンフォーウェア3です。

このゲームはDLSSやFSR、XEAAなどほとんどの画像処理機能に対応しています。

加えて最近DLSS3やFSR3にも対応しましたので、そちらも見ていきましょう。

CoD:MW3におけるCore i7 14700Fのパフォーマンス(DLSS利用)

※横スクロールできます

Core i7 14700F Core i7 14700KF Core i9 14900KF Ryzen 7 7800X3D
フルHD最低 388 389 350 383
フルHD極限 308 314 309 299
WQHD最低 350 363 347 347
WQHD極限 274 286 285 272
4K最低 272 294 288 271
4K極限 204 220 213 209

まずはDLSSを利用です。

Core i7 14700KFのパフォーマンスが最もよく、最大で20fpsほどはCore i7 14700Fが下回っているので、

さすがにゲーム性能差が顕著に出ているように見えます。

CoD:MW3におけるCore i7 14700Fのパフォーマンス(DLSS3利用)

※横スクロールできます

Core i7 14700F Core i7 14700KF Core i9 14900KF Ryzen 7 7800X3D
フルHD最低 473 483 473 517
フルHD極限 383 401 387 421
WQHD最低 387 401 391 417
WQHD極限 319 333 324 350
4K最低 256 267 263 272
4K極限 217 227 220 232

ではDLSS3ではどうでしょう?

ここではRyzen 7 7800X3Dのパフォーマンスが素晴らしく、

Core i7 14700Fのパフォーマンスは霞んでしまいますね。。。

やはりCore i7 14700KFに10~20fpsくらいは負けているときもあります。

CoD:MW3におけるCore i7 14700Fのパフォーマンス(FSR3利用)

※横スクロールできます

Core i7 14700F Core i7 14700KF Core i9 14900KF Ryzen 7 7800X3D
フルHD最低 630 660 648 685
フルHD極限 422 466 423 517
WQHD最低 518 547 523 570
WQHD極限 415 447 426 458
4K最低 352 385 366 384
4K極限 290 317 303 316

最後はAMDが提供するFSR3です。

ここでもRyzen 7 7800X3Dのパフォーマンスが際立っていますが、

Core i7 14700Fも悪くはありません。ただCore i7 14700KFと比べると、

かなりフレームレート差があるので、ここではゲーム性能の地力の差が見えてしまっていますね。

ヘルダイバー2

続いても最新作、TPS視点に生まれかわり大ヒットしているヘルダイバー2です。

このゲームはDLSSやFSRといったアップスケーリング技術はまだ対応していません。

ヘルダイバー2におけるCore i7 14700Fのパフォーマンス

※横スクロールできます

Core i7 14700F Core i7 14700KF Core i9 14900KF Ryzen 7 7800X3D
フルHD低 239 242 243 244
フルHDウルトラ 197 204 207 182
WQHD低 237 242 249 224
WQHDウルトラ 162 165 166 152
4K低 153 158 160 158
4Kウルトラ 105 106 109 101

このゲームはわりとCPUによるフレームレートの違いがでています。

綺麗な結果とでもいいましょうか、CPU用のベンチマークソフト通りの結果で、

Core i7 14700KFにやや下回る形でCore i7 14700Fの結果が出ています。

ただ劇的に差があるというわけでもなく、Core i7 14700Fのゲーム性能の高さが感じられます。

THE FINALS

続いては超有名シリーズのバトルフィールドを手掛けたDICEの元メンバーが開発に携わった、最近登場した話題のPvPゲームです。

こちらもすでにDLSS3に対応しているので、見ていきましょう。

THE FINALSのおけるCore i7 14700Fのパフォーマンス(DLSS2利用)

※横スクロールできます

Core i7 13700KF Core i7 14700F Core i7 14700KF Core i9 13900K Core i9 14900KF Ryzen 7 7800X3D
フルHD低 266 306 267 277 294 341
フルHDエピック 240 284 253 263 262 305
WQHD低 268 301 277 278 297 332
WQHDエピック 246 278 251 252 272 310
4K低 270 314 271 269 295 346
4Kエピック 229 236 225 229 234 239

まずはDLSS2から。

このゲームもCPUによる性能差はかなりはっきりとでており、特にRyzen 7 7800X3Dのスコアは異常。

Intel全体が悪いともいえますが、その中でCore i7 14700Fだけは別となっており、Core i7 14700KFを大きく上回る結果に。

最適化の問題かと思いますが、ここでも良いパフォーマンスを発揮しています。

THE FINALSのおけるCore i7 14700Fのパフォーマンス(DLSS3利用)

