Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2020年下半期】Ryzen 3 PRO 4350Gの性能は?ゲーム・動画編集は?

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

Vega Graphicsが内蔵されたRyzen Gシリーズ。

ようやくZen2ベースのRyzen PROシリーズがリリースされましたね!

今回はPROシリーズのエントリーCPU、Ryzen3 PRO 4350Gをベンチマークしていました。

Ryzen3 PRO 4350Gの特徴とは?

CPU/APU Ryzen™ 5 PRO 4650G Ryzen™ 5 3400G Ryzen™ 5 2400G Ryzen™ 3 PRO 4350G Ryzen™ 3 3200G Ryzen™ 3 2200G Athlon 3000G Athlon™ 200GE
世代 最新 1世代前 2世代前 最新 1世代前 2世代前 1世代前 2世代前
コア数 6 4 4 4 4 4 2 2
スレッド数 12 8 8 8 4 4 4 4
ベース周波数 3.7GHz 3.7GHz 3.6GHz 3.8GHz 3.6GHz 3.5GHz 3.5GHz 3.2GHz
ターボ・ブースト 4.2GHz 4.2GHz 3.9GHz 4.0GHz 4.0GHz 3.7GHz なし なし
(L3)キャッシュ 8MB 4MB 4MB 4MB 4MB 4MB 4MB 4MB
最大メモリー速度対応 DDR4-3200 DDR4-2933 DDR4-2933 DDR4-3200 DDR4-2933 DDR4-2933 DDR4-2667 DDR4-2667
内蔵グラフィック Radeon Graphics 7 Radeon™ Vega11 Graphics(11CU) Radeon™ Vega11 Graphics(11CU) Radeon Graphics 6 Radeon™ Vega 8 Graphics(8CU) Radeon™ Vega 8 Graphics(8CU) Radeon™ Vega 3 Graphics(3CU) Radeon™ Vega 3 Graphics(3CU)
グラフィック周波数 1900 MHz 1400 MHz 1250 MHz 1700 MHz 1250 MHz 1100 MHz 1100 MHz 1000 MHz
TDP 65W 65W 65W 65W 65W 65W 35W 35W
参考小売り価格 34,000円 19,977円 ほぼ取り扱い無し 23,000円 12,574円 ほぼ取り扱い無し 7,237円 5,250円

特徴としては、

  • 第3世代RyzenのZen2アーキテクチャ採用
  • 前世代からスレッド数が倍に
  • 現在のところバルク品(箱、クーラー付属なし)のみ
  • 公式では対応チップセットは500番台

といったものがあげられます。

同シリーズではRyzen7 PRO 4750GとRyzen5 PRO 4650Gもリリースされています。

【2020年下半期】Ryzen 5 PRO 4650Gの性能は?ゲーム・動画編集は?

7nmプロセスのZen2になったことで、

Ryzen3 3300X/3100のようにメモリは3200MHz、コアスレッドが同じになっています。

加えてRyzen3 3200Gに対してベースクロックが高くなっているのも嬉しいポイントです。

ただしL3キャッシュはRyzen3 3300X/3100の16MBに対して4MBと少ないのが気になるところ。

またRadeon Graphicsはグラフィックメモリが512MBしかないのも気になります。

なお現在PROシリーズはバルク品のみの販売となっており、

CPUクーラーは付属しません。

別途用意が必要なので、この点は注意が必要です。

ベンチマークソフトで性能を見る

それではRyzen3 PRO 4350Gの性能をみていきましょう。

主に前世代のRyzen5 3400Gと比べていきます。

まずは基本的なベンチマークを回していきます。

今回は内蔵グラフィックの力を見たいため、グラボは利用していません。

まずはCINEベンチです。

同じ4コア8スレッドのRyzen5 3400Gに対して、

マルチスコアは18.4%、シングルは13.8%と、

やはりZen2アーキテクチャになったことは大きいですね!