※横スクロールできます

Core i7 13700KF Core i7 14700F Core i7 14700KF Core i9 13900K Core i9 14900KF Ryzen 7 7800X3D
フルHD低 579 567 568 579 583 583
フルHDエピック 506 499 492 513 506 503
WQHD低 468 460 455 458 450 468
WQHDエピック 384 387 377 384 375 388
4K低 286 287 282 285 279 283
4Kエピック 233 235 232 236 235 235

DLSS3になると状況が変化し、解像度や画質で優劣が変わる結果。

ただCore i7 14700KFに対してみれば、概ねCore i7 14700Fのほうがフレームレートが出ています。

バルダーズゲート3

最後は世界的に人気になっているバルダーズゲート3です。

最近のゲームとしてはグラフィック設定はシンプルですが、FSRとDLSSには対応しています。

バルダーズゲート3のおけるCore i7 14700Fのパフォーマンス(FSR2利用)

※横スクロールできます

Core i7 14700F Core i7 14700KF Core i9 14900KF Ryzen 7 7800X3D
フルHD低 153 153 154 167
フルHDウルトラ 115 123 131 122
WQHD低 155 151 156 166
WQHDウルトラ 116 124 134 122
4K低 155 151 153 168
4Kウルトラ 115 125 132 120

FSR2を利用した結果です。

このゲームでは解像度と画質によるフレームレート差は比較的軽微ですが、

CPUによるフレームレート差は結構でていますね。

安定しているのはRyzen 7 7800X3Dですが、対Core i7 14700KFでみると、

低画質ではCore i7 14700Fが、高画質ではCore i7 14700KFが上という結果に。

総じて互角の結果といえるため、コストパフォーマンスはCore i7 14700Fが優れている結果です。

動画編集・ゲーム配信性能はどうか?

ゲーム性能に関してはCore i7 14700KFとさほど変わらぬフレームレートで、

コスパの良さを感じましたが、動画編集はどうでしょうか。

編集速度について
使うソフト、動画素材、動画時間、加工方法、エンコード方法などによって、編集時間というのはかなり違ってくるため、
あくまで参考の参考ぐらいの気持ちでみてください。

Adobe Premiere Pro

有名な編集ソフト「Adobe Premiere Pro」で計測します。

動画の長さは15分60fps、フルHD・4K動画でH.264/365の4パターンを計測。

まずはCPU性能を使うソフトウェアエンコードから。

Adobe Premiere ProにおけるCore i7 14700Fのソフトウェアエンコード結果

※横スクロールできます

Core i7 13700KF
(16コア24スレッド)
Core i7 14700F(20コア28スレッド) Core i7 14700KF
(20コア28スレッド)
Core i9 13900K
(24コア32スレッド)
Core i9 14900KF
(24コア32スレッド)
Ryzen 7 7800X3D
(8コア16スレッド)
H.264 フルHD高画質 9:41 9:14 9:32 7:16 9:23 7:20
H.264 4K高画質 18:09 19:37 18:44 12:30 20:05
H.265 フルHD 11:00 10:21 10:44 6:42 7:15
H.265 4K 16:09 26:26 22:36 11:42 20:58

以前と違ってコアスレッド数が多いから早いというわけでもなくなったAdobe。

Core i7 14700Fは可もなく不可もなくという感じでしょうか。

Core i7 14700KFと比較すれば健闘している結果ですが、他と比べて高速エンコードというわけでもありません。

Adobe Premiere ProにおけるCore i7 14700Fのハードウェアエンコード結果

※横スクロールできます

Core i7 13700KF
(16コア24スレッド)
Core i7 14700F(20コア28スレッド) Core i7 14700KF
(20コア28スレッド)
Core i9 13900K
(24コア32スレッド)
Core i9 14900KF
(24コア32スレッド)
Ryzen 7 7800X3D
(8コア16スレッド)
H.264 フルHD高画質 8:11 8:04 8:09 6:16 8:09 4:27
H.264 4K高画質 7:46 13:31 12:50 6:55 8:56
H.265 フルHD 8:16 8:15 8:27 6:22 8:19 4:18
H.265 4K 9:47 13:10 13:25 8:32 8:00

ハードウェアエンコードも同じような結果ですが、Core i7 14700KFとほとんど時間が変わらないのをみれば検討している結果。

正直ソフト側が第14世代Intelの最適化ができていない結果ではあるので、

エンコード時間はいずれもっと改善されると予想します。

Aviutl

もう一つ、無料ではかなり有名な「Aviutl」でも計測しました。

H.264/265のフルHDを計測しています。

まずはソフトウェアエンコードから。

AviUtlにおけるCore i7 14700Fのソフトウェアエンコード結果

※横スクロールできます

Core i7 13700K Core i7 14700F Core i7 14700KF Core i9 13900K Core i9 14900KF Ryzen 7 7800X3D
H.264 フルHD 6:37 7:32 7:39 6:17 6:23 8:32
H.265 フルHD 12:13 11:48 11:50 11:05 11:05 16:27

Core i7 14700KFと比べればほとんど差が無く健闘していますが、

そもそもCore i7 14700KFの結果自体が微妙ですので、やはりCore i7 14700Fも微妙です。

ここもソフト側の最適化の問題でしょう。

AviUtlにおけるCore i7 14700Fのハードウェアエンコード結果

※横スクロールできます

Core i7 13700K Core i7 14700KF Core i9 13900K Ryzen 7 7800X3D
H.264 フルHD 4:47 4:52 4:41 4:45
H.265 フルHD 4:32 4:50 4:43 4:47

ハードウェアエンコードは相対的にCPUの影響が減りますので、差はかなり少なくなっていますが、

やはりCore i7 14700KFもCore i7 14700Fもややパフォーマンスが悪いです。

消費電力は?

多コア多スレッドのCPUで問題になってくるのは、消費電力です。

通常K無しの場合は消費電力が控えめになりますが、今回のCore i7 14700Fは?

ゲームでは

ゲーム利用を模擬してFFベンチマーク時の電力測定です。

※横スクロールできます

CPU/APU Core i7 13700KF Core i7 14700F Core i7 14700KF Core i9 13900K Ryzen 7 7800X3D
最小電力(W) 1.756 3.506 3.412 3.597 46.505
最大電力(W) 97.674 221.420 180.041 181.813 72.300
平均電力(W) 75.684 80.550 70.150 77.958 26.521

正直びびりました(汗

最大消費電力も平均消費電力もCore i7 14700KFより上回る結果です。

全然省電力ではない(笑)

CPU性能をフル活用できているとも言えそうですが、これは予想外でした。

動画編集では

Adobe PremiereにてH.264 フルHD ソフトウェアエンコードで消費電力測定です。

※横スクロールできます

CPU/APU Core i7 13700K Core i7 14700F Core i7 14700KF Core i9 13900K Ryzen 7 7800X3D
最小電力(W) 4.325 194.917 3.729 4.171 24.617
最大電力(W) 221.425 310.800 239.266 244.558 76.362
平均電力(W) 180.176 249.815 194.917 166.397 70.683

こちらも同様でCore i7 14700Fの消費電力がヤバすぎます。

むしろCore i9 14900KFよりの消費電力になっています。

CPUクーラーの冷却性能はどの程度必要?

ということでCPU温度も掲載します。

前述したように、私の持っている360mm簡易水冷クーラーはどれもTDP250W付近で設計しているものが多いと思い印象。
(はっきりした明記はないが、明記のある簡易水冷クーラーとそのほかの手持ちの簡易水冷クーラーの冷却性能にあまり違いがないため)

  • ソフトウェアエンコード・・・最大94℃
  • ハードウェアエンコード・・・最大84℃
  • ゲーム・・・最大75℃

一応360mm簡易水冷クーラーであれば想定内には収まる結果です。

エンコードも基本はハードウェアエンコードを使うかと思いますので、

実用レベルでは問題ないでしょう。

ただしPC内の熱はこもり易く、十分な吸排熱環境を整える必要はありそうです。

Core i7 14700(F)はどういった人におすすめ?

ここがメリット
  • Core i7 14700KFと互角に近いフレームレート
  • 価格はCore i7 14700KFより安価
  • 360mm簡易水冷クーラーで運用はいけそう
デメリット
  • 消費電力がCore i7 14700KFより高い
  • とてもじゃないが純正クーラーで運用は厳しい
  • 排熱環境構築にコストと手間がかかりそう

ゲーム性能においてはCore i7 14700KFより価格が安いわりには、ほとんどフレームレート差はでておらず、

ゲームによってはフレームレートを上回る結果も出ており、ゲームパフォーマンスは良いです。

少しでも高いフレームレートを求めるならCore i7 14700KFですが、

予算を少しでも削るという点ならCore i7 14700Fでも十分最強グラボの性能を引き出してくれると言えそうです。

 

ただゲームパフォーマンスの良さは代わりに消費電力を犠牲にしたのは間違いなさそう。

Core i7 14700KFより消費電力が高いのは正直微妙で、ワットパフォーマンスは悪化していることになります。

そのためCPUクーラーの選定も気を使いますし、小型のPCに搭載するのは難易度があがります。

また電源ユニットにもコストがかかってくるでしょう。

 

クセが強いCPUで手放しにおすすめできる感じはしません。

消費電力の高さがネックとなっており、この点を許せるかというところ。

あとはCore i7 14700KFとの価格差がもっと開けば、消費電力の高さに目をつぶることは、、、できるかもしれないですね。

Core i7 14700(F)搭載おすすめゲーミングPC

(ドスパラ)GALLERIA XA7C-R47S 14700F搭載

GALLERIA XA7C-R47S 14700F搭載の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070 SUPER
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB NVMe SSD
大きさ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
PCの評価
コスパ 4.0
同価格帯の平均:3.6
(4.0)
ゲーム性能 4.3
同価格帯の平均:3.6
(4.5)
動画編集性能 4.8
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.7
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.1
(3.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、157fps
フォートナイト 高画質、220fps 高画質、141fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、209fps 高画質、171fps
タルコフ 最高画質、143fps 最高画質、67fps
オーバーウォッチ2 最高画質、327fps 最高画質、135fps
パルワールド 最高画質、114fps

※参考値であり保証するものではありません。

RTX 4070 SUPERと組み合わせたゲーミングPCです。

WQHD高画質高フレームレートを狙える性能で、ゲームによっては4Kゲーミングも全然いけるので、

UWQHD相当のウルトラワイドゲーミングモニターに最適。

Core i7 14700Fとの組み合わせも良く、ハイクラス入門機としておすすめです。

(フロンティア)FRGLB760/WS123

FRGLB760/WS123の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4070 Ti SUPER
メモリ DDR4 32GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD
大きさ 幅(W):約200mm x 高さ(H):約465mm x 奥行(D):約470mm
PCの評価
コスパ 4.5
同価格帯の平均:3.6
(4.5)
ゲーム性能 4.9
同価格帯の平均:3.6
(5.0)
動画編集性能 5.0
同価格帯の平均:4.2
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.1
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.7
(4.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.1
(3.5)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、166fps
フォートナイト 高画質、243fps 高画質、151fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、211fps 高画質、175fps
タルコフ 最高画質、143fps 最高画質、80fps
オーバーウォッチ2 最高画質、351fps 最高画質、167fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

ハイクラスなRTX 4070 Ti SUPERと組み合わせたゲーミングPCです。

4Kゲーミングメインのグラボで高画質高フレームレートも狙える第3位くらいの性能。

Core i7 14700FのCPU性能なら十分に活かすことができる構成です。

このゲーミングPCは価格設定も安くコスパはトップクラス。

(フロンティア)FRGBZ790/M214

FRGBZ790/M214の製品画像
CPU Core i7 14700F
グラフィックボード RTX 4080 SUPER
メモリ DDR5 32GB
容量 1TB M.2 NVMe SSD【Gen4】
大きさ 幅(W):約232mm x 高さ(H):約493mm x 奥行(D):約496mm
PCの評価
コスパ 4.8
同価格帯の平均:3.4
(5.0)
ゲーム性能 5.1
同価格帯の平均:4.7
(5.0)
動画編集性能 5.3
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
記憶容量
同価格帯の平均:2.3
(2.0)
読み書き速度
同価格帯の平均:4.8
(5.0)
ゲーム安定性
同価格帯の平均:3.7
(4.0)
構成パーツ高級度
同価格帯の平均:3.5
(4.0)
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、300fpsMAX 最高画質、197fps
フォートナイト 最高画質、504fps 最高画質、169fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、184fps
タルコフ 最高画質、111fps
オーバーウォッチ2 最高画質、465fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX

※参考値であり保証するものではありません。

さらに高性能なRTX 4080 SUPERを搭載したゲーミングPC。

準最強のゲーム性能となっており、4K高画質高フレームレートも安定して確保できます。

Core i7 14700Fであればこのクラスのグラボでも問題なく性能を引き出すことが可能。

本PCはこの構成のなかでも価格が非常に抑えられておりコスパもトップクラス。

Core i7 14700(F)搭載ゲーミングPCの一覧はこちらから
Core i7 14700F搭載ゲーミングPCの一覧