価格は若干高くなっていますが、見合う性能アップはありそうです。

FireStrike

DirectX 11ベースの定番ベンチマークソフトから。

Ryzen5 3400Gに対してトータルで6.2%ダウンと、

ゲーミング性能としてはやや届かない結果となりました。

CPUスコアのPhysicsは10.6%差で勝っているものの、

GPUスコアのGraphicsは8.6%ダウンとなっており、

結果的にCPUとGPUの統合テストでも負けてします。

Night Raid

ではDirectX 12ベースではどうでしょうか?

こちらに関しては若干ながら、

Ryzen5 3400GよりRyzen3 PRO 4350Gが優秀な結果となりました。

グラフィックス性能は相変わらず負けていますが、差が5.6%となっており、

DirectX11ほどの差にはなっていません。

CPUスコアで差をつけて、トータルスコアでなんか勝利・・・という感じでしょうか。

 

PC Mark10

続いてはゲーム以外の性能も含めたベンチマーク、PC Mark10です。

Ryzen3 PRO 4350GはゲーミングPCというよりも、

オフィス利用、その他PC作業用がメインという構想のCPUですので、

本スコアは重要です。

こちらに関してはRyzen3 PRO 4350Gの優秀さがでましたね!

Ryzen5 3400Gに対して、全てのスコアで勝っておりトータルでは17%向上と大差です。

特にWEB閲覧、動画視聴、ビデオ会議、アプリ起動といった、

ゲーム以外の用途では大きく差がついており、CPU性能大幅な向上は間違いないでしょう。

FFXV

次はゲーム用ベンチマーク、FFXVです。

設定は最高品質としています。

今までのベンチマーク結果をみると、意外な結果というところでしょうか。

Ryzen5 3400Gとほぼ互角といった結果になっており、

ゲーム性能差はあまりなさそうと示されています。

消費電力について

参考までに消費電力もみておきましょう。

FFベンチマークを換装した際の、CPU電圧です。

従来の第3世代Ryzen(PROシリーズ以外)と比べると、

省電力は高い結果となっています。

アイドル、最高電圧、平均全てにおいて、

同コアスレッドのRyzen3 3300X/3100よりも低いです。

CPU性能を保ちつつこの省電力性はうれしいですね。

小型PCなどへの相性は抜群です。

本PROシリーズであるRenoirはノートPC向けも活況ですので、

その特性もしっかり組んでいるようです。

フォートナイト

ここからはゲームにて実測します。

まずは人気バトロワゲームのフォートナイトです。

フルHD、DirectX 11ベースでの比較です。

最大で8fpsほどRyzen5 3400Gに負けた結果となりました。

とはいえ、正直どんぶりの背比べというところでしょうか。

思ったほど上位のRyzen5 PRO 4650Gとの差もありませんし、

およそ60fps、120fps、144fps固定で遊べることに変わりないので、

価格を考えれば4350G悪くないです。

Apex Legends

もう一つ人気なバトロワゲームです。

こちらに関しては、Ryzen5 3400Gとの差が10fpsほどと、

少し差が開いた印象です。

もともとグラフィックメモリ利用も多いゲームなので、512MBしかないのがキツイと思っているのですが、

その影響なのかな。

VALORANT

こちらも話題のゲームです。

5vs5の対戦FPSになります。

かなり軽いゲームに相当し、大抵のグラボで余裕で遊ぶことができます。

(本データはGPU別のFPS値となっています)

このゲームではRyzen5 3400GおよびPRO 4650Gともあまり差がありませんでした。

2~4fps値は低いものの、この程度の差であれば問題ありません。

むしろ価格が安い分、コスパが高い結果となっています。

SATISFACTORY

続いては大人気惑星開拓ゲームのSATSIFACTORYです。

中程度の負荷となるゲームですが、

最低画質設定では比較的グラフィック性能が低めでも遊べます。

結果としては少しだけ差がついたものの、やはり差はかなり少ない結果となりました。

他のゲームでもそうですが、基本的にRyzen5 3400Gとの差はすくなく、

かつ上位のRyzen5 PRO 4350Gとの差も少ない結果となっており、

ゲーミングPCとしての能力では、大差がありません。

CPUを選び分けるとすれば、ゲーム以外での用途が重要になってくるでしょう。

動画編集・ゲーム配信性能はどうか?

ということでゲーム+αの用途として、動画編集およびゲーム配信をみていきます。

今まで、動画編集・ゲーム配信というと、

ハイクラスCPU+グラボというのが通常でしたが、

最近はミドルクラスCPUでも十分にできるようになってきました。

Ryzen3 PRO 4350Gと同コアスレッドRyzen3 3100/3300Xもこれらの仕事をある程度こなせます。

【2020年下半期】Ryzen 3 3100を性能比較!ゲーム・動画編集は? 【2020年下半期】Ryzen 3 3300Xを性能比較!ゲーム・動画編集は?

4350Gはどうか?気になるところです。

動画編集速度

編集速度について
使うソフト、動画素材、動画時間、加工方法、エンコード方法などによって、編集時間というのはかなり違ってくるため、
あくまで参考の参考ぐらいの気持ちでみてください。

今回は有名な編集ソフト「Adobe Premiere Pro 2020」で計測します。

動画の長さは15分60fps、フルHDにてH.264/365の4パターンを計測。

またGPUと負荷分散するハードウェアエンコードでも計測しました。

グラボはもちろん利用していません。

動画のクオリティについては、私のYoutubeチャンネルくらいと考えてください。

結論を言えば、動画編集としては微妙というところです。

Ryzen5 PRO 4650GやRyzen5 3400G対しては決して劣っていませんが、

第3世代Ryzenと比べると、大きく劣っています。

またGPUパワーも使うハードウェアエンコードでは、3400Gと同等になっており、

価格を考えれば、動画編集マシンとしてはコスパが悪いと思います。

動画編集はメモリの性能も重要になってくるので、

CPUのキャッシュメモリ、およびGPUのグラフィックメモリ少なさが、

足をひっぱっているのかなあと思います。

ゲーム配信能力は?

ゲーム配信もコアスレッド数がものを言う領域です。

今回は比較的軽いゲームであるSATSIFACTORYにて実際にYoutube配信してみました。

OBSを利用し、フルHD60fps/最低画質/4500 kbps/ソフトウェアエンコード設定です。

ハードウェアエンコードではカクついてまともに配信できませんでした。

おそらくグラボはゲームで手一杯ということでしょう。

 

まずは録画無しで実施したときの配信動画です。

配信自体は全く問題なくできました。

FPS値自体はグラフィック性能の関係もあり、30~50fps後半といったところですが、

カクつくこともなく、快適に配信することができます。

しかしながら録画ありの状態ですと若干パワー不足を感じます。

カクつきなく、録画ファイル自体もまったく問題はないものの、

FPS値がRyzen5 PRO 4650Gと比べると低くなっており、

少しコアスレッド数の少なさが影響したかなとおもいます。

とはいえSATSIFACTORYよりも軽い、フォートナイトやVALORANTなど、

ゲームを選べば配信することは十分可能です。

グラボ無しでここまでいければ、及第点といえます。

Ryzen5 PRO 4650Gはどういった人におすすめ?

ここがメリット
  • ゲーム以外の用途が前世代よりかなりパワーアップ
  • 省電力で小型PCとの相性が良い
  • ゲームにおいてはRyzen5 PRO 4650Gとそこまで大差ない
デメリット
  • グラフィック能力は前世代から多少の向上に留まる
  • CPUクーラーが無いので、別途用意で費用が増える
  • 動画編集用途などは難しそう

CPU性能としては前世代からかなり伸びており、

ゲーム以外の用途としてはかなり優秀になったとおもいます。

省電力性も保っていますから、超小型PCでオフィス用、リビング用などで組むと良さそうです。

またゲーミング用途としても、価格が高い4650Gと比べてもコスパは高いです。

相変わらずやるゲームは選んでしまいますが、

過度な期待をしなければゲームや配信もおこなうことは可能です。

ただし若干FPS値はグラボ搭載と比べると安定していなかったので、過度な期待は禁物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